• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あおい☆のブログ一覧

2018年04月19日 イイね!

レヴォーグ北海道旅 09 -檜山~小樽-

レヴォーグ北海道旅 09 -檜山~小樽-レヴォーグ北海道旅 08 -渡島・檜山- の続き。

檜山地域にて、雨の中での車中泊となった。
北海道に上陸した日の夜も、かなり降ったなぁ。

さて、タイトル画像は、この日1つ目の
道の駅 [21. てっくいランド大成] の案内看板。

建物は小さかった。開館直後に、スタンプを押印! これで、道南エリア;14駅、完了♪

前回のブログで、北海道最南端の岬・白神岬 について書いたが、この道の駅から、
北西へ少し走った所に、北海道最西端の岬・尾花岬がある。
しかし、その岬へ向かう道路はなく、最西端付近の東側は、長いトンネルになっている。
最西端の碑等も設置されず、通ることもできないとは、最南端よりも寂しく、秘境感が ^_^;

岬巡りのみが目的ではないため、訪れるのは断念し、どんどん北上して行く。


2つ目の 道の駅 [20. よってけ!島牧]




上記の島牧は、この画像、左下。これまで訪れた道の駅は、青い★マークを付けた。
道の駅が点在しているが、う~ん…とりあえず、海沿いを走ろうか。




次は、3つ目の 道の駅 [103. みなとま~れ寿都]
駐車場側は、港。 道の駅の建物は ↑ のフォトアルバム画像に。




4つ目の 道の駅 [88. シェルプラザ・港]
道の駅の隣には、貝の形をイメージした建物の、「貝の館」がある。
ちょっと気になるが、ゆっくりと寄っている余裕がなく、外観を見たのみで。




5つ目の 道の駅 [14. いわない] 
道の駅の建物 ↑ と、駐車場とが離れている。
まず、駐車場にたどり着いたが、建物は?スタンプはどこ~!?と、探してしまった。
左の看板は、建物を見つけ、歩いて行ってから、気が付いたという ^_^;




そろそろ、お昼。以前、夫が食べたことがあるという、お寿司屋さん「勝栄鮨」へ。
ツーリングマップル 北海道 でも、紹介されている。
たまには少し、贅沢をさせてもらって… 生ちらし(上) をオーダー♪
様々な種類の魚介類を食べることができて、良かった (*^o^*)




「勝栄鮨」から少し走り、6つ目の 道の駅 [35. オスコイ!かもえない]
ベンチに座っているのは…





…!?



流木アート、「共に」というタイトルだそうで。 共に記念撮影、すべきだったかなぁ。


建物に入ると右手にも、流木アートが。動物は、カワイイ感じがするね。




この道の駅で、やっと、「ゆっくり走ろう北海道」のステッカーを見つけた!
どこにでもあるのかと思いきや、なかなか売っていない物なのだな、と。
旅の出発時に貼った物より、かなり小さめを探したが、そちらは売り切れのようで。



大きいサイズ、2段重ね。ゆっくり走ってはいるつもりなんだけど、更に…(笑)。


ゆっくり、と言えば、レヴォーグの燃費が、初めて見る良い数値!
そしていつの間にか、金トロフィーになっていた☆ あ、金色に見えないか ^_^;




神恵内(かもえない)の先には、悪天候でなければ、立ち寄りたかった場所があって。
国道229号線を左折すると…あっ、キタキツネ☆学生時代の北海道旅で見て以来かも。
カワイイけれど、触れるのは良くないし、ゆっくりと避けて通り過ぎた。




目的地の駐車場に到着。この日は、朝から曇りだったのに、ここで青空が♪




数年前にも訪れたことがある、積丹半島の神威岬。 岬の先端まで、片道30分位歩く。
チャンカレ…じゃなくて、チャレンカだよ。




少し登って行くと、門がある。先端まで行かなくても、門の先へ進めば、こんな景色が。
おぉ~、今日も綺麗な、積丹ブルー! 下はスマホで撮影。更に広角で撮れたらなぁ。






以前訪れた時には、こんな看板はなかったような。確かにここは、滑りやすい ^o^;




注意看板の多さに、ビックリ!してしまう。落下事故でも起きたのだろうか?




