• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たつND5RCのブログ一覧

2018年08月20日 イイね!

【i-DMs九州】8月の定例プチオフを開催しました。【2018】

【i-DMs九州】8月の定例プチオフを開催しました。【2018】今月も福岡県の某臨海地区にある碁盤の目で定例プチオフを開催しました。
9月にはワインディングにてBe a driver.なオフミを計画しているため、本来ならワインディングにて開催したいところでしたが、諸事情により今月も碁盤の目での開催となりました。
ご参加いただいたのは、むしゃさんとだっちポンさんのお2方+僕。
今日も先月同様すごく暑くなるのかな〜なんて心配していましたが、今日は日差しは強いもののずっと風が止むことなく吹いていたため割りかし気持ちよく過ごすことができました。

諸事情あって集合・開始時刻を1時間遅らせ、まずは某天ぷら店にて昼食を摂ってからのプチオフ開始。
最初はそれぞれ0.2Gから開始しましたが、お2人はいつの間にか0.3Gをやっていた模様。
僕は久しぶりの0.2Gのペースに戸惑いながらボール回し・・・笑
減速Gの立ち上げに気を配りながら練習を行いました。

もちろんプチオフの恒例行事、同乗しあいっこも何回も行いました。
それぞれの運転の良いところ、改善点など気づいたところを意見交換し合うなどして有意義に過ごすことができました。

むしゃさんがブレーキで青ランプがなかなか点きづらいってことで、だっちポンさんにロードスターNR-Aでの実演を頼んで運転されていたようでした。
同乗を終えてNR-Aから降りてきてやけに晴れやかな顔をしているだっちポンさんに聞いてみました。
「それで、ブレーキ青ランプは点いたんですか?」
「ええ、まあまあ点きましたよ(ニヤニヤ)」
「めっちゃプレッシャーかかるパターンのやつでちゃんとお手本見せられて良かったですね!」
「ええ、そうですね(ニヤニヤ)」
「降りてきてからずっとニヤニヤしてますけど、ちゃんとお手本できたことよりもロードスターの運転が楽しかったことに気持ちが支配されてませんか・・・?笑」
「バレましたか笑」

ROADSTER
上の写真は僕のロードスターS Leather Packageですが。

そんな微笑ましいロードスターエピソードがあり、
「いや、しかしNR-AはNDロードスターの中でも格別に楽しいですからね!」って僕が言ってたら、むしゃさんのご厚意で三度運転席に座らせて頂く機会を得ました。
いや、今日で4回目だったかも。
しかしとにかくNR-A良いですね〜。
発進時に最初にクラッチ繋いだ瞬間からダイレクト感が異質なのがビンビン伝わってきて、そこからアクセルをひと踏みすると笑みがこぼれます。なんだこれ。
完全にチートです。

僕の笑みはどうでも良いんですが、むしゃさんのNR-Aはプロジェクトμのブレーキパッドを装備していて、そのブレーキで青1がどんな感じで点灯するのかということの実演が主眼ですから、気を取り直して集中しましたよ。
青1ランプは5割程度に撃沈してしまいましたが、、、、
踏んだ時の初期制動の立ち上がりとか、停止まで制動力がビチビチにキープされてる感じとか、僕のNDのDIXCEL M typeとは全然キャラクターが違いましたね。
M typeは踏力が必要な、しっかり踏まないといけないタイプのブレーキパッドです。ペダルが重いです。

AXELA

涼しくて、ついつい同乗とか車外でのおしゃべりだとかが盛り上がってしまい、解散は18時半ごろ。

皆さんとお別れしてロードスターの屋根を開けて福岡都市高速をぺぺペーっと快走し、前原あたりでなんかモヤモヤして鹿家海岸に逸れるかという考えが過ぎったのに、そのまま二丈浜玉のバイパス方面に直進したら、なんとパイパスが大渋滞。
そりゃないぜ。

牛歩と停止を繰り返しながらバイパスを進み、ようやく伊万里までたどり着いたらハイドラに△HONDA△さんの機影。
すぐにLINEが入り、晩飯をご一緒することになり、突発プチオフ開始。
みんカラの別グループのイベントで大分方面にツーリングに行ってきた帰りだそうです。



