• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

senbonzakuraのブログ一覧

2018年11月05日 イイね!

信州紅葉終焉

信州紅葉終焉

5、こんばんは~


平成最後の10月を終え、今年も残すところ2か月余りとなりました。

そんな11月最初の週末、登山はいったんお休み!
急に冷え込んだ週末、この時期しかない景色を狙いに金曜日夜から撮影行にお出かけしてきました。




向かったのは高ボッチ高原!!

そう冷え込んだこの時期の早朝、雲海と富士山、こんな写真をいつか撮りたいと思っていたのです。

結果から先にお伝えすると玉砕でした(笑)

金曜日22時半に現地に到着し夜景でもと殺意スポットまで向かいますが、すべに無人の三脚がズラーっと並ぶ人気景観地ならではの光景(汗)
団体様か、常連さんたちでしょうかね~........こういう光景見ちゃうと鏡池と同様引きますね~....


1、肝心の景色はというと、夜景は見えるものの富士山方向に雲がずーっと掛かり続けます。
alt







2、タイムラプスも仕掛けますが、結局朝方まで富士は姿を見せず。
alt







3、富士山っぽい形が見えたのは街の明かりが消えかける頃(泣)
alt







4、なんかずっと富士にしつこい雲が巻きついていました.....ラピュタみたい.....
alt







5、早々に諦めです(;´∀`)  朝焼けの北アルプスでも
alt







6、カラマツの紅葉とモルゲンもいいね!
alt







7、その後は紅葉を探しに鉢伏山麓辺りをドライブし
alt







8、麓で見つけた名もなき貯水池のリフ!
alt








美鈴湖辺りにも行きましたが、めぼしい景色には出会えず。


その後は、丁度松本市で長女が弓道の大会に出ているので応援へ!




9、きれいな弓道場です。
alt







10、せっかくの機能、使わねばとプロキャプチャーモードで矢の射出を狙って遊ぶww
alt







11、結果は、なんだか調子が悪いようで......(汗)その後は、長女を乗せて帰路につきました。
alt





11月4日(日)



この日は、午前中ふらっと近場へお出かけ!

向かった先は、毎年僕の紅葉撮影の終焉のお決まりコース




12、大町市の霊末寺
alt






13、例年なら、この時期ピークなんですが今年は紅葉少し早いみたいですね~ほぼ紅葉は終わりかけでした。(イチョウはちょうど見ごろ?!)
alt







14、ドウダンツツジとイチョウのコラボは毎年ながらいい感じ!青空が映える
alt








15、山門も相変わらずの存在感
alt








16、毎年変わらない写真しか撮れませんが、記録ということで........
alt







17、
alt








18、
alt








19、
alt








20、
alt








21、落ち葉もカラフル
alt








22、一通り撮影して、一旦小休止! お抹茶なんかいただいちゃいました。
alt









23、お寺と抹茶の組み合わせは鉄板だね!alt









24、庭園にもちょっと寄ってみました。窓に映る庭園が新たに見つけた今年の新アングル!
alt





その後、ローテーションで隣町 池田町の七色大カエデの様子を見に行きました。








25、わかっちゃいましたが、七色にお輝きはおしまい。少しだけ葉が残っていました。
alt









26、それでも落ち葉が降り積り紅葉の絨毯になってたのが嬉しい誤算!
alt








27、大カエデが終焉ということは、中カエデは見頃?と言ってみると、ここもピーク過ぎた感が...
alt








28、でも近くに寄ってみると、まだ鮮やかな紅葉が下に隠れていました
alt







29、中カエデの下から七色カエデ
alt









30、青空と合わせれば何色?
alt









31、木が若いから幹や枝っぷりもイキイキしてました。
alt



これにて、僕的2018年紅葉は終焉です。

思い返せば、剱・立山に始まり今年は紅葉たくさん楽しみました♪(そろそろお腹いっぱいですww)
これからの時期、山小屋もほぼ閉鎖され雪山楽しむにはちょっと早いし、近場の紅葉も

ほぼ終焉とあって、被写体不足となるんですよね~(汗) 隣県位までしか遠征もしないしね(;^ω^)


ってことで早く雪降らないかな~(笑)


不発に終わった、高ボッチにも今年中にもう1回は行きたいと思います。




以上、最後までご覧いただきありがとうございました。





撮影 OLYMPUS OM- D EM-1 MarkⅡ

    M.ZUIKO ED 12-100㎜ f4.0 IS PR0


    M.ZUIKO ED 7-14㎜ f2.8 PRO



Posted at 2018/11/06 18:00:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月01日 イイね!

