• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

れいぽんのブログ一覧

2018年09月23日 イイね!

ラリー北海道2018 ミーハー観戦記!DAY0

ラリー北海道2018 ミーハー観戦記!DAY0アジアパシフィックラリー選手権(APRC)第4戦及び全日本ラリー選手権第6戦として去る9月14(金)〜16日(日)に開催された『ラリー北海道』を今年も観戦してきました。

北海道で開催される全日本戦は2戦ありますが、やはりラリー北海道は全日本戦の中の一戦と言う以上に北海道のラリーファンにとっては特別な響があります。まあ一言で言うならお祭りですね。
私もちょっと大げさにですがラリホを一年間楽しみに生きてきた(笑)と言うぐらい楽しみにしていました(^o^)

大会規模の大きい国際格式のラリーであるいう事は勿論、ラリホでしかない出会いがあったり発見があったり。またこの大会でしか再会できない方がいたり‥私にとっても特別な大会ですね。

今年は初日の14日が半日しか休めなかったので参加はラリーショーにぎりぎり参加できるか❔と言うタイムスケジュールです。時間に余裕があればお目当てのマシンを近くから観察できる公式車検とかシェイクダウンも面白いのですが今年はスキップとなりました(^^;

ただこのブログのタイトルのとおり私の観戦は
『ミーハー観戦記』‥ラリーショーが大本命なのは例年通りです(笑)


この日の帯広は見事な十勝晴れ‼もうすでに沢山の来場者が詰めかけています。

到着すると既にラリーショーが始まっていました。休む暇もなくラリーショーに突入です(^o^)

今年は何かと忙しくて「小ネタ」をあまり用意する暇がなかったなぁ(^^;それでも雑~な手作り応援グッズを幾分か用意してきました(笑)

奴田原選手&佐藤選手。今年はちょっと元気が無いヌタさん。今シーズンはVAB勢に押され気味ですが得意のラリホで速さを見せてほしいです。

天野選手&井上選手。どこまで連勝記録が伸びるのでしょうか。シリーズチャンピオンをすでに決めているからでしょうか井上選手もリラックスした感じでした♪

長谷川社長も無事に北海道に参戦!


鎌田選手は地元ということもあって昔から力を入れて応援していますが、今年は勝手に(笑)市野選手にロックオン‼TEINグッズを持ちこみ激しくアピールしてみました
「車高調テインにしました!」と全く要らない情報をお話すると真顔でありがとうございますと言われました(笑)すいません市野社長‥本番前に(^^;

『ラリーカムイ』でも惜しくも優勝を逃してますし今大会こそホームでの勝利を‼



福永選手&齊田選手。福永選手は今年初めに北海道の地区戦に遠征されていてその時もお会いしましたが、ほんと紳士なイメージ通りの方でそれ以来、俄然ファンになっています。齊田選手もいつお会いしても朗らかで元気いっぱいファンに対応してくださいます。頑張ってほしいですね♪


フリジエロ選手のプジョー208AP4。今年はR5勢が軒並み欠場した事もあり目玉が少なかったAPRC。そのなかでもこのプジョーはラリー北海道初登場ということもあり最大の注目マシンでしょうか。ボディーワークも迫力があります。

一時は地震の影響で苫小牧港に留め置かれていて参戦が危ぶまれていましたが間に合ってよかった。果たしてどんな走りを見せてくれるのでしょうか…期待が高まります。



こちらはマイケルヤング選手/マルコムリード選手が駆るもう一台のAP4、クスコヴィッツAP4。今シーズンはトラブルが多く実力を発揮していませんが北海道ではどうなりますか

それにしても凄い足回り…本気度が違います。


ほんと地方の一ファンにも丁寧に接してくださる勝田選手&石田選手。勝田選手はどんな時もいつもこの笑顔♪ゆーいち選手もいつもの石田節(笑)全日本チャンプがこんな親しみ易いお人柄というのはラリーならではですね(^-^)




地元の関根選手にも、ご挨拶♪「いいの?俺なんかのサインで」(笑)なんて言われてました。何を言われるんですか‼道民として応援するのは義務ですよ(笑)






セレモ二アルスタートが開始。さあ今年もいよいよ始まるなぁ♪


この夕暮れの出陣がまた雰囲気あるんですよね。




サービスに夜の帳が降りてきました。激闘を前にしばらくの静寂です。



金曜日はDAY1Aとしてセレモ二アルスタート後にオープニングSSのSSS Sammy サツナイ 1がありますが、さすがにはしゃぎすぎてお腹がペコペコなので今年はスキップすることにしました。

