レクサス LS

ユーザー評価: 3.54

レクサス

LS

LSの買取情報を調べる

クルマレビュー - LS

  • マイカー
    レクサス LS
    • AXLxi

    • レクサス / LS
      460“バージョンL”_5人乗り_AWD(ECT_4.6) (2014年)
      • レビュー日:2021年7月24日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 4

    • デザイン4
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性3
    • 燃費2
    • 価格
    満足している点
    なんといっても静粛性です。センチュリーを除けば、国内で一番静かな車です。
    前期型よりもさらに静かになっています。
    内装の質感も○。
    不満な点
    収納が少ない点。
    スマホ、キーなど、財布など、センターコンソール以外で物を置けるスペースが欲しいですね。
    あとは燃費。リッター6前後です。
    総評
    長年セダンを乗り継いできましたが、今まで乗った中で一番良い車です。
    これ以上の熟成されたV8セダンは無いので、しばらく乗り換える事はないでしょう。
    燃費を気にされる方にはお勧めはできません。


    今や程度の良い後期型LSも200万円台前半で購入可能な時代です。

    新車でコンパクトカーを購入する金額で購入可能ですので(コンパクトカーをディスっているわけではありません)日本の最高峰のセダンを一度味わってみたいという方、是非検討してみてはいかがでしょうか。
    どのような方でも、一度は試乗してみて、損はない車だと思います。

    モデル末期の熟成された車両、かつ、トヨタの最高峰フラッグシップ車両ですので、きっちりオイルや消耗品交換さえしていれば、まず壊れる事はないですが、念には念の為、購入は3年保証のついたトヨタ系列の中古車販売店での購入をお勧めします。
    デザイン
    4
    個人的には前期型が好みです。
    走行性能
    5
    パワーは充分。それでいて、クリープもスムーズ。
    踏みはじめにドッカン!と加速するような扱いにくさは皆無で、徐々にスピードが上がるジェントルな加速制御は流石LSといったところ。
    SPORT+モードのコーナーリングでのグリップ力は地面に吸い付くような感覚の安定性です。
    乗り心地
    5
    国内最高峰の静粛性。
    エンジンは前期型よりもさらに静かです。
    感じ方には個人差ありますが、30セルシオよりも若干静かになっています。

    そして大幅に改良された足回り。
    特にロアアームは、前期型で100mm程あった前後の隙間(ストローク幅)がほぼ無くなっています。
    さらに、アーム接合部の両サイドをクロスメンバーでガッチリ挟むような形で締結されているので、故障の無い強靭な足回りへと生まれ変わっています。



    その分、前期型よりもふわふわ感は抑えられ、しっかりとした乗り心地になっています。
    積載性
    3
    通常のセダンと同等の積載量です。

    ただ、前席の収納は少ないです。
    燃費
    2
    この車に燃費を求めてはいけません。
    リッター6程度です。
    価格
    無評価
    乗り出し270万円。

    2016年の新車時でオプション込み1200万円以上の車両です。
    故障経験
    ありません。

    この後期型は、前期の唯一のウィークポイントであった足回りの脆弱性を完全に払拭しているので、よっぽどのことがない限り、高額な故障は起こらないと思います。

    それでも、保証だけは必ず付けましょう。

    後期型のエアサスは18〜20万キロを目安に交換時期がくるようです(カスタムしなかった場合)。
  • マイカー
    • beat8798

    • レクサス / LS
      460 バージョンSZ I package(AT_4.6) (2009年)
      • レビュー日:2021年7月18日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 3

    • デザイン4
    • 走行性能3
    • 乗り心地4
    • 積載性4
    • 燃費1
    • 価格5
    満足している点
    『糸巻』顔でない頃の、質素で目立たない表情!

    なんとも上品です。セルシオほどワルっぽさがないし、糸巻顔のぎょっとするよなエグさも、ない。まさに『昔のトヨタ顔』で、落ち着きが感じられて非常によろしい。これこそ日本人好みの極み。
    (最近のキーンルックだけでなく、レクサスの顔デザインは・・・糸巻の周辺もいじり過ぎてエグい)

    押し出しは確かに足りませんけどね。日本人にはこのくらいが丁度いいのでは? 
    (アルファード爆売れの時代じゃダメか…)



    スポーツモードに入れると、ぐわわっと加速する。セルシオとちがって、ヤル気で速い!

    些細なことですが、オプションのフォグランプがついていました。これ、LED式のデイタイムランプ搭載で、地味にカッコいいです。
    不満な点
    ステアリングの応答性。

    このあたりはセルシオとあまり変わらない。
    足回りが若干しっかりした感じだし、パワー感も相当に増しているが、肝心なステアリングがとても曖昧でもっさりした感じです。

    他のグレードのステアリングはウッドのコンビハンドルですが、このグレードはディンプル加工のスポーツ車タイプ。超高性能車って見た目。

    なのに、スポーツ走行に向いているかと言うと、全く期待を裏切る。気持ちいいほど裏切者。
    ここまで潔く裏切るもんだから、いっそのこと、満足点に入れてもいいかなと。



    ついでに言うと、スポーツモデルだってのに、タコメーターの小ささが衝撃的!
    オプションのファイングラフィックメーター搭載だから、スピードメーターは馬鹿でかい!
    (さすがにセット価格50諭吉のオプションで、外車並みに280kmを刻むユーロ仕様だが、実際は180kmで頭打ち、というまるで詐欺的ギャグな設定!)
    で、その左端に申し訳程度のタコメーターが!!

