• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

こゆ&すいぱぱのブログ一覧

2019年01月02日 イイね!

アジア向けの、働くクルマ。

アジア向けの、働くクルマ。赴任先のインドで、通勤・買い物の足として使っています。
トラックベースのMPVですが、その出自を考えると、乗り心地も静粛性も現代の車としてまずまずなんじゃないかと思っています。
フレームシャーシを採用しているので、車体もそれなりにしっかりしている印象です。

なお、インドで見かけるイノーバは大体レンタカーで、かなりの割合で日本人駐在員およびそのご家族が乗ってます。
Posted at 2019/01/02 14:40:52 | コメント(0) | レンタカー | クルマレビュー
2018年12月29日 イイね!

家族呼び寄せと実家リフォーム

事後報告となり恐縮ですが、12/18~12/27の間、日本に一時帰国していました。

alt

別に今に限った話ではないのですが、夜行便のエコノミークラスは腰が痛くて満足に眠れないのが辛い。
それにしても、日本は空がきれいだなぁ。

今回の帰国目的は家族をインドに呼び寄せることなのですが、そのために
①日本の住まい(賃貸マンション)からの完全撤収。
②インドに持っていく荷物(機内持ち込み+航空便+船便)と日本(実家)に置いていく荷物の仕分け、発送。
③実家のリフォーム代の振込み。
を10日間で完遂させる必要がありました。

①②はブログにしても面白くはないので、今回は③をメインでご報告。

実家はもともと住んでいたマンションから徒歩1分のところにあり、当初は自分の両親が住んでいたのですが、4年前に母親が亡くなり、父親も昨年より施設で暮らしているため、誰も住んでいない状況が続いていました。
このため、我々が実家に移住する構想を前々から練っており、家族構成が変わることもあって築30年以上が経過した実家のリフォームを考えていたのですが、今回インドへの赴任が決まったことから、荷物を送り込む前にリフォームを急ぎ進めることとなりました。

リフォームのポイントとしては、
・老朽化した配管、ケーブルの引き直し
・耐震補強の施工
・2階にあった和室+縁側を子供部屋2部屋に分割
・カーペットの廃止、1階は床暖房導入
・地下の物置を半分潰し、自転車置き場を新設
です。

このため、リフォームにしては結構大掛かりな工事になってしまい、9/17に着工して完成したのは12/20。
ちなみに、着工当時更地となっていたお隣さんの土地には、既に分譲住宅が2軒、完成しておりました(汗

リビングはカーペットをやめて、床暖房に。
照明は全てLEDとなり、電球を一掃しました。
alt


和室を2分割してできた、子供部屋。
alt


alt

地下の車庫はほぼそのままですが、人感センサー付の照明にしました。
あと、シャッターがやっとリモコン操作可能になりました。
ただ、帰任するまでは車庫に収まる車がありません(汗
ちなみに、左側が追設した自転車置き場です。

alt


クリスマス明けに銀行に駆け込んで工事残金の振込みを行ったのですが、年末と給料日が重なったからか、まぁ時間がかかったこと。

そして、この後は怒涛の引越し作業がありまして・・・もう海外の引越しなんて2度とやりたくない(笑
この日のためにスーツケース5個を追加購入。
alt


衣料、食料品、その他日用品などを詰め込んで、インドに出発。
下の荷物、全て機内持ち込み品です。
これ以外に船便、航空便貨物が多数。
alt

そして27日の夜に無事インドに到着。
これでやっと、家族4人揃ってインドでお正月を迎えられそうです。
お正月料理も持ってきたことだし。
alt

さて、多分今年最後のブログになると思いますので・・・。
皆様今年も当ブログをご覧頂き、ありがとうございました。
今年は自分にとっては激動の1年となりましたが、来年は家族4人でインドで頑張っていこうと思います。

当面自家用車なしの生活が続くのでクルマネタは少ないと思いますが、来年も宜しくお願い致しますm(__)m


Posted at 2018/12/29 16:08:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | 赴任生活 | 日記
2018年12月01日 イイね!

