• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

senbonzakuraのブログ一覧

2017年10月15日 イイね!

鎌池2017(ロケハン?)

鎌池2017(ロケハン?)こんにちは!


紅葉が降りてきたというのに、今週末はパッとしないお天気です!

そんな中、昨日(土曜日)は雨マークが消え曇りとの予報でしたのでダメ元で紅葉撮影に向かいました。この日は休日出勤のため、朝7時半がタイムリミットです。

向かった先はタイトルの通り

毎年行っている 秘境 小谷村の鎌池 です。

(インスタで鎌池紅葉の情報を得たので、少し早いかと思いましたが...)


過ぎに駐車場に到着すると、特徴的な車が.....シトロエン C4ピカソ...

ヘッドライトを点け、撮影スポットに向かいます。

天候も曇りでしたので先客は3名ほど


そのうちの一人に思い切って声をかけてみます。

「たいはくおーむさんですか?」


やはり たいはくおーむさんでした。なんと千葉から弾丸ツアーで撮影に来られていました。しばらく隣で撮影しながらお話をさせていただきました。たいはくさんもインスタメインで活躍されているようでフォローさせていただきました。
たいはくさん、弾丸お疲れさまでした!!


さて紅葉のほうですが、早朝は曇り空でしたので暗いうちは見せ場無し(汗)

明るくなって、若干青空が見えた時の写真のみご紹介!

2015年の紅葉が奇麗だった年の写真と並べてみます。(同じアングルのみ)

撮影日は2015年10月15日.....今年の紅葉は遅いようです....寒くないですからね! いつもの年ならスキーウェアーを着て氷点下近くでの撮影ですがこの日は2桁気温でしたから....)





1、相変わらずの素晴らしいリフレクション!





2、紅葉は進んでいます。(特に赤いナナカマドはしっかり紅くなってました)




3、ただ、ここの紅葉の特徴であるブナの黄色やオレンジの黄葉は......昨年のように枯れて散ってしまうものが多く、若干汚い印象.....とはいえ他の景観地よりは奇麗に紅葉しています。


※2015年




4、そして緑もまだ多いかな~.....


※2015年




5、この紅葉をみてもまだ早いですね!


※2015年



6、池の西側に行くとまだまだ緑が多いいのが分かります。


※2015年



7、


※2015年 





うーん....2015年があまりにも凄すぎて、これを経験しちゃうとこれ以上を望むのは無理なのかもしれませんね~!
今回は日が全く当たらない条件でしたので、紅葉が輝かなかったのもありますが....

ですがブナの黄葉がまだまだでしたので、ピークはまだまだといったところでしょうか!
来週ずーっとお天気悪い予報なんですが、もし晴れの予報が出たらまた行ってみようかな~と思っています。黄葉が奇麗に進んでくれることを祈ります。


最後までご覧いただきありがとうございました。



撮影 NIKON D4s
  TAMRON SP24-70mm 1:2.8Di VC USD




Posted at 2017/10/15 12:24:37 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月13日 イイね!

百名山の懐で迎える朝

こんばんは~


前回まとめきれなかったブログ「秋晴れの名峰へ」の続きです。

初日に百名山 鹿島槍ヶ岳に一気に登頂した疲れからか、星空撮影を終えシュラフに潜り込むとすぐに寝てしまいました。(この日は下界では日中夏日だったので山の上もこの時期としては、それほど冷え込まず、#1のシュラフでは寝汗をかくほどでした。

朝5時前に目を覚まし、テントのフライを開けると東の空がすでにイイ感じにブルーアワーに突入っしていたので、急いで防寒着を着込み外に出ます。

1、5:08




2、5:16気温はそれほど低くはないのですが、風があり体感温度低めの朝でした。




3、6:23




4、この日の雲海は八ヶ岳や南アルプスや富士山が分からないほどのモクモクでした!




