• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

こゆ&すいぱぱのブログ一覧

2018年11月11日 イイね!

国内出張

国内出張と言っても、「インド国内出張」の話。

2週間ほど、インド南西部のビジャプールに出張に行って参りました。

ビジャプールと言ってもピンと来ない方が殆どだとおもいますので、場所を示しておきます。

こちらですね。


カルナーカタ州の北のはずれ、州都はバンガロールになります。

当方が住んでいるグルガオン (ほぼデリー)からどうやって行くかと言いますと、2時間ほど飛行機に乗ってハイデラバードに飛び、そこからクルマで移動するのですが、クルマだけでこれだけ時間がかかります。



なので、デリーを夜に発つ飛行機に乗り、ハイデラバードで1泊することにしました。

今回利用したのは、インドのLCCキャリアであるIndiGo。


LCCらしく機内食は有料でしたが、機材は比較的新しくてまずまず快適でした。

ハイデラバードではNOVOTELに宿泊。


プールがありますが、寝るだけですので勿体無いですねw

廊下の雰囲気が何ともゴージャス。


そして明くる朝、ビジャプールまで380kmの長旅の始まりです。
デカン高原をひた走り、


時には牛を追い越し、


時には対向車線を逆走しながら、やっとのことで宿舎に到着。

この時はマジで死ぬかと思った。

ここは会社が建てた宿舎なので、食事代だけで宿泊可能。

ただし、

部屋はクーラー付きだけど、テレビなし、wi-fiなし。
ドアの隙間から入ってくるアリがでかい。

そして、

シャワーはインド流のギザでお湯を沸かすやつ。
うかうかしているとあっと言う間にお湯がなくなるので、バケツで貯めておく必要があります。

コックはインド人ですが、日本食を出してくれます。

味噌汁の味が薄かったり、レパートリーが少なかったりしますが、デカン高原のど真ん中でコメの飯が食えることに感謝しなくてはなりません。

周りは本当に何もなく、

ヤギの群れに出くわしたり、実に牧歌的です。

夕暮れ時には、こんな景色が拝めたりします。


2週間のうち、1日だけ休日をもらえたので、ビジャヤプール市内を観光してきました。



ここはゴール・グンバズと呼ばれる、17世紀のビジャプール王朝の霊廟。
ドームはインドで一番デカい、とお客さんが言っていました。

狭い階段を登って上まで行くと、ビジャプールの街が一望できます。


そして、インドに居る以上、カレーを食べなくてはなりません。

北インド風の、どろっとしたカレーですが、意外にコクがあって美味い。


インドはアイスも美味しいのです。
胃腸には負担が大きいようですが。

そしてグルガオン に戻ると、朝晩は寒いのなんの。
インドでも北の方は最低気温が20℃を下回り、短パンで寝ると風邪を引きそうです。

来週はいよいよ引っ越しです。
ホテル暮らしもあと1週間となりました。

ではまた。



Posted at 2018/11/12 00:28:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月13日 イイね!

インド生活雑感 その1

インド生活雑感 その1もうすぐインドに赴任して1ヶ月が経とうとしています。

暑かったインドも、日中の気温が30度を下回るようになり、だいぶ過ごしやすくなってきました。
11月上旬のデワリ(インドの祝事)を過ぎると空気がだんだん淀んで来るので、今が一年で最も過ごしやすいのかもしれません。

インドは経済成長著しいと言われ、今でも経済成長率は7%近くをマークしていると聞きます。
確かに、僕の職場があるところはこんな感じで、インドとは思えないほど清潔で、外資系のフードサプライチェーンも充実していたり、高級車の展示もあったりします。







