• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

AXLxiのブログ一覧

2018年04月08日 イイね!

マークX

シーマに乗り換えた時に下取りしてもらったマークXが売れたようです。
実は少し気になってました。

なんていうか、里親が見つかって嬉しい反面、寂しい気持ちもあります。愛着あった車ですしね。

どんなオーナーさんに出会ったんだろう。大事にしてもらえるといいな。
Posted at 2018/04/08 09:41:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月23日 イイね!

レグノ GR XI

かなりすり減った純正タイヤが付いたままだったので(純正タイヤはダンロップSP SPORTS MAXX TT)今日レグノ購入して履き替えました。

一応SP SPORTS MAXXもサイレントコア搭載で、ダンロップのフラッグシップタイヤだから、かなり性能はいいはずなんだけど。。
ただ、スリップサイン見えてたし、ゆっくり交差点の右左折するときや低速でカーブ曲がるときに、なんかステアリングに変な振動くるから完全に偏摩耗かなと。てことは、ロードノイズうるさい原因もタイヤの寿命かなと。


早速レグノに履き替えて、あまり期待はせずに走り出す。。。


、、、なんだこれ!!
めちゃくちゃ静かになった!!右左折とカーブの振動も無くなった!!
どうやら完全にタイヤの寿命だったようです。
年式とタイヤの状態から見て、前オーナーのシャチョさん一度もタイヤ交換してなかった模様。
Dの記録簿たどって見てみたけど、しっかり点検してあるのに。

金持ちのシャチョからすれば、タイヤなんて交換する前に最初の車検切れか、減価償却終わるタイミングで車買い替えちゃうから交換しないんだろうね。内装もビニール貼ったままの箇所あったし、なんか愛情感じないというか、特にこだわりなく乗られていたんだろうな。飽くまで法人ビジネス車両だったのだろう。
俺はこの車、大事に乗っていくけどね。


マークXの頃もレグノのXT履いてたけど、XIはもっと静か。
マークXがある程度静かだった原因これだったのかもなあ。


シーマには相性ピッタリのタイヤみたいで、これだけで本当に冗談抜きでマジェスタみたいに静かになりました。

変えてよかったー。大正解。すごい静か!

セダン乗りの方、絶対おすすめです。

ちなみに、コンフォートタイヤに履き替え検討してる方、価格ドットコムで調べて近所で持ち込み取り付けが超安くてオススメです。

------------------
レグノGR-XI
サイズ245 50 18 100W

価格/
95,847yen(タイヤ4本送料込)
13,000yen(持込取付費用、処分代等)
------------------
計 108,847yen
Posted at 2018/01/23 21:21:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月18日 イイね!

貫禄はある車

いい車です!
Posted at 2018/01/18 11:11:37 | コメント(0) | クルマレビュー
2018年01月17日 イイね!

シーマハイブリッド インプレ

シーマに乗り換えてから1ヶ月経ちました。

日産は最近、国内シェア率が5位まで下がり、フルモデルチェンジのラインナップも少なく、去年末の不祥事のせいもあってますます先行きが心配なメーカーです。

この現行シーマも、フーガと似ている外見、内装であるにも関わらず、新車価格が800万〜900万と高額。
高いくせに写真見た限りだとフーガのコンパチっぽいw。この外観のせいでネットでも散々叩かれてます。
値段相応の価値が見出し難い超絶不人気車。もっと安いフーガで充分。
街中でもまず見かけないし。

そんな、不人気シーマハイブリッドの購入キッカケ。
写真見るとフーガととても似ているんですが、実物見ると【全く別物】だったから。

サイズもオーラも違う。とにかくでかい!!LSとよく似た雰囲気を持ってる。
実物見て以来、前々からずっと気になっていたのもあったんですが、最近法人ワンオーナーのとてもいい状態の車両を購入できる大チャンスがあったのが購入のキッカケでした。
さすが不人気車。どれだけ機能がすごくても売れなければ安くなるのが世の中の宿命。
だが貧乏人の自分にはこれが非常にありがたかった。
まあ後は今までトヨタ車にしかお世話になったことがなかった自分。
昔から走りの質に定評のある日産に興味がありました。
スカイラインのDNAを持つ車ってどんな車なのか気になってたし、V6FR好きなら、一度は日産のV6FRにも乗ってみたかった。そんなとこです。