5、5:38 山なのか雲なのか分かりませんw




6、5:45 もうじき日の出時刻、雲が流れてきて色づきます。




7、5:47 鹿島槍ヶ岳の影と



8、5:51 ご来光です♪




9、鹿島槍ヶ岳を赤く染めます。



と、ここまではテン場から少し鹿島槍方面へ向かった登山道で撮影していたのですが、ここからは剣岳等の立山連峰が見えないのでテン場に戻ります。


10、立山連峰のモルゲンロート(あまり赤くならなかったけどヴィーナスベルトが綺麗でした)




11、劔アップ



12、ご来光を横目にテン場を通り抜け鹿島槍ヶ岳山頂へ向かう方が大勢いらっしゃいました。(私は前日登ってるのでゆっくりです)




13、太陽って暖かい♪




14、劔を見ながらゆっくり朝食を取りテントを撤収して7:50下山開始です。(そういえば、剣岳が2日間見えっぱなしでしたが、こんなことはなかなか無いんですよね~、いいお天気でした!)




15、下山といって冷池山荘を背にし爺ヶ岳まで登り返します。




16、鹿島槍ヶ岳 デッカイな~!




17、何度見てもカッコいい山容です また来るよ!




18、途中、雲海と木のシルエットが何ともいえない雰囲気でした 




19、縦走路からのパノラマ(縦走路の気持ちよさ伝わるかな~?)




20、同じような写真を何枚も撮っちゃいます(汗)....それだけ魅力的な山なんです。




21、爺ヶ岳中峰にも再度登頂しましたが、まだまだ雲海が広がっていました!




22、扇沢方面が見えるところまで戻ってきました。




23、チングルマの紅葉ももうじき終わりかな?




24、9:50 種池山荘到着



25あとは柏原新道沿いの紅葉を楽しみながら下ります。 




26、ガスが紅葉の谷を駆け上がる





27、この日は標高1800~2100m付近の紅葉がピークでした もう北アの紅葉は終焉ですね~....山の紅葉は進むのが早い....




28、赤いナナカマド1




29、赤いナナカマド2




30、そして12:00 登山口に無事戻ってきました~
結構、種池山荘からの2時間の下りは堪えました(汗)やはりどこの山も下りは辛いですな~、泥で石が滑りやすかったので余計に疲れました。




急いで下山したんですがこの日は、再開したKatuuuさんご夫妻とは会えずじまい。(早朝5時に山荘を出発したようです)
またどこかの山で会いましょう~!



以上2回にわたり、お届けした爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳登山でした。
北アルプスの紅葉は終焉を迎えあとは冠雪を待つばかり....今月は多分山には行けないので、11月となると北アはもう無理かな~。

今後八ヶ岳とかの雪山の日帰りくらいできるよう、ハードシェルを手に入れたんですがまだ冬靴が無い...てか高いんだよな~(汗)
誰か冬山教えてくれる人いないかな~....でも山岳会とかは入りたくないし....

まあ、今後もケガしないよう安全第一で少しずつ経験値を上げていけたらいいなぁと思います。



最後までご覧いただきありがとうございました。



撮影 SONY RX100M5
Posted at 2017/10/13 19:00:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月11日 イイね!

秋晴れの名峰へ

秋晴れの名峰へ
こんばんは!

先週末も懲りずに山に行ってまいりました~!
土曜日は仕事だったので(丁度雨模様でしたし)、日曜日、月曜日の1泊2日テント泊登山です。
よく考えてみると9月は台風が来た三連休以外ほぼ毎週末山にいるような....(苦笑)
北アルプスは紅葉が進み、もうじき冬山になりますから今しかないんです。(冬山はちょっとずつチャレンジしようかと思いますが、夏山の北アルプスはこれが最後かなぁ~.....)



