• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

空-sora-のブログ一覧

2005年09月28日 イイね!

気になる単車。

信号待ちでYSPの店を見ていると、何やら気になる単車を発見。OHVのVツインにアップマフラーのネイキッド。V-MAXの2気筒・・・と言うより、ビューエルのパクリっぽい車体。ビューエルがカッコイイと思う私には、なかなか良さそうに見えます。ヤマハのホームページを見てみると、輸出仕様に“MT-01”と言うのがありました。アメリカン用と思われるエンジン(1600ccもあればそうでしょう)をロードスポーツの車体に積んだ、まさにビューエルと同じと思えるコンセプト。最近は雑誌を読まないので、こんなのが出ていることさえ知りませんでした。ホームページの画像は小さいのでイマイチに思えましたが、ビデオで動く映像と音を確認すると、やっぱり良さそうに見えます。

私が250ccに乗っている1番の理由は経済的理由で、2番目に免許が無い、3番目に「気になる大型が無い!」と言うのがあります。しかし、MT-01は気になりますねぇ。テール回りの処理がイマイチなのと、乾燥重量で250Kgと言うのが250ccに慣れた体ではつらそうです。まぁ、大型免許をとらないと話しは進みませんけど・・・
Posted at 2005/09/28 23:33:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 単車 | 日記
2005年09月27日 イイね!

新型シビックに思うこと。

残念ながら、ここ最近のホンダ車にはガッカリさせられることが多いです。始めての愛車はホンダで、現在所有の単車もホンダ。2輪と4輪では厳密には同じ会社ではないのでしょうけど、けっして嫌いではないメーカーです。個人的にはNAエンジンの出来は国産一番と思うし、走りも良いと思う。しかし、デザインに好感をもつことは事はすっかり無くなってしまいました。まぁ、昔から顧客を裏切る事が得意なメーカーで、初代シティと2代目シティではコンセプトそのもが違いますし、その後もロゴにフィットと、とても同じな流れの車(一応、後継モデルなんで)には見ないわけですし、シビックにしてもCR-Xにしてもそうです。現在ではすっかりミニバン・メーカーになってしまったホンダに、スタイリッシュなスポーツ(スポーティー)カーを求めるのは無理なのでしょうか?

今のうちにS2000を買っておくのもいいような気が・・・無理ですが。余談ですが、私がFDを慌てて買ったのも、「ロータリーが無くなる!」と噂されたのが大きく影響してます。
Posted at 2005/09/28 00:58:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 戯言 | 日記
2005年09月24日 イイね!

ブースト・トラブル。その3

ディーラーへ行ってきたのですが、見てもらったところダイアグノーシスでは三つのエラーコードが出ました。結果はソレノイドバルブの故障とのこと。FD定番のトラブルですね。冷間時に症状が出ないのは、エンジンルームが熱くなるとソレノイドバルブが作動しなくなるからのようです。ここで失敗だったのは、EBSを取り外して行かなかった事です。三つのエラーコードのうち、二つはEBSの影響らしいのが後でわかったからです。ディーラーは何も言ってませんでしたので、わかっていたのかもしれませんど。

ディーラーでの修理代の見積もりは8万円弱・・・なぜこの金額かと言うと、ソレノイドバルブ類を連結する(と思われる)バキュームユニット(これが高め)の交換と、ホース類の交換も含まれているからです。樹脂パーツやゴムホースは熱でやられている可能性があるので、後々のこと考えると交換しておいた方が良いとの判断でしょう。作業中に割れることもありますし。

しかし、悩む金額です。車体の価値の1割を軽く超えるわけです。ファーストカーでもない車にこの金額はツライです。壊れていると思われるのはソレノイドバルブのみなので、これだけ注文して自分で作業すると1万円もしないのですが、あの配管の多さは気が遠くなります・・・

今思えば、この間のトラブルもプラグでは無かったかもしれません。あまりに早過ぎますし。ソレノイドバルブを直したら、外したプラグをもう一度付けてみようかと思います。

Posted at 2005/09/24 17:00:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | RX-7 | クルマ
2005年09月22日 イイね!

ブースト・トラブル。その2

どうも電気的な制御が入っているような気がします。走り始めはいたって普通で、プライマリータービンではブーストは0.9kg/cm2までキッチリ掛かります。水温が低い時に回転を上げるのもなんなんでセカンダリータービンが回った時にブーストが掛かるかはわかりませんが、とにかくブーストは上がります。しかし、何十分か走ってからアクセルを踏むとブーストが0.2kg/cm2ぐらいしか掛からないのです。この状態でセカンダリーが回るまで踏み込む度胸はありません。そこで考えられるのは、コンピューターによるフューエル制御。もしそうなら、ダイアグノーシスにかけるのが手っ取り早いので、近いうちにディーラーへ持っていこうと思います。例えば、水温が上がるとおかしくなるなら、水温センサーの故障とか・・・

なんにしても、安い修理代では済まないような気がしてきました・・・
Posted at 2005/09/22 09:56:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | RX-7 | クルマ
2005年09月19日 イイね!

ブースト・トラブル。

ブースト・トラブル。まず、画像を見ていただきたいのだが、何かおかしくないですか?ワーニングランプが点灯し、油圧計も動いていない。そう、エンジンがかかっていないのに、タコメーターが1,000回転を示しています。撮影直前は3,000回転ぐらいでした。20~30分乗ると直るんですよね。完全に直すにはメーター交換で25,000円ぐらい(工賃除く:未確認)かかるらしい・・・

さて、先日の朝には快調に走っていたFDですが、帰りにはブーストが上がらないトラブルが発生しました。連休という事もあって、渋滞をトロトロ走っていたのでなかなか気づかなかったのですが、坂道でアクセルを踏んでもさっぱり加速しないし、タービン音や吸気音、アクセルを抜いてもブローオフの音がしない。あれ?と思ってブースト計を見るとゼロのまま・・・取りあえず、わかる範囲で原因究明にとりかかりました。FDのブースト・トラブルと言えばサージタンク下のソレノイドバルブ付近のホースの劣化や抜けが定番。それと、フューエルセーフがかかると言うのもあるらしく、これもブーストが掛からないらしい。取りあえずコンピューターのリセットだけで何とかならないかと考えたので、コンピューターをリセットし見える範囲だけ配管抜けが無いか確認。特に異常は無さそうと思ったのですが、ブースト計の配管を触るとパキッとホースが折れてしまいました。他はわりと柔軟性がある(それでもかなり固くなっていた)のに、ブースト計の配管だけ硬化が激しい。他に原因があるかもしれませんが、ブースト計のゴムホースだけ交換してみることにしました。整備手帳にアップしますが、内容はかなり薄いです。
Posted at 2005/09/19 12:32:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | RX-7 | クルマ

プロフィール

「バイクの防寒対策。 http://cvw.jp/b/127393/42287170/
何シテル?   12/12 09:17
球脊髄性筋萎縮症のため、いつまで車の運転を出来るのかわからない中、カーライフを送っています。自分で車を弄れなくなる歯がゆさを感じていますが、それでも身体の動くう...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2005/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
ポロTSIハイライン・バイキセノンパッケージらしい。中古で購入。走行距離は11000Km ...
KTM 250DUKE KTM 250DUKE
軽い車重、充分なパワー、乗って楽しいバイクではないかと思わせられます。 日本車にありがち ...
ホンダ ホーネット250 ホンダ ホーネット250
お気に入りのアングル。ホーネット言えば、やっぱり2本出しマフラー!もともとは単車乗りなの ...
その他 その他 その他 その他
父親のお下がりです。ビッグスクーターの火付け役をした初期モデルです。しかし、ホンダがスペ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.