• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だるやーのブログ一覧

2021年07月14日 イイね!

ALTで再テスト

ALTで再テストこないだの日曜日は、ちょっとしたテストを兼ねてALTへ行きました。

エンジンOHの後、どうもパワーが無いような気がするマイマシーン。タイヤのせいってのが大きそうでもありますが、おそらくは仕様変更に合わせてコンピュータの設定を変えてないせいだと思われます。しかし現車合わせなどやってもらうなら、その前に出来るだけ良い状態にしておきたいところ。


標準の番手のプラグが白くなっていたということで、熱価を上げました。
マツダL3-VE用の車種別リストを見てても標準の熱価のしか掲載されてなくて、そういうものなのかなと思ってたらちゃんとあるんですね…。この22の上に24と27があるようです。


エキマニに繋ぐ2つ目のセンサー(O2センサー?)に被せるアダプターを取り付けてもらいました。NC2以降で社外エキマニを使うとエンジン警告灯が点灯しやすく、コレで回避できる場合もあるらしいです。私のNC1では大丈夫なのですが、コンピュータの設定に良くない影響が出ているかも? というわけで試しました。

意外にも、かなり変わった感じがあります。排気音がやや低音寄りになって下のトルクが増し、そのぶん上が詰まる…ような? このへんの体感は何せ私のことなので怪しいですけど、やたらマフラーがパンパン鳴ってたのがかなり収まったのは確かなので、何らかの影響が出ているのは間違いないです。


ところがびっくり、これで高速走ってたら警告灯が!? NC2以降とは逆の現象w バッテリー外して再学習して以降は出なくなりましたが、とにかくコンピュータの判断に影響あるのはやはり間違いないですな~。


オーデュラーのマフラーのステーの溶接箇所がちぎれ、パイプに穴が開いてました。自分では気づきませんでしたw 修理してもらいました。


今回のピットクルーレーシングのエキマニはかなりの熱を放出しているようで、周辺への熱害が顕著。しかも、信号待ちでアイドリングの後、ミッションが1速に入りにくくなり、クラッチの遊びが大きくなり…。

というわけでバンテージを巻いてもらいました。個人的にはなんか剥き出しよりカッコイイ気がします。純正遮熱版にも金色の反射材? を貼ってくれました。これらによる改善効果はかなりのもので、信号待ちでの変化は起こらなくなりました。
夜に走った後に真っ赤になってるエキマニ見るのも好きだったんですけど仕方ありませんねw




で、ALT走ってどうかなんですが…


前回とほぼ同じ…。

まあこれだけやったら、いよいよ現車合わせセッティングをお願いする段階ですかね?
元のインテグラルさんではたぶんバルブタイミングをコンピュータではない方法で変えているのですが、今回は標準のセットのはずなので、現車合わせすれば結構変わるかもしれません。

シバタイヤ(レイダンR23)はやっぱよく分かりません…が、2コーナーを普段よりも大回りなラインでボトムスピード&加速重視にしたほうがタイム出るようだったのと、最終コーナーでどうしてもアクセル戻しちゃうことからして、あまりタイムは期待してはいけなさそう…かな?
前までのエンジンで30.2秒くらい出てたタイヤ(バリノ08R、フェデラル595RS-R、ゼクノーバRS606R1など)と同等レベルであってくれたらぜんぜんOKなんですけど、分からなくなっちゃいましたね~…
Posted at 2021/07/14 21:48:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2021年06月06日 イイね!

スイフトが来ました

スイフトが来ました母の新車、スズキのスイフトが5月27日に納車されました。
それまで乗ってたMRワゴン(2代目)の車検が5月24日までだったのですが、最近話題の半導体不足のせいで生産が遅れ、間に合いませんでした。でもその間は代車を貸してくれたのでオッケーです。思ったより早く届いたので良かった良かった。

せっかくなのでちょっと味見がてらドライブさせてもらいました。
そう言えば新車の匂いがあまりしなかったな…。最近のは改良されて匂わなくなったのか~。

alt
alt
alt

はい、どっからどう見てもごくフツ~~~のスイフトですねw
グレードはいちばん下の「XG」なのでマイルドハイブリッドも無し。2WD・CVTでアップグレードパッケージも無し。
母は乗り心地重視なので、ヨーロッパ仕様の硬めのアシになるという「RS」グレードは選択肢から外れました。またアップグレードパッケージもタイヤが185/55R16という低扁平タイヤになるので選びません。ノーマルは175/65R15です。

alt
基本的にご近所お買い物カーなのでカーナビも付けず。だって高いんだもん。CDは聴きたいそうなので1DINのオーディオをセット。ただバックカメラは付けてあげたいけどな~…

alt
スズキセーフティーサポートは付いてます。まんなかの小モニターに制限速度や追い越し禁止が表示されてますね。カメラで道路標識を認識してるんですって。時代は進んでおりますな~。ボタン押すと他にもいろいろな項目が出ます。
買うまで知らなかったのが、65歳以上でこういう安全運転サポート車を買うと補助金が出るということ。65歳以上で新車で普通車だと10万円とな。なんか得した気分ですね。