不評のシーマですが、いいところも沢山ありますよ。
ハイブリッドだから燃費はいいし、比較的維持費が安い。
3500cc+モーターで馬力はV8並。税金もセルシオとかみたいに高いわけじゃない。
オイルも4Lで済むから、フラッシング工賃を入れても毎回交換費用が安い。などなど。

現行車の割にはプラットフォームが5年前なのでちょっと古いクルマになってしまいましたが、いい所、買って良かったと思ったところがたくさんある素晴らしい車です。

一カ月乗ってみてどんな車なのかだいぶわかってきたのでインプレを書いてみようかなと思います。
いいことも悪いことも全部書いていきます。
乗っているのはVIP Gグレードです。


【動力性能】・・・★★★★★
今回初めてハイブリッド車のオーナーになったけど、出足は軽快。
ヒューーーン、、と私鉄の発進音みたいな音がかすかにします。
モーターで発進するのでまあ当然なんですけど。

グッとアクセルを踏み込むとエンジンが掛かり、勢いよくフワッと加速する。後ろにかかるGに最初戸惑った。
踏むと3500ccでこんなに違うのか。これは2500ccでは体験できなかった部分。
演出なんだろうが、低速のモーター走行からエンジンに切り替わるとき?に「ドゥルルルー、、」と控えめでダンディなエンジン音が聞こえてくる。

あと、特筆すべき部分が2つ。動力性能になるかはわからないが、モーター→エンジン始動→モーターの切り替えが全く分からない。これは本当にすごい。タコメーターの針見てないと全く気づかない。
エンジンがかかった瞬間が分からないのだ。
日産の独自のハイブリッドシステム「1モーター2クラッチ」の恩恵?なのかはわからないが、恐らく日産がかなり気を遣って開発した部分なんだと思う。
世の中の多くのハイブリッド車は、自分の体験からするとモーターとエンジンの切り替えの際に「ガオン!」と言った音と振動が入る。モーターとエンジンの切り替え時に発生する振動は不快そのものだし、これを打ち消した日産の技術力は素晴らしいと思う。

もう一つが高速領域でもEV走行になる事。
〜110km走行時でも平気でEV走行になる。これはビックリした。
どうやら速度が一定で安定した走行シーンでは、積極的にEV走行に切り替わる仕組みのようだ。
高速領域でエンジンが停止し、無音になるのは快適そのものだ。


【乗り心地】・・・★★★★★
乗り心地はかなりいい。とは言ってもLSほどの滑るようなフラット感は無いが。
純正で大きいタイヤを履いてるがバタつき感はほとんど無く、段差も軽快にいなしてくれる。
マークXにあったような大きな段差のゴン!て感じの突き上げはない。
アスファルトの細かな路線の凹凸も、独自開発のダブルピストン・ショックアブソーバーの恩恵で吸収されており不快な振動は体には伝わってこない。
シートもとても上質で低反発素材がたっぷり詰め込まれていて全く疲れない。
皮はセミアニリン素材。触り心地もスベスベで気持ちいい。

【居住性】・・・★★★★★
後席がとにかく広い。これ、後席乗る人は長旅にはもってこいだと思う。
前席を目一杯後ろに下げても後ろは狭くならない。充分広い。
助手席もオットマンがついてるので快適。

前席の広さはマークXとそんなに変わらない印象。
まあ元々横幅自体はそんなに変わらない車なので。
居住性に不満はない。強いていうなら運転席の膝スペースをもう少し広くして欲しかった。
席を前にスライドしたときに当たるので。

【静粛性】・・・★★★☆☆
これは少し期待外れだった。これは前乗っていたマークXがフルデッドニングされていたからだと思う。
ネット上でレビューや口コミを見る限り、シーマハイブリッドの静粛性はセルシオよりも高い、と言った声をよく目にするが、実際はそんなことはない。

自分の感性では少し古い2006年に登場したレクサスLSやもう少し古い18系マジェスタの方が全然静か。

現行フーガと比較して追加で20箇所以上に遮音、防音、制振材を投入されているシーマだが、それでも音を抑え込む技術は、やはりレクサスやトヨタ上級車に軍配が上がる。

特に気になったのはドア内部を通して、Bピラー下部から結構入ってくるロードノイズ、要は側面から入ってくる騒音だ。
ダッシュパネル、フロアからのロードノイズは見事にシャットダウンされているだが、横からの遮音に詰めの甘さを感じた。Bピラー内、ドア内で反響して伝わってくる騒音は、耳が近くにある分特に気になる音だ。

