• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アクア ASX Ralliartのブログ一覧

2018年09月23日 イイね!

悲劇 の ヒロイン か !? 隠れた 名車 か !? 三菱 RVR は なぜ 生き続けるのか ? : ベストカー Web ・・・・

悲劇 の ヒロイン か !? 隠れた 名車 か !? 三菱 RVR は なぜ 生き続けるのか ? : ベストカー Web ・・・・












< ベストカー Web ニュース記事 以下抜粋 >


悲劇 の ヒロイン か !? 隠れた 名車 か !?

三菱 RVR は なぜ 生き続けるのか?




【 ベストカー Web : 2018年 9月23日 】


「 あっ まだ 作っていたんだ 」 と いう クルマ に 時折 出くわすこと が ある。

しかし 販売台数 など を 見ていると そこまで 大ヒット しているわけでもない。


今回 取り上げる 三菱 RVR も その 一例 だ。

三菱 は デリカ D:5 を 筆頭 に 魅力的 な SUV を 輩出 しているが

この RVR の 販売台数 は さほど 多くない。


しかし 3代目 の 現行型 は 2010年 の 発売 以降

小規模改良 や マイナーチェンジ を 繰り返し いま も 現役。


なぜ 三菱 は RVR を 進化 させ続けるのだろうか?






