• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

prion_kutaのブログ一覧

2018年05月19日 イイね!

ジャンボリーTシャツ

ジャンボリーTシャツ今年のカングージャンボリーのオフィシャルショップで子供用に黄色いジャンボリーTシャツをゲットしたのですが、デザインが子供の心にフックしたのか、早速娘2人揃ってジャンボリー明けの1週間に2回学校に着用して行きました。

で、週末は住んでる街のフリーマーケット出店に2人揃って着用。
ジャンボリーTシャツ、かなりのヘビーローテーションで、夏が終わる頃にはボロボロになっちゃいそうな勢いです....



ジャンボリーTシャツ、学校などで誰かに何か言われなかった?と娘達に聞くも、「何にも~」とつれない返事で、まぁそんなもんかと思いつつもちょっとがっかり....

Posted at 2018/05/20 22:48:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月13日 イイね!

カングージャンボリー2018

カングージャンボリー2018
カングー乗ったらジャンボリーでしょうって事で、初カングージャンボリーに行ってきました。

当日の様子がイマイチ分からないので早めに会場入り出来る様に前日入りです。
山中湖近辺は混みそうだったので、少し離れた忍野八海近辺に宿を確保しましたが、この近辺の宿には、カングーは確認出来ず。






昼過ぎに宿に到着したので、行った事がなかった忍野八海を少し散策。
底まで見える湧池を恐々覗き込む娘2人。
alt

ジャンボリー当日、宿で朝食を早目に用意して貰い7時ちょい前に宿を出発。
会場までの道は渋滞しているかと思いきや、すんなり7時ちょい過ぎに駐車場入り口に到着。
カングー専用駐車場に入ったところで、車に乗ったまま受付をして駐車場に案内される。
この時間ならば、”原っぱ”駐車場に入れるかと思ったのですが既に満車で、”広っぱ”駐車場に回されました。
”広っぱ”には車を入れ始めたばかりだった様で、メイン会場近くの場所に駐車できました。

この場所なら自分の車を探すのに苦労はしなさそうでしたが一応、娘作成目印用の旗をアンテナに設置して早速会場へ。
alt

会場には色とりどりのカングーがびっしり。この色のカングーも良かったかなぁ等と思いつつ、フリマ、オフィシャルショップを物色。
alt
 
集合写真撮影、早目の昼食後、チャリティーマカロンをゲット。アプリコットのマカロンはなかなか美味しかったです。
alt

昼近くになって、予報通りに小雨が降り始めたので早々に帰りの支度。
12時過ぎに会場を出発するも、出口渋滞で”広っぱ”駐車場から413号に出るまでに30分くらい掛かりました。途中、談合坂SAに寄って途中の首都高で大雨に降られつつ3時くらいに自宅に到着。


参加された皆さんも大雨に降られたと思いますが無事にたどり着けたでしょうか。

以下、今回ゲットした品々。


上の娘はフリマでカングースタンプを買ってましたが、下の娘は何故かドラえもんの漫画を2冊ゲット(笑)
alt

私はスタッドレス用に鉄っちんホイールを格安でゲット。
こんな大物買う予定では無かったのですが....勢いで購入....
alt

Posted at 2018/05/14 22:23:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2018年05月02日 イイね!

クルーズコントロール

クルーズコントロールクルーズコントロールを初めて体験したのは、もう20年以上前の話ですが学生の頃にアメリカ旅行で借りたレンタカーでした。2時間も3時間も一度もハンドルを切る事が無い真っ直ぐな道を走り続けるには、こういう機能が必要なんだなぁと実感しました。

クルーズコントロールが付いた車を初めて所有したのは4台前のAlfa147の時なので、かれこれ15年も前になります。

MTでクルーズコントロールってどういう事?とその当時は思いましたが、使ってみると特に高速道路では意外に便利。

その後、クルーズコントロール無しでは生きられないカラダになってしまいました(笑)。

なので、車選びでクルーズコントロールの有無は大きなポイントになっています。

カングーアクティフはクルーズコントロール無しだと思って、選択肢から除外していたのですが後期のものには装備されていた様ですね。

カングーに装備されているクルーズコントロールは、機能としては20年前以上に経験したものと変わりませんので、最近の車に装備されているADAS(先進運転システム)ベースのクルーズコントロールと比較すると古さは否めません。
alt