今回の山行は、百名山 鹿島槍ヶ岳を目指します。
鹿島槍ヶ岳へ行くのに一番簡単なルートは今回の「柏原新道」で爺ヶ岳を経由して鹿島槍ヶ岳へ縦走するコースですが、片道12㎞ 約8時間 
標高差1470m(累積標高差+1997m/-541m)となっており最低1泊はしないと行くことができない山です。


1、立山アルペンルートの扇沢駅の少し下にある登山口へ無料第2駐車場から向かいます。柏原新道登山口 標高1350m 朝5:00ヘッドライトを付けてスタートです。


2、左上 最初の1時間くらいは急登の紅葉坂を一気に上ります。右上 5:50 八ッ身見ベンチ通過 
   左下 扇沢駐車場がかなり下に見えます。右下 標高を上げると紅葉の色も濃くなっていきます。



3、左上 山の稜線に陽が当たり始めます。 右上 扇沢とその上に見える針ノ木岳 
   左下 6:15 ケルン通過  右下 赤沢岳と月




4、左上 右上 ケルンを過ぎると徐々に緩やかな登山道となり稜線右側に種池山荘が見え始めます。
   左下 7:30石畳通過 右下 非常に整備された歩きやすい道です♪




5、左上8:00黄金岬通過(ここまですでに800m登ってます)左中 8:10ガラ場通過 
   左下 扇沢方向を見下ろす。右 柏原新道の核心部(夏までは雪渓がトラバース)





6、左上 8:20冨士見坂通過  右上 8:35 種池山荘が見えた!
   左下 8:40種池山荘到着(標高2450m)奥に爺ヶ岳南峰 後は稜線歩き♪ 右下 来た道を見下ろす。



ここまで約3時間40分(標準4時間?)、標高差1100mを登りますがしっかり整備されていて凄い登りやすい登山道でした。(疲れもほとんどなし!)
もしかして北アルプス登山道の中で一番楽なのでは??(合戦尾根のほうが疲れます)

疲れはないですが、種池山荘前のベンチで休憩しながらここでしばらく山友さんを待ちます。
その山友さんとは夏休みの縦走時に知り合った同じ県内の
katuuu!さん(ヤマレコやられています)
と再会する予定でした。(今回はご夫婦での登山なので途中までご一緒させてもらいました。)

登っている最中は、体調不良(胃痛)で爺ヶ岳で撤退も考えましたが、稜線に出た途端、テンションアップで体調不良はどこへやら.....(笑)


7、上 種池山荘からの八ヶ岳と富士山
左下 針ノ木岳から種池山荘まで続く稜線(ここを歩かねば後立山連峰を制覇したとは言えないね!)右下 テント場を散策(あまり見晴らしはよくない..)




8、katuuu!夫妻と合流し、爺ヶ岳へ向かいます。




9、爺ヶ岳までの稜線歩き♪ お天気も良くて最高!




10、振り返ると立山と剣も見えます。 そして種池山荘のオレンジ色の屋根もかわいい。




11、そして左手にカッコいい山容の双耳峰 鹿島槍ヶ岳を見ながら歩きます。




12、爺ヶ岳南峰(標高2660m)へ到着!
 爺ヶ岳は3つのピークを持つ山で登山入門にピッタリ(ここまでなら日帰りも可能)




13、爺ヶ岳主峰(中央峰)、北峰、鹿島槍ヶ岳へと続く稜線


ご夫妻とはここまでご一緒し、私はテン場確保のために先を急ぎます。
(ご夫妻は冷池山荘泊)
中央峰(標高2699m)にもサクッと登り(メタボが目立つのでお写真無しw)


14、鹿島槍まで向かう快適なハイマツの縦走路♪




15、こんな絶景を見ながら進みます。



16、左上 冷池山荘がだんだんと近づく  右上 赤岩尾根との分岐 冷た乗越
    左下 冷池山荘到着(標高2410m) 右下 ここでテン場の受付を済まします。





17、12:15 テン場に到着!まだまだ余裕でした。



18、ここのテン場は山荘から10分位離れているので、トイレや水場とかは難があります。



19、ですが眺望が良くてロケーションは最高なんです♪



通常なら、1日目の行程は終了でテントや山荘で一杯やりながらまったりして
2日目早朝に出発し鹿島槍ヶ岳へ登頂して下山するのですが、結構ハードな2日目になるんです。
翌日風も出る予報で、体調不良(胃痛)もよくなったので、疲れてはいますが一気に山頂を目指すことにします。
テント前で急いで昼食をすませ、すぐに出発します。13:15

鹿島槍ヶ岳までは片道2時間の行程......なんとか日暮れ前には戻ってこれるでしょう....