独り「暮らし」スタート。

インド赴任生活も2ヵ月半が経過しまして、少し動きがあったので報告致します。

2週間ほど前、今まで仮住まいだったホテルを卒業し、アパートに引っ越しました。

alt

赴任初日から2ヶ月間お世話になった「ダイア・パーク・プレミア」。
インドで働く日本人の間では、有名なホテル。
ここのホテルの特徴としては、顧客層を完全に日本人に絞り込んでいること。
中にはかなり本格的な日本料理店がありますし、日本流の大浴場もありますが、逆に言うと日本食以外のメニューが極端に少ない。
そして、ホテルの外には何も食べるところがない。。。

とは言え、2ヶ月間でほとんどお腹を壊さずに済んだのは、このホテルのお陰でもあります。
お風呂の存在もありがたかった。
インドのホテルや住居でバスタブを備えているところなんて、ほとんどないですよ。

新しいアパートは、広さ270m2の4ベッドルーム。
家具が付いていて各ベッドルームそれぞれにトイレとシャワーが完備。
家族を呼び寄せる年末までは、ここで独り暮らしです。

alt

一通りの家具が揃っているとは言え、このままでは不便なところも幾つかあるので、いろいろ工夫して日本にいる時と同様の生活を送れるように準備中です。


1.テレビの問題
インドのテレビ番組は何10チャンネルもあるのですが、英語の放送はその1/3、後はヒンディーのチャンネルだったりします。
無論、日本語の番組などありません。(NHK WORLDがあるのですが、あれも半分くらい英語ですし)

それでは子供たちがかわいそう(特に娯楽の少ないインドにおいては)なので、日本のテレビを受信できるサービスを導入しました。

インドで日本のテレビ番組を見る方法は主に2つあって、
①日本の留守宅にSlingboxのようなデータ転送装置を置いて、そこからインターネット回線でデータを飛ばして、現地のPCで閲覧。
②"tenso TV"のような番組転送サービスに加入し、現地で受信機をレンタルして閲覧。
の方法があります。

①は装置代だけ負担すれば、月々の利用額がタダなのでコスパが良いのですが、我が家の場合日本の「留守宅」に相当する場所がなく、実家にSlingboxを置かざるを得ないのですが、一旦データを録画してから転送するために別途レコーダーが必要で、それを実家のレコーダーで賄う場合に実家とのチャンネル争いが発生してしまうことになるので、断念。②を選択しました。

②だと装置はタダで貸してくれるのですが、サービス使用料として、地上波+BSで年間6万円くらいかかります。
6万円と言っても、NHKの受信料が年間4万円くらいかかることを考えれば、全チャンネルの1週間分のデータを貯めておいてくれますし、こちらもそんなに悪い選択肢ではありません。
一方、取り付けるのは小型の受信機をテレビとLANの間に噛ませるだけでPCが不要なので、部屋がごちゃごちゃしないのがいいですね。

alt

これで、テレビ関係は解決。
画質も、42インチテレビで見て問題なし。

alt

alt


2.食事の問題
部屋に備え付けの炊飯器(ライスクッカー)があるのですが、温度がろくに上がらないせいか、まともにご飯が炊けない・・・。

alt


日本から炊飯器を持って行くつもりでしたが、それだけのために変圧器を1台独占するのもどうかと思ったのと、インドでは停電が頻繁に起こるのですが、炊飯中に停電が起こると全てがリセットされてしまうリスクがあるため、停電後の自動復帰機能が備わっているインド仕様の炊飯器を当地で買いました。

alt

"MADE IN JAPAN"が誇らしい。
10合炊きなので、相撲部屋でも対応可能です(謎


また、インドでは野菜が非常に安く手に入るのですが(キャベツ1kg 60円くらい)、産地不明、流通経路も不明と言うことで、ある程度の自己防衛が必要です(笑

alt


と言うことで、日本からこんなものを持っていきました。

alt


野菜専用の洗剤。
野菜を買ったら、30分ほどこれを溶かした水につけておきます。

alt


こうすれば、安心してインドの野菜を頂くことができます。こんな感じに。

alt


alt


alt


インドでは車にも乗れず(運転手つきの車には乗れますが)、風光明媚なところも近くにないので(タージマハールはデリーから車で片道4時間以上かかるので、そうおいそれとは行けない)、休みの日は基本的に買い物と料理ばかりしてます。


お陰で料理の腕前は相対的に上がりましたが。(絶対的にはともかく)

Posted at 2018/12/01 20:07:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | 赴任生活 | 日記
2018年11月11日 イイね!

