• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Ichiのブログ一覧

2009年12月19日 イイね!

BM/BRレガシィ

今さらになって、BM/BRレガシィに試乗してきました。
個人的メモなので、買おうとしている方は良く試乗してみてください。

試乗車は、売れ筋となるらしい2.5i Sパッケージでした。
どこもそうですが、上級車種は売れないみたいですね...

雑誌などでは、上質になった内装と書かれていますが、なんとなくプラスチックプラスチックしていて、BL/BPに対して上質になったとは感じにくかったです。

パーキングブレーキが電子式になったあたり、今までのレガシィと違いますね。

雪道でのターンなどで、サイドブレーキをちょいと引くと言った使い方をする人もそれなりにいると思いますが、そんなことが出来なくなってしまいました。

まあ、内装、外装は好き、嫌いと言った好みがあると思いますが、個人的にはBL/BPの方が好きです。
エクステリアは、フロントは今ひとつな印象ですが、リアサイドビューが良いと思います。

レオーネ時代から続けてきたサッシュレスドアが廃止された事もニュースですが、リアウィンドウからCピラーの処理は、BMW、スカイライン、最近ではレクサスGSなども取り入れている処理だし、フェンダーの処理もベンツSクラスあたりが始めて流行った処理で、目新しさはあまり感じられないのが残念です。

BL/BPはレガシィとしては最長の6年近く販売されましたが、裏を返せば開発費の回収に期間を要したということで、スバルとしては開発費のかかったのが分かる車でした。

それに比べて、BM/BRはコストダウンされましたね。
コストダウンというか、小さな拘りが感じられなくなってしまったと言うのが正直なところかな...

車体は大きくなり、クラウンに近いものがあります。フロント部分の厚みなどそれ以上のボリュームがあります!

そして、肝心な走りですが走り始めてすぐに、この乗り味を知っていると気が付きました。
CVTの微妙な違和感や、電動パワステの違和感が最初は感じられますが、体が慣れるくらいのものです。

エンジンは、2.5リッター4気筒SOHCで、レギュラーガソリン仕様でしたが、4気筒の割にパンチも無いです。
それなりにトルクもあるはずですが、CVTのプログラムのせいかアクセルを踏み込んだときにトルクが出る感じがしないのがもったいないです。

普段慣れている、クラウンの4GRが同じ2.5リットルのプレミアム仕様ですが、215PS/6400、26.5kgf・m/3800に対して、170PS/5600、23.4kgf・m/4000と言う数字はATとCVTの差を考えても、少し物足りないと言えば物足りないのですが、普段の足とした場合に不足を感じることは無いと思います。

今回、EZ30を乗せた車が無くなっていますが、パワーや気持ちいいフィーリングなだけに残念です。

そして、2代に亘って使用した、リアのマルチリンクサスもインプレッサから採用されたダブルウィッシュボーンに変わり、位置決め精度と言うかリアの安定感は増しています。

そうそう、何の乗り味と同じだと思ったかというと...

これが、自車のクラウンアスリートなのです!!
自分でも、あれっ?と思ったけど、やっぱりカーブするときのバランス感、路面からの入力のいなし方など、明らかにレガシィ3.0Rよりもクラウンアスリートなのです。

かちっとしたというか、フィット感が減って、良い意味で全体的に緩さが出ています。

速度を上げたときの安定感やフラット感も十分です。最近の車でここに不安のある車は少ないですが、200万円台の価格を思えば十分コストパフォーマンスを感じられるレベルになってます。

今までもレガシィは、グランドツアラーと言うコンセプトを打ち出していましたが、ユーザーは走り、スポーティと言う部分を求めていたように思います。
そして、メーカーも走りの部分に関しては、こだわりを持っていたのに、今回はそこまで走りにはこだわれない内情があったのかもと思ったりします。

まだ、しばらく現在の保有車に乗るつもりなので、BM/BRレガシィのモデルサイクルのなかで買い換えタイミングにはならないでしょうが、今のラインナップだとアウトバック以外は候補に入らないと言う印象でした。
Posted at 2009/12/19 16:56:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車レポート | クルマ
2009年08月29日 イイね!

i MiEV

i MiEV忘れられた頃にこっそり書いてます!
お友達の皆さんもみんな変わらず元気に書いていて嬉しいです。

最近ちょっと話題のi MiEVが私のいる事務所にも10台近くやってきました。

遠くへ出掛けるにはバッテリーが不安なので、近くに出掛けるのに使っています。

搭載するリチウムイオン電池は330Vの16kWh!
16kWhと言うと、中間の家庭用電力が22円/kwhくらいだから352円で、ガソリンが約3リットル購入できる金額。

もちろん、深夜電力を使えばさらにお得になるけど、これで公表160km、夏場にエアコンを入れて街中をノロノロとストップ&ゴーで使っている感じだと80kmは微妙と言う感じだからかなりの悪条件でリッター25円という感じか?

と言うか、一般家庭1日分以上の電力で実質100kmも走らないのだから、車を動かすにはいかに大きなエネルギーの要ることか!