ちなみにSS1サツナイリバーはサービスパークのある北愛国交流広場から徒歩で移動できますし観戦は無料です。観戦が初めての方でもラリーショーに参加してセレモ二アルスタートを観てその後、サツナイを1本観るだけでも、お手軽かつ十分ラリーの熱気と魅力を感じることが出来ると思います。ライトポッドを点灯しながら疾走するラリーカーがみられるのも今では珍しいですしね。

SS1の結果は全日本はJN-6が新井選手が一番時計、2位に鎌田選手が+1・9秒で続き、3位には勝田選手が+2・1秒と予想通りスバル勢が上位を占めます。APRCは炭山選手のファビアR5をマイケルヤング選手のヴィッツAP4が2・2秒上回り予想以上の大健闘でまずは初日は首位発進となりました。


しかしラリーは始まったばかり、魔物が棲む(^^;と言われるほどの荒れた展開になるのがラリー北海道…明日からも目が離せません。

DAY1編へつづく


おまけ

実はSS1をスキップしたのは恒例のこちらを優先したからもあります。ラリーな仲間たちが集う『ラリー晩餐会』♪

場所は去年と同じ帯広市内の『ランチョ・エルパソ』。
明日からの事を考えてスタミナを補給(と自分に言い聞かせて…)「肉盛り三種のプレート」を注文♪

これがテーブルに来てみると驚きのボリューム(^^;これって一人で食べるものじゃないなぁ。何人かで取り分ける的なメニューだね(笑)初日から大暴走となりました。

しかしこちらも外せません(笑)


帰り際、お店に来ていた方に「今日は何かあるの?」と尋ねられました(笑)そりゃあそうだ。

インプだけでも6台。貼物組合が6台…明日のレプリカ展示が9台って聞いてるから、その戦力の過半がランチョ・エルパソの駐車場に展開しているんだから(^^;普通に目立つよね!

そうやって楽しい語らいでラリホ一日目の夜も更けていくのでした。



Posted at 2018/09/23 11:32:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | ラリー | クルマ
2018年09月17日 イイね!

WRCトルコ トヨタ1-2達成 選手権首位奪取‼

WRCトルコ トヨタ1-2達成 選手権首位奪取‼WRCトルコが終了しましたね。
結果はオットー・タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ組が優勝、2位にヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が入りトヨタが1-2フィニッシュを達成しました。タナクはこれで破竹の3連勝。

ヒュンダイはパッドンが3位に食い込むのが精いっぱいで長らく保ってきたマニュファクチャー首位の座から陥落となりました。


The frontview of Toyota Corolla WRC 1998 year model
トヨタの1-2は98年のニュージーランド以来だそうでマシンはカローラWRC。
サインツとオリオールが達成しています。あの年はマタドールも速かったですがトミマキがいろんな意味で強烈でしたね。今年は2018という事は20年も昔‼になります(^^;カローラなんて新しいマシンの気がしますけど…


トルコではヤリスの冷却系の対策がどうなのかな?と心配していましたが終わってみると他のチームが軒並みトラブルで結果トヨタの完勝。ラリーは走ってみなければ分かりませんね。まあトルコがほぼ初めての場所とと言うのもありますがヌービルがリタイヤ、オジェが10位とそろって下位に沈み大変なことになってきました。


これでドライバータイトルはトップのヌービルと2位に浮上したタナクは僅か13ポイント差。いよいよタナクのチャンピオンの目が現実味を帯びてきました。


そしてマニュファクチャーでは遂にトヨタがヒュンダイを抜いてトップに立ちました!今回はラトバラはほんといい仕事をしましたよ。


残りはGB、スペイン、オーストラリアの3戦。勢いは明らかにトヨタにあります。これはもしかしたら(^o^)ありますね。

と、これからに大変期待の持てるトルコだったんですが、唯一不満があるとしたらラリー北海道と同じ日程で開催するのはどうにかなりませんかね?忙しすぎて全く集中できません(笑)
Posted at 2018/09/17 12:15:00 | コメント(4) | トラックバック(0) | WRC | 日記
2018年09月12日 イイね!

