• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

れいぽんのブログ一覧

2019年02月17日 イイね!

休日の暇つぶし?第3弾〜ストラトス編

休日の暇つぶし?第3弾〜ストラトス編私の町ではここしばらくは大雪が続いています。こんな天気の日はどこに行くにも余計に時間がかかりますし結構、外出するのも億劫なものです(^^;

そんな時に私が近頃行っている「暇つぶし」を紹介しましょう(笑)わたしの場合、ただただ機械的に手を動かすのも時にはいい気分転換になります ^^)

今回はラリーの歴史の中でも屈指の名車と言える「ランチア ストラトス」のロゴを作ってみました。

ストラトスはラリー好きの方には説明する必要もない程の偉大なマシンですが、個人的にもラリーカーの中で一位、二位を争うほど大好きなマシンです。


何にでも「事の始め」がありますけど私にとってのラリー(WRC)原体験はストラトスかなと思います。


その初コンタクトは当時、祖父がプレゼントしてくれたアリタリアカラーのカーナンバー1のストラトスのラジコンでした。私が幼いころは模型店巡りを一日中付き合ってくれたり、一晩中『戦艦武蔵の最期』を語って聞かせてくれるような理想的(笑)でやさしい祖父は私を大変可愛がってくれました。

…しかしこのストラトスのラジコンの時ばかりはちょっとばかり残念に思った記憶があります(^^;
今となっては申し訳ない限りなのですが当時はストラトスどころかラリーなんてよく分かってませんでしたし、どうせならポルシェ936とかフェラーリ デイトナとかの方が良かったんですね(笑)え❕ディーノのエンジン…V6かぁという感じで(^^;

まあ現在の趣味を思えば祖父は私の事をよく理解していたといえます(笑)


ストラトスを語るには外せないキーワードの一つがベルトーネとガンディーニの存在でしょう。
土臭いラリーカーのピラーに、しゃれたロゴが燦然と輝きます。ラリーに勝つためだけに生まれた突然変異種でありながら、どことなく漂うエキゾチックカーの色気。よく見ると特有の四角いドアハンドルとかベルトーネらしい記号も見つけることができます。

ピラーのロゴはあの摩訶不思議な『ストラトス・ゼロ』とこのマシンがどこかでつながっている証拠ですね。



ストラダーレなら綺麗な空色が好きですね。ストラトスとブルーの取り合わせは意外にも良く似合います。
青の色味こそ違いますがダルニッシュのシャルドネカラーのストラトスも鮮烈な青とそのボデーカラー同様の鮮烈なストーリーで大好きな1台です。


現代ではこんな破天荒なマシンが誕生する余地はないかもしれませんがストラトス同様の『夢』のあるマシンがWRCにまた登場して欲しいですね(^o^)




Posted at 2019/02/17 22:59:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | ミニカー | 趣味
2019年02月10日 イイね!

「道北ラリー懇談会?」開催‼

「道北ラリー懇談会?」開催‼記録的な大寒波が直撃中の日本列島ですが皆さん元気にお過ごしでしょうか?

道東では-40度に達したところもあるようで、-20度ぐらいで大騒ぎしていられません…しかし昔は-30度もそう珍しくはありませんでしたが近年はそんなに冷え込むことは少ないので20度ほどでも体に相当堪えますね(^^;
‥といいながら表題の写真がアイスと言う北海道あるある(笑)

こんな天気ですが先日はラリーの友人であるGUTSさんのお誘いで「道北ラリー懇談会」に参加してきました。


この会は道北エリアで活躍されている現役のエントラントの皆さんの会ということで、いろいろと勉強になる話もお聞きできるかなと思い「プロのギャラリー(笑)」としてお邪魔することにしました。

事前にメンバーは全員聞いておらず初対面の方も多そうでなのでちょっと緊張して会場のイタリア居酒屋風のバルに入ってみると… とらっちょ。さんにアニキさん❕それに道北在住の現役ドライバーであるT先生❕

ははは‥初対面というかよーく存じ上げている方ばかり(笑)完全にGUTSさんと今回幹事をしてくれたKAZUL@GE8さんに一本取られました ^^) _

そして、途中からはベテランのエントラントのRTCのSさんにも加わっていただいてラリーよもやま話で大いに盛り上がりました♪




〈RTCとかち2018にて〉
この穏やかな表情の方がこのマシンのドライバーとは思えないのですが(笑)


〈EZOサマーラリー2018にて〉
KAZUL@GE8さんもコドラは続けられるそうでこれからの活躍も楽しみです!