以前から気になっていて立ち寄ることができてなかったラーメン屋にて、△HONDA△さんオススメの味噌バターコーンラーメン。
美味しかったです♪
大盛りにするか悩んでたら△HONDA△さんがダイエット中だから大盛りにはしないと言ったので僕もギリギリのところで大盛りを回避しました。
食べてみると、モヤシが多めに入っていて普通盛りでも結構お腹いっぱいになる仕様だったので良かったです。

残暑厳しい折のプチオフ開催となるかと心配しましたが、望外に涼しくて帰路はずっとオープンで、かつ途中からエアコンも切りました。
エアコン切ったらやっぱ色々と良いな、と思いました。

昼飯の天ぷら美味かったし、碁盤の目のプチオフも楽しかったし、NR-Aが運転できたし、△HONDA△さんと突発プチオフだったし、ラーメンも美味しくて良い1日でした。

う〜ん、明日仕事とかつらい。
Posted at 2018/08/20 01:31:38 | コメント(3) | トラックバック(0) | i-DMsオフミ | クルマ
2018年08月17日 イイね!

【i-DMs】夏の平戸・生月ツーリング

【i-DMs】夏の平戸・生月ツーリング約束の時間の少し前に集合場所のさせぼっくす99に到着すると、見知っているはずの顔とそれぞれの愛車がずらりと並んでいて、見知っている顔(とクルマ)のはずだけどそこにあるのがなんだか不思議な感じになる1日の始まりでした。

この日は前々から計画していたi-DMsメンバーでの平戸・生月ツーリングの日。
日頃、お互いに運転の腕を切磋琢磨しいてるi-DMsメンバーのお友達を僕の大好きな平戸と生月に招いてのツーリングを敢行しました。




朝は弱い僕ですが、ワクワクで7時前に起床。
起床後、埃だらけのロードスターを洗車して汗だくになったので、自分もシャワーを浴びました。
シャワーから出ると9時頃だったのですがなんとこの日のツーリング参加者であるスミトモさんから「もう着いた」との連絡がグループの掲示板に書き込まれていて「はやっ!!」となりました。

少し早めに到着するつもりだったけど意外と準備に手間取って10時の少し前に集合場所に到着するとほぼ皆さん揃ってました。

道の駅させぼっくす99

上の写真にはATM(アトム)号がいませんが、何が起こったのか、事の顛末は彼のブログをご参照いただくこととしましょう。

ちなみに一番手前のロードスターRFは今回のツーリングとは無関係で、いつもこの道の駅に止まってる車両です。
道の駅内のいずれかの店舗の従業員さんでしょうかね。

朝から皆さんと一人一人挨拶を交わすと、久しぶり〜という嬉しい気持ちとともに、見慣れた景色の中にいつも遠くでしか会わない人の顔があったりして、なんだか実感に乏しかったんですが、会話しているうちに少しずつみんなが遊びにきてくれたな〜という実感が伴ってきました。

この日の参加者(車)は総勢10名、8台。
全員が揃ったところで自己紹介などを行って、ツーリングをスタートしました。


まずは腹ごしらえということで平戸大橋の袂の田平港を目指しました。

昼食
昼食は西端夢浪漫(さいはてゆめろまん、と読みます)で勝手丼。
丼にご飯を盛って、お好みの刺身を好きなだけ盛ることができる当店名物の海鮮丼であります。
こちらのメニューが人気のようで皆さん刺身のスペースに並んでました。
ちなみに刺身を盛ることが出来るのは1回限りなので上手に盛らないといけません。

平戸だっていうのに鯵が無いのが寂しい感じでしたがそれでもハマチと鯛が新鮮で、とても美味しかったです。
しかもハマチはよく脂が乗っていて甘い!
ていうか時期的にこれだけ脂が乗るのはハマチじゃなくてヒラス(ヒラマサ)かもしれない。
ともあれ久しぶりの勝手丼でしたが美味しかったです。

腹ごしらえの後に向かったのは、平戸きってのビュースポット、川内峠。

ROADSTER RF(川内峠)
草原と丘が織り成す景色と、そこから見える青い海に皆さんご満悦の様子で、お連れした甲斐がありました。

川内峠
ただし、景色は良いんだけど・・・すご〜く暑かったですね。

暑さにへばり気味の一行が次に目指したのは生月島。
生月に行かずして長崎を語れると思ってはいけないというのが僕の持論ですが、それぐらい良い場所で、お気に入りのドライブスポットなのです。