20、いきなり鹿島槍ヶ岳の前に布引山への急登が立ちはだかります(汗)




21、布引山 標高2683m




22、これを登り切れば.....




23、息も絶え絶え...あと少し




24、そして鹿島槍ヶ岳南峰(標高2889m)登頂です。1時間半で到着!



25、鹿島槍ヶ岳北峰~八峰キレット~五竜岳 全景
ここに行くのはまだ早いか~!来年は行きたいなぁ~
(縦走されてきた人に聞いたら、そんなに怖くはないらしい?その人曰く以前通った五竜ー唐松間の牛首の鎖場のほうが高度感があり怖かったそうだ...)
まあ、核心部は怖くなくても五竜までのガレ場が大変そう.....だが行ってみたい!!




26、山頂からの展望
   左上 立山、剣岳方向  右上 種池山荘ー爺ヶ岳ー冷池山荘 の歩いてきた稜線
   左下 白馬岳方向  右下 キレット小屋(営業終了)~五竜岳



山頂からの360度展望は こちら



27、頑張ったご褒美に 北峰にブロッケーン!!



山頂を満喫し、16時半 約1時間でテン場まで無事下山!
結局この日の 活動時間は11時間半 登山距離13.0㎞を歩きましたが
さすがに疲れました。

山荘で宴たけなわなkatuuu!ご夫妻に合流し、ビール500㎖を一気飲みです(美味いに決まってるね!w)

28、テン場まで戻り夕食にします。今回は食にはこだわらずに
   おでんともつ煮とアルファ米と日本酒です(笑).....充分すぎるw




29、テン場の夕暮れ




30、剣岳との間の雲海が凄かったです。



31、マジックアワー



そして、この日は月夜だったので、星空は期待していなかったので一眼レフは置いてきたのですが、東の空に雲が多く月の出が遅れたので天の川を撮影することができました。(この後ガスの中に消えていきましたけど)


32、RX100でこれだけ濃い天の川が撮影できるとは......




今回はまとめきれないので、これまで!  次回(2日目)へ続く

初めて、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳へ行きましたが、(すべての山が初めてなんで当たり前w)抜群の眺望で快適な縦走路を秋晴れの中紅葉を見ながら歩くことができました♪ 3連休なら五竜まで行っちゃってたかもしれませんね~w

今年はガッツリ登山しまくりで、白馬三山縦走していれば後立山連峰メイン峰は、ほぼ完登したかもしれないので残念ですが(針ノ木岳とか南端は除く)我ながらよく登ったな~(笑)
まあキレット(不帰の嶮と八峰キレット)を制覇しないと完登とは言えないので来年はきっと行くぞ~!(今なら剱も槍ヶ岳も行けそうな気がするから自信過剰って怖いね(汗))

せっかく体力付いたので、冬場も活動していきたいですが北アルプスの冬山は極限の世界、日帰りから少しずつチャレンジしていきたいなぁ~と思います。(同行してくれる方求ム!!→katuuu!さん宛ww)




以上最後までご覧いただきありがとうございました。



撮影 SONY RX100M5


Posted at 2017/10/11 19:20:46 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月02日 イイね!

