• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

tomosatoのブログ一覧

2017年07月30日 イイね!

DiRT 4 はかなり楽しめそう

DiRT 4 はかなり楽しめそう
ゲットしてまだ2日しかやってない、今はまだ基本技術のトレーニング中ですがとても面白い!ラリーのことをまるで知らなくて用語から学んでます。

前作 DiRT Rally はリアルな挙動がマニアに高評価ですが、同時に初心者には取っ付きにくいそうで。DiRT 4 は対象ユーザーを広げるべく、挙動をゲームモードとシミュレーションモードから選べます。さらに難易度調整と初心者向けチュートリアル(DiRTアカデミー )でスキルアップを促します。



DiRTアカデミーのレッスンはよく出来てる。お手本のデモンストレーションがどのように操作しているか、リアルタイムにインジケータ表示するので、ペダルとステアリングの操作タイミングが分かる。できればグラフで見たいところですが、そこまで凝ってなかった。

DiRTアカデミー レッスン(デモンストレーションと解説動画を抜粋)

DiRTアカデミー レッスン

DiRT 4 が他のラリーゲームと異なる特徴としてコースは自動生成です。

つまり毎回違うコースを走ることになり、道を覚える「予知」が通じない。コ・ドライバーのペースノート(DiRT 4ではルートノートと呼んでる)が頼り。だからペースノートの聞き取りが重要。瞬時の状況判断と予測、的確な操作が求められる。ゲームとはいえラリーの緊張感が味わえそう。

路面状況によりグリップが変化してGのリミットも変わる。Gを体感できませんがそのつもりで操作しないと。途中でサーフェスが変化する「ミックスサーフェス」(練習動画)を走ると、それなりに挙動やフォースフィードバックを再現しているように感じます。案外、DiRT Rallyに劣らず巧妙に作り込まれてるかも?


コースは自動生成

DiRT 4の目玉機能として、ユーザーが簡単にコース作成可能とありますが、まさかゲームのSSも自動生成とは! なので実在コースは収録してません。DiRT Rallyにあったパイクスピークもモンテカルロも無し。あらら...
 

【8月3日追記】

DiRTアカデミー 練習(デモと練習走行)動画を追加。練習走行は十数回走った中のベストを収録。本来は一発録りで出来るようにならないと実戦では使えない。

DiRTアカデミー 練習(デモ&練習走行)
Posted at 2017/07/30 23:41:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | GAME | クルマ
2017年07月19日 イイね!

BAC MONO

BAC MONO
この車、運転しても眺めても楽しい。😄

まるで公道を走るフォーミュラーカー。

その存在を PROJECT CARS で初めて知りました。




BAC MONO で走り慣れた California Highway を逆走する動画



リプレイ中に追跡カメラを操作して走る姿を眺める。PS4でのリプレイは1080P 60fps なのに動画ファイルに書き出すと720P 30fps に変換されてしまい残念。

MONO は特異な車として知られてるらしい。Wikiで調べたら 動画や紹介記事がありました。

BAC MONO 公式サイト

AUTODESKの事例紹介記事

3D CG 分解動画




 
Posted at 2017/07/19 17:46:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | GAME | クルマ
2017年06月26日 イイね!

PROJECT CARS が面白い

PROJECT CARS が面白いPlayStation 1〜4まで買いましたが3以降はあまりゲームをやらず、もっぱらメディアプレーヤーにしてました。特にPS4はHD動画の60fps再生に重宝。みんカラで何度か「GT6が面白い」の勧めがありましたが「いまさらPS3用よりPS4用を待とう」と思い次作のGT Sportsが楽しみでした。

GTシリーズとは別にYouTubeで見掛けた「PROJECT CARS」の予告動画が気になり「これいつリリースなの?」そう思ったのが2年ほど前。ゲーム事情に疎く知りませんでしたがPC用/海外PS4用に2年前にリリース、1年前には国内向けに PROJECT CARS PERFECT EDITION がリリースされてました。(^^;



いつリリースされるか分からない GT Sports を待つ間に PROJECT CARS を試そうとPS4用ハンコン(G29)と共に入手したのが5月。呆れるほど細かい操作性や車の調整項目。最初から全ての車種とコースが開放されていてどこでも好きな車で走れる。レースでお金貯めて車を買い集めるみたいな回りくどいゲーム性は皆無。

これは走る楽しみに徹していて潔い!
と気に入りました。

最初はハンコン調整と車の挙動に慣れるためなるべく単純なサーキットを周回してフォースフィードバック調整とブレーキの距離感を養い、次の練習段階としてパワー控えめなロードカーで峠道を走ってます。いやあ、これが実に楽しい! 先が見通せないワインディングで最初は速度を抑えてぶつからずに走るのがやっと。徐々にコースが分かってくると本能の赴くままがむしゃらに飛ばしてタイムトライアル。(^^) ただそうなるとサーキットをグルグルと同じで「操作精度を高める作業」になって最初のワクワク感が薄れます。

同じ道や区間をがむしゃらに飛ばしても、運が良ければ無事に走り抜けるが大抵は難所で失敗。気合いで突っ込むよりリズムよく気持ちよく走りたいと、ペースを落として合理的なラインと速度を模索するとまた楽しくなってきた。(^^) そうやってワインディングを往復したのが次の動画2本。最初の下りがFord Focus RS、次の登りがAudi A1 quattro 。取っ替え引っ替え違う車を試せるのも楽しみ。

Ford Focus RS で California Highway を走る


Audi A1 quattro で California Highway(リバース)を走る


ペースを落としても2車線の道幅いっぱいに使い時速200キロ近く飛ばしてる。これを1車線幅に限定すればもっとペースを落としても難しく現実に近付きそう。試してみよう。

初期の練習段階で TOYOTA 86MEGANE RS 265BMW 1xx M Coupe も試しました。86 はFRの練習用に、MEGANE RSは良い車ですね、お気に入りです。

リプレイは見栄え重視の映像ですが、プレイ画面はテレメトリーデータ表示と称してブレーキ、ステアリング、アクセル、Gメーターなどを表示。G-Bowlアプリの様なグラフになりませんが大まかなGの軌跡やブレーキ/アクセル踏み替えタイミングは見られます。


 
Posted at 2017/06/26 22:15:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | GAME | 日記
2017年05月21日 イイね!

