• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

へろしーがのブログ一覧

2018年07月15日 イイね!

装着部材覚書

インプレッサG4に装着している部材の覚書です。


・ホイール ウェッズスポーツ SA72R(16インチ)




・ボディ補強パーツ フレキシブルタワーバー SG517FJ002




・ボディ補強パーツ リアメンバー 692 492 RM




・ボディ補強パーツ リアメンバーサイド 687 492 RS




・ドライブレコーダー ルームミラー一体型 DRY-AS380M




・レーダー探知機 キャラもの Rei03
(公式サイトの画像をお借りしました。版権等問題があれば削除いたします。)




・電圧/温度計




・ナビ 1DIN D719AS




・オーディオデッキ DEH-P01




・パワーアンプ T600-4




・電源ケーブル TPK-800




・スピーカー TS-Z172PRS




・RCAケーブル AT-CA64




・スピーカーケーブル AT-7432





なお、オーディオ関連は今後変更予定です。
Posted at 2018/07/15 08:51:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 後付けパーツ | クルマ
2016年10月01日 イイね!

新しいクルマ

新しいクルマかなり間が空いてしまいましたが、報告です!
突然ですが、明日はインプレッサG4の納車なので、受け取りに行ってきます!

今のタイミングなら、本来なら今月からCM展開されている新型インプレッサを選択した方が良いと思いますが、今回は現行モデルのG4(E型)になります。

経緯は、2年前くらいからMT車への憧れが芽生えたことと、去年あたりからMT車への乗り換えを具体的に検討していたことが大きな動機です。
今年3月ころ、新型インプレッサの情報を見たとき、正直言って新型インプレッサしか眼中にありませんでした。そして5月になってから、やや具体的なスペックが公開されたとき、ここから迷いが始まりました。公開された情報には、トランスミッションにCVTの設定があることしか公開されなかったので、MT設定があるのかどうか不明のため、新型にするのか現行型にするのか決めあぐねていました。
現車のオイル交換にディーラーを訪ねて情報を伺った際、新型インプレッサにMT設定があるのかは現時点では不明なこと、現行のG4の受注は7月24までということを知り、受注期限ギリギリまで情報公開を待つことにしました。
そして7月、とうとう詳細なスペックが公開されないまま現行G4の受注期限を迎えることがわかり、思い切って現行G4に決めました。MT設定があるのかどうかわからない新型インプレッサの情報公開を待つよりも、確実にMT設定がある現行G4を選択した方が良いという判断です。

もして受注からはや2カ月半、待ちに待った納車の日が明日に迫ってきました。初のMTマイカーなので胸が高鳴ります。

今思えば、現車であるエクシーガとは、いろいろと沢山の物語がありました。春の心地よい風の中をドライブしたこと。夏の厳しい日差しの中、海岸線を走り抜けたこと。秋の紅葉の景色を求め、いろは坂を登ったこと。冬の雪が降る中で山中の宿を目指して、一部凍結路もある道を駆け抜けたこと。そして初めてのマイカーであるエクシーガと出会ったこと…。思い返すと今でもその憧憬が思い起こされます。
エクシーガにはいろいろなことを教わりました。アクセル・ブレーキの踏み方、シフトチェンジのタイミング、曲がるときのハンドルの切るタイミングや速度…ただただ感謝です。ぺーぺーだったドライブテクニックが少しずつ向上してきたのもエクシーガのおかげです。
いままで本当にお世話になりました。感動・喜び・愉しさ…いろいろなものを与えてくれました。その感謝の気持ちを込めて、今日は仕事帰りに洗車へ行ってきました。洗車後、現地に備え付けの濡れタオルで内装の手の届く範囲を拭き、できる範囲で綺麗にしました。今まで本当にお疲れさまでした。
明日でエクシーガとはお別れですが、エクシーガと紡いできた物語は、写真とともに大事にしまっておこうと思います。その後新しいオーナーさんの手へ渡ったら、またそこで新たな物語を紡いでいくことでしょう。
エクシーガ。世界でたった1台の僕のエクシーガ。本当にありがとうございました。
Posted at 2016/10/01 22:57:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2014年09月17日 イイね!

オーディオ設定の変更

アンプを追加してからオーディオ設定をほとんど弄っていなかったんですが、今回ふと思い立って設定を変えてみました。

変更前との相違点は下記のとおりです。
なお、使用しているスピーカー類やアンプ関係は過去の記事を参照願います。


--------------------------------------

変更前

ナビ設定
・出力ch → 4ch
・サウンドレトリバー → 設定なし
・スピーカーの大きさ → 前後スピーカー共にスモール
・ハイパスフィルター → 前後スピーカー共に80Hz
・前後スピーカーの音量レベル調整 → 前+3db 後-1db

アンプ設定
・入力ch → 4ch
・ハイパスフィルター → 約80Hz(設定がツマミのためアバウトな数値)

--------------------------------------

変更後

ナビ設定
・出力ch → 2ch
・サウンドレトリバー → MODE2
・スピーカーの大きさ → 前後スピーカー共にラージ
・ハイパスフィルター → 前後スピーカー共にスルー
・前後スピーカーの音量レベル調整 → 前+3db 後-2db

アンプ設定
・入力ch → 2ch
・ハイパスフィルター → 約40Hz(ツマミをめいっぱい絞った状態)

--------------------------------------


上記設定の変更は、一度に全て変更したわけではなく、少しずつ変更を加えていって、「現状こうなりました」という状態です。途中経過としては、まず出力・入力チャンネル数の設定変更とサウンドレトリバーの設定適用による変化が衝撃的でした。ナビ側のみチャンネル数の変更をしただけでも、しっかり体感できるほどの変化がありましたが、アンプ側も変更することでさらに音が良くなった(音の解像度が上がって、キレがさらに良くなった)ように思います。

また、今まではスピーカーの低音とサブウーファーの極低音の間を埋める音域の音が足りず、気になっていましたが、これは上記のスピーカーの大きさ設定、並びにハイパスフィルターの設定変更でほぼ解決しました。今回は、まずナビ側でのスピーカーの大きさ設定を変更し、それに伴ってハイパスフィルター設定が変更(80Hz→スルー)されたわけですが、これだけでも低音が相当出るようになり、私がスピーカー設定を相当甘く見ていたことが浮き彫りになりました。これだけでも満足できたんですが、アンプ側もハイパスフィルター設定を変更してみたところ、さらに低音が充足されたことで、スピーカーの低音とサブウーファーの極低音の間を埋める音域がより補完され、今までは考えられなかったスピーカー・サブウーファー間の自然な音の繋がりが得られました。
低音が充足したことにより、「中高音が薄くならないか?」という不安もありましたが、杞憂だったようです。中高音の変化は私の耳にはわかりませんでした。

前後スピーカーの音量レベル調整については、上記各種設定を変更した結果、音の定位が想定よりも後ろに感じられたため、定位位置を前方に移動するため変更しています。

「オーディオ設定に正解はない」というお話を以前聞きましたが、まさにそのとおりだと考えます。私が今までベストセッティングだと思っていた設定で今まで音楽を聞いてきましたが、今回のことで身に染みて感じました。これからも、気がついたときにちょこちょこ弄っていこうと思います。
Posted at 2014/09/17 21:36:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ | クルマ
2014年07月20日 イイね!

オーディオパワーアンプの導入

オーディオパワーアンプの導入かなり時間が空いてしまいましたが、その後、カーナビのヒューズ飛びは無くなり安定しています。
そこで、当初の目的を果たすべく、パワーアンプの導入に踏み切りました。

これは、「純正ナビを生かしたまま音を良くしたい」という発想のもと、オーディオデッキを追加する以外に何か良い方法は無いかと検討した結果、パワーアンプに行き着きました。今回導入するアンプは、carrozzeriaのD7400です。
購入前に評価を見た限りでは「無個性」「無難な音」といった批評が多かったように思います。しかし私はアンプ導入経験など無いもので、良し悪しなんてわからない。質なんて言われたら尚更…ということで、「どうせなら初アンプは無難に行こう」という判断でこのアンプに決めました。

アンプ導入に当たって、設置箇所を決めたり配線などをやりくりするわけですが、設置箇所は運転席のシート下にしました。スペース的に微妙な気がしましたが、上手く収まっています。設置に当たっては、シート下にただ突っ込んだだけで、ねじ止め固定などはしていません。この状態でも走行中に遊ぶようなことは無いので、これで良いかな。
次にオーディオケーブルですが、純正ナビにプリアンプ出力が付いているので、これを利用して相互を市販ケーブルで接続しています。
電源に関してですが、電源はバッテリから直接取るようにしました、その際、運転席の足元マットの下を通し、サイドブレーキペダルの脇(普段左足を乗せておくペダル?のところ)を抜けて、前回使用した例の貫通穴を通しています。正直、こんな太い電線うまく通るのか?とも思いましたが、力技で電線を曲げる、引っ張るなどして半ば強引に通しました。その後電線をチェックしましたが、傷は付いていないようなので上手くいったようです。
アースは、アクセルペダル近くのねじ穴に締め込みました。これも、運転席の足元マットの下を通しています。

設置してみて最初の音楽データを再生したとき、びっくりしました。純正ナビでもここまで音が良くなるんですね。DEH-970の内臓アンプも相当良い音に聴こえていましたが、それと比較しても遜色ないように感じられました。魔法の箱というのは正にその通りだったんですね。

