• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だるやーのブログ一覧

2018年05月22日 イイね!

ALTでリア強トーイン

ALTでリア強トーイン5月20日の日曜日は、美浜で開催されるゼスティノタイムアタックに参加…しようかとも考えていたのですけどやっぱりALT行っちゃいました。


リアをかなり強めのトーインにしてもらったので、どう変化したか確かめたかったのです。安全第一でワインディング走るくらいじゃよく分かりませんので。なんとなくリアがどっしりしたようなしないような感じ、でもプラシーボレベルです。しっかり確かめるにはやはり走り慣れたALTに限るでしょう。

美浜のゼスティノは参加台数がかなり少なかったようですね。独特の価格設定からしてタイヤ幅の狭いクラス(必然的に小径ホイール)は台数少ないだろうな…という予想は当たってました。245幅以上の2WDクラスが一番人気でしたね。しかし245幅以上の4WDクラスがまさかのゼロ台とは。これは一体…。

私が参加するとなると215~235幅のクラスとなります。エントリーリストを見ますと、GDBインプとS15シルビアのターボが参戦。うーん、1クラス6台に達すれば優勝商品がタイヤとなるので狙いたかったw のですけど勝ち目薄そうなので…



で、なんでリアのトーインを強くしてもらったかと言いますと、単純にオーバーステア対策です。進入は別にいいんですけど脱出でもっとアクセル踏めないかなと。ふつうはまず車高の前後バランスで対応するものかもしれませんが、ただでさえバンプすると235幅のタイヤが内壁に当たりがちですのであまり車高下げたくなく、差し当たりアライメントで対応できないかなと試してみることにしました。

どれくらいトーインになったかと言いますと、これまでトータルトーイン10分だったのが35分になりました。…えーと…、分で言われてもピンと来ません、ミリだといくつなんだ~?

しかしここで調べ物してるうちにワケが分からなくなってきました。
トーを糸など張って測るとき、ホイールの端と端で何ミリずれてるかで測りますよね。
したがって、同じように「1ミリ」とか言ってもホイールの径によって実際の角度は変わってくるはず。小径ホイールより大径ホイールのほうが同じ1ミリでも角度は小さい…。

でもアライメントテスターでも度分秒で出るやつもあれば、ミリで出るやつもありますよね。あれのミリで出るやつの場合、ホイール端じゃなくて、どうやらタイヤ外径の端で何ミリずれてるかを表示してるっぽい???

プライベーターの皆さんが糸張ってトー測るとして、もしかして皆さんホイール端でのことを言ってるのか。それともそこから度分秒に換算して、さらにタイヤ外径で何ミリ分になるかを計算して言ってるのか、どっちなんだろう…。

もしかしてミリの場合、ホイール端で言ってる人とタイヤ外径端で言ってる人が世の中に混在してるのではないかという気がしてきました。ど、どうなんですか実際。

なお、私の今使ってるゼスティノ07RRの235/40R17は外径620ミリとなっておりますので、トータルトーイン35分というのが外径で何ミリに値するのか誰か計算してみてくださいw



さて、そんなこんなで早朝ALTであります。ちょっと寒いくらいの気温でイイ感じ。


まったく気にしてなかったのですが、このポイントカードって毎月1回走ると貰えるスタンプを12ヶ月ぶん揃えると1回走行無料だったんですね。最後の最後の4月に走らなかったのでポシャりましたわw しまった、そんなありがたいシステムがあったとはw




バリューデーなのでこないだと打って変わって台数めちゃくちゃ多いです! 9時から11時まで1枠15台走行の満車状態。まあ今回はアライメントの様子見るだけですのでオッケーです。
でもてっきりカレー食えると思ってました。あれは冬だけのサービスなんですね。

走らせてみると、まずスキール音が違います。どういうわけか盛大にキーキー鳴っております。
そして…曲がらない! 如何ともしがたい曲がりにくさ。まさかこんなにアンダーステア強くなるとは思ってませんでした。その代償に出口で踏めるようになったかと言うと、なんだか微妙~…、いやそれなりには効果出てるか?
とにかくこれまでのつもりの進入速度だとクリップに付けなくて、よく分かりません! やむをえず我慢を覚えて、これまでよりスピード控えめでターンイン、曲がってからアクセル踏むと…多少は効いてる気がしてきました。