紅葉の大池

紅葉の大池こんばんは~


涸沢の紅葉を楽しんだ翌週の週末(9/30~10/1)
先週は若干ピークを外した感があったので、紅葉真っ盛りのお山へ行きたい。
でもガッツリ登山は仕事があるので無理.....午後からなら何とか...ということで、一度紅葉の時期に行ってみたかった白馬大池へまたまた行ってまいりました♪ 
題して大池シリーズ第3弾「紅葉の大池」


この日もD4Sとレンズ2本と三脚等合わせ、合計20㎏です...もう慣れたわw


1、空は雲一つない快晴で塗り絵のような青空です。
左上 栂池自然園入口 丁度この週末紅葉祭りを行っていて凄い人出でした。
右上 登山口入口 左下 登山道も紅葉真っ盛り 右下 自然園を見下ろす





2、枚数多くなっちゃうんで、全部大きな画像ではお見せできませんが、道中とっても綺麗な紅葉でした!(やっぱり紅葉にはPLフィルター必須ですね~!)
左上 山肌の紅葉  右上 登山道の紅葉
左下、右下 天狗原の紅葉(ここまで1時間)





3、左上 風吹大池との分岐 (風吹大池は標高下がるからの紅葉は来週位?...今年は無理かな~)
   左下 紅葉のトンネルを抜けていきます。右 天狗原からの木道(正面の紅葉の中を進みます)




4、前回大池に来たときは展望なく黙々大岩を上って苦行でしたが、今回はドピーカンしかも紅葉真っ盛り 足取りも超軽かったです。




5、紅葉トンネルを抜け、天狗原を振り返るとご覧の絶景!




6、
  左 相変わらずの大岩右上 1か月前は雪渓でしたが、今回は雪はほんの少し残すのみ
  右中 白馬乗鞍岳頂上で一応記念撮影
 右下 白馬大池山荘が見えました紅葉もばっちり




7、白馬大池到着後、結構な数のテントに焦りましたが何とかテン場確保(汗)
(前回ここまで3時間以上かかりましたが、今回は2時間半で来ちゃいました!....毎週登っていると、体が出来上がっているのでそんなに辛くないですね~。)




8、白馬大池近くの紅葉も素晴らしいのですが、もう一つの楽しみ!それはチングルマの紅葉!




9、寒さに耐え、しっかり赤く紅葉して待っていてくれました♪




10、チングルマって花、実、葉の紅葉と長ーく我々を楽しませてくれますね~




11、陽が落ちると気温が一気に下がって寒いです。しかもこの日は夕方まで結構な風がありました(金曜日から白馬岳に入っていた方によると、前日はものすごい暴風でテント張れなかったようです。)この日はテン場満員御礼でした。




12、ではテント内にもどり、お楽しみの夕食です♪
今回はあまり拘っていませんが、おつまみの鯵のみりん漬と家で作ってきた味玉!
メインはおでんと、フリーズドライの親子丼.......お腹いっぱいですw



13、この日は月の輝面比65%で天の川の濃い部分も月と並行して移動するため星空は期待していなかったんですが、月と天の川って一緒に写るんだ~!(驚)




風は止んで、湖面も穏やかなので撮影チャンスなのですが、寒い寒い(>_<)
それでも、この日は紅葉や星空目的で来られたカメラマンが結構いらっしゃいました

14、白馬大池に映る星と山荘




15、月明かりなら紅葉も写るかな?(少しライトアップしてます)



もう寒くて限界(>_<)ということでシュラフに潜り込みます。
ちなみにシュラフはモンベルのダウンハガー800♯1(コンフォート-5℃リミット-12℃)
この日、シュラフの中で薄着だったので少し寒かったですが快適寝れました)

星空は寒いからもういいかな?.....なんて思いましたがそれでもと思い、4時に起床(テント内の温度は0℃でした.....(寒ッ!)


16、テントから出てみると満点の星空でした!(南の空)




17、北の空




18、白馬大池に星が降り注ぐ




19、いったん寒さのため小休止 
朝飯は、寒いのでラーメンにします。今回は棒ラーメンの鹿児島黒豚豚骨ラーメン!
キャベツをいっぱい入れハムそして味玉をトッピングして出来上がり♪
ハフハフッ!美味しゅうございました♪


今回も山の稜線に出てのご来光はやめておきました(寒いし、撮りたいものがあるので)

20、夜明け前の静寂(早朝はほぼ無風状態で綺麗な水鏡となりました♪)




21、そして、日の出時刻から遅れ山肌に陽が当たり始めます。




22、




23、朝陽の柔らかい光を受け紅葉も輝き始めます。




24、お日様が当たっている箇所へ移動します。




25、撮りたかったもの、それはチングルマが朝日を受け輝くところ!