先端の、神威岬展望広場からの眺め。
青い空・青い海、どちらも綺麗な、ブルーのグラデーション!




神威岩も、くっきりと見えている。
前回と同じ位か、それ以上に美しい積丹ブルー…やはり、青い物には恵まれているのかな。




駐車場方面へと戻ろう。アップダウンのある道を、こんなにも、歩いて来たんだなぁ。



追加の画像は、フォトギャラへ。 → レヴォーグ北海道旅 -積丹町 神威岬-


駐車場横にある、レストラン・売店「カムイ番屋」にて、散歩後のおやつ。
「しゃこたんブルー」ソフトクリームを。 摩周湖で食べた「摩周ブルー」よりも、濃いめの青。




国道229号線に出ようと思ったら、また、キタキツネの姿が。先程と同じ子かな?
車に近寄って来た。後続車もいないし、停めて撮影。何か食べ物が欲しいんだろうけど、
「ごめんね、食べ物をあげることもできないのよ ^o^; バイバイ (´ー`)/~~ 」と言うと、
何となく雰囲気でわかったのか、離れて行った。




次に向かったのは、積丹岬・島武意海岸。




この低くて小さな、暗いトンネルを通って行くようだ。




トンネルを抜けた先には、このような風景が。ここも、海のブルーが綺麗!




そして、この日の最終、7つ目の 道の駅 [49. スペース・アップルよいち]
余市は何度も訪れており、右の余市宇宙記念館「スペース童夢」に、入館したこともある。
今回は、道の駅スタンプを押し、宇宙食を見たり、無料体験コーナーで体験をしたり。




お土産は、近くの柿崎商店で購入。




ここで、早めの夕食も。あまりお腹が空いていなくて、「ズワイガニのてっぽう汁」のみ。




食後、「余市川温泉 宇宙の湯」に浸かる。屋根の上のスペースシャトルが目印☆




この日のうちに、できれば小樽まで行っておこうかな、と。
イオン余市店、イオン小樽店にも立ち寄りつつ、車中泊する場所を検討した。

また天気が崩れて来たし、ちょっと疲れていたのか、小樽で写真は撮らなかった +_+
昼間、綺麗な積丹ブルーが見られたことを喜び、次の日にも期待しながら、就寝。
Posted at 2018/04/20 02:59:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛車レヴォーグで北海道旅☆ | 旅行/地域
2018年04月15日 イイね!

レヴォーグ北海道旅 08 -渡島・檜山-

レヴォーグ北海道旅 08 -渡島・檜山-レヴォーグ北海道旅 07 -八雲~函館- の続き。

タイトル画像は、北海道 道の駅スタンプラリー2017
スタンプブック 道南エリアの地図。
前回のブログでは、右上の緑の枠内にある5駅へ。
ちなみに先月(2018年3月)、亀田郡七飯町に、
新たな道の駅、[なないろ・ななえ] が誕生している。


さて、この旅のために自宅を出発してからは、1週間以上経過。
そろそろ、予備の着替えもなくなってきているし、洗濯しなければならない。

道南[渡島・檜山]では、やはり、函館の市街地で済ませておかないと、
あまり、お店(コインランドリー)がないかも知れない、と思っていた。
ちょうど函館のお宿には、洗濯機・乾燥機があったので、朝から洗濯を。
しかし、100円、更に100円と追加しても、なかなか乾かず、チェックアウトの時間が迫る!
もう少しカラッと乾かすには、車内で干すしかない ^_^;
シャツ用のハンガーは持参していたが、小物を干せるハンガー等も欲しくなり…
お宿を出て真っ先に、イオン上磯店へ行き、洗濯用品を購入。


