• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

本宮さくらのブログ一覧

2017年06月22日 イイね!

御先祖様の北侵攻ルートの旅(´ω`;@2

さてさて、NCに給油をしてから向かったのが、北見駅の裏側に位置するショボい公園(ヲイ

ここには日本には2輌しか現存していないというD50の静態保存車両があるのです
因みにD50って何??って方への説明がコチラ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%84D50%E5%BD%A2%E8%92%B8%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A

380輌も製造されたのに残ってるのがコレだけ・・・・ってのは何とも微妙ですね(^^;;
まぁ、改造されたり外に出されたり・・・・ってのもありますけど

とりあえず、説明はWiki先生に任せておいて、撮ってきた画像をダラダラと並べます








最後に北見駅でNCと記念写真

今度はココでVTRで撮影したいね(^^;;
しかしまぁ、ココに来るまでに手首と腰が死ぬな(笑

この後、とん田の辺りのなか卯で朝定食を食い、札幌への帰還ミッションスタートです
帰りのルートはこんなふざけたルートw

ついうっかり20年近くぶりくらいに三国峠を通りたいなぁ・・・・なんて思ったもので、まずは石北峠を越え大雪ダムの所で左折

そこから走るコト20分位(だったかな??)
ここ、本当に眺めが良いんだよね・・・・・・・


今度、VTRで走りに来たいです
問題が一つあるとしたら、大雪ダム~上士幌までガソリンスタンドが無いってコトだね
@約60kmくらいの距離
ココを通るなら、上から来るから上川町で満タンにしないと危険です
下からなら・・・・・現在、糠平湖~鹿追が不通なので、上士幌で給油する必用があります
景色は最高なんだけど、途中がちょっと危険ってのが困り所

その代わりですね

こんな綺麗な景色が見られるワケですよ

よくバイク雑誌なんかで紹介されているアングルから撮影してみましたw

そして、ココから更に15分位進むと・・・・

この辺りにこんな場所があります


はい、タウシュベツ

あの映画のこのシーンの背景のモデルになった場所です
https://www.youtube.com/watch?v=bSMCDAWPUrs
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%99%E3%83%84%E5%B7%9D%E6%A9%8B%E6%A2%81
http://www.kamishihoro.jp/place/00000072
近いうちに橋の近くまで行ってみようと思います(´ω`)

駐車スペースの路面にこんなお客さんが・・・・・

この辺りは自然がいっぱいです
コレがマイマイガじゃ無くて本当に良かったッス(汗

然別湖畔でこんなモノを発見

鉄道資料館だそうで
旧士幌線の資料が色々と展示されておりまして、鉄の方々には良い場所かと(´ω`)


さくらさんは鉄じゃ無いですけどねwwwww


資料館内をざっと見学後、無宇タソの職場の前を通り、そこから清水~新得へと抜けました

そんなワケで、昼食は蕎麦(´ω`)~♪

美味しゅうございました♪

ここから38号線を滝川方面に向かって走り、狩勝峠を抜け、南富良野で幌舞駅(笑)で少し休憩


健さんの駅長デスクには沢山の花が・・・・・・;;´д`)



ここで名古屋のライダーさんとしばし歓談
この近辺の去年の台風被害のオハナシなんぞをしておりました
夜の苫小牧発のフェリーで本州に帰るそうで・・・・・ウチも本州ツーリングしたかったなぁ(遠い目

南富良野からちょっと戻って、そこから占冠方面へと抜けました
その途中、トマムへ向かう道の路肩は去年の台風被害そのまま・・・・・・







橋の欄干も破損したまま・・・・・・どんだけの水が流れ込んできたんだよ、この地域(^^;;

※撮影した地域以外の場所も、コレ以上に酷い所がまだまだ沢山あります・・・・・・・

因みに国道沿線の河川敷も本当に酷くて、アタマの中に沸いたイメージが

賽の河原

でした(^^;; 鬼灯さんとか獄卒がいないかどうか、ついキョロキョロと見て妄想してたのはお約束

トマムから占冠まで高速の無料区間に乗り、そこから先は274号線の走り慣れたルートを使い夕張を抜け、途中から栗山~由仁~長沼~南幌と抜け、15:30くらいに自宅到着