    いや、いくらレクサス崇拝者が多いとしても、これは許されんでしょ! 
    標準仕様は速度計・回転計が左右に同じ大きさで並んでいるってのに、スポーツ仕様でFスポの前身にこれはひどい。ひどすぎる・・・

    だって、右端のエコメーターの方が緑色でタコメーターより目立ってるんですから。

    ま、新し物好きな人には、これでもいいんでしょう。自分もすぐに慣れて気にならなくなっちゃったし。

    総評
    踏み込んでも豪快さ皆無のセルシオより、はるかに獰猛で巨大な宇宙戦艦だと言えますね。
    ギャラクティカを連想してしまった。

    もともとLS460は、セルシオよりもはるかに仰々しく加速する。エンジン音もけっこう聞こえてきます。(セルシオは静かにふわりと加速し、いつの間にかとんでもない速度になっていて気が付かない)
    しかも、このクルマは後期型Fスポーツの前身となるSZですから、足回りも少しだけしっかりしてる。(あくまで「少しだけ」ですけど)

    エンジンはベース車と全く同じなので、高性能版とは言えません。所詮、ラグジュアリーで静かな『どでかい』セダン。
    スカイラインやフーガみたいな、魂を揺さぶるようなエンジン音の昂ぶりは味わえません。
    (あれらは古典的なスポーツサルーンでダイスキです。でも、四六時中やかましいので疲れるかもしれませんが)



    しばらくこのギャラクティカで楽しもうと思っています。いろいろと気づきが出てきたら、報告します。
    デザイン
    4
    サイドロッカーモール?
    これがかっこいい! これだけでSZに決めてもいいくらい。なんで他のグレードはあんな柔らかそうなデザインなんだろう? 全車このサイドデザインでよかったんじゃないか?

    フロント・リアのハーフは、はっきり言ってダサい。後付け感丸出し。デザイン×。社外品にもっと良いのがありそう。

    走行性能
    3
    サーキットに持ち込む気はないが、山道で気持ちよく走れるほどの足ではない。所詮、ベースはどでかいラグジュアリーセダン。やはり、ワインディングは似合わない(だったら買うなよ、って話ですがねぇ)

    ブレンボ6ポッドもゴゴゴッて効きます。とても下品で評判も悪いです。でも、Fスポーツの前身だから、それも許します。

    乗り心地
    4
    セルシオのA仕様よりも足は硬い。コンフォートモードにしても、eRよりコツコツ来る。それをどう捉えるか? 

    SZは、スポーツモードがよりしっかりした感じなので、他のグレードよりは楽しめると思うが。

    普段はコンフォートモードで乗っていて、ここぞという場面でスポーツモードに切り替える、ってのが楽しい!
    そういう乗り方をお勧めします。
    (標準モードの出番がない・・・いいのか?)
    積載性
    4
    後部座席は、広い!
    トランクも、広い!
    でも、それぞれ高さがないので、それほど多くは載らない…

    頭上広々だったセルシオの後席がなつかしいな。
    燃費
    1
    上手に転がせば街乗りでリッター8以上をコンスタントに叩き出してくれた名車30後期。

    それに比べて、同じドライバーが同じ街乗りで同じような運転をして、リッター6!!  なんだこれ? 

    もう、セカンドカーにするしかないでしょう。
    (ファーストカーを軽自動車にする!)

    「燃費を気にするような貧乏人が買うクルマじゃないぞ。」と、いつものように誰かにお叱りを受けそうですが、ここではっきり言っときたい。

    貧乏人だから、中古で買うんだよ!!

    燃費や整備料金を気にしないお金持ちは、こんな高級車は新車を買うだろ?
    一般庶民にはそれができないので、中古(大古?)を買うしかないんだよ。
    ガソリン代にピリピリしながら、それでもクルマライフを楽しみたいんだよ。クルマ好きなんて、ほとんどがそうだろ!
    一般庶民のくせに、同じ一般庶民をバカにするような言動はやめてほしいもんだな。まったく。

    えっ?自分は本物の金持ちだって? そりゃ失礼しました。
    価格
    5
    もう2年もすれば、460後期が100万円以下で買えるようになるはず。

    ということで、現時点では、LS460中期ってコスパが良くないです・・・前期はサイコーなんだけど。

    ただし、後期Fスポを中古で買うことを考えると、中味がほとんど同じ中期SZのIパケは、それはもうバーゲン目玉価格!と言えます。

    もちろん、それが今回の購入理由です。
    故障経験
    足回りのブッシュは必ずダメになる。
    絶対に10万キロ持たないぞ!