久々のトミカ購入♪旅先で出会ったラリーなやつ‼『アバルト124』

久々のトミカ購入♪旅先で出会ったラリーなやつ‼『アバルト124』先週の北海道地区戦スプリント300で蘭越町行ったときに久々に購入したトミカです。

地震、停電と一週間あたふたとしていましたから先週の事が遥か彼方の出来ごとの様です…

トミカはコレクターではないので、たまにおもちゃ屋に出かけて気に入ったものがあれば購入しています。

『124』は実車は気になる存在でしたがトミカの方は何故かノーマーク。蘭越町で飲料水の補給のために立ち寄ったローソンで偶然遭遇して購入しました。


ソフトトップが脱着式でオープンにもできます。遊び心があって楽しいですね♪

124はラリーとも浅からぬ縁がありますね。
2015 Rally Bohemia - Rally Legend - Fiat 124 Abarth Rally
まあ個人的には『124』と言えばこっちですね。出自や成り立ちが全く違いますが初代を見れば2代目スパイダーもよく初代のエッセンスを盛り込んだなかなかのデザインと言うのが分かります。

こちらの現代によみがえった124ラリーもグループR-GTクラスで見事チャンピオンを獲得しています。

デビューイヤーではF・デルクールがドライブしたことでも話題になりましたね。もちろん中身は別物のファクトリースペックの正真正銘のラリーウエポンですけど。エンジンもアルファの4C‼のがベース(300ps/61.4kg-m)ですから標準仕様とは格も違います。これでポルシェ911GT3とやり合うんですから痛快です。

このカラーのトミカもあったらしいですけど買い逃してしまった…しまったなぁ(^^;

スマートかつセクシーなスタイルは文句なしに尋常じゃないカッコよさ♥マツダさんも作りません?

日本でもこんなのがラリーに出たら面白いのにね♪開幕まで3日に迫ったラリー北海道のエントリーリストを眺めているとアジパシは非常に寂しい。今年はアジパシ30周年なのに。R5規格のラリーカーは僅かクスコのファビア1台のみ。AP4規格のラリーカーも増えてこない。それでもエントリーは19台を集めていますからよしとしなければならないか。インドはエントラントが集まらずに開催できませんでしたからね。

124ラリーみたなラリーカーが走ったら華があって盛り上がるのにね。まあラリホはグラベルだからR-GTは関係ないけど。


どっちかというとこっちの方が現実味があったりして。オレカのR4キットで開発されるフィアット500Xラリーカー。これでイイならジムニーシエラR4とかトレジアR4とか(笑)どこか作ってくれません?
どっちにしても価格面でもローカルラリーを下支えしてきたグループNの4WDラリーカーは終焉が近いですし根の深い問題ではありますね。


この日、蘭越ではスプリント300のスポンサーであるネッツトヨタさんからも粗品としてプリウスPHVのミニカーも頂いたので何かミニカーと縁のある一日でした(^-^)

Posted at 2018/09/12 22:17:47 | コメント(3) | トラックバック(0) | ミニカー | 日記
2018年09月03日 イイね!

北海道ラリーシリーズ第6戦ARKスプリント300&七大戦 観戦記!

北海道ラリーシリーズ第6戦ARKスプリント300&七大戦 観戦記!昨日開催された北海道ラリーシリーズ第6戦『ARKスプリント300』を観戦に出かけてきました。

例年は同じ九月にラリー北海道が開催されることもあり体力の温存?(笑)もあって観戦をスキップしていたスプリント300ですが今年は開催地が洞爺から蘭越町に変更になってラリーカムイで行った蘭越町が思いのほか近く感じた事もあり遠征してみることにしました。

まあ気持ち近いだけでやっぱり距離的には洞爺と大きく変わることもなく(^^;高速利用でも3時間超の道のりで日帰りで行くにはちょっと遠く帰り道はかなりくたびれましたね(笑)


スタートは9:30でセレモ二アルスタートもありましたよ(^o^)今回はスポンサーさまがついたこともあって気持ち(笑)華やかでしたね。

地区戦なのにマノメさんが司会している(驚)そして今回地区戦らしくない雰囲気を作ってくれているのが多くの若者たちです(^-^)今年は全国7つの国立大学の対抗戦「七大戦」を併催していて日本全国から北海道に学生たちが集まってきました。

そのためエントリーは驚きの54台(*_*)とはいえマシンも流石学生。こちらも驚きのマシンたちでした(笑)


会場はモータースポーツを愛する多くの若者たちでいつもにはないイイ雰囲気になっていました。

後で聞いた話によると学生さんたちは殆ど林道の走行経験がないそうでグラベルロードもダートラをやったことがあるくらいでましてや北海道の高速グラベルは初めての方ばかりだっとか(^^;)すでにレキのときに一台落ちていたそうで‥何やら暗雲が立ち込めます(笑)みなさん無事に帰って来てね。

