• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

利根川の天然水のブログ一覧

2018年09月15日 イイね!

中国では 誤解されているが 日本の教育こそ 世界で最も公平な教育だ =中国メディア

中国では 誤解されているが 日本の教育こそ 世界で最も公平な教育だ =中国メディア  日本と中国では、子どもへの教育についてさまざまな違いが存在する。中国人の親が日本の教育を見ると、中国とはあまりに異なるゆえに、賛否両論が湧き上がるという。中国メディアの快資訊は12日、「中国では日本の教育は誤解されている」と伝え、日本の教育こそ世界で最も公平な教育であると論じる記事を掲載した。

 記事は、日本の教育は世界からも、公平な教育と評価されていると伝え、それは「身分や賢愚を問わず、誰にでも教育を施す」という中国の、「需家」の思想に共通すると主張した。日本では早くから教育の平等と普及が重視され、教育施設を均一に配備すること、また、教育者の資格を全国で統一し、さらに教師を定期的に配置転換するなどの施策が行われてきたと説明した。

 続けて、日本では公平な教育形態が、確立されていると認めつつ、文化や教育方針の異なる中国から見ると、日本の家庭教育は誤解されていることがあると指摘。例えば、日本の親は子どもに対して、「時に陰険で冷たく、また優しく穏やかでもある」と感じるらしい。一見矛盾している感想だが、なぜかというと、「日本人の親は服装に関して、子どもの体よりも学校の規則を重視し、冬でも薄着をさせて登校させる。また、子どもに自分で歩いて登下校させ、子どもは重い荷物を持って登校している」ためだという。

 一方では、「日本の親は子どもと密接に過ごす時間を重視し、一緒に出掛けたり、遊んだりしてスキンシップをとって愛情を表す」ので、共働きの家庭が多く子どもと、接する時間の少ない中国の家庭と比較すると、「日本の親は優しく穏やかに子どもに寄り添っている」と感じる様だ。

 中国では教育といえば知識の習得を指し、家庭においてもマナーや礼儀、道徳などを教えることはあまり重視されていないように見える。また、子どもに何でも買ってあげて、何でもしてあげることこそ愛情と捉えている親も少なくない。それゆえ「子どもができることは、子どもにやらせる」日本人の親は「陰険で冷たい」と映るようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)         サーチナ                      2018-09-15 13:12
Posted at 2018/09/15 19:25:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | 趣味
2018年09月15日 イイね!

日本の街中で 公衆トイレが、見つからないと 中国人がぼやくのはなぜ? =中国メディア

日本の街中で 公衆トイレが、見つからないと 中国人がぼやくのはなぜ? =中国メディア  日本を訪れた中国人が不思議に、感じることの1つに日本の街中には、「ゴミ箱」が少ないことが挙げられるが、同様に「公衆トイレ」が少ないことも、不思議に感じられることであり、公衆トイレが見つかっても、その建物が「独特なデザイン」であることに驚くという。

 中国メディアの快資訊は8日、「日本の街ではなかなか公衆トイレが、見つからないのは独特のデザインだから」と論じる記事を掲載し、日本の公衆トイレについて紹介している。

 記事はまず、日本を訪れる中国人観光客が感じることの1つが、「日本の街が非常に清潔であると同時に、公衆トイレが全然見つからない」ということだと紹介。日本の街中に公衆トイレがないわけではないが、公衆トイレのデザインはそれぞれ、独特の外観をしていることが多いため、探し出すことができないだけであると論じた。

 続けて、欧風の教会のような外観をした公衆トイレ、さらに、公園などで見かける切り株の形をした公衆トイレなどの写真を掲載し、中国人観光客はこれが公衆トイレであることに、気が付かないと紹介しているが、中国に比べて日本は街中の公衆トイレの数は少ないのも事実だ。

 中国では公衆トイレは、いたるところに設置されているが、一部のトイレでは管理人が、トイレ内の部屋で寝泊りや、煮炊きをしている姿を見ることもある。また、用を足している人同士が丸見えのいわゆる、「ニーハオトイレ」は都市部ではほぼ見かけなくなったが、農村部へ行けばこうしたトイレもまだ体験することができる。

 日本では今後、中国人を含めた外国人観光客の、さらなる増加が見込まれている。公衆トイレをはじめとした、公共の施設は外国人でもすぐに見つけられるような、表示が求められているのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)                         サーチナ          2018-09-14 15:12
Posted at 2018/09/15 19:18:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味
2018年09月15日 イイね!

「  笑  」 ~  ver.202

「  笑  」 ~  ver.202
Posted at 2018/09/15 16:34:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味
2018年09月15日 イイね!

反省しなければ・・・日本の、「食育」は 中国とは大違いだ =中国メディア

反省しなければ・・・日本の、「食育」は 中国とは大違いだ =中国メディア 長寿大国である、日本は食生活も健康的と言える。2005年には食育基本法が制定され、食を通して心身ともに健康な人を育てることに、より力が入れられるようになった。中国メディアの快資訊は12日、日本の食育に関する記事を掲載した。子どもが小さいうちから食育に取り組んでいることに感心している。 

 記事は日本の食育について、食卓に上った食材がどこから来ているのかに、興味を持たせていると紹介。例えば、幼稚園では春と秋に、それぞれ「田植え」と、「収穫」のイベントがあるほか、その間の期間にも植物の成長に触れさせていると伝えた。また、家畜の飼育から命の尊さを教える食育や、学期の終わりには子どもたちと一緒にカレーを作るところもあるが、材料の相談、買い出し、調理に関わらせることで、食への理解のみならず共同作業から、人間関係を学ぶ教育にもなっていると感心した。

 また、食事の時間も食育になっているという。食事の前には手を洗い、食器やランチョンマットを自分たちで準備し、手を合わせていただきますとあいさつすることや、食事中はよく咀嚼し、大きな声でしゃべらず、一粒残らず完食したら、最後にごちそうさまでしたと感謝して、食事時間が終わることを伝えた。毎日繰り返す食事の時間が、貴重な教育の一環になっているというわけだ。

 記事は、このような「食育」は中国とは大違いだと反省している。中国の親は、子どもたちが食べてくれないで好き嫌いをし、栄養不足や食べ物を粗末にすることに頭を痛めていると指摘しているが、実際幼稚園どころか小学生になっても食事中に走り回り大声で騒ぎ、落ち着いて食事ができない子どもが少なくない。小学生になっても親や祖父母に、口まで運んでもらわないと食べない子どももいるほどだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)                      サーチナ            2018-09-15 09:12
Posted at 2018/09/15 16:07:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味
2018年09月15日 イイね!

中国を訪れた日本人は これは日本も、中国にかなわないと 感じる点があるらしい =中国メディア

中国を訪れた日本人は これは日本も、中国にかなわないと 感じる点があるらしい =中国メディア  近年の経済発展により、中国では人びとの生活が、「日進月歩」の勢いで変化している。中国を訪れる日本人は、中国のどのような点に感心し、羨ましいと感じるのだろうか。中国メディアの快資訊は12日、「中国を訪れた日本人が、日本が中国にかなわないと感じる4つの点」という記事を掲載し、中国がどれほど発展を遂げているのかを紹介している。

 まず記事は、「非現金決済」を紹介。中国ではモバイル決済アプリとして、阿里巴巴(アリババ)集団が提供している「アリペイ」と、騰訊(テンセント)が提供するウィーチャットペイが2大勢力として普及していて、これらのモバイル決済はありとあらゆる場所で利用できる。こうした非現金決済の分野で中国は世界をリードしていると主張した。

 続けて、中国では「料理のデリバリーサービス」も日本以上に普及していると紹介。中国ではデリバリーを専門にしている業者が多数あり、携帯電話で注文した商品を24時間いつでも配達してもらえる非常に便利なサービスがある。だが、配達員の給料は歩合制であったり、配達が遅れた場合にペナルティーが科されてしまうため、危険な運転で事故を起こし、命を落としてしまう配達員が後を絶たず、社会問題ともなっている。

 他にも記事は、種類の豊富な「中華料理」と、「物価が安い」ことを、日本が中国にかなわないことと日本人が感じることであるとして紹介している。「物価が安い」ことについて、記事は、中国では果物を非常に安く購入することができるため、日本人は中国人と結婚し中国に住みたいと考えるほどであると紹介している。

 確かに、記事で紹介されていた分野、特に非現金決済に関して、中国は日本よりも進んでおり、魅力的と感じるかもしれない。一方、公共サービスの充実や社会の秩序など、改善の余地が大いにある分野は多岐にわたって存在するのが現状であり、果物が安いからといって中国に移り住みたいと考える、日本人がどれだけいるのかは疑問だ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)                                                             サーチナ                              2018-09-15 11:12 
Posted at 2018/09/15 16:01:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味

プロフィール

「発車3分前の列車でも余裕で乗れる日本の鉄道、中国じゃ絶対あり得ない! =中国メディア http://cvw.jp/b/1528111/42009436/
何シテル?   09/30 18:04
「利根川の天然水」です。よろしくお願いします。                                          座右の銘、 『鈍刀を磨く』 ・...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

イベント:女の子と車の扱いが上手くなる走行会2018 締切間近! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/30 16:32:16
イベント:超早朝!!赤城山ツーリング!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/28 08:36:13
旧車イベント紹介、第26回旧車・名車フェスティバル2018 2018年11月3日(土)長野県松本市で開催。2018年9月27日投稿。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/27 21:14:52

お友達

『セリカ』・『ハチロク』・『アクア』・『デリボーイ』の、大好きな車好きの仲間、情報交換しましょう!
1401 人のお友達がいます
LED・HID販売のfcl.LED・HID販売のfcl. *みんカラ公認 zero!zero! *
とんぼ2008とんぼ2008 * さんちゃん?さんちゃん? *
渥美格之進渥美格之進 * 川染川染 *

ファン

198 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
3代目、 セリカ 1600  GT - R  クーペAA63 ・4A-GE (ブラック ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
レトロな、テール ! 「鬼目」と、呼ばれていました~♪
トヨタ セリカ ブラックマスク (トヨタ セリカ)
(S59) 4AーG・AA63 「セリカ1600GT-R」ツインカム・16バルブ・EFI ...
トヨタ セリカ 赤ちゃんこ (トヨタ セリカ)
ずっと  ノーマル  ~  セリカ  GT-FOUR (ホモロゲ=WRC)    ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.