前戦ブリザードラリーの話から近年の地区戦の話、全日本の話、昔のアベレージラリーでの自主規制が掛りそうな(笑)話まで面白い話が出る出る ^^) 当然話が尽きるわけもなく気づけば2次会まで突入して
解散は午前2時でした(笑)

なかなかラリー会場ではエントラントの皆さんとゆっくり話す機会は少ないので今回はホント楽しかったです(^^♪参加された皆さんありがとうございました。




Posted at 2019/02/11 00:12:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | ラリー懇談会 | 日記
2019年02月03日 イイね!

2019WRC開幕‼ ラリーモンテカルロ

2019WRC開幕‼ ラリーモンテカルロ今シーズンのWRCも遂に開幕しましたね。

オフシーズンにはドライバーラインナップを含め大きな動きが色々ありましたけど4つのマニュファクチャラ―が揃ってモンテに集ってきたのはラリーファンとして単純に嬉しい事ですね。


結果は優勝がシトロエンのオジェ、2位にヒュンダイのヌービル、3位にトヨタのタナクが入っています。表彰台を3チームが分け合い去年最後まで選手権を競った3人が表彰台を占めるという僅差の混戦は去年から続いています。


違うのは優勝したオジェのマシンがフィエスタRS WRCからシトロエンC3WRCに変わったという部分でしょうか。彼はフォードとシトロエン以外にもフォルクスワーゲンのポロWRCとプジョーの207S2000でもモンテを制しています。

先日のヌタハララリーミーティングで奴田原選手が欧州遠征でランサーからインプレッサにマシンをスイッチした際に走らせ方が全く違って驚かれた話をされていました。単純にWRカーとは比べられませんが4つの違うマニュファクチャラ―であの難攻不落のモンテを獲ってしまうというのはとてつもないことなんでしょう。

綱渡りのようなミスの許されないモンテカルロでチーム体制やマシンが変わっても終わってみると表彰台の中央に必ず立っている…今年も彼の強さが際立つ勝利でした。


優勝後珍しく感極まって涙を見せるオジェ。古巣シトロエンへの移籍は彼に取ってもいろいろと思いがあるんでしょう。

オジェは今年の勝利でモンテ6連勝という前人未到の偉業も達成していますから、かつて『モンテマイスター』の名を欲しいままにした名手バルター・ロールにも匹敵するかそれ以上の『モンテマイスター』である事に間違いはないでしょう。


オジェも凄かったですが今年のモンテを面白くしたのはヌービルとタナクの存在がありますね。


最終的にオジェとヌービルの差は僅か2.2秒❕最終SSまで観る方は大いに楽しませてもらいました(^o^)この差はモンテの歴史上最小差だったそうでどれほど際どい勝負をしていたのかが分かります。
この一戦だけ見ても彼が新チャンピオンの最右翼であることは間違いないと思うのですが去シーズンもシーズン後半の勝負所で失速していましたからね。去年の轍を踏まない為にもi20WRCの戦闘力の上積みも必要となるでしょうし…今年はどうなりますか。


トヨタのタナクはオープニングのSS1での一番時計で幸先の良いスタートを切りました。しかしデイ2で観客が多すぎる事による安全上の理由からSS3がキャンセル。この予定外のキャンセルでタイヤ戦略に齟齬をきたしてリズムを崩し後退。その後SS7でのパンクにより総合7位まで順位を落として万事休す…とここまではモンテらしいというかモンテではよくある事態ですがここからが凄かった。復調したタナクはデイ3からデイ4にかけて6連続ベストタイムという別次元の走りを披露。

結局モンテの全15SS中7SSでベストを刻むという驚愕の速さ。一時は1分以上あった差を一気に詰めて7位まで落としていた順位を3位まで戻してきました。

去年からタナクは『最速』という呼び名は高かったですが、それを証明するような展開でした。やはりタナクとヤリスWRCの組み合わせはまともにかみ合えばとてつもない速さを発揮するようですね。この走りは他のチームにもかなりのプレッシャーをかけたのではないでしょうか。

しかし『最速』が最終的な勝利者になるかと言えばそうでもないのがラリーと言う競技の面白い所でもありますし…。



そしてこのお方にも注目が集まっていましたね。

このスーツいまだ慣れません(笑)