函館朝市で海鮮等を食べたかったが、洗濯に追われて行くことができなかったし、
せめて何か、函館らしい物を食べておきたいなぁ、と。

初めて函館観光した際、食べるチャンスがなかった、「ラッピ」こと、「ラッキーピエロ」へ。
ここで、早めの昼食とした。
地元のお客さんが多いという、北斗飯生店(ほくといなりてん)。店内も独特の雰囲気。




メニューが多くて迷ったが、やはり好きな物を選んで…ポテト&ラッキーチーズバーガーを。



予想以上にボリュームがあって、満腹に (o^_^o)


食後、近くにある上磯駅へ立ち寄ってみると…




道南いさりび鉄道の、【ながまれ号】が☆ 紺色の車体、良いなぁ。




そして、前回のブログ、最後の一文。「以前から考えていた、大きなお楽しみが1つ♪」
とは…以前、お友達に教えてもらった場所を訪れること。

この日の、メインイベント!

北斗星の眠る里 ☆茂辺地 北斗星広場☆ へ。




広場の敷地内に建てられた「北斗軒」(HOKUTOKEN)は、薬膳中華のお店。




展示されている、北斗星の車両は2両。
火曜日を除く11時~18時、車内を見学できるので、火曜日を避ける日程にしていた。




車両の扉を開けてみると、中は土足厳禁になっていて、スリッパが置いてある。




ロビー室。懐かしいな。現在は、北斗星に関する資料等が置かれているが、
1回目の北斗星乗車時 は、深夜、一人用の椅子に座り、外を眺めていたなぁ。




思い出を自由に綴るノートや、募金箱もあった。
北斗星の維持・管理に少しでも貢献できれば…、と、私もささやかながら、募金した。




北斗星の車両の中から、自分の愛車が見られるなんて!嬉しいことだ♪






広場は少しずつ整備されているようで、お花が植えられている所も。
以前は、車両の真横に車を置くこともできたそうだが、現在、車はここまで入れない。




駐車場内の最も車両寄りの位置で、念願の、北斗星と愛車レヴォーグとの記念撮影☆



追加の画像は、フォトギャラへ。 → レヴォーグ北海道旅 -北斗星広場-


その後は引き続き、渡島半島の海沿いを走りながら、タイトル画像左側の道の駅を巡る。


この日1つ目の 道の駅 [116. みそぎの里 きこない]
ここは初めてではなく、2016年7月 青函の旅 2 で、訪れたことがある。




次は2つ目の 道の駅 [41. しりうち]
青函トンネルの出入口に最も近い、道の駅だ。



この写真のように、後ろの窓も開けながら走行。バーに洗濯物を吊るし、乾かしていた。


次は3つ目の 道の駅 [42. 横綱の里ふくしま]
道の駅の建物は、レヴォーグの後方。(↑のフォトアルバムの写真参照。)
隣接されている、「横綱千代の山・千代の富士記念館」に向かって駐車した。



近くには、「青函トンネル記念館」があり、青森側の記念館は訪れたことがあるので、
こちらも気になったが、見学するのは、もっと時間が取れる時にしよう、と。


更に南下して、北海道最南端の岬、白神岬に到達!




白神岬に、駐車スペースはあるが小さめ。
もう少し西へ走ると、白神岬展望広場が。こちらはスペースが広く、お手洗いもある。






展望広場から見た白神岬。 北海道最北端・最東端の岬と比べると、かなり寂しい ^_^;




最南端と言えば、北海道内では、一番南に位置する道の駅。
4つ目の 道の駅 [106. 北前船 松前]




この後は、北上して行く。
5つ目の 道の駅 [34. 上ノ国もんじゅ]
訪れた日の1週間ほど前から、改修工事で休館していたが、スタンプは押印できた。




予定外に少し立ち寄ったのは、道の駅ではなく、えさし海の駅。
開陽丸記念館は、まもなく閉まるところだったし、外観のみ。
海の駅、後に調べてみたら、現在は全国で163駅。日本一周して巡るのも、楽しそう♪






