• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

gochi-zohのブログ一覧

2018年07月21日 イイね!

うたちゃん、ももちゃん

7/10から行方不明になっていて、ロストも覚悟した
今年の双子の姉妹「うた」「もも」


いました。

>鳴門のコウノトリ「歌」と「百」親離れ 香川県坂出市で「なる」と行動|徳島新聞 http://www.topics.or.jp/articles/-/76030 
親元を離れた彼女たちを、なる君が引率してます。


なる
「…へっへー、だから言ったじゃん?僕が兄弟の面倒見る、って♪」



ある日の、なる君
私が見掛けた最後の日

alt
Zzzzz…


バサバサアアアッッ!!!
alt

「うお?!何すんだよかーちゃん!!!」
alt

「いつまでこんな所でぼさっとしてるの!!はやくここから旅立ちなさい!!!」
alt


alt
「なんだよぅ…せっかくいい気分で寝てたのに…」

alt
「かーちゃんのアホーーーー!!!><」
しらさぎ「うるさいなぁ」
※コウノトリは鳴きませんw


このあと、見かけなくなったなる君は
いつの間にか、小松島市羽ノ浦の人気者になっていました。

これが目撃されなくなって数日。

…なる君は、いつの間にか
妹たちの頼れる兄として、羽ノ浦を後にして、一緒に活動していたのでした。

今後、幼いうたちゃんももちゃんは
兄貴である「なる君」の行動を見本に、独り立ちしてゆくのです。

ありがとな。
立派になったな、なる君。

こっちは大丈夫。
とーちゃんかーちゃん、たから君に彼女さん
れん君もほまれくんも、みんな、元気でやっとるよ。

うたちゃん、ももちゃん、
alt
また、ここで逢えるといいな。
見知らぬ世界に疲れたら、いつの日か、また戻っておいで。

alt

alt

みんな、達者でな。


(`-ω-)ゞ





【7/22追記】 twitter 「鳴門コウノトリ」様 公開ツイートより
https://twitter.com/narutokounotori/status/1021028207129051136

なる兄、よろしく頼んだよ(`・ω・)ゞ

Posted at 2018/07/22 00:41:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月02日 イイね!

J0044号 勇者とーちゃん。(CV;池田秀一)←

彼が初めて徳島の地を踏んだのは、2015年のこと。

当時は
「体はでかいがハートはチキン」なんて言われるほど、臆病で慎重だったとか。


そんなJ0044号
この鳴門で、伴侶となる「あさひママ」J0480号と出逢いました。
alt
若かりし頃のJ0480号「あさひ」と、J0044号
親父が仲間から写真パネルを譲り受けて部屋に放置してました。当然、親父はその写真の「意味」が解ってませんでしたし、私もその頃はコウノトリの姿形すらよくわかってませんでしたので、仮に貰ったときに見ても、その意味と価値は解らなかったでしょう。今だからこそ、その写真の意味は即座に解り、仰天した次第です。


しかし、彼ら夫婦が最初に巣作りをしようとしたのが

あろうことか
alt
四国電力 鳴門変電所

よんでん「すいません撤去させてください、何でもしますから;;」
文科省「ん?今なんでもするって言ったよね?」


ただでは撤去できないんです。相手は国指定特別天然記念物。
現状変更の申請手続きを文科省(要は自治体の教育委員会とか)に通さなきゃあかんのです。


とーちゃん「……巣がないんだが。何だ?ここに造ってはいかんというのか?
やれやれ。ニンゲンとは勝手な生き物だな」

お前が言うなし。

「是非もない。ならばここではどうだ」

四国電力 大麻町萩原 字電柱
alt
(今年の様子)

よんでん「えっ…それだけは…( ◞´;௰;`)◞」

結局、とうとうバイパス工事を行う羽目になりました。
コウノトリに占拠されたグリッドは、現在、通電なしとなっています。
とーちゃん粘り勝ち。哀れ四国電力w

しかし、私が出会うまでには曲折あったようで
・バイパス工事の翌日台風で巣が飛んだ
・夫婦喧嘩で数か月別居
・縒りを戻して再び繁殖チャレンジ


そのころ私は、彼らペアが鳴門市に住んでいることまでは解ってましたが
何を思ったか「大麻」と「里浦」を勘違いしていたのです。
今でこそ生態を理解しているので激しくツッコめますが、鳴門きんとき畑にコウノトリが住めるわきゃありません。コウノトリは「水鳥」ですw

近所在住だと知ったのは、月に何度も往来するほど身近な
県道41号線のいつもの沿線の風景に

アフロヘアーみたいな奇ッ怪な電柱があることに気付いた時でしたw
alt
しかも、その上になんか背の高いのが立ってるんです。いくつも。

ああ!
これか!
これが「コウノトリ」なのか!!