前車はフルデッドニングを施したマークXに乗っていた分、この辺の騒音にはすぐに耳障りに感じたし、デッドニングしたマークXの方が純正シーマよりも静かなんだと改めて実感。
デッドニングの効果と重要性を再認識した。

あと雨天時のフェンダー内で雨水を跳ね上げる音、これに関しては見事にシャットダウンされていたので合格。

この車、車内のノイズ音を打ち消すアクティブノイズコントロールが装着されているが、それでもネットで絶賛されているほどの効果があるのかどうか、正直疑問が残る。


静粛性は日産最高級車であるならば、もっと煮詰めて欲しい部分だった。
マジェスタクラスの静粛性を想像していたので期待外れな結果に。


【内装質感】・・・★★★★★
これは本当に素晴らしい。

この内装はシーマを買う決め手になった理由の一つだ。

マークXに乗っていた頃、イオンの駐車場でたまたまシーマハイブリッドが隣に駐車してあり何気無しに窓越しに内装を覗き見。。。「うぉ!インパネの上質感すごい。。なんだこのオーラ。。」
先進的なテックデザインとは全く逆の発想のデザインで、アンティークテイストかつクラシックな雰囲気を曲線を多用して見事に現代風に表現されている。
写真と実物がここまで違うと感じた事はなかなか無い。
落ち着いていてとても上質。
イメージ的にはどこかの中世の国の伯爵が住んでそうな屋敷を雰囲気を思わせるデザイン。わかる人にはわかる。
好みがあるかもしれないが文句のつけようが無い。
ドアの内張のデザインもシロナガスクジラのような流れる曲線模様が素晴らしい。

内装は満点。

逆に近未来的なデザインを好む人には古く感じるかもしれないし、全く受けないデザインだろう。

まあ、フーガと殆ど同じだけどね。


【装備】・・・★★★★☆
アクセル踏み込むと押し返してくるエコペダル機能(オンオフ可)がついていたり、今では当たり前?の前車追従レーダークルーズコントロールや、自動ブレーキアシスト、前方車両接近警報、車線逸脱補正システム、アラウンドビューモニタect....最近流行りの先進的なエコ機能、安全機能がたくさんついている。
他にも取説に色々書いてあるけどもうわけがわからない。日産の技術全部入りって感じ。

エアコン機能も充実していて2種類の森の香りが交互に排出されるアロマデフューザーが内蔵されている。
フォレストエアコンシステムと言って風が肌に直撃せず、常に森のせせらぐ揺らぎ風のような風当たりになっている。これは細かく調整することができる。エアコンにすごい拘っているな日産。。
空調にはシャープのプラズマクラスターを採用、カビや菌の繁殖は抑制されており、その証拠に車内はいつも新車のような匂いだ。これは新車のレクサスの匂いとよく似てる。

残念なのは、ドアのオートクロージャーが後席とトランクにしかついてないという点。
前席だけは手動。前席もゆったりドアを閉めたい自分にとってはちょっと。。

あと、ルームミラーが手動防眩式。。
レクサスISに乗っている自分としてはこれはちょっと不便に感じた。
その代わり、後席左右窓とリアガラスには電動サンシェードがついているのだが、、。
自動防眩ミラーくらいケチらずにつけて欲しかったというのが本音。

運転席、助手席のヘッドレストにプライベートシアターシステムが付いている。
後席の人はこれで別々にDVD楽しむなり、テレビ見るなり楽しめる。
外部入力端子もついてるからその気になればゲーム機を持ち込んで、、なことも可能だ。
ワイヤレスヘッドホンも最初から付いているから周りの音も気にせずに楽しめる。

つまりシーマハイブリッドは、セダンの中では実はすごいファミリー向けなセダン。子供はすごく喜ぶ。
モニタもパナ製で画質も綺麗だし、リモコンで調整も可能だし、満足。

高級車としてはお決まり?の後席のセンターアームレストについてるスイッチ類。
後席リクライニング、シートヒーター、エアコン調整、チャンネル機能全部入ってる。
後席天井には読書灯、バニティミラー&照明が左右1つずつ。

【音響】・・・★★★★☆
標準でBoseサウンドシステムが搭載されている。スピーカーの数もとても多い。
スピーカーの数は数えてないからわからないが、運転席と助手席の肩の辺りにもスピーカーが付いてるのには驚いた。
音は立体的で素晴らしいし、全く不満はないのだが、ISのサウンドシステムよりも高音を引き出す力が若干弱い。
まあBOSE自体が低音重視のメーカーなので恐らくこれはメーカーの開発思想なんだと思う。

【不満点】
挙げるとすればやはり静粛性の部分。
レクサスに乗っている者としては如実に違いがわかってしまう。
あとハイブリッド車の宿命なのか、エンジンの状態によって低速時のエンジンパフォーマンスが異なる点、常に毎回一定ではない点。高速域ではそんな事ないのだが。
具体的に例を挙げると、街乗りしているときリチウムイオンバッテリーが満タンになってても、たまにエンジンがかかったままになってたり、、エンジンが温まっていてもたまになるから何故?と思う。
アクセルの踏み込み具合で掛かるエンジンのタイミングも一定ではなく、早く掛かったり遅く掛かったり、、そのタイミングにバラツキがある。
具体的には強めに踏み込んでもEVのまま加速してくれる時もあれば、弱く踏み込んでもすぐエンジンが掛かってしまったり。低速域でのパフォーマンスにバラツキがあるように感じる。

この辺りはコンピュータで制御、管理しているから?なのかなんなのかよく分からないが、パフォーマンスは常に一定であって欲しいのが正直な所。
その辺りは慣れになってくるんだろうが、やはり純粋なガソリン車の方が当然パフォーマンスにバラツキもないし、走る楽しさみたいなのは上なのかなと思う。

【総評】
買って良かったと思える1台だった。大事に乗っていきたい。
マークXの頃にはなかった現象があって、それは圧倒的に道を譲ってくれる人が多くなったことww
これには驚いた。申し訳ない、、と思いながらも、やっぱでかい車は違うなと毎回思う。

静粛性の部分に関しては近いうちにCS.ARROWSさんにフルデッドニング依頼すれば解決するし、完成したら最高の1台になるのだろう。

Posted at 2018/01/17 17:30:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月11日 イイね!

みんカラ登録完了

こんにちは。
以前から気になっていたみんカラを始めてみました。

現在シーマハイブリッドに乗っている40歳間近のオッサンです。
改造とかは好きじゃないのでノーマルのまま乗っています。ノーマルで十分かっこいいので。
以前はマークXを2代続けて乗り継ぎました。なのでマークXのことなら大体わかります。

シーマはもともとある程度の静粛性はある車ですが、意外と乗ってみると車内騒音が耳に付く車です。
特にドア内部やBピラーあたりから侵入してくるロードノイズ。。。結構響きます。

ドア、Bピラー、ダッシュパネル、フェンダー、カウルトップ、リアクォーター内部、リアトレイ辺りを中心にフルデッドニングを今年中に敢行しようと思っています。
まずは頑張って仕事して資金調達!!
目指せロールスロイスの静粛性!!

シーマハイブリッドのことで何か聞いて見たいこと、気になる事ありましたら何でも聞いてください。
よろしくお願いします。
Posted at 2018/01/11 02:12:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「マークX http://cvw.jp/b/2908973/41325556/
何シテル?   04/08 09:41
あくせると言います。よろしくお願いします。 現在は日産シーマハイブリッドに乗っています。 ●車歴● 2009年マークX250Gプライムセレクション...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

V6FRセダン、V8FRセダン好きの方歓迎です!
ノーマルまたはちょいいじり程度の方大歓迎!

車内制振目的、ロードノイズ対策目的のデッドニング好きな方も歓迎します^^

よろしくお願いいたします。
2 人のお友達がいます
CS.ARROWSCS.ARROWSみんカラ公認 ☆……ロド……☆☆……ロド……☆

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

日産 シーマ 日産 シーマ
日産 シーマハイブリッドに乗っています。 前車は2代目マークX250Sです。 よろしくお ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.