• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Lorryのブログ一覧

2021年11月19日 イイね!

走行1万キロ達成



青い山賊、納車から半年と10日で1万キロ走破しました。
昨今のご時世のため、音楽関係の遠征は皆無ですが、その割にはよく走ってます(笑)

ちなみに、前車MA15S「山賊改」は約8か月半で達成
https://minkara.carview.co.jp/userid/705113/blog/35999704/
前々車MH23SワゴンRスティングレーは約4か月で達成
https://minkara.carview.co.jp/userid/705113/blog/18815244/

私にとって1万キロはまだまだ序の口、これからもガンガン走ります!
Posted at 2021/11/19 20:00:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | クルマ
2021年10月24日 イイね!

会社線(KK線)と乗継券

首都圏以外の方には馴染みの薄い話かと思いますが…

昨夜、妻とさいたま市へ出かけた帰り道、首都高5号線を上って、
通常なら熊野町JCTから中央環状線(C2)に入っていくのですが、
C2が工事渋滞だったのでそのまま5号線を上り、竹橋JCTから都心環状線(C1)外回りに突入、
その直後、神田橋JCTから八重洲線(Y)へとクルマを進めました。

八重洲線から通称「会社線」(「KK線」とも呼ばれる)を抜け、汐留JCTでC1に戻るわけですが、
会社線の有楽町駅を過ぎたあたりで、妻に「ここは首都高なの?」と聞かれたので、
ちょっとだけ会社線の説明をしていたら、昔の乗継券のことを思い出しました。
(会社線は首都高ではありませんが、首都高と連続して走行することができます)

★会社線に関しては、こちらにわかりやすく書かれています
https://trafficnews.jp/post/66973

会社線は通行料金無料なので、これを間に挟み、連続して首都高を走行する場合、
乗継の処理をしてもらうことで、料金を二度払う必要がなくなります。

今はもちろんETCが自動的に乗継処理をしてくれますが、ETCが無かった時代には、
会社線に入る(=首都高を出る)時に乗継所で乗継券を受け取り、
会社線を出る(=再度首都高に入る)時に次の乗継所で乗継券を渡す、
ということが行われていました。

今も現金通行車には乗継券が発行されますが、久しぶりに会社線を走ってみたら、
乗継所が無人化されていたので、調べてみると、今は発券機で対応しているとのことでした。

★乗継方法については、首都高ドライバーズサイトに詳しく書かれています
https://www.shutoko.jp/use/network/kk/

まだETCなど存在しなかった遠い昔の話、当然誰もが乗継券を利用するわけですが、
私の古い記憶では、乗継所の2車線のうち右車線は、進行方向左側にブースがあったような気が。
当然、右ハンドル車でここを通過するのは面倒臭いので、いつも左車線が混んでいました。

そんな中、左ハンドル車で右車線をサクッと通過できるのが快感でした(笑)

また、右ハンドル車でも助手席に誰か乗っていれば、空いている右車線に突入して、
助手席の人に乗継券の受け渡しをお願いしたりとか。
助手席側の窓をブースにピタ付けするのは、慣れないと少々難しいですが。

そんな昔のことを少し思い出しながら、ガラガラの会社線を走り抜け、自宅に戻りました。

たまに見る銀座や有楽町の夜景も、昔からある大都会の風景という感じでいいものですね。
Posted at 2021/10/24 10:51:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | クルマ
2021年10月16日 イイね!

セカンドカーの話

「クルマ暗黒期の話」の中でも何度か触れていますが、クルマ2台体制だった時期もありました。
確か1990~91年頃と、1995~2004年(メインカー売却のためセカンドカーがメインに昇格)まで。
もはや時系列も保有期間も記憶が曖昧なので、適当に列挙していきます。
基本的に中古車ばかりですが、中には新車もあります。車名の★印は新車購入です。

・ミニカ(H21A)
 友人から購入、結構高年式な美車でした。
 最後は実家にあげて、当時免許取り立てだった妹のクルマになりました。

(ここで約4年間のブランク)

・キャロル(AA6PA)
 友人から購入、リヤ大破で修復歴あり。
 乗っていて目立った不具合はなかったものの、諸事情により乗り換え。

・アルトハッスル(CR22S)
 3代目アルトのBピラーから後ろが箱型ボディになった、いわゆる「フルゴネット」。
 中古車店の店頭にあったクルマに私が一目惚れして購入。
 原付スクーターも運べる驚異のラゲッジスペース!(JOG売却の際運んだ)
 気に入って乗っていましたが…

★ワゴンR(CV21S)
 たまたま行った登録済未使用車販売店で衝動買い。新古では珍しい4WDだったので。
 4WD+ターボ+3ATの合わせ技で燃費はいつも一桁でした…軽なのに。
 それ以外は気に入って乗っていましたが、普通車のセカンドカー導入を検討…

★フェスティバミニワゴン(DW3WF)
 シトロエン・エグザンティアブレークが不慮の事故に遭い、修理するか決めかねていた頃、
 メインカー的な使い方もできるよう、普通車のセカンドカーを購入。
 デミオと迷いましたが、フェスティバミニワゴンのイメージカラー(デミオには設定なし)、
 ダークブルーが気に入り、購入。1.3L+3ATは非力でした。4ATになる1.5Lにすれば良かった…
 エグザンティアの分をはじめとした多額のローンを抱え、泣く泣く売却。

・ミニカエコノ(H12V)
 実家のお下がり。シフトノブ頭のボタンで切り替えるパートタイム4WD。
 とりあえずゲタ車が必要だったので、エアコン無しでしたが我慢我慢…

・トゥデイ(JW3)
 当時の職場の先輩から格安で譲り受ける。先輩が乗る前は某銀行の社用車だったらしい。
 最安グレードでエアコン以外の贅沢装備は一切無し。そのためか軽量で、4MTでも速かった…

・ミニカトッポ(H22A)
 当時の自宅の近所の中古車店で購入。DOHC5バルブ+5MTが決め手でした(笑)
 NAなので激速ではなかったけど、バイクのように吹け上がるエンジンは気持ち良かった!
 暗黒期の話で触れた通り、一時不停止のクルマに突っ込まれ、残念ながら廃車に。

・ローレル(C33)
 ゴルフやジェッタを購入した中古車店で購入。
 本当は軽が欲しかったけど、輸入中古車メインの店なので、軽の在庫が無く、
 たまたま店にあった検1年半付ローレル、乗り出し5万円で良いと言うので!
 なんとRB20DET搭載!久々の速いクルマに興奮しまくりでした(笑)
 ピラーレスHTなのでボディ剛性は弱く、燃費はどんな乗り方をしても5km/L前後。
 検切れと同時に処分したけど、今思えばもったいなかったな…

・ミニカ(H21A)
 最初のセカンドカーとは全く別の車両。近所の格安中古車店で購入。
 暗黒期の話で触れた通り、ゴルフ3売却のためメインカーに昇格。
 オイル食いがひどかった…

振り返ってみると、結構いろいろ乗ってますね(笑)
今はバイクも持ってないし、セカンドカーにアルトワークスとかあったら楽しいだろうな…(贅沢な夢)
Posted at 2021/10/16 12:55:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | クルマ
2021年10月15日 イイね!

クルマ暗黒期の話 その4

その3より続く

2005年には新車の大型バイク(VFR)を購入しているので、
一時期の経済的ダメージからはかなり回復していましたが、
この頃はなにぶんバイク三昧の生活で、4輪の新車まで手が回りませんでした。

時系列が前後しますが、2004年頃、VWゴルフ3を手離してからは、
それまでセカンドカーだったミニカ(H21A)がメインカーに昇格。

このクルマ、例によって激安中古車で、購入時は気付かなかったのですが、
エンジンオイル消費が激しく、ブローバイガスへのオイル混入があまりにも多くて
大気開放にしたり(良い子はキャッチタンクを付けましょう!笑)、
末期にはオイル燃費(?)が1000km/L位になってしまい(まるで2ストのようです!汗)、
車検が切れたら捨てるつもりだったので、安いオイルを継ぎ足して乗っていました。

で、検切れに合わせて、ミラ(L200S)をこれまた激安で購入。
こちらのクルマはエンジン絶好調でしたが、やがてドライブシャフトから異音が出るようになり、
タイミング良く友人からワゴンR(CT21S)を格安で譲ってもらえることになったので、
別の友人にあげてしまいました。何でもいいからゲタ車が欲しかった友人は喜んでました(笑)

そのワゴンRを手に入れた2009年あたりから音楽活動が徐々に多忙になり、
ある時、ハードオフで偶然見つけた88鍵(いわゆる「普通のピアノ」と同じ鍵盤数)の
エレクトリックピアノを衝動買いしてしまったのですが、
コレがリヤシート半分倒しのワゴンRにスンナリ収まることが判明!