26、この日、冷え込んだ証 霜柱がいたるところに!
(一体何度まで冷え込んだのでしょうか?......)




28、朝陽を受けたsenbonzakuraさんも生き返りましたw 太陽って暖かいね~♪




チングルマ撮影を満喫し、ゆっくりとテントを乾かしながら撤収します。

そして大池の北側の畔にも、光が差し込んできたので定番スポットの撮影に向かいます。


29、色とりどりの紅葉と白馬大池(早朝ほどの水面の静寂さはないですが充分綺麗!)




30、




31、30と迷ったけど、こっちのほうがお気に入り~♪




32、帰りがけの畔の紅葉




33、白馬大池へ別れを告げ下山します。




34、乗鞍岳からの白馬岳方向 (3000m級の紅葉は終焉あとは冠雪を待つばかり)



下りはやっぱり辛かった(汗)行きと同じ2時間半かかりました。


35、帰りがけの栂池自然園(キノコ汁の振舞いやってました♪)



そういえば、数年前までは栂池自然園のトレッキングでヒーヒー言っていたのを思い出しました(笑).....こんなにどっぷり山に嵌るとは思いもしませんでした。人って変わるもんですね~!


以上、紅葉ピークの白馬大池登山でした。


いつも最後までご覧いただきありがとうございます。



撮影 NIKON  D4S
        TAMRON SP24-70mm 1:2.8Di VC USD
        SIGMA 15㎜ F2.8 EX DG FISHEYE
          SONY RX100M5
Posted at 2017/10/02 18:57:56 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月26日 イイね!

涸沢紅葉2017

涸沢紅葉2017こんばんは!

先週末はかねてから予定していた、涸沢の紅葉を見に行ってきました。

 事前の紅葉予測では 23日24日の週末で5分 28日前後がピーク 30日1日が散り始めとなっていましたが、自然相手なので何があるかわからないので23日24日に行くことに私の感ピューターが決定したのが約2か月前  さあどんな紅葉が待ち受けていたんでしょうか!

今回の参加者は Tenkinzoku@kさん  室井庵さん  私 の3名 (1名Tげたさん欠席)


 ちなみに、今回のザックは絞りに絞って20㎏(笑)
(いつものテン泊装備に食料2㎏ 小型三脚2本 D4sもザックの中 そしてレンズは思い切って15㎜魚眼レンズのみw)

涸沢までは上高地から横尾まで平坦地を延々11㎞(標高差200m)歩き、
そこから涸沢までは6㎞(標高差700m)を上らなくてはいけません。
しかも紅葉時期の涸沢は激混みで、テント場争奪戦(多い時で1000張を超えるとか)に備え1分でも早く到着し平らな場所を確保したいのです。

無理やり1本のブログにまとめますのでお写真多くなりますがお付き合いください。

※注 今回の紅葉の色合いはあくまでイメージですw
(多少?!...盛ってますw)


1、
左上 朝4時半予約してあったタクシーに乗り込みます。
右上 釜トンネル開門待ち(先頭の列は左側下り車線.....)
左下 朝5時20分スタート(みんなまだまだ元気!) 右下 5時バスターミナル




2、
左上 朝靄に煙る上高地 右上 河童橋
左下 雨も止み青空が見えてきました。 右下 6:10 明神到着




3、徳沢ロッジ前で森の中の光芒が綺麗でした♪


4、
左上 上高地内の平らな道を黙々と進みます。 
右上 徳沢キャンプ場(芝生で撮とっても快適そう!)
左下 まだまだ元気なお二人 右下 僕も元気!(荷物の量w)



