• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

高橋 あきらのブログ一覧

2019年08月20日 イイね!

悲報!

実は 日曜の朝練での転倒で足首を強くひねったのですが…

骨折してました。症状としては手術なしでもくっつく可能性ありとのことで、現状包帯巻いての簡易固定。一週間後の通院で結果出てきます。
大きく回る8の字の練習時に バンク状態からパワーオンでスパっと行きました。
ツーリングタイヤだったことなんかも問題でしたが 一番まずかったのは 未だにレーシングブーツを装備しないで走っていたこと。
世話になってるジム屋さん方に転倒動画を見てもらうと、レーシングブーツを履いていたら ヒビまではいかなかっただろうと言われました。
自分の走り的にまだいいだろってのと、パンチングメッシュの革パンツ購入を優先して ブーツ購入が後回しになっていましたが
でかい失敗でした。
走るなら、ましてグリップに不安ある状態でも走るなら 無理してでも買っておけばよかった…





Posted at 2019/08/20 18:36:52 | コメント(5) | トラックバック(0)
2019年08月15日 イイね!

一年ぶりエヴォリューション練習会

一年ぶりエヴォリューション練習会13日は某所にて練習会に参加
jageという二輪ジムカーナの協会で認定 B級(上から2番目のクラス)の新井選手が開かれている会で、昨年の秋の参加から 一年近く空きましたが 漸くまた走ることができました。
コースは先月のエビスと違い 広くラインを取りにくくて荷重がかけづらく 旋回はハンドルロックが基本のコース設定、これに苦戦しました。
逆にそれができてくると一気にタイムが削れて来る、8の字の応用なんだけど いざコースに出ると 簡単には発揮できない。
(理想はフォークを縮めた状態からハンドルロックに持っていかねばならないコーナーが多いが、ロックせずとも走れる為 その辺の判断もできなかった)
なかなか悩ましく攻めきれなかったし、小回りでフロントに負荷をかけ過ぎたり、ハンドルロック中にフロント荷重が抜けて転倒と言ったことを何回もやらかしましたが ずっとずっと苦手だった回転の糸口が 今回の苦戦からちょっと見えてきたかも。

バイク頼りで完璧とは言えないけども、内容としては アイドルを更に上げて推進力を確保、更にリアブレーキ引きずってバンク! リアを寝かしてハンドルはロックをキープ、その際のハンドル舵角はバンクにより自ずと付いて来る。不足しがちなフロント荷重はニーグリップで確保!と言った走り方で
これからはこの形をなるだけ取り入れて、回転中のバンク➕ロックに慣れていかねばと思います。
アイドル3000回転でもまだちょっと推進力が薄く感じるので 更にギア比下げたい欲が、というか皆さんがかなりのショートギアで走ってる理由の もう一つがわかった気がした練習会でした。(以前は加速の為だけだと思っていたが、それだけでなく アイドリング+αの回転数で定常旋回する回転と呼ばれる技術で走る際に、ショートギアだと同じエンジン回転数でもよりトルクが確保され安定して走り、アクセルを開けました時もドンと加速して走ってしまってとっちらかるという事が発生しにくい。ハイギアだと走ってしまう)

また、今回は新井選手のzx10rも乗らせていただきましたが改めて SSの凄さを痛感しました。
まず軽い。数字ではホーネットが軽いはずなのにまたがって操作すると あの横幅からは考えられない位軽く動く。
マルケジーニやらチェーンサイズ変更、社外マフラー、フェンダーレスなど 様々軽量化しているにせよ やっぱこれは違うと感じます。
そして足回りの動き、これがクリアで分かりやすい。ほんとに分かりやすくて、もう跨った時点からフリクション感無く良く動くのが分かります。分かりやすいからブレーキも攻められるし 小回りにも活かしやすい。
そしてストレートはもはやワープ…その加速を持っているのに 度重なるecuリセッティングにより微開域での扱いやすさが確保されていて、どん付き感はほぼ無し…
リッターSSの凄さ、マシンメイクの緻密さを久々に感じ その点も為になった練習会でした。
次回の参加までには 回転をある程度形にして走れるようにせねば!


Posted at 2019/08/15 02:55:37 | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年07月23日 イイね!

究極の二択

今週土曜は福島エビスサーキットにて、ライスポカップ二輪ジムカーナ大会(東北大会)の前日練習会のみですが 出ます。
本戦は力不足、準備不足を考慮してちょっと遠慮した訳ですが、
タイヤ、困ってます…
フロントは現在サイド一部未満の純正セット16インチのラジアル、ダンロップロードスポーツ2


もう一本の選択肢が、バリ溝だけどいきなりの17インチ、バイアススポーツタイヤのIRC RX01スペックR。ここまでなら良いのだけど 製造年が2015年式…


ロードスポーツがある所から、思いの外一気に減ってしまってこんな事になってる訳ですけど
皆さま、この選択肢ならどうされますか!?
Posted at 2019/07/23 00:25:31 | コメント(1) | トラックバック(0)
2019年07月09日 イイね!

