• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ジェダイのブログ一覧

2018年11月04日 イイね!

世界標準

世界標準今日は地元が世界に誇るモノを見て来ました。







それは福井県年縞博物館

「年縞」とは季節ごとに異なるものが堆積(春から秋はプランクトンの死骸、晩秋から冬は黄砂や鉄分など)することにより形成されそれが積み重なった物です。

プランクトンの死骸など有機物を多く含む層は暗く、黄砂や鉄分が鉱物質を含む層は明るく、明暗1対の縞が1年に相当します。

その年縞が約7万年分。途中1年も欠ける事無く綺麗に残っていたのが三方五湖の一つ水月湖だけ。

うむ~我がジェダイ騎士団でさえ1万5千年の歴史しかないのに、7万年とは・・・・。

では何故、水月湖がそんな奇跡の湖になったのか?

それには4つの理由があります。

・直接流れ込む大きな川が無く、土砂が流れ込まない。
(川があり土砂が流れ込むのは隣の三方湖)

・山々に囲まれているので風で湖水がかき混ぜられない。

・水深が深く湖水がかき混ざらないので湖底に酸素が少なく生命がいない。

・近くの断層のズレのお陰で沈降し続けているので湖が埋まらない。



と言う訳でその年縞の様子はフォトギャラリーでどうぞ↓

世界標準のものさし


年縞博物館を堪能した後には向かいにある若狭三方縄文博物館も見て来ました。

今日はタイムスリップして大変勉強になった日でした。

Posted at 2018/11/04 16:39:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2018年11月03日 イイね!

自動参拝

自動参拝今日は朝一で地元の気になったモノを堪能してきました。

それは「自動運転実証実験」

永平寺町では「参ロード」(旧京福電鉄永平寺線跡地)と言う道を利用して自動運転の電気自動車の実証実験をやっていて、11月一杯は一般の人も乗れるんです。

区間はえちぜん鉄道永平寺口~永平寺門前町前まで。途中に停留所が5カ所ほどあります。

9時から運行開始なので永平寺口に着いたら私一人・・・^^;

良い天気だし昨日の地元ニュースで取り上げていたから多少は人居るかな~と思ったんだけど・・・。

自動運転と言っても実験中だから万が一の為にドライバーは居ます。

そして私も後ろに乗り込み運行開始。

最高時速は12キロ。

車だと約7,8分で着く所ですが、終点の門前町までは40分ぐらいかかります。

ノンビリと田舎の風景を見ながら進んでいきます。

乗った様子はフォトギャラリーでどうぞ→自動運転実証実験試乗



と言う訳で自動運転を始めて乗った感想です。

・止まる時にカックンブレーキなのが気になる。
(もっとスマートに止まって欲しい)

・磁気センサーを車両下のセンサーだけで感知しているので左右のふらつきが多い。その為ハンドル修正の幅が大きく体が左右にふられる。

・前方や周囲の障害物の感知が甘いのか何もない所で徐行運転になる。

・冷暖房が無いので寒くなると乗るには厳しい。



以上、こんな感じです。

映画などで見る自動運転までにはまだまだ時間が掛かりそうです・・・^^;
Posted at 2018/11/03 18:52:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2018年09月23日 イイね!

タカスを制する ※追記アリ

タカスサーキットを走っている皆さん。

「タカス」の名前の由来は知っていますか?

「えっ? そこがタカス町じゃないの??」

って言う方。違います。

タカスサーキットは西二ツ屋町です。

「じゃ~鷹巣海水浴場があるからだ」

っていう方。違います。

鷹巣海水浴場は浜住町です。

だとしたら「タカス=鷹巣」はどこから来たのか??

そのルーツを探す旅を私は今日してきました。

場所はタカスサーキットから見て南東約4キロの山奥にある「高須町」

山々に囲まれた小さい町。

その町の山の最高峰が高須山。標高438m。

この高須山の山頂に答えがあるので登ってきました。

登山道はちゃんと整備されているのですが、ここ最近の台風や大雨の影響で途中には倒木がいくつかありました・・・・^^;