■ 画期的 だった 初代 と 制約 の あった 3代目


失礼 ながら 「 今でも まだ 作っていたのね 」 と 思ってしまうのが 三菱 RVR だ。

2017年 ( 暦年 ) の 国内登録台数 は 2,072 台。


1ヶ月 当たり に 換算 すれば 173 台 に とどまる。

この 台数 は 一般的 な 市販車 の 中 では かなり 少なく

販売 が 終了 しても 不思議 の ない 状態 だ。




初代 RVR を 見たときは この ルックス だけ で ワクワク したものだった。

カンガルーパー で パジェロ の ような 強さ も 感じさせ そして 使い勝手 の いい ミニバン の よさ も 持ち合わせていた。




同じ 三菱 の アウトランダー は PHEV を 含めると 1ヶ月 平均 で 633 台 だから

( これも 少ないが ) RVR の 売れ行き は 約 27% に なる。


過去 を 振り返ると 初代 RVR は

SUV と ハッチバック の 中間的 な 車種 と して 1991年 に 発売 された。


背 の 高い ボディ で 後席側 に スライドドア を 備え SUV の カッコ良さ と

2列シート ながらも ミニバン風 の 使い勝手 を 両立 させた。

今でも 通用 する 優れた コンセプト で あった。




2代目 も キープコンセプト で 登場。

若干 マイルド な キャラクター に なった とは いえ 他には ない スタイリング が RVR らしさ だったのだが ……




1997年 に 発売 された 2代目 は 初代 の 発展型 で 2000年代 の 初頭 に 生産 を 終えた。

そして 2010年 に 3代目 の 現行 RVR が 復活 している。






ただし ボディスタイル は 大幅 に 変わり 普通 の SUV に なった。

現行 RVR は 本来 ならば 2 ℓ エンジン を 積みたいところだったが

当時 の エコカー減税 の 対応 で 1.8 ℓ に 抑えており 動力性能 が 物足りない 印象 だった。






プラットフォーム は アウトランダー と 共通 で

ホイールベース ( 前輪 と 後輪 の 間隔 ) は 2,670 mm と 長い。


エクリプス クロス を 含めて 三菱 の 主力 SUV は

3車種 ともに プラットフォーム が 共通 で ホイールベース も 2,670 mm に 統一 される。


RVR は ホイールベース が 長いのに 全長 は 4,365 mm に 収まるから

オーバーハング ( ボディ が ホイール から 前後 に 張り出した 部分 ) が 短い。






カーブ を 曲がる時 に 慣性 の 悪影響 を 受けにくく 設計 が 古い割 に

今でも 走行安定性 は 満足 できる。


また クルマ の 居住空間 は 前後輪 の 間 に 位置 するため

ホイールベース の 長い RVR は 全長 が 短い割 に 後席 の 足元 が 広い。




現行型 の RVR。

2代目 まで の RVR らしさ は 消えて 普通 の SUV に なった。

エクリプスクロス とも 絶妙 に かぶりそうな 存在 だ。




運転 の しやすい サイズ の ボディ で 4名 乗車 も 快適 に 楽しめる。


こういった 優れた 実用性 と 相まって RVR は

北米 や インドネシア など では アウトランダー スポーツ

欧州 や 中国 では ASX の 名称 で 売られている。




















意外 に 知られていないが 現行 RVR は シトロエンC4 エアクロス や プジョー 4008 の ベース車両 と なった。

海外 での 評価 は 高い。




■ 不祥事 で 現行型 は 不遇 の 存在 に。

   それでも 進化 は すごい



もっとも 大きく 影響 しているのは 2000年代 の 中盤 までに 次々 に 発生 した

リコール隠し など の 不祥事 だ。


一連 の イメージダウン により 2010年 に 発売 された 現行 RVR の アピール も

十分 に 行なわれなかった。


この後 2012年 に 現行 アウトランダー の ノーマルエンジン車

2013年 に アウトランダー PHEV と eK ワゴン

2014年 には eK スペース が 発売 され 国内販売 が 上向くか と 期待 された。




2012年 に アウトランダー が 登場 し 三菱 の ラインアップ の 中 で 関係性 が 少しずつ 変わってくる。



それなのに 2016年 に eK ワゴン と eK スペース

日産 の デイズ と デイズ ルークス に 燃費 数値 の 偽装 が あったこと が 発覚 する。

三菱車 全体 の 売れ行き が 再び 伸び悩んだ。


紆余曲折 の 結果 今の 国内 では すべて の 三菱車 が 売れていない。

2017年 ( 暦年 ) に おける 三菱車 の 国内販売総数 は 9万 1,620 台 で

1ヶ月 平均 に 換算 すると 7,635 台 だ。


この 台数 は 同じ 時期 の フィット や シエンタ 1車分 と 同程度 に なる。


そうなれば RVR の 販売 が 低調だ と いっても 三菱 に とっては 大切 な 商品 だ。


販売会社 と セールスマン の 尽力 により RVR を 何台 も 乗り継ぐ ユーザー も いるから

安易 に 廃止 など できない。


そこで RVR は 定期的 に マイナーチェンジ や 改良 を 行ない

2018年 9月6日 にも 緊急自動ブレーキ を 作動 できる 安全装備 を

全車 に 標準装着 した ( 以前 は 一部 が オプション だった )。


ドライバー の 死角 に 入る 後方 の 並走車両 を 検知 する 機能 も

新たに オプション 設定 している。

このように 定期的 に 進化 を 図り 現行 RVR の ユーザー も

新車 へ 乗り替えやすくしている。







RVR は 安全装備 の 充実 ・ アクティブギア の 設定 など 進化 に 抜かり は ない。

開発費用 の 回収 には 長く 売ること も 大事 な こと。

決して 大ヒット作品 では ないかもしれないが 開発現場 の 涙ぐましい 努力 が 伝わる。




RVR の 売れ行き が 下がったのに 生産 と 販売 を 維持 する 理由 として

国内 の 販売店舗数 が 以前 に 比べて 減ったこと も 挙げられる。


現在の 三菱 の 店舗数 は 600 拠点 少々 だから

460 拠点 前後 の スバル に 次いで 少ない。

トヨタ は 4系列 を 合計 すると 4,900 拠点