生月大橋
はい、みんなで「Be a driver!!」お決まりですね。
その名もずばり道の駅生月大橋にてトイレ休憩と水分補給に寄ったらちょうど良いスポットがあったので旅の思い出の記念撮影。

水分補給したり、思い思いのお土産品を調達したら、生月の必須科目「生月サンセットウェイ」をドライブ。

生月サンセットウェイ

溶岩台地で形成される生月島の西海岸をなぞる、断崖絶壁と紺碧の海と空が織り成す絶景が楽しめる僕の大のお気に入りのドライブルートへ皆さんをご案内。
その光景をしっかりと目に焼き付けていただけたでしょうか。
当然その名の通り、サンセットの時間帯が最もエモく、良さみの深いロードではありますが、昼間の紺碧の海と空もまた最高なのであります。
この日のこの時間帯は西の空に少しだけ薄い雲が出ていて海の青さも若干控え目ではありましたが、遮るもののない東シナ海の大海原を楽しみました。

塩俵の断崖
サンセットウェイを辿った終点にあるのが生月の定番ビュースポット、塩俵の断崖。
玄武岩の柱状節理が広範囲に渡って露わになったダイナミックなジオグラフィック・ビュースポットです。
夕方には柱状節理が斜めの光に照らされて凹凸のコントラストがより一層際立ち、フォトジェニックが加速します。
暑かったのでここでジェラートでも食べて日陰で涼むことにしました。
もちろんジェラート屋の例のお姉さんもいましたが、だっちポンさんが「左手の薬指に光るものが・・・」とガックリされていて、目の付け所が流石だなって思ったというのはここだけの話です。

ブルーベリージェラート
あまりの暑さにお姉さんのジェラートも秒でとけます。

塩俵の断崖
みんなで日陰に集まってジェラートを食べながら絶景を楽しみました。
先ほどまでは薄曇りの影響で控え目だった海の青さも、ここに来て雲が晴れて鮮やかさを増しており、一層気持ち良かったです。
とても暑い日でしたが、風が吹く日陰は比較的涼しかったですね。
景色を見ながら皆さんが口々に「たつくんはここまで1時間ぐらいで来れるんでしょ?」「そりゃこんなところロードスターでオープンで走ったら気持ちいいよな〜」「ほんと綺麗なとこだよね」と言っていて、もうそれ言って頂けるだけでこの日皆さんをここにお連れして良かったなと思えました。

塩俵の断崖のあとはいよいよ生月が誇るど絶景スポットである大バエ灯台へ。

灯台のすぐ下の駐車場は台数に限りがあるため1段下の駐車場に止めて、りーちゃん号とATM(アトム)号に分乗させて頂き、頂上の駐車場へ。

駐車場からこの角度で見えるこの海が大好きなんですよ〜とか言いながら歩いて灯台を目指しましたが、この日はなんと無風で、本当に暑かったです。

大バエ灯台にて

先日行った時も暑かったけどそよ風ぐらいあったよな・・・と思いつつ内心結構焦ってましたが、暑い暑いと言いながら皆さん絶景に夢中になって頂けたようで良かった。

その後、灯台へ上がると全然違う場所かというほどに風が当たって涼しいことが分かったため皆さん灯台に集まって涼みながら大バエ灯台の絶景を楽しんでお喋りに興じました。
本来ならばここでの写真が生月の一番の見どころなのでご紹介すべきところですが、僕は何回も当ブログでご紹介してますし、皆さんの写真が見たいなってことで敢えて載せないことにしましょう(灯台周辺の写真を撮ってないことの言い訳なんかじゃありませんw)。

大バエ灯台の絶景を堪能してから駐車場へ戻り、帰路へ向けて出発。
この日来たルートを逆に辿りながら、色々と思い返しました。
朝集まったさせぼっくす99へ再集合し、この日はここで帰宅されるだっちポンさん、スミトモさん、かうじぃぃぃさんに別れを告げて一旦中締め。