こりゃ~タイム出んわと思ってたら意外とマシで、ベストは30.094。こないだより速いぞw でも2ndは30.278で、全体的には僅かに落ちたかな~。でもタレてない最初からこのセッティングに慣れていればもっと良かったかも知れず…。

走行抵抗が強まってストレートが遅くなったりしてたかどうかは体感では分かりませんでした。
次回は、リアはもうちょっと元に戻して(25分くらいとか?)、フロントをトーゼロか弱トーアウトにしてみますかね。現在はトータルトーイン5分でしたっけ。



今回、3台のストーミーブルーマイカNCが1枠で走るという珍しい事態となっておりました。だいぶ前に駐車場で3台並んだことはありましたけど、今回は私以外の2台はまた別の方々のです。


そのうちの1台がこちら、前にMLSでお会いした方です。今回、ちょっとお願いして運転させて頂きました。RHTでパワー系のイジリ無し、テインの車高調にタイヤは205/50R16のR1R、そして5MT仕様です。

かなり驚きました…

何がって5MTの不利さです。これまでずっと、ALTではNCは5MT仕様のが単純に有利だと思ってました。とんだ大間違いでしたね。まさか2速の低回転域でこれほど加速してくれないとは。オープンデフなのにトップターンと最終コーナーでアクセルべた踏みでもまったくリアが滑る気配がないくらいタイヤに力がかかりません。

純正ファイナルは6MTと同じ4.1なんですよ。2速のギア比は5MT車が1.888で、6MT車が2.260。5MT車で7500rpmまで回すと約112km/h、6MT車なら約95km/h。そんなもんなんですけどね~。
2人乗ってたことを考慮しても、速く走るならファイナル変更でローギアード化は必須と感じました。

もっとも、私のように独身中年でデタラメな金の遣い方してられる方ばかりではありません。安く済ませるならS2000の純正LSDと同時交換ですかね…それでも工賃かなりかかっちゃいますが…。

あとアシがソフト過ぎて1コーナーが怖いという、こないだ私のNC乗った乱丸さんみたいなことを感じました。でもノーマルで走れる人だっているのでその辺は慣れかもしれません。

もうひとつ、トップターンから降りてきての左コーナー、あそこで横Gが左から右に急激に変わるとき、アタマがグラッと動くのが分かりました。これがRHTのアタマの重さか~。でもアシが柔らかいせいに過ぎないのかもしれません。

でもけっきょくはNCなので、スポーツ走行を楽しめるかという点で私のとそんな違うかと言われると、そんなに違わないかもしれない…w
他のNCってまったく乗ったことありませんでしたので、貴重な経験ありがとうございました。



その後、お呼ばれした気がしたのでSスカへ。
REpowerさんのお連れさんが、なんとTVRのサーブラウなる車に乗ってきてました。




4リッター直6エンジン350馬力、車重は1210kgで前後50:50、電子制御皆無のFR…。
すごい手強そう。私が乗ったらすぐスピンさせてしまう気がします。
めちゃくちゃ屋根が低いので長く見えるけど実は4280mmでトヨタ86と大差なく、車重も近い。それでいて4リッターですもんねえ。あな恐ろしや。
Posted at 2018/05/22 23:57:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月08日 イイね!

5日は美浜、6日はALTへ

5日は美浜、6日はALTへGW後半もサーキット三昧? というほどの走行時間でもないですが。

5日は美浜サーキットへ。REpowerさんが、貰い物の265サイズのタイヤを試したくて仕方ないというので話が始まり、なぜだか6人が集結。


まずは5人で早めのお昼に、サーキットからさほど離れてないお店「海鮮工房 なみ平」へ。確かにお値段のわりに美味しかったですね~、さすがben.さん。

サーキットに着くと、午前中のイベント「ママチャリ耐久」がまだ続いてました。


終了後の写真しかなかった…。
それにしても、気温もぐんぐん上昇するなか、見てるだけでへとへとになりそうなレース模様。ホームストレートが上り坂になってるのなんて車だとそこまで意識しませんけど、ママチャリこいでる人たちは本当にしんどそうでした。