SS1の観戦ポイントの集合時間が8時ということでスタートのお見送りとどちらか一方しか見れません。迷いましたがスタートを見ることにしました…しかしこれが後々響きました。


谷岡/吉川組の34号車。前戦石狩でマシントラブルでまさかのリタイヤを喫したヴィヴィオ。このマシンが気になったのも観戦に来た理由だったのですがマシンは無事に修復されていて安心しました。
話を伺うと雨のスナガワ戦以来いろいろと大変だったようですが(^^;お二人とも今日は表情も明るいですし、力強く?確実に最後まで行く(笑)とおっしゃっていたので走りを見るのも楽しみです。

GUTSさん、アニキさんの23号車。心なしかインタビューを受けて嬉しそうなGUTSさん(笑)アニキさんも心に秘めた野望?を胸にスタートです。今年の集大成となる走りを見せてくれるでしょう。


続々とスタートしていきます。皆さんお気をつけて。

学生さんたちのマシンもお見送りしたかったのですがそろそろ観戦ポイントへ移動しなくては間に合わないので途中で「マグノリアリバース」へ移動です。

まあここはポイントまで800メートルの登りがあるのはよーく分かっていましたが(^^;やはりキツイ。
待ち時間も長かったですが美瑛番外地さんとランサーWRC05ワゴン!さんとご一緒出来たので我々の重大関心事(笑)であるラリー北海道についての話題やらで楽しくスタートまで過ごします(^o^)















SSはラリーカムイの時に使用したマグノリアリバースですが前日からの雨でかなりの重馬場。







井土/河野組の15号車。井土選手のヴィッツは今日は元気がイイ❕コーナー進入の速度が速い。少しマシンがあばれ気味ですが押さえつけるようにして脱出していきます。

後で聞くと『ペースノートにギャラリーコーナーの印をつけておいたから!』(笑)というお話でした(^-^)
結果の方は惜しくも2位とはコンマ差の3位でしたが、ヴィッツにマシンをスイッチしてからはマシンの問題もあって我慢のラリーが続いていましたので今回は久々に元気な井土選手がみられてホントに良かった!次戦のとかちが楽しみになってきました。

そして河野選手も今回から復帰。WRCフィンランド参戦お疲れ様でした。「もう思い残すことはない」(笑)なんて言っていましたがあまりにも楽しそうに(笑)話されるのでこちらも嬉しくなりました。今度またお話聞かせてくださいね‼


松倉/竹下組の16号車。タクローさんのデミオが絶好調。異次元の走りでコーナーを抜けていきます。

どうしてこんな角度で入ってこれるのでしょう(^^;














GUTSさんは今回タイム的にはご自身的にも相反する『もやもや』とやり切った感が半々で残る結果となりましたが得るものも少なくなかったとのお話もうかがったので、またの機会を楽しみにして待ちたいと思います!とりあえずはお疲れ様でした(^o^)











全日本戦の時よりは路面は掘れてはいませんが、グラベルを走り慣れた地区戦のエントラントでも挙動を乱すマシンも多い。アウト側にワイドになって側溝に2輪を落としたマシンやリヤを振りつつ立て直してコーナーをクリアしていったりと不穏な雰囲気です。終了後コースに降りてみると崖ぎりぎりの側溝の上の草が深くえぐれています。結構際どかったのが分かります。

…ちょっとやな予感が(^^;

と思っているとチャンピオンクラスが終わった頃に次のマシンが全く来ない…

ついにEZOのオフィシャルカーがコースに向かいました。これは何かあったなぁ。大きなトラブルでなきゃいいんだけど。


そうこうしているうちにジュニアクラスやK-Carクラスのマシンがカルガモでコース外へ。通過する吉川選手に声をかけるとやっぱりSS3はキャンセルらしい(泣)これでSS4までしか走らない7大戦とK-Caクラス、ジュニアクラスは自動的に今日は見られない事に。

後で聞くとSS3でジュニアクラスの一台が転倒してコースをふさいだことでSS3はキャンセル(^^;続くSS4でも学生の2台が絡んだトラブルでキャンセルになったそうでK-Carクラスと7大戦はSS1とSS2の1ループのみの大会となるという荒れ模様でした。

終了後に転倒したクルーに話を聞くと大きな怪我はなっかたようなのでとりあえずはほっとしました。


戦い終わって日が暮れて…この日は帰りの道程が長いので表彰式を待たずに撤退することにしました。
それにしてもSS観戦中にトイレに行きたくなり一度下山したのでこの日は山登りを結局2往復。これが効いた(^^;未だ疲れが取れなかったりします。やはりラリホまでに体力づくりに励まねば(笑)