その後、残ったメンバーで例のジンギスカンの店へ。
実は夕食のお店のセレクトはともンダンさんのリクエストでした。
ここで美味い羊肉を腹一杯食べて、筋トレビールでハッスルしてメンバー間の親交をさらに深めることができました。
そうそう、この時聞いたATM(アトム)さんとおマヨさんの馴れ初め話も、世の中そんな偶然があるのね〜っていう感じで、いい話が聞けて良かったです。
幸せそうなお2人の想い出にこの日の記憶が少しでも刻まれてれば嬉しいですね。

一次会をお開きにした後はtailor1964さんと2人でお気に入りのバーへ。
佐世保には数少ないオーセンティック・バーで、お店の雰囲気もオーセンティックだしスツールもそうだし、なんと店名もAuthenticというんだけど、マスターがなぜかとてもくだけているというギャップが魅力。
しかしそのマスターが繰り出してくるカクテルがいちいち美味い。
昨年9月にオープンのまだ日が浅いバーですが、ここに行き出してからカクテルに興味を持ち始めました。
そんなAuthenticで色々とお話しながら、佐世保の夜は更けていくのでした。




長崎って日本の西の端で、平戸も生月もさらにその西の端の田舎の島です。
交通も不便だし、魅力的なオシャレスポットがあるわけでもありません。
だけどその自然が作り出す景観と美味しい魚が楽しめるドライブコースは、本当に掛け値なくオススメのスポットで、この魅力を少しでも多くの人に知って欲しいなと思ってブログでご紹介したりして来ました。
そして今回初めてこうしてお友達の皆さんを平戸・生月にお招きすることができ、皆さんにも概ねご満足頂けたかという手応えが得られて、僕は今、非常に嬉しいです。
是非また遊びに来てくださいね。

例によってこの日の写真はFlickrのアルバムにまとめました。
以下の写真をクリックしてどうぞ。
180814夏のi-DMs九州 平戸・生月ツーリング

あと、これまでの平戸の魅力を詰め込んだアルバムもありますので、こちらからどうぞ。
もちろん大バエ灯台から望む絶景もこちらのアルバムでご紹介しています。
平戸・生月
Posted at 2018/08/18 00:42:43 | コメント(4) | トラックバック(0) | ツーリング | 旅行/地域
2018年08月11日 イイね!

【試乗記】改良後CX-3 SKYACTIV-D 1.8(AT)

【試乗記】改良後CX-3 SKYACTIV-D 1.8(AT)ロードスターのダンパーをディーラーで交換してもらって引き取りに行った日に改良後のCX-3とアテンザ(いずれもXD)に試乗しました。

元々は昨年の夏に投入されたガソリンエンジンの20Sがとても印象が良くてそのことの記事も書こうと思っていたのにすっぽかして1年経ってしまいました。

この記事の末尾で次回予告的に挿入しといたのですが・・・笑

CX-3 20S PROACTIVE
ソウルレッドクリスタルメタリックも好印象だったんですけどね。

20Sの良かったポイントをザクっと書くと。
 ・普通
 ・ガソリンエンジンがめちゃ普通
 ・クルマが全体的にめちゃ普通に良い
 ・すっごい普通なんだけどこの普通さを出すのって逆に大変よね?
 ・ロードスターの愉しさとCX-3 20Sの普通さで揃えたら最強じゃね?

普通のクルマ最高です。
世の中、普通に運転できて普通に違和感の無い普通のクルマが無さすぎる気がします。

20Sについてはちょっとハンドルの据わりが軽いかなという点に違和感を覚えたぐらいで、全体的にあまりに普通に良いのでこの普通さは逆に普通じゃない、と感心しました。
日常的に乗るクルマとしてのある種目指すべきベクトルってこうだよねって思いました。
全般的にとても好印象だったということです。

それで今年、1.5Lから1.8Lに排気量がアップしたXDに試乗してみたんですが、クルマの上質度がグッと増した感じでさらに魅力がアップしてるんじゃないかと感じました。
もともとスタイリングやコンセプトからCX-3のファンである僕なのですが、そういう贔屓目を差し引いて考えても、良いなぁという印象を持ちました。
特に魅力がアップしたと感じたのが1.8Lにアップしたエンジンをはじめとしたパワートレインの躾。
マツダは矢継ぎ早にDE精密加給制御などを始めとする新技術でディーゼルエンジンのドライバビリティを向上させたり、ナチュラルサウンドスムーザーなどで乗り心地(質感)を向上させたりと商品改良に余念がありませんでしたが、その成果は如実に表れていると感じました。

