• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kouki☆のブログ一覧

2018年08月12日 イイね!

ロケハン1日目

ロケハン1日目12日から8連休のお盆休みに入ったものの、連休中は曇り空ばかりで星空が撮れなくてイマイチテンションが上がらないどうもkouki☆です。





連休初日は午前中に洗車をして愛車を綺麗にしました。
alt
愛車が綺麗だと連休も気分良く過ごせますからね♪
毎回、ホイールの裏側まで綺麗にするのが拘りです。





洗車を終えた後は、以前から気になっていた場所へドライブがてらロケハンしてきました。
向かった先は高萩市にある「さくら宇宙公園」

パソコンでご覧になっている方は画面を右にスクロールをお願いします。
画像が大きく表示されます。



正式名称は「高萩市衛星通信記念公園」
750-0653
公園内には2基の巨大なパラボラアンテナがあり、この「さくら宇宙公園」を象徴する建造物でもあります。
さくらの名が示す通り、春には満開の桜とパラボラアンテナの見事な景色を楽しむことが出来る場所なのです。

更にこの場所はもう一つ
夜になると星空が綺麗に見える場所でもあるのです。
パラボラアンテナと星空のコラボなんて星景写真を撮るにはぜひ撮りたいと思う場所なのです。
星をグルグルさせた写真なんてまさに最高の組み合わせではないかと☆彡

インスタやツイッターでアップされている素晴らしい写真の数々を見ていると、いつか自分もここで星空の写真を撮りたい!
ずっとそう思っておりました。

今までタイミングが合わず、ずっと行くことが出来ませんでしたが、今回はこの休み中に星空の写真を撮れたらと思い、ロケハンをしてきたのです。
今回の撮影に使用したレンズは先日購入した
NIKKOR 20mm f/1.8G EDのみ
それとサブのカメラで
RICOH GR2
この2点だけです。



ここのところ雲が多い日が続いていましたが、時折、青空も現れて夏らしい写真撮影になったかと思います。
暑かったですけど(;´Д`)



せっかくなのでアンテナさんとPoloさんのコラボ撮影♪

1710-jpg-0706








1710-jpg-0705
20mm単焦点レンズ、最初はその画角からあまり出番もなさそうだし、自分には扱いづらそうなイメージがあったのですが、いざ使ってみると超広角ならではの画面全体に全てを写し込むその描写能力は目の前にある巨大な被写体を写したい時に非常に重宝しますね。

そしてなんといっても軽い!
レンズ単体で約355gという驚異的な軽さ。
撮影がとっても楽です♪
久しぶりに単焦点レンズを購入しましたが、やはり単焦点レンズの写りの良さを再認識しました。










GR2でも撮影してみました。
750-0000068
単焦点28mmレンズなのでアンテナも入れつつ、Poloさんの撮影が出来たのは良かったです。
そしてこの写りにも大満足です。
写真はやや青味がかった印象があったので、ホワイトバランスの調整をして他は微調整したくらいです。





これは、カメラ内でRAW現像してちょっと遊んでみました(笑)

750-0000068-2
カメラ内で現像できる機能が扱いやすくて便利なので気に入っています。












750-0673
このアンテナの存在はずっと前から知っていましたが、私にはこれがどうしてもZやZZに出てくる「ラビアンローズ」に見えてしまう件(笑)










反対側からもアンテナさんとPoloさんのコラボ撮影をしてみました。

750-0700






これもGR2にて撮影
750-0000056
やはり、ホワイトバランスの色味が気になるので調整
でもこれもやや青味がまだ残ってる感じ?

もう少し使い込んでカメラの設定をいろいろ試してみたいと思います。










私が訪れた時はちょうどタイミング良かったのかアンテナが可動していました。
750-0735
最初に来た時は真上を向いていたアンテナはゆっくりゆっくりと動き出し、真横に向きを変えました。
これ、タイムラプスで撮ったら面白そうだな~なんて思ってみたり😊








750-0765


広角レンズを購入したことにより、これでようやく自分が撮りたいと思っている景色が撮れそうです。
連休中は天気が悪く、星空の写真を撮れそうにもありませんが、とりあえずロケハンして感覚だけでも掴めたので良い経験になりました。


連休中は特に出掛ける予定もないのですが、「大谷資料館」には行く予定なので、ここで思う存分撮影を楽しめたらと思います。
Posted at 2018/08/14 11:46:55 | コメント(6) | トラックバック(0) | フォトライフ | 日記
2018年08月05日 イイね!

