• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

大熊猫@のブログ一覧

2021年07月23日 イイね!

五輪開会の日に思うこと

連休の2日目でございます。

この連休は昨日が妻で今日は私の新型コロナワクチンの一回目の接種日が入っており、二回目の接種もお盆休みになるタイミングの良さで予約が取れました。

昨日接種を済ませた妻も夜になって腕が痛む程度で発熱も無く普通に過ごしています。私自身も接種から4時間程経ちますが、やや腕が重い程度で気になる副反応は今のところ出ておりません。

今日は我が家は全員揃っておりましたが、昼食後に妻が「12:40からブルーインパルスが飛ぶからすぐ近くのショッピングセンターの屋上に行ってみようよ」と言い出しました。私自身は暑いからどうするかなと一瞬思いましたが、家族全員揃って見上げるブルーインパルスの姿はきっと一生忘れない記憶になるような気がして重い腰を上げる事にしました。


我が家の近くからはこれが限界でしたが、銀色の翼を輝かせた機体を目にする事が出来ました。

今から7年前、2020年のオリンピックが東京に決まった時に人々は歓喜に湧きました。思えばその準備段階の国立競技場の設計や大会エンブレムの盗作騒ぎからしてゴタゴタがあり、コロナ禍での延期、口は災いの元を絵に描いたような色々な人の辞任等々と数えきれない問題に塗れたオリンピックという印象を拭えないままの開催となりました。

私自身も正直な所この緊急事態宣言中にオリンピックは開催すべきではないと今朝の今朝まで思っておりました。加えてこの連休で高速道路が数十キロの渋滞になるなど人々の我慢も限界を超えたのもまた事実であり、今後の感染拡大を考えると恐れ慄くばかりであります。

しかし賽は投げられた訳であり、オリンピックというものがIOCやらJOC、その他の商業的や政治的利権の為ではなくこの日を目標に地道に鍛錬を積んで来たアスリートの為だけのものであるならば大会の成功を切に願うばかりです。

私にはスポーツの事は分かりません。そしてこの状態での開催が何を以って成功と言えるのかも分かりません。しかしそんな事を考えながらスカイブルーの空を駆け抜けるブルーインパルスを見ていたら何故か空が滲んで見えました。

コロナウイルスの怖さは生命を脅かすのみならず、猜疑心で人と人との繋がりや社会の形をも歪に破壊する恐ろしさを持っているように思えて来ました。

帰宅後、仏壇に向かって「今日から東京でオリンピックが始まるから、色んな意味で見守っててね」と祈らずにはいられない一日でありました。

頑張れニッポン!!
Posted at 2021/07/23 19:26:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2021年07月18日 イイね!

小さな猫と大きな猫の近況

今年も梅雨が終わって、いよいよ本格的な夏が来ました。

♪夏が来~ると思い出す~という「夏の思い出」という歌のように、美しい尾瀬や水芭蕉の花とは無縁の東京で育った私ですが、やはり夏で思い出すのは氷の入ったカルピスや西瓜、家の玄関前の打ち水、籐で編んだ椅子、風鈴、そして今年も中止になりましたが隅田川の花火大会でしょうか。

常々こちらでも「夏は苦手」と申しておりますが、この歳になりますと春夏秋冬を家族や自分の周りの人が何事も無く過ごせるだけでも有難く感じるものです。

7月と言えば…

猫のむぎさんが我が家の家族に加わって6回目の夏を迎えました。

この写真は初のご対面の時ですが、色々な要素が重なった上で妻から「猫を飼おう」という話が出て、最初は私も半信半疑でしたが病み上がりの姪が家族に加わったりした時期でありました。そして本気で飼う事を決めた日の事は昨日のように思い出されます。

その日は確か午前中仕事が多忙で、午後になって妻に急かされるがまま高速で西新井のショッピングモール内のペットショップを目指したのでした。とにかくそこは行った事の無い場所だったので、先代のフライングスパー(あれはコンチネンタルが付くんでした)の頼りないナビを見ながら珍しくW12に鞭を入れた記憶も思い出されます。


そして6才を迎えましたが、本当に何事も無く健康に育ってくれました。我が家の家族同様に「食」という事に関してはものすごく、自分の考えた事は絶対に譲らないところなどは、我が家に来るべくして来たような性格であるようです。