灯台下暗し。自宅から、わずか徒歩30分ほどの場所でした。


さらにその数日後
とんでもない光景に出くわした。

なんと、シラサギサイズには程遠い巨大な水鳥が
県道沿いの田んぼで
普通に歩き回ってるんです。

親鳥です。

えっ
こんなに堂々と、車がバンバン行き交う県道のすぐ脇で行動するもんなの?!
ていうか大丈夫なのか、撥ねたら大事でないのか、それは( 

まだ、コウノトリはシラサギ並みに臆病でデリケートなものであるという概念が私を支配してました。


初めてその勇姿を真っ向から撮ったのは、その翌日。
そりゃもう戦々恐々と、木陰から、100mほども離れて撮ってました。
alt
それでも、初めて、今まさに目の前で活動するその姿を、じっくり確認できたのです。
感動でした。

尚、背景が県道41号本道。道路から普通に見れる状態。


さて、ターニングポイントが訪れます。
忘れもしません、去年6月某日。

前日の戦訓から、35mm換算400mm程度では、まるで届かない。
なるほど鳥撮りの標準レンズは大型相手で600mmスタートと言われるのも頷けました。鉄道とは、世界が違います。

alt
「それともお前、EF1200mm/5.6L USMとか買えるようになって達人にでもなるのを待ってから撮るつもりか?気の長げェ話だな」
「そ…そんなつもりはねえッ!!」
「だったら。今手持ちの駒で遣り繰りするしかねェだろ?」

alt
自宅にある最大最高の望遠、Ai Nikkor ED 300/4.5(IF)×Tc-14、35mm換算で600mm少々、しかもMFレンズ。
これが、当時の時点で用意し得た、最大の装備です。

alt

田園地帯に、なんかカメラマンが大勢たむろってます。
その先に、とーちゃんが居ます。
近い。
横切ってそこへ行くと、とーちゃんのすぐ真横を通ることになるので顰蹙ものかな?とも思ったり
私自身、人と群れるのがあまり好きではないというのもあって
違う方位から、地形の陰に隠れて狙ってました。
alt
画面左端の盛り土みたいなところ

そしたら。

とーちゃんどんどん寄ってきますww
alt

最初見つけた時点で目測100m切ってたと思いますが
飛んだり、農道横断したりしながら
どんどん自分のいるほうへ進んできますw
alt

そしてとうとう

茂みを割って、ぬっと現れました。
私の目の前、10m弱の場所にwww

…わ、私動いてないからね?とーちゃんビックリしないでね??

alt
「…この先は水田にあらず…か」

杞憂でした。
ビックリしてつっ立ってるだけの私など、意にも介しませんw
近くを自動車が通ろうが、へのへのかっぱ。
alt

すごいビギナーズラックですね、手が震えてましたw
とーちゃんの方からずかずか歩いてきたので、お咎めを受ける筋合いもありません。
向こうの撮影者の方々(たぶん、今じゃ見知ったいつもの面々でしょうけどw)にも笑われてたとおもいますw

そして、撮れた写真もさることながら
レンズを通すことなく、こんなにも間近で見たコウノトリは
圧倒されるほどに大きく
凛々しく、精悍で
alt
文句なしにカッコよかったんです。


二度あることは三度ある。
翌々日、ついに私の最終決戦兵器「SAL70200G」を投入しました。
alt
鳥相手じゃ、その驚異の画質はともかく、リーチ的には近場向けの小型軽兵装に過ぎませんが

「彼は、人間を屁とも思っていない。予想される進路上でおとなしく置物のようにして待っていれば、何処かで必ず向こうから近くへ寄ってくる局面が来る、目の前に来る」
そう踏んだわけです。

かくして予想は的中し

彼のキャラクターを決定付ける一枚が、撮れました。

alt
「何用か、ニンゲン」

明らかに人間を認識して見ては来るんですが、全く物怖じすらありません。
その様子は「性格:高慢 人間に対するスタンス:高」
あたかも、自分の方が高次の存在として振る舞うかのようでした。

とーちゃん…かっこいい…!!・:*(*'ω'*人)*:・ 

この日は、夕方にも出会いました。こんなに簡単にエンカウントするものだとは思いませんでした。白鷺アオサギレベルでエンカウントしますwww
alt

なにしろ居たのは道端ですのでw
alt
(旧・県道12号 撫養街道)