試し撮り♪

試し撮り♪先日、新しく購入したレンズとサブで使うカメラが届いたので、試し撮りに行って来ました。



alt

新しく購入したのは

レンズ
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

カメラ
RICOH GRⅡ




レンズは前々から欲しくて、特に今年の夏は星空を撮りたい!という強い思いもあり、今年の夏のペルセウス座流星群のピークが新月と重なる事からベストな観測条件となっているのです。
このベストなタイミングで撮影するなら、新しいレンズで撮影してみたい。
20mmという超広角レンズならでは描写能力に惹かれていたのもあって、思い切って購入することにしたのです。





カメラはここ最近になって急に気になりだして、かつてはサブのカメラを所有していましたが、現在は所有していないこともあって、コンパクトなカメラを検討していました。
中でも特に評判の良いRICOHのGRⅡというカメラは割り切った仕様ながらも、コンパクトなボディにAPS-Cサイズのセンサーを搭載したカメラ
一眼レフカメラに匹敵する画質を軽量コンパクトなボディで撮れるというのは最大の魅力でした。
ネットで毎日の様に情報を収集し、ますます欲しい気持ちが強まり。。。


結果、レンズ購入の勢いでサブのカメラも購入してしまいました。









撮影は涼しくなった夕方から定番の撮影スポットにて
まずはGRⅡにて撮影

最初の2枚はGRⅡにて撮影しています。
半月ほど洗車をしていないので、クルマが汚れた状態での撮影となってしまったことが残念。



パソコンでご覧になっている方は画面を右にスクロールをお願いします。
画像が大きく表示されます。
1710-jpg-0000028
Lightroomにてレタッチこそしていますが、これがコンデジの描写!?
それくらい綺麗に撮れることに驚きました。
コンパクトなボディにこの描写能力は反則です(笑)







1710-jpg-0000025
いっぽうで、このコンデジ、ズーム機能がありません。
35mm判換算で28mmレンズという仕様になっている為、画角を変えるには撮影者自身が動く必要があります。
手ぶれ補正機能もありません。

GRは画質とスナップショットに特化したカメラなのです。








ここからはAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDにて撮影した写真になります。


1710-jpg-0586
初めて所有する超広角レンズを使っての撮影。
ファインダー越しに見る景色は肉眼で見る以上に広い範囲を写し出してくれます。










1710-jpg-0573
撮影日の数日前から綺麗な夕焼けが見られる日が続き、この日も綺麗な夕焼けが見れました。
残念ながら雲が多く、夕日を見ることは出来ませんでしたが、オレンジ色に染まった空は綺麗でした。

こんなことならクルマを洗車しておくんだったとちょっと後悔(^^;








1710-jpg-0583
写真見て思ったのですが、ひょっとしたら、時期が合えば、背後にある茨城県警に太陽が沈むダイヤモンド茨城県警(笑)を撮影できるチャンスがあるかも知れません。
面白そうなので、狙ってみたいと思います。














1710-jpg-
綺麗な夕焼けが見れただけでも、良かったです。





今週頑張れば、いよいよお盆休み♪
休み中には新しいレンズをもって星景写真を撮りにいく予定です。
まずはペルセウス座流星群
大洗の神磯の鳥居から狙いたいところですが、家族で行くので、カメラマンがいる場所に一緒に居させるのも迷惑になりそうなので、場所は離れたところからの撮影になりそう。
おそらくは星景写真ではなく星空の写真となりそうです。
それでも観測条件が揃っているので、天の川を入れつつ流れ星が撮影できたらなと思います。

なので、星景写真としてとるなら、後日改めて撮影に行こうと思っています。
とりあえず今のカメラでインターバル撮影をまだやった事がないので、事前に練習して操作に慣れておかなくちゃ





その後は、ずっと思い描いている場所での撮影。
新しいレンズとカメラで撮影するのが楽しみで仕方ありません。



Posted at 2018/08/08 00:11:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | フォトライフ | 日記
2018年08月01日 イイね!

ゴルフ ハイライン試乗

ゴルフ ハイライン試乗   先日、Poloさんのウォーターポンプ交換でディーラーに車を預けた時に代車でお借りしたのがゴルフのハイラインでした。


車を預ける前に代車は何が来るか楽しみにしていたのですが、まぁ同じPoloか6型のゴルフとかかなぁなんて思っていたらまさかの現行型のゴルフでハイラインじゃないですか!
しかもマイナーチェンジ後の7.5型ときました。
車検証で登録日を確認すると6月に下ろしたばかりで、室内にはまだ新車の香りが漂っていました。
これには驚きました。

最悪、軽自動車も想定していたのですが、ディーラーも自社のクルマの良さをアピールすべくこの様な代車を貸し出すのでしょうね。



せっかくなので、この代車生活を楽しもうと思い、一泊二日の代車生活を満喫しました。





仕事帰りに車を預けて代車を引取り
日が暮れる前と翌日は雨の予報だったので、車が綺麗なうちに記念撮影をしておきたくて、定番の撮影スポットにて撮影。


7.5型 ゴルフ ハイライン
alt
代車は話題のデジタルメータークラスターやダイナミックインジケーター付のLEDテールランプも装備しており、その他の装備も充実していることから特別仕様車のテックエディションだと思われる。

完全に営業かけてますね(笑)






それまで私がゴルフに持っていたイメージは、Cセグメントのベンチマーク的存在であり、常にライバル達よりも一歩先を行く存在であるというイメージ
見た目は奇をてらわずぱっと見はおとなしい印象なので無難なデザインに見えてしまうところ
内装は特に興味もなかったので、まじまじと見た事が無く、作り込みのしっかりとしたインテリアといった認識程度

alt
良いクルマであるという認識ではいたものの、それまでの私は特に動力性能の良いスポーツタイプの車種が特に好みであることから、大衆車である通常モデルのゴルフに特に興味はありませんでした。

興味があったのはゴルフRやゴルフGTIであり、昨年はゴルフRはDSGモデルのヴァリアントと6MTのハッチバックに試乗しています。


しかし、今回のハイラインの試乗でゴルフの凄さを思い知りました。
前日に新型Poloのハイラインを試乗しており、同じハイライン対決となった訳ですが、後からデビューしている新型Poloは普段使いで何の不満もなく使えて、6Rポロユーザーである私からすれば、先進機能満載で非常に魅力的なクルマに映りました。
しかしそれがゴルフに乗ると、明らかにワンランク上の上質感がある事に気付くのです。
車両価格が違うので当たり前なのかも知れませんが、ゴルフに乗ってしまうとPoloはやはり見劣りする部分もありますね。



ライバルと比べると価格も高めで、もはや大衆車という価格設定ではなくなってきていますが、それでもその価格以上に作りの良さを実感できるかと思います。







alt
LEDを採用したフロントウインカー
7.5型になってこの形状になりましたが、光り方がとにかくカッコイイ!
ポジションランプとしても機能し、ウインカー発光時に切り替わる構造になっています。








alt
7.5型にモデルチェンジして最大の変更点はこのダイナミックインジケーターだろう。
高級感溢れるデザインはクラスを超えたもの
ウインカー作動時の流れる感じが、これまた素晴らしく、滑らかに「にゅう~」っと伸びていく感じ。
昨今流行りのシーケンシャルウインカーですが、その作動時のモーションは各車様々。
流行りの機能をユーザーにアピールするために採用したクルマが多くなっていますが、作動時のモーションがカクカクした感じのタイプは見た目もあまり綺麗な印象ではないですよね。
ゴルフの場合はこれがとっても綺麗なモーションで作動するのです。










alt
これは後続車にアピールしている感がありますね。
実際、自分もこの7.5型のゴルフの後ろに付いた時にこのダイナミックインジケーターを見て、これはカッコイイ!と思った装備でした。










高級感溢れるインテリア

alt
運転席に座ってまず驚くのは、座った瞬間にこれはいいモノだと感じさせてくれる作り込み
スポーツタイプのシートを採用したハイラインは、先日試乗したPoloハイライン同様、疲れを感じさせないシート形状という印象







alt
話題のデジタルメータークラスター 「アクティブインフォディスプレイ」を採用
メータークラスターに様々な情報を表示することが可能で、ナビ画面を写し出せるのが最大の特徴。