ホンダ は 2,200 拠点 ・ 日産 は 2,000 拠点 と されるから

トヨタ と 比較 すれば 10% 以下 だ。


そうなると RVR の 登録台数 が 1ヶ月 当たり 173 台 でも

「 1店舗 の 割り当て 台数 」 と いう 見方 を すれば

トヨタ の 1,400 台 ・ 日産 の 580 台 くらい には 相当 する。


それぞれ の 販売店 に とっては 手堅い 収益源 だ。


特に 今の 三菱 では 販売総数 の 55% を 軽自動車 が 占める。

1台 当たり の 粗利 が 限られるから 小型 / 普通車 の RVR は

売り上げ を 伸ばす上 で 効率 の 優れた 商品 でも ある。


このほか アウトランダー や エクリプス クロス との 相乗効果 も ねらえる。


販売店 で この 2車種 の 商談 を している時 に

顧客 から 「 ボディ が 大きすぎる 」 「 価格 が 高い 」 と いった 問題点 が 提示 された 場合

「 RVR で あれば ボディ が コンパクト で 価格 も 安いですよ 」 と 解決案 を 示せるからだ。












RVR の 需要 が アウトランダー や エクリプス クロス に 奪われること も あるが

その逆 も あり得る。


メーカー の 損得勘定 と しては 基本的 に 長く 造るほど トク を すること も ある。

車両 の 開発 には エンジン に 加えて プラットフォーム を 共通化 した 場合 でも

80 ~ 100億円 は 必要 だ と いわれる。


販売 しながら この 開発費用 を 償却 していくわけだが

予想外 に 売れ行き が 伸び悩むと 収支 を 合わせるまで の 販売期間 が 長引く。


RVR の ように 長く 売り続ける クルマ の 中 には 一定 の 台数 に 満たないため

販売期間 が 伸ばされている 車種 も ある。







そうそう 過去 には 「 ローデスト 」 に なったこと も あったっけ。 現行 RVR の 頑張りよう に 涙 が 出そうです ……



このように いろいろな 事情 で RVR は 販売 を 続けている。

新型車 が 次々と 発売 されれば 好ましいが そうもいかない場合

設計 の 古い 売れ行き の 下がった 車種 が 重要 に なること も ある。


とりわけ 三菱 は SUV を 主力商品 と して ブランド の 再構築 を 図っているため

RVR は 絶対 に 省けない。


三菱 の 悲喜 こもごも を 背負いながら

今日 も RVR は 大切な 三菱ファン の 元 に 届けられている。









この 記事 の ソース は   こちら







Posted at 2018/09/23 09:47:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 三菱自動車 関連情報 | 日記
2018年09月22日 イイね!

2019 Mitsubishi ASX : Brasil ・・・・

2019 Mitsubishi ASX : Brasil ・・・・











ブラジル三菱 ( MMCB : MMC Auto motores do Brasil Ltda.) は

ブラジル に おける 車両組立委託先兼販売総代理店 である

MMC Auto motores do Brasil Ltda. ( MMCB ) カタロン工場 で 生産 される

現地生産 モデル

2019 モデル ブラジル仕様 ミツビシ ASX  を リリース しました。






2019 モデル ブラジル仕様 ミツビシ ASX は

他地域仕様 と 同様 の フェイスリフト が 実施 され

エタノール燃料 でも ガソリン と エタノール の 混合燃料 でも 走行可能 な

FFV = フレキシブル ・ フューエル ・ ビークル 仕様 と なった

2.0 ℓ 直4 DOHC 16V MIVEC 4B11 エンジン 搭載 モデル が

継続 して ラインナップ されています。









また エクステリア では アロイホイール が

2017 モデル CY 系 ミツビシ ランサー 純正 18インチ と 同意匠 の もの が

2018 モデル と 同様 に 装備 されています。


















2019 モデル ブラジル仕様 ミツビシ ASX の 詳細 に ついては

こちら   を 参照 下さい。









































【 MMC Auto motores do Brasil Ltda. ( MMCB ) : Press Release 】 


19/09/2018

Mitsubishi ASX ganha novidades na linha 2019

O Mitsubishi ASX é a combinação perfeita do 4x4 com a versatilidade. O motor bicombustível e todas as praticidades e comodidades para o dia a dia fortalecem ainda mais sua personalidade exclusiva.

O visual imponente e equilibrado ganhou novos elementos na linha 2019. A agressiva e robusta parte dianteira Dynamic Shield recebe nova grade que está em perfeita sintonia com o detalhe cromado na grade do radiador e o acabamento central do para-choque dianteiro que agora é prata ou preto, dependendo da cor do veículo.

Outra novidade está nas luzes DRL em led, que estão integradas ao para-choque, reforçam a segurança e dão um toque a mais de sofisticação. A parte traseira também ganhou novidades e está ainda mais robusta com o acabamento cromado na tampa do porta-malas e novo para-choque com lentes refletoras integradas.