燃費は8.2km/Lとか表示されてますが、これは母がチョイ乗りしかしてないせい。私がこの後30kmほど走らせた結果10km/Lを越えてました。そこそこ踏んでみてですから、この先まだまだ伸びるでしょう。

さてドライブしてみての感想ですが…

まずは予想外にロードノイズがうるさい! エコタイヤのせいなのか? それ以外の騒音はいまどきのレベルでしっかり抑えられているので余計に目立つのか?

そして乗り心地が予想外に悪いw なんでや!? 細かい振動が常に伝わってきてかなりゴトゴト感あります。
ところが、大きなギャップだと逆にすんなりいきます。わざと路面が補修痕だらけの道に行ってみても、綺麗な路面との差を感じにくいくらい上手にいなしてくれて驚きました。車重軽いのになー。ロードスターはおろかエクストレイルでもあまり通りたくない道なのに…。なおウチのエクストレイルは逆で、細かい振動はこんなに来ないけど大きなギャップでガッツンと来ますね。

ちょっと勢いよくコーナリングしてみてもロール少なめで安心感あります。もしかして、60km/hあたりから上で調子の良くなるセッティングなのか? そういうのはRSグレードだと思ってたのに、ふつうのXGグレードでもこんなスポーティなのかスイフトって。私には好ましいかもだけど母の望みとはちょーっと違ったっぽいな…w

エンジンは上まで吹かしてないのでよく分かりません。まあ実用上じゅうぶんでありましょう。ミッションはCVTなので当然のごとくラバーバンドフィール。ただ低速域はともかく巡行状態ではそこそこレスポンスあったような気もします。発進時はどうしても(CVTのせいで)かったるくてグワッとやっちゃいます。これを我慢すれば燃費はもっと伸びるでしょう。
ブレーキとエンブレは違和感なし。

軽いのにボディの剛性感は高いですね! もしかしたらいまどきのクルマはこれくらい並なのかもしれませんけど、ふだん古いクルマしか乗ってないので感心してしまいます。

いちばん残念だと思ったのはハンドル…ですかね。何が原因なのか、やっぱパワステなのかな? 特にセンター付近で「何かある」手ごたえをかなり感じました。ナチュラルとは言えません。手に歯向かってくるわけではないと思うんですけど、うまく言えないけど違和感がすごくあるのです。

alt
なんかえらく貶してしまったようですけど、やっぱ新車はええな~とか思ったのも事実。新車でもっといいクルマが欲しいな~とも…。でもまあ、ロードスターに金を吸い取られ続けているうちは夢の話ですわw
Posted at 2021/06/06 12:20:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2021年05月16日 イイね!

GW中の活動など

GW中の活動などGW前から仕事が忙しく、西へ東へ深夜にトラックを走らせております。おかげで起床・就寝時刻がめちゃくちゃになり、毎日眠くてたまりません。遊びを考えるためのやる気が起きねえ~。
と言うわけで、いまさらGW中のことでもちょろちょろ覚え書きを、と。

5月3日は新緑を味わうためにいつもの林道へ。ミノガ峠から下っていきます。



いつもの撮影スポットで。いいお天気で上機嫌。ところがこの直後で…。



写真右に動かせない大きさの岩があり、通路が狭くなっています。なんとかギリッギリで抜けられました。しかしこんな程度でも対角線スタックに近い状況になり、タイヤ下に石を挟んでみたりして、4WDロックモードで突破。尖った石の数々をガラガラとかき回し、車体の下からガガガガとぶつける音を聴きながら。ジムニーなら楽勝なんでしょうけど。


お次はこれ。


ううう~ん。石の右に抜けられるだけのスペースはあるけど、砂地なのでタイヤがはまったらヤバイし、ランプブレークアングルが不安。さっきのでも腹打ってたのに。ソロでウインチも無いし、ここでびびって引き返しました。弱気やな~。誰か次に来るまでにこの石どかしといてください。