そこを跨いだり、潜ったり、斜面を乗り越えたりとして約40分かけて山頂に到着。

その山頂には今から約700年前に建てられた山城「鷹巣城」があったんです。




時は南北朝時代、新田義貞四天王のひとり畑六郎座衛門時能がわずかの勢力で足利方の大軍と戦った城。

暦応元年(1338年)7月に総大将義貞の戦死、よく二年8月には後醍醐天皇の崩御と大きな痛手を受けた南朝方の城は、北国において鷹巣城だけになってしまう。

時能はわずか二七騎三百人で城に立て籠りました。

四方には、三十余か所の敵陣が構えられ、斯波高経・高師重率いる七千余騎の軍勢が幾重にも包囲。

しかし勇猛な家臣や犬獅子という名の犬の活躍もあって敵勢はひるみ、両者にらみ合いが一年以上続く。

暦応四年十月、時能は運を天に任せ十六騎を率いて城を脱出、勝山の伊地知山を目指したものの追手に追われ同地で戦死。

ほどなく鷹巣城も陥落。

これにより越前国内の南朝方は一掃され、この地は斯波高経が治める事になる・・・。




この様子は「太平記」二十二巻に詳しく描かれているので気になった方はそちらをご覧ください。




と言う訳でタカスサーキットの「タカス」の由来はこの「鷹巣城」からきているんですね。
(あくまで自分の推察)

高須山山頂には鷹巣城址の記念石碑や祠があり、四方も見晴らしが良く丸岡町や三国も一望。

そしてこの高須山山頂からタカスサーキット見てみようと視線を向けてみると・・・・。

多くの草木に阻まれて見えませんでしたw



※追記  タカスサーキットから見る高須山

alt
(写真は過去の使い回し)


中央からチョイ右にある山が高須山です。

(ピットロード先にある一番高く見える山ではない)


登山と山頂の景色の様子はフォトギャラリーでどうぞ↓

高須山(登山編)
高須山(山頂編)




Posted at 2018/09/23 16:39:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2018年09月22日 イイね!

峠を走る

峠を走る今日は午後から天気が良かったのでつい最近全線開通した「新俣峠」を走ってきました。

福井県勝山市と石川県小松市を結ぶ国道416号線。

県境部分の約6.3キロがこれまで整備されてなかったのですが構想から50年。ついに完成です。

街から山の方へ向かう道は広くていい道ですが、山の中に入ると幅は狭くなります。

狭いけど退避場は沢山あるしすれ違いも出来るのでそんなに苦労せず走れます。

そして標高916mの県境へ。

丁度県境の所に車が7台ぐらいはとめれる駐車場があり、そこからは勝山市街が見えます。

で、私はここから石川県へは行かずUターンして戻りました。

と言うのも情報によると石川県側は道がすれ違い出来ないほどの狭い道が多く苦労するとの事で・・・^^;

峠の様子はフォトギャラリーでどうぞ→新俣峠を走る(福井側)

Posted at 2018/09/22 17:40:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2018年05月05日 イイね!

明治を堪能

明治を堪能昨日行ってきた「博物館明治村」の様子をフォトギャラリーにUPしました。

博物館明治村 その1

博物館明治村 その2

博物館明治村 プリズンブレイク編

博物館明治村 その4

博物館明治村 その5

行く前はそんなに期待していなかったけど、行ってみてビックリ!! 貴重な文化財が沢山あり、あの夏目漱石の家などもあったりしてほんと明治時代を堪能しました。

そして残念な心残りは有名な「カレーパン」と「ふわふわオムライス」が大混雑の為に食べれなかったことです・・・^^;

まだじっくり見ていない文化財が沢山あるので機会があればまた来たいと思います。
Posted at 2018/05/05 12:31:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記

プロフィール

「4年前と比べてみる http://cvw.jp/b/413312/42435961/
何シテル?   01/22 20:33
何でもいいから何かを続ける事が大事だと思い、「一日一ブログ」「一日一本ヤクルト飲み」「一日一回ワンダーコア10分間」「一日腕立て伏せ20回」を日課にして日々修行...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

ホイールインセット計算 
カテゴリ:その他
2017/01/01 11:55:04
 
Ke!san 
カテゴリ:その他
2014/07/10 19:17:37
 
タカスサーキット 
カテゴリ:IMPREZA関係
2012/03/21 20:18:08
 

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI S.S.I. WRX STI (スバル インプレッサ WRX STI)
3代目愛車。 3代目に求めたものは・・・、 「FF車、FR車より雪道に強い」 「2ドア ...
日産 シルビア 黒王号 (日産 シルビア)
2代目愛車 パワーのある車が欲しい矢先、会社の先輩が安く譲ってくれました。 この車で ...
ホンダ シビック なんちゃってSiR号 (ホンダ シビック)
免許取得し初めての愛車。 当時、F1でマクラーレンホンダが圧倒的強さだったので、「車買 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.