ben.さんとぼんじんさんは走る予定でなく、走るつもりだった蒼いおむすびさんも体調不良で走行中止。
私とREpowerさんとRED-Bさんの3台が走りました。

私は12月に買った3枠ぶんのチケットのラスト1枠を使用。こういうやり方が出来るのがここの良いところですね。
タイムのほうは46.646がベスト。うーむ遅い…この時期は仕方ないのか? でも冬に45秒台の人が走らせたら絶対もっと速いよなあ。何か攻略で見落としてる部分があるのでしょうか、それともセッティングか? よく動画を見返して…、あ、間違って動画消しちゃった。

いちおう結果的には、各コーナーへはアウトいっぱいのラインでブレーキングしてから曲がるより、ほぼインを目指してブレーキングしながら突っ込むほうが速い感じがしましたがこれでいいのかどうか。
第1コーナーがいちばん分かりません。どうやっても「もっと速く抜けられないものか?」と思ってしまいます。

REpowerさんのほうは、思いのほかガッカリだったようで…。6年落ちくらいなら太いほうが速いやろと楽観していた私、そんなに劣化が進むんだと知って驚きました。

その後、夜の飲み会に備えていったん帰宅。滋賀県からお越しの蒼いおむすびさんも我が家に車を置いて…


なんかスゴイのがドドーンと停まってる感じ炸裂。ご近所さんはどう思われてたやら。
蒼いおむすびさんはけっきょく飲み会でも体調不良により飲めず、一泊されていきました。


翌朝、帰宅する氏に、おみやげに読みかけの拳闘暗黒伝セスタスの9巻以降を(強制的に)渡してさしあげましたw

その頃、乱丸さんは朝イチで幸田へ、そこからALTへハシゴされると言うので、ALTだけご一緒しにおでかけ。


道すがら、トヨタ自動車の新テストコース(この上のほう)をちょいと見学したりして。



ALTは…少なっ! GWも最終日は皆さん家でゆっくりされる方のが多いんですね。東名阪もたいして渋滞しなかったようで、そんなことなら鈴鹿ツイン行けば良かったかな~と。渋滞が嫌で避けたんですよね。


乱丸さんも到着、3時枠を走行。走行台数は3台だけ。ゆったり練習です。


ベストは30.252。やはりこの気温では…と同じ言い訳。走ってる感じは我ながらOKだと思うんですけどね~。
しかしやはりゼスティノ07RRはRSほどには食いませんね。1コーナーや3コーナーでだいぶ差が出る気がします。
今回はいつもより更に低い空気圧を試そうとして温間1.8キロを狙いました。でも2キロとそう違いは感じませんでした。今度は1.6キロくらいにしてみますかね? それだと冷間1.2キロとかになっちゃいますけど…

最後の10分で、乱丸さんのNBロードスターと乗り換えっこしました。


NCロドスタを運転する乱丸さん。これで30.832。私よりほぼ0.6秒落ち。すみません、乗ってからたった5周で速すぎません? 私が運転したNBはと言うと、32.076だそうで、乱丸さんのちょうど1秒落ちほど。おっかなびっくり走らせましたけど、まったく攻められずダメダメでした…

乱丸さんは、デブ者である私にとっては平気なセミバケで体がガクガク動いてしまったそうで、我がNCロドスタに乗られる方々皆さんがまず浴びる洗礼ですね、仕方ないw
それとブレーキがカックンすぎるようでうまくいかないそうです。これはNCが、と言うより同世代以降の車に共通の性質じゃないですかね。いざというときフルブレーキングできない人が多いので今の車はこういう特性になってきたとか聞きますが…
あとアシがフラフラして怖い? これ、他の方にも言われたことあります。

私が乗ったNBロドスタは、まずはこないだ普通に道路走ったときと同じく「ブレーキ利かない!」。フルブレーキング時の制動力とはまた別問題のはずなんですけど、最初はギョッとしちゃいます。
ノーズがカルく入り、やや固めの足ゆえかそれとも軽量ゆえか、余計な動きがない。
しかし他人サマの車なのでなかなかスピードを上げられません。ちょっとずつ踏んでいって、しかしあっというまにチェッカーフラッグ。けっきょく何も分からないまま終わってしまったという感じでした…。残念、もっと乗りたかったな~。

2コーナーでは2速に落としてましたけど確かに今のギア比だと3速のままでいいかもしれませんね。3コーナーの立ち上がりが2速でレブるとは思いませんでした。
Posted at 2018/05/08 23:57:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月03日 イイね!