とっぷりと夕日が暮れるまで、ずっと傍に居ました。
alt

夕焼け空へ向かって、我が家へと飛び立つとーちゃん。
alt


この数日間が、去年度の私の活動を決定付けたのでした。



----

とーちゃんは、徳島在住のコウノトリ旅団にあって
飛び抜けた巨躯を誇る。文句なしに一番デカい。
alt
あさひママと仲睦まじいツーショット、
平均的なあさひママに比べて、如何に堂々たる体躯かが一目瞭然。

その巨大な翼は、緑の田園を縦横無尽に舞う。
alt
翼スパン2m以上。目の前とか頭上を飛ぶと「うおおおお!!」ってなりますw
ただでさえでかい上に、首を一直線に伸ばして力強く滑空するさまは
大型旅客機のような優雅さと迫力を感じます。


8/10
市道わきのレンコン畑で一家団欒。もはや距離を取るとかそういうレベルじゃない。
車が通ろうが人が居ようがお構いなしw
alt

alt
れん君「やあ、君がとうちゃんの言ってたニンゲンってやつなのかい?僕は「蓮」、よろしくね!」

alt
あさちゃん「物好きな人たちもいたものよねー…」
まだ、あさちゃんは自らの運命を知りません。

alt
「…また来たのか。懲りないな、ニンゲン」

alt
農道を堂々闊歩する国指定特別天然記念物。
身長110cm以上、なんかもうスケール感がおかしい光景w
alt
「ふんッ」
驚いて飛び出してきたイナゴをダイレクトキャッチ。巨体にもかかわらず、その動きは敏捷だ。

alt
「とうちゃーん、おいらも行くよぅ」
「まだまだ修行が足りんぞ、れん」


この日は
たからくんが鳴門を去ってしまった日でした。

この家族を護り、世継ぎを育てるために
父親は、いっさい手段を選ばず、まさに修羅となって力を振るっていたわけです。
alt

alt

alt

alt
あらぶるとうちゃん。

それは、一大営巣地「豊岡」を去り、この「鳴門」の地を拠点として切り拓いた、フロンティアの厳しさだったのかもしれません。

それは、同じ種族のライバルに対してだけではありません。
残酷なようですが、彼らは生態系の頂点に位置する捕食獣。
ウシガエルとか平気でシメて喰います。そのままじゃ「丸呑み」スタイルである彼らの食事法では呑み込めないので、なんと嘴(くちばし)で何分もしばき倒して全身の骨を打ち砕いてから喰います。

閲覧は自己責任でお願いします↓

「残酷?
君らがそれを口にするかね、ニンゲン。 生きるとはそういうことだ。
君らも生きるために家畜を飼育し、屠殺したものを大量に食しているではないか。
同じことだ。
これを残酷と言わずして何と言う。違うか?ニンゲン。」



しかし
その猛々しい姿は、家族から見れば
まぎれもなく「勇者」そのものだったと思います。

「子供や家族のためによく働く」と公式HPでも称賛される、とーちゃん。
一家の大黒柱として、これ以上ない力強さで責務を果たしたのです。

邪魔者を追い立てまくった後、ようやく落ち着きを取り戻し
alt
徳島に二両だけ、赤い国鉄キハをバックにレンコン畑を活動する姿。
ここが徳島鳴門であることを示す、これ以上ない情景だと思います。

鉄としては、絶対に押さえておきたかった絵でした。
(鉄道とコウノトリは、今もずっと私の狙い続けるテーマとなっています)



やがて、寒さも厳しくなってきた11月末
alt
翌年の繁殖に向けて、巣の再建が始まりました…!
見事、この巣は「定住地」となったのです。
これで、来期は約束されました。





…年は明けて。

今年もまた、二羽の子供たちが見事巣立ちました。

「もも」ちゃん、「うた」ちゃん。双子の姉妹です・:*(*'ω'*人)*:・
alt

かいがいしく面倒を見る、強くて優しいとーちゃん。
alt
「「わーい(がぶがぶー)」」
「こらこら、お前たち、順番を守りなさい」


alt

alt
力強い翼を大空に羽ばたかせ、娘達のために田園を駆け回ります。
今日も、明日も…


鳴門の勇者・J0044号、故郷豊岡を旅立ってはや数年。
コウノトリ野生復帰開始以来、初めて豊岡以外での自力繁殖を成功させた「開拓者」。

今年も、ここに健在なり。





alt
「何だ、ニンゲン。言っておくが娘ならやらんぞ」


Posted at 2018/07/04 19:40:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 写真・カメラ | 日記
2018年06月28日 イイね!