夕張の辺りで燃料の警告が付きまして、まず、そこで給油


そして、札幌で給油したのが2.8リッター

総走行距離 457km
総給油量   13.6リッター

この日の燃費 33.6km/L

狩勝峠と石北峠でちょっと嬉しくなっちゃって元気に走っちゃってもこの結果
殆どストップ&ゴーも無く一定の開度で走れたんで、こんな数字が叩き出せました
街中だとどう頑張っても28km/Lくらいが限界でした



・・・・・・もしかしたら、我慢の走りをすれば札幌~函館~長万部(又は倶知安)くらいまでは楽勝で走れるんじゃね??


ダメだ、実験したくなってきた・・・・・・・・・(汗


今回の戸籍遡りツアー&NCでの燃費テスト、共に大満足な結果で終わりました

また近いうちに色々と動き回ろうかと思っております
Posted at 2017/06/22 20:32:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月22日 イイね!

御先祖様の北侵攻ルートの旅(´ω`;@1

19~20日にかけて、前回のコレ

http://minkara.carview.co.jp/userid/327801/blog/39939234/

の道内の最終調査??の為に北見までじ~さま&曾ジジ様の戸籍を辿りにちょっくら北見まで走ってきました

NC700Xで(´ω`)

AM9:30くらいに自宅を出発
走ったルートはこんな感じ

まぁ、北見までのド定番ルートですねw
高速を使わないのがさくらさんらしいw

275号線をのんびり北上、新十津川から滝川に入り、そこから12号線を北上
旭川市内は39号バイパスを抜けて当麻方面へと抜けて行きます

当麻の辺りに入ったのが12:30くらい
流石にそろそろ腹が減ったな・・・・・ってコトで、当麻の道の駅で昼食Time

因みにそこまでノンストップでしたw ←基本、さくらさんは目的地までノンストップのダメ人間だったりします

昼食はラーメンをチョイスしたのですが・・・・・・微妙にハズレ;;´д`)

腹いせに??スイカソフトを食ってきた

味はスイカバー、食感はソフトクリームっつ~、まぁ、コレも何とも微妙なモノでして・・・・・・
不味くは無い、不味くは無いんだよ
ただ、脳で認識している味と触感とのズレが大きいのが面白かった

道の駅で30分位時間を潰して、13:00に再スタート

高速(遠軽方面バイパス)の無料区間を使わず敢えて石北峠をチョイス
ココ、バイクで走るのって15年ぶりくらいなんだよな
久々だったんで、ちょっと楽しくなっちゃって程好いペースで頂上まで駆け上がってしまいました(^^;;

初めてココをバイクで走ったのが29年前・・・・・・・其の頃に比べたら路面は荒れて走り辛くなってるよなぁ・・・・・・・
って、初めて走った時はウェットだった&舗装張替え直後だったんで無駄に滑っておっかなかった記憶が(^^;;
当時は初代VFR400の片持ちに乗ってたんだけど、何箇所かでドリ状態になって素晴らしく嫌な汗をかいたんです

なんてコトを思い出しながら石北峠を下り、温根湯の辺りまで到着
直線を見て何となく意味も無く写真を撮りたくなった

今回はEOS7D2を持って歩いていたんで、人間の慣らし的な感じで意味も無く撮影してました

北見に向かう39号線ルートはこんな施設が数か所あります

昭和の香りが漂うドライブインの廃墟w
このドライブイン、20年前に立ち寄ったコトがあるんだよね(^^;;
ココの他にも、手前にあるキタキツネ牧場・・・・・だったかな??
そこもやっぱし寄ったコトがあるんだけど、見事に廃墟になってました