DE精密加給制御のおかげなのでしょう。アクセルの微妙な操作に対するレスポンスもかなり向上していて、本来的にガソリンエンジンが好きな僕なんですが街中を快適に走るというようなクルマの用途のほとんどを占めるシーンにおいて「えっこれで何の問題があるんですか」という感じで、ガソリンエンジンをわざわざ選ぶのはますますマイノリティになっていくのでは・・・という風に感じました。
中間加速などでアクセルをわずかにクイっと踏んだ時の反応も律儀だしリニアだし何の不快感も無くて、しかも低速トルクはガソリンエンジンの比ではないので快速だし。
もう僕はロードスターに乗れないなら普通にディーゼルを選んじゃうかも、と思っちゃいました。

ディーゼルエンジンってスロットルバルブが無いので本来はレスポンスが速いそうですね。
実際のエンジンがガソリンエンジンと比較してレスポンスが鈍いのは、部品(ピストンやコンロッド等)の強度を高めるために重量が嵩み慣性重量が大きくなっているとか、ターボラグとか、いろいろな事情があるのでしょうね。
ガソリンを圧縮着火させるSKYACTIV-Xもスロットルバルブを省いたことで通常のガソリンエンジンよりもレスポンスを高められている旨、マツダが説明していました。
SKYACTIV-Dはご存知の通りディーゼルエンジンとしては異例の低圧縮比に落としたことでピストンなどを軽量化してますし、加給についてはDE精密加給制御で補ってレスポンスをだいぶ改善させられてきているということなのだと理解しました。

ガソリンエンジンの20Sに乗った際はいかにも内燃機関で動力を得て走っているガソリンエンジンの爽快感(めっちゃ抽象的ですが、ガソリンエンジンが好きな方ならきっと分かってくれるはずw)があって、それは僕はとても良いなと思ったわけですが、世の中そんな人ばかりじゃないだろうし低回転で余裕を持って静かにスルスル走る方が良い、上質感が高いと感じる人は大勢いるでしょうし、そういう意味でディーゼルはとてもアドバンテージがありますね。

総じて好印象だったCX-3 SKYACTIV-D 1.8の試乗ですが、これはちょっとどうもなあと思ったのが、電動パーキングブレーキに関する部分。
パーキングブレーキが手動か電動かという点についてはあまりこだわりはないのですが、電動パーキングブレーキにより使用できる機能、すなわち「オートホールド」については個人的にはあんまり使いたくないなぁという気がしました。
停車時にブレーキを離してもクリープで漸進するのを防いでくれる機能で、アクセルを踏むと自動的にブレーキが解除され発進するのですが・・・
発進時にアクセルを踏んでブレーキが解除された時のショックがどうにも我慢できなくて。
助手席に乗っている担当営業さんに「このショック気になりますね」って言ったらそうでもないってことだったので個人差はありそうですが。
特に下り途中の信号で止まって発進するときなどは最悪で、MTだろうとATだろうと下り途中でブレーキを離せばクルマはその位置エネルギーによって前に進み出すのでそれに合わせて体の各部の筋肉が緊張するはずです(特に胸鎖乳突筋)。
が、下りでブレーキを離したのに車両が前に進まないため背中側から宙吊りにされたような感覚になって非常に不快感を覚えました。
逆に登り途中ではショック含め不快感はあまり感じなかったですね。
まあ、オートホールドは任意でオン/オフできるので大したネガではないですが、多分自分が購入した車両に乗ってても使わないかな〜、と感じましたね(CX-3試乗時点では。この後アテンザに乗って同じくオートホールド使いましたが・・・また後ほどw)。

あと昨年の試乗時まではステアリングの軽さで肩肘が妙に緊張する感覚が唯一気になっていたんですが、この点については良い感じの据わり感に改良されている気がして、良いなと思いました。

中身薄い割にまとまりなく長文になってしまいましたが、以上、CX-3 SKYACTIV-D 1.8の試乗記でした。
Posted at 2018/08/11 22:55:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗記 | クルマ
2018年08月10日 イイね!