5、ここまで2時間40分で頑張って歩いてきたので標準タイムより巻き気味で来れました。
左上 7:00横尾到着  右上 横尾で小休止
左下 横尾手前の河川沿いの景色 右下 さあ涸沢に向かって登山の開始です。




6、本谷橋でこの後の急登に備え小休止



7、
左上 さあ登りの始まりだ  
右上 11㎞の歩きで約4割体力を削られているので、テン泊装備の登りは辛い(汗)
(天を仰ぐ室井庵さんと、グッタリ崩れ落ちるTenkinzoku@kさん(笑)私も足が上がらなくなりました....ここから先は正に牛歩....いや亀歩w)
左下 なかなかゴールが見えない  右下 どんどん抜かれる(汗)急がねば...




8、
右上 涸沢ヒュッテが見えた!  左上 ヒュッテと小屋の分岐
右下 分岐を左に          左下 ヒュッテまであと少し




9、
右上 11:30(標準の6時間)涸沢ヒュッテ到着 皆さん頑張りました!
左上 何とかバラバラな場所ですが、3人とも平坦な場所を確保できました。
右下 テントの受け付けも12時から開始   
左下No467!! (この日最終的には600張程度あったとか)




10、紅葉は......やはり4~5分といったところですが、到着と同時に青空が迎えてくれました。



11、大絶景の涸沢ヒュッテのテラスで昼ごはんにします。




12、テラスはヒュッテの真上にあります。



13、名物のおでんと生ビールのセット(1400円也)でカンパーイ~
もう最高でーす。この一杯のために山に来ているといっても過言ではないのですw



14、ヒュッテ横の紅葉もイイ感じ!



15、時間が有り余っているので周囲を散策!(涸沢カールの全貌を俯瞰)



16、涸沢のリフレクション!(魚眼しか持ってきてないからPLありませーん)



17、涸沢の万年雪がヒンヤリとした風をテン場に送ります。


18、
左上 ヒュッテの反対側にある涸沢小屋  右上 涸沢小屋からの前穂高岳
左下 涸沢小屋名物のもつ煮でまたまたカンパーイ!(笑) 右下 小屋からテン場を見下す
 


19、重ーい食材を背負ってきた、お待ちかねの夕食でーす♪(食って呑んでばっかりw)
左上 持参した食材(野菜って重いんだよね~...) 左下 もちろん鍋(今回は味噌味)
食材:ハーブソーセージ、白菜、キノコ類3種、春菊・人参・ネギ、豚バラ肉、豆腐、卵
右上 またまたカンパーイ! 右中 つまみのソーセージ 右下 締めは煮込みうどん



20、食事の間に夕暮れを期待しRX100VとD4Sでタイムラプスを仕掛けます。




上記のD4Sで撮った写真を夕暮れから夜のタイムラプス



そして、この日に決めた理由の一つ、それは新月近くであること

21、念願の涸沢での星空とテント灯りのコラボ 



22、涸沢ヒュッテからのテン場の夜



23、RX100V撮影




24、そして天の川もばっちり



25、


天の川タイムラプスしようかと思いましたが、21時くらいに雲が出てきてしまったので就テントに戻って自撮りして撮影終了

26、星空を照らす自撮りにしたかったんだけど、雲を照らす写真になっちゃった...



翌朝のモルゲンロートに期待して寝袋に潜り込みます。
今回のテント場は岩場といいうことで、いつもの銀マット+エアーマットも持って行ったので快適に爆睡できました♪(今回はいびき合戦は無かった)


日付は変わり、9月24日(日)

朝ご飯を用意する前に、カメラ2台のタイムラプスを仕掛けに行きます。


RX100Vで朝焼けをタイムラプス↓



テント場でD4sで朝焼けをタイムラプス



結局この日は、日の出方向だけに雲がかかっていて陽が当たり出したのは
太陽が高くなってからで、モルゲンロートにはなりませんでした(悲)