前車のBMW225iに装備されていたクルーズコントロールは、いわゆるアダプティブクルーズコントロール(ACC)というやつで、これは非常に快適でした。
alt

ACCは、車速を設定速度と前車との車間距離でコントロールして、車両の停止まで制御してくれます。
前に車が居ない場合は設定速度をキープ、前に設定速度より遅い車が居る場合は設定車両間隔をキープ、前の車両が停止したら停止という制御です。

BMW225iで2回、高速道路使ってスキーに行きましたがACCのおかげで非常に楽ちんでした。高速道路は殆どアクセルもブレーキも踏むこと無く走り切れます。

ACCではないクルーズコントロールの場合は、単に速度をキープするだけなので、前に遅い車が居るとクルーズコントロールの解除、もしくはスピード制御が必要ですが、その必要が無いだけでかなりの負担低減になります。もちろん過信は禁物なので常に運転に介入出来る様にしておく必要はあります。

ACCは当然ATであってこそ成せる技なのですが、MTでも同様の機能は出来ないものか?と調べてみると、ホンダのフィットRSが実現してました。

https://response.jp/article/2017/08/01/298128.html


フィットRSの機構、MT乗りにとっては理想的ではないでしょうか。

是非カングーにも採用して欲しい!

んが、最新のメガーヌEDCですらACCが装備されていないルノーの状況では次のモデルチェンジでも望み薄ですね....

Posted at 2018/05/02 15:30:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年04月27日 イイね!

BMW225i 8速スポーツAT

BMW225i 8速スポーツAT
いや、BMW225iは良く出来た車でしたよ、ホントに。

BMWらしいボディー剛性、M-Sports仕様のイカしてる内外装、広い室内と荷室に先進の安全装備。
広いグラスエリアとセミコマンドポジション(少し高めのシートポジション)から得られる開放感。
2Lターボの力強いエンジンに加えてxDrive。
これ以上望むものは無いデキでした。



これで、MTだったら2ヶ月で手放すような事は無かったと思います、きっと....

んで、今回は225iに装備されていた8速スポーツATの話。

8速スポーツATは、アクティブツアラー販売開始時は、225iにか装備されていなかったAT。
今は、全てのM-sports仕様に装備されてるみたいです。
8速スポーツATって何よって事で色々調べてみたところ、以下の様な特長がある様です。

- DCT (Dual Clutch Transmission)ではなくトルコンAT
- 全ギアでロックアップ
- 変速時間が高速化
- オートブリップ機能付き

スポーツなのに何故DCTじゃないのか?ベンツのB180もDCT(7速)だったのに時代に逆行してるんじゃないの?と調べてみたところ、

- DCTのコストが高い
- DCTのシフトショックが大きいので高級車には合わない
- トルコンATが多速化されて かつロックアップするので効率が良くなりDCTのメリットが薄くなった

という事らしい。

BMWはDCTに見切りを付けたのか、最新のM5はDCTでなくトルコンの8速ATになっちゃってます。
http://www.webcg.net/articles/-/38634
こちらは、225iに装備されている8速スポーツATとは別モノだとは思いますが...

さて、
気になる8速スポーツATの(あくまで私の主観的な)フィーリングですが....走行モードでかなり違います。

●ECO Pro, Comfortだとシフトショック低減のためにギアの繋ぎをゆっくりやっている様で、かつ8速も あるので1速変わったくらいでは変速されたのが分からないくらいスムーズ。良く出来てます。
シフトダウン時に、オートブリップしてるんでしょうけど、1速ダウンするくらいではさっぱり分かりません。

●Sportだと、ガツンとギアが繋がる様になります。加速時も普通のトルコンATにありがちなクラッチが滑る様な感はなく、ダイレクトに加速するのでロックアップしてるのかな?と感じられます。
オートブリップは、相変わらず1速程度では分かりませんが、2速、3速飛ばすとやっているのが分かります。でも、3速飛ばすと合わす回転の計算に時間がかかるのか? ちょっとタイムラグが大きくなる様に感じました。
シフトチェンジは、きっとMTでやるより早いんでしょうけど、変速動作がボタン押すだけの操作で少ないためか、何となくタイムラグを感じてしまいます。
DCT だともっと早いんでしょうね、多分。

●ATモードでもパドルシフトでのシフトチェンジは受付ます。
alt
パドルシフトで変速後、しばらく(20秒くらい?)放置しておくとATモードに戻ります。
マニュアルモードに入れると基本勝手にシフトチェンジはしなくなりますが、回転数が下がりすぎ、上がりすぎの場 合は車が判断してシフトチェンジします。なので、マニュアルモードでもレッドゾーンに入ったり、エンストする事 はありません。

ATモードで勝手にシフトチェンジされるのが嫌で、マニュアルモードで運転してたりしましたが、結局思う様に扱えませんでした。

ゲームセンターの自動車レースゲームをマニュアルモードでやっている感覚に似てると言うのか...
あのゲームをマニュアルモードで上手にやれる人は、この車のATのマニュアルモードでも楽しく運転出来るんでしょうね。

残念ながら私にはどうやったら上手に運転出来るのか分かりませんでした。
いわゆるセミATで運転されている方は、一体どうやって運転しているのでしょうか??