燃費計の導入。 テクトムFCM-2000(Wb)

昔ちょっと気になったことのある、「燃費計」というアイテム。
昨今の車には標準装備であることも珍しくないのですが、DY世代では
まだまだそういう装備へのメーカーの注目度も低く、実装はされてません。
(確か弟のZCスイフトには標準で実装されてたと思う)

で、あらためて調べてみると
そのとき気になってたやつって、厄介な配線割り込み工事とかしなくても
ポン付け同然で設置可能ということが今になって判明。

モデルも旧式化し(現行機種 FCM-NX1が健在です)、値段もこなれてきたようですので
買ってしまいました。

テクトム FCM-2000
alt
マツダ対応 Wb(型番のケツのアルファベットが識別子で、ここでモデルと対応がわかります。おなじ2000でも、ここを間違えると動作しません)

知ってみたかったのです、自車のリアルタイムな燃料消費の状況。
つまり「動作の可視化」、です。

おもな表示可能項目は
・瞬間燃費
・エンジンONからOFFまでの区間燃費
・同じく区間走行距離
・測定開始点からの積算平均燃費
・同じく積算走行距離
・1分あたり燃料噴射量(←ここが非常に重要)
・積算燃料消費量(←これまた重要)
・水温
・速度
・エンジン回転数RPM

等…といったところ。


alt

実際に運用してみて気付いたこと

たとえば登坂、
・低いギアでアクセルを深く踏んで低回転高負荷で走るのは却って燃費が悪い
4速1600回転で踏み込んで登ってるところを、3速2300回転にシフトダウンすると
即座に燃料噴射量がスッと落ちます。そして、加速し始めます。
これは、Keiのターボメーターを見てても、同じことをすると針がクッと下がるので解ります。
登るのに、アクセルの踏み込み量が少なくなるような場面…というわけですね。または、同じ踏み込み量でむしろ加速する。

低回転=燃料消費量が少ない…と、等号で結ぶことはできません。
それは走行抵抗の状況に依ります。
踏んでも、釣り合って加速しないような場面では
躊躇なくひとつ低いギアを選び、負荷を減らしたほうがいいという
半ば当たり前のことなのですが、こうして動作の可視化をすると、さらに深く納得するわけです。


発進時
・ベタ踏みなんてのは論外なのでおいといて、じつは燃費の悪くなる低加速発進もある
要は、いちばん「能率のいい」加速領域を探り当てる、というわけです。
極端な例えですが
「毎分240cc=秒4ccでの加速を4秒」で得られる巡航速度に達するのに
「毎分60cc=秒1ccでの加速を20秒」とした場合
効率が悪いのは、後者です。
効率最大となる加速を、なるべく短時間で済ませ、巡航速度に乗せるのが理想です。
実際には周囲の交通事情が噛んでくるので、あまり我を張るのはよくありません。それはペースの速い遅いを問わず「独善運転」エゴドライブにすぎません。
ただ、運転技法として「自車の効率のいい加速領域」を「知っておく」ことには大きな意味があります。
リアルタイムな燃料消費量の可視化がされるため、概算であれ、あるていど体感として、これが意識できるようになります。
じつはそれは「急発進と高加速の境目」あたりなのだと、なんとなく解ってくるわけです。
それが出来ないような、信号間隔の詰まった市街地や、渋滞運転について言う場合なら、そもそも乗せるべき速度が高くはないので「むだな加速を控えてゆるく流す」必要が出てくるわけです。捨てることが解っている運動エネルギーを加速で載せる量自体、控えたほうがいいという場面ですね。

ゆるーくアクセル、エコ発進…などとは、一概にいえないわけです。
それは状況やエンジンの得手不得手などで、大きく変わってくるのです。


エアコン
・アイドリング時に消費する燃料の量が、ACオンでおおよそ倍になる
いやー、凄いです。
見る間に区間燃費の数字が駄々下がりしていきますよ?ww

コンプレッサが、どれほど燃料を食うものなのか、これまた視覚的に理解できます。
数字は嘘をつきませんw

また、操作がめんどくさくなるんですが
加速時にAC切ってるだけで、燃費はものすごく伸びます。
巡航中や減速時にAC回っていても、大局的な燃費に与える影響はそれほどないようですね。