蟻の塔渡りへ

蟻の塔渡りへ


こんばんは~


先週末の10月28日の山行ブログです。

今年の三大目標である(富士山、槍ヶ岳、剱岳)を制覇し、登山欲はちょっと後退気味な昨今
(北アルプスはもう冠雪しちゃってるしね(汗))
そんな中、ずっと行きたかった山があるんです。

それがタイトル蟻の塔渡りで有名な 戸隠山 (日本二百名山)

前週の鏡池の撮影後登ろうと思ってたんですが、行けずじまい....
というか、この山 一人で行くにはかなり危険な山なんですよね~(汗)

蟻の塔渡りだけでなく鎖場も連続する岩稜帯ですから、もし墜落(滑落ではない)なんてしたら即死......
しかも低山のため木々に覆われた岩山はヘリからでは捜索困難、見つからなければ失踪扱い......
そんな所に初登山で単独なんてのは、かなりリスキーだと分かっていたのですが.....
頼みの綱の、とある山友さんは高所が苦手でいくら誘っても首を縦に振らず(笑)だったのですが
今回もう一方 勇気のある山友さんがご一緒してくれるとのことなので いざ戸隠山へ!!


ご一緒したのは てつげたさん 


今回も写真多めとなりますが、お付き合いいただけたら幸いです。



戸隠山は鏡池から見えるこのギザギザなお山

alt


山行としてはグルーっと周回しなければならないので、(ピストンだと蟻の塔渡も鎖場もピストンしなければならにので余計に危険です) 写真の黒枠の左~右へ向かいます。



1、7時 登山は奥社の杉並木の光芒に出迎えられて登山スタートです。
alt





2、程なくして奥社へ到着(こんな近かったっけ?)
alt





3、もちろん、安全祈願していきますよ!

この日の朝は結構な冷え込みで寒かったなあ~
 alt




4、奥社の脇に登山口があります。

戸隠の峰々を見ながら登れるので低山ながら景色はそこそこ楽しめるんですが、初っ端から激登りです。

それもそのはず!そびえ立つ頂上へへ700mの標高差を一気に登るんですから!!

グラフで見るとほぼ45度(汗) 今まで経験した中でもトップクラスの急登です。(何なら長野県急登1位の座を差し上げ上げますw)

しかも、登山道に枯れ葉が降積り、めっっちゃ登りにくい......
alt





5、徐々に鎖場も出現し、初っ端から体力をガッツリ持っていかれました。
alt





6、百閒長屋に到着 これ以降こんな断崖絶壁が続きます。
alt





7、登山道わきの岩山の鎖場(登山道ではない)に上ってみたらメッチャゾワゾワしました(塔渡りより怖いかも....)
alt



8、本格的な鎖場が始まります。

通常鎖場といっても、スタンスがある所はほとんど鎖を掴まなくてもいいのですが....

ここの岩山は豆岩というか、足のかかりの悪い岩でつかむ場所もほとんど無く鎖に頼るしかありません(汗)

しかも、濡れた枯れ葉や泥のついた靴がめっちゃ滑るんです。

(お写真下段は次の1歩が出せずに固まるてつげたさん と無事登り下を見返す我々.....ふぅっ!)
alt





9、ガンガン標高を上げるにつれ、左手には西岳と本院岳が見えてきます(こちらは一般ルートではない破線ルート)
alt





10、次々に現れる岩場と鎖場
alt






11、そして、僕的には一番怖かった胸突岩の鎖場
alt







12、ここは先ほどよりスタンスがあり上りやすいですが結構長いんです。
alt






13、しかもこの勾配と高度感(写真撮る余裕はなかったw)

ここから横にトラバースするのだが、一瞬下をガッツリ見たらゾワゾワが止まらなかった(滝汗)
alt




そして9:30 本日の核心部 蟻の塔渡り がいきなり登場!!!!

鎖場の連続でここまで、結構な体力持っていかれたので小休止




14、蟻の塔渡り  幅50センチ程度の両側が切れ落ちた(落ちたら300mは止まらいかと...)ナイフリッジが約20mほど続きます。
alt




15、自信がない場合は、勇気をもって引き返しましょう.......って先ほどの鎖場をほぼ懸垂下降ばりに降りなきゃいけないのもどうかと(逆に危険なような(汗))
alt




うーん、ガスも雲もなく バッチリ下が見通せる塔渡り日和(笑)



16、さあ行きますか!  ひぃ~~ゾワゾワが止まりませんがな!!こりゃあ落ちたら何度も死ねるわ(汗)

先のほうに、ほふく前進で進んでいるご老人が.........

