車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月29日 イイね!
3カ月ぶりに富士スピードウェイを走行今年に入ってからなかなかサーキットを走る機会がなく、気が付けばもう3月なのにスパ西浦を走っただけでした。まあ、1月は4Cの修理で終わり、2月は雪道を走ってばかりだったので仕方ないのですが。

3月はもっと走れるかと思っていたものの、走行枠がなかなか仕事のスケジュールと合わない状態が続いていました。で、今日は午前中に富士スピードウェイ近くで仕事だったので、3カ月ぶりに走ってきました。
S4枠が4本あるうちの3本目を走ったのですが、走行台数はほぼマックスでした。いろいろなクルマが走っていて超速いのから箱スカなどバラエティに富んでいて気を使う走行でしたが、まずまず満足のいく内容でした。

今日は昨年末のアルチャレで走ったときのフェデラルからダンロップのZ2★に交換して走行。アイバッハのスプリングでは走ったことがなかったので、この組み合わせでの状態を確認してみたかったのです。仕様としてはアイバッハに加えてフロントに5mmのスペーサーを入れてみました。ねらいとしては相対的にフロントを柔らかく、リヤを硬くしたかったからです。

走ってみると、これがなかなかいい具合でした。フロントとリヤのロールが合っている感じで、鬼門であった100Rでフロントが頑張りすぎるというかリヤが早期にムズムズする動きが小さくなりました。ただ、アイバッハ+フェデラルのほうがわずかに安定感というかコントロールはしやすいかな? これはタイヤサイズの違いと特性の問題もあるような気もします。

ちなみに今回のベストタイムは2分2秒62でした。昨年のベストタイム時より気温が高いことやクリアラップを取れなかったことなどを加味すると悪くありません。というか、むしろいい? 同じサイズのタイヤで走ってみたくなってきました。
Posted at 2017/03/29 23:59:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年03月21日 イイね!
フロントブレーキローター到着アメリカのマッドネスオートワークスに注文していたフロント用ブレーキローターが今朝到着しました。
物はイタリアのタロックス製の2ピースでマッドネス価格は899.99ドル。実は、もうひとつ4C用のローターを見つけていて、そちらはアメリカ製(セクター111?始めて聞くメーカーです)でハット部分がアルミの2ピースで価格は799ドル。さらに2分の1ポンド(約226グラム)軽いと結構魅力的でした。

タロックス製は重さはわからないのですが、まあ4C純正と大差ないはず? なのでアルミ製のものにしようとポチッとしたのですが、手続きを続けていくと送料が高い! 配送グレードの選択肢がなく、400ドル弱なのです。これだと多少軽くても私としては総合的な魅力がダウン。知らないメーカーというのもちょっと引っかかる点でもあります。

ということでタロックス製に決定。マッドネスは過去に注文したことがあるので手続きもスンナリです。と思ったら、注文した翌日にメールが来て「海外だと送料が高くなるのでもう41ドル払え」と。「買うならペイパルの用意をする」なんて内容でした。
サイトでの注文時の送料が80ドル弱と安く、合計しても120ドルなので他メーカー品を含めて日本で4C用を購入するよりは安いと思います。




重さを量ってみると1枚6.6kg。はたしてノーマルは?
まあ、重さよりも見た目と耐久性とタッチが向上すればいいのですが。
ローター交換を機にフロントのブレーキパッドはメーカーを変えてみようと思っています。
Posted at 2017/03/21 10:33:30 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ
2017年03月12日 イイね!
3月12日はスパ西浦モーターパークでの4Cサーキットオフ会に参加しました。
前日入りして前夜祭から参加。かなり飲んでしまっていつホテルに戻ったのか覚えていないほどでした・・・。

スパ西浦はもちろん初めて走るコースです。海のすぐ近くで景色のいいロケーションでした。
コースは細長い地形にタイトコーナーが多く、しかも回り込んでいるので我慢のいるレイアウトです。
コース幅は筑波1000と同じくらいで狭いほうで、ストレートでは4速に入るのでスピード感があります。
ライン取りが難しいコースで、最初の10周くらいはホントにどこを走ればいいのかわかりませんでした。

