• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くろまめたろうのブログ一覧

2016年07月28日 イイね!

西夏語(

西夏語(西夏語(英語: Tangut)は、古代の北東チベット・ビルマ語族の言語であり、西夏王朝においてかつて話されていた。言語学者によってはこの言語をチャン語・ギャロン語などとおなじチャン語派(英語版)に含めることがある。チベット語やビルマ語とは遠い親縁関係にあり、中国語とはさらに遠い親縁関係にある。

西夏語は11世紀はじめにタングート人によって建てられた西夏王朝(チベット語でミニャクと呼ばれ、漢字で「弥薬」と音訳される)の公用語であった。西夏は1226年にチンギス・ハーンの侵略によって滅亡した[1]

西夏語は専用の書記体系である西夏文字を持っていた。

西夏語で書かれた現存するもっとも年代の新しい文献は1502年の紀年のある石幢であり、このことは西夏滅亡後300年近くたってもまだ西夏語が使われていたことを示唆する。
[Chrysographic Tangut Golden Light Sutra.jpg]
Posted at 2016/07/28 10:17:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | モブログ
2016年07月28日 イイね!

西夏

西夏西夏の起源は唐初にまでさかのぼる事ができる。この時期、羌族の中でタングート族がその勢力を拡大していった。その中、拓跋赤辞(中国語版)は唐に降り、李姓を下賜され、族人を引き連れて慶州(現在の寧夏回族自治区内)に移住し平西公に封じられた。唐末に発生した黄巣の乱ではその子孫である拓跋思恭(中国語版、英語版)が反乱平定に大きな功績を残し、それ以降、夏国公・定難軍節度使として当地の有力な藩鎮勢力としての地位を確立した。
宋初、趙匡胤は藩鎮の軍事権の弱体化政策を推進したが、これが夏国公の不満を引き起こした。当初は宋朝に恭順であった平西公であるが、次第に対立の溝を深め、1032年に李徳明の子である李元昊が夏国公の地位を継承すると、次第に宋の支配から離脱する行動を採るようになった。李元昊は唐朝から下賜された李姓を捨て、自ら嵬名氏を名乗り、即位翌年以降は宋の年号である明道を、父の諱を避けるために顕道と改元し、西夏独自の年号の使用を開始している。その後数年の内に宮殿を建設し、文武班制度を確立、兵制を整備するとともに、チベット・ビルマ語派のタングート語を表記するための独自の文字である西夏文字を制定した。
即位の翌年からは、長年の宿敵である青唐のチベット系勢力青唐王国(1032年 - 1104年)を攻めて決定的な打撃を与え、さらに1036年には宋の支配下であった、河西地方西部の粛州・瓜州・沙州に兵を進めて制圧した。またチベット系をさらに牽制するため、蘭州近郊へ兵を送った。そして1038年10月11日に皇帝を称し、国号を大夏として名実ともに建国するに至った。
Posted at 2016/07/28 10:15:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年07月26日 イイね!

台湾省

台湾省台湾省(たいわんしょう)は、中華民国の省の一つ。福建省と台湾海峡を隔てた場所に位置する台湾島の一部と周辺島嶼、澎湖諸島を領域とする。中華民国政府の実効支配地域(中華民国自由地区)の大多数を占めるが、自由地区には福建省の金馬地区(金門県・連江県)も含まれる上、台湾島内の台北市、新北市、桃園市、台中市、台南市および高雄市も直轄市で台湾省の管轄外にある。そのため、台湾省と「政治実体としての台湾」(自由地区)とは一致せず、自由地区を指す場合は主に台湾地区と表記される。

1945年の省政府設置以降は、中国国民党が政権を握る台湾国民政府下で一党独裁の統治を行なわれ、地方自治行政は有名無実化していた。1990年代になると政治の民主化が進んだが、同時に中央政府の行政効率化も進められ、1998年以降は地方自治体としての機能を「凍結」(中央政府の出先機関に組み込み)させられている。

1949年以降、中国大陸を統治する中華人民共和国政府も台湾省の領有権を主張しており、並存する二つの「中国」政府が互いに台湾省の領有を主張するという政治問題(台湾問題)を生み出している。
[Taiwan the Province Government Building.JPG]
Posted at 2016/07/26 10:24:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | モブログ
2016年07月26日 イイね!