という事で、
教訓:ATはATモードで運転すべし、ATに逆らってはいけない...(笑)。

Posted at 2018/04/27 23:33:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2018年04月20日 イイね!

BMW225i 走行モード

BMW225i 走行モード今ドキのBMWは走行モードスイッチというのがあって、ECO PRO, Comfort , Sportという3つのモードが選択出来ます。
デフォルトは、Comfortで他のモードに設定していてもエンジン停止するとリセットされて必ずComfortに設定されます。

3シリーズでは、足回りの設定も変わる様ですが、225iではエンジン、シフト関係のモード設定の変更だけです。
カタログ燃費の数値(JC08モード14.6km/L)は、ECO PROモードのものと思われます。

アイドリングストップは3つの全てのモードで有効ですが、コースティング機能だけはECO PROモードだけで機能します。

コースティング機能は、時速60km/h以上で走行時にのみ起動。時速60km/h以上でアクセルペダルを離すとギアをニュートラルに入れて空走モードに入り燃費を稼ぎます。タコメーター見てるとアイドリング時の回転数に落ちるので、コースティングに入ったのが分かります。アクセルもしくはブレーキを踏むと再びギアが繋がります。

各モードでの(あくまで私の主観的な)印象ですが。。。

●ECO PROモード
エンジンふけ上がりが鈍くなり、ギヤチェンジもゆっくりになります。パドルシフトでのギアチェンジも受付けますが、えらい反応悪いです。
このモードは、車なんてカローラで良いわって言う奥様向け。BMWのエンジンの良さは全く分かりません。このモードで満足ならば、BMWを買う必要無いと思います。

●Comfortモード
エンジンふけ上がり、ギヤチェンジの反応もまぁ我慢出来るレベル。カローラからマークIIに格上げになったくらいでしょうか。
このモードでも割とさっさとシフトアップするので、よっぽどアクセル踏み込まないと回転数上がりません。キックダウンの反応、パドルシフトでのギアチェンジの反応もイマイチ。

●Sportモード
エンジンふけ上がり、ギヤチェンジの反応も俄然良くなります。パドルシフトでのギアチェンジの反応も良く、ガツンとショックが出ます。キックダウンの反応もこちらの感覚とのズレが少なくなります。
ATモードでも選択するギアが低めになり、他のモードに比べて高い回転数で走る様になります。つまり燃費悪いって事ですが....。
このモードでようやくBMWらしいエンジンが味わえます。マークIIからスープラに格上げになった感じでしょうか。このモードでMTモードにすると、225iでもミニバン(?)とは思えない走りが出来ます。でも、ギヤチェンジする楽しみが無く、スピード出すしかないので速くて危ないです。

MTであれば、ECO PRO, Comfort ,Sportに相当する運転を自分で選んだギア、シフトワーク、アクセルワークでダイナミックに実現出来るわけで.....そういう意味でも、やっぱりATはどうかなと思います。
Posted at 2018/04/20 22:50:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

クタです。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

C/A Sport ドアカップホルダー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/24 22:21:09
不明 アウディ用 
カテゴリ:ホイール
2018/05/20 22:53:25
社外ホイール取り付けについて 
カテゴリ:ホイール
2018/05/20 22:27:02

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー カングー ルノー カングー
ようやくカングーにたどり着きました。 たどり着くまでの紆余曲折はこちら(関連情報URL ...
BMW 2シリーズ アクティブツアラー BMW 2シリーズ アクティブツアラー
BMW X3がラジエータートラブルのため、必要に迫られて中古で購入。 良く出来た車でした ...
BMW X3 BMW X3
X3 2.5i LHD 6MT アメリカ赴任中に購入した車。 当時、フランス車、イタリア ...
ヒュンダイ アクセント ヒュンダイ アクセント
Hyundai Accent LHD 5MT BMW X3をドイツ本国発注したので納車ま ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.