K峠の擁壁の工事を見学してから権現谷林道へ。そこから分岐する白谷林道を上がってみます。前回初めて足を踏み入れましたが晴天のときに入ってみたかったんですよね~。

気のせいか、谷沿いを行く前半パートは前より道が荒れてたような。



これ以上進むと行き止まり。霊仙山の南側の山麓となります。下の写真右手の斜面を登っていけば霊仙山に登頂できるはずですが、途中から斜度がかなりやばそう。





霊仙山の南斜面を眺め、鳥の声を聴きながらコンビニ飯を食らって下山。
で、伊吹PAでクソ汚れた愛車を見て気付きました。1本パンクしとるやんけ…。まだ完全には空気が抜けておらず助かりました。あの尖った石で敷き詰められた所を強行突破したときにやらかしたのでしょう。関ケ原ICで降りてガソスタでパンク修理を頼んでみましたが、石が思い切り刺さっており(しかも2か所)、修理不能でした。



あって良かったスペアタイヤ。なんと2003年製w でも車内のトランク下スペースにしまわれたままだったせいか柔軟性は失われてませんね。もしこれがハイグリップタイヤだったなら使用に耐えなかったりするのかな?



後日、アップガレージ中川店でタイヤ1本だけ購入。やっす! 1本だけだと格安になるのか~。



翌日の5月4日はロドスタで。



伊勢湾岸道の名港潮見ICの下。ストリートビューで見ててここは盛れるのではないかと来てみましたけど、写真のセンス無いからダメですわw




RED-BさんのNC2と、私の2.3L化NCですが、あまり加速力が…違わないかもしれない…。内心そうじゃないかと思っていたのですが、やはり平地では大差無いのか? 上り坂では差が出ると信じたいところ。あとRED-Bさんのは最近ファイナル4.4に換えたせいもあるかも。私のは4.1。
まあサーキット派でNC2以降のエンジンなら、ただ2.3Lエンジンに載せ替えるだけだったらそんなに意味ないかもですね~。ただトルクでカバーできる部分が増えるので、コーナーでの失敗が失敗にならない傾向があり、下手でも速く走らせられる…とか?
Posted at 2021/05/16 12:08:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2021年05月01日 イイね!

MLSの雨のロドフェスへ

MLSの雨のロドフェスへ木曜日の祝日は、モーターランド鈴鹿のロードスターオンリー走行会ロドフェスに参加しました。
残念ながら丸一日、雨でした。走りを楽しむのはともかく、気軽にブラブラして他の参加者の皆さんとの交流を楽しんだりが難しいのが残念なんですよね。仕方のないことなのですが。

1枠目はおそるおそるで54.945。ウェットでの走行経験があまり無いためにどこまで攻められるか掴めません。とにかく今日は事故らずに帰るのが大事! と自分に言い聞かせておりました。

シバタイヤはどうなんでしょ? 少なくともATR SPORT2よりは良いと思います。空気圧はウェットは高めがいいらしい? のでGSで2.5キロにしてきましたけど、果たしてうまくいってるのやら。

2枠目で53.979。ちょっとずつ詰めていきます。
3枠目がタイム計測枠。53.521でした。


そのときの車載動画です。1コーナーでちょいとケツが流れて向きが変わっていい感じ。
皆さんずっと思ってるでしょうけど、2速から3速が入れにくくて変な持ち方になってます。これが一番ガリッとやらずに入れられるんですが、やはりエンジン&ミッションの振れをどうにかしたいです…。

午後からの4枠目は試しに減衰を固めにしてみました。タイムは54秒を切れず。乗ってる感じでも1枠目からの最弱のままで問題無いような気がします。
5枠目は減衰を最弱に戻して53.420。今日のベストですが電池切れで動画無し。
6枠目も似たようなもの。なんとか1日無事に乗り切りました。
なんかカレー煮込みうどんを頂けたのでラッキーでしたw


私のNCは今や排水が怪しいので大丈夫かな~と心配。帰宅後に確かめたら、運転席の下がびちゃびちゃ! こりゃ~まずい。たぶん、幌とボディの隙間から入っていく水を流すドレンが詰まってます。アクアリウム用の針金にブラシが付いたやつでの掃除を試したこともあるんですが、逆にそのときに弁を壊してしまったのかもしれず。幌を換えるときにでもちゃんとしたいのですが、なかなかそんな時は来ません。


水しぶきを上げて疾走するREpowerさん。


静かにスムースなドリフトを見せる乱丸さん。



そして・・・




















お昼休みに2羽のバニーガールが各参加車両のもとを訪れ、撮影タイムと相成りました。これで次回9月12日のロドフェスは参加者MAX80台行くことでしょうw 暑いので水着になるとかアナウンスしておりましたが。

あくまでサーキット走行会だと思いますのでお間違えなきように…
Posted at 2021/05/01 21:35:17 | コメント(6) | トラックバック(0) | クルマ
2021年04月20日 イイね!