台湾省 (中華人民共和国)

台湾省 (中華人民共和国)中華人民共和国における台湾省は、名目上は台湾島全域と周辺島嶼、及び澎湖諸島からなり、省都は台北に置くとされている。
中華人民共和国の台湾省は、「中華民国の台湾省」と下記の通りに差があるため、両者の領域は厳密には一致しない。
中華民国台湾省の省都は、台北市から南投県南投市の中興新村へ移転している。(中華人民共和国では台北市のまま。)
台北市、新北市、桃園市、台中市、台南市および高雄市は直轄市として台湾省の管轄外に昇格している。(中華人民共和国では台湾省の管轄内のままであるが、メディア等では台湾での実情に合わせた表現を行うことが多い)
中華民国が実効支配する南海諸島の島々(東沙諸島、南沙諸島の太平島・中洲島)はいずれも高雄市に属する。(中華人民共和国では、東沙諸島は広東省、それ以外は海南省に属する。)
なお、日本が実効支配する尖閣諸島(中国語名:釣魚台列嶼)は、中華人民共和国・中華民国の双方とも台湾省(宜蘭県頭城鎮大渓里)に属するとしている。また、中華民国の実効支配下にある福建省の島々(金門島、馬祖島、烏坵、いわゆる金馬地区)は、中華人民共和国・中華民国の双方とも福建省に属すとしており、台湾省には含んでいない。
Posted at 2016/07/26 10:22:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年07月21日 イイね!

鳥取しゃんしゃん祭

鳥取しゃんしゃん祭1961年(昭和36年)の聖神社、大森神社の例祭にあわせて、経済活性化を目指して「鳥取祭」というイベントが始まった。鳥取祭の目玉は神輿行列で、これに仮装行列が加わった。1961年の第1回から1964年の第4回鳥取祭まで、当時の市長も七福神、大国主、花咲か爺などの仮装で参加している[12][13]。しかし「鳥取祭」の中心は氏子のパレードになっていて、祭りに加わることができる市民が限られているため活気がなかった[13]

1964年(昭和39年)は鳥取市役所の新庁舎が完成し、これに合わせて新しい「きなんせ節」の踊りが策定された。これは鳥取県の代表的で伝統的な雨乞い踊りだった「因幡の傘踊り」をもとに、多くの人が容易に参加できるように振り付けを簡単にしたもので、翌1965年(昭和40年)の祭りから採用されることになった[13][14]

イベント名も公募され、「しゃんしゃん祭」となった。これは鳥取市中心部の鳥取温泉の湯が「しゃんしゃんと湧く」、また傘に取り付けられた30個の鈴が「しゃんしゃんと鳴る」に由来するネーミングである[13]。翌年の第1回しゃんしゃん祭りの日取りは慎重に選ばれた[15]。傘は和紙でできているので、雨に濡れた傘を振り回して破れてしまっては興冷めである[15]。そのため過去の気象統計に基づいて最も雨の少ない日が踊りの開催日に決められた[15]
[若桜街道・若桜橋上]
Posted at 2016/07/21 10:21:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | モブログ

プロフィール

「スバルお前もか #SUBARU
何シテル?   10/27 13:02
くろまめたろうです。よろしくお願いします。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

熱い 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/28 16:04:40
ハスラーで夕焼けを見に行きました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/11 18:15:40
【 みんカラ 】ブログにYouTube動画を貼り付ける方法 2012年度版 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/29 16:29:20

ファン

11 人のファンがいます

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる