• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

37 Kenのブログ一覧

2020年03月26日 イイね!

ドライビングポジション改善(続編)

ステアリング周りが一段落して、その間に落札していたフルバケを装着するために動き始めました。

先週、YRSの2daysスクールに参加して丸一日富士のショートコースを走り(人生初の自車でのサーキット走行!)、やはりシートのホールド感がもう少し欲しいと感じました。

レカロはメガーヌ3用の純正シートレールがないので、取り付ける際はショップオリジナル品となるようです。つまり、そのままでは車検は通らないということですね。
みん友のるのるのさんがアップされていた情報から、今回のシート取り付けは名古屋のBoleroさんにお願いすることしました。

早速シートを持ち込んでポジション合わせ。Boleroさん手持ちのサイドアダプタでフルバケを仮付けして上下や座面の傾きの好みを伝えます。そのデータをもとにサイドアダプタを製作してもらい、取り付けとなります。せっかくなのでラップベルトとクロッチベルトのアンカーも付けてもらうことにしました。
ちなみにベースレールは純正を流用しますので、純正シートに戻す際はベースレールをフルバケから外して付け直す必要があります。

懸案だったエアバッグキャンセラーは自分で情報を集めて処理をすることにし、これまた流用する純正のシートベルトのバックルは装着確認の配線がきているので、カプラーで抜き差しができるように自分で改造をしておきます。

せっかく名古屋まで出かけたので、帰りにマルツに寄ってアイドリングストップキャンセラーのためのパーツを入手してきました。タイマーICを使ってIGNオンの時に自動的に一度スイッチ操作をするような形でキャンセルを試みます。
Posted at 2020/03/26 10:06:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | メインテナンス | クルマ
2020年03月08日 イイね!

ステアリング周りの作業一段落

ステアリング周りの作業一段落ステアリング周りの作業がとりあえず一段落しました。

このテストとは別に高速道を走る機会があったので、クルーズコントロールスイッチ類のテストも行い、問題なく作動することが確認できました。

セミディープコーンタイプのステアリングと、厚さ20mmのスイッチプレートとで相まってポジションはかなり手前に近づいたので、いい感じにすることができました。あとは細かく詰めていって、必要ならばもう少しスペーサーをかませるようにするかもしれません。

ステアリングホイールを手前に持ってくることで、コラムについているレバー類の操作がしにくくなることは想定済みでした。ステアリングに手を置いた状態ではウインカーを空振りすること多数、ワイパー操作は手を放してレバー操作をする感じです。

ひそかに手に入れていた他車用のシフトパドルでウインカー操作をするという案も考えていたのですが、やや大げさすぎるのとウインカーのキャンセルがステアリングを戻してもできなくなるので昔の2輪のように自分でオフにする必要があるので、これは(当面)見送りです。

今回の作業で、一番改善点がありそうなのがシフトインディケーターです。

何よりも問題だったのは「超高輝度LED」を付けたせいで、夜間はあまりにもまぶしくて困ることでした。LEDを光らせるLM3914は抵抗値で輝度調整ができるとあったので、その値をあれこれいじりましたが、一番まぶしくて困っていた緑色はほとんど輝度が変わりませんでした。最初につけていたものが20mAで18000mcdのものだったので、20mAで4500mcdに変更しましたが、正面から見た時の明るさはあまり変わったように感じられません。おそらく真正面に放射される光束の強さ自体はあまり違っていないのかもしれません。
このままでは夜間使うのには難ありなので、手持ちのウインドウフィルム(可視光透過率5%)を貼ることで対処しました。

エンジン回転数のパルス信号はLM2917で0-5Vの電圧信号に変換して順次LEDを点灯させるようになっています。回路の220kΩの半固定抵抗で6250rpmあたりで5Vとなるように調整しますが、今回のものではほとんど抵抗を下げ切った近辺で使うことになりました。調整のしやすさを考えると10kΩあたりの半固定抵抗を使うほうがいいのかもしれません。
また、メガーヌはスポーツモードにするとアイドリングが1200rpmあたりまで上がるので、その状態ですでにLEDが点灯しています。したがってLM3914の回路をいじって10個のLEDが1500-6250rpmの範囲で順次点灯するように改良をしたほうがいいのかもしれません。これは固定抵抗と半固定抵抗を追加して少し回路を修正することで対応できるようです。いずれ時間のあるときにトライしてみたいですね。
あとは時定数の問題かもしれないのですが、半固定抵抗でLEDの点灯回転数をいじる際は停車した状態でアクセルをふかしながら回転数をホールドして設定しますが、実際は過渡応答の状態で使うために設定時よりも上の回転数用のLEDがとうとうしない感じがします。特に5000rpm以上はエンジンの吹き上がりが早いのであっという間に回転数が上がってリミッターに当たりますが、その回転数上昇スピードにLEDの点灯が追い付いていないようです。
回路もしくはICと特性の問題なのかもしれませんが、時定数のいじり方があまりわからないので、やはりついている半固定抵抗を念入りに設定することで対応するのが現実的かもしれません。

やってみてわかったことがたくさんありましたが、総じていい感じにはできたと思っています。スイッチプレート周りの工作が大変なので万人にお勧め、とはなかなか言えませんが、電気系に関してはずぶの素人の私でもなんとか時間をかければ完成にこぎつけられたので、関心のある方に少しでも役立つ情報になればいいですね。
Posted at 2020/03/08 12:55:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | メインテナンス | クルマ
2020年03月01日 イイね!

