• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年03月18日

ピックアップトラック

ピックアップトラック 昨日、地元でダァヂ ラム・1500・ビッグホーンエディション(3rdジェネレイション後期型)を発見しました。
そこは世界規模の製造業の社員駐車場であり(とはいえ不景気で今や目も当てられない惨状ですが)、町外や県外、ややもすると海外から転勤してきた人も多いので、そういった人の車かも知れません。

アメ車らしい、豪快なビッグブロック&フルサイズピックアップです。
日本で乗り回すには軽トラで充分ですし、僕自身も父の日曜大工の手伝いとして土や砂利や材木を運んだり、雪囲いを運んだり、川へ雪を捨てに行ったり、農家の親戚から米や野菜を買ってくるにしても、スズキ キャリイ一台で事足ります(というか、軽トラでなければ通れない道や停められない場所が多い)。
ですが、山10個分もあるような広大な農地を有するアメリカでは、これがスタンダードサイズなのでしょうね。駐車場の区画ぎりぎりであり、ドアを開けたら隣の車にぶつかっちゃいそうです。
乗り降りする際も、「よっこらしょっと」と、よじ登るようにしないと無理そうです。

あちらの国では、キャビンとベッドが分割されているのが普通なのですね。ラダーフレームに、半完成済みのキャビンとベッドをぽんぽんと載せて作る昔ながらの技法の名残ですね。
フェンダーもブリスターフェンダーっぽく膨らんでおり、更にこの車にはオプションのオーバーフェンダーが装着されて更に強調されています。敢えて車体側面の凹凸を強調するのは、ダァヂ D150・リルレッドエキスプレストラックシェヴォーレイ 3100フォード・モーター F-100などの往年のステップサイドデザイン(フォードはフレアーサイドと呼称)を受け継ぐ、アメリカンピックアップの伝統ですね。
これが日本車なら、全てのラインが滑らかに繋がったすっきりとしたデザインにするところであり、文化の違いが面白いです。
イグゾーストパイプが左右二本出しなものの、真っ直ぐ後ろではなく斜めを向いており、サイドマフラーっぽくなっています。アメリカンホットロッドを思わせます。

こんな車で荒地をがんがん攻めたら気持ち良いでしょうね。
とはいえ日本では、こんな車が入れる土地自体少ないでしょうがw



アメリカ農家ご用達なので馬力もあり、キャンピングカーも余裕で牽引できます。
これで長距離を泊りながら旅行すると、車だけでなく生活様式までアメリカっぽくなります。




子供の頃はピックアップは農家や土建屋の車と思っており、まして田舎はそれらが身近なだけに、その泥臭さや野暮ったさは敬遠の対象でした。
その考えを一変させたのが、ラム・HEMI・デイトナエディションラム・SRT-10です。
それぞれHEMIエンジンヴァイパー用エンジンを搭載、FR、エアロパーツ、ハードトノカバー、ボンネットに大きく開いた吸気孔、22インチ超大径アルミホイール、大型ブレーキキャリパー、高速域まで刻まれたスピードメーター、尋常ではない素性をアピールする特製デカール、若者が好む派手で鮮やかな外装色…。
ピックアップというより、完全にアメリカンマッスルカーです。デザイン自体もスポーティで格好良い。

その後も、シェヴォーレイ SSRといったオープンスポーツモデルや、市販化には至らなかったもののダイムラー=クライスラー ジープ・グラディエーター・コンセプトといった本格派、コンパクトクーペ(コンパクトとはいえアメリカ基準なので当然日本車より大きい)感覚のフォード・モーター ランチェロシェヴォーレイ エル=カミーノ、果てはリンカーン ブラックウッドキャディラック エスカレイド・EXTといったラグジュアリーモデルの存在も知り、アメリカとはピックアップがごく一般的な車種として定着している車文化なのだというのを感じました。


そんな中で一番の衝撃は、ホールデン HSV・マルーR8でしょう。
こちらは更に輪を掛けた、本格スポーツカーです。洗練されて大人しいユートに対し、HSV(ホールデン・スペシャル・ヴィークルズ)がチューニングを手掛けたこちらはより過激。
「マルー」とは、アボリジニの言葉で「雷」を意味するのだとか。
豪州車なので日本車と同じ右ハンドルなのも、日本での実用性がありますね。

長い間憧れの一台でしたが、昨年の「第3回 痛フェスin東北」で初めて実車を見る事ができました。\キャーカッコイー!/ \デケー!/ \オレニモノラセロー!/
ユートの北米版OEMとして企画されたポンティアック G8ST・コンセプトにも期待させられましたが、市販化は中止されたのが残念。久々に、アメ車にオンロードスポーツピックアップが復活すると思ったのに。


鈴木自動車工業 マイティボーイをこんな風にカスタムしたら格好良さそうです。
カプチーノと同じF6Aエンジンに換装し、FRにし、5MTにし、4輪ディスクブレーキにし、大径アルミホイールと扁平タイヤにし、エアロパーツを装着……。