MLSCロードスターフェスティバルRd.1

MLSCロードスターフェスティバルRd.1去る4月30日は表題の件にてモーターランド鈴鹿へ。


どういった企画なのか要領を得ぬまま、きっとミーティング的なユルいやつだろう、ガチ勢はいらっしゃらないだろうと予想して参加することにしました。こないだの美浜のロドスタ天国みたいに関東から遠征者が来られることもあるまいし…と。

私の場合、恥ずかしながら人見知りしますので、これまでロードスター関連のミーティングとかオフ会とか行った事がありません。お山でもサーキットでもNCロードスターの知り合いってあまり出来ませんからね~。

そこで今回、他のNCの方々と、走り以外のドレスアップなんかの情報交換も出来るんじゃないかな~などとのんきに期待して、ちょいとしたお化粧直しもしておくことにしましたよ。我ながらどういう風の吹き回しでしょうか?
しかし昼間にどうしても時間取れなくて作業はほとんどおまかせしてしまいましたが。


まずは例のスピーカー交換。オートバックスで適当にケンウッドのKFC-RS173。Aピラーにツイーター付けたくないのと、同軸2wayのが安いので。あと同梱されてるブラケットのみで、オプション類いらずでNCロードスターに取り付けられるのがどうやらこれしかないようなので。
これでちゃんと左からも音が出るようになりました!

実はその後、残された純正ツイーターを鳴らさないように自分で内張り剥がして頑張りましたw
そんな時間があるなら全部自分でやれば良かったのにって、本当はそんな暇なんか出来ない予定だったんですけどね…

痛風が…
出ちゃったので…4日くらい仕事休んでたのでした…


どこやらのフェンダーモールをお試しで貼り付け。やはり形状や位置的に無理があってすぐに剥がれてきてますw


ドイツI.L.motorsport製のNC2用クローム調フォグランプベゼル。正面から見るとアリだなと思うんですが、斜め横から見ると想像より大げさで評価が難しいところ。


同社製のクローム調ロールバーカバー。純正でもありますけど、これは丸ごと交換ではなく上から貼り付けるタイプ。そのぶん安い。

外装にはメッキ調パーツをもうすこし増やしたいと思ってたのでありました。でもまあ、この辺までかな。


同社製、本革シフトブーツとサイドブレーキブーツ。シフトはRoadsterのシルバー色ロゴ入りを選択。右ハンドル車だと文字が反対向きになっちゃいますけど。


同社製、センターコンソールトレイ。NC1のここは悪名高いドリンクホルダーになっております。シフト操作するのに邪魔で使えず、収納性も低いです。これで貴重な収納スペースができました。
あと内部にシガーソケットも付けられます。お店の方の心遣いで、使用してない運転席側シートヒータースイッチでON/OFFできるようにしてもらえました。


最後の仕上げに、ALTのプレミアムバッジと自家製ステッカーを追加。まあまあうまくいきました。


よっしゃこれでバッチリや! と、前日にエントリー表を見て驚く私。


なんか思ってたのとチガウ…ガチや…これはガチなやつやで…



おそらく中部地方最速のNC、いや国内でも最速を争うレベルなのでは? こちらの方です。すんごいエンジン入ってます。このサーキットのベストは45.1だそうです…恐ろしい…

他のNCの方々とも頑張って交流を図りましたが、なんかキモいの来た~とか思われてないやろか。

もちろんドレスアップの話など一切しておりませんw




ロードスターばかり54台(でしたっけ?)