完熟走行が終わってタイヤの内圧を調整し、徐々にペースアップしつつ走り慣れていると思われる速いクルマについていく作戦にしました。これで一気にタイムが向上しましたが、序盤は台数が多くてなかなか全コースでベストラインを勉強することが出来ませんでした。


上は適当に走ったときのドラレコ5分間動画です。
その後、プロドライバーの同乗走行を行ったのですが、やはり走行ラインが違っていました。特に1コーナーとピット入り口前のコーナーがダメダメでした。それと、トンネル後のS字の立ち上がりをコースいっぱいまで使っていないこともわかりました。

で、同乗走行後のドラレコ5分間動画が下です。
1コーナーとピット入口前の走行ラインは多少改善されていますが、全般的にまだコースをいっぱいに使えていません。まあ、40周ほど走っただけでコースを攻略できるはずもありませんが。
タイムは同乗走行前が1分1秒601で、同乗走行後がわずかにアップして1分00秒995でした。
ちなみにプロのベストは1分00秒541。2人乗車でこのタイムはさすがです。プロをも言っていましたが、ひとりなら59秒台は確実です。
季節のいいときにまた走りたいコースですね~。
Posted at 2017/03/12 21:39:36 | コメント(8) | トラックバック(0) | クルマ
2017年02月08日 イイね!
1ヶ月ぶりに対面昨年末のアルチャレでリヤを破損し、年明けに修理に出してようやく4Cが戻ってきました。フロントガラスの交換も行い、リヤと合わせて41万円!涙、涙、涙です。
ガラスが16万3500円ていうのも高いですが、リヤのインナーフェンダーが3万500円というのも高い!部品の値付けをもう少し低く抑えてくれませんかねー、FCAさん。
Posted at 2017/02/08 15:34:21 | コメント(5) | トラックバック(0)
2017年01月05日 イイね!
年明け早々に4Cのフロントフードを開けてホーン交換に挑みつつ、途中で投げ出していた後始末がようやくできました。
結局は配線を作ることにしたのですが、最初は横着して2つのホーンを直列配線にしました。

そして、ノーマルに戻せるようにホーン側のコネクターを外してホーンとの接点部分から配線を作ってあります。下の写真がノーマルのホーンで、ポチッと2つある端子に上の写真の黒いパーツから配線が2本出ている部分が接続されます。

このホーンの端子と家にあったラジコン用のコネクターの筒型のメス側(左側です)の外径がピッタリで、この筒に配線をハンダ付けし、純正の黒いコネクターに差し込んであります。

室内で約14Vの電源ではきちんと鳴ってくれたので、これで大丈夫だろうと搭載してみたものの音量が小さくて音がヘナヘナでした。しかも、エンジンをかけていないと鳴りません。4Cのホーンへの電圧は結構低い?

ということで、気を取り直して並列配線に変更。
これだと8V位でも鳴ってくれたので今度こそ問題ないはず。
設置場所は元のシングルホーンが付いていた場所に取り付けました。

2つのホーンのステーが直角になるようにして、なるべくホーンの開口部が下を向くようにしてあります。
4Cは設置場所のスペースがあまりないという話だったので、ミツバのアルファIIコンパクトを選びましたが、コンパクトではなく普通のサイズでも取り付けられそうです。ただ、大きいサイズだと手の入るスペースが小さくなるので作業が大変だとは思います。
装着した結果は、並列ならばバッテリー直結などのリレー配線は必要ありませんでした。
このホーン交換作業を機会にタイヤをノーマルの18/19インチにしたのですが、この組み合わせだとタイヤを外さなくてもジャッキアップしてステアリングを目一杯切ればタイヤを外すことなくホイールハウス内のフロントフード固定ボルトの着脱が可能でした。
Posted at 2017/01/05 18:04:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
「近くでの仕事が終わったので、富士を一本だけ走ります。」
何シテル?   03/29 14:27
yori4Cです。 タイヤの付いている乗り物が好きで、ロードバイク(自転車)、バイクにも乗ります。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ファン
1 人のファンがいます
愛車一覧
アルファロメオ 4C アルファロメオ 4C
アルファロメオ 4Cに乗っています。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.