• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

血霞のブログ一覧

2018年10月06日 イイね!

求む!エンジンECUの物々交換!

DR30スカイライン用のエンジンECU

23710 R2200(おそらく前期RSターボ)

23710 R2201(おそらくRSターボCのプラズマになる前)

が余っています。

※一応私の鉄仮面RSターボに装着し、自走可能なことまでは確認しました。

なので、どなたかRSターボ用の
23710 R2203と交換してください!
Posted at 2018/10/06 12:17:53 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年10月02日 イイね!

いつの間にか、ポンコツ車両も買えなくなった

僕らが二十歳やそこらの頃、10年くらい前まではR32、R33、S13、S14、180とかなら10万くらい、20万も出せばそれなりのポンコツが買えたはずなんですが、今仲間でイジるのが、欲しくなり20万くらいでと軽く探してみたところ。

安くても50万。これでも走るか怪しいレベル。

外装へこんでたっていい。
内装多少破損しててもいい。
エアコンだのオーディオだのなんて当然壊れてて構わない。
ただFRでMTでターボで!出来ればスカイラインがいい!
あ。書類は欲しい。移動に仮ナンバーつけたいし。

でも、ない!

いつの間にかオモチャが存在しない時代になってました。

いやほんとに、ちょうど無い時代なんでしょうね。
たぶんこれであと10年、いや15年もしたら今の86とBRZが安くなるのかな。
Posted at 2018/10/02 01:05:58 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年09月11日 イイね!

S15用ブレーキマスターシリンダー流用!

はてさて。
今回は我々の命を守るブレーキに手を入れました。
前回の車検時、前後のキャリパーをオーバーホールし、フロントのみブレーキホースも新品へと交換しました。
こうなると、マスターシリンダーも気になるところですが、カップキットはとうの昔に製造廃止。
新車から35年。マスターシリンダーは一度もオーバーホールされることなくいました。
そこで。S15シルビア用のものを流用しました。

用意したのはこの子です。
どうやらS15以外でも装着車両は多数あるみたい。
今回の作業をざっくり説明しますと、
①マスターシリンダーオーバーホール。
②純正マスターシリンダー取り外し。
③ブレーキチューブ手曲げ加工。
④純正プロポーショニングバルブ撤去。
⑤マスターシリンダー交換取り付け。
となります。

では①!

ばらすと中身はこんな感じ。




新品はこの通り。
まぁ、これはこのまま組みます。


見た目は変わりませんが完成!

続いて②!

この純正マスターシリンダー。
警告灯センサー配線とチューブ、マスターバックのナットを外せば取れます。


この通り。



新旧比較。
黒いキャップが純正、黄色のキャップがS15用。
どちらも同じトキコ製の1/1ですので見た目や大きさはだいたい同じぐらい。
純正マスターシリンダー。35年間約16万kmご苦労様でした。
カップキットさえあればなぁ。

そして③へ!
純正とS15用ブレーキマスターではブレーキチューブの出口のフロントブレーキとリアブレーキが逆となっています。
そこで、純正プロポーショニングバルブとマスターシリンダー間のブレーキをチューブをまずは大まかに曲げて目検討でS15マスターに付けられるようにします。
なお、チューブの長さの関係で前後は入れ換わります。

次は④!
S15用マスターはプロポーショニングバルブが内蔵されています。
対して、純正はプロポーショニングバルブが別にいますので、S15マスターを装着すると純正プロポーショニングバルブが不要になります。
そこでプロポーショニングバルブを撤去し、アダプターを噛ませます。

アダプターはこいつら。
フロントは入り口1本から左右に2本別れる3又タイプ。
リアは1本入り口のそのまま通過のストレートタイプです。
では、純正プロポーショニングバルブを
取り外します。



外れました。
では、アダプター取り付け。



ちょっと無理やりですが、こんな感じに純正ステーに取り付けます。
上が3又のフロント、下がストレートのリアです。
ちなみにこれ、実はステーに取り付けちゃうと工具が入らず、ブレーキチューブが締められません。
このあと外したりずらしたりペンチで挟んだりと、色々やってスペース作って締めました。

では、⑤!

いきなりくっついてますが、マスターシリンダー自体はポンづけです。
特筆事項ございません。
このあとが大変なんです。
先ほど加工しておいたブレーキチューブでマスターシリンダーとアダプターを繋ぎます。
これは現物合わせです。頑張ります。
おまけでこちらも。

警告灯センサーのカプラーも形状が変わりますので交換です。
ただ、これかなり細い配線用なので大変です。
出来れば純正カプラーがくっついたマスターシリンダーを手に入れた方がいいです。

さて、しっかり各所を締め付ければ完成です。

意外なくらいきちんとハマります。
ちょっと大変ですが、これでブレーキは安心です。
なお、カップサイズが同じですし、マスターバックも純正のままなので、効き具合や踏みしろは純正とあまりかわりません。


そして、今回はもうひとつ。

リアのブレーキホースも新品に。
ロアアームに左右1本ずつ、キャリパーに左右1本ずつの計4本。







こんな感じに。


つかれた!
あと、ブレーキについてはだいぶ魔改造でしたので、少し様子を見たいと思います!

今回のポイントはチューブとカプラー!
この加工が大変です!
Posted at 2018/09/12 00:51:21 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年09月08日 イイね!

燃料警告灯の不灯調査

燃料の警告灯が点いたとこを見たことがありません。
点かないのです。すっからかんになっても燃料計は動きますが、警告灯が点かないのです。

では、調べましょう。


配線図を確認すると、314の黄緑配線がフューエルゲージへとつながり、これが短絡すると警告灯が点く仕組み。

そこで、ここを開けまして。
黒いカプラーはアースのカプラーです。
黄赤は燃料計のギボシです。
問題は黄緑のギボシです。
この黄緑ギボシを外して、試しに車体側の配線を短絡させてみます。

警告灯つきました!

じゃあ、ゲージだ! とった!




これに繋がってますね。
なるほどわからん!

どうやら、本来はこのセンサーがガソリンに浸っている間は短絡せず、ガソリンから顔を出すと短絡するセンサーの模様。

つまり、この状態でゲージ側の黄緑ギボシとゲージ本体のボディアースに導通があるはず!

結論!導通なし!

これ、センサーの故障ですわ(笑)

しゃあない。燃料計は動いてるし、見なかった事にしよ!
Posted at 2018/09/08 21:33:34 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年08月27日 イイね!

またまたリミッターカットか?

先日、東名で渋滞に巻き込まれました。
一時間程度で抜けたと思いきやまたすぐ渋滞。30分ほどで抜けたらまた渋滞と都合三度の渋滞に。
エアコンがんがんでトロトロ走りは鉄仮面にとっては過酷だったとは思いますが、それはそれとして、問題はこの2回目の渋滞を抜けた直後でした。

有り体に言いますと、3500rpmほどでアクセルを踏んでも吹けません。
ガボガボと失速し、それでも根気よく踏んでいればどうにか吹ける。

トラブルか!?

しかし、以前にも同じ症状を経験した記憶が。

あれはHKSのリミッターカットを取り付けたときでした。
ほぼ同じ回転数で同じように吹けなくなり取り外しました。
その後、ブリッツのリミッターカットを手に入れ、組んで今に至ります。

リミッターカットが悪さしてんのか!?理屈はわからんが!

しかも、この時ガスピンチ!

やむを得ず相模原で一旦高速を降り、最寄りのスタンドへ。
地元より12円も高かったですが、まどろっこしいので満タンにし、そのまま近くのコンビニの駐車場に避難。

族が集会でもやってんのか?(´・ω・`)日曜の夜に?

目の前にたむろする三段シートの単車達が10台ほど。

わらわらと乗り手の方々もいらっしゃいましたが、こちとら緊急事態なんだよ!

思っくそ目の前に停車して助手席の足下を外してコンピュータご対面。
とりあえずリミッターカットを外してエンジン始動。

大丈夫そう?

まだ地元までは100キロ以上あるのでコンビニで飲み物と気付薬がわりに大福買うことに。

お外では威勢のいい直管コールが響いてます懐かしい。
てか、上手!これは感心!
音も汚くないし、金かけてる!
きちんとした直管入れてる!

まぁ、その辺はさておき出発。

とりあえず地元までトラブルは再現されず。

理屈がわからん。なんでだったんだろ?
これで症状出なけりゃリミッターカットだけど、なんでこんなことに?
困った。
Posted at 2018/08/27 17:41:52 | コメント(2) | トラックバック(0)

プロフィール

「タイヤ「ピギャアァァアァァッ!!?」
沼津の峠(正確には伊豆市の土肥峠)で刺さルビィするとこだった。アブネーアブネー」
何シテル?   08/27 12:39
血霞で、読み方は「ちがすみ」です! 17歳でDio!(AF62ブタケツ、もう降りました) 18歳からゼファーχ!(現役) 23歳からDR30スカイライン!(現役...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

S15 シルビア specR用 ブレーキマスターシリンダー&マスターバック化① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/02 20:42:21
タイヤハウスの腐り修理 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/25 02:11:28
ドライブ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/19 00:12:34

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

カワサキ ゼファーχ ゼファー400χ血霞スペシャル (カワサキ ゼファーχ)
1973年“900SUPER4”、通称“Z1”に始まった川崎空冷四発! 2010年に幕を ...
日産 スカイライン 鉄仮面CSS(クールストリートスペシャル) (日産 スカイライン)
"史上最強のスカイライン"こと、RS-TURBO! 硬派カッコいい楽しい!以上! ...
ホンダ Dio (ディオ) ディオくん (ホンダ Dio (ディオ))
人生初の相棒♪ 17から18までの1年ちょい乗ってました。 AF62、いわゆるブタケツD ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.