• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

gochi-zohのブログ一覧

2018年04月25日 イイね!

鳴門公園

鳴門公園あまりにも近所というか、生活圏そのものであるため
殆ど見向きすることもないのだが
これでも一応、狙って観光客が訪れるリゾート地帯。

それが、鳴門公園界隈。

去年の7月
北陸に住む仲間を連れて、観潮船に乗ったのも
いまだ記憶に新しい。


仕事までのひと時を
この辺で過ごすことが、しばしば発生しています。
天気がいい時であれば、せめてもの観光的な非日常感を感じることもできます。


せっかくなんで庭の花とか撮りつつ
alt

alt
季節だけは、停まりも振り返りもせず、進んで行きます。


ここから観潮船に乗ったよね。いい夢を見せてもらった。
alt


青空に、青ミクさん。
alt

1/6スケほどの、やや大柄なプライズフィギュア。
おおよそ7~8年ほども前の製品としては「破格の出来」と謳われていた。
alt
未だ新参ホイホイな側面が否めないミクさんだが
何だかんだ言って、私のヲタ趣味の、土台の一部を形成してることは間違いない。
この娘がいなければ形成されなかった世界があるのは確かだ。キャラクターも、音楽も。

恐らく10年経っても、忘れていることはないでしょう。
ひとつの時代があったことを示す道標として、今ここに在る。



そして、晴天のウチノ海を散策
alt

大鳴門橋のある海岸側を離れ、山の裏側に回れば
そこは静かな時間だけが流れる、ひなびた漁村。
alt

alt

alt

家から車で30分未満。
ほんのささやかな「日常からの逃避」があった。
alt
 

空は、この写真の後、あっという間に白く曇った。
そして私は再び「日常」へ。





~蛇足~
昨今あまりにも、こっちの趣味から隔絶され
今後の復帰もほぼ見込めない状況下
とうとうこんな幻覚を見るようになりましたとさw
alt
無論その先は淡路島
無論その先は明石大橋
無論その先は本州…を睨んでた
観光型ローカル路線の終点間際
静かなウチノ海を眺めて走る


そんな、ありもしない国鉄時代の幻。

Posted at 2018/04/25 13:36:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 写真・カメラ | 日記
2018年04月24日 イイね!

大掃除

黒ゲート二世号が家のアシ車に移行して久しい。
無論、洗車からオイル管理から、すべての手入れは私がしているのだが
概ね今年に入る前後から、ほぼ何もしてやれていない。

気付けば黄砂の季節や、庭木の花の季節を迎えてボデーがものすごいことに。

ここまで汚れてしまうと、もう表面再処理からしなければならん。
となれば、LOOXの出番。

洗車機であらかたの汚れを払い落とし、LOOXで磨く。

が、ここで私は
LOOXの「禁忌肢」を引いてしまったことに気付いた。

LOOXは
ボデーが水を噛んでないときに使うべし!
いかに洗車後の水を拭き上げて、水滴が表面にない状態であっても
継ぎ目や隙間に、想像を超える量の水が噛んでいる。
これをクロスが吸い出して、水分とLOOXが混じってしまうともうお手上げ。
単に「コンパウンドを水で伸ばしてるだけ」の状態に陥り、永遠に拭き上げが完了しない。
拭き上げは翌日を待つ羽目となってしまったのだった。

這う這うの体でボデーを整え
残っている「CCウォーター」で仕上げ。

やはり、日頃から手入れしてないと
あるていど汚れたりくすんだりした表面を整え直すことは、労力を要する。
蒼莱号のボデーが全く手がかからないのは、基本的にそれが出来ている状態だからだ。
黒ゲート二世号も、自分が乗っていた時はそうだった。
というか、忘れてはいけない。あれは「私の車」だ。今も変わりなく。

ハッタリ(いまのところ)を貼り


ハイオク仕様ノーティスを貼り



あとは天気のいい時に、掲載用の写真でも撮りに行けるといいんだが。



なかなか、そのタイミングが…ね
Posted at 2018/04/24 18:41:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | kei | 日記
2018年04月17日 イイね!