自分は古いタイプの人間なので、試乗前はこの最新鋭のアクティブインフォディスプレイ、カッコイイんだけど、メーターはやはり従来のアナログタイプの方がスポーティーでカッコイイし、あえて選ぶ様な装備でもないと思っていたんですよね。

でも実際に使用してみたら、そこまでの違和感もなく使いやすかったです。
気になったのはナビの位置
エアコン吹き出し口の下に設置されたナビ画面は、画面を見る時は目線をやや左斜め下に向けなければならず、これが意外と不便だった。
新型Poloでは、エアコン吹き出し口をナビの下に配置して、メーターと横並びになるように設置されている。
これだと目線の移動も最小限で済むし、何よりも見やすかったです。

ナビの性能はとても良いと思います。
情報もきめ細かに案内してくれるし、何よりも画面が綺麗です。

扱いづらいと感じたのは、ジェスチャーコントロール
ナビに手をかざして左右に動かすだけでラジオの選局等ができるという機能なのですが、どうもこのジェスチャーコントロール機能がうまく機能しないのか、画面が切り替わったりすることがなかなかありませんでした。これならタッチして操作してしまった方が早いと感じました。




翌日に撮影したメーターまわり
alt
メーターの大きさやナビ画面の大きさを変えられます。







alt
走行500km未満のまだナラシも終わらない新車を代車として貸し出してくれたディーラーには感謝。






エンジンはハイラインなので1.4リッターになります。
alt
このエンジンがとても力強く、日常使いにおいてはまったく不満を感じることがありませんでした。
加速もスムーズで、Poloを試乗した時に感じたややガサツな印象も全くありません。
1.4リッターエンジンには気筒休止機能が備わり、必要ない時は2気筒を休止させてエンジンを動かしているのですが、その動作はアクティブインフォディスプレイにて確認出来ますが、表示されないと全く分からないくらいにスムーズに機能しています。


高速道路で試乗もしましたが、足まわりはさすがドイツ車
吸いつくような走りですね。
とても上質な乗り心地で、これには感動しました。
このクラスでここまで走りの良いモデルって凄いなと思います。

自分のPoloと比べると、高速道路ではより安定している感じです。
ただ、ステアリングの路面から伝わるダイレクト感はPoloの方が好きですね。
慣れてしまえば全く気にならないですが。







alt
トランクスルー機能を備えたラゲッジルームは容量もあって使いやすそうです。
Poloにはトランクスルー機能もなく、容量も小さいのでこのスペースは羨ましいです。









撮影していたら次第に日も暮れはじめ、空が綺麗に焼けてとても綺麗だったので、記念撮影をしておきました。

alt
綺麗な夕焼けでしたが、仕事帰りでスマホしか持っていなかったのがちょっと残念^^;









alt









alt
7.5型であまり好きではないのがこのリアビュー
メッキパーツを使用して高級感の演出をしたリアバンパー
これが個人的に好きになれない。
マフラーエンドを模した形状のメッキパーツはいっけん迫力がある様に見えますが、すぐにダミーだと気付くもの
肝心のマフラーはどこにあるのかと思いきや、バンパー下に隠れる様にセットされていました。
マフラーはデュアルタイプのマフラーが装着されていたので、それならば、きちんと見せてアピールしても良かったんじゃないかと思う。
マフラー音もなかなか心地よい音を奏でてくれるので、これなら7型のデザインの方がスポーティーで好みでした。


















alt











alt




 




alt
綺麗な夕焼けに癒された仕事帰りでした。



一泊二日でお借りしたゴルフですが、返却するのが名残惜しいと思うくらいとっても良いクルマでした。
クルマに乗ってここまで衝撃を受けたのは初めてでした。

全てにおいて高次元で作り込まれている印象なのです。
スペックだけ見てたらこの良さは絶対に伝わらないと思います。



ゴルフがこのクラスにおいてベンチマーク的存在である理由が良く分かりました。
ますますフォルクスワーゲンというメーカーが好きになりました。

次は新型Polo GTIに試乗してみたいですね。

Posted at 2018/08/03 01:09:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | カーライフ | 日記
2018年07月30日 イイね!

第14回珍しい車の夏祭り

第14回珍しい車の夏祭りすっかりアップするのが遅くなってしまいましたが、今年も道の駅いたこで開催された「珍しい車の夏祭り」に行って来ました。






1710-jpg-9760

毎年7月の海の日を挟んだ連休に開催されるこのイベントも今年で14回目となります。
私が初めて行ったのが2013年の第9回のとき

その時に間近で見るミウラとカレラGTに衝撃を受け、更にはエンジン始動、走行までするというイベント内容にくぎ付けとなり、以来、毎年通うようになったのです。


第9回からずっとブログにアップしているので、書いていますが、ここに展示されているほとんどの車両が潮来では有名なネオン会社の社長のコレクションなのです。BSのテレビ番組「おぎやはぎの愛車遍歴」にも出演された事があるので知っている方もいるかもしれませんね。

過去ブログには動画も貼り付けたものもアップしていますので、お時間のある時にスーパーカーの迫力あるサウンドをお楽しみください。

クリックで過去ブログの一覧へジャンプします。


そのコレクションといったら凄いのひとことです。
道の駅に展示されている車両も動態保存をメインとしているので、ほとんどがナンバー付きの車両なのです。100年前のT型フォードまであったりします。



そんな非常に珍しい車達を今年も炎天下の中で撮影してきましたので、一部ではありますがご覧くださいませ。
そして今年もレースクイーンの撮影会が2日目にありましたので、それをお目当てで行ってきたというのもあります(笑)
レースクイーンの撮影会は2日目のみ
最終日の3日目はレースクイーンの撮影会こそありませんが、ミウラをはじめカレラGTやレアなスーパーカー達が道の駅から出て公道を走る姿を見られるので、こちらも見応えある内容となっています。


パソコンでご覧になっている方は画面を右にスクロールをお願いします。
画像が大きく表示されます。





今年もミウラに出会えました。

1710-jpg-9734
素晴らしいまでのコンディションを維持しているミウラ
このミウラは生産台数の少ないSVであり、これが会場でタイミングが合えばエンジン始動のサウンドを聴くことができるチャンスもあるのですからこれだけでもここに来る価値があるというもの。







1710-jpg-9730
インテリアもとても綺麗な状態を維持しております。
これがホントに45年以上前のクルマなのかと思うくらい








1710-jpg-9736
ここに来るとアヴェンタドールも普通に見えてしまうから不思議なものです(笑)












1710-jpg-9739
自分もこの手のイベントではアヴェンタドールは何度も見ているので特に珍しさは感じなくなりましたね(笑)









1710-jpg-9740
珍しい黄色の2000GT
後期型で採用された純正色らしく、なかなか目にする事のないボディカラーだと思います。
そもそも黄色が設定されていたこと自体が意外ですよね。








1710-jpg-9747
アキュラNSX
NSXはやはりリトラクタブルヘッドライトを採用したこの形を真っ先にイメージします。








1710-jpg-9749
何年たっても色あせないクルマ










1710-jpg-9757
コルベットZ06 「Z07パッケージ」
こちらの車両も知る人ぞ知る、潮来の釣り具屋のオヤジのあの方のお車です♪







1710-jpg-9759








1710-jpg-9765
ダッジ チャレンジャー
この日、気になって仕方なかったクルマ
この悪そうな顔立ちがたまらなくカッコイイ!
自分じゃ絶対に似合わないクルマですが、だからこそ魅力を感じてしまうのです。






1710-jpg-0166










1710-jpg-9811
私がこのイベントでいちばんのお目当てのクルマがこのカレラGT

初めて行った時にその存在すら知らず、初めて聞いたエキゾーストノートに言葉も出ないほどの衝撃を受け受け、以来、毎年このカレラGTのエキゾーストノートを聞きたくて通っているといってもいいくらいです。

スーパーカーはいろいろ見ていますが、カレラGTはいまだこのイベント以外でお目にかかったことがありません。






1710-jpg-9827
991GT3RSは2台展示されてました。











1710-jpg-9834









1710-jpg-9837









1710-jpg-9858
道の駅いたこの近くにあるサーキットの狼ミュージアムからはカウンタックLP400Sの展示がありました。







1710-jpg-9844
スーパーカーブームの世代の人達からすれば真っ先にイメージするのはこのカウンタックでしょうね。
自分も子供の時に父親に連れられてカウンタックと一緒に撮った写真があるはずなのですが、見つからないまま現在に至っています。