ブレーキテスト(4回目)


前回から約1ヶ月ぶりに直線路でブレーキングのテスト。
加速0.2Gから目標減速G 0.1G〜0.4G 一定で立ち上げ勾配が鈍らないよう注意して。


まだG一定が怪しい。特に0.1Gは加速0.2Gに引っ張られ?大きくなりがちかつ不安定。
グラフは以前と同じ区画を3周したその最終ログ。

ブレーキテスト1-3

 オリジナル画像


0.1G区間は路面補修跡やら微妙な段差が影響するから区画を変えてみよう。そうして4周した最終ログ。この区画は距離に余裕があるので目標減速G 0.1G〜0.5Gとした。

ブレーキテスト2-4

 オリジナル画像

路面が良くても0.1Gの不安定はあまり変わらず。結局ドライバーが原因か。(^^;
低い減速Gほど立ち上げ勾配が少し緩め。( ①、②)高めの減速Gは立ち上げ勾配がほぼ揃う。(③、④、⑤)ピークは違っても同じ踏み方(勾配)はまだ難しい。


ちなみに区画を変えて走った1回目のグラフ。0.1Gがより不安定な他は最終とほぼ同じ。連続4周しても大して進歩は無いとも言える。日常の練習が大事ということですね。

ブレーキテスト2-1

 オリジナル画像


初回の頃は一連の走行で減速Gのピークを0.1〜0.4Gに散らすこともままならなかったが、日常的にごく弱いG、優しいG、少し強いGと意識的に使い分けてある程度段階的に使い分けられるようになった。


区画を変えて最終のログ合成動画

 
Posted at 2017/05/21 19:55:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | G-Bowl | クルマ
2017年05月01日 イイね!

日常のブレーキ練習


先日の記事「日常の街乗りでブレーキ練習」は広い道をスイスイ走ってる点で非日常的でした。実際はもっと狭くややこしい道が日常。先日走った赤城山南麓へ向かう道の方が日常的。(この道自体はたまに通る程度)




 約20分の行程からブレーキングシーンを抽出。


「減速Gをスッと立ち上げる」と言いますが日常の運転を振り返るとかなり緩い。直線路の検証コースやワインディングで意識しても遅れや躊躇が散見されるのはまず日常の運転から改めないと。(´・_・`)

これが日常の練習で(と言ってもサンデードライバーなので運転は週に1、2度)定点観測の練習コースはたまに成果をテストするところ。でもブレーキング精度を上げるには体系的に条件設定しながら地味に練習しないと難しそう。「」を読み始めてそう思いました。ただ「ダメだった」ではなく「なぜダメか」分かるようにしないと時間の無駄ですね。


ところでドラレコ映像を編集していてところどころ途中で映像が固まったり音声が途切れたり、止めて再生すると音声が出たり怪しい。4年間上書きを繰り返したマイクロSDの寿命か? 一時的な不具合か? あるいはドラレコの障害か? さっぱり分からない。普段は録画チェックしないがアクシデント発生時に録れてなかったら困る。原因を探らないとなあ。
 
Posted at 2017/05/01 08:53:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | G-Bowl | クルマ

プロフィール

「[ Project CARS 2 ] Civic Type-R @ Long Beach https://youtu.be/X9SV2inh6hQ Civic Type-R で サーキット(Long Beach)をフリー走行。」
何シテル?   09/26 22:39
CX-7からGJアテンザへ乗換えを機に登録しました。 よろしくお願いします。 思い込みのまま好き勝手に書いてますので 「それは違うだろー」が多々あると...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

i-DMを勘違い 
カテゴリ:i-DM
2017/02/23 12:42:37
G-Bowlグラフとi-DM判定の関係 
カテゴリ:G-Bowl
2017/02/23 12:41:47
G meter アプリ 
カテゴリ:G-Bowl
2014/07/09 08:20:55

お友達

基本的に投稿内容は思い込みと妄想、たまにUSO800です。眉に唾して広い心で受けとめて下さる方にお願いします。^^
お誘い・解除はご自由に。
21 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 vertinvertin *
黄昏せんべい黄昏せんべい せるつぁせるつぁ
tailor1964tailor1964 GBLGBL

ファン

67 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ マツダ アテンザ
ブルーリフレックスマイカ(別名SHINARIブルー)の展示車が、陽射しを浴びて艶やかに輝 ...
マツダ CX-7 マツダ CX-7
MZR 2.3L DISIターボは低回転域からトルク大で力強い加速。走りは大満足、でもハ ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
3代目プレリュード。初めて新車購入した思い出のクルマ。 発売後間もなく購入。その頃は街中 ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
3ナンバー枠に車格を上げた4代目プレリュード。 先代の洗練・端整から生体感・力感あるデザ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.