夏場は写真のようにハンモックで寝ている時間が多いかと思えば、突然スイッチが入ったように運動会モードで家の中を走り回って驚きます。

いずれにしても元気に長生きしてくれることを願って止みません。


そんな本格的な夏の始まったこの週末は毎度の如く墓参りと、むぎさんのフィラリア予防薬を頂きに主治医の「浅草橋ねこの病院」様に出掛けました。


メーターを見ると、丁度61000kmを迎える直前でありました。

こちらは60000kmを超えて(15年掛かりましたが)ようやくエンジンに当たりが付いて来たように感じます。夏場は熱を逃がす為に帰宅後はボンネットとガレージの窓を開けてエンジンを冷ます御開帳は続けていますが、ゴムやプラスチックの弱い欧州車を長持ちさせるには必要な儀式だと考えます。


10月は車検を迎えますが、ある程度の消耗品の交換がメインになると思われます。Myディーラーであるジャガーランドローバー東京は再び資本が変わって社名も「BCジャパン」と変わったようです。ご担当の方などには一切の変更はありませんが、この変更がユーザーにとって何が変わって何が変わらないのかをお手並み拝見というところでしょうか。


私自身は動物を飼うのは初めてですが、もはや猫の居ない生活というのは考えられなくなっており、むぎさんが我が家に来てくれて本当に良かったと感じます。健康で長生きの為に、むぎさんの好きなように過ごさせるのが一番なので義母曰く「むぎさんファースト」の生活は今後も続いて行きます。

それと同様に最早ジャガーの居ない生活は考えられなくなっている訳ですが、こちらも新車から15年の間に大きな故障も無く、よく脆弱と言われる英国車の信頼性に関しては良い意味で裏切られたと言えます。どうしても国産車やドイツ車に比べれば神経質な部分はありますが、それを受け入れるだけの価値は大いにアリだと思うのです。



そう言えば先週の月曜に始まった(と思ったら1時間で満枠で終わったそうですが)区のワクチン接種の予約が夫婦で取れたので、今週の金曜日に一回目の接種に行く事となりました。私自身ワクチンに関しては多少含むところが無い訳ではありませんが、家人からの強い勧めもあり接種の運びとなりました。

日常的にそれほど人との接点がある訳ではありませんが、ここ最近は50歳代の感染者が多くなっている事を考えると接種が必要かなとも思うのです。

そんな訳で今週のオリンピック連休も来月の連休も丁度ワクチンを接種する為の休暇となります。注射が嫌いな私的にはまな板の上の鯉的な気分ではあるのですが…


Posted at 2021/07/18 18:35:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2021年06月13日 イイね!

修理して使い続けるという事

私はオーディオには疎いのですが…


今愛用しているのは約20年前に購入したBOSEのPLS-1410というCDプレーヤーです。これは単純にウォールナットとシャンパンカラーのメタルがコンビになった見た目に惹かれて購入したものですが、最近になって高級機にありがちなCD挿入部分が動かなくなる故障が出ました。

現行機種ではこのようなCDプレーヤーは存在しないので修理を考えてメーカーに問い合わせてみると、当然ですが「修理対象外に付き直せません」という回答が来ました。そこで秋葉原周辺に店舗を構えるオーディオの中古販売&修理業者数件に問い合わせてみると、これまたメーカーと同様に「修理出来ません」という回答が返ってくる店がほとんどで(でもお宅でこれの中古を並べてるよね)、提携先で修理可能というところで約8万円の修理見積りが出ました。

当時の購入金額がどの程度だったかは失念しましたが、まあ8万円以上ではあったので修理を検討する方向で考えておりました。

で、更にネットで検索してみると、同型機種で同様のトラブルの修理事例が何例か出ていて、その業者さんに電話してみると、「この機種の同様の修理依頼が月に3台くらいは必ずあります」というお話でした。

この業者さん元々メーカーに勤務されていてリタイア後に個人宅の工房で修理をされているそうで、こちらが伝えたい事を全て熟知されている事が言葉から伝わってくるのでした。

車と同様にオーディオ機器もこの年代のものが頂点にあるようで、「これは修理して使い続ける価値のあるプレーヤーです」とお墨付きを頂きました。そして修理費用も秋葉原の店が提示した金額の半額程度であり、その他のオーバーホールも可能との事なのでお願いする事に決めました。

これこそが電話で直接問い合わせる事のメリットであり、メールの遣り取りでは絶対に伝わらない修理者と依頼者の相性みたいなものだと思います。

最近はネットを中心に活動する人達には「電話不要論」が当然になっているようですが、私はこの論調には真っ向から意義を唱えるものであります。今の世の中はネット環境さえ整っていれば、一週間、いや一か月間人と会話をせずに言葉を発する事無く生活する事が出来てしまいます。

そのメールの文章ですら冒頭に「お世話になっております」的なものを付ける人は仕事が出来ないと言っていた人物が居りました。私的には仕事が出来るか否か以前に、こうした心遣いの出来ない者は「人間が出来ていない」という評価しか出来ません。人間が出来ていないものに良い仕事などは出来る訳がないのです。