27、それでも、秋らしい雲が出て清々しい朝を迎えることができました。


やっぱり涸沢っていいな~!パノラマで



28、東側の谷間から常念岳も見えていました。



29、カール最深部方向



30、紅葉とともに




32、8:00 名残り惜しいですが、涸沢に別れを告げ下山します。



33、帰り道はどピーカンの雲一つない青空となりました。
左上 カールを振り返る  左下 行きは雲の中だった屏風岩 右 本谷橋から上流



昨日の疲れもあるのか、そこそこのペースで歩くも標準タイム(2時間)より若干遅いくらいで横尾まで下ってきましたが、私も含め皆さんの足が終了!(汗)
これからまだ11㎞歩かなければいけないのに.....(汗)

34、
左上 登りも下りも結構な人出です。 右上 横尾に戻ってきました(10:30)
左下 ヘトヘトで徳沢に辿り着き    右下 もちろん有名なソフトクリームをいただきます




13:00頃のタクシーを予定していましたが、徳沢ですでに12:00ということで到底間に合わないので、河原で昼食を取りエネルギーを補います。

35、
左上 昼食場所から見た前穂高岳と明神岳 右上  13:30明神到着
左下 河童橋から     右下 河童橋





36、そして最後は足が棒になってしましましたが、無事上高地BTへ帰ってきました。
上 上高地バスターミナル
左下 お疲れの3人で記念写真   右上 バスターミナルにてコーラでお疲れ~!





以上日本で一番混むといっても過言ではない山岳紅葉地 涸沢への登山
無事ケガもなく終了できました。
二日合計で30㎞以上歩いたんですが、こんな距離歩いたのは初めてかも!
普段の山行は大体午前中に到着してあとはテントでまったりが多いのですし、
夏休みの縦走なんか3泊4日で15㎞ですから....
最後の11㎞はほんと辛かったなぁ~水平歩き、帰りは余計です(泣)

紅葉はいまいちで、モルゲンロートも無しでしたが、天候にもそこそこ恵まれ星空も
見れたので初涸沢としては上々ではないでしょうか!
今考えると少し早かったけど、逆に良かったんじゃないでしょうか?
(紅葉は今週末がピークでしょうが、我々が行った時の倍近い人が集まるんですから
考えたくもない混雑でしょう(汗)....テント場は走って登らないとまともな場所は確保できないでしょうし、山荘泊は4~5人/布団ですし詰め状態で寝られるもんじゃないでしょうね~(滝汗))


でもいつかは、紅葉のピークの涸沢のモルゲンロートを見てみたいものです。
参加された皆さん、大変お疲れさまでした!
来年はスキルアップして2泊くらいして奥穂高岳も登れたらいいですね!



最後までご覧いただきありがとうございました。


撮影 NIKON D4S + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
    SONY RX100M5

Posted at 2017/09/26 18:55:22 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「登山日和ですよ〜♪」
何シテル?   10/08 10:39
長野県在住のsenbonzakuraです。 家族の記録やカメラ関係のブログが多いです。 最近はカメラと同時に楽しめる登山に主力が移動しつつあります
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

星降る大池 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/06 07:21:38
大雪渓から白馬岳へvol2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/23 00:13:49
ブログの写真を大きく表示させる方法 No.2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/30 16:19:05

お友達

カメラ・写真好きの方、よろしくお願いします。
いきなりの申請は、ご遠慮ください。
ファン登録やコメント等のやり取りを経て申請お願いします。
61 人のお友達がいます
鷹山鷹山 * カールツァイスカールツァイス *
みくひなリンみくひなリン * 伊号403伊号403 *
anzu0519anzu0519 * アガサアガサ *

ファン

217 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ スペイド トヨタ スペイド
H26年3月 トヨタ スペイド納車しました。 雪国で家族の車のため、あまり弄れません。 ...
その他 その他 除雪機 (その他 その他)
自宅用、ロータリー除雪機 メーカー名 ヤナセ 機種名 10-18HST 除雪幅 1 ...
その他 カメラ その他 カメラ
カメラ NIKON D4s 現在使用レンズ 1.TAMRON SP24-70mm 1: ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.