閑話休題
実は、これが欲しいです。

シエクル(ジェイロード) カーエアコンコントローラー eSAVER CC514

エンジン負荷(エアフロ信号から計測可能)に応じて
自動でコンプを切ったり繋いだりできるやつ、です。
なるほど、動作として理に叶います。まさに自分が手動でやったことを自動でやってくれるわけです。
極端な猛暑…つまりここ数日のような…でもないかぎり、これでコンプの無駄回しが(理屈上)なくなるというわけです。
DEに適合するハーネスはあるらしいですが、DYの同じエンジン(ZY-VE)に適合するのやら…
適合表にあったHN11s(F6A)は記載落ちしたようですが、実際には以前は記載されており、実際噛ませれるワケでして。たぶんDYも同じことなんだと思うけど。
ミニコンが繋げられる以上、ハーネスは同じDCMハーネスだから互換はあるはず…

生産終了してしまったんですよね、これ…。中古でいいから出てこないかな…



減速時
・すげえ、ホンマに燃料噴射がゼロになっとるわww
これまた理屈は解っていても、可視化されると「おおー」と思うヤツ。
エンジンブレーキが効く領域、概ねアクセルオフで1500rpm前後まで
燃料噴射ゼロとなる様子が、明示的に確認できます。

私は停止するときや速度制御するとき、シフトダウンでブレーキ力を稼ぎ
不足分をフットブレーキで補う運転が多いです。
というか、癖と化しています。
これをやると、燃料ゼロ噴射の状態を大いに活用できるわけです。
発想は電車の発電/回生ブレーキの挙動。
自動車では、ハイブリッドや電気自動車、そうでなくてもsuzukiのエコチャージでもないかぎり、エネルギーが返ってくるってことは殆どないんですが、燃料噴射カットの恩恵はあります。でなければ、SVXを日々運用でリッター6~7という、カタログ燃費に程近い数字で運用することなど、叶わなかったと思います。あれは車重もあったので、おのずと溜め込む運動エネルギー量も大きかったわけですから。
結局、如何に「物理ブレーキでエネルギーを棄てる」ことを回避するか…というものですね。

この時、燃費計の数字が
面白いように上がっていくのが、また楽しいのですw
「してやったり」の気分でございます。



ざっくり、こんな感じですね。まだ色々ありますがw




なお
この商品の内部計算の原理は
「インジェクタ信号から算出した燃料噴射量を走行距離で割る」ことです。
インジェクタ信号は正確ですが、それは動作時間を示しており、吐出量を反映していません。
このため、初回は
「一旦積算値をリセットし、なるべく多くの走行距離、できるだけスッカラカンの状態まで追い詰めて、満タン法で給油した燃料量の実数を打ち込み、燃料係数を自動算出して基準値にする」操作を要します。
基本的には。

基本的には、です。


…設置して、初手で概算数値を出せる方法が、2つあります。
ひとつは、メーカーが公表している「車種別の概算の「距離・燃料それぞれの係数」」を直接入力すること。
(車種が掲載されていれば、ですが)
これはユーザー公募であるため、当然ながらROMチューン・ハイオク仕様の蒼莱号には合致しません。14km/lとか平気で表示してしまってますw んなばかな。

もうひとつは
自車の概ねの平均燃費を既に算出し掴んでいる場合にのみ有効なんですが
「実際に走らせながら、積算走行距離と、あらかじめ知っている概算平均燃費から計算される燃料消費量を、要所要所で直接入力して補正してゆく」
例えば、このDY5Wハイオク仕様は、日常用途に限定すると
概算で11.5~12.5前後の燃費となるようです。便宜上、きりのいい数字で12としましょう。

…はい、12km走るごとに、走行状況を思い返しながら
12の倍数×辛めの評価で積算燃料消費量の数字を想像し、直接入力してゆくのですwww

alt
「カンで合わせろ、ってかぁ?wwww」(デメジエール・ソンネン)
MS IGLOO好きw

これを60km、84kmと節目節目で。
あと、積算距離を30km程度に一回、100m単位で上書きしてリセット。トリップメータの100mの桁の数字が「変わった瞬間」に停車して合わせるので、交通量のまったくない場所を選びます。
そのつど係数が内部で再計算され、イメージどおりに動くようになってきました。
車のトリップメータと距離計との差も、じりじり減ってシンクロしてきます。
で、次回給油時に、最終の給油量を「正確に」実数で入力してとどめを刺します。
(このため、前回の給油は給油口一杯まで入ってます。次回同じことをすれば、その差は1ℓも無いでしょう)
要は「前回給油から今回までのインジェクタ信号の結果がこの分量でした」と、本体に報告義務があるわけですねw この結果をもとに、ではインジェクタからの信号あたり吐出量は何ccですね、と逆算するわけです。
そして算出された係数を、ここで一応メモっておきましょう。これが今後の基準値になる可能性が高い。