このドライブインの駐車場入り口にあった熊のマネキン

すっかり朽ちて、すっかり謎の生物のオブジェと化していましたw

特に目元が不気味で、夜に見たくねぇなぁ・・・・・なんて思ったのがお約束

そこからもうちょっと北見寄りにある温根湯の道の駅でメットにくっついた虫を落とす為に小休憩


去年のあの台風の日、ここにいたんですよ(^^;;
丁度本州から友人が訪ねてきていて、網走方面に行きたいとのリクエストがあったので、遠征しておりましたら、帰り道、ここから陸別に抜けるルート以外使えない状態だったんですね

その時の画像がコチラ

あれから1年・・・・・河川敷はこんな風になってました
ほぼ同じ場所での去年の画像・・・・・・(角度は同じじゃありません)

改めて見ると酷い光景だ(汗
ココはまだ綺麗な方で、人里から離れてる地域では瓦礫の撤去はまだまだ終わってなんているワケも無く、もし、今の状態で去年みたいな台風が発生したら確実にまた、瓦礫が溜まっている辺りから水が溢れて来るコトでしょう
今年は台風が上がって来ないコトを祈ります(汗

そこから走るコト50kmくらい、15:30くらいに無事北見入り

北見市役所って、今は駅前にあるんだけど、元東急の建物をそのまま使ってるのね・・・・・・
1~3階は色々な店舗が入っていて、4階から上が市役所って構成
(画像撮り忘れ)
駅前で確かに便利っちゃ~便利なんだけどさ・・・・・・駐車場とかが分かり辛い(ーー;;
バイクを停める場所も無い
正直、相当に微妙な感じだったなぁ

ま、ソレはどうでもいいってコトで置いといて

とりあえず、ココでじ~様&曾ジジ様の戸籍が取れました
&その上の情報まで取れました

ウチのジジ様は小樽で産まれたってのは間違い無いみたい
で、そのまま北見に・・・・・なのか、後から来たのかは不明
その辺り、ちょっとゴチャゴチャしていそう

曾ジジ様と曾ババ様が入籍したのが大正12年
ジジ様が産まれたのが明治41年・・・・・・15年も入籍していなかったってのは、正直ちょっと微妙な間柄だったのか何なのかは今となっては分からないコトではあります
因みに曾ババ様は古平町の出身だったコトが判明(^^;;
曾ジジ様が北海道に上がってきて小樽の辺りに滞在していた頃に知り合ったか紹介されたか何なのか・・・・・・・
ドラマですねぇ(ヲイ

そして、肝心の

何 処 か ら 上 が っ て 来 た か

に関してですが、新潟県ってコトが判明
そして、新潟の何処から??って件ですが・・・・・・

新潟の友人宅から車で4~50分程度の距離の町から

だったというオチ
8耐に行った帰りにちょっと寄ってみよう
恐らく、その町のウチと同じ苗字の人は確実にウチの遠縁です(^^;;
曾ジジ様のその上までは名前も分かったし、色々な経緯も分かったし
ま、高祖父(曾ジジ様の上)の絡みでも色々とドラマがあるようですし・・・・ったって、昔はよくある話って程度のモノですがww

高祖父の上の辺りまでは拾えるとしても、その上は確実に無理
追い切れるのは明治まで

次回の新潟での調査を最後に父方の調査は打ち切りです

コレで伯父と話題になっていたウチの一族が何処から上がってきたのか?って件に関してはひとまずの成果が出ました
近いうちに伯父の所に行って教えて来よう(´ω`)

まぁ、新潟から先の結果に関しては伯父には伝えるコトは出来ませんけどね


ついでだから曾ババ様の辺りまで調査してみるかな??(ヲ
更にオマケで母方ジジ様とか ←そっちも腐った臭いがプンプンするんでw
因みに母方ババ様は淡路島方面から上がってきてるのが分かってるんで追う気は無し