国内出張

国内出張と言っても、「インド国内出張」の話。

2週間ほど、インド南西部のビジャプールに出張に行って参りました。

ビジャプールと言ってもピンと来ない方が殆どだとおもいますので、場所を示しておきます。

こちらですね。


カルナーカタ州の北のはずれ、州都はバンガロールになります。

当方が住んでいるグルガオン (ほぼデリー)からどうやって行くかと言いますと、2時間ほど飛行機に乗ってハイデラバードに飛び、そこからクルマで移動するのですが、クルマだけでこれだけ時間がかかります。



なので、デリーを夜に発つ飛行機に乗り、ハイデラバードで1泊することにしました。

今回利用したのは、インドのLCCキャリアであるIndiGo。


LCCらしく機内食は有料でしたが、機材は比較的新しくてまずまず快適でした。

ハイデラバードではNOVOTELに宿泊。


プールがありますが、寝るだけですので勿体無いですねw

廊下の雰囲気が何ともゴージャス。


そして明くる朝、ビジャプールまで380kmの長旅の始まりです。
デカン高原をひた走り、


時には牛を追い越し、


時には対向車線を逆走しながら、やっとのことで宿舎に到着。

この時はマジで死ぬかと思った。

ここは会社が建てた宿舎なので、食事代だけで宿泊可能。

ただし、

部屋はクーラー付きだけど、テレビなし、wi-fiなし。
ドアの隙間から入ってくるアリがでかい。

そして、

シャワーはインド流のギザでお湯を沸かすやつ。
うかうかしているとあっと言う間にお湯がなくなるので、バケツで貯めておく必要があります。

コックはインド人ですが、日本食を出してくれます。

味噌汁の味が薄かったり、レパートリーが少なかったりしますが、デカン高原のど真ん中でコメの飯が食えることに感謝しなくてはなりません。

周りは本当に何もなく、

ヤギの群れに出くわしたり、実に牧歌的です。

夕暮れ時には、こんな景色が拝めたりします。


2週間のうち、1日だけ休日をもらえたので、ビジャヤプール市内を観光してきました。



ここはゴール・グンバズと呼ばれる、17世紀のビジャプール王朝の霊廟。
ドームはインドで一番デカい、とお客さんが言っていました。

狭い階段を登って上まで行くと、ビジャプールの街が一望できます。


そして、インドに居る以上、カレーを食べなくてはなりません。

北インド風の、どろっとしたカレーですが、意外にコクがあって美味い。


インドはアイスも美味しいのです。
胃腸には負担が大きいようですが。

そしてグルガオン に戻ると、朝晩は寒いのなんの。
インドでも北の方は最低気温が20℃を下回り、短パンで寝ると風邪を引きそうです。

来週はいよいよ引っ越しです。
ホテル暮らしもあと1週間となりました。

ではまた。



Posted at 2018/11/12 00:28:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月13日 イイね!

インド生活雑感 その1

インド生活雑感 その1もうすぐインドに赴任して1ヶ月が経とうとしています。

暑かったインドも、日中の気温が30度を下回るようになり、だいぶ過ごしやすくなってきました。
11月上旬のデワリ(インドの祝事)を過ぎると空気がだんだん淀んで来るので、今が一年で最も過ごしやすいのかもしれません。

インドは経済成長著しいと言われ、今でも経済成長率は7%近くをマークしていると聞きます。
確かに、僕の職場があるところはこんな感じで、インドとは思えないほど清潔で、外資系のフードサプライチェーンも充実していたり、高級車の展示もあったりします。