1710-jpg-9847
アヴェンタドールSV
通常モデルよりも更に高性能になったSVはさすがに目を引きますね。





1710-jpg-9850








1710-jpg-9861
大きくそびえ立つ巨大なリアウイングとカーボン製のディフューザーが目を引きます。






昨年からはバイクの展示もありました。
バイクには詳しくないので、写真を撮らずにスルーしてましたがこのバイクはカッコイイなと思ったので撮影してみました。
1710-jpg-9864
カワサキ マッハ3
750ccで3気筒2ストエンジンの音は迫力あるサウンドでした。
バイクは普段撮る機会がないのでどう撮ればカッコ良く映るのかが分からず難しかったです。







1710-jpg-9868









1710-jpg-9883











1710-jpg-9892
こちらのAMG SLS サーキットの狼ミュージアムに展示されていた車両でしょうか。









1710-jpg-9888
横から見るとロングノーズショートデッキであることが良く分かります。








1710-jpg-9895
数年前にお台場のイベントでこのAMG SLSのロードスターに同乗走行体験できた時の嬉しさは今でも忘れられない。








1710-jpg-9876
ガルウィングが開いていたので、せっかくなのでコックピットを撮影させてもらいました。







午前中に一通りのクルマの撮影を終えた後はサーキットの狼の作者でもある池沢早人師先生によるトークショーがありました





1710-jpg-9898
トークショーの後はサイン会とレースクイーンの撮影会があり、私はこの日のもうひとつの楽しみでもあるレースクイーンの撮影会に参加してきました。


以下、2名のレースクイーンによる写真となりますので、似たような写真ばかりになってしまいますが、ご覧いただければ幸いです。




モデルさんは昨年とは違うレースクイーンでした。

1710-jpg-0006
昨年とは違ったスタイルでの撮影会となり、レースクイーンが車の前に立って、移動しながらの撮影会でした。
二人とも綺麗な方だったので、これから撮影するのが楽しみでテンションが上がっていました。












1710-jpg-9979






1710-jpg-9971













1710-jpg-9930







こちらのモデルさんはカメラを向けると様々なポーズを披露してくれたので撮影している私も気分が良く、ノリノリな感じで撮影できました。
1710-jpg-9992

強い日差しの中で行われた撮影会はじっとしていると汗をかくほどの暑さでした。
この炎天下の中での撮影会はモデルさんもかなり大変だったと思います。


この日、私は暑さ対策で水筒を持参して行きましたが、持って行って本当に助かりました。
水分補給をこまめにしたことで、クルマの撮影はもちろん、午後のレースクイーンの撮影会もばてることなく撮影に集中できました。








1710-jpg-0025












1710-jpg-9948
撮影時は「目線くださーい!」しか言えない自分にとっては、様々なポーズを披露してくれたこちらのモデルさんは撮影するのが楽しかったです。






1710-jpg-9957










1710-jpg-9960








1710-jpg-9962









1710-jpg-9914












1710-jpg-9912











場所を変えながらの撮影会だったので、強い日差しによる撮影の難しさがありました。
1710-jpg-0091











1710-jpg-0090










1710-jpg-0126










最後はトークショーのMCの方も加わって3人での撮影会となりました。
1710-jpg-0148




レースクイーンの撮影会楽しかったです~ (⋈◍>◡<◍)。✧♡


気が付けば、レースクイーンを撮影した枚数がクルマを撮影した枚数とほぼ同じでした(笑)
まぁ、目的の半分はレースクイーンの撮影をしたくて行っているようなものですからそうなりますよね。


暑い中の撮影は大変だったけど、珍しい車を見れて、レースクイーンの撮影もできたイベントは非常に楽しかったです。
来年も行くとしたらレースクイーンの撮影会がある日に照準を合わせて行くつもりです。



さて、次のクルマのイベントは9月ですね。
ツインリンクもてぎのアメリカンサンデーと笠松運動公園の日立くるまフェア
どちらも開催日が被ってますね。

日立くるまフェアは国内外のクルマを数多く試乗できるチャンスなのでこれは行きたい。
アメリカンサンデーは行ったことないので、面白そうな予感。
ドラッグレースとかあるので撮影するならこっちかな?
2日間に渡って開催されるので、両方とも行くのもありですね。
とりあえず気の向くままに(笑)

Posted at 2018/07/30 22:27:06 | コメント(4) | トラックバック(0) | 珍しい車の夏祭り | 日記
2018年07月25日 イイね!