北見市内でその他の用事を幾つか済ませ、宿に到着

ビールクズヽ(´ー`)ノバンザ~イ

流石に疲れたのか22:00には沈没しました

明けて20日の朝

北見は超快晴・・・・・・・

さくらさんは部屋の暑さに負けて目が醒めました・・・・・・・・
宿泊先の空調、冷房が無くて(まだ切り替えて無くて)蒸してたんです・・・・・・Orz

忘れてたよ・・・・・・北見網走方面の古い施設って冷房が無かったり夏本番まで切り替えて無かったり・・・・って所が多いんだった(死

軽くシャワーを浴びてサッパリした後、7:40に宿を立ちました

まずはNCに給油です
前日の走行距離がコチラ

ほぼ347km
給油量が9.66リッターでした

ってぇコトは・・・・・・

初日の燃費が35.9km/L

NCすげぇ(汗
北見まで単純に1300円で来られたよ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

因みにですね、今回、休憩数カ所挟んで全線下道でのんびり行って6時間で1300円
※4輪(セレナ)だと片道4500円くらい
高速(無料区間)使ったら5時間で同額

高速@2(札幌から全区間)3時間半(ヲイ)で4800円くらい

高速バスで4時間半で5400円

JRで4時間半で乗り換えコミで9500円くらい

・・・・・・・・JR使う理由なんて無くね???

うん、ホントに公共交通機関を使う気が無くなって来たぞ(^^;;


続く
Posted at 2017/06/22 20:14:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月19日 イイね!

DIY日和

今日は嫁が出勤日

そんなワケで、嫁を会社に送って行き、嫁車の点検を一気にしてしまおうって算段


まずはその前に・・・・・・


セレナさんのオイル交換から

まずは車体下から普通にオイルを抜きまして・・・・・

右のフェンダー内のカバーを取り外し

サクッとオイルフィルタを取り外します(´ω`)

新旧フィルタを並べます(´ω`)庶民ですので純正相当品をチョイス

フィルタの装着部位をクリーナーで洗浄して・・・・・

新しいフィルタのOリングに薄くオイルを塗り装着

後はオイルを注入して量を計って完了です(´ω`)b

ここまでだいたい30分

さて、次は嫁車です(´ω`)
まずはサクッとオイルを抜きます

そして、フィルタを取り外し・・・・・・

新しいフィルタを準備

フィルタ装着部を洗浄して・・・・・・

新しいフィルタのOリングにオイルを薄く塗って

サクッと装着(´ω`)~♪


オイルを注入して・・・・・・

量を計って終了です(´ω`)

続いてはMTオイル交換
4万km近く交換してなかったの思い出した(^^;;
今回使ったのがカインズホームのGL5のMTオイル

とりあえず、太陽に当てて温めておきます ←コレ大事

下に潜り、ギヤボックスの注入口を確認

ドレン(排出口)はココ

両方外してオイルを一気に抜いてしまいます

抜けたらドレンを閉じます

そして、上から漏斗を使ってオイルを注入口に流し込みます

注入口にホースを繋いでありまして、そこからオイルが溢れてきたら上限ですので注入を中止
注入口を塞いで終了です

更にオマケの作業がコチラ

ブレーキフルードの入れ替え

嫁デミオ、何が腹が立つかって・・・・・・・

リヤのブリーザーのネジ径が7mm・・・・・・・
フロントが9mm・・・・・・

7mmなんて使ってんのツダ位じゃね??
大体他社はフロント10とか8mmでリヤが8mmくらいだったハズ

こんな部分に妙なサイズは使ってほしくない・・・・・・・(ーー#


とりあえず、1~2週間くらい先にはクーラントを入れ替える予定
後は下回りのサビとかを何とかしないとね
Posted at 2017/06/19 06:35:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマいじり | 日記
2017年06月15日 イイね!

じ~さまの足跡辿り

さてさて、まずはこの前の赤平の絡みから

昨日12日、ちょっくら赤平まで行ってきたのは前回の日記に書いた通り

まずは小樽に行き、色々と確認を済ませた後にふと


これから赤平に行っても夕方までに帰って来られるんじゃね??