日本でアメリカンピックアップというと、フォード・モーター F-150シェヴォーレイ スィルヴェードウシェヴォーレイ アヴァランチが有名ですね。
憧れるけど、でもすぐ壊れるし、燃費も悪いし、税金も高いし、維持費も高いからなあ……という人には、日本メーカーによる北米専売モデルが良いかも知れません。
トヨタ自動車 タンドラ
日産自動車 タイタン
本田技研工業 リッジライン

信頼性抜群の日本メーカー。でもアメリカナイズされており、意外性も楽しめる。
特に日本ではピックアップは今や軽トラにしか存在せず、純粋なピックアップはほぼ絶滅状態にあるので、それでも欲しい人はこれらの平行輸入車が打って付けでしょうね。
三菱自動車工業 トライトンが売れていれば、これらも日本販売が実現したかも知れないのですが…。


ローライダーやキャルルックやUSDMの素材としてもピックアップの需要はあり、トヨタ自動車 ハイラックスマツダ Bシリーズ日産自動車 ダットサンピックアップ辺りは人気です。
こちらは、フルサイズよりは、3~5ナンバーサイズが定番ですね。





個人的には、トヨタ自動車 bB・オープンデッキが欲しいですね。

外装をコーラルブルーにオールペンし、エンブレムをサイオンのそれにし、ホイールをラブラーク ラッキースター・T-REXにし、前席をラッキースターがOEMした黄色いレカロシートにし、バックウィンドウにはムーンアイズのステッカーを貼り、ルーフラックを付けてサーフボードを固定。
気分はカリフォルニア(^∀^)

今流行りのヘラフラッシュも良いな。
ボンネットを錆び錆びのラスティフードにし、それを強調するつやつやの白い外装、各スカートを艶消し黒に塗り、左フロントフェンダーパネルには文字ステッカーを乱雑に貼り、やや深リムの大径ホイールと扁平タイヤをツライチに履き、車高を下げ、ルーフラックを付けてクロスバイクを固定。

…まあ、例によって買うお金もなければ置き場所もないのだけど、あれこれ妄想だけは広がりますw
ブログ一覧 | ピックアップトラック | クルマ
Posted at 2012/03/18 13:07:57

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

お客様が型取りにいらっしゃいました ...
FJ CRAFTさん

銚子丸のランチ
みぃ助の姉さん

愛車と出会って30年!
bnr32rnn14さん

愛車プロフィール2000イイね達成 ...
はじめ7さん

ポチっと・・・。
鏑木モータースさん

今宵は冷やし中華 #料理 # ...
どんみみさん

この記事へのコメント

2012年3月18日 13:28
 こんにちは

 ピックアップはそうな車ですね。

 後ピックアップならサニートラックなどもありますが、結局なくなりました。

 サニートラックを今の企画で作ったら面白いピックアップが出来上がりますね。
コメントへの返答
2012年3月27日 13:16
サニトラは根強い人気がありますね。
古い車だけど、ピックアップの形をしたスポーツカーです。
定番のチューニングカーだけでなく、ローライダーや外向きオーディオなど、カスタムネタも尽きません。

サニトラの後継車に当たるのが、南アフリカ専売モデルのNP200ですね。
中々にスタイリッシュです。
但しセダンベースなのでFFであり、ピックアップとしての実用性はいかに?
2012年3月18日 14:47
初コメします。
確かに、こんな車で荒地を攻めたら楽しそうです♪
見下ろす感じの室内も結構気分良いですよね。

自分の車は正反対ですけど・・・
コメントへの返答
2012年3月19日 9:50
コメ有難うございます。
これから宜しくお願いしますね。

田舎は不正地が多いので、SUV系には馴染みがあります。
アイポイントが高いのも、実際のスピードよりも速く感じる効果があり、安全運転にもなります。
しかもビッグブロックはどこまでも余裕があります。

おすすめアイテム

プロフィール

「「車種もドンピシャな東方Projectモチーフの隠れ痛車を捕獲!」特徴的な翼のデザインをスズキ・キャラのガルウイングで再現
https://option.tokyo/2021/07/03/104493/

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
何シテル?   07/03 23:51
ご覧頂き有難うございます。 色々な方と知り合い、交流や情報交換などできたらと思います。 ヲタクです。 昔はそれなりに「広く深く」だったのですが、最近は...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/9 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

題名長いので【紹介記事】今後の日米同盟は? について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/07/22 14:20:07
投票率50%切る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/07/22 10:32:30
モンテディオ主催「ありがとう平成2DAYS」2日目に展示してきました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/29 18:26:24

愛車一覧

スズキ キャラ Laevateinn (スズキ キャラ)
色々と不便ですし、旧車の仲間入りを果たしつつあるので最近あちこち不具合が発生していますが ...
トヨタ マークII RX-178 (トヨタ マークII)
僕が小学生から社会人なりたての頃にかけての、家族の車でした。 それまで中古車ばかり買って ...
三菱 ミニキャブトラック 白石みのり (三菱 ミニキャブトラック)
父が、趣味の家庭菜園用や各種作業用として購入したものであり、軽トラとしては二代目です。 ...
その他 その他 フォトギャラリー (その他 その他)
フォトギャラリーです。 個人的に気に入った車両を厳選して載せていますが、名称やグレード ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.