• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2023年11月15日

井川線と天浜線(その2:井川線で奥大井湖上駅往復・・・プラス)

井川線と天浜線(その2:井川線で奥大井湖上駅往復・・・プラス) 前ブログは、9月11日、大井川鐡道の千頭駅を10:10に出発した井川線(通称、南アルプスあぷとライン)に乗ったところまででした。

井川線の全体配置が判るマップを、茶茗館でいただいた川根本町マップから抜粋してみました。
マップのど真ん中に目的地の奥大井湖上駅が、そして下の方に始発駅の千頭駅があります。

altオリジナルの全体マップはこちら

                   何れの画像もクリックで拡大します。


最初の駅は澤間駅。。。右手には綺麗に手入れされた茶畑があります。ここ川根本町は、川根茶の産地です。ホームの駅舎(待合室)は、どこの駅もこんな造りになっています。
altalt


澤間駅を出ると間もなく、右側に見える大井川に、左側から寸又川とその支流?が合流する地点にさしかかります。ここは三叉峡と呼ばれており、紅葉🍁が綺麗でした。
altalt


駅をひとつ飛ばして。。。川根小山駅です。若い子の映え狙いでしょうか・・・川猫山とも書かれていて、猫をテーマとした駅舎になっていました。私はむしろ、かつてここに水力発電所があったこと、それも大きく湾曲した大井川の(牛の首と呼ばれる部分の)落差を利用していたことに興味を覚えました。
altalt


川根小山駅を出発直後のカーブを利用して、編成を撮ってみました。一番後ろ(写真の奥側)から機関車が、5両の客車を押しています。撮影者(私)は2両目に乗っています。
alt


奥泉駅アプトいちしろ駅間で見えた泉大橋です。やはり紅葉🍁が綺麗でした。
alt


次のアプトいちしろ駅では、これまでの機関車(DD20形)に加え、アプト式電気機関車(ED90形)連結されて推進します。(ここの列車は下り線(井川方面行)では押し、上り線(千頭方面行)では牽引します)
altalt


アプト式区間をグイグイ上って行きます。斜度は何と90‰パーミルです 90‰は1000mで90m上がる角度になります。
altalt


長島ダムが見えてきました。長島ダム建設が、このアプト式区間に関係していますので・・・
alt
その概要をWikipediaから抜粋します。
********************************************************************************
当路線は鉄道事業法および軌道法に準拠する鉄軌道としては日本で唯一のラック式鉄道(アプト式)区間のある路線である。長島ダム(1972年〈昭和47年〉着手、2002年〈平成14年〉竣工)建設に伴い一部区間が水没することになったが、補償金を受けて廃止することはせず、湖岸に新線を建設した。途中90.0 ‰の急勾配があるため、碓氷峠越えの国鉄信越本線で1963年(昭和38年)に廃止されて以来、日本では途絶えていたアプト式を採用した。なお、ループ線などを設けて急勾配を避け建設する手法も可能だったが、早期に建設できるという理由でアプト式のラック式鉄道となったといわれる。また、いくつか種類があるラック式鉄道の中でアプト式を採用したのは、レールの製造会社の都合によるものといわれる。
********************************************************************************

その長島ダム駅で、先ほど最後部に連結した電気機関車(ED90形)を切り離します
altalt
        長島ダム駅到着直前                   電気機関車切り離し


ひらんだ駅を過ぎると、間もなく目的地である奥大井湖上駅が見えてきました。
alt



alt

奥大井湖上駅で下車し、列車を見送ります。





この列車の終点は次の接岨峡温泉駅。戻って来るまで40分ほど時間がありますので、その間。。。





        アプトいちしろ駅で買った                   味ごはん
altalt


  かしわ餅を駅構内の待合室で食べました。     右側モニュメント上部には変な駅名が。。。
altalt


alt






湖上駅のホームを行ったり来たりしている間に見えた旧線 ・・・2002年竣工の長島ダム建設の影響です。








丁度40分後に、客車を2両、機関車を1両増結した列車が戻ってきました。
この写真を撮るために、次の列車が来るまで、私だけ湖上駅に滞在する予定で、家内は既に客車内にいるようでしたが、団体客が右往左往している間に撮り終えたので、急遽、この列車に飛び乗り、千頭に戻ることにしました。
真ん中あたりに見える黄色の客車は、前後にデッキを有する珍しい客車です。
alt