これで、係数は一発確定するはずです。
あとは積算値を一旦リセットして、算出された「装着した車両独自の係数」での再出発、と相成ります。

ここまで精度を詰めておけば
燃料計の警告ランプなぞ見る必要がなくなります。
消費量を実数で把握できますし、何リットル使った時点でアラーム…とか出来ますので、大雑把な内部フロート式の燃料計の表示より遥かに便利ですw





と、使い始めの印象はこんな感じ。

燃料代で元取れるまで何キロあんのよ?とか
そういう事は言いっこなしです。
(月間500円の技術的な節約効果があったとして、まあ20か月ちょい、ですw)
純粋に、探求心をくすぐるオブジェクトとしても楽しめてますので、それだけでも買った意味がありました。

いろいろ役立てようと思います。

Posted at 2018/06/29 01:26:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 青デミオ 蒼莱号 | 日記
2018年06月18日 イイね!

ps. たからくん

https://minkara.carview.co.jp/userid/648918/blog/41600631/ の後日談


鳴門には
彼を宛て込んで建立された「人口巣塔」があります。


この巣塔
ついに

本人が認識してくれました!
alt

alt
「へっへー、マイホーム♪マイホーム♪」

alt
「 間取りはどうすっかなー、にへへw」
明らかに興味を示してる様子。なお、目撃は我々で二度目とか。

alt
J0132「あいつ絶対デート忘れてるわ、賭けてもいい」

alt
「ちょっとたからー!(このあと鳴き(クラッタリングし)ながら巣塔かすめ)」
「わ!何だよ!?」
「さっさと行くわよ!水田ディナーバイキング始まってるってば!!」
「えー…」


alt
「…めんどっちい('A`)」(←マジで寝てた。 


「ぐうたらか、全く…」

…たからくん、嫌われんようにねwww












ほまれ「たから先輩、さみしいッスー;;」
alt
君もはやく相手を見つけなさいねw



Posted at 2018/06/18 17:17:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 写真・カメラ | 日記
2018年06月13日 イイね!

たからくん。

alt
「俺、たから。
鳴門大津の神社あたりで暮らしてる。
越前からチャリで来た。

悪りィねえ越前さんよ…俺にはこっちのが住みやすくてさ…」




~~去年 9/10
初めて逢った日

…あら!あんた!あんた、もしかしてたからくんでちか!!・:*(*'ω'*人)*:・
「???…誰てめえ」
alt
つーん
alt
あああああ( ◞´•௰•`)◞ たからくんワシこわくないのよ?のよ?

alt
「(…何かヘンな奴に見つかっちまったなァ…)」


~~
…その少し前から、私もその存在は知っていた、たからくん。
けど実際に出逢うまで、ずいぶん掛かりました。
けっこう長いこと、だだっ広い大津の田園に単身で暮らしてた子なので。

ウチの子たちを見つけて、仲間がいた!と言わんばかりに寄っては来てたんだけど

「へっへー、ちっこいの、俺のが少し先輩なんだぜ?(ドヤ顔)」
※ここウチの巣から400m以内(←

ウチの子たちとも仲良し…なんだけどね、本人的には。
けど、勇者とうちゃんは子育ての身、容赦ありません。

とうちゃん「で?挨拶は終わったか?…では今すぐここを立ち去れ!!」
「ちょ、てめ!何すんだコラぁ!ここは俺のシマだっつってんd(バサバサバサァ)」(敗北

(動画二点:鳴門コウノトリ様 https://twitter.com/narutokounotori

おとうさん…さすがにそれは侵略行為なんじゃ
alt
「何が悪い。先にこちらの領域を僅かなりとも侵犯したのは彼だ。
それに野生の世界では力あるものが生きる権利を得る。そして私にはこの子らを護り、独り立ちさせる責任がある。そのために、力を行使するまでだ。
縄張りを主張するなら、この私を実力で追い落としてみせればいい。やれるものなら、な」

ぐ…手厳しい…

「……わーったよ。じゃその力とやらをよ。磨いてきてやるよ…」



こうしてたからくんは、本当にこのあと鳴門を去ります。
よほど堪えたんでしょうねぇ。自分が餌場にしてるところで他個体に敗北したんですから。

とうちゃんも、なにもそこまで邪険にせんでも、子供たちと仲良くしてるのに…;


新天地へ?それとも生まれ故郷?
鳴門を追われたたからくん、転々としてるけど一体どうするのかな…

と思ってたら
alt

ひと月でカムバックしましたwww

帰ってきたぜ?w…こんなおいしい場所、他にあるわけねェーじゃん?」
鳴門の餌の多さと環境の良さは、彼以外にも多くのコウノトリが目をつけているところw




~8/31 今のところ最後の「ふるさと」寄港~

「越前… ふるさと、か…
強面のいない故郷で、このまま平穏に暮らす…か?