    サスコン入れた車両は、一発でロワアーム交換だ!
    中古を買うときは要注意ですね。
  • マイカー
    レクサス LS
    • アリスBBS

    • レクサス / LS
      460L“エグゼクティブパッケージ”_4人乗り(AT_4.6) (2013年)
      • レビュー日:2021年7月6日
      • 乗車人数:4人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性5
    • 燃費5
    • 価格5
    満足している点
    後期型の460のロングは普通のサイズより長いので迫力満点。エグゼクティブパッケージの4人乗りなので豪華装備で満足してます。
    不満な点
    このグレードの4人乗りで二輪駆動のサンルーフ付きの玉数が少なく探すのに苦労しました。
    総評
    恐らくLS最後であろうV8エンジンは譲れないポイントでもあり現行には無い魅力だと思います。現行のクーペルックも好きですが個人的には40系後期型のドシッとした雰囲気が何とも言えない迫力があり大好きです。
    デザイン
    5
    外装はスピンドルグリルが採用され、テールランプもファイバーテールになり新しさを感じます。40系後期から内装が一新され先進的なインテリアパネルになり古臭さを感じなくて良いです。
    走行性能
    5
    V8の4600ccで力強さと余裕があり長距離運転も苦じゃないです。
    乗り心地
    5
    静粛性と重厚感と剛性感がバランスとれていて外部の音も全然しなく、シートの座り心地も良く疲れないです。
    積載性
    5
    燃費
    5
    価格
    5
  • マイカー
    • しろ。

    • レクサス / LS
      460“バージョンC・Iパッケージ”_5人乗り(AT_4.6) (2013年)
      • レビュー日:2021年7月4日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:仕事

    おすすめ度: 4

    • デザイン5
    • 走行性能4
    • 乗り心地5
    • 積載性5
    • 燃費4
    • 価格4
    満足している点
    ・車格と排気量の割に燃費が良いところ(所有前までの通算8.7km/l)
    ・非常に静かで快適な車内
    ・大柄なボディをもろともしない加速/減速
    ・程よい迫力と品の良さが絶妙なバランスで成立したエクステリア
    ・見やすく、かつ多くの情報量を一度で視認できる大型ディスプレイ
    ・レクサスのフラッグシップならではの部品精度の高さ
    不満な点
    ・ダッシュボード上部がプラスチッキー
    ・ルームランプが電球(自身でLED化しました)
    ・雨天時にトランクを開けるとボディに付着した水滴がトランク内に落ちてしまうため、雨樋のような機能がほしかった
    総評
    ショーファードリブンとしてはもちろんですが、ドライバーズカーとしても非常に快適な移動をサポートしてくれる車です。

    F SPORTではないこともありFUN度合いは少なめですが、そもそも峠を飛ばすような車ではありません。ドライブモードセレクト機能が付いており、「NORMAL」も快適ですが、乗り心地最優先の場合は「COMFORT」を選ぶと魔法のじゅうたんのような乗り心地を味わえます。

    全ドアノブでロック/アンロック可能かつ半ドアを自動で閉じてくれたり、エンジンOFFでステアリングはもちろんシートも後方へ移動し乗り降りを楽にしてくれたりといった、フラッグシップならではの快適機能が満載です。
    同じレクサス車であるIS Fと比較しても「LSは特別だ」と思うポイントが細かいところまで含め結構ありそうです。

    今まで自分でLSを所有するつもりがなかったので気付きませんでしたが、近い年式の中古価格を見て驚いています。年式なりのヤレはあるでしょうけれど、同価格で下手な新車を買うより満足度は高いと思われます。維持費は車格なりの覚悟が必要ですが…。

    形見として譲り受けた車であり、車格的にも派手にいじるよりは「いかにノーマルをリスペクトしながら品良く乗るか」にこだわりたい車です。
    デザイン
    5
    走行性能
    4
    乗り心地
    5
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    4
  • 過去所有
    • kenkenDQN

    • レクサス / LS
      460_バージョン S(AT_4.6) (2007年)
      • レビュー日:2021年6月10日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性5
    • 燃費4
    • 価格5
    満足している点
    なんと言っても、385馬力
    ブレンボキャリパーならではのストッピング
    不満な点
    なし
    総評
    スポーティーに、ソレっぽく走れる
    ゴルフに行く時の山間部を、気持ち良く走れる
    デザイン
    5
    自分は、全体的にまとまっていて好きなデザイン
    走行性能
    5
    ハンドリング応答性がもう少し有ったら、もっと楽しい車だったかな?
    乗り心地
    5
    快適
    積載性
    5
    多少大きな荷物も余裕で積める
    燃費
    4
    8速ATのおかげで高燃費
    価格
    5
    下取りが、買った金額とほぼ変わらず売却
    故障経験
    なし

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース