• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

葵 由埜の愛車 [スバル インプレッサ WRX STI]

整備手帳

作業日:2014年8月4日

キャタライザー・フロントパイプ交換 ~②

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 チューニング・カスタム
作業 DIY
難易度

初級

作業時間 6時間以内
1
O2センサーのカプラを外し、キャタライザーも取り外します。
※Defiのセンサーも外しておきます。

○重量測定タイム
・純正一式:10kg
・GPスポーツ一式:5.1kg

-4.9kg軽くなります。
2
サブタイコの溶接線のクラック。

サブタイコ上下流両方にクラックがありますね。
3
キャタライザー部分とその上流側にサーモバンテージを巻きます。
そんなに長さも要らないのでバイク用のヤツを用意(4.5m 耐熱1100℃)

スプレーで水を吹きかけてかるく湿らせてから巻いて、SUSの針金で留めます。
自然乾燥で水分を飛ばします。(夏なのでほっとけばすぐ乾く)

よく見る”バケツに水を汲んでバンテージをどぶ漬け”なんてする必要ありません。
それを排気熱で水蒸気モクモク・・・なんてまったく不要。
自然乾燥させてやればエンジン掛けても煙なんてまったく出ません。
4
新しいキャタライザーを下から突っ込んでタービンと接合。

O2センサーも移植し、Defiのセンサーも取付ける。
5
サブタイコ上流に付いていた排気温度センサーも取り付けます。

このすぐ近くにあるステーへの固定も行います。
6
マフラーとの接合をします。

排気漏れ対策でカーボンガスケット2枚とファイアガムを使用。
7
タービンの遮熱板を戻します。

あとはI/Cとタワーバーを戻せば、交換作業自体は終了。

エンジンを掛けて問題が各部無いことを確認し、ジャッキダウンする。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

マニ点検+タービンサポートパイプバンテージ巻

難易度:

キャタライザー交換。

難易度:

夜のスプリングボルト&球ガスケット交換。

難易度:

キャタライザー交換準備。

難易度:

マフラー交換

難易度:

純正センターパイプ加工

難易度: ★★

関連リンク

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。

プロフィール

「お知らせ:ブログカテゴリーに便利なリンク集あります。」
何シテル?   04/17 20:48
はじめまして、葵 由埜(あおい ゆの)です。 ★YouTubeとTwitter始めました。 ★できるだけ面白可笑しくをモットーに日々のクルマやバイク...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

トヨタ 86 86(穹) (トヨタ 86)
2019年冬から乗り始め。[超低重心FRパッケージ]が売りの2+2シーターFRクーペ。 ...
ヤマハ YZF-R6 R6(蒼) (ヤマハ YZF-R6)
2018年春から乗り始め。尖った性能の600ccスーパースポーツ。 2017年式(BN ...
ヤマハ セロー250 セロー (ヤマハ セロー250)
2012年春から乗り始め。オフロード車の定番。二輪二足コンセプトのトレール車。 200 ...
ヤマハ YZF-R6 R6(紅) (ヤマハ YZF-R6)
※過去所有車です ※2018/03/21 2017年式YZF-R6(BN6)との入れ替え ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.