北上b2 レベルアップ走行会

北上b2 レベルアップ走行会昨日は北上b2クラブのイベントで、花北モータースクールにてレベルアップ走行会。
今回も非常に勉強になった。




今回の走行会、自分にとっての要点を上げていくと、

まず指導員の方の先導でオフセットスラロームのライン取りを走りながら教えてもらえたのがでかかった。
習うまでは分かっていてもやはり パイロン目指して加速→パイロン近辺で突っ込みすぎて大きく減速→遅い旋回→立ち上がりが膨らんで次が更に苦しく→パイロン近辺で大きく減速 という流れで走ってしまっていた。
これに対し以前に8の字の走り方でも言われてた 大きく入って小さく出るを適用してやる。 動きとしては、パイロンからやや離れたポイントから減速、早いタイミングで旋回動作に入る→パイロン通過時にはもうバイクが寝て立ち上がる準備状態になってる→立ち上がりもやはり次のパイロンに対して離れたポイント目掛けてまっすぐに行く→早めの減速、旋回といった流れを作る。
補足としては、パイロン通過時にミラーをパイロンの頭に当てるイメージ とのこと(これが=パイロン通過時にはもうバイクが寝て 立ち上がる準備ができてるって事に繋がる) これがまた、言葉では理解してもなかなか実行できない物で ここで引っ張ってもらえたのが やはり大きいというか 講習ならではの部分。これは回数こなして ラインに癖つけていきたい。

ちょっとした指導で改善したオフセットスラロームだが、逆に背が高いパイロンでの5メートル間隔での直パイ、こちらは終始苦戦だった。普段の状況から背が高くなっただけでもまるで違うのには驚いたし 何というか、リズムが作れない。背が高いのでバンクして左右に振れない。
こちらは次回に持ち越しになってしまったけど、自分の中では最後あたりに少しだけコツを掴んだかも。
ブン、ブンと左右に振ってリズムを作りにくくて難しい訳だから、上半身で前サスを屈伸させて刻む、ハンドル切れ込みはフロントブレーキで補助する、下半身はステップ左右入力等 もっと積極的に体を使っていけば ダラダラと転がしてハンドルが重くて切れにくい〜 走りも遅すぎ〜なんて事にならずにいけるような…いずれこの部分次回へ。

次には 前回で大きな課題となったs字の走り方、オーバル的旋回の走り方。
車体が低速で寝たままとなる走りがかなり苦手というのが 前回でわかった事だったのだが 今回はそれを克服…までは行けない物の 最初から課題と捉えて走れた事で 色々自分なりに試せたり(先を見る努力をしたり、リーンインを意識したり) 休憩時には人に聞くなど 改善の糸口を見つける努力ができたのは良かったと思う。
結果 元ジムカーナシード選手と噂のトリッカー乗りのじい様が、s字のアプローチを教えて下さり その部分は次回のコースラでは実践していきたい。
じい様曰く、s字みたいに寝たままの時間が長いコーナーの考え方は普段走ってる長いコーナーと一緒。つまりは、一次旋回(ブレーキング〜クリップまでの突っ込み作り)と二次旋回(アクセルオンでの立ち上がり側)に分けて考えて クリップまではきちんと突っ込んでブレーキ使う、そっから立ち上がり 後はどこを次の反対コーナーへの切り返しポイントにするか、それだけよ、という事らしい。これがきちんと出来たら…走りやすいと感じているクランクと同じように刻んで行けるから もしか克服へ一歩近づくかもしれない。
実際じい様についていこうと走ると、まぁアクセルオンが早い。直線部分では 本当に空冷250かよ!?って位に速度乗ってて 全体に力んだ感じもしない。 これは見習って行きたいと感じた。

また、違う目線でも小さいながら発見があった。車体の話になるが 前日サグ出しを行い ワッシャーにて8ミリ程テンションをかけたフロントフォーク。これが概ね好印象だった! バイクが以前より軽く動く気がするし、入れて沈んだ後に すっと戻る。
確かに ブレーキなどできちんと入力しないと戻りやすいから気を抜けばフロント荷重も抜けるけど、今の方がダルな感じが減って車両としてスポーツ向けになったんじゃないかと思う。
次回はもっと広め間隔で直パイ走って 左右への振りやすさなどチェックしていけたらと思う。
何にせよ良い練習だった!
地区のソフトバレー大会を無視して来ただけはあった。
留意点として
花北モータースクールの路面は、中央自車校、北上自車校、盛岡試験場と走ってきた中では一番優しい印象。カントが少なく、継ぎ目も酷くない。ひび割れ箇所もそれほど多くない印象。
2点だけ、センターの交差点の新路面が驚くほどぬるぬる行くのと、クランク→センターの道路またぎ→s字と渡るとアップダウンでハンドル触れるので注意。



Posted at 2019/07/09 06:59:46 | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年06月13日 イイね!

北上b2ライスク

北上b2ライスク9日は北上自動車学校で開催されたb2クラブのライスクへ!