しかし、ここからちょっと離れるだけで、皆さんがイメージするインドな世界が広がるわけです。





レクサスなんてほとんど走ってませんよ。
インドと言えば、スズキです。乗用車シェアNo. 1ですから。
街でクルマを見る楽しみも、皆無に等しいです。

それと、インドでは大小新しいプロジェクトが立ち上がるのですが、予定通りに終わったためしがありません。

都市部の道路だって、こんな感じでボッコボコ。



大なり小なり、インド人は時間にルーズです。
あと、かなり自分本位な考えを持っている人が多いです。
だから、大きなプロジェクトのように、チームワークや協調性が重視される仕事には向いていないようにも思えます。
もちろん優秀な人、それも日本人よりも優秀な人もいるんですが、それ以上にどーしよーもない人がいっぱいいます(笑
人口13億いて、カーストの名残が残っている国を甘く見てはいけない。

治安は想像するほど悪くありません。
前にも紹介したように、クルマの運転は荒っぽいし、都市部でも物乞いは結構いますし(わざと手足を切断して同情を誘う、プロの物乞いもいる)、レイプや強盗、詐欺などは頻繁に起きているようですが、殺人事件はそうでもないです。
ただ、全般に命の値段が日本より安い国ではあります。

インドは汚い国というイメージがありますが、大体当たってます(笑
何しろ、農村部ではトイレが無いのが当たり前という世界ですから。
街を歩くと何やらウン◯臭い。あと、地図で”Park”と書いていあるところは、大体ゴミ捨て場かホームレスの溜まり場。

最近の調査では、聖なるガンジス川で基準値の最大23倍の糞便性大腸菌が検出されたそうです。沐浴どころじゃないですね。
日本政府がバラナシで技術支援事業を行うことになったらしいですが、これもいつ実現することやら。

インドは空気も汚れています。
世界で最も大気汚染が深刻な都市ワースト10は、全てインドにあると言います。
だから、僕が今住んでいるホテルの部屋でも、これが活躍中です。



今度住む家でも最低2台は置く予定です。
日本で10年持つと言われるフィルター、こちらでは毎年交換する必要があるそうです(爆

こんなところに住むからこそ、月収3割分の赴任手当プラス現地手当が認められていると思ってます。でないとやってられない。
駐在員って派手で華やかなイメージがありますけど、それは先進国での話。少なくともインドは違いますw
ほんと、日本が素晴らしい国に見えるわけですよ、インドで暮らしていると。清潔だし、安全だし、食い物も美味いし。

あまり書くと長くなるので、今回はこの辺で。
次はインドでの食糧事情について書く予定。

なんだか「みんカラ」に相応しくない内容になってしまったが、ま、いっか。
Posted at 2018/10/14 00:50:59 | コメント(3) | トラックバック(0)
2018年09月30日 イイね!

インドに来て2週間。

明日でインド入りしてから2週間です。
仕事の引き継ぎも大詰めで、明日から本格的な任務をこなすことになります。

まだホテル暮らしが続いていますが、そろそろ住居も決めなくてはなりません。
大体候補は絞れてきましたが、何階に住むか悩み中。
高いところの方が虫が入ってこなくて良いのですが、停電でエレベータが止まったりした時のことを考えると、5階くらいの部屋にした方がいいのかなぁ。

ちなみに、インドではしょっちゅう停電が起こります。ほぼ毎日と言っていいくらい。
なので、どこの家庭でも非常用発電機は置いてあるそうで、マンションに住むと給油を含めたメンテナンス作業を管理会社がやってくれる、と言うのがありがたい。

さて、今日はお休みだったので(こちらでは実質週休1日)、メトロに乗ってデリーにある世界遺産「赤い城」に行って来ました。

ホテルから徒歩10分くらいで、Yellow Lineの終点Huda City Centre駅に着きます。


ここで切符を買います。
インドの券売機は、こんな感じ。


今回はグルガオン から30kmほど離れたLal Qila駅まで行くのですが、運賃はたったの50ルピー(80円)。
やっぱりインド人物価は、安いのです。

ちなみに、切符は紙ではなく、ICチップが埋め込まれたプラスチックの円板「トークン」となります。
うっかりするとなくしそうな大きさ。
もちろん、Suicaのようにチャージして使うプリペイドカードもあります。