なんて思ってしまったのがそもそもの間違いだったワケですが(^^;;

そのまま勢いで一気に赤平まで行って、父方ジジの戸籍を取得してきました
今回の脚はNC700X
NCでの初の赤平ってコトで、とりあえずはお約束の赤平神社参拝をば・・・・・・

ここの社務所、いつ行っても人がいる気配が無くて・・・・・・(^^;;
また近いうちに行ってみます

ここからちょっと離れた場所の赤平市役所に到着したのが12:40くらい

ここでサクっと書類取得
記載事項に妙なトコロが2箇所程あったんですが、まぁその部分に関しては後日、赤平に戸籍が移った時に誤記されていた事が判明
スッキリ(´ω`)

続いては赤平駅前のとある店に用事があったんで、ついでに駅前でNCと記念写真

この駅の管理費用等々の絡みで色々と水面下でモメてるみたいですねぇ・・・・・
無駄にこんなデカいモノ作るからさ・・・・・・

帰り道、何年か前にもUPした事があるけど、ジジ様が住んでいた辺りを回ってみた

高齢者向け市営住宅になってるんだけど、昔はこの辺り、長屋がズラっと並んでいたんだよね
昼食がまだだったんで、この近くで唯一営業している食堂に寄ってみた
ウチのジジ様が赤平を出てから開店した店らしく・・・・・
商売成り立っているんだろうか?と素で心配してしまいました(^^;;

帰宅後、NC&VTR長距離移動用の装備、スマホホルダーの加工作業に勤しんでおりました


完全密閉型なんだけど、あいぽんでGPSを使いながら走るとバッテリーが半日持たないんだよね
で、防水性は多少犠牲になってもいいから充電出来るようにしようってワケ


下に溝を掘って&削って配線が入るように加工

こんな風に設置出来るようにしました

とりあえず、コレで一安心
あいぽんの最大の問題はバッテリーの消費量の激しさですからねぇ・・・・・・

ちょっと日付が前後しますが9日のPM、DE耐の時に両手を怪我したmodoki先生のバイク解禁って事でリハビリで軽く走ってきました

途中で雨に降られたんですが、運良くNCのリヤボックスの中にRSタイチのドライマスターを入れっ放しにしてあったんでそのままテスト

ドライマスター、素晴らしいです(´ω`)~♪
若干ですが防寒にも役に立つ事が判明

そして14日
ジジ様が赤平の前に住んでいた京極町に戸籍を取りに行ってきた

赤井川経由だと1時間半程度で着くんだよね

途中、3台前を走っているトラックが積荷(よりによって肥料w)を落としたり等々、ネタには困らない移動でした(^^;;
トラックを止めて運ちゃんに荷物固定し直さないと危ないから!!と注意したのはお約束

倶知安に入った辺りのエリアでは、天気が良ければ羊蹄山が綺麗に見えるんですが・・・・・

はい、見事に曇っておりました・・・・・残念

しかしながら、日頃の行いがよろしいのか、ちょっと京極町に進むとこの通りw

ミエタミエタ ヨウテイ ミエタ
なんて戦前教科書のようなボケをかましたくなりましたw

京極の役場に到着後、何の問題も無く書類取得

ついでに、戸籍に記載されていた住所の場所が現在のどの辺りになるのかを教えていただきました
脇方って地域だったんです

当時はここに鉱山があり、ジジ様はその鉱山に務めていたんですよねぇ・・・・・・
https://www.youtube.com/watch?v=oAlaKFN_Im0
↑昔の写真が紹介されている動画 音量注意

当初、昔の住居の土台等々だけでも見つからないかなぁ??と、ちょっと奥まで入ったんだけど何も見えず・・・・・・

仕方無く引き返して、伯父達が通っていたであろう小学校の跡地の石碑を撮影

45年くらい前まではここが校庭で、その奥に校舎があったそうで・・・・・・

石碑の裏側には校門の跡が・・・・・・

校名の札は壊されたのか何者かに持ち去られたのか・・・・・・・

直ぐ近くの産業廃棄物処分場の向かい側には鉱山閉山の石碑がありました


この向かいの産廃処理場のトコロに駅があったみたいね
産廃処理場からY字状に道が分散していて石碑側の方の奥に集落があったみたいなんだけどさ
こんな狭い場所にピークの頃にはどのくらいの人がいたんだろう??