私も久々に復帰のローブ様に期待大でしたがやっぱりすごかったですね。ちょっと見た目はお年を召しましたけど存在感は圧倒的でした。

結果は最終的には上位の3人には及ばずに総合4位でしたけど一時は表彰台圏内の3位を堂々と走行。SS4では「しれっと」一人だけドライタイヤをチョイスしてステージベストも果たしています。
全く痺れます❕ラリーは経験のスポーツといいますけどまったくその通りの走りでした。

この走りを見ると忘れてしまうんですけど(笑)彼は何年もWRCのレギュラードライバーから離れていたわけですからね。それにi20でのテストも満足にはしていないということでしたけど(^^;それでラトバラやミケルセンより上位でフィニッシュするわけですから、やはりローブ様はローブ様です。これは今年中の80勝到達もありうるか。



あと今年からトヨタに加入したミークもいいペースで走っていましたね。パンクなんかもあって順位的には振るいませんでしたがパワーステージでは後続に4秒近い差をつける会心の走りでべストを刻んで貴重なポイントを持ち帰りました。本人もほっとしたんでしょうかね。ラリー終了後は前向きなコメントが目立ってました ^^) 実は隠れミークファンとしてはちょっぴり嬉しかったりします(笑)



こちらも嬉しい結果。勝田選手も初めてのモンテカルロを総合13位で見事にフィニッシュ。なにげにこの13位は日本人ドライバーとしてはモンテ最上位になった様です。(今までは奴田原選手がクラス優勝の年の総合17位が最上位)着々とWRカーデビューの準備が整ってきているようです。


初戦だけでもこの内容でお腹いっぱいですけど(笑)ドライバーは多士済々!群雄割拠が続くWRCは今シーズンも楽しませてくれそうです。





Posted at 2019/02/03 10:45:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | WRC | 日記
2019年01月30日 イイね!

シーズン開幕!『ブリザードラリー2019』観戦記

シーズン開幕!『ブリザードラリー2019』観戦記1月27日に開催された北海道ラリーシリーズ開幕戦「ブリザードラリー2019」を観戦に出かけてきました。

遂に今シーズンも開幕戦を迎えましたが出場台数は25台とちょっぴり寂しい台数でした。

毎年開幕戦は台数としては集まりずらいのですが(新年早々ラリーの準備も大変ですしね…)クローズドクラスのエントリーが伸びなかったのは糠平湖のトライアルと日程がバッティングしたのも影響したかもしれませんね。

観戦チームも糠平と千歳で二手に分かれた感じで寂しい部分もありました。去年も楽しかったので私も日程が被らなければ糠平湖も観に行きたかったですね(^^;




当日は快晴で気温もこの時期としては高めでスノーラリーとしてはこれ以上望めないほどのラリー日和でした。

エントラントの皆さんや今年初めて顔を合わせる友人にもご挨拶回り(^o^)


さあいよいよスタートです!


ギャラリー目線としては何故かカートコースを見下ろすデッキに雪よけ?の網がかかっていて良く見えないうえに写真も写せなくなっているのには困りました…このためカートコースのSS1/SS3はほぼ見れずじまい(泣)


今年はクラス1台のみのエントリーになりそうな谷岡/吉川組の14号車。谷岡選手は今年がK-carクラスラストイヤーになりそうなこともあって少し元気が無いように感じました…しかし始まってみれば何時もながらの素晴らしい走りです。スーパーチャージャーの甲高い咆哮があたりに響き渡ります。

他のマシンより小さくターンして鋭く立ち上がってきます。明らかにロスの少ない走りです。

お二人には「大物食い」をお願いしましたが、まさかここまでいくとは…なんとオーバーオールでは4位を獲得。




14号車より上のタイムは2リッターターボのCh.RA-1クラスのみという完全下剋上状態‥わずか660ccのヴィヴィオがスイフト、ヴィッツ勢はもとより86勢よりもタイムが上とは凄すぎです(^^;)







アニキ&GUTSさんの19号車。今年はドラ、コドラがチェンジで参戦されているお二人。途中でドラ交代するか(笑)なんて冗談が飛ぶ和気あいあいとした雰囲気。

しかしスタートすると気合の入った表情。

マシンをインテグラ(DC-2)にスイッチしての初戦でしたが慣れないマシンでもきっちりゴールまで走り2位獲得。



インテの感触は良いそうで次戦も楽しみです。はたして初優勝なるか❔





tomoさんがコドラをつとめた乙供選手のアクア。tomoさんにとっては新たなドラさんとのコンビと言う事で…ちょっとはた目から見ると表情硬かったかな(笑)ノートの書き方も違うでしょうしね。今年の林道はどうだったのかな。あまり話は聞けませんでしたが出来はどうでした❔