肝心の(?)走りのほうは、朝イチ枠の46.872秒がベストでした。冬の自己ベストより0.5秒ほどダウン。気温のせいなのかな~? たぶん下の動画のときだと思うんですけど。前を行くのはすごい速いNAロドスタの方、ラジアルで45秒台出してらっしゃるそうです。ラインとか盗ませてもらえないかな~と頑張って追いましたが…


私のほう、この枠ではヘアピンはブレーキ残しつつ曲がっていってます。外周の前のゆるい左はインを突くライン、これだと外周であまり外まで行けず小さいライン取りになっちゃいます。

NAの方、インフィールドの右ヘアピン前で私より外から入ってますね。釣られて私もちょっとそうなってますw 最終コーナー前は左に寄らないんですね~、ここは私は左いっぱいに付けておいてから行きますけど、あれでもいいのか…

その後は順調にタイムダウン。47秒台前半がやっと。11時のタイムアタック枠で、あの小動物さんに敗れました。速い方のお話はとても参考になります。



見学にいらしてた、てっちゃんさんのお連れのBRZの方の撮影。
おお~、かっこよく撮られててうれしい!


お昼休みはNBロドスタ対レーサードローンの対決! 写真だとほんの小さくしかドローン映ってませんが。
途中までドローンが三味線弾いてて最終コーナー後にぶっちぎってました。速ええ!
この日はやたらめったらと多くのドローンがお空をブンブン飛び回っておりました。公式チームだそうです。

午後イチ枠は事前申告したタイムに近いタイム出すと賞がもらえるというイベント。しかしそうとは知らず自己ベストタイムを申告してしまったため到底届きません。そこで、愛車が不調で走れない☆もっち~☆さんにNCを運転してもらってセッティングなどにご意見賜りたくお願いしました。


走る自車を外から撮影するのは変な感じ。


たぶんこの最後のアタックがいちばん速かったと思います。47.7秒くらいですけど、もうちょっと詰めたらほとんど私と同じタイム出そうですね…さすがであります。

シフトアップ早いですね~、あれがなかなか出来ません。外周の前のゆるい左はややインから離れたラインですね、やっぱこのほうが正解? そしてヘアピンの進入がスムーズです。
インフィールド入口のゆるい右から、次の右ヘアピンが私といちばん違うところです。私だともっとスピード殺して小回りになってしまいます。怖くて高速で飛び込めないという…。このラインだと平均速度が高く、縁石が使いやすそうです。

車の評価はわりと良さげのようでホッとしました。出口のオーバー対策でほんのちょっとリアの車高下げてはどうかとのご提案。確かに。その後、実はフロントの減衰が最弱だったことが発覚w それだと相当リアどっしりな感覚だったと思います。でも限界の高さはそんなに違わないでしょうしねえ。


最後の枠は、まっすぐ状態でブレーキングを終わらせてからエンブレのみでハンドル切っていく方法を試してます。進入が大回りになるぶん出口で余裕があり、オーバー知らず。アクセルコントロール不要で全開にできますが…ただ単に距離を損してるだけのように思えてきました。やっぱブレーキ残してもう少し手前からハンドル切り込んでいったほうが速そうです。


全行程終了後の左フロントタイヤ。なぜか外側のブロック、Zマークの横に縦線がタイヤ1周ぶん入ってます。左リアも同様、右は大丈夫。過度の負荷による現象? って、このコースは右タイヤのほうが負担大きいんですけど。謎であります。この辺はさすが中国製か。横線の噂は聞いてましたが縦線まで。まあ実用上の問題はなさそう。

ええ、実はなんだかんだ言って、こっそり新品タイヤで臨んでました…w ゼスティノ07RRでございます。07RSと違ってタイヤカスの処理がほぼ不要なのでホント気楽でいいですよ。
朝イチ枠では冷間2.1キロ、走行後2.4~2.5キロでした。やっぱなんとなく爪先立つようなフィールでよろしくなかったですね。後から温間2キロにしたらどっしり食いつくようになりました。それでも朝イチのタイムを抜けなかったのは仕方ない? もうちょっとだけ低い空気圧も試してみたいです。

ラストに表彰式などがあり、じゃんけん大会でなんと勝ってしまいました!
頂いたものは、なんと…


ドローンであります! これは嬉しい! 何ひとつ入賞してないのにこの日いちばん高価な景品(5千円程度らしい)を頂いてしまいました。いいのか?
手のひらサイズのかわいいヤツ。練習して何かに活用したいと思います。林道の先を上から見るとかw
Posted at 2018/05/03 13:41:25 | コメント(6) | トラックバック(0) | クルマ
2018年05月02日 イイね!

春の林道パトロール

春の林道パトロール4月30日のロドフェスの件は後にして、まずは29日の山遊びから。

今年最初の林道ドライブ。コースはいつもと変わり映えせぬ鈴鹿山脈西側のあっちこっち。一冬越して何か変わったことはないかパトロールするのです。まずはこれをやらないと1年のスタートを切れません、なんて事もないですけど…。

やたら写真ばかりで長いです。ご興味の無い方は遠慮なく読み飛ばして下さいませませ。

R421の石榑峠トンネルを抜けて滋賀県入り。



茨川林道の入口だけチェック。やはりまだ工事看板が出てます。これによると工事期間は6月15日まで? 昨年11月のこの状況からそれまでに直せるのでしょうか。

御池林道も昨年から工事中ですのでまだ通り抜けは無理でしょう。r34で洗い越しを経て北上、久しぶりに登りで大杉林道(仮称)を楽しむことにしました。下りの方が景色がよく見えて好きなんですけどね。


む? 入口に見慣れぬ通行止め標識アリ。


分岐のT字路、右は行き止まり、左が御池林道ミノガ峠まで上れるルート。しかしここでもAバリで通行止めを知らせてあります。こりゃダメそうか?

それでも入っていくわけですけど。途中で下ってくる軽バンとすれ違いました。運転してるオッチャン氏が親切にも通れないと教えて下さいました。お礼を言って、ズンドコ前進です。

しかし道路状況はむしろ良く、春になってから崩落土砂を平らに均して整備したのでは? という気さえしました。うーん、どういうことだろ?



倒木で道が狭くなってます。軽バンなら抜けられますけどエクストレイル分の幅はありません。
テコでどかします。



お次は枝が邪魔。本体がどうやっても動かないので切って前進。


上の方、花が咲いてました。この林道でこんなの見たの初めて。


この定番撮影ポイントを過ぎるとしばらく下りに。



再び上り返す地点で、あちゃー。こりゃ無理。バイクなら通れるほどの小道が付けられてました。
ここで撤退です。

権現谷林道を抜けて、河内風穴に併設された蕎麦屋さん「風緑」を目指します。
とあるブログによると、春先はまだ土砂崩れが残ってて通れなかったようですが、経験上あそこは早く処置される傾向と思うのでたぶんもう行けるんでないかと…。


定番撮影スポット。秋には仙境のごとき雰囲気でしたが、春は断崖絶壁に新緑がまぶしい。

で、予想通りに抜けられました。河内風穴に到着したのが正午ごろ、もしかしてGWだし大混雑かと思いきやそれほどでもなく。空腹だったので助かりました。


準廃村(?)入谷(にゅうだん)の入口はユンボで塞がれてました。村内でかなり大規模な崩落があったらしく危険な状態のようです…。定住者はいないそうですし、このまま放置かと思いきや、直すみたいですね~。工事期間は7月31日までとなっていました。すごい根性や。


落合の集落を抜けて男鬼・比婆神社方面へ行こうとするとまたも通行止め看板が。


落合を過ぎてすぐにこれ。あー、そう言えば昨年もこうだったか…。まだ何も手を付けてないとは。

やむをえずUターンして水谷まで降り、滝谷武奈林道経由で反対側へぐるっと回りましたw


比婆神社もお参りして悪路走行の安全をお祈り。お賽銭100円では虫が良すぎ? 次は500円くらいにしときましょう。

で、滝谷武奈林道に戻って、とある未舗装林道を探索しました。昨年の暮れにも一度訪れたのですけど時間が遅くて暗くなってしまい、途中でやめたんですよね。





これらは昨年の暮れに撮った写真。入口からまっすぐ行ったルート。




今回の分。終点からちょっと歩くとこんな光景です。

で、途中で1ヶ所ある分岐を行くと、そこから先は幾重にも枝分かれしてまして、たぶん、まず間違いなく全て行き止まりです。いい景色が拝めるなんてことも無さそう。…全部行き止まりまで調べ尽くすことが出来なかったんですよね~。