デリーの地下鉄に乗るためには、改札をくぐる前にガードマンによるボディチェックを受けなくてはなりません。
このおかげで、朝の通勤ラッシュ帯は行列が凄まじいらしい。

そして、いよいよ乗車。
車体はなんと、ボンバルディア製。



インドでは広軌(1675mm)を採用しているため、車体幅がかなり広いです。
なので、中はゆったり。しかもインドにしては清潔。


2002年に開業したそうなので、まだ新しいというのも理由かもしれません。

赤い城はムガール帝国の皇帝がシャージャハーナーバードに遷都した際に築いた城塞で、世界遺産にも登録された名所です。


本当はチケットを買って中に入りたかったのですが、入るために炎天下の中長蛇の列に並ばなければならないことを知り、この日は諦めました。

ちなみに、入場料はインド人30ルピー、外国人は500ルピーのぼったくり価格なんですが、FRRO(外国人登録)のIDを見せると外国人でもインド人価格で入れるそうです。
僕は先週FRRO申請したばかりでIDをまだ貰えていないので、やはり次回にしよう。

インドに2週間居て否応無く気付かされるのは、その「多様性」です。
欧米並みに近代化されているところと、古くからの慣習が根強く残っているところ。
小綺麗な服を来て歩いている人と、ボロを来て裸足で歩いている人。
インド人価格と外国人価格のダブルスタンダード。
13億人の人口と英語を含めると18の公用語。とにかく皆よく喋る。

インドにいると確かにいろいろ煩わしく、時に疲れることもあるのですが、日本よりも活力があるのは間違いないところでしょう。
今後どうなるかは分かりませんが、無限の可能性を秘めた国ではあるようです。

ま、こんな人もいますがね、中には(笑




Posted at 2018/09/30 23:40:50 | コメント(2) | トラックバック(0)
2018年09月21日 イイね!

インドでの新生活がスタート。

ご無沙汰しております。

前回のブログで申し上げた通り、9月16日付でインド法人への赴任発令を受け、無事に17日に着任しました。

内示が出てから赴任当日までの約2ヶ月間、予防注射を合計10本打ったり、人間ドックに行ったり、役所や銀行の手続きを済ませたり、クルマを売却したり、仕事の引継ぎしたり荷造りしたりなどで死にそうに忙しかったのですが、できない分は家族が移動する年末に回すことにして(笑)、何とか準備完了。

成田空港までの移動は、もちろんCross Touranで。
これが最後のドライブとなります。

alt
これに加えてもう1つ、小型のスーツケースを飲み込んでくれました。
もちろんトノカバーはちゃんと閉まります。
わずか全長4.4mの短躯で、4人乗車でこれだけ荷物が飲み込めるクルマを、僕は知りません。
自分にとっても、家族にとっても、満点に近いクルマでしたが、やむなく手放します。
生涯走行距離は39,220km、生涯燃費は11.3km/Lでした。
4万キロにはわずかに届かなかった・・・。

alt
成田空港近くの駐車場で、業者に引き渡します。
さらば、Cross Touran。
敢えてノーマル戻しはしませんでした。(そんな時間がなかったというのもありますが)
なので、D型ステアリングも、特注シフトノブも、そのままです。

alt
例によって、B789に搭乗。
成田発の東南アジア方面に向かうJAL便は大体これになりましたかね。

alt
インド生活の相棒となってくれるのは、トヨタ・イノーバ。
7人乗りです。後席には僕しか乗りませんが(笑)
家族が移動してきたら、家族用にもう1台イノーバが来る予定。


赴任後、早速1泊2日でグルガオンからクルマで3時間ほど行ったところにある、アリーガルに出張に行きました。

インドの交通事情は、超アバウト。
3車線道路に横4台が並んで走るのも、当たり前。
片側1車線道路なのに追い越しをかけるのも、当たり前。
高速道路なのにギリギリまで車間を詰めるのも、当たり前。
インドに行ったら、当たり前ですが後席でもちゃんとシートベルト締めましょう。
てか、日本で締めない人でもこっち行ったら絶対締めると思います。マジで怖いですもん。