        デッキ付き客車の拡大画像                    同左、車内
altalt



帰路(上り列車)は、往路(下り列車)のような詳細な観光案内はなく、淡々と千頭駅まで戻って行きます。
altalt



千頭駅に到着しつつある列車から見た。。。トビー号です。この日の運行はありませんでした。
alt


alt




千頭駅に佇んでいた南海21000系 ・・・昨年の台風15号による土砂崩れで不通区間の復旧目途は立っておらず、他のトーマスのお友達と共に、千頭駅に足止めされているのですね。







alt
その後、我々はインプレッサで奥大井湖上駅展望所まで移動しました。列車では小一時間を要しますが、車だとK77→K388と乗り継いで20分ほどで駐車場に到着、そこから20分ほど登山して展望所にたどり着きました。
この駐車場は狭くて台数が少ないので、しばらく駐車場入り口@K388で待たされました。







奥大井湖上駅が綺麗に見える展望所からです
alt


・・・が、列車(小さくて見えない?)が来ると、湖面にはさざ波が立ちます。
alt
この列車は、先ほど我々が千頭駅まで乗った列車そのものが、接岨峡温泉行となって戻ってきています。左から客車5両、機関車、客車2両、機関車の編成が良く判ります。
alt




alt


20分ほどかけ車に戻り、同じくK388で千頭方面に戻っていると、今度は、長島ダム駅で井川線の終点、井川発千頭行きの列車に遭遇しました。この列車に遭遇することまでは、念頭にありませんでしたので、取り敢えず、こんな写真を撮ったものの。。。





せっかくの90‰パーミルですので、駐車場の端っこまで追いかけて行って撮りました。降りていく模様なのが残念ですが・・・
alt



ということで、この日の乗り鉄、撮り鉄は終了し、宿泊地の掛川に向かいました。



おまけです。

alt



千頭駅から掛川への移動の途中で立ち寄ったフォーレなかかわね茶茗館では、川根茶の美味しい飲み方を体験することが出来ました。確か\300だったと思います。
お茶菓子の銘茶羊羹は完食しちゃった画像ですが、庭園を眺めながらひと息つきました。




つづく


【関連のブログ】
 ◇ 井川線と天浜線(その1:千頭まで)


ブログ一覧 | ドライブ | 日記
Posted at 2023/11/15 20:10:23

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

井川線と天浜線(その1:千頭まで)
TMKさん

大井川ツーリング.2023
赤い~のん!?改め銀×銀さん

家族旅行2023・DAY1(8/5)
ELTENさん

大井川鐡道井川線「奥泉」駅から『 ...
kz0901さん

20240419-20車中泊で野湯 ...
お風呂道【OFFROAD】さん

この記事へのコメント

2023年11月18日 17:26
どのお写真も絵に(画かな?)なりますね

素敵すぎて突っ込みを入れる隙が有馬泉gaya
掲載画像の選択に悩まれたのでは?
コメントへの返答
2023年11月18日 20:16
ありがとうございますm(__)m

有馬温泉いい気分(温泉)をこんな使い方。。。なんて素敵では有馬泉かexclamation&question
いえ、悩むほど沢山は無いんです(^^ゞ

プロフィール

「みんカラ15周年企画:わたしの愛車愛 http://cvw.jp/b/219639/43210978/
何シテル?   08/30 21:08
現住所変更(横浜 → 神戸)に伴い追記しました。(2011.5.17) ****************************************** ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2024/7 >>

 1234 56
789101112 13
141516171819 20
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

代行ドライバーとの会話・‥の巻 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2022/08/21 09:58:09
雨の日の鉄分補給 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2022/05/02 19:43:04
もみじの飛騨・信州ドライブ(その3:上高地を発つ三日目の朝まで) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2022/01/08 08:05:17

愛車一覧

スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
前車の劣化?に伴い、買い替えを決めましたが、車両購入のタイミングが悪くて好みの新車が無く ...
スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
2022年に発生したリアのハブベアリング損傷に続き、CVTも損傷(異音発生)したため、2 ...
日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
2016.2.28  12年で約8.5万km乗りましたが、車齢や家計(私もいつの間にか雇 ...
トヨタ カルディナ トヨタ カルディナ
ここ数年専有していた次男が新車を購入し、その下取り車としたことにより、本日(2014.3 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
© LY Corporation