しかし、ここからちょっと離れるだけで、皆さんがイメージするインドな世界が広がるわけです。





レクサスなんてほとんど走ってませんよ。
インドと言えば、スズキです。乗用車シェアNo. 1ですから。
街でクルマを見る楽しみも、皆無に等しいです。

それと、インドでは大小新しいプロジェクトが立ち上がるのですが、予定通りに終わったためしがありません。

都市部の道路だって、こんな感じでボッコボコ。



大なり小なり、インド人は時間にルーズです。
あと、かなり自分本位な考えを持っている人が多いです。
だから、大きなプロジェクトのように、チームワークや協調性が重視される仕事には向いていないようにも思えます。
もちろん優秀な人、それも日本人よりも優秀な人もいるんですが、それ以上にどーしよーもない人がいっぱいいます(笑
人口13億いて、カーストの名残が残っている国を甘く見てはいけない。

治安は想像するほど悪くありません。
前にも紹介したように、クルマの運転は荒っぽいし、都市部でも物乞いは結構いますし(わざと手足を切断して同情を誘う、プロの物乞いもいる)、レイプや強盗、詐欺などは頻繁に起きているようですが、殺人事件はそうでもないです。
ただ、全般に命の値段が日本より安い国ではあります。

インドは汚い国というイメージがありますが、大体当たってます(笑
何しろ、農村部ではトイレが無いのが当たり前という世界ですから。
街を歩くと何やらウン◯臭い。あと、地図で”Park”と書いていあるところは、大体ゴミ捨て場かホームレスの溜まり場。

最近の調査では、聖なるガンジス川で基準値の最大23倍の糞便性大腸菌が検出されたそうです。沐浴どころじゃないですね。
日本政府がバラナシで技術支援事業を行うことになったらしいですが、これもいつ実現することやら。

インドは空気も汚れています。
世界で最も大気汚染が深刻な都市ワースト10は、全てインドにあると言います。
だから、僕が今住んでいるホテルの部屋でも、これが活躍中です。



今度住む家でも最低2台は置く予定です。
日本で10年持つと言われるフィルター、こちらでは毎年交換する必要があるそうです(爆

こんなところに住むからこそ、月収3割分の赴任手当プラス現地手当が認められていると思ってます。でないとやってられない。
駐在員って派手で華やかなイメージがありますけど、それは先進国での話。少なくともインドは違いますw
ほんと、日本が素晴らしい国に見えるわけですよ、インドで暮らしていると。清潔だし、安全だし、食い物も美味いし。

あまり書くと長くなるので、今回はこの辺で。
次はインドでの食糧事情について書く予定。

なんだか「みんカラ」に相応しくない内容になってしまったが、ま、いっか。
Posted at 2018/10/14 00:50:59 | コメント(3) | トラックバック(0)

プロフィール

「@喜喜 さん、日本のジャーナリストさんは異様なくらいボルボ好きですもんね。いくらもらってるんですかね。」
何シテル?   12/09 12:25
2018年9月より、インド・グルガオンに駐在しております。 日本ではマイカーを保有しておりましたが、ここでは専らカンパニーカーの後席に収まる日々を送っておりま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

恒例の、東名弾丸ドライブ(飛騨高山編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/15 19:15:54
AlbertRick Online-Store 
カテゴリ:国内パーツショップ
2011/07/05 18:05:06
 
EuroBadgez 
カテゴリ:海外パーツショップ
2011/06/16 16:19:46
 

お友達

基本的にどなたでも受けますが、申請前にブログにいいね!とかコメント頂けるとありがたいです。

特に、海外で生活されている方(または海外生活経験のある方)と情報交換したいです。

116 人のお友達がいます
みやもっちゃんみやもっちゃん * 元ブラックライン元ブラックライン *
keir34keir34 * JingJing
室井庵室井庵 よっし、よっし、

ファン

69 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) Rabbit GT R-Line (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
MY10のGolf VI に乗っていました。 諸般の事情により、2013年5月に同じVW ...
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
'96年2月納車、以来14年に渡り家族の足として活躍。 オプションはCDチェンジャーとコ ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
5年間乗ってきたセコハンアコードに替わり、'93年1月に納車。 デジパネ搭載の2.5グラ ...
ホンダ アコード ホンダ アコード
これが免許取得後の最初のクルマです。 確か1983年式だったと思います。 (ちなみに後ろ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.