あと、都市部で野犬がうろついているのも、当たり前。
少し街外れに行くと、そこかしこに野牛がいます。
また、時々野猿の群れも見かけます。

出張の帰り道、真っ暗な道路の向こうから野牛の群れがやってきました。
こっちは時速60kmくらいで飛ばしていたので、間違いなくぶつかると思いましたが、間一髪で止まってくれました。
インド人は動体視力に優れるので、あまり事故を起こさないと以前誰かに聞きました。
ただ、街中見渡しても無傷なクルマをほとんど見かけませんが。


幸か不幸か、インドに赴任してからまともにインド料理を口にしていませんが(仮住まいのホテルが日系資本のため、日本食を食えると言うのが理由ですが)、今日はマックでインド風ハンバーガー?を食べてきました。

もちろん牛肉NGの国ですので、「チキン・マハラジャ」のセットをオーダー。
要するにチキンで作ったビックマックなんですが、青唐辛子がふんだんに入っていて、やっぱりスパイシー。

そんなわけで、これから数年間はインドから情報を発信していきます。
果たして役立つ情報が送れるのか、頻繁に更新されるのかは分かりませんが(笑)
Posted at 2018/09/21 21:28:37 | コメント(4) | トラックバック(0) | General | 暮らし/家族
2018年09月01日 イイね!

売却金額確定

早いもので、赴任まであと2週間となりました。

今日は自宅に買取業者を呼び、Cross Touranの査定を行ってもらいました。

赴任が決まった直後に一度、大手の業者さんに査定に来て頂いたのですが(と言うか、web登録した途端に複数の業者さんから、鬼のように電話が掛かってきてドン引きした)、金額を提示する前から
「絶対いい金額出すので、ウチに任せてもらえませんか?」(←で、結局最後まで金額言わず)
とか
「代車(軽自動車)の費用は全て当社で負担するので、すぐに売って頂けませんか?」(←これから家族旅行もするのに、ア○トラ○ンじゃ・・・)
などと、あまりにも強引に向こうのペースに持って行こうとする態度に嫌気が差したので、会社で斡旋してくれた、海外赴任専門の業者さん(分かる人には分かるかもw)にお願いすることにしました。
ちなみにこの業者さんは、こちらの赴任スケジュールに合わせて、空港などでの引き取りにも応じてくれるので、有り難いです。

とりあえず売却金額については両者で合意したので、後は印鑑証明などの必要書類を送るだけ。
Cross Touran君には、出発ギリギリまで活躍してもらいます!

Posted at 2018/09/01 23:06:17 | コメント(3) | トラックバック(0)

プロフィール

「ハイデラバード滞在中。
これから車で7時間かけて現場に移動。」
何シテル?   10/26 12:12
2018年9月より、インド・グルガオンに駐在しております。 日本ではマイカーを保有しておりましたが、ここでは専らカンパニーカーの後席に収まる日々を送っておりま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

恒例の、東名弾丸ドライブ(飛騨高山編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/15 19:15:54
AlbertRick Online-Store 
カテゴリ:国内パーツショップ
2011/07/05 18:05:06
 
EuroBadgez 
カテゴリ:海外パーツショップ
2011/06/16 16:19:46
 

お友達

基本的にどなたでも受けますが、申請前にブログにいいね!とかコメント頂けるとありがたいです。

特に、海外で生活されている方(または海外生活経験のある方)と情報交換したいです。

115 人のお友達がいます
みやもっちゃんみやもっちゃん * scirocco2009scirocco2009 *
いりあんいりあん * Hi-worksHi-works *
いんさんいんさん * 喜喜喜喜 *

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) Rabbit GT R-Line (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
MY10のGolf VI に乗っていました。 諸般の事情により、2013年5月に同じVW ...
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
'96年2月納車、以来14年に渡り家族の足として活躍。 オプションはCDチェンジャーとコ ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
5年間乗ってきたセコハンアコードに替わり、'93年1月に納車。 デジパネ搭載の2.5グラ ...
ホンダ アコード ホンダ アコード
これが免許取得後の最初のクルマです。 確か1983年式だったと思います。 (ちなみに後ろ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.