• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

なんちゃすとらとすのブログ一覧

2017年09月21日 イイね!

たまってきた

たまってきたみんカラのコムス乗りの方々も皆それぞれ盛んの様で、ブログ楽しく拝見させて頂いております。

自分は走り回ってばっかりで、なかなか感想書きたいのですが追いつかず…。 まとめてざっと思うところを。



 ~「30秒ルール」について~

 オヤジッチさん 嬉し恥かし電欠シャットダウン初体験。 びっくり&いや~な気分でしたでしょう。

でも慌てずリカバリーして無事たどり着いたのも今迄の熟練あってのことだと思います。


 あらためてコムスの取説を読み返してみて、「電欠強制シャットダウン」「再起動」について、ちょっとわかりにくい表現がありますので私なりに補足してみたいと思います。

 
 電欠アラームが鳴って、そのまま走ると、30秒後に強制シャットダウン。 時間は割と正確。

 ただし、アラームが鳴っている時にアクセルを放すとアラームは止まり、シャットダウンは起こりません。 アクセルを緩めて使用電気量を減らすと一時的に回復して止むのです。 逆にアラーム鳴ってる時に、さらにアクセル踏み込むと、30秒関係なく瞬時にシャットダウンします。



 再起動して走り出しても前と同じです。 「再起動したら30秒しか持たない」という事はありません。

 何度でも再起動できます。(しました)

 アクセルの踏み加減でアラームが鳴る寸前でゆるゆる走れば、ずっと走れます。 でもゆっくりでも電気は消費していくわけですから、徐々に踏み込めなくなり速度も落ちていきます。(登り坂なら完全にアウトです)

 そうすればかなり速度は落ちますがある程度は走れます。 オヤジッチさんは早めに対処されてたどり着けたのでしょう。 私は以前何回もヘロヘロの這うようになりました。

 強制シャットダウンはかなり余裕を取っている様ですので、バッテリーが完全に上がってしまう事はないはずです。 充電すれば何事もなく元通り。 (完全放電してしまうと充電できなくなります)


 心配ですが、冷静に考えてみると そこまでぎりぎり走る事はめったにないと思います。(誰かさんをのぞいて)

 慣れた道を走り込んで感覚で覚えることでしょうか。 まさに人車一体。 それもまた楽し。



 ~水没について~

電気系統に水は厳禁。 「水をかぶる」のと「水に浸かる」のは別物。

モーターやインバーターは床下にあるので防水になっている様ですが、一時的にかぶるのではなくずっと浸かっているとコネクタ、カプラー、ハーネスの隙間にまで水が入ってくるので、その時は良くても忘れたころに腐蝕して悪さしたりします。

 さらにバッテリーは端子が完全に浸かるとショートするのでその高さまで。 一時的に浸かるのとじっとずっと浸るのは違うはず。 これが一番の限界点でしょうか。

 私のはバッテリーを立てて積んでいるので、ノーマルのよりかは少し高くなっていますが、トヨタ車体のテストの様な事はしません。後の代償が高くつきそうで。(サイドシルまで水しぶき上げて走ったり、深い水たまりバッシャーン位はやりますが、「動いてる勢い」が大前提)

 トヨタ車体の6つのテストのうち、これだけはやっていません、やれません。


 ~pock1さんの迅速な対応は流石素晴らしいです。~

 むかし4x4マガジンの表紙で、人間だけ水面に出て走行しているjeepがありましたが、後のメンテを考えると大変です。 一時のカッコよさで渡川走行して深みにはまり流される素人は愚の骨頂です。

 水中走行で以前よくjeepのセルモーターを壊して、押しがけしたり強制的にピニオンギア出るように加工したりとバカやりました…。


 なんか長々とつまらないので







 潜水車と言えばロータスエスプリ。(007)






 エリーゼみたいなのもある。(詳細不明)


 でもコムスだって「F」ボタンを押せば…





 「潜水コムス! Go Go Go~」





 ~おまけ~

コムスをムニョ~っと引っ張って、ぺしゃんとつぶして  「コムスヨーロッパ」!







オヤジッチさん B.COMデリバリーの後ろの隙間を無理矢理「ロータスヨーロッパ」とはナイスです。(ポルシェ914は?)


 なんか固くて長くて… これからも楽しく行きましょう。           







Posted at 2017/09/21 23:24:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月18日 イイね!