Aliado ao novo visual estão as rodas diamantadas de 18”, equipadas com pneus “verdes” ecológicos de baixa resistência ao rolamento 225/55 R18. O visual ainda é reforçado com as molduras nas caixas de roda, que deixam o conjunto muito mais sofisticado. Para completar, a antena Shark do tipo barbatana de tubarão confere um design esportivo e aerodinâmico, além de melhorar a recepção do sinal de rádio.

“Ao lado do Outlander e do novíssimo Eclipse Cross, o ASX compõe a família de SUVs da marca dos três diamantes. É um veículo versátil, graças ao motor flex, dinâmico e robusto com a opção da tração 4x4, e traz a modernidade de uma central multimídia que permite a interação com os sistemas Carplay e Android Auto, ampliando as possibilidades de entretenimento. É prático para o dia a dia e ótimo para as aventuras outdoor aos fins de semana com a família”, garante Reinaldo Muratori, diretor de planejamento da Mitsubishi Motors.

Equipado com motor MIVEC Flex 2.0L, o ASX tem 170 cv e 23 kgf.m de torque quando abastecido com etanol. Graças ao sistema de partida a frio com QuickStart System sem reservatório, apresenta baixos níveis de emissão de poluentes.

O design inteligente permite ao modelo ser compacto por fora sem comprometer o bem-estar a bordo. E ele é prático em todos os momentos: as versões AWD são equipadas com diversos itens que facilitam o dia a dia, como sensor de chuva e acendimento automático dos faróis, botão Start & Stop, que permite o acionamento do motor com apenas um toque, sistema keyless com sensor de aproximação e espelho retrovisor externo retrátil, que é acionado automaticamente quando o veículo é travado. Para ampliar a sensação de liberdade, há opção com o Sky View, um moderno teto panorâmico de vidro, além dos faróis de xênon com regulagem automática e lavador.

Para garantir ainda mais segurança, tanto na cidade, como na estrada, todas as versões são equipadas com controles de tração (ATC) e estabilidade (ASC), garantindo segurança e conforto, principalmente em estradas, serras e pisos escorregadios.

Outra praticidade é o Hill Start Assist, um recurso muito funcional para o dia a dia, que não deixa o veículo se movimentar para trás ou para frente nas partidas em subidas e descidas. O ASX é equipado também com o moderno sistema TPMS (Tire Pressure Monitoring Systems), que monitora a pressão dos pneus e indica no painel do carro quando é necessário fazer a calibragem.

O volante, além de funcional com comandos de voz, telefone, áudio e piloto automático integrados, compõem o visual da parte interior, com acabamento cromado e black piano. O modelo ainda pode ter o interior bege como opcional, que traz ainda mais requinte e sofisticação.

O sistema multimídia é moderno e conectado com tela Touch Screen capacitiva de 6,75“ e equipado com os mais modernos recursos de compatibilidade com smartphones, como Apple CarPlay e Google AndroidAuto com comando de voz, rádio AM/FM, MP3, bluetooth com áudio streaming e conexão USB.

Potência e tecnologia
Com o verdadeiro DNA 4x4 da Mitsubishi Motors como item de série, o ASX tem sistema eletrônico para acionamento da tração. Com um simples toque no botão localizado no console central, o motorista pode optar por conduzir o veículo em 2WD, para uso urbano e que proporciona mais conforto e economia de combustível; 4WD, para um uso mais esportivo, ideal para pistas sinuosas; e LOCK, que proporciona uma maior segurança em pisos com pouca aderência.

A transmissão CVT de 8ª geração High Torque Transmission tem menor escorregamento, garantindo potência, melhor aceleração, menos ruído e respostas mais rápidas e com mais eficiência, valorizando o prazer em dirigir. Com sistema sequencial Sports Mode e Paddle Shifters posicionados atrás do volante, permite a troca de marchas manual, deixando a sensação de dirigir ainda mais prazerosa. Além disso, o câmbio possui o exclusivo sistema INVECS III, que analisa o modo de dirigir de cada motorista, tornando as trocas de marcha adequadas ao gosto de cada um.

Aliado a tudo isso, o novo comando variável MIVEC do motor atua nas válvulas de admissão e escape, gerando uma melhora na curva de torque, que resulta em melhor desempenho, aliado à economia de combustível.