まだ日本にはそんな人間ばかりではないと思いますが、そういう人達からすれば旧いオーディオや車に大金を掛けて修理するという発想は到底理解出来ないと思います。が、この世の中を生きて来た上で、一見無駄に見えるものの大切さを痛感している身としては修理して使い続ける文化を大切にしたいと思うのです。

使い捨て文化を是とした今の日本、これから益々駄目な国に成り下がって行くだろうと私は失望しています。

そんな事を思っていた時に事務所の電話が鳴り、丁度昼時で誰も居なかったので電話に出ると、営業車を点検中のトヨタからの電話でした。

「バッテリーが前回交換から3年経ちましたので交換をオススメします」

『電圧はどのくらいですか?』

「電圧は見てませんが、3年経ちますので…」

『結構です』

もはや自国の製品に愛着など持ちようも無い世の中になってしまったようです。
Posted at 2021/06/13 11:49:11 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2021年05月16日 イイね!

高齢者の新型コロナワクチン接種に同行してみた

ここ何日か「ワクチンの割り込み接種」の話題が聞こえてきます。

これはそこそこの地位にある人がその力を盾に一般枠とは別に優先的にいち早く自分が接種する事を求めて、周りも忖度するために割り込み接種が通ってしまった事例が表面化したという事なのでしょう。

その発覚後の対応を見ていると、某薬局の会長などは「秘書が…」という半世紀前の政治家が不祥事を起こした時の常套句で逃げ切りを計ろうとしていますし、某町長だか市長などは「自分は医療関係者だから」と開き直る姿勢で乗り切ろうとしています。

ま、どちらにしても私的にはさほど大した人物とは思えないのですが、これは人間性の問題なのだろうと思います。件の薬局などはそうした気性の人物が会長を務める会社で働く方に同情を禁じ得ないですし、医療関係者を主張する町長だか市長も元々は医師会出身者か何か存じませんが、そんな立場の人間が日常的に医療現場に携わっているとは考えにくくノブレスオブリージュの精神の欠片もない人物なのだろうと軽蔑します。

その昔、日本海軍の軍艦の艦長は交戦後に艦が沈没する際は、自らの身体を艦に縛り付ける事を部下に命じ、文字通り艦と運命を共にする不文律がありました。そこまでせよとは申しませんが、こうした際に順番待ちを無視して我先に行くような人物は「長」の付く器でない事は次の選挙結果が証明してくれるでしょう。

さて、我が家でも75歳以上の高齢者に該当する義母の一回目の接種が終わりました。

アトピー持ちで数種の薬を服用している義母は「それでも大丈夫かな?」という感じで主治医に相談するとGoサインが出たようで、6日の接種予約開始にネット経由で申し込んだら運よく一昨日の予約が取れたのでした。因みに私は件の方々のような権力も邪な発想も何もない人間ですので普通に予約しました。念のため。

で、一昨日は特に予定が入って居なかったので後学の為に同行したのですが、私の住む区では高齢者の接種が始まって数日経過してオペレーションも安定していたようで想像以上に迅速で整然として済みました。

予約の時間に会場に行くと、予約時間ごとに待機スペースがありました。時間は15分刻みになっていて、その予約枠に30名弱が入るようです。時間が来ると、簡単な(本当にイージーな)問診~接種~15分から30分程度の休憩~帰宅という流れでありました。義母が出てきたのがあまりにも早かったのですが、休憩ブースには入らずに出てきたとの事でした。

接種会場は区内に3か所あり、その会場の選択は個々に委ねられています。義母の場合は去年階段から落ちた際に入院した事のある病院を選択しましたが、行ってみると駐車場の半分を潰してプレハブの接種会場とテントの待機ブースがあって野戦病院を髣髴とさせる光景でありました。上空には報道機関のものと思われるヘリが2機空撮で同じ場所に留まっており、この件の関心度の高さが窺い知れます。

中には予約をしないで郵送で送られてきた接種券だけ持って単身会場にやって来た高齢者の方も少なくないようで、案内の人にけんもほろろに帰宅を促される状況も目にしました。そうした方が本当に知らずに来たのか、電話が繋がらずに辟易して来てしまったのかは謎ですが、義母の先に来ていた方のお話では3時間電話を掛け続けてようやく予約が取れたそうで、もう少し煩雑でない予約方法が無かったものかと思うのです。

だからこそ件の割り込み接種を計った連中は糾弾されて然るべきとも思いますが。

金曜の午前中に接種して、今のところ発疹や発熱などの副作用は一切ありません。ただ筋肉注射なので腕の痛みは微かにあるようです。そして二回目の接種は3週間後の同じ時間になるそうですが、どちらかと言えば二回目の接種後のほうが副反応が出易いと言われているので再び同行するかと考えております。