この日は白バイ3台が先導として参加、他ジムカーナのシード選手、安全運転大会全国経験者など 非常にレベルの高いライダーが集ってのスクールで 得るもの多かったです。
内容的には、午前はコースを広めに使っての緩め設定のコースラ。
お昼を挟んで(何と会員は弁当にドリンク付いて参加費無料、一般参加者は会員の紹介により参加可能、それでも参加費500円なり!)午後はパイロンターン180度に直パイ+各所にキツめのオフセットスラロームを加えた よりテクニカルなレイアウトでのコースラを走り、最後は安全運転大会の競技内容である、バイクを立てたままでの極々低速スラロームを全員で体験 と言った内容でした。





実走に当たっては、日頃の練習の成果もあって 午前はトップグループの四番手をゲット!コースがキツくなる午後は 二番手に上げて貰い、前には白バイ、後ろにはジムカーナ選手という 天国なのか地獄なのか良くわからん状況で揉まれながら走りました。
午前は鋭角なターンが少なく 多少走りやすいレイアウトに加えて 前走者のMT03、後ろのカワサキERの両オッチャンがまた綺麗に走るライダーで いい具合に引っ張って、煽って貰い 楽しいなぁって感じだったんですが(何だか雰囲気のあるMT03だと思ったら、グッドライダーでも先頭に近い位置にいた人だったっぽい)
午後がなかなかハードでしたw もういっぱいいっぱい、疲労も蓄積して それでも兎に角も走った という感じでした。体力ない…!

思い切り走れば、やはり課題も次々出てくる物で すぐに感じたのは、盛岡の試験場より狭く、路面のカントもきつい北上に なかなか対応しにくかった事。
バンク角が擬似的に深くなる状況では びびって思い切りにかけました。またクランクや直パイのように、ブン、ブン、とリズムで抜けられる区間はいいのですが、逆にS字と 普段やってるはずの小回りが今ひとつキレが欠けていたと思います。
走っても走っても教習所の悪い路面と狭い道幅にいつものようにラインが選べない事で 攻めきれませんでした 。





更に、白バイ隊員と事務屋さんに指摘を頂いたのは クリップ付近でもっと上体を進行方向に向ける、回す動きが欲しい。
進入では先行動作でリーンインしながらのブレーキングによりもっと走りやすくなるから試して欲しい。ブレーキングで肘が伸び切る癖あるから、リーンイン導入と合わせて非常が伸び切らないよう意識するといい。結局進入でその後のラインも決まってくるから もっと進入って物を意識して欲しい。
凄く難しいけど、まだ上体に力の入りがあるからもっともっとダラッとして、代わりにこのコースなら下半身はヘトヘトに疲れてなきゃいけない。
自分の旋回がまだ定まってないから、ラインが見えてない。

など とても自分じゃあ意識しきれない数々のアドバイスを頂き ほんとに感謝しかなかったです。

最後の低速バランスは相変わらずグダグダで終わり、逆に秋田から来てくれた 元安全大会選手、本領発揮してました。何でバイクがあんな時間直立&停止してられるんだ…

てな訳で、途中吹っ飛びかけたりしつつライスクは無事終了。で、次回は7月。
場所はまた未経験の花北の自車校になりますが、次までに可能な範囲でコツコツ練習して 更に上を目指します。

赤色灯を看板に擦り、ステップを擦りながら逃げる白バイ、それを更に力みの抜けたフォームで追い立てていくジムカーナ選手、目の前でめちゃいいものを見せられたので もっと集中して頑張らないと!という気になりました。あの気さくな白バイ隊員に、次はもっともっと喰らいつけるように。一目を置かれるように。頑張ります!
Posted at 2019/06/13 21:02:48 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「@大佐。 乗ってて楽しいバイク、良いバイクってこう言う事だろって ほんと思いました。
加えてツインのパルス感もいい。
何ですかねー、正直作り込みでは10年近く新しいホーネットより上かもって思いましたね。 やっぱ周りがNSRとかVFRとかそういう次元だからなのか 俺の乗り方なのか」
何シテル?   08/12 08:19
高橋 あきらです。よろしくお願いします。 かなり前にも登録してましたが、アカ等紛失により再登録です。 知り合いにもわかるよう普通に本名にしました。 以前はパルサ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

中古車を買う時に気をつけたいこと 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/08/23 08:58:20
北上b2 レベルアップ走行会 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/07/28 21:19:43
練習 第二回! 秋田の元シード選手来てくれた!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/21 12:49:01

愛車一覧

日産 ティーダ 日産 ティーダ
ウネリやギャップの多い地元では、剛性の無さをどうしても感じる。車体を捻るような入力に対し ...
ホンダ ホーネット600 ホンダ ホーネット600
R1を扱い切れず、また 低速練習時のチェックランプ点灯や息継ぎなどの症状に悩まされて ジ ...
日産 パルサーセリエ 日産 パルサーセリエ
中古で走行9万キロの車両を19の秋に購入 最後には17万キロ超えても仙台ハイランド元気に ...
ホンダ VT250 SPADA (スパーダ) ホンダ VT250 SPADA (スパーダ)
現行モデルに比べ小さな車体、アルミ中空鋳造のフレームに、よく回るvツインを多少クロスし過 ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.