ピアノやキーボード、音響機材等を持ち込んでのライブ活動を積極的に行うきっかけとなりました。
ただ、音楽活動が忙しくなるにつれ、バイクに乗る時間はどんどん減っていき、
大好きだったVFRも2010年に売却してしまいました。

話が少し逸れましたが、このクルマ、約15年落ちで14万キロ以上走行している割には
エンジンはじめ各部絶好調で、2010年2月に迎える車検を通すつもりで、
ディーラーに車検の見積をお願いしましたが、結構な金額になることが判明。

それならば…ということで、満を持して新車のワゴンRスティングレー(MH23S)を購入。
やっと、約13年半も続いたクルマ暗黒期を脱することができたわけです。

今思い返しても、長くツラい日々でした。
新車を購入して乗れる喜びを、ずっと大切にしていきたいと思っています。

おしまい
Posted at 2021/10/15 18:06:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | クルマ
2021年10月14日 イイね!

クルマ暗黒期の話 その3

その2より続く

1998年の秋頃、何とか手に入れた1989年式VWゴルフシンクロで格安輸入車生活を始めました。
決して速いクルマではなく、特にカスタムもしなかったけど、いついかなる時も頼もしい相棒でした。
ところが、約1年乗ったところで、不慮の事故に遭いご逝去。

仕方なく、シンクロを購入した中古車店で、1990年式VWジェッタ2を購入。
ごくごく普通の4ドアセダン、右ハンドルのAT車で、平凡と言えば平凡でしたが、
4WD化のためラゲッジスペースが嵩上げされて狭かったシンクロとは打って変わって、
大人が体を丸めれば寝られるんじゃないか?という程の巨大なトランクに驚きました。
ところが、このジェッタも約1年で事故に遭いご逝去。

また同じ中古車店で、今度は1992年式ゴルフ3を購入。
CLi(1.8L)なので非力感はありましたが、ATがジェッタ2の3速から4速に進化、
限られたパワーを有効に引き出すとともに、高速燃費も改善されていました。

このゴルフは3年位乗ったかな?少しだけカスタムもしていました。
中古で入手したゴルフ1カブリオレ最終型純正15インチアルミ(BBS製!)に新品タイヤを履かせ、
ビルシュタインBTSキットで1インチほどローダウン。
使い勝手をほとんど犠牲にせず、見た目も走りもビシッとしたものになりました。

格安車ながら、それなりに楽しく乗っていましたが、ある時エアコンが全く効かなくなり、
コンプレッサーご逝去と診断され、修理は最低20諭吉コースと言われてしまったのです。

この頃はどちらかといえばクルマよりバイクに興味の重心が移っていたこと、
一応セカンドカー(激安軽自動車ですが)があったこともあり、残念ながらゴルフとはお別れ。

2004年頃、某買取店に売却しましたが、新車から10年以上経過、10万キロオーバー、
エアコン故障という悪条件が重なりながら、そこそこ値が付いたのは、
ビルシュタインとVW純正BBSの威力だったのでしょうか?(笑)

この後しばらく、バイクがメインで一応クルマもあるよ、という生活が続くことになりました…

その4へつづく
Posted at 2021/10/14 21:56:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | クルマ

プロフィール

Lorry@クルマ&バイク大好き ピアニスト&キーボーディストです。 2021年式ソリオバンディット(MA37S) ハイブリッドMV 4WD スピ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/1 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

[スズキ ソリオハイブリッド] フォグランプ交換手順、IPF デュアルカラーフォグランプバルブ取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2022/01/15 16:16:53
ONEFOGの純正適合品番更新しました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2022/01/15 13:36:36
★プレゼント企画★UPSシリーズを是非使ってみよう! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/12/08 07:10:10

愛車一覧

スズキ ソリオハイブリッド 青い山賊 (スズキ ソリオハイブリッド)
2021.05.01 情報解禁! スズキ ソリオバンディット(MA37S) ハイブリッ ...
スズキ ソリオ 山賊改 (スズキ ソリオ)
ソリオバンディット(MA15S) DJE 4WD スチールシルバーメタリック 2014 ...
スズキ ワゴンRスティングレー スズキ ワゴンRスティングレー
ワゴンRスティングレー(MH23S) TS ESP 2WD シルキーシルバーメタリック ...
シトロエン エグザンティア ブレーク シトロエン エグザンティア ブレーク
【1996.06 ~ 1996.08】シトロエン エグザンティアブレーク 1996年式  ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.