薄暗くなって来た。ぼちぼち、道の駅の閉館時間も気にしながら、走らねば…。

6つ目の 道の駅 [6. 江差]
記念撮影スポットとなっている、駐車場の看板しか、撮影していなかった ^_^;




7つ目の 道の駅 [19. あっさぶ]
海沿いではないが、上記の 道の駅 江差 からは9kmで、近かった。




そして最後は、8つ目の 道の駅 [25. ルート229元和台]



スタンプの置かれている売店・案内所の建物よりも、トイレの方が大きい。


ここは海抜40m。眺望が良いとのことで、もう暗いが、建物の裏手へ行ってみた。





↑海の上にある岩の形が、犬の後ろ姿のように見えるのは、私だけ!?
奇岩が何に見えるかは、人それぞれの感じ方や、角度にもよるかも知れない。


この日のメインは北斗星広場で、あとは海沿いを走りながら、道の駅を巡る、という計画。
どこまで進むかは決めていなくて、お宿は…ホテル レヴォーグ♪この旅では初の車中泊。
檜山地域辺りで、温泉や、車中泊できそうな場所を探す。

温泉は、道の駅のスタッフさんにも教えてもらった、「おとべ温泉 いこいの湯」へ。
シャンプーやリンス、石鹸の設置がないようなので、旅の荷物の中から持って行くことに。
向かう頃に雨が降って来て、気温も下がったが、温泉で温まった (*^o^*)


ハイドラの走行記録。最後の道の駅で、一旦終了。海沿いに道路がない所もあったが、
函館の市街地から、上磯、茂辺地、木古内、白神岬…と、渡島半島の南部を巡った。




道南エリアの道の駅は、あと1つだ!
次の日は、どこまで北上できるかな…と思いながら、眠りに就いた。
Posted at 2018/04/16 16:54:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | 愛車レヴォーグで北海道旅☆ | 旅行/地域
2018年04月09日 イイね!

レヴォーグ北海道旅 07 -八雲~函館-

レヴォーグ北海道旅 07 -八雲~函館-レヴォーグ北海道旅 06 -登別~八雲- の続き。

翌朝も、起きると空が明るく、良いお天気。
この日の最終目的地は、函館。八雲のお宿を出て、
まずは、内浦湾(噴火湾)沿いに南下して行く。
国道のパーキングから、北海道駒ケ岳が見えた。


今回の北海道旅では、できるだけ、北海道の外周道路を走行しておきたいのと、
立ち寄れそうな岬へは行ってみよう、と考えていた。
八雲から函館までは近道もあり、高速道路を利用すれば、更に早いのだが…。
道南エリアの道の駅は、ほとんどが外周道路脇にあって、走りながら巡れるし (^^)


1つ目の 道の駅 [23. YOU・遊・もり]



建物の奥には公園がある。ここは、短時間の滞在にして、次へ。


約10km先、2つ目の 道の駅 [62. つど~る・プラザ・さわら]




4階の展望ホールは、360度の大パノラマが楽しめる。 手前の山は、砂原岳のようだ。




伊達から室蘭の辺り。遠いので、画像が暗くて小さいが、風車や白鳥大橋も見える。




1階の物産館で、ブルーベリーソフトを。この絵の青さとは、ちょっと違った ^_^;




ソフトクリームを食べながら駐車場を見ていると、車が偶然、色別に並んでいて。
車種混合のオフ会のように思えてしまった(笑)。




次は、3つ目の 道の駅 [117. しかべ間歇泉公園] 




間歇泉は約12分間隔で、1回500リットルもの温泉が、約15mの高さまで噴き上がるようだ。
間近で見たら迫力がありそうだが、入場料が要るので、外から見るだけに…。