今年も貼物組合のサービステントでぬくぬくと過ごさせていただきました(^o^)お昼も組合のケータリング担当のてらまこさんのご厚意でご一緒させて頂きました。寒いなかのカレー旨かった!ありがとうございました。ちなみにカレーの写真は食べるのに忙しくて忘れてます(笑)


お馴染みの2台。二人でやってる。こりゃ忙しい(^^;)オフィシャルの皆さんもお疲れ様でした。







0カーはこのお二人(^-^)今年の参戦はベビーが誕生してから考えていくという事でした(^-^)




有名人❔も会場に来ていましたので記念に写真を(笑)タイトル獲得おめでとうございました❕
ケンシロー選手も今年はチャンピオン獲得を期待しています。












わずか25台なのであっという間に終了。天候にも恵まれて大きなトラブルもなかったのは良かったです。そしてダートコースがスケートリンクになっていなかったのも幸いでした。





昼過ぎには競技が終了していたので今年は表彰式も見ていきました。

Ch.RA-3クラスで初優勝となった井土/河野組。かなり嬉しそう(^o^)

アニキ&GUTSさんも表彰台獲得❕





寒い中、準備から役務にあたられたオフィシャル、チームの皆さま、ご苦労様でした。また今回も力走を見せて頂いたエントラントの皆さま、そして現地でお世話になった皆さまありがとうございました。今年のシーズンも、どうぞよろしくお願いいたします。

次回は2月24日のEZOエンドレスラリーとなります。また千歳でお会いしましょう(^o^)




Posted at 2019/01/30 14:04:49 | コメント(5) | トラックバック(0) | ラリー | 日記
2019年01月20日 イイね!

ヌタハララリーミーティング2018と札幌探索♪

ヌタハララリーミーティング2018と札幌探索♪先日開催された恒例の『ヌタハララリーミーティング』に今年も出かけてきました。

今年は開催日が例年の年末開催から年をまたいで新年1月14日に変更になりラリー仕事始め?と言ったところでした(^-^)

開場は4時ですがせっかく道都へ出撃するので今年は少し早めに家を出て札幌の気になるポイントを回ることにしました。

『札幌の気になるポイント』といっても私の事ですから最近できたオシャレなお店とかではなく(笑)まずはアクセスサッポロにて開催されている『トミカ博2019』を覗いてきました。

トミカは昔から大好きでコレクターと言うほどのこともありませんが最近は『ミニカーはスバルしか集めない』という縛りが自分の中で外れてしまったので(笑)特に熱が高まってきています。

情報を集めるとトミカ博は毎年かなりの込み方で駐車場にもなかなか入れないこともあるとか…ドキドキして会場へ向かいます。到着してみると駐車場待ちで並んでる車は5、6台といったところで意外とすんなりと停めれました。
ただ到着した10時頃でも駐車場はほぼ満車で自分から後ろにはかなりの車列が出来ていたので混雑は時間にもよるのかもしれません。

入場口まではさすがに長蛇の列で入場まで30分ぐらいはかかりました。

巨大ジオラマ。大人でも楽しめます♪

歴代トミカが並んだ『トミカバリエーション』コーナー。これは結構面白かったですね。気づくとかなりの時間フリーズしていたらしくファミリーの方にかなりのご迷惑をかけたかもしれません(笑)

お子さんならプレイゾーンもあってトミカ好きなら親子で楽しめる催しですね。

私は大人らしく?迷わず物販エリアへ直行


『限定』の言葉に弱いのでトミカ博でしか買えないイベントモデルの中で気に入ったものを何台か購入しました。

入場記念の2台。ボンネットバスは色合いが気に入りました♪

R32スカイライン&現行ニスモZ
微妙なアドバンカラー?