…なんか違う、な。

俺は「選んだ」んだよ。
俺の居場所は「ここ」だって、俺が決めたことだ。

…すまねえな、俺は行く。もう振り返らない。
今度は、負けねえ。

じゃあな、「越前(ふるさと)」。世話ンなったな」

~~~~



彼と初めて逢ったのは、鳴門への帰還からすぐのことでしたw

それ以来、彼はこの鳴門を、一歩も出てません。
完全に居を据えたのです。

しかし…ええのかしら、とうちゃん(→)
alt
「たから? …ああ、そんな奴もいたかな…
好きにすればいい、線路のこちらに来ないのなら、知ったことではない。
我ら夫婦の今年の務めは既に果たした。あとは、なる達が誰と何処でどう生きようとどう死のうと、彼ら自身で決める。それだけのことだ。」

あらら_(┐「ε:)_
子育てがひと段落したとたん、鷹揚で落ち着いたとーちゃんに逆戻り。

あさひ「あなたがそれでいいなら、別にいいんじゃない?」



それからというもの
あれほど探すのに難渋したたからくんは…

毎日のように見掛ける、お馴染みの顔ぶれになってしまったwww

3度も会えば、彼らはそれが安全か危険かを覚えてしまうらしい。
私も覚えられ(ナメられ)てしまったw
alt
そもそも近くで農家さんが作業していようと、平気の平左


色々ありました。

ある日は、ウチのあさちゃんとおデート♪
alt
「あ、あのさ…俺…じつはさ…お前のことさ…はじめて見た時からずっとさ…///」
「Zzzzz」
「…って寝てるし!;;」



ある日は、大型台風が来てみたり
alt
「げ!!前に進まねえええ!!!」
※めっちゃ羽ばたいてるけど前進してない

朝逢うと眠そーにしてたりするあたり、いかにも男子高校生的ですw
alt
「…クソネミ……」


そんな彼は、この鳴門の大空を
日々、自由に駆け回ります。
alt

alt
「J0138、着陸コースに入る。誘導よろ」

alt
彼が初めて見る、四国山地の紅葉


そんなある日、なんと同郷の後輩が飛来しました。
おなじ越前のリリース個体「ほまれくん」、放鳥されて僅か1か月足らずで
まるで吸い寄せられるように、この鳴門に舞い降りたのです。

なお、登場地点は自宅から目視範囲内www
alt

以来、鳴門から一歩も出てませんw
alt

同郷のよしみか、彼らはすぐにコンビ結成「越前ブラザーズ」
alt
まるで、たからくんを先輩と仰ぐような、ほまれくんw 実際わりとよく一緒にいるんです。
♪Si オーレ達はいつでも 二人でひとつだった
地元じゃ 負け知らず~♪」
その割には「情けないぜ、助けてくれ、例の親父に追われて」一度ここを去ってるよね、たからくん。
※地元で組んだことは一度もありませんw
でも、「この街にあこがれて、信じて」ここを選んだことは、どっちも間違いないようですねw

…で、当然ながら、とうちゃんの洗礼を受けるわけでしてwww
alt
「この痴れ者が!越前へ帰れい!!」「やなこったーぃw」
大人に叱られて走って逃げる悪ガキかお前はw


たからくん、ほまれくん、なる、あさ、れん、J0132、J0167
いつもの仲良しメンバー、何をするにも大体いっしょ
alt

alt

alt
「ここも随分、賑やかになったよなァ…」



~~~~
そして
そんなたからくんや彼らにも、静かに冬がやってきます。

12月某日
大津の一角で、鳴門家族とたからくん達が
一堂に会する光景が、ありました。

「………」
「…な、なんだよ………」

「………フ…」

バサァッッ
alt

alt 
ひとり、群れを離れたとーちゃんの心中は、わかりません。
ただ
あの時のようにケンカにはなりませんでした。それだけです。


alt
「なる、れん、あさ。…それに、たから君、ほまれ君も。よく聞いてね。

もうすぐ冬が来ます。
この南国といえども、冬は長く、厳しいものです。

あなた達の、試される季節が来ます。

私たちも、次の子育てに入らなければなりません。
近寄る者は、たとえあなた達でも、容赦はしません。

…みんな、元気で暮らしてね。
強く生きて頂戴」



なる「わかった!僕も弟や妹の面倒見るよ!!」
alt
「キシャーーッ!!」
「な、なんだよ母ちゃん!??」
「お前は早く広い世界へ旅立つの!四国中央市に寄ってきたぐらいでいい気になるんじゃない!」