ベース車両価格で459.9万円だから、ベンツのC200と同等であり一般の人にどれだけ購入してもらえるかこれまた微妙・・・

インプレッションは、色々とあるので参考にしてもらえたら良いと思うが、Eモードだと減速時にチャージするけど、加速も電車みたいに穏やか。
チャージすると言ってもブレーキ回生ははしないで、アクセルを抜いたときにエンジンブレーキ的に回生されるもの。

Dモードで走ると減速時のチャージはしないけど、街中では必要十分に走る。

エンジン音がしないので静かだけど、運転感覚は特に電気自動車を意識するところはなく、誰が乗ってもすぐに慣れると思う。

きっとネックは、車両価格と充電インフラだろうけど将来的にはシティコミューターとして普及するのかな?

WEB CGのインプレ記事
Posted at 2009/08/29 14:24:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車レポート | クルマ
2008年03月10日 イイね!

新型クラウン試乗インプレ 3

新型クラウン試乗インプレ 3新型クラウン インプレ(エクステリア)
新型クラウン インプレ(インテリア)
新型クラウン 試乗インプレ 0(導入)
新型クラウン 試乗インプレ 1
新型クラウン 試乗インプレ 2

結局それでどうなの?ということですが...

ハイブリッドは興味のある人は買っても面白いと思います。

雑誌では、乗り心地が改善したとか色々と誉めていますが、今ゼロクラウンに乗っている人は、新型の格好がたまらなく好き!とか、リースの関係で乗り換えるとか理由が無ければ1世代見送りでしょう。

どう見てもビッグマイナーチェンジなので...

私的には、上下動に対して感度の高いプラットフォームを引きずっているのが一番のマイナスポイントです。

今はミニバンに乗っているとか、ゼロクラウンで気にならなければ問題無いですが、欧州車に乗っているとか、特に高速を走る機会が多い人は気を付けてください。

でも、総合的に見て他の車から乗り換えてみたいという場合は、候補の一つに入れて選んでもがっかりすることは無いでしょう。

もし買うなら、ロイヤルの3.0か、アスリートなら2.5のナビパッケージを買って、タイヤをロイヤルの17インチに落とすとバランスがとれると思います。

自分がアスリートの2.5に乗り始めて9ヶ月くらいになり、距離もようやく5000kmを少し越えましたが、不満な点は、荒れた路面での足の動きと、150km/h以上の落ち着きの無い上下動、冬場の水温の上がりの悪さなどでしょうか。

良い点は、燃費がいい、取り回しが楽、特に後から付けなくても何でも揃っているところです。落ち着きの無い動きと書いていますが、まあ長距離も安楽な部類に入ると思います。

車好きに嫌われるトヨタですが、限られたコストの中ではツボを押さえた作りをしていると言うところでしょうか。
Posted at 2008/03/10 13:44:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車レポート | クルマ
2008年02月27日 イイね!

新型クラウン 試乗インプレ 2

新型クラウン 試乗インプレ 2新型クラウン インプレ(エクステリア)
新型クラウン インプレ(インテリア)
新型クラウン 試乗インプレ 0(導入)
新型クラウン 試乗インプレ 1

もうちょい試乗しましたが、もう下道をトロトロ走ったのでは分からないです...

普段の足がアスリートなので、ベンツの頃よりも体が多少の上下動に馴らされて鈍感になっている可能性はありますが...

今回のロイヤルは、店の周りを走るくらいから受ける印象は、W204のCクラスと似ています。

フロアの剛性感はW204が上ですが、駆動系の滑らかさとか似た印象です。

また、エンジンはW204のコンプレッサー付きの1800CCが下から十分なトルクが出ている感じですが、やはり6気筒の2500CCの4GRの方が滑らかさが上です。

40km/hくらいからフッとアクセルを入れたときの、トルクの付きは過給器付きのCクラスが上ですが、クラウンはスポーツモードにしておけば全く変速ショックの無い6速ATの助けもあり、同じくらいの感じで、また全域で気持ち良い伸びを感じることが出来ます。

どちらも、BMWのようにエンジンは全面に出ず、裏で仕事をするタイプですが、Cクラスの方が回したときには乾いた排気音を聞かせるし、スポーティーなエンジンと言えますが好みでしょう。

Cクラスの乗り心地、滑らかさなど絶賛されていますがアバンギャルドはそれ程ではないと思います。

16インチを履くエレガンス系は、駆動系を含めて滑らかさが1ランク上に感じられ、上質感があります。

ダブルレーンチェンジなどシャシーが素の状態で持っている安定性や、運動能力はCクラスが上であることは間違い無いところですが、事故回避、衝突時の保護など総合的に見ると、もう安全性には差が無いように思います。

VDIMの動作の様子は、トヨタのweb上にアップされていますが、シャシーの限界に達する前に車が抑えてしまいますし、通常の人にとっては十分限界が高いレベルにあるので問題無いでしょう。

今では多くの車でVDCが付いていますが雪道以外で働いたことありますか?