ALTと美浜をシバタイヤで

ALTと美浜をシバタイヤで4月18日の日曜日は、ALTから美浜へハシゴしました。シバタイヤの実力を更にはっきりさせるためであります。

ALTは午後から貸切のため、朝イチで向かいました。しかしながら前日にしっかり雨が降ったため、9時枠では乾ききらないかもしれません。10時枠も視野に入れておりました。


意外にも見た目はトップターンまで乾いておりました。この最終コーナーからストレート半分くらいまでは木陰になるために乾きが遅いようで、まだ湿ってます。
そして走行台数15台! やはり午後からの貸切のせいか。ここは10時枠にずらすことにしました…。


しかしどうも天候が不安定でして、上空を黒い雲が通り過ぎるたびにパラパラと降ってきます。雨ではなくアラレが! 予想以上の寒さです。陽が差してくるとポカポカするのですが…。


けっきょく10時枠も15台w 仕方ありません。
最近は、各時の25分くらいまでピットで待機してることが多いです。だいたいそのくらいで皆さんが一斉に休憩に入るパターンなのですw そこを狙って走ります。ちょっとベテランっぽいぜ!
今回もその狙いはうまくいったのですが、走りのほうはと言うと…。


ベストで30.733。いや~、マジで遅い。どうしましょう。ギア比が合わなくなったのと、前ほど思い切りよく踏めてないのもありますねえ。なんかやらかすような気がして怖い。
あとはタイヤですが…、どうなんですかね? どうも思ったほど食ってない気がしてならないのですが気のせいでしょうか。

動画は久しぶりの外部マイク収録なので新マフラーサウンドをお楽しみくださいw
例の可変バルブはセンタートンネルの助手席側に取り付けてもらいました。


全閉状態。蓋の外周を削って、すこしだけ排気が通るようにしてあります。それでも排圧がすごく高いので、そーっと低回転で使うだけ。


上に引っ張って全開。サーキットではもちろんこの状態で。うるさいです。

けっこう開閉に応じて音量変わりますね~。1/3くらい開けた状態ならかなり静かで助かるんですけど、エンジンに悪影響を及ぼさないか心配になってしまいます…。


失意のなか、美浜サーキットへ。知多半島は天気良いかなと思ったら…


雲行きが…。やはり降ったり止んだりでした。


朝イチでもなければ定位置は取れません。第2駐車場のはじっこ。

午後は既にいらっしゃらないだろうと思ってた合法走行さんと、なぜかエタさんといっちゃんさんにエンカウンター。エタさんのGRヤリスはハイフライで46秒台ですって! 末恐ろしい。

台数少なめの14B枠で走行。しかしワイパー動かすほどの雨が降ってきました。雨がやんで5分後にベストの…47.968。ぐええ。47秒前半にはいくだろうと予想していたのに。路面がすこしウェットだったのかタイヤなのか。


合法走行さんのお連れさんのNCを頑張って追いかけました。

1コーナーからヘアピンにかけて踏んでいけません。絶対やらかす気がします。
あとはブレーキかなあ。もっとABS上等でガツンといくか。

とりあえず、グリップ走行用シバタイヤの開発を待ちますw
Posted at 2021/04/20 23:56:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「@サクライキミ いいですねこれ。ちょっと雰囲気思い出しました…首都高じゃないけどw」
何シテル?   05/05 01:41
マツダNCロードスターと日産T30エクストレイルに乗っています。 くたびれた中年男です。 以前はよくニコニコ動画に車載動画を投稿してました。 http...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/7 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

BRIDGESTONE POTENZA RE-71RS 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/26 13:55:26
トー換算表 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/23 18:40:16
NCロードスター 純正オーディオから社外品へ交換 その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/31 19:08:09

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
毎日の通勤&林道ドライブカーとして活躍中。 初年度登録は平成16年(2004年)2月、 ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
ツーリングやサーキット走行に活躍中。 2006年10月、新車で購入。NC1です。色はス ...
日産 デュアリス 日産 デュアリス
ホンダHR-Vの後継車として2015年10月、中古で購入。8年落ち7.3万キロがコミコミ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.