この直後、駐車場へ、みんカラに登録していそうな、カスタムされたお車が駐車。
休憩状態にしていたハイドラを再開してみると、『ハイタッチ~♪』
そのお車のオーナーさんも、私とハイタッチしたことに気付かれて、少しお話を。
北海道在住で、ハイドラを立ち上げながら、函館方面から外周を北上していて…、
私の車が南下しているのがわかり、ハイタッチするかな、と、思っておられたそうで。
こういうきっかけ・出会いも、あるのですね o(^^)o


その後は、4つ目の 道の駅 [113. 縄文ロマン 南かやべ] シンプルな外観の建物。




ここでも、ソフトクリーム。 その土地ならではの特色のある物は、食べておきたい。
クルミ入りにするか、北海道ミルク入りか。クルミ・ミルクのミックス?
くるみが大好きな私は、もちろん、「じょうもんクルミソフト」を選択☆



そろそろ昼食も食べたいが、近辺のお店は、昼間に中休みがあるそうで、断念。
次のお目当ての場所へと向かう。


岬巡りの1つとして、亀田半島の東端にある、恵山岬にやって来た。
白亜の恵山岬灯台は、「日本の灯台50選」にも選ばれているのに、観光客の姿はない。




灯台資料館があるようなので行ってみたが、2016年4月から、閉鎖中!?残念。
それもあって、他に誰もいなかったのかしら。




しかも、この半島の最東端辺りは、道路が途切れていて、通り抜けることができない。
来た道を戻り、再び国道278号線へ出て、5つ目の 道の駅 [61. なとわ・えさん] へ。






屋上のボードデッキからは、恵山や津軽海峡が見渡せる。




更に国道278号線 恵山国道を走り…北海道と本州との最短地点辺りで、下北半島を望む。




このコンクリートアーチ橋梁は、未完の鉄道路線、旧戸井線の一部。
老朽化が激しいようで、いつか解体されるのかな。上の方に見えるのは、汐首岬灯台。




引き続き走っていて、左の黄色い看板は、工事中のお知らせかな、と思ったら…



“馬”出没注意!? 熊ならば、聞いたことがあるけれど。さすが北海道♪


函館空港を通り過ぎ、イオン湯川店で休憩。
ここから、すぐ函館のお宿には向かわず、七飯方面へと北上することに。

実は、私のレヴォーグのステアリングとシフトノブとのワンオフ青革巻き替えは…
北海道にあるショップで、施工してもらっていました。




そのショップとは、CAR WASH SERVICE 888 (スリーエイト)さん。



旅のついでに、お店を訪問させて頂きました。 ステアリング&シフトノブの里帰り♪
車のこと、北海道のこと、旅について等、様々なお話で盛り上がって、つい長居を。
私のレヴォーグを見て、「青色への拘りが、すごい!!」と、驚いて下さいました。
当日の急なお願いでしたが、ご対応、ありがとうございました m(__)m


函館のお宿にチェックインして、函館市電でお出掛け。
2017年12月の旅のフォトギャラ、 冬の道南・函館旅 -冬の函館市電- にも載せた、
函館駅前の電停。この時は、駅前のHOTEL ルートイン、文字が消えていない。




初めての函館観光は2016年7月 青函の旅 3 で、この時(2017年9月)が2回目。
今回は、函館山からの夜景が見たいなぁ…と。この日は快晴で、期待できそうだ。

ロープウェイで上って行くと、やはり、視界は良好!
写真は、どれも綺麗には撮れなかったが、実際は、もっとキラキラして美しい…☆

ロープウェイを降りて左手に進んだ所は、津軽海峡や函館空港の辺りもよく見える。




更に高い位置の、展望台から。



山頂には1時間程の滞在で、そろそろ下って、食事にしよう、と。


ロープウェイ内にて。上って来るロープウェイの、イルミが青い瞬間を狙った。



手持ち撮影で、写真はブレてしまったけれど、自分の目で夜景を見られて、良かった (^^)