鬱蒼とした植樹林のなかを行きます。分かりにくいですが車はちゃんと路上にありますw


登りのヘアピン、というかスイッチバックに近い。ここでタイヤが滑ったので大事を取って撤退しました。今思うと、AUTOでなく4WDでロックするモードにするの忘れてましたが。もう1ヶ所も下りで同様のがあって、降りるのはともかく登って帰って来れるかどうか恐ろしくて後退…。単独アタックですし、臆病なくらいがちょうどいいのよね~(カイ・シデン談)

山を降りて多賀のセブンイレブンでひと休みしておりますと、「あの後どこまで行った?」と話しかけてくる方が…。
ああ! 大杉林道ですれ違った軽バンのあのオッチャン氏!! あれから4時間以上経ってここで再び相見えるとは…。びっくりしました。地元の方だったのですね~。mamotakaさんならご存知だったりして。

その後の帰路は、御池林道を通って。朝は無理と判断しましたけどやっぱりもう修繕されてて抜けられるんじゃないかと思いまして。霜ヶ原の入口には特に通行止め看板もありませんでしたし…。


ミノガ峠付近から分岐する、飛び出し坊やが誘う林道にて。ここも当初よりだいぶ路面が荒れてきてますね。ちょっと怖い。



いくつかのギリギリセーフ地点を抜けて、やはりこのまま君ヶ畑まで行けそうかな?


なんじゃこりゃ~!!
付近の立て札によると、昨年8月の台風5号による災害らしいです。こんなのだったら林道入口にちゃんと通り抜け不可って知らせておいてくださいよ~。戻るのすごいめんどくさかったです。
Posted at 2018/05/02 23:45:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2018年04月16日 イイね!

モーターランド鈴鹿でK-spirits走行会

モーターランド鈴鹿でK-spirits走行会4月15日(日)は、ピットアウトレーシングの面々8名で表題の走行会に参加しました。参加者の総数は30名だったようです。


この走行会には昨年一度参加させてもらってますが、タイムスケジュールが大幅に変更されてました。

午前中は申告タイム別に2クラスに分けてフリー走行、1クラス30分間で正走2回、逆走1回。
午後は車種のジャンル(4WDとかFFとか)ごとに5クラスに分け、1クラス12分間走行を正走1回、逆走1回。この午後の枠はタイムアタック枠となり、正・逆の合計タイムで順位を決めます。
この後、再びフリー走行として午前同様に2クラス30分ずつと、更にラストの30分は全台区別なしでのフリー走行を正走で。

総走行時間を考えるとかなりお得な走行会と言えそうですね。早めの予約なら1万円で弁当付きです。
その代わり1枠あたりの台数が増えるのが難しいところではあります。

前日までの天気予報は雨。それもかなり激しい嵐になるとか。今回は私が仲間内の連絡役を務めましたので大変気を揉んでおりました。しかしなんとか走行開始時間には傘が要らない程度になってきて、ホッとしました。



ぼんじんさん(青のRX-8)とは初お目見え。高年齢層ばかりのメンバーの中にあって大変お若い方です。


お久しぶりの蒼いおむすびさん! スマホ換えたときにみんカラやラインのアカを失ってしまったとかで音信不通となっておりました。おんどれ生きとったんかワレ~!