(後ろは渋滞気味ですが、プレッシャーかけないようにしないとね!みんな怖いんですから)
alt





17、続いててつげたさんのハイハイ(これが正解の渡り方です(本気で))背景がめっちゃ雄大ww

   「立て~!立つんだ!ジョー!!」っと言ったら
alt






18、立った~Σ(゚Д゚)    平らな場所やエスケープゾーンは立てる場所があります(メッチャゾワゾワしますがw)
alt





19、そして最終は剣の刃渡り!!(距離は5m前後ですが、幅が20センチ程度しかないので馬乗りで!

ここをわざわざ立って渡ろうとする方々がいますが、自殺行為ですのでやめましょう。
alt







20、剣の刃渡りを終えて難所を通過完了です。
alt







21、蟻の塔渡りと鏡池!(先週はあちらから見ていたかと思うと感慨深いですね!)

あ~!怖かった  まだまだほかの山域ではありえない危険個所が続きますので気を緩めずに!
alt








22、そして八方睨へ到着です。荒々しい西岳が 一望できます。 カッコいいです。
alt







23、西岳バックにピース(もう一段上には立てません(汗)....断崖絶壁です)
alt







24、八方睨からは日本百名山の 高妻山の展望が素晴らしかった!

この山も行きたいんですが、ロングコースだし山小屋はないしでメッチャ体力勝負なお山なようで....来年の目標かな!)
alt







25、蟻の塔渡りを横方向から いや~!よくあんなとこ歩いてきたな~

反対側の西岳方面のほうが切れ落ちてるんだけどね....こちら側でも充分危険ですね!
alt







26、10:30 不意に現れたピーク  高妻山バックに 戸隠山(標高1904m)に到着です。
alt







27、記念に2人で記念撮影
alt







28、徐々に塔渡りから離れていきます。 あんな斜面上ってきたんだね!急なわけだわ(笑)
alt







29、縦走中は常に右手に飯綱山と麓の紅葉が見え絶景です。
alt







30、ずーっときわどい稜線を進みます。
alt







31、結構な断崖絶壁の登山道です。(これが一般ルートとは恐れ入りました)
alt







32、奥社の杉並木を上から俯瞰する日が来るとは....
alt






33、i飯縄山と奥社と鏡池 贅沢な一枚となりました!
alt






34、奥社も見えたよ!
alt







35、ギザギザの山なので結構なアップダウンがあって疲れます。
alt






36、11:30 九頭龍山に到着 お昼にします。

山頂は寒いともって、チリトマBIGを持ってきたんですが、めっちゃ直射日光当たって暑かったです。
alt







37、昼食後もアップダウンが続きます。(何気に鎖場やロープ場はまだまだいっぱいあります。)なんちゅう山だ!
alt




38、1時間ほど進むと、一不動避難小屋に到着です。

ここは高妻山へ向かう道と下山道の分岐となります。

この山、年配の方に人気なようで中高年用の登山タイムが表示されてます。

(戸隠牧場登山口から休憩込みで往復約11~12時間.....ロングだわ)
alt




さあ、あとは下山するのみ!!


ですがこの下山道、最初は岩ゴロゴロの干からびた河原って感じの登山道

水場の一杯清水を過ぎると沢沿いの道に

39、戸隠山ですから、下りも鎖場連続です。 沢沿いはめっちゃ滑るので気を緩めたらツルっと行きます(汗)
alt







40、徐々に緩くなった沢沿いを進むと戸隠牧場に到着です。
alt






41、戸隠牧場内を歩き、14:30無事下山完了!


戸隠といったら、蕎麦でしょ!しかも新そばの季節!!

alt






42、蕎麦は別腹ってことで、蕎麦タイム♪ 

 (天ぷらサービスって文字につられて、上の写真の向かいの店に入りましたw) 美味しかったです。

なんてalt





以上、難所が連続する上級者コース 戸隠山登山 無事完了です。



いや~!怖い怖いって言われてるので、ドキドキしながらのチャレンジでしたが、やっぱり怖かった(笑)


ある意味、ここの環境は超特殊!!

滑落ではなく墜落なんて危険が潜んだ登山は、なかなかあるもんじゃありません。

ここを歩くくらいなら、大キレットのほうが安全なんていう人もいるくらいですから、その恐怖感は結構なもの!

まあ、実際は塔渡り部分を通過している時間は10分くらいのもんなんですが、北アルプスの岩場とかと違って

崩れやすい、脆い岩場で滑りやすいということがより危険に感じさせる要因かもしれません。


登山から無事帰還して思うことは、戸隠山 鎖場も飽きるほどありますし、やっぱり超危険な山です。

そして、ここは高所苦手な方は近づかないほうがいいかと思います。

高度感にどこまで耐えれるかが問われるので、動けなくなってからでは遅いですから......



それでも行ってみたい方は下記に注意!

・複数人で行くこと!(最初に書きましたが落ちたら見つかりません(見ている人がいないと))

・非常に滑りやすいので、雨の日や大雨の後など登山道が濡れている場合は登山を中止しリスクを冒さない


こんな危険な山なんですがそれでも、訪れる人が多い戸隠山。山屋を惹きつける魅力がそこにあるんでしょうな~!!(僕もそんな魅力に惹かれて登った一人です)



もう一度行きたいかと聞かれれば.....【一度経験すればいいかなぁ~】 ですw




最後までご覧いただきありがとうございました。




撮影 OLYMPUS OM- D EM-1 MarkⅡ
    M.ZUIKO ED 12-100㎜ f4.0 IS PR0

Posted at 2018/11/01 18:59:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月29日 イイね!

松川渓谷観光ツアー

松川渓谷観光ツアー

こんばんは~

先週末の土曜日10/27のブログです。

山は大荒れ予報ですが、平地はゆっくり回復傾向の予報でしたので
今週も紅葉ドライブに!!

向かった先は、松川渓谷

実はココ、初めて訪れるんですよね~!!
勝手もわからないので今回は地元民のエスコート付きww ご一緒したのは Katuuu!さん 


1、最初に向かったのは、有名な赤い橋(高井橋)のところ!






お天気も回復して青空が見えていたんですが、日差しが強いと橋の後ろの電線が輝きだして
せっかくの景色が台無しなんですよね~(汗)





2、雲が若干かかった柔らかい光の時を切り取ります。

<img style="WIDTH: 1024px" alt="" src="" />








3、松川渓谷の紅葉ですが、ここ数年で一番の色づきなんだとか♪










4、この日は紅葉最盛期の週末とあって、観光バスで大勢の方が来ていましたが
ちょうどお昼時で人通りも少なかったので、人のいない写真が撮れました!!










5続いて向かったのは八滝







6、遠くの滝なのでこれしか構図考えられませんでした(汗)







7、続いて有名な雷滝へ!








8、この滝は.......飛沫を高速シャッターで切り取ったほうがいいかな!








9、滝の中から
;







10、滝つぼ近くから









11、スローもチャレンジ!.....飛沫がすごくて1回1回レンズをふきふきしながらの撮影です(汗)









12、紅葉も見ごろで広角でもばっちりな滝景でした♪








13、超広角で岩のフレームで撮ってみたり








14、久しぶりの滝撮影を楽しむことができましたよ!








15、感度が上がっちゃうので、超高速シャッターは切れず(この写真は SS1/500)









16、なかなかいい滝でした!









17、その後は紅葉の中をドライブして山田牧場の上まで










18、紅葉は終わりですがカラマツの黄葉とダケカンバの白い幹が晩秋の装い






せっかく峠の茶屋まで来たので「登っちゃう?」と、前日妙高山日帰りをして筋肉痛のかっつぁんを無理やり誘って笠ヶ岳登山開始です(笑)





19.峠の茶屋と笠ヶ岳(日本3百名山らしい) 片道20分のお気軽登山開始~!









20、写真じゃ伝わらないですが、すんごい段差です(汗)....ちと後悔ww









21、15分で山頂です。(標高2075.8m笠ヶ岳 と手書きの看板がありましたw)









22、登山するつもりはなかったので、二人とも普通の格好です。








23、志賀高原独特の緑の笹と紅葉はもちろん残ってませんが、緑とカラマツの黄葉もなかなか








24、なんて言ってたら、あっという間に雲の中へ(泣)...回復しそうもないので登山はおしまい。









25、帰りがけにきれいな紅葉だったので









26、たまには車を入れたみんカラ的写真にもチャレンジww









27、もちろんこの日は、新車(10年前の)の軽で40代の男2人でドライブですがなにか?(笑)





以上、松川渓谷の紅葉をお届けしました。


いや~!初の松川渓谷でしたが素晴らしい紅葉でした。
山によって紅葉って違いますが、この山は黄色の広葉樹ベースに赤やオレンジのカエデが散りばめられたいつもとちょっと違う紅葉で新鮮な気分で楽しめました。

それもこれも 地元民の かっつぁんが 急な呼び出しにも関わらず、筋肉痛の体で駆けつけてくれたからこそ!!!  ありがとうございました。




最後までご覧いただきありがとうございました。





次回予告  蟻の塔渡りへ 




撮影 OLYMPUS OM- D EM-1 MarkⅡ
    M.ZUIKO ED 12-100㎜ f4.0 IS PR0
    M.ZUIKO ED 7-14㎜ f2.8 PRO



Posted at 2018/10/29 20:51:47 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月24日 イイね!

妙高-小谷紅葉ドライブ

妙高-小谷紅葉ドライブこんばんは~


前回ブログ 鏡池と紅葉 の続きです。


苗名滝と虹を堪能した後は、今年久しぶりに通り抜けできるようになった林道妙高小谷線へ!


ここから、林道沿いの同じような紅葉が続きます。あくまで今年の記録として張り付けておきますのでサラッと流してお読みください。




林道は妙高杉ノ原スキー場の脇をグングン上がっていくと


1、仙人池の辺りの紅葉が美しい!白樺と青空がまぶしい






2、車を置いてブラブラ






3、しばらく進むと、笹ヶ峰周辺を見渡せる真新しい舗装道路へ出ました。






4、笹ヶ峰周辺の黄葉と牧場の緑が絶景です。
今年は紅葉が汚いんですが、ここも枯れが目立ちますが、紅葉が奇麗な年にここからの景色はきっと圧巻だと思います。






5、見えているのは火打山!!この日は2500m超の山はどこも白く冠雪していました






6、笹ヶ峰の 県民の森 付近まで下りてきました。カエデの黄葉は終焉? ですが背景のモクモクの黄葉がいい感じ






7、ここ、牧場なんでしょうか?牛さんが寝てました!猿も多かった!






8、笹ヶ峰牧場方向に進もうとすると....何だか見たような青いロードスターが!!
思い切って話しかけてみると、ファン登録させていただいている okazakiさん でした。
okazakiさん行くところに絶景あり!こんな所まで遠征お疲れ様です。ちょっとだけお話させていただいて牧場を後にしました。(写真撮らせてもらえば良かった....orz)
みんカラらしい車と絶景のお写真はokazakiさんのブログをご覧ください。
僕はこの日、社用車でしたし絵になる車は我が家にはありませんので.....(汗)








9、笹ヶ峰キャンプ場辺りまでは林道といってもしっかり舗装されていますが






10、笹ヶ峰高原を過ぎると、道は未舗装に.......紅葉が素晴らしい.....絵になる車が欲しくなりましたw






11、ダートと言っても所々水たまりの穴がある位ですが車高の低い車は....程度にもよるでしょう。
リップとかついてる車は無理かな.....水たまりで汚れるしね!






12、しばらく、ダート走行を楽しむと橋を通過







13、この橋の下の紅葉が奇麗だったのでパシャリ






14、七色のカエデ






15、その後も紅葉のトンネルを抜け






16、






17、






18、






19、グングン標高を上げると、笹ヶ峰を見下ろせるポイントに出ました!絶景です♪






20、







21、ちょっと進むと、トンネル出現!そう、ここが新潟県妙高市と長野県小谷村の県境
「乙見山峠」です。







22、トンネルを抜けると長野県です。






23、長野県側の紅葉も綺麗です
(長野県側の道路ですが、新潟県側より急こう配ですが今のところフラットです。が砂利は引いてません(汗)雨の日は滑るかもしれません)






24、峠付近から対岸の山の紅葉を見下ろす。
(すごい深い谷間に沿って道路が作られていますから、頻繁に通行止めになるのもわかります.....しかもここは日本有数の豪雪地帯ですから!!通れることに感謝です。)






25、今年の5月に登った大渚山も見えてきました。






26.そろそろ綺麗な紅葉も見納めかな






27、



その後、長野県側も舗装路に入ると林道は終了です。




28、終点の 小谷温泉海飾荘 まっすぐ行くと紅葉が綺麗な鎌池です。







29、せっかくなんで、紅葉の鎌池へ もちろんお昼まじかですから水鏡になんてなりませんw







30、紅葉はピークといった感じですが、やはりどこも枯れが目立ちますね!でも昨年よりは良さげ!
(この日の朝は鏡池と鎌池、どちらに行くか迷いましたけど.....)







31、ブナの黄葉が綺麗な木もちらほら







32、






33、最後は恒例の北側から撮って、今回のドライブは終了です。(チョットだけ水鏡になりました)







以上、新潟県妙高市から長野県小谷村までの林道妙高小谷線の黄葉ドライブをお届けしました。
毎年通れるとは限らない林道ですから、一応記録的にブログといたしました。
コン林道沿いの紅葉が綺麗なのは知ってましたが、紅葉が汚いと言われる今年でも圧巻の紅葉でした。やはりこの辺は豪雪地帯なんで、ブナやカエデといった広葉樹が多いのが綺麗さの一因かもしれませんね!

こんなきれいな林道沿いで、みんカラ的な写真がとrなかったことが悔やまれますw
(絵になる車が欲しいぞ~!!)



最後までご覧いただきありがとうございました。


撮影 OLYMPUS OM- D EM-1 MarkⅡ
    M.ZUIKO ED 12-100㎜ f4.0 IS PR0
    M.ZUIKO ED 7-14㎜ f2.8 PRO


Posted at 2018/10/26 20:26:06 | コメント(5) | トラックバック(1) | 日記
2018年10月22日 イイね!

鏡池と紅葉



こんばんは~

10月も残すところあと10日ばかり.....北アルプス等の高所では稜線に雪が積もっており
徐々に寒さも厳しくなってきました。(2週間前に行った浅間山でも冠雪となったようです)

そんな先週末、土曜日は仕事
日曜日は長女の弓道県大会に応援へと思っておりましたが、開催されているのが飯田市で出番が
9時台(汗)、家族全員での応援は諸事情で困難....しかもあまり調子がよろしくないようで、来なくて
いいとのお達しが....

ということで、日曜日急遽フリーに♪


ここ最近冷え込んで風邪もひいていますが、お天気も良さそうなので里山日帰り登山ならOKそうです。

とりあえず、ドタバタと急いで用意を済ませ土曜日夜 出発です。


向かったのは、戸隠の鏡池!
昔は、みんカラ内でのオフ会で毎年通った気がしますが登山をするようになって、有名な写真スポットは敬遠して行かなくなりましたので久々です。
紅葉がそろそろ見ごろを迎えそうなので、久しぶりの鏡池でオリオン座流星群なんか撮影して
鏡池の水鏡を堪能した後、そのまま水鏡に映った戸隠山を登山しようという計画です♪




23時頃、鏡池に到着するも近くの駐車場はすでにほぼ満車(汗)



1、とりあえず、月明かりに照らされる鏡池をパシャリ!





2、オリオン座流星群のピークは翌日の深夜ですし、鏡池の方角とは真逆ですが1枚ぐらい
流れ星映るでしょう




3、♪......なんて甘い考えでタイムラプスを仕掛けますがこの後





思ったより冷え込み、レンズヒーター持っていかなかったのでほとんどの写真が夜露でオジャンでした(泣)
その間2時間ほど仮眠しましたが、結局3時半に池に戻りそこから、レンズをふきふきしながら格闘していたら朝を迎えましたww
....鏡池に限らず、こういった名勝地ではいろんな輩がいて安心して三脚やカメラを放置できないんですよね~(汗)この日も三脚が無くなってる方等いらっしゃったようで....困ったもんです。




4、オリオン座方向も撮影してみましたが、目視では流星見れてもなかなか写真に捉えるのは難しいですね!






5、池への星のリフも無し......orz






6、空が青みがかってきたので星空は終了。





7、朝の幻想的なリフレクションが見たいのですが......





8、この日は微風で湖面が波立ち水鏡にはなりません。(鏡池には何度も行ってますが、いつも明るくなるまで波立つんですよね~(汗)





9、お決まりの 朝靄と立枯れの木(まだ健在でした!)