ガソスタの空気入れ装置

ガソスタの空気入れ装置タイヤが新調されたので
まずは空気圧を整える。









いつものセルフスタンド、使い慣れた空気入れがある。

前回のPlayzの時、概ね2.5程度を目途にしていた(悪路あまりなく高速の需要が多め、ワインディングでかなり飛ばす方)ので、そのぐらいを目途にセッティングして

バルブをセット

チーン、チーン、チーン、チーン、チーン、チーン、チーン、チーン、チーン、


えええええww
なんでそんなことにwwww

当然だがとても乗り心地が堅くなったw

なので今度は、正規の圧力+5%程度を狙ってみる。
帰宅途中のガソスタで、2.2前後を目途に、空気を入れなおす。

乗り心地は、まったくもって元に戻った。

しかしまあ、これはいつもの空気入れではないので
誤差の可能性を勘案して、いつものスタンドで
同じ数値でバルブをセット

チーン、チーン、チーン、チーン、チーン、チーン、チーン、チーン、チーン、


…腑に落ちないので、帰宅して
自前の測定器を当ててみる。

2.8kgf/cm2

んなばかな。
じゃあkeiといわず履き替え前のPlayzといわず
空気圧過剰の状態で、これまでずっと走ってたんじゃないか…

まじか…そりゃ200%圧力程度でバーストなんてことは普通起こり得ないが…

Keiは「扁平率」で
Playzの時は「ノーマルバネの柔らかさ」で
それぞれ、この状態をいなしていたのかな?って思った。

一般論として、こと舗装路に関して言うなら
低いよりは高いほうが、タイヤの使い方としては好ましい。
なので、この状態は、まあどうかとは思うが大きな問題は起こさないだろうと思う。
けど、きちんと合わせるなら、それなりの計器を自分で持ってた方が、安心は安心よね…という、そういう出来事でした、まる。

alt
 



Posted at 2018/04/17 23:41:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | チラシの裏 | 日記
2018年04月12日 イイね!

動力伝達装置。

動力伝達装置。蒼莱号、ただいま入渠中。
そろそろタイヤの溝が心もとなくなってきたので
この際だからアルミごと交換。
厳密にはあと1ローテで半年は行けそうなんですが、手許にカネの有るうちに。
で、ついでなんで
放置されていたマツスピの強化サスも組んでしまうことにしました。



結果は数日中に…



さて
今回、ちょっと変わったクルマが代車として出てきました。

日産 ノート オーテックライダー
alt

alt
車種選定の折、これもひとつの候補として挙がっていた。
(実際にはサイドブレーキがフット式というところで引っ掛かり、落選)

ありがたいことに今回、これの履いてるタイヤが
銘柄・サイズに至るまで、交換するタイヤと一緒なので
大雑把だがタイヤのフィーリングも確かめられます。
まあ…ファイアホーク・ワイドオーバルなんですけどね。
SVXが最後に履いてたのもコレ。
ブリジストンの親戚なんで、ここは特に問題もなく
いま蒼莱が履いてるPlayz PZ-XCとの違和感もあまりなさそう。

もっと潤沢にカネを使えるなら、ダンロップLM704を指名買いしたかったんですがね。
まあタイヤ性能を使い切るような走りをするわけでもないので、拘る意味も薄いとは思うけど。



さてさて。
このクルマ、当然のことながら
CVTです。

ごちぞうはあまりCVTの車に馴染みがありません。
レンタカーで何度か乗ってますが、概ね軽四での感覚しか知らないわけです。
この場合、4速AT同様どっちみちエンジンは大いに回り
加速とエンジン音の整合が取れない、なんともいえない感覚に陥るのですw

今回、エンジンはほぼデミオと対等(1500cc)な車での、CVT体験となるわけですが

いやー、これは燃費も伸びるわよねww
街乗りで2000回転より上なんて、全くと言っていいほど使わない。
刺激もないが遅滞もなく、エンジン音もほとんどなく、
坂道だろうがなんだろうが電車か何かのように速度計の針だけが盤面をするすると駆け上り
気が付いたら法定速度いっぱいですw

例えるなら電車のサハに乗ってる感じで
その操作感は全く以て「原チャリ」なわけですね。
ほぼ同じ原理の変速機なので、感覚が似るのは当然のことですが。

得意領域ならば動力伝達効率がミッションを超えるというのも、納得せざるを得ません。
今更のように痛感しました。
これが、洗練された現代のクルマの動力伝達装置の標準の、入り口にあたるもの、なのだと。
もう10年から昔のクルマですからね、ノートにしてみても。

ただねぇ…
面白くないんですwww

未だにミッションが絶滅に至らない理由もまた、よくわかります。
ATを標準として乗っている自分ですら、そう思います。
エンジンの回転とギア比の関係性の楽しみが、こんな私にも叩き込まれているのです。

免許をAT限定で、かろうじて取った私ですが
その最中、「ATだからといってDで走らなければならない理由はないよ」という言葉を
ある人から聞きました。
知らなかったわけではなく、それよりも昔
友人が「レーシングゲームの手癖でロー・ハイ切り替えてしまうんやww」ということを言ってましたが、まだその頃は自分には「自動車運転の意識」は皆無でした。
教習所内のフリーランニングがメニューとなっていた日、これをついに
自分で試す時が来ました。
坂道を2速で登り、降りてみました。
走行中、停止するときに2速にしてみました。
…綺麗にエンジンブレーキが効くではないか。登坂がとても軽いではないか。
これを試してなかったら、アクティブマチック無しでは走れない今の自分は無かったかもしれない。
そのぐらい衝撃的な出来事だったのです。