私が前に買った旧型ez-Lapは赤外線は拾ってくれるものの、磁気は個体差によるものかほとんど反応がありませんでした。そこで新型のez-Lap miniを買ったところ、ちゃんと反応してくれました! たとえHKSの物でも磁気センサーにはかなり個体差があるらしいですね…
これで電光掲示板の無いサーキットでもリアルタイムでタイムを確かめながら走ることができます。今回のモーターランド鈴鹿では、公式タイムとのズレはほぼありませんでした。



さて最初のフリー走行(正走)は、路面は意外とフルウェットでもなく場所によっては乾いてきてる状態。しかし外周の進入でスライドしてしまいます! これは怖い、とても攻められませんでした。なんとか47.813がベスト。
2回目のフリー走行(正走)では路面はドライになりました。ここで出た46.978がこの日のベストでした。どうにか46秒台ではありますが…。タイヤが新しかった頃に比べるとすこし限界がオチた感はありますね。

この後、ぼんじんさんに悲しむべきレーシングアクシデントが発生。外装のみのダメージで済んで自走で帰られたのは不幸中の幸いでした。しかし傷のついた範囲が広く、さぞかしショックだったことと思います…。
RX-8の下回りに刺さった木を取り除くのに、まさか常備してるノコギリが役立つとは思いませんでしたが。お山の自主伐採用の…

3回目のフリー走行(逆走)はいまいちノリきれず47.158がベストでした。こっちのが正走よりタイム出るはずなのに攻略不足は否めません。
インフィールドのライン取り、特に終わりの緩い左コーナーで速度を乗せていきたいところですがうまくいきません。外周もどうしたものか。



この後タイヤを見たら、左フロントのアウト側に謎のブツブツが!? 何と言うか、ゴムが沸騰して気泡が沸いて出たみたいな感じ。実際そんなことあるのか知りませんが。インナーフェンダーに接触した形跡も無し。かなり長時間走り続けたせいで過熱するとこうなっちゃうんでしょうかねえ。

午後のタイムアタック枠は車種ジャンルごとのクラスに分けて走行。4WD、FF、FR(NA)、FR(ターボ)、コンパクトの5クラス。同じ車種ジャンル内でもタイム差はかなりありますが、同ジャンル内で同条件下での競争を強く意識させるという意義はあるでしょう。
私は正走47.349、逆走47.505という結果に。同ジャンル2位のNBロドスタの方とは僅差でしたが1位となりました。わーい。まあなんつーかユルい雰囲気のアレではありますがw

その後のフリー枠では皆さんと同乗したりしてまったり過ごしました。乱丸さんのランエボにヘルメット被った3人が乗ってる図は違和感すごいありましたねw 今回は使い古しのATR SPORT2で来られた乱丸さんでしたけど、ゼスティノ07RSの私よりそれでもまだ速いんだから困ったものです。

AMG A45とben.さんのRX-8に乗れなかったのが心残りでした。次の機会には隣に乗せて下さい。


いちおう表彰式もありました。3位はben.さん。FR(NA)部門はマツダ勢が占拠であります。
考えたらああいう表彰台に上がったの生まれて初めてかも。運動音痴なので小学生時代でも無かったし、ゲームの世界じゃ表彰台なんてありませんし。記念になりました。
でも2位のNBの人が頂いてた景品、インスタント味噌煮込みうどんセットのほうが良かったw 私はキャベツ太郎20袋入り…要らねえ~w



さて来週末はゲームの用事でクルマ遊びはお休み、30日(月)にまたモーターランド鈴鹿でロドスタ走行会です。
タイヤどうしますかねえ。知り合いがほとんど居ないので、やはりビシッと新タイヤで第1印象を強めるべきでしょうか!? でも今のもまだまだ履けるしもったいないような…。まあ買うとしたらゼスティノ07RRかな。
Posted at 2018/04/16 22:02:20 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「Sスカ行きます」
何シテル?   05/20 14:28
マツダNCロードスターと日産T30エクストレイルに乗っています。 くたびれた中年男です。 以前はよくニコニコ動画に車載動画を投稿してました。 http...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

NCロードスター 純正オーディオから社外品へ交換 その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/31 19:08:09
KUMHO V700 が、新コンパウンドに! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/19 07:11:46
KUMHO ECSTA ECSTA V700 V70A 265/35R18 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/19 10:28:44

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
ツーリングやサーキット走行に活躍中。 2006年10月、新車で購入。NC1です。色はス ...
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
毎日の通勤&林道ドライブカーとして活躍中。 初年度登録は平成16年(2004年)2月、 ...
日産 デュアリス 日産 デュアリス
ホンダHR-Vの後継車として2015年10月、中古で購入。8年落ち7.3万キロがコミコミ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.