10、、朝靄の中に浮かぶ紅葉は幻想的




 
11、昔、ここの写真で写真が上手な皆さんの作品を見て刺激を受けたなぁ~!...
いわば写真の原点かな?(相変わらずの素晴らしい景色です)






12、珍しく思いっきりアンダーで





だんだんと明るくなってました。



14、鏡池を狙うカメラマンたち......(相変わらずこの景色は引きますねw)




15、寒いわけだ.....三脚もバックも凍ってます(運動靴とメリノウールの靴下でしたが、足の感覚がなくなるほど寒かったです)





16、戸隠の山々に朝日が当たり始めますが、いまだ水鏡は無し(泣)





17、これがリフレクションになれば最高なんだが.....





18、山の上の紅葉は終わりだけど、鏡池周囲の麓の紅葉はちょうどよさげ♪




19、そして、7時過ぎやっと波が収まりました(お決まりのパターンww) ちとドぴーかん過ぎ...





20、池の北側の映り込み





21、東側からのリフレクション






22、元の場所に戻って(多少雲が出てきたのでこっちのほうが好み)





23、やっぱり鏡になったほうが紅葉が映えるね!





24、楓ごしの鏡池






25、7:30 以上で鏡池は終了!





さて、ここから本来の予定では戸隠山に登山する予定ですが......

2時間弱しか寝ていないし、朝の3時半から4時間寒い中で撮影していたので体の芯まで冷えて
しまいました(汗)風邪もひいていることだし、この日は心がポッキリ折れました(笑)

かといって、この時間にこのまま帰るのも勿体ないので紅葉ドライブをして帰ることに!!


向かった先は先週 Tenkinzoku@Kさん が通った 林道妙高小谷線 !

この林道、ここ数年は工事のため通行止めが続いていたんですが今年は期間限定で通行が可能なようです。(ここが普通に通れれば、妙高・火打山、天狗原山とか行きやすくなるんだけどね~)
ここの紅葉は、超綺麗なんです♪


ということで、まずナビをセットしたのは道すがらにある苗名滝!
到着まで30分くらいと、メッチャ近くてびっくりでした。



26、始めてきましたが青空と紅葉がすんばらしい!






27、定番構図で橋を入れて






28、人が途切れるの待ってたら、虹が出現!!(珍しいのかな?ラッキー♪)






29、吊り橋の上から







30、スローシャッターもやったけど、この滝は高速SSが似合うね!









お写真が多くなったので、今回はここまで

次回、紅葉ドライブ編 へ続きます。


いや~、何年かぶりに鏡池に行きましたがやっぱりすごい人(汗)
人混み嫌いな僕としては、こういった所はいろんな人種がいて、トラブルも絶えないのでできれば
近寄りたくないのですが、行って見れる景色はやっぱり素晴らしいわけで....こういった景観地は
平日休んで行くのが一番なんだけどね(笑)



以上最後までご覧いただきありがとうございました。


撮影 OLYMPUS OM- D EM-1 MarkⅡ
    M.ZUIKO ED 12-100㎜ f4.0 IS PR0
    M.ZUIKO ED 7-14㎜ f2.8 PRO


Posted at 2018/10/22 20:08:11 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@Tenkinzoku@K おおー!燕岳でしたか!
お疲れ様でした。テン場はまだ雪なんですね〜😊」
何シテル?   06/30 12:04
長野県在住のsenbonzakuraです。 登山・カメラ関係のブログ カメラと同時に楽しめる登山に主力が移動しつつあります インスタグラム http:...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

紅葉の浅間山へ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/10 23:22:32
想像以上に遠かった白砂山 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/28 19:54:24
ブログの写真を大きく表示させる方法 No.2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/30 16:19:05

お友達

カメラ・写真好きの方、よろしくお願いします。
いきなりの申請は、ご遠慮ください。
ファン登録やコメント等のやり取りを経て申請お願いします。
58 人のお友達がいます
鉄仮面鉄仮面 * パトリオット3パトリオット3 *
鷹山鷹山 * 室井庵室井庵 *
アイのりアイのり * 蘭蛮蘭蛮 *

ファン

242 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ スペイド トヨタ スペイド
H26年3月 トヨタ スペイド納車しました。 雪国で家族の車のため、あまり弄れません。 ...
その他 その他 除雪機 (その他 その他)
自宅用、ロータリー除雪機 メーカー名 ヤナセ 機種名 10-18HST 除雪幅 1 ...
その他 カメラ その他 カメラ
カメラ OLYMPUS OM- D EM-1 MarkⅡ 現在使用レンズ 1.M.ZU ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.