近所の高齢者の方などは頑として「怖いから接種しない」方も居られます。確かに短期間に作られた全く新しいワクチンは、海のものとも山のものとも見当が付かないという理由で接種しないというのも一つの見識なのかも知れません。が、義母などは比較的外出の機会が多く、ここに来て東京の新規感染者に加えて重篤な方の増加を見る限りでは積極的な接種が正しいように思います。

自分自身の接種がいつごろになるかは皆目見当も付きませんが、今までの生活を送っている以上は焦る必要を感じません。ただ接種日の翌日くらいは予備日としてオフを入れる必要があるのかなと思っています。
Posted at 2021/05/16 11:29:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2021年04月24日 イイね!

狼少年と緊急事態宣言

今日から17日間、都市部を中心に三度目の緊急事態宣言となるようです。

私の家からオフィスのある東京駅までは車で30分程度の距離ですが、一番近い繁華街の池袋までは車で15分程度でしょうか。流石に東京駅界隈では見掛けませんが、先日池袋で打ち合わせが長くなり午後8時過ぎに車窓から見た人出の多さには驚きました。しかも若者数人のグループが街の至るところでコンビニで買った酒を飲んで大声を出している様子にはただ呆れ返る他はありませんでした。もしこの若者たちが罹患して診察する医療関係者の方は遣り切れない気持ちになるのではと思います。

池袋と言えば小池都知事の元々の選挙地盤であり、この現状を知事は御存じなのか尋ねてみたいものです。

恐らく一年前の緊急事態宣言の際は未知のウィルスへの怖さがあったので、流石に街の人出も減りました。しかし二回目のユルい緊急事態宣言の際には平常時と何が違うか分からない程に緊張感に欠く宣言だったと思います。そして解除~新規感染者の急増~緊急事態宣言の繰り返しを続けているうちに緊張感などは忘却の彼方へ消えてしまったと思えるほどに人々の行動が目に見えて緩くなり、もはや緊急事態宣言が形骸化してしまった事は明らかのようです。

恐らくは今回の緊急事態宣言後半あたりから感染者数は減って行くと思います。
が、またまたその後で激増する事は目に見えています。

今必要なのは色々と法律上の制限もあり難しいと言われていますが、短期間でも東京圏を本気でロックダウンする事だと考えます。当然それによって様々な弊害も出てくるとは思いますが、現状の飲食業だけを悪者にする国の方針では終息などは夢のまた夢であります。

まさに狼少年の話と同様で、本当に有事の時に緊急事態宣言と言われても国民は本気にしないという恐ろしい事態に突入しつつある訳で、その先の事を想像するとワクチンが行き渡る前に取り返しの付かない事態を招く事を危惧します。

私個人の意見ですが、今からでも東京オリンピックは中止するべきと考えます。

が、今回の緊急事態宣言が解除される予定の次の日にバッハ会長の訪日が予定されているという何とも恣意的な筋書を感じずにはいられません。従って今回は感染者の減少が望めない状況であっても緊急事態宣言の延長はされないように思います。恐らくどんな状況になってもオリンピックは強行されるでしょうし、海外からの観光客が期待出来ない状況下で経済効果も期待出来ない中ではアスリートの方々には申し訳ないですがコロナ禍の中でオリンピックを強行する意義を感じません。

幸いにも連休期間に突入する訳で、ここでロックダウンに近い荒療治を行わない限り、同じ事の繰り返しになると思っています。その方が小出しに緊急事態宣言を行うよりも経済への損害も少なくて効果があるように思うのですが。
Posted at 2021/04/25 01:20:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「今朝になってワクチンを接種した部分が少し痛くなってきました。但し外見上の腫れや赤みは無く、熱も昨日から36.2℃の平熱です。」
何シテル?   07/24 19:40
東京は日本橋を中心に活動しております。 趣味としての車は輸入車贔屓で、中でも英国車を好みます。また実用品としての車はトヨタ&レクサスを愛用し、これに敵う使...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/8 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

愛車一覧

ベントレー フライングスパー ベントレー フライングスパー
平成28年3月4日納車。オニキス×タングステンのデュオトーンにレッドのコーチラインでクラ ...
ジャガー XJシリーズ ジャガー XJシリーズ
外装色ポーセリン 内装色シャンパン 平成18年10月6日納車。試乗してみて好印象だった6 ...
トヨタ クラウンエステート トヨタ クラウンエステート
義父(故人)の形見。その使い勝手の良さから最近は登場回数が増えています。柔らかくゆったり ...
レクサス LS レクサス LS
外装色プレミアムシルバー  内装色メローホワイト 平成18年11月納車。ジャガーとは違う ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.