夕食を食べに行くため、十字街の電停から、市電に乗車して向かう。



しかし、第一候補にしていたお店は、着いた時には、売り切れで閉店!
他の候補店はちょっと遠く、行けても、帰りの市電がなくなってしまうと判明 orz
お昼を食べそびれていたので、その分、函館での夕食を楽しみにしていたのに…。

結局、コンビニで購入し、お宿で食べることにした。
折角なので、北海道ナンバーワンの、セイコーマートで。




ハイドラの走行記録。途中で休憩・ワープしていたり、終日立ち上げてはいないが、
八雲から亀田半島をぐるりと回って、道の駅5つ。この日の走行距離は、約175km。




ハイドラでの《出会い》と、ワンオフパーツの《里帰り》、念願の函館夜景も見られた、
充実した1日だった。



翌日は、以前から考えていた、大きなお楽しみが1つ♪ それは、次のブログで。
Posted at 2018/04/10 02:22:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 愛車レヴォーグで北海道旅☆ | 旅行/地域
2018年04月04日 イイね!

レヴォーグ北海道旅 06 -登別~八雲-

レヴォーグ北海道旅 06 -登別~八雲-レヴォーグ北海道旅 05 -キノコオフ- の続き。

翌朝、登別のお宿を出発し、南西へと走る。
イオン登別店や室蘭店に寄ったり、GSで給油。

タイトル画像は、室蘭市の観光地図。
気になる場所はいくつかあるが…


最初は、室蘭八景の一つ、トッカリショへ。
ここは展望ステージとなっていて、車を数台置けるスペースがあった。




尖った岩や、絶壁の形が面白い。




スマホのカメラで、少しワイドに。




次は、室蘭の岬として有名な、地球岬。
観光地らしく、きちんと白線の引かれた駐車場はあるが、混んでいた。



海外からの観光客も多いようで、3ヶ国語のWi-Fi 看板があったり、
展望台に設置されている、[幸福の鐘]を鳴らす人も、ちらほらと。


お天気が良く、遠くまで見渡すことができた。







次に向かったのは、この日1つ目の 道の駅 [47. みたら室蘭]



道の駅スタンプを押して、売店や、建物内の展示物、「白鳥大橋記念館」を見学。


白鳥大橋。橋長1380m。東日本では最大の吊り橋。




お昼は近くで、室蘭やきとりを。控えめに、「ミニやきとり丼」をオーダー。
函館と同じく、鶏肉ではなく豚肉。




白鳥大橋を渡って…




チラっと特急車両が見えたので、撮っておいた。廃車置き場なのかな?




2つ目の 道の駅 [65. だて歴史の杜] に到着。



駐車場も広い道の駅で、お土産がたくさん売っていた。


次は、3つ目の 道の駅 [39. そうべつ情報館i (アイ)]




情報館、という名の通り、洞爺湖周辺の観光情報パネルも。




この後は、洞爺湖の周囲をぐるっと走りながら、湖の水辺を見に行ったり…












そして、キノコオフで教えて頂いた、「レイクヒルファーム」にて、おやつを。





ジェラート、美味しかった (*^o^*)


しかし、この辺りから、道の駅のスタンプ押印可能時間を考えて、焦り始める ^_^;;
スタンプを押し、 売店をサッと見て、慌てて記念撮影を。その写真は、フォトアルバム に。

4つ目の 道の駅 [104. とうや湖]



5つ目の 道の駅 [78. とようら]



6つ目の 道の駅 [91. あぷた] …と巡った。ここで、夕日が見られた。




あとは、この日の宿泊地、八雲を目指して、のんびりと走行。

--------------------------------------
 八雲町は…北海道渡島半島の北部にあり、函館市と室蘭市との中間に位置する。
 平成17年、旧八雲町と旧熊石町とが合併して、新八雲町が誕生。
 東は太平洋の内浦湾(噴火湾)、西は日本海に面する、日本で唯一、二つの海を持つ町。
--------------------------------------