輸入車の洗礼を受ける

輸入車の洗礼を受ける昨日の仕事帰りにポロさんをエンジン掛けたら、何やら盛大にカラカラカラ〜と盛大な音が発生。

ディーゼル車にでもなったのかと思う位の盛大な音(笑)

エンジン暖まると少しは音が小さくなるものの、走行中も耳を澄ませば聞こえてくるレベル

こりゃ何かあるなと思い、帰宅してググってみると。。。


どうやら6Rポロに限らずですが、この年代のフォルクスワーゲン車には燃料パイプの部分がアイドリングの振動と共振してしまい、そこからカタカタ音がする事例があるそうで、定番のトラブルだそうで。

走行には影響なさそうですが、このまま乗り続けるのも精神衛生上良くないのと、何より信号待ちでちょっと恥ずかしいですよね。


どうやら対策品も出ているみたいなので、本日、仕事帰りにディーラーへ行ってきました。
新しいPoloも見たかったし♪


サービスの方に症状を説明したら、定番のトラブルなのか、すぐに分かってくれたみたいで、ちょっと試乗して確認しますとのこと。


待ち時間の間にショールームのPoloを見ていたら、営業の方が対応してくれて、いろいろと新しいPoloについて話してくれました。

試乗車もあるとの事なので、せっかくなので、待ち時間の間に試乗してみる事に♪

試乗したのはPolo ハイライン



Poloの中でも上級グレードです😃

ショールームにはトレンドラインとコンフォートラインが展示されていましたが、やはり上級グレードのハイラインは高級感がありますね。


新しいPoloこれ凄いかも
まずショールームで座ってドアを閉めた時の音!
この音で、これ凄いかも?と思わせてくれる感じが伝わって来たのです。
重厚感のあるドスンという音。
ボディの剛性感が伝わって来るかのような作りはこのセグメントでこれだけしっかりした作り込みはちょっと凄すぎです。

それもこれもMQBというフォルクスワーゲンのプラットフォームのおかげなのかも。

自分のクルマもダウンサイジングターボ車のカテゴリーに入るかと思いますが、よりエコなダウンサイジングターボ車に試乗するのは初めてでした。

試乗する前は3気筒、1000ccのエンジンを積んだクルマの乗り味ってどうなのよ?
ちょっとガサツな感じ?95馬力のエンジンでは市街地の走行もストレスありそうだな〜
なんて感じでいたのですが、運転してすぐにそんな思いすら感じさせない程にスムーズに走るじゃありませんか!

まず運転席に座って驚いたのが、シートの出来の良さ!
これはホントにいいですね。
自分のGTIのシートと似たような座り心地で、やや張りのあるシートは座った瞬間にあっ( ´ ꒳ ` )💡
これ、長距離運転でも疲れないシートだとすぐに判断できるものでした。

走りも市街地の走行では、全く3気筒1000ccを感じさせない走り。
言われなければ分からないほど
途中、前方がクリアな状況だったので、アクセルを踏み込んでみると、
しっかりと加速してくれ、必要十分な加速を得られました。
ただ、アクセルベタ踏みすると3気筒エンジンなのもあってかややガサツな感じになりますね。でも普段使いには十分な走行性能があるなと感じました。
ハイラインなので、インテリアは豪華だし、エクステリアはLEDヘッドライトがなんといってもカッコイイです。
実車を目の当たりにして凄いなと思ったのはサイドのプレスライン
なかなかこういったデザインを採用しているクルマもないのでこれはカッコイイですね。

初めてACCを体験しましたが、これ凄い装備ですね。
自動で前車に追従してくれて、車間距離も一定に保ってくれて、停車も自動で止まってくれるなんて驚きです。
同乗した営業マンの方が設定してくれましたが、初めて停車する時は、ぶつかると思ってビビって先に自分でブレーキ踏んじゃいました(笑)
その後、きちんと作動させてみましたが、いや驚きの機能ですね。
こんな装備が備わっているなんて、ここ数年のクルマの進化に驚かされました。