ドライビングポジション改善プロジェクト

メガーヌに乗り始めて1年半ちょっと過ぎましたが、未だにその楽しさは減ることがなく満足です。

ただひとつ、手に入れたときから気になっているのがドライビングポジションです。
身長があまりなく手も短い私にとって、ペダルでシート位置を合わせるとステアリングが遠くなってしまうのでかなりシートバックを立たせないといけません。おまけにステアリングが寝ている感じ(上側が前に倒れている感じ)なのでステアリング上端が遠く、大きくステアリングを切ると下側に行った手もクロス手前ではどうしても離れがちです。

メガーヌに関して色々アドバイスをもらっているYさん曰く、「仕方がないから、送りハンドルも使いながら自分を合わせるより他にありません」ということだったけれど、やはり気になる・・・。

dragonpukuさんの整備手帳にアップされていた情報に勇気付けられ、わからないところを教えていただくこともできたので、いよいよステアリング周りの交換から着手することにしました。
せっかくなのであれこれ盛りだくさんにしてしまい、まだ全ての作業は完了していませんが、なんとなく目処がついてきたので少しずつ作業内容を公開していこうと思います。

主な内容は、
・ステアリングチルトポジション変更
・ハザードスイッチ増設
・R.S.スイッチ増設
・シフトインディケーター/スイッチパネル制作
・ステアリング交換
という流れになっていきます。

あくまでも自己責任ということで、これから公開していく情報が元でトラブルが発生しても私の方で責任を負うことはできませんことをご理解ください。
その上で、有用な情報として皆さんとシェアできればと思っています。
Posted at 2020/03/01 07:49:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | メインテナンス | クルマ
2020年02月12日 イイね!

Eco Car Cup初参加

Eco Car Cup初参加Eco Car Cup 2020に参加してきました。

「いずれはサーキットを」と思いながら未だに実現していなかったのですが、いろいろとお誘いを受けて、「初心者でも大丈夫ですから」という言葉を真に受けて軽い気持ちで参加してしまいました。

決められた時間以上での走行が必要で、ドライバーはもちろんのこと同乗者もスピードやタイムを伝えるために、なかなかの緊張感でした。
初サーキット走行はタイム合わせと周りの車両との位置関係を考えながらのラインどり(?)で頭がいっぱいで、肝心の低燃費走行まで気が回らず。
他のメンバーの頑張りで、着順はクラストップでしたが燃費面で抜かれてしまって残念ながらクラス優勝は逃してしまいました。

チームのリーダーやメンバー、仲間たちに支えながら実に楽しい雰囲気での初イベントで帰り道はついつい笑みがこぼれていました。

これを機会に、今年は頑張ってサーキット走行デビューをしっかりしていきたいですね。

チームの皆さん、ありがとうございました!
Posted at 2020/02/12 13:39:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | レース | クルマ
2020年01月26日 イイね!

WRC開幕

ダカールラリーが終わり、いよいよWRC開幕でモータースポーツも本格的にシーズンインですね。

シトロエンの撤退で2強対決となってしまったのが残念ですが、競争力不足で昨年は悩んでいたオジェがヤリスを手に入れてどう戦うか、念願のドライバーチャンピオンを獲得してヒュンダイに移籍したタナックが新しいチームでどんな走りを見せるのか、興味は尽きません。

そんな中、金曜日にショッキングな映像が。



ヒュンダイのタナックが180km/hで走行中にコースオフ。車はなんども前転しながらようやく停まりました。もちろん車両は大破しましたが、ドライバー、コドライバー共に大きな怪我はなく、一晩病院で様子見ののち、翌日にはサービスパークに戻ってきて「次のスエーデンに向けて準備が楽しみ」と話していました。

レースそのものはトヨタが好調で、オジェとMスポーツから移籍したエバンスがいい感じでドライブしています。

毎日のハイライトをredbull.tvで見ることができるので、楽しいですね。
Posted at 2020/01/26 11:11:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | レース | クルマ

プロフィール

「ドライビングポジション改善(続編) http://cvw.jp/b/2989739/43849733/
何シテル?   03/26 10:06
37 Kenです。よろしくお願いします。 20代は車関係の仕事をしていて、初代CR-X Siのマイナー後のモデルに乗っていました。 山登りをするようにな...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

愛車一覧

ルノー メガーヌ ルノー・スポール ルノー メガーヌ ルノー・スポール
冬場の雪を考えてAWDで運転をして楽しいMT車を探していたけれど、なかなかピンとくるもの ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.