私は、登坂車線のある峠で、コーナー中に外側からちょっとしたスピードで追い越しを掛けていたときに働いたことがあるくらいです。

車両価格400~500万円で考えた場合、Cクラス、3シリーズ、A4、そしてISと比較されると思いますが、はっきり言って好みで選んで良いと思います。

ブランド代を考えないでコストパフォーマンスで選んだ場合と言う条件なら、
新型A4、3シリーズ、Cクラス、新型クラウン、IS

長距離移動が安楽なのは
Cクラス、新型クラウン、IS、新型A4、3シリーズ

町中の運転が楽なのは、
Cクラス、新型クラウン、IS、3シリーズ、新型A4

素の運動性能が高い順は
新型A4、3シリーズ、Cクラス、IS、新型クラウン、

デバイス込みで安全性が高いのは
新型クラウン、Cクラス、新型A4、IS、3シリーズ

運転が楽しいのは、
3シリーズ、新型A4、IS、Cクラス、新型クラウン

静かなのは、
新型クラウン、IS、新型A4、3シリーズ、Cクラス

至れり尽くせりなのは、
新型クラウン、IS、新型A4、Cクラス、3シリーズ

などなど、順位は変わりますがそれほど大きな差でもないので好きなのを選んで正解です。
Posted at 2008/02/27 20:45:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | 車レポート | クルマ
2008年02月25日 イイね!

新型クラウン 試乗インプレ 1

新型クラウン 試乗インプレ 1新型クラウン インプレ(エクステリア)
新型クラウン インプレ(インテリア)
新型クラウン 試乗インプレ 0(導入)

 普段メインに乗っている車は、ゼロクラウンアスリート2.5の後期型(GRS180)ですが、ブログ内の詳細インプレにもありますように、クラウンだけなのか、トヨタ車全般なのか、通常の使用条件におけるネガの部分は、かかなりうまく潰されているようです。

そのため、通常での試乗ではわかりにくい癖が、特定の条件においては顕著に現れる傾向があるため、購入しようとしている人は注意が必要なのは、これまでに書いた通りです。

今回は、フルモデルチェンジですがプラットフォームの変更は無く、ホイールベースは2850mm、トレッドは10mm広がって1535mmとなっていますが基本的な特性は遺伝しているはずです。

試乗にあたって、ハンドリングに敏感な人ならば、(1)少しスピードを出してブレーキを残しながらコーナーに入る、(2)フル加速しながらコーナーに入る、(3)うねった路面のコーナーを通過すると言うことで、だいたいの傾向はつかめると思いますが、今回はホントにチョイ乗りなので癖までつかめていない事を断っておきます。

自車のアスリートとの比較と想像を交えたインプレになりますが、今後発売となる雑誌等の試乗記を予想してまず書いておきます(笑)

どこまで当たるか、ポイントは3つです!

・先代よりも乗り心地が柔らかくなり、硬いと不満があった人も満足出来る足となった。

・(サーキットなどに持ち込んじゃった雑誌は)操縦安定性も高まりBMW程クイックではなく、ベンツ的な味付けで、高速走行でも安定性が高くコーナーにも不安なくアクセルを踏んで入ることが出来る。

・静粛性が高まり、乗り心地と合わせて1ランククラスがアップしたように感じられる。

さて、当たるでしょうか(^^;

今回の試乗は、2.5ロイヤルサルーンナビパッケージでした。

180系はロイヤルサルーンにも何度か乗っていますが、180前期→180後期→200前期と間違いなく足回りは柔らかく、ロール量は増えています。

ロイヤルサルーンのタイヤは1インチアップされて、215/60R16から215/55R17を履きますが、一般道を走る限り全く不快なところは無いですし、変な癖も感じられません。

170系以前のロイヤルサルーンは後席以外に乗ったことが無いので、どれほど柔らかいか上手く比較出来ませんが、これで乗り心地が硬いという人は数%くらいではと言うレベルです。

おそらく、試乗したほとんどに滑らかで良い車だなぁと感じさせる事ができると思います。

実は、ここまでしか判断出来ませんでした。

それでは面白くないので、web上の映像などからもう少し突っ込んだ予想をしてみます...
Posted at 2008/02/25 23:15:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車レポート | クルマ

プロフィール

年齢と共に、車に求めるものも速さから快適性に変わってきたような気がします。 冬は、おいしいお酒を求めて、スキーなどに飛び回っていますがアウトバックでなく、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

おばたりあん 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/05/08 13:26:17
旧車2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/05/08 13:09:39
さすが海洋堂 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/05/08 13:05:31

お友達

毒が強いらしいですが、耐性のある方はどうぞ(^^)ノ
49 人のお友達がいます
macモフモフmacモフモフ * DonGAMEDonGAME *
お水汲み当番(30A→20A)お水汲み当番(30A→20A) やせふくろうやせふくろう
kazu.Ekazu.E TED3TED3

ファン

56 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
このたび、久しぶりにレガシィに戻ってきました。 BC→BLと言うことで進歩していますね。 ...
トヨタ クラウンアスリート トヨタ クラウンアスリート
2007/5/26にC200から乗り換え。 最初は硬かったか?と思った足も少しずつしな ...
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
転勤族なので思わぬ雪国に行くことも・・・ 同時期に購入した国産車のボディが4年位でヤレ ...

過去のブログ

2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.