四万十川下り ~中、下流偏~

四万十川下り ~中、下流偏~ 台風一過。 予報では晴れ。




 朝のうちはまだ雲が少し残っている。 「鬼ヶ城」も雲をかぶっている。

 何やかやで10時過ぎに「コムス出動」! 久しぶりに鬼北方面へ。去年テストでさんざん走った道。





 道の駅広見森の三角ぼうし。 鬼王丸。





 7億円当たりくじ出たんと! 鬼の神通力?





 松野町。 四万十川の支流広見川。 後ろは虹の森公園&おさかな館。



 ~ホントはこの3連休、四万十川源流から一気下りを考えていたのですが、台風のため日程が取れず2回に分けて。 上流側は増水しているので今回は川幅のある中、下流域へ。~


台風一過で、宇和島市内もそうだったのだが 運動会シーズン。







 高知に入って四万十市江川崎。 今回は右に行って下流へ。





 道の駅 「よって西土佐」。






 さすがの清流四万十川も今日は濁流。 (でも鮎釣りしてる) 川沿いを下っていく。

 道がずいぶんよくなった。







 辛うじて見える沈下橋。





 カッチョイイ吊り橋。





 途中所々昔の道が残っている。 こうゆう道好き。




分れ道。 右の赤い橋を渡ると、支流の黒尊川を上って山を越えると先の写真の「鬼ヶ城」を越えて宇和島に出られる林道があります。  結構ハードで面白いコースです。またいつか走ってみたいです。



 今日は素直に下流へ。 少し水も減ってきて ちゃんと見える沈下橋。






 四万十市中村へ。 シンボルの「赤橋」健在。 ここらから川は汽水域。





 土佐くろしお鉄道 中村駅。




 joyfullで人車共休憩。



 国道321号線。 さん、に、いち で「サニーロード」。 (ダサッ?) 河口へ。



 


 川はここまで。 なんかよくわからんが、すぐ海。 太平洋~。





 サニーを戻って56号へ戻る。 帰り道 宿毛へ。 (321号線をずっと行くと足摺岬を巡って海回りで宿毛ルートですが、それはまたいつか…)

 中村~宿毛は無料高速道路が抜けてぐんと近くなりましたが、コムスは走れないので昔ながらの国道で。





 宿毛。





 愛南。 (鉄道無い田舎)  そのまま一気に宇和島まで。 (実は電欠ギリギリ)





 今回の 宇和島~江川崎~中村~宿毛~愛南~宇和島 ルートは、前回のルートの一つ外回り。


 無理やり都会風に言えば「環状3号線」。 (そんなたいそな!)



 今回も長々と…。 中、上流編はまた来週~。
Posted at 2017/09/19 01:04:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月17日 イイね!

抜けた~

抜けた~秋の三連休も台風のおかげで潰れてしまった。 

午前中はまだ小雨だったので買い出しに。 午後から暇になるのでツタヤへ寄ってみた。

みんな考えることは一緒か、一杯。 特に借りたい見たいのもなく一通り見て帰る。



 当初の予測より台風の速度が遅く、朝が昼頃になりそして夕方に最接近予測。

午後3時頃から本降りになりだし、市の防災ラジオで避難勧告が出る。 5時頃から暴風雨。

でも「今まで経験した事のない様な」ものではなく、いたって普通の台風みたい。

6時前には弱まって。 どうやら進路が南(東)にそれて宿毛方面へ行ってくれたので大したことなく済んだようだ。 7時頃には雨は止んで、返しの風が強い位。


 ~向かいの大分、佐伯、津久見は川の氾濫で大変な様だ…。~

これから高知、徳島、香川。近畿東海北陸関東へと 皆様お気を付けください。










 コムス復活! (どっこい生きてる シャツの中~)


 不謹慎?かもしれませんが、「コムス国際救助隊バージョン」







 「ジェットモグラコムス」






 「海コムス4号」




 ~おまけ~





 「空を飛びたぁ~い!」  (本体が欲しい~)





 やっぱ赤でないといけんか?
Posted at 2017/09/17 20:18:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月12日 イイね!