Inteligência para o dia a dia
Pensado para o conforto de toda a família, o ASX reúne as principais características de um SUV, como a posição elevada de dirigir, com o conforto de um carro de passeio. Tem bancos em couro com aquecimento nos dianteiros e regulagem elétrica para o motorista nas versões AWD.

O painel de instrumentos do ASX é requintado e eficiente graças à tela LCD colorida de alto contraste, computador de bordo com 12 funções e marcadores com aros prateados e iluminação branca.

O ASX é compacto e com grande espaço interno, graças ao amplo entre eixos de 2,67 metros, que facilita as manobras. O design com linhas laterais marcantes imprimem leveza, não deixando de lado a ousadia característica deste modelo. Tudo isso foi projetado para que o ASX tenha um baixo coeficiente de arrasto, de apenas 0,33, que garante melhor desempenho e economia de combustível.

O amplo porta-malas tem piso rebaixado, que facilita na hora de colocar e retirar as bagagens. E ainda há um espaço abaixo do piso, que não fica visível, para armazenar pequenos objetos. Ao todo, são 605 litros de capacidade.

Os bancos traseiros têm apoios de cabeça individuais e podem ser rebatidos parcialmente ou totalmente. A parte central conta com apoio de braço e abertura pass through, com fácil acesso ao porta-malas para pegar pequenos objetos. Ao todo, nove luzes de cortesia estão distribuídas no interior do ASX, que tem ainda três porta-mapas e seis ganchos para carga.

Segurança
Um dos destaques do ASX está na segurança. O veículo traz a tecnologia para proteção de pedestres, com para-lamas dianteiros em material plástico (Noryl) que ajuda a reduzir eventuais impactos. A estrutura é projetada sob o conceito RISE de deformação controlada e a coluna de direção e pedais de freio são colapsáveis. O ASX é equipado com sistema de freios ABS com EBD (Electronic Brake-force Distribution), que garante uma perfeita distribuição de força de frenagem entre as rodas dianteiras e traseiras, em todas as situações.

Aliado a este conjunto estão a suspensão dianteira independente McPherson, molas helicoidais, barras estabilizadoras e suspensão traseira Multilink, que garantem ao condutor maior controle do veículo, além de uma condução suave em terrenos irregulares.

A proteção para os passageiros é completa. Nas versões AWD são nove airbags: dois frontais para motorista e passageiro, dois nas laterais, quatro de cortina e um de joelho, exclusivo na categoria. Os ocupantes contam ainda com cintos de segurança dianteiros com limitador de força e assentos e encosto de cabeça protegidos do efeito “chicote”.

O ASX tem a relação peso/potência de apenas 8.3 kg/cv, o que se traduz em uma condução prazerosa tanto nas cidades, como nas estradas. É construído com estrutura “Ring Type” de alta rigidez, feita com chapas de aço delgadas de alta maleabilidade e baixo peso. No motor, o cabeçote o bloco são feitos em alumínio ultraleve. Todo esse conjunto foi cuidadosamente pensado e contribui para o baixo peso deste crossover, de apenas 1.420 quilos (2WD).

Tranquilidade nas revisões e garantia
Oferecido em três versões, ASX 2.0 AWD Flex + Teto + Xênon, ASX 2.0 AWD Flex e ASX 2.0 2WD Flex, o modelo está disponível nas concessionárias de todo o Brasil em oito cores: Prata Rhodium, Cinza Londrino, Prata Cool, Marrom Cacau, Azul Petróleo, Vermelho Rubi, Branco Fuji e Preto Ônix Pearl. O veículo tem três anos de garantia e a MitRevisão com preço fixo, que garante mais tranquilidade e comodidade aos clientes.

Valores
ASX AWD CVT Flex + TETO + XENON - R$ 130.990,00
ASX AWD CVT Flex - R$ 121.990,00
ASX 2WD CVT Flex - R$ 104.990,00




2018年09月21日 イイね!