ボディサイズも3ナンバーになって大きくなった事で車内も広くなり、何よりトランクルームの容量が増えているのが嬉しいですね。

新型ポロ いいクルマだな〜とつくづく思いました。

営業の方にGTIは入ってくる予定はないのか聞いてみたら、今後入ってくる可能性があるとのこと。
GTI乗りとしては是非とも新型PoloのGTIに試乗してみたいのです。


3気筒1リッター 95馬力エンジンであれだけの走りをするのですから、4気筒 2リッター 200馬力エンジンはいったいどんな走りをするのだろうかと想像してだけでワクワクしてきます(((o(*゚▽゚*)o)))

試乗が終わってショールームへ戻るとサービスの方からPoloさんの症状について説明がありました。


診断の結果はまさかのウォーターポンプの交換になると

燃料パイプからの異音ではなく、ウォーターポンプの部分に不具合が見つかり、そこからカタカタ音が発生しているとのこと

とうぜんそのまま乗り続けることも出来ないので、部品交換となりました。
走行25000kmでこのような症状が出るとは😵💦

修理代はなんと8諭吉😱😱😱
まじかー

この辺りは国産車の感覚でいうと、走行距離もまだまだ少ないし、トラブルフリーな感じでいたのですが、やはり輸入車となるとちょっと違ってくる感じですね。


思えば旅行に行く前からエンジンルームからごく僅かながらもカタカタ音がしていた様に思う。
とりあえず旅行から何事もなく無事に帰って来れたのは良かった。

ウォーターポンプの交換で8万円が国産車と比べて高いのかどうかは分かりませんが、少ない走行距離でもこの様なトラブルが発生することに早くも輸入車の洗礼を受けた感じがしたkouki☆でした。

中古の輸入車に乗るなら、保証のある認定中古車が安心したカーライフを送れるということを身をもって実感しました。

金曜日にPoloさん預けて、土曜日に引き取り予定です。
さて、代車は何が来るのかな〜

はぁ〜

でも痛い出費だわ
新しいレンズ買えたな( .. )↯↯

Posted at 2018/07/25 20:45:44 | コメント(7) | トラックバック(0) | カーライフ | 日記

プロフィール

「今年も大谷資料館に行ってきました。
館内の気温は13℃しかなく、そこはまさしく天然の冷蔵庫です🐧🐧🐧

何シテル?   08/16 21:17
休日はカメラを持ってまだ見ぬ茨城県内の絶景スポットを求めて撮影に行く事が楽しみになっています。 カメラの腕はまだまだ未熟ですが、見に来てくれた人が少しでも喜ん...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

恐らく生涯一度きり! トヨタ センチュリーの後席試乗会フォトレポート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/13 20:05:55
アイドリング時のカタカタ音対策(自己流) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/24 20:14:44
レンコンホイール+サマータイヤ履き替え前に... 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/26 08:13:15

お友達

ガンダム好きな人、同じPOLO乗りの方、それ以外でも車が好きな方、ドライブが大好きな人はお友達になってくれたら嬉しいです。
特にカメラを趣味にしている方は大歓迎です。
お友達になっていろいろと情報交換が出来ればと思います。
120 人のお友達がいます
GJr.GJr. * kenji(再)(再)kenji(再)(再) *
creative311creative311 * シン@009シン@009 *
REVOLTREVOLT *みんカラ公認 TEINTEIN *みんカラ公認

ファン

35 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ポロ Poloさん (フォルクスワーゲン ポロ)
欧州ホットハッチに乗りたい気持ちからPOLO GTIを相棒として迎えることになりました。 ...
その他 ジャイアント 蒼き流星 (その他 ジャイアント)
GIANT ESCAPE R3 通勤や休日のサイクリングに活躍してくれる良き相棒です( ...
レクサス IS 深紅のIS (レクサス IS)
スポーツセダンに乗りたくて、IS350version Sを中古で購入。 純正プラスαの ...
トヨタ アルファードG トヨタ アルファードG
前車はアルファードGに乗っていました。 DIYでLEDのドレスアップが楽しくて、夜はちょ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.