最後になりましたが大会開催にあたって尽力されたオーガナイザー、オフィシャルの皆さんお疲れ様でした。またいつも通り力走を見せて頂いたエントラント、チームの皆さま、ありがとうございました。
そして遠く北海道まで来て頂いた学生の皆さんお疲れ様でした。

今日の一日が記憶に残りどんな形でも、また北海道を訪れて頂ければ幸いです。ありがとうございました。

Posted at 2018/09/03 23:04:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2018年08月26日 イイね!

ラリー北海道開催まであともう少し♪…その前にARKスプリント300‼

ラリー北海道開催まであともう少し♪…その前にARKスプリント300‼今年のラリー北海道開催まであと20日余りとなりましたね。

ついこの前『ラリーカムイ』が開催されたと思ったらもうそんな時期になりました。

カレンダーを見てあと20日を切っていてビックリです(^^;いつもぎりぎりまで用意はしないので例年通りと言えば例年通り(笑)だったりしますけど。
さすがにこれじゃあまずいのでチケットは申し込みしました。



観戦SSは「サツナイ」のスーパーSS、「リクベツロング」「オトフケリバース」「ニューホンベツ」「パウセカムイ」のお馴染みのSSが今年も観戦できます。


今年はAPRC勢のエントリーが例年に比べれば寂しくその点ではちょっと残念ですが、現在国内で観戦できる数少ない国際格式のラリーである事には違いはありません。JSR(日本スーパーラリーシリーズ)も含めてこれからの盛り上がりを期待したいですね。全日本戦もタイトルの行方がほぼ見えているクラスもありますがポイント係数もありますし各クラスの熱い戦いが期待できます。


ラリー北海道は前身のインターナショナルラリーイン北海道から数えて今年は17回目の大会となります。凄いですよね。途中ジャパンの開催があったりそのジャパンもカレンダーから落ちて一時は国内唯一の国際格式の大会になったり。いい時も上手くいかないときもあったと思いますが…まったく継続は力なり‼

来年は遂に『ジャパン』が戻ってきますが、いち北のラリーファンとしてこのラリー北海道をこれからも応援し続けたいですね。…というか楽しみたいですね(笑)




そういえばその前に今週末には北海道地区戦のARKスプリント300が蘭越町で開催されます。今年は全国の国立大学の対抗戦である「七大戦」が併催されて日本全国の若きラリーストが北海道に集結します。この大会は7大学の持ち回りのようなので北海道で見られるのも7年に一度‼


使用するSSは全日本戦「ラリーカムイ」で使用した林道と重複しますのでその点も見どころかなと思います。ちなみにギャラリーポイントは「マグノリアリバース」が予定されています。
興味のある方は観戦&応援に出かけるのもいいかなと思います♪


また大会後の林道修復予算が不足しているらしくARKがクラウドファンディングで寄付をつのっています。リンクを貼っておきます。こちらも興味のある方はのぞいてみて欲しいですね(^o^)
(画像はARKからお借りしました)

ARKスプリント300クラウドファンディング『車が大好きな七大学の学生達で、地元開催地に喜ばれるラリー大会を開催したい』


Posted at 2018/08/26 19:03:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | ラリー | クルマ

プロフィール

「@新アパム伍長さん 同じマルボロカラーでも4ドアの方だったか(笑)後は仕様ですね(^^)」
何シテル?   09/23 07:09
れいぽんです。よろしくお願いします。 現在はアルトワークス(HA36S)とWRXSTIに乗っています(^_^)/ 車弄りは久しぶりですが楽しんで行き...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

2018 Sammy Ark ラリー・カムイ関連まとめ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/26 22:03:05
蘭越町への偵察ツーリング(Side-A) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/27 23:01:28
憧れの。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/29 20:04:44

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ アルトワークス ワークス君 (スズキ アルトワークス)
36のアルトワークス4WDに乗っています。 平成30年6月末納車。 軽さが速さと軽快さに ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
インプレッサWRX-STI(GDB)の涙目。色は勿論?WRブルー。 アプライドはCでP ...
スバル WRX STI スバル WRX STI
平成30年6月末に降りる事になりました。 今までのスバル車からスバル車へ、と違い他社への ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
黒のインプレッサWRX STI A-Line(GRF)。オプションでブレンボを装着して乗 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.