…とのことで、二つの海の恵みとミルクとを使ったホワイトカレーが、ご当地グルメ☆
その名も、「二海カレー」。旅に出る前から気になっていたので、夕飯に。




食後、八雲駅前を少しお散歩していたら、可愛いベンチを見つけた♪



あ、私が座ると重いだろうから、止めておこう ^o^;


お宿で、一日を振り返った。登別、室蘭、伊達、洞爺湖をぐるっと回って、八雲まで。
走行距離は、200kmちょっと。何とか、計画通りに行けて良かった☆

先を急ぐので仕方ないが、一つの都市にゆっくりとは滞在していられなくて +_+
室蘭の夜景が見られなかったのは残念だったな、と。それは、またいつか…。



次の日も、予定が盛り沢山!《出会い》や、《里帰り》も。
Posted at 2018/04/05 02:54:12 | コメント(5) | トラックバック(0) | 愛車レヴォーグで北海道旅☆ | 旅行/地域
2018年03月31日 イイね!

待望のパーツ装着

待望のパーツ装着またまた、北海道旅のブログはお休みして、
レヴォーグのパーツ装着記録です。

昨年11月の → たこ焼き・やきそば のブログに書いた、
ROWENで購入した大きなパーツ。
ようやく、装着してもらいました。



それは、レヴォーグ購入前から、ずっと悩んでいた物。



サイドステップ。
あれこれと様々なメーカーを比較、検討した結果…、ROWEN 製に決定!

冬仕様のタイヤやバンパーを、夏仕様(ROWENリップ付きバンパー)へと戻してから、
作業して頂きたかったこともあり、この時期となりました。


フロント・リアのスポイラーと同様に、付属のネットも、ラピスブルーに塗装依頼。




作業は順調で、予定よりも早く完了。
ぴったりフィットしてくれたようです♪




昨年8月にROWENを訪れた時の写真と、今回の作業後とを比べると…変わりましたね。



待望のサイドステップ、装着できて良かった!
ROWENの19周年アニバーサリーイベントだったから、実現できたんだと思います。
これで前後左右、エアロが揃いました☆


ROWENの社長さん、スタッフさん、お会いした方々、ありがとうございました m(__)m
Posted at 2018/04/01 02:14:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | レヴォーグ | クルマ

プロフィール

「レヴォーグ北海道旅 09 -檜山~小樽- http://cvw.jp/b/476493/41366867/
何シテル?   04/20 02:59
青い物が大好きな、あおい☆ と申します。 車だけではなく、鉄道や飛行機等にも、興味があります。 旅に出て、乗り物に乗ったり、景色を眺めたり、写真を撮った...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

お友達

自分からは、お友達にお誘いできない小心者です。青色への拘りが強い私ですが、よろしければお声かけ下さい(^^) ただし、思いやりのない人や非常識な人とは、お付き合いを控えることがあります。
209 人のお友達がいます
レガ☆スピレガ☆スピ * プロト オリジナルパーツプロト オリジナルパーツ *みんカラ公認
タカっち@LEVORGタカっち@LEVORG * ROWEN JAPANROWEN JAPAN *みんカラ公認
☆‥ 紗 來 羅 ‥☆☆‥ 紗 來 羅 ‥☆ * VARIS JAPANVARIS JAPAN *みんカラ公認

ファン

95 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
7台目の愛車、レヴォーグ [VMGB] 2.0GT-S EyeSight ラピスブルー ...
その他 自転車 その他 自転車
現在、自転車を2台所有しています。  左は、GIOSのクロスバイク。 右は、ARAY ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
6台目の愛車、レガシィツーリングワゴン[BH5D]  念願のサンルーフ付き☆ 前車と同 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
5台目の愛車、レガシィB4[BE5D]   外装色ノーティックブルー・マイカがお気に入り ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.