インドネシア に おける 2018年 8月度 の ベストセラーモデル は ミツビシ エクスパンダー ・・・・

インドネシア に おける 2018年 8月度 の ベストセラーモデル は ミツビシ エクスパンダー ・・・・










ソース元 の インドネシア の メディア の ニュース記事 に よると

インドネシア自動車産業協会 ( Gaikindo ) が 発表 した

インドネシア に おける 2018年 8月度 の 自動車 販売 データ にて

ミツビシ エクスパンダー  が 堂々 の 1位 と なり

ベストセラーモデル と して リード している と しています。






インドネシア自動車産業協会 ( Gaikindo ) 発表 の

2018年 8月度 インドネシア に おける 自動車 販売 データ ベスト 20 に よると


堂々 の 1位 と なった

ミツビシ エクスパンダー の 販売台数 は 6,923 台
 を マーク。






また ベスト 20 には 以下 の 三菱車 が ランクイン しました。


・ 15位 ミツビシ コルト L300  2,318 台






・ 19位 ミツビシ パジェロ スポーツ  1,806 台






インドネシア自動車産業協会 ( Gaikindo ) 発表

2018年 8月度 インドネシア に おける 自動車 販売 データ ベスト 20 は

以下 の 通り に なります。







Posted at 2018/09/22 22:09:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 三菱自動車 海外事情 | 日記
2018年09月20日 イイね!

Fiat Fullback Cross Concept : IAA Commercial Vehicle Show in Hannover ・・・・

Fiat Fullback Cross Concept : IAA Commercial Vehicle Show in Hannover ・・・・










フィアット の 商用モデル 部門 の フィアット ・ プロフェッショナル は

ドイツ ハノーバー市 で 開催 される IAA 商用車 ショー にて

イタリア の チューナー Garage Italia 社 にて ドレスアップ された

ミツビシ L200 ( = ミツビシ トライトン ) の

フィアット向け OEM モデル ベース の コンセプトモデル

フィアット フルバック クロス コンセプト  を 出展 します。






フィアット フルバック クロス コンセプト は

メタリック グリーン + ブロンズ カラー の オリジナル の ツートーン カラー を 採用 し

ブロンズカラー ドアミラー / クロームドアハンドル

17インチ マットブラック アロイホイール + オフロードタイヤ の 他

内装 は ブラウン + ブラック の オリジナル の 意匠 と なっています。


















2018年09月19日 イイね!

マレーシア に おける J.D. パワー 顧客満足度調査 2018 において 三菱自動車 が 1位 を 獲得 ・・・・

マレーシア に おける J.D. パワー 顧客満足度調査 2018 において 三菱自動車 が 1位 を 獲得 ・・・・










マレーシア に おける

自動車 メーカー / ブランド の 評価 ・ イメージ ・ 消費者 の 商品選択 に

大きな 影響 を与えている  J.D.パワー 顧客満足度調査 2018 にて


三菱自動車 が 顧客満足度 で 堂々 の  1位  

獲得 しました。




詳細 に ついては J.D.パワー が 発表 した   こちら   の

プレスリリース を 参照 下さい。







Posted at 2018/09/20 15:01:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 三菱自動車 海外事情 | 日記

プロフィール

「悲劇 の ヒロイン か !? 隠れた 名車 か !? 三菱 RVR は なぜ 生き続けるのか ? : ベストカー Web ・・・・ http://cvw.jp/b/227005/41977719/
何シテル?   09/23 09:47
三度のメシより 三菱のクルマが好きな三菱バカです。 特に日本仕様と細部が微妙に あるいは全く異なっていたり 日本でリリースされていないなどの 海外仕...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

お友達は、現在募集しておりません。

Myファン登録の方にて、お願い致します。
175 人のお友達がいます
mario0470mario0470 * ごくう@浜名湖ごくう@浜名湖 *
石狩港302石狩港302 * えとぅえとぅ *
コルトロコルトロ * MIRUTHIMIRUTHI *

ファン

439 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 RVR 三菱 RVR
僅か 8ヶ月 しか 販売 されなかった ダイナミックシールドフェイス の 2017 ...
三菱 ギャランフォルティス 三菱 ギャランフォルティス
三菱自動車 の スポーツセダン CY4A ミツビシ ギャラン フォルティス が 再 ...
三菱 ギャランフォルティス 三菱 ギャランフォルティス
DBA-CY4A 三菱 翼神 2.0 致炫版 旗艦型 ( 中国仕様名 )  浅緑金 ...
三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
7台目 の 愛車   11年式 GF-EC5A ミツビシ ギャラン VR-4 typ ...
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.