その後、タイムアライメントを取り直してから聴きなおして、音の変化に惚れ惚れ。私の安い耳には勿体無いくらいの音質。これで当分アンプは変えないでしょう。

…と言いつつ、今回アンプに手を出したことがきっかけで、carrozzeriaのD700に少し興味が出てきたり。

---------------------------------

その後改めて設定を読み返したりWebで調べたところ、音質改善なるものを見かけました。「アンプ側で音声信号の入力ゲインのツマミを上手く弄ればもっと音は良くなる」というものです。

入力ゲインとは何ぞや?ということで調べてみると、どうも入力ゲインを低くすると、入力される音声が小音量でもアンプ側で増幅してくれて、出力側で音声がはっきり聞き取れる音量になり、入力ゲインを高くすると、入力側である程度大音量にしないと、アンプ側での増幅が弱いので、出力側ではっきり聞き取れない音量になるようです。

つまり、入力ゲインが低い→小音量でOK。入力ゲインが高い→大音量にしないと聞こえない。
ザックリ言うとこんな感じです。

※今回使用したアンプには、ゲインはV(ボルト)表記になっていました。これは電圧を示すものですが、今回の場合は入力側の音量=電圧(V)という理解で良さそうです。つまり、入力側が小音量→低電圧、入力側が高音量→高電圧という解釈です。

で、本題の入力ゲインをどう弄るのかというと、「入力ゲインを最大」にして使用すると音質が改善するようです。
どうして入力ゲインを最大にすると音質が改善するの?と疑問に思い調べてみると、詳しいところは私は良く理解できていないんですが、どうも入力側を大音量にする(入力ゲインを最大にする)と入力側の電圧が上がって、低ゲイン時と比較してノイズに強くなり、結果として音質が改善するようです。

実際に試したところ、私の耳が安いせいか明確に体感はできず、音質が変わっているのかどうか良くわかりません。でも、少しだけ(本当に少しだけ)良くなっているような気がする程度の変化でした。
Posted at 2014/07/20 20:54:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ | クルマ
2014年05月13日 イイね!

ナビのヒューズ飛びについて 配線改善のその後

配線改善後、しばらく様子を見ましたがヒューズ飛びは起きませんでした。よって、私の方で行った配線に問題があったようです。
今回のヒューズ飛びの原因について、確証は得られていませんが恐らく下記の2択だと考えています。

・ナビとオーディオデッキとで各スピーカーを共有状態にしていた(共有状態にしたことでインピーダンスが変わった?もしくは共有状態にしたことで、オーディオデッキ側からの電気信号がナビ側へ逆流したことでナビの過負荷に繋がった?)。

・ナビの暖簾分けハーネスからサブウーファー、オーディオデッキの各電源をとっていた(暖簾分けされている電線はそんなに太くないので、供給できる電流値も大したことはない(恐らく5A~10A程度)。それなのに、そこからサブウーファー(14A)とオーディオデッキ(10A)の電源を取ってしまった。結果、暖簾分けの電線に許容量以上の電流が流れ、結果としてナビ側の過負荷に繋がった?)。

私としては前者の可能性は低く、後者の可能性が高いのではないかと考えています。本当は原因の切り分けのために、ここから更に細かく検証していくんでしょうけれども、私にはその気力が無いのと、一応の解決を見たのでこれで決着とします。


蛇足
スピーカーの共有もそうですが、当時の私は何故、暖簾分けの電線からそんなに大容量の電源を取ろうとしたんでしょうか。エンジンルームから電源を取るのが面倒で、手っ取り早く電源を取れるということで暖簾分けの電線に手をつけた気が無きにしも非ずですが…。今になって冷静に考えると不思議なことをしたものです。それでも、曲がりなりにも解決したので良しとします。今後は電線の太さを良く吟味してから電源を取らないとですね。電源絡みは小さな物でも一手間を惜しんでは駄目、絶対(自らへの教訓)。
Posted at 2014/05/13 22:03:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ | クルマ

プロフィール

「[整備] #インプレッサG4 アウターバッフル化 その2 https://minkara.carview.co.jp/userid/2089666/car/2614739/4891374/note.aspx
何シテル?   07/26 21:10
へろしーがです。エクシーガからインプレッサG4に乗り換えました。運転しやすく、また運転することがとても楽しい車なので、もっと車を楽しみたいと思っています!
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

記事や車に興味を持たれた方、たまたまふらっと立ち寄られた方、どなたでも結構です。
よろしくお願いします!
2 人のお友達がいます
みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
一昨年の7月に契約して、10月初めに納車されたインプレッサG4。写真右奥に写っているのが ...
スバル エクシーガ スバル エクシーガ
スバル エクシーガに乗っています。 エクシーガが初めてのマイカーなので、舞い上がって色 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.