酷暑の日曜日に波戸岬に行ってきた話

酷暑の日曜日に波戸岬に行ってきた話とても暑い日曜日でした。
なんだかんだあって佐世保を出発したのが14時前ごろ。
ロードスターに乗り込むと同時に幌を開けて熱気を一気に解放(夏のオープンカーで唯一普通のクルマに対して優越感を持つ瞬間。なんとちっぽけなw)し、すぐにエンジンを始動させると共にエアコンを全開。
それでも走り出しはくそ暑く、窓を開けていても閉めていても首筋や額から大粒の汗が滴り落ちるほどの車内の暑さで、なんで俺はこんな時間にドライブを開始したのか、と自らの不明を呪いました。
夏は朝の涼しい時間から走り回ってエアコンで車内を冷やし続けておくか、さもなければ涼しくなる日没までは涼しい部屋で大人しくしているのが圧倒的に正しいです。

とはいえ走り出してしまったものは仕方がないので(引き返そうかという思いもありましたが)、波戸岬までドライブしてきました。

事の発端は、「鷹島 波戸岬 ドライブ」というような検索ワードでGoogle検索すると、なんと不肖ボクのブログが旅系ブログや記事を差し置いてトップに表示されるという不測の事態に驚いたことw

しかも内容は斜張橋がかっこいいとか、鷹島は長崎県だけど島に渡る前の本土側は佐賀県とか、蜂は暑さも平気なのかとか、漁船に対する偏愛だとか、Tシャツごとずぶ濡れの小学生男児がタブレットで子供相撲の稽古について母親らしき人物と通話している様子だとか、およそドライブとは無関係のカオスな内容なのですが、なぜこれが旅系ブログ・記事を差し置いてトップなのか、僕には皆目見当もつきません。

SEOに詳しい人に言わせると、日記系ブログは上位に入りづらいんだそうですが、日記系も日記系、しかも内容はカオスの訳わからん系なんですけど・・・笑

「鷹島 ドライブ」とか「波戸岬 ドライブ」とかでも割と上位に入ってくることから、福岡あたりからこの辺にドライブに行こうかと考えて検索して訳のわからん僕の随筆とも言えない駄文に付き合わされる人たちのことが気の毒になった次第です。

そんなわけで(どんなわけで)、タイトル画像の通り、波戸岬の駐車場にロードスターで乗り入れてみたのですが、なかなか良かったです。
海水浴シーズンとあって、砂浜も結構賑わっていました。

駐車場は有料で、入り口で300円を支払って入場します。
管理は自治会がやってるみたいです。
入り口の方はアスファルトで舗装していて、そこは翌日まで止めてても良いらしいです。
ただし、岬の草原への入り口に簡易的なゲートがあって、その先は18時に閉門されますのでご注意を。

ROADSTER(波戸岬)
入って早速岬へ行ってみましたが、日差しはあるものの風が結構あって割と涼しい気がしました。
後にこれは気のせいだったと気づきますが。

ROADSTER(波戸岬)

ROADSTER(波戸岬)

ROADSTER(波戸岬)

ROADSTER(波戸岬)

草むらと海と岩に砕ける波しぶきと真っ赤なオープンカーが夏空の下に映えるというアレです。

波戸岬
海も綺麗です。
漁船がひっきりなしに行ったり来たりしています。

ROADSTER(波戸岬)
しかしやっぱThe North West Endは違和感があるんだよな〜。

ROADSTER(波戸岬)
風があって意外と涼しいかと思われましたがやはり気温は高いようで、汗ぐっしょり。つらい。
岬の中をゆっくりぐるりとした際のドライブレコーダーの映像などもありますが、敢えて公開しない事にしましょう。
ぜひご自身の目で確かめてください。


クソ暑くて熱中症になりかけましたが、いい場所でした。
秋口とか春先の、気候のいいときに来たいな・・・笑
呼子近辺にツーリングやドライブして、イカを食って腹ごなしにやって来て、サザエを食い、そして岬で遊ぶというのも良いんじゃないでしょうか。
キャッキャウフフのカップルたちやファミリーには水中展望台なんてのもありますので、仲を育めば非常によろしいかと存じます。
というわけで、そもそものことの発端を解消するアレになるかは自分でも非常に疑わしいのですが、以上。
波戸岬、なかなかいい場所だと思います。
ROADSTER(波戸岬)
Posted at 2018/08/11 00:41:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2018年08月10日 イイね!