MR2(SW-20)&シビックタイプR(FK-2)
エムツーは黒ボンがいい感じ…当時の熱さが伝わりますね。今の子たちにはこのセンスは伝わらないか(笑)

午後になって全く人が引きましたので混雑を避けるという意味では午後に出かけた方がいいかもしれません。



次はこのところ気になってきているキャンプ道具などを見る為に老舗の『秀岳荘 白石店』へ移動します。


地元にもお店はありますが白石店は規模が違うと聞いていたので一度行ってみたかったのです。

ネットや雑誌で見るのも便利ですが実際に手に取って選べるというのはやはり塩梅が良いですね。
とくにギアの類はその大切さを感じます。テントやたき火台のディスプレイもあり見ていて飽きません。

このままだと一日中居てしまいそうなので自宅で使えそうな小物を幾つか購入して次の目的地のホビーショップへ向かいます。

中でミニカーやらプラモ用品やらを物色していると誰かに声をかかられました。なんと、この店に来ていたやぽん師匠(笑)でした❕考えることは同じようです(^-^)


モチベーションを高める為(笑)この店で恒例の三菱のミニカーを購入。
ギャランVR4RSは1/64でも迫力あるスクエアなフォルムがいいです。ラリーベースのRSは三菱ワークスカラーが泣けます。「アクティブ4」懐かしいなぁ。グループAバンザイ‼
おまけに『アルト47万円』もスズキ信者として購入!そうそう昔の「軽」はこうだった。

ここで時間が尽きたのでラリミの会場であるJAF札幌へ向かいます。

会場周辺の駐車場ではそれらしき怪しげなマシンが目立ちます(笑)


まず奴田原選手から去年の全日本での活動の報告があり、その後は奴田原選手も撮影に協力された映画「オーバードライブ」の撮影秘話(笑)もたっぷりと♪パイクスでのお話しなどもあり例年以上に濃い内容でした。



(写真がブレているのは感激してるからです…ウソ)




会の後半は今年から全員が質問を書いてひとつづつ奴田原選手が答えるという新たなスタイルでした。これがとても面白かったですね(^o^)
もちろんここに来るような人?の質問ですのでマニアックかつひねりの効いた質問が結構ありました。当然聞きづらい質問もちらほらと(笑)あったりで興味深い話が聞けました♪


恒例のじゃんけん大会も開催‼
あ❕スズキの人がトヨタの景品もらってる(笑)


王子もご満悦♪


このラリミも10周年との事で継続は力と言う事を感じますね。初めから参加されている方にお聞きしても年々参加者も増えているといいますし。個人的にもラリミに参加することで次のシーズンも頑張って応援していこうという気持ちがさらに高まりますしね。来年以降も続けていってほしいです(^o^)
奴田原選手、南出さん、JAF札幌の皆さまを始め関係者の皆さまありがとうございました。




終了後は何時ものメンバーでの『ラリー新年会』に突入‼今年は開催時期から忘年会から時期外れの新年会と名称を変えましたが(笑)どちらにしても気が置けない仲間との語らいは楽しいものです!

と普通に料理の写真ばかり(笑)この日は正月の再来とばかりに食べ過ぎました…


ミョンボさんには今年のガズーレーシングのカレンダーを頂きました!じつは今年のカレンダーが決まっていなかったのでさっそく使わせていただいてます(^o^)ちなみに1月はパリダカの写真で季節感ありあり?です。ありがとうございました。


途中からグループAのDVDが流れ出して妙に座が静かになり一心にDVDを見る一同…

今年は何故かフォードシエラとパルサーの登場場面が一番盛り上がる(笑)



これで新シーズンに向けて充電も完了❕2019のラリーシーズンもいよいよ1月27日の千歳での『ブリザードラリー』で開幕です。

それではみなさん開幕戦で会いましょう❕




Posted at 2019/01/20 11:08:27 | コメント(4) | トラックバック(0) | ラリーミーティング | 日記

プロフィール

「@トム・リアッティさん この流れだとタナク車は勝利数とともにどんどん増殖していきそうですね^_^」
何シテル?   02/18 12:39
れいぽんです。よろしくお願いします。 現在はアルトワークス(HA36S)とWRXSTIに乗っています(^_^)/ 車弄りは久しぶりですが楽しんで行き...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

リンク・クリップ

2018 Sammy Ark ラリー・カムイ関連まとめ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/26 22:03:05
蘭越町への偵察ツーリング(Side-A) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/27 23:01:28
憧れの。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/29 20:04:44

愛車一覧

スズキ アルトワークス ワークス君 (スズキ アルトワークス)
36のアルトワークス4WDに乗っています。 平成30年6月末に納車。 軽さが速さと軽快さ ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
インプレッサWRX-STI(GDB)の涙目。色は勿論?WRブルー。 アプライドはCでP ...
スバル WRX STI スバル WRX STI
平成30年6月末に降りる事になりました。 今までのスバル車からスバル車へ、と違い他社への ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
黒のインプレッサWRX STI A-Line(GRF)。オプションでブレンボを装着して乗 ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.