そして、人の営みの跡なんざ、自然の手にかかれば50年もあれば跡形も無く消される・・・・って事を改めて理解しました

まぁ、色々と複雑な気持ちになりつつ京極方面へと引き返したさくらさんだったのでした


京極から倶知安方面に抜ける途中には道民が逃れる事の出来ないこの会社の工場がw

ここで京極の水がパック詰めされて出荷されるのです(´ω`)

倶知安ルートでR393に入ると、途中、羊蹄山が綺麗に見えるのです

コチラ、ミラーレスで撮ったヤツ

コチラがあいぽん

広角の単焦点が欲しくなるなぁ(´ω`)
って、その前に7D2持ち歩けよってツッコミは無しね(^^;;

倶知安から赤井川に抜け、赤井川の道の駅で昼食です

この日の個人的な失敗は

ネギを減らしてもらうのを忘れた事

コレに尽きる;;´д`)
さくらさん、日頃ボヤいてますが、蕎麦にはネギは不要な人なのです
次回は忘れずネギ減量orネギ抜きを頼もう;;´д`)

そしてコチラが赤井川村のゆるキャラ、あかりん

あっかり~~ん!
は~~い!ゆるゆり、はっじま~~るよ~~!

そのあかりんちゃいますわ(^^;;
なんて一人ボケツッコミをしておりました

帰宅後は戸籍の記載内容のチェックやらシャワー浴びたりやら

次の戸籍取得ツアーは北見です
自分で行くか郵送依頼するか・・・・・・・

郵送は時間が掛かるんだよな・・・・・ってワケで、ほぼ確実に郵送って選択肢は無し
後はどのタイミングで行く&どの手段で行くか・・・・・

ちょっと悩んでみます(^^;;
Posted at 2017/06/15 11:25:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月12日 イイね!

御先祖様コノヤロウ(笑 ←御先祖様万歳チックにw

そんなワケでココ数日、お役所の戸籍課をウロウロしているさくらさんです

昨日、末期の肺癌の伯父と色々と昔話をしておりました

ウチの親族の子供の頃のオハナシやら何処に住んでいたやら、親父達の従兄弟連中の話とか
※ウチの親族、見事に呑ん兵衛しかおらんのは内緒

そんな中、父方のじ~さまの話になり

とある伯母2号からは
「じ~さん.、確か本州で産まれて曾祖父さんと一緒に北海道に来たって聞いた」


別の伯父1号&伯母3号からは
「じ~さんは北海道で産まれたって話を(ry 」


肝心の伯父2号(今回のネタの中心の末期の癌の伯父)は、その辺りが曖昧になってて、とりあえず
「野付牛町(今の北見)に入植して、その後、無計画に子供を増やして食わせられんから京極の銀山に務めて、そっから赤平の炭鉱に移ったってのは聞かされてる」

と、情報が錯綜していてスッキリしない状態に

だったら全部整理してスッキリさせようや・・・との流れになり

ソレを伯母2号(1号は20年位前に亡くなってます)に話したトコロ

オマエ ヒマなんだからやってみてよ、費用はおばちゃん達が出すから ←絶対出さないフラグ成立(死

そんなワケで調査開始です(´ω`;;

今回の調査、楽な点が一つ

さくらさん、父方の直系親族になるんで、曾祖父さんまではウチの名前で戸籍が引っ張れる立場なんです

が・・・・・・・

クソジジィ、転居の距離が遠過ぎ・・・・・・・Orz

前述の通り、親族の話を総合するに、分かってるだけでも

小樽で出生の可能性 → 北見 → 京極 → 赤平 → 札幌(さくらさん宅で同居してた)で終点

それぞれ、1つずつ遡って行かないとなりません

まず、手始めに札幌での謄本を引っ張ってみました

一応、出生地は小樽区(笑)であるコトが判明
※小樽区=小樽市になる前の行政管轄区分ね

札幌で取れる謄本では、小樽からの転出先の記録は不明なんですよ
そんなワケで、直近の赤平を取得する必用があります
その前に、直系である事を証明する為に親父様の謄本も取得
コレにはさくらさん、じ~さまの両方の名前が記載されているので後々、直系証明になるので必須