フェイバリット コース

フェイバリット コース四国西南部は、海回り~山回りの周回コースが大小いくつもとれて、TPOに応じて色々楽しめます。

今回の 宇和島~愛南町~宿毛~宇和島 の周回コースは、半日もあれば回れるお手軽コースでありながら、走りやすくとも変化があって楽しめ、景色もよく、退屈しない お気に入りのコースです。


愛媛最南端愛南町から高知宿毛市へ。 子供の頃から慣れた道。 愛南町城辺から宇和島へは約40kmで、宿毛へは20km程。宿毛の方が近いし道もいいので、宇和島よりも頻繁に気軽によく遊びに行ってました。(実際昔から 物、人の交流は盛んで、文化 風習 言葉などもよく似ています)



今回は素通りなのですが








 市内の水車。(回ってない)  市街を抜けて松田川沿いに山に入る。






 小屋の中の「510ブル」。 置物じゃなくしっかり走ってそう。







 急に上って「坂本ダム」。 比較的新しいダムなのでカッコイイ。





 「奈良の魔境」と奇しくも同名。 向こうは凄そうだ…。





ダム湖周辺の快適ワインディングを過ぎると一転、狭い渓谷の道。 普通車では離合もできない狭さだが、コムスでは楽勝。スピード感が増して楽しい。



愛媛に入り山里「みまき」の集落をなだらかに抜けると、今度は一気に下り峠道。 ここも楽しい。


峠折りて津島町の田園地帯。 松尾峠を越えて宇和島へ。 (去年のブログでの逆回りです)






~追伸~


ここいらの川を見ると、かわうそ居そうなんだけどな。


~追伸2~








「ノロイ」はイタチだっけ。  史上最強最高のラスボス!  小さく弱くとも健気に闘うネズミ達は、コムスにもかぶるかな?




 「しっぽを立てろ~ ホッホッホ ホッホッホ」


 
Posted at 2017/09/12 20:30:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月10日 イイね!

愛南町の穴場

愛南町の穴場愛媛県の「県獣」は二ホンカワウソ。 県立とべ動物園のシンボルマークにも使われています。(とべとべZOO!)

それほど県中で見受けられたなじみの深い獣なのでしょう。 特に南予地域では多く見られたようです。 戦後見られる事がめっきり減り、県の天然記念物に指定されたりしましたが、私らの世代では野性を見ることはありませんでした。

でも子供の頃、地元愛南町に「かわうそ村」と言うところがありました。 行ったことはありませんでしたがしっかり覚えています。 調べてみると、戦後の河川の汚染と開発で川にいたカワウソが海に移ってきて養殖ハマチを襲ったため罠にかかって捕獲されましたが、殺すわけにはいかず保護して繁殖させようと施設をつくったそうです。 でもうまくはいかず、逃げられたり死んだり。 数年で事実上廃止になりましたが、跡だけは残りました。







 国道56号線沿い 御荘菊川。 厳島神社の横に「カワウソ村 こっち←」の看板がデカデカとあったのを覚えています。





 こんな感じ。 でもそっちに行くと狭い山道ケモノみち。 今は海回りのいい道が抜けています。




ここを曲がって



すぐに海に出ます。




地元水産会社が運営する「海の駅」。カキ小屋や海鮮バーベキューグルメ、釣りやクルージングやジェットスキーや噴射で飛び上がれるやつなどマリンレジャー全般。






その奥に行ったところに、昔のまま残る カワウソの養殖池。(海です)







 水産会社(網元)の社長宅。 車道楽。






 コムスも持ってる。



御荘平城へ。 途中の「みかん職人 武田屋」に 新型のファンカー(農薬散布車)が!



少し小さいがフルキャビンのピカピカ。 「ゲッターサイクロン!」







ついでに紫電改展示館へ寄る。 ここの碑の後ろに、昔のこのあたりの地図のレリーフがあり、







しっかり「かわうそ村」の記述がある。





ついでに展示館に入ってみる。タダだし。





今日は団体客が来ている。後で観光バスを見ると、大分かららしい。 すぐに外に出るとコムスに人だかり…。


帰りはこのまま行って高知宿毛市回りで。 







 
  「四十番 観自在寺!」  (おだいっさま)



 ~追伸~

カワウソ可愛いな~。 愛くるしい。  野性はもちろん知らないが、思えば実物を見たのは20年以上前 鳥羽水族館で以降無い。 松野町のおさかな館行こうかな…。







 コツメカワウソだけど。


 ~次回 愛南町から高知宿毛へ 「坂本ダム」~




Posted at 2017/09/10 21:26:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「たまってきた http://cvw.jp/b/2431721/40450493/
何シテル?   09/21 23:24
なんちゃすとらとすです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

明日はテストドライブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/28 13:53:31

お友達

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ コムス P・COM トヨタ コムス P・COM
3月1日納車されたトヨタコムスP.comです。 ガソリン代節約の為に通勤とチョイ乗りに使 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.