• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

冬いちごのブログ一覧

2018年08月15日 イイね!

シートベルトバット

今年は観測史上初の6月に梅雨明け
7月には観測史上最高気温41.1度を記録
そして8月も残暑が厳しそうですね
夏休みなので今朝ロータスヨーロッパに
乗ろうと思いましたが断念しました
早く涼しくならないかな




ロータスヨーロッパのシートベルトは首のすぐ下の胸
にかかりシートベルトすること自体不快に思っていましたので、、



このようなシートベルトバットが安かった(890円)ので
購入してみました まだ実際のドライブでは使用して
いませんが少しシートに座ってシートベルトした感じは
中々良さそうです



赤いロータスヨーロッパに黒内装色には似合うかも
愛車のちょっとした変化を楽しむのっていいですよね〜〜



早朝もう少し気温が下がったらまた気持ち良い
ドライブを楽しみたいですね







Posted at 2018/08/15 09:27:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2018年08月12日 イイね!

ロータスヨーロッパはスーパーカー❣️

猛暑もひと段落しましたが
まだまだ蒸し暑いですねー
早くカラッとした天気になって
欲しいですね



これはロータスヨーロッパが新車販売されていた
1973年の新車販売をしていたアトランテック商事の
ロータスヨーロッパの広告です
実に素敵な広告ですね



その広告を良く見るとロータスヨーロッパの
価格は4速ミッション仕様が285万円5速ミッション仕様
では315万円でした
ちなみにこの1973年には幻の車ケンメリスカイラインGTR
が160万円でしたのでロータスヨーロッパはケンメリGTR
の倍もする高価な車だったんですね
また1973年の大卒初任給が62,300円で現在が
203,400円ですからロータスヨーロッパの現代の
金額に換算すると1000万円くらいする車だったんです



1973年は日本車も排ガス規制前最後期で元気良く魅力的な
時代だったんですね




また



1977年日本が排ガス規制が一番キツかった時代
(昭和51年排ガス規制、昭和53年排ガス規制)
スーパーカーブーム最高潮の年に



今は無き谷田部テストコースでまだ新車近い状態の
ロータスヨーロッパの最高速、0-400mのテストが
行われ





ウェーバーキャプ仕様ではなんと0-400mを14秒台
最高速も200Kmオーバーと素晴らしい記録を出して
いました



排ガス規制が厳しかった北米仕様のフルノーマル車
でも0-400mを15秒台と排気量1600ccの車としては
立派な記録を出していました
当時ロータスヨーロッパはスーパーカーでは無い
との意見もありましたが、しかし今はこうして
改めてみるとロータスヨーロッパ速さだけでない
車のオーラは紛れもなく素晴らしい
スーパーカーでしたね❣️
















Posted at 2018/08/12 21:17:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | ロータスヨーロッパ | クルマ
2018年08月05日 イイね!

暑くても磨いています!

毎日毎日暑くて、、も〜嫌ですね

あまりに暑いので涼を求めて来ました



あまりに暑いので孫たちと幼い頃泳いだ
清流で水浴びしてしまいました





ここは群馬県上野村の鍾乳洞
外は36度以上でも鍾乳洞の中は11度と別世界で
超涼しかった〜
神秘的で涼しく夏には最高ですね


さて本題の磨きです



ロータスヨーロッパのマフラーは
一本出しでやや斜めなんです
今日はマフラー出口のメッキを磨きましたが
暑くて室内でも作業変更しました







これはロータスヨーロッパのパワーウインドウの
純正スイッチです
某オクて商品ゲットした時に出品者様
よりプレゼントして頂いたものでスペアー品として
綺麗にして保管しておこうと思い磨きましたー



このような模型用綿棒を用意しました



細い綿棒で見えない部分も綺麗に磨きました







磨くまえに比べて磨き大好き人間?が磨くと
こんなに綺麗にになりました❗️

たかがスイッチでも約半世紀前のスイッチと
思うと可愛くさえ見えてしまいます



今日マフラー磨いて気づいたのですが
ロータスヨーロッパのナンバー灯この位置が
オリジナルの位置ですが日本のナンバーですと
ナンバー灯はかなりナンバーから離れてしまって
いるんですね
良くナンバー灯やナンバーの位置を変えてある
ロータスヨーロッパを見ますがオリジナルの
ナンバー灯の位置では日本のナンバーには
合っていないからなんですね







ちなみにフランス🇫🇷のルノーでな
ナンバー灯はこんな感じで付いていますが海外の
ナンバーは横長が多いのか?
やや離れた感じで付いていますが
ロータスヨーロッパよりはましで問題無しですね



先日会社帰りこんな素敵な夕焼けを見ながら
帰ってきました
暑くてもこんな綺麗な夕焼けを見ると
気分良くなりますね〜〜

2018年08月01日 イイね!

パーツ磨き

今日から8月まだまだ暑い日が続きそう
熱中症には気をつけたいですね

あまりに暑いので夜な夜なお家の中て
パーツ磨きを楽しんでいます



ロータスヨーロッパの北米仕様は
フロントサイドのウインカー大きく
本国仕様のロータスヨーロッパの小さな
ウインカーよ存在感が大きいので
あまり人気はないようですが





レンズ類を外し徹底磨きをしました
ルーカス製レンズなんです
レンズの突起文字もくっきり綺麗に
しました



ステンレス部も優しく磨き輝やかせました



老化が始まってきたゴム部も保護剤を塗布し磨き
ました





約半世紀前の部品が丁寧に磨きあげることにより
このように綺麗になった光景はたまらないですね

古いパーツを綺麗にしていくことも
旧車の楽しみでもあるんですね






2018年07月23日 イイね!

純正部品へのこだわり

いや〜しかし今日は記録的な日でしたね〜〜
埼玉県熊谷で国内最高気温に5年ぶりに返り咲き
しかし気温41.1度とは、、また冬いちごの住む隣の市
青梅市も都内初の40度超えとなる40.8度
たまらない暑さでしたね〜〜早く秋にならないかな



車にのメンテナンス、維持の楽しみ方は人それぞれ
リーズナブルに楽しむも良しお金をかけ納得のいく
仕様にするも良し自分のスタイルで楽しむのが
最高ですよね〜〜
冬いちごは限りなく純正部品を使用しながら
維持して楽しむのが車は変われど30年以上まえから
のスタイルなんです



これはロータスヨーロッパ用のフロントブレーキパッド
ルーカスのパッケージものですが中身はロータスヨーロッパ
純正のブマレーキ ガーリック製なんです

が、



パーツカタログにある




この品番の






やはりロータスのパッケージに入っている
純正品にこだわってしまうんです



右が純正のブマレーキパッド ガーリック製
左はルーカス 同じくガーリック製の
ブレーキパッドですが同じガーリック製でも
よ〜〜く見るとなんだが純正のブマレーキパッドの
方が作りが良く見えてるしまうんですですね



ちなみにこちらは以前の愛車スカイラインRS NAの
フロントブレーキパッドなんです
残念ながらいまでは生産廃止になってしまって
いるのですがブレーキパッドくらい供給して
欲しいですよね〜〜



余談ですが日産も昔は左のようなパッケージだったん
ですよね〜〜こちらの方が日産らしいかな❓



ロータスヨーロッパのオイルフィルターなんか
付けてしまえば見えないのですが
それでも純正LOTUSマーク付きにこだわって
しまうんです
人それぞれ少なからずこだわりはあると思いますが
こだわりを持って愛車を楽しむのはやはり楽しい
ですね

自分の思ったこだわりを貫くことが憧れですね〜〜






Posted at 2018/07/23 21:35:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロータスヨーロッパ | クルマ

プロフィール

「シートベルトバット http://cvw.jp/b/1720266/41834777/
何シテル?   08/15 09:27
冬いちごです。よろしくお願いします。 スカイライン一筋34年間 S54~R30まで桜井眞一郎氏が 手がけたスカイラインに乗ってきました 自分の中でス...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

LOTUS車載工具 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/20 21:41:52
トゥインゴGTで軽く新緑ドライブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 16:21:33
準備着々と 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/13 14:48:39

ファン

93 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
スカイラインRSを大切に所有しています スカイライン一筋32年目です スカイライン好きな ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.