以後、私にとって
ATは「単なるクラッチレスミッション」となりましたwww
自分で操作すれば、高回転まで使い切ってダッシュできるし
中高速域でキックダウンを待つ必要もなければ、速度制御にいちいちブレーキランプを紛らわしくチカチカさせなくてもいいし
交差点ですら立ち上がりがスムーズで快適なんです。(ミッションの減速チェンジに相当する)

今回、これを封じて
ペダルだけで走ってみて
ギアの面白さと有難み、そして
「どちらも万能ではない」ことを、深く痛感したのでした。

あ、CVTの特質を逆手にとって
超多段ステップシフト機能を持ってる車がいることは、重々承知しておりますw

alt
ノートは「深く考えなくていい、ドライバーの貴方は目的地を目指すことだけを考えればいい、あとは私が引き受けよう」と言ってくれているようです。
デミオスポルトは「ATに飽き足らないなら、どんどん使ってくれ、どうせ走るなら愉しいほうがいいだろう?」と問うてくれているようです。
どちらも、ありだと思います。選ぶのはドライバーの意思ですから…

運命の悪戯でたまたま選んだ感の否めない、デミオスポルトですが
今は、選んで正解だったと感じます。
条件の範囲内にて、ほぼベストに近い回答だったのではないかな。


ps.
デミオできました、書いてるうちにwwwww
alt


alt


親方…相変わらず仕事速いッス…ww

Firehawk Wide-Oval
175/60 R15 6J +38mm

 
Posted at 2018/04/12 15:25:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月03日 イイね!

蒼莱号と、ささやかな春

今月の休みは1、17 以上…のようです。

まあ、仕方ないね


せめて、独りになれそうな場所へ
喧噪のない静かな場所へ

遠くでなくてもいいから。

alt
蒼莱号の写真撮影がてら、
県道34号の香川側をうろうろしていると

途中の、砂防堤堰の沼の見える場所
何時からか巨大な倒木が突き刺さっている。

その枝の上に
alt
 あらまww
アオサギちゃんではないですかwww

アオサギの巣なんてはじめて見ました。
それもまあ、こんなファンタジー世界の景色の中のような場所を選ぶとは。
風光明媚な一等地?w

alt
コウノトリの3倍増しぐらいで警戒心が強く
近くで気配をさせただけで飛び立ってしまう。

あ、もしかして
alt
やっぱり卵、ありました…!!

おお、これはいかん、多分そうだろうとは思ったが
事情が判明したからには早く離れてあげないと…

最初の写真は車で「停まらず」通りながら撮ったもの。
車なら、近くで停車でもしないかぎり、あまり警戒されない。これはコウノトリも同じ。
逆に二足歩行の大型生物は…お察しw

車での通過限定で、3往復目ともなれば
alt
このとおりw
「あーこいつ何もして来んわ」と学習されました。(停車ダメ絶対!)


もう一度だけ、立ち寄りたいなぁ。
こうなれば親子の晴れ姿だけは撮ってあげたい。

頑張るのよ?・:*(*'ω'*人)*:・元気でね





alt
独り花見。
独り(になるための)花見。

alt
1周年。
去年の桜はデビュー記念の大盤振る舞いだったな。

(遠い目)



…ほんのすこし、日常を離れてみた、春のひと時。

Posted at 2018/04/03 18:22:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | 青デミオ 蒼莱号 | 日記

プロフィール

「[パーツ] #Kei CCウォーター ゴールド https://minkara.carview.co.jp/userid/648918/car/1281993/9158021/parts.aspx
何シテル?   04/26 11:06
「好きなもの」の項目に「東方プロジェクト」「艦これ」が含まれていることからも察せられると思いますが 当方には「萌え系」の趣味があります。 場合によっては不快...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

お友達

疎通なきお友達申請は却下します。コメントは来る者拒まず。
15 人のお友達がいます
あるしぃーあるしぃー * 健ぼ~健ぼ~
どくりんごどくりんご まさりん@ぷれしゃすまさりん@ぷれしゃす
ノリス@大佐ノリス@大佐 ゆーたたた。ゆーたたた。

ファン

38 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ デミオスポルト「蒼莱号」 (マツダ デミオ)
ここから始まる、第二のカーライフ。 目指すは黒ゲートと同じく「私製メーカー特装車」 ...
スズキ Kei 黒ゲート二世号 (スズキ Kei)
魂を継ぐもの、今日も駆ける。 二代目となる、HN11s「黒ゲート号」です。 なんと走行 ...
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
ATやセンターデフ、パワステにラジエータと大病を繰り返しながらも、とうとう20万km超を ...
スズキ Kei スズキ Kei
サブと言って憚らないが、バリバリの主力マシンw 購入直後の追突事故でリア廻りを中破、ど ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.