「…楽しそうだな、あの親子」
「そッスね…」



…このメンバーが一堂に会したのは、それが最初で最後でした。
なぜなら、

あさちゃんはこの冬、鬼籍に入ってしまったからです。
alt

状況から察するに、恐らく餌場争いの事故です。
野生下では些細なことが生死に直結するもの。

これも、不可抗力。残念です。


~~~~

このあと、自分自身の環境の急激な悪化を受け
彼らを追う時間も、気力も、急速に失われて行きました。


新たに購入した「ドラゴンランスⅢ」にも、性能評価試験以来、出番はありませんでした。

~~~~


3/7
ようやく場所を知った、あさちゃん最期の地のお参りをした後
久しぶりに、大津の農業地へ向かいました。

そこには

立派に冬を越した、彼らの姿がありました。
alt
…たからくん!!

alt
堂々の足取りで、次々に獲物を摘んでいます。

弟分の、ほまれくんも、
alt
ひとまわり逞しくなって得意顔。すっかり、ここの住人になりました。

alt
「ついて来いよ、ほまれ。ここは俺たちの空なんだからよ」

alt
「Si 俺たちはいつでも 二人でひとつだった
地元じゃ 負け知らず」


alt
「そうだろ?…ここが、俺たちの新しい「地元」なんだよ」



「それはいいんスけど先輩、もうすぐ所帯持つとかなんとか」
「え、ああ、まあ、そう…そうなんだよな、はは////」




じつは、たからくんには今、彼女さんがいますwww

去年からここに住んでいる、豊岡出身・J0132号さん。
alt
美人さんですねぇ。良かったね、たからくんw

最近なにをするにも一緒。
alt
「あ、あのさ、…お、俺たちって、なんかさ…その…///」
「(はっきり言えばいいのに)」


おそらく、冬には念願のマイホームを持ち
鳴門第二号のペアとして、定住することでしょう。
一度巣を構えてしまえば、そこは定住地となる習性があり、
毎年補修して使うようになります。


越前に生まれ
はるばる越してきた、たからくん。

いつもの神社で、今日も元気です♪
alt
一時間ほど腰掛けて、のんびりと眺めてました。もう、この程度で距離を取ろうとすることも、ありません。

…たからくーん、足しびれた、歩けん_:(´ཀ`」 ∠):_
alt
「(こいつやっぱりアホだ…)」




ps.
たから君よ、いいことを教えておいてやろう。
「…んだよ」
君の彼女さんのJ0132号さんだがな、実を言うと

J0044号。とうちゃんの妹さんだ。

つまり。
彼女を嫁に娶るということは!

お前はとーちゃんの、本当の「義理の弟」ということだ!!




alt
「ザッケンナコラーーーーーー!!!!!!」


ちゃんちゃん。

Posted at 2018/06/16 02:53:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 写真・カメラ | 日記

プロフィール

「うたちゃん、ももちゃん http://cvw.jp/b/648918/41748601/
何シテル?   07/22 00:41
「好きなもの」の項目に「東方プロジェクト」「艦これ」が含まれていることからも察せられると思いますが 当方には「萌え系」の趣味があります。 場合によっては不快...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

疎通なきお友達申請は却下します。コメントは来る者拒まず。
15 人のお友達がいます
どくりんごどくりんご * ノリス@大佐ノリス@大佐
健ぼ~健ぼ~ クジのこクジのこ
まさりん@ぷれしゃすまさりん@ぷれしゃす ネコマタネコマタ

ファン

38 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ デミオスポルト「蒼莱号」 (マツダ デミオ)
ここから始まる、第二のカーライフ。 目指すは黒ゲートと同じく「私製メーカー特装車」 ...
スズキ Kei 黒ゲート二世号 (スズキ Kei)
魂を継ぐもの、今日も駆ける。 二代目となる、HN11s「黒ゲート号」です。 なんと走行 ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
ATやセンターデフ、パワステにラジエータと大病を繰り返しながらも、とうとう20万km超を ...
スズキ Kei スズキ Kei
サブと言って憚らないが、バリバリの主力マシンw 購入直後の追突事故でリア廻りを中破、ど ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.