ダンパー交換後の不満というか違和感について

ダンパー交換後の不満というか違和感についてこういうタイトルをつけるとダンパーに問題があるかのように感じてしまいますね。
僕の言わんとすることはそこじゃないのですが。

納車から3年の月日を経て80,000kmを超える走行距離を刻み、とっくに抜けてしまっていたダンパーを先日交換しました。

その交換後の第一印象はとても良く、やっぱ新しいダンパーは気持ちいいな〜っという評価だったわけですが・・・。

先日ドライブに出かけたところ、ちょっと不満というか違和感を覚える点に気がついたため、チラッと記録を残しておこうと思います。

その違和感というのが、路面の悪い道路を走行した際の安定性がかなり落ちているように感じることです。

新しいダンパーでまだ馴染みもしていないので跳ねるのは仕方ないか〜って最初は思っていたのですが、なんかどうも跳ねるだけじゃないな?というのが我がお尻に問いかけてみた答え。

それはつまり、路面の悪いガタガタ道を走行した際、リアタイヤが上下動するのに合わせてどうもタイヤが横方向にも動いて路面を擦っているような感じがするんですよね。
いや、そんなに繊細なセンサーを備えているわけじゃないので本当かどうか分からないし自信もないし思い違いかもしれませんが、所謂対地スカッフィングがとても大きいような感じがしていて、それってアライメントのせい・・・?
(というかこれが対地スカッフィングであるかどうかさえよく分からんというのが正直なところです。)

タイトル画像はダンパー交換後の写真なのですが、リアタイヤのキャンバーこんなについてたっけ?とか思うなどしています。
まあもちろん車両を置いているのが水平な地面ではないと思うのでなんとも言えないのですが。
それとあまり詳しくないですが、対地スカッフィングを支配するのはラテラルリンクの長さだったと思うので、アライメント次第で体感できるほどの差が出るのかは未知数。

ただまあ路面の悪い道路を走行すると上下の揺れにタイヤの横方向の動きが加わってきて気持ち悪いのは確かな感覚・・・だと思う。
おかげで自分で運転していて若干酔うような気持ち悪さを感じてしまったので(もちろんロードスターを運転していてそんな風になったのは初めてのことだし、当該道路は初めて走ったわけでもない)、ちょっと真剣に対策を考えないといけない。

というか、4輪アライメントしかないのだけど。
引き渡しの際にディーラーからはかかるコストと比較して得られる効果が少ないと思われるのでなんとも・・・と言われたのですが。う〜ん。
ロードスター、前がダブルウィッシュボーンに後ろがマルチリンクで4輪アライメント調整の費用もなかなか高額なんですよ・・・。
Posted at 2018/08/10 21:14:06 | コメント(6) | トラックバック(0) | NDロードスターSLP | クルマ

プロフィール

「@ATM(アトム) さん、ご心配なく!晴れの夕方の斜めの光線でエモフォトゲットしました!笑」
何シテル?   08/20 02:03
ソウルレッドのNDロードスターに乗って、i-DMとG-Bowlをお供にドライビング・スキルの向上に励んでいます。 マツダの第6世代商品群が大好きです。 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

新緑の静岡部活【夢の吊り橋と富士山編】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/06 07:49:01
クラゴン部屋鈴鹿稽古BMW M3車載 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/31 23:32:19
鈴鹿稽古募集 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/04 20:07:41

ファン

88 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
ついに念願のロードスターを手に入れました。 ロードスターのことは一旦は諦めてたんですが ...
マツダ アテンザスポーツ マツダ アテンザスポーツ
最初の愛車、アテンザスポーツ23S/6MTです。 中古で購入。 自分には速すぎるクルマ ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
2代目の愛車、ジェットブラックマイカのアクセラスポーツ15S/6MTです。 人馬一体を極 ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
代車/ハイドラ用
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.