そして、大事なコトが一つ
最終的に小樽市役所に行くコトになるのですが、その前に、小樽市で明治の前半くらいまでの記録が残っているのか??
コレがあるかどうかが重要です
遡って行っても最後で全部アウト・・・・・って事態になったら泣くに泣けない
それだけを本日の朝、チェックする為に小樽市役所に行き問い合わせたトコロ

まぁ、恐らくは残っているでしょう、ウチのじ~さまの札幌での謄本の記載だけでは小樽で取るコトが出来ないので遡ってそれぞれの本籍をチェックして行き、小樽の本籍情報が取得できないとコチラでは発行できませんけどね

との回答

そんなワケで、戸籍の遡りツアーをスタートさせるコトになりました(´ω`;;

因みに今朝、手稲区役所で親父様の謄本を取り、小樽市役所での質問が終わったのが10:30くらい
ダメ人間なさくらさん、ここでダメな考えが沸いてきました

今からだったら赤平に行って夕方、嫁が帰ってくるまでに自宅に戻れるんじゃね??

思い立ったが吉日のさくらさん、そのまま下道で一気に行ってきましたよ、赤平市まで(マテ
市役所の窓口で謄本を取得したんですが、そこでちょっと頭が痛い表記が・・・・・・

曽祖父の記載が出てきたのですが、そこには古平町の記載が・・・・・・(´Д`)ハァ…

しかしまぁ、ソコまで行くには何をするにもまずじ~さまの遡りを終わらせないコトには始まりません
赤平で取得の謄本によると、次は京極町
伯父伯母の情報通りでしたので、コレは明後日取得しに行ってきます

問題はその次

北見は確定しているんで、どのタイミングで、どの手段で行こうかと・・・・・・・

1:セレナで車中泊でのんびり行く

2:高速バスで往復

3:漢らしくNCで往復

さて、どれで行くことになりますやら・・・・・・・
Posted at 2017/06/12 23:17:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々アレコレ | 日記

プロフィール

「[整備] #VTR1000SP-1 制動力をUPしましょう(´ω`)ニッシンラジアルマスター装備2 http://minkara.carview.co.jp/userid/327801/car/1960253/4278005/note.aspx
何シテル?   06/02 17:08
北海道で適当にあちこち徘徊したり走ったりして遊んでいます ちょっと前までヴィヴィオ(KK4)で草ジムカーナで遊んでました@2010年まで あちこちボロボ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

NC700Xフルパニア化@8 オマケ:スクリーンを交換した 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/07 12:56:16
プロパイロットの実力やいかに!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/05 07:29:43
こち亀の燃費論は正論だった 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/03 20:37:29

お友達

ヨタ提携以前のスバルファン(コレ重要)ラリーファンは大歓迎(^^)
ホンダもスポーツモデルは大好物です


トヨタ派な人はごめんなさい。回れ右して下さい
大の(奥田以降)トヨタ嫌いです
26 人のお友達がいます
cuscocuscoみんカラ公認 夏体長夏体長
G161SSG161SS ステュクスステュクス
衛@ 腰痛衛@ 腰痛 あうてちあうてち

ファン

70 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ベンリィ 50S ホンダ ベンリィ 50S
去年の夏に知人宅の物置に眠っていたモノを掠奪して参りました(マテ 現在の通勤快(怪)速 ...
日産 セレナ 日産 セレナ
2015年7月18日の事故で潰された先代セレナからの入れ替えです 物損の訴訟が終わる目途 ...
ホンダ XR50 モタード モタ子さん (ホンダ XR50 モタード)
2015年に友人ととあるイベントに参加すべく導入した車両です 現在、少しずつレーサー化 ...
ホンダ VTR1000SP-1 ホンダ VTR1000SP-1
家庭の事情等でずっと取得できなかった大型2輪の免許を習得、1年位色々と悩もうかと思ってい ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.