車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月26日 イイね!
http://www.j-cast.com/2016/11/26284439.html?p=all

http://www.j-cast.com/2016/11/24284322.html?p=all

紅白歌合戦の人選なんだが、いろいろな大御所歌手の落選とかすごく話題になっている。

特に今年は発表があるまえから辞退する人 かなり貢献のあった大物歌手の落選とか演歌歌手の落選というのが多いようだ。

これも世代交代だからやむなしという意見が多いが、その代わり横文字が並ぶ若い人間を選ぶというのは正直どうかと思う。

その年の実績やNHKへの貢献度とかもっともらしい選考基準があるがもう完全にちぐはぐで”紅白歌合戦”の銘にあってない。

このような基準で選考すること自体無理がある。どう選んでも必ず批判があがってきて NHKもまたへたれでつじつまの合わない弁解がとても見苦しい。
選考で混乱をさせているのはおそらくこのNHKの煮え切らない態度が原因だと思う。

歌合戦と銘打っているなら もう歌うことだけに特価した催しでもいいじゃないか。 バンド形式だめ よけいな演出もだめ ダンスパフォーマンスだめ 口パク当然だめw とにかく歌うことだけ生歌を思い切り披露できるアーティストだけにする。 おそらくその選考基準に批判も出るかもしれないが良いじゃないかそれでNHKの番組だもん。 好きにやれよ。好きに選べよ。批判が出たら何が悪い?と開き直ればいい。

いろいろなジャンル 演歌 ポップス ジャズ それ以外にもクラシックや童謡 聖歌とか普段聴いたことないジャンルから専門家が選んでいい。 自分が知らないジャンルにこんなすばらしい歌手がいるんだと初めて知る音楽ファンもいるかもしれない そうやって新しい音楽との出会いを提供する催しにしたっていい。 とにかく今の選考基準なんて時代にそぐわないんだからとっとと改めて新しい音楽祭にしたほうが良いんじゃないの。
Posted at 2016/11/26 12:32:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | エンターテイメント | 音楽/映画/テレビ
2016年11月23日 イイね!
http://www.j-cast.com/2016/11/23284220.html?p=all

日本の交通行政にはおかしな制度が多いのだが、確かにそうだと思えるのがゴールド免許制。

運転の技量やどの程度安全運転をしたかの評価とはかけ離れたものであることは間違いなく、どう考えたっておかしな制度のように思う。

もし本当に優良ドライバーかどうかを判断するなら 免許証と個人のユーザーデータ ETC機能 を一体化させたIDカードを運転時常に車に装着させないと車を動かすことはできないようにし、そのカードにどの程度安全運転ができたのかという情報を蓄積させ そのテータから優劣の判断をするような制度にするしかないだろう。 そこまでいくと自動運転化は高度化され 自動運転化された車両から常にドライバーが監視されることになる。 もうこうなると安全運転をせざるを得なくなるだろう。

極端な話 新しい制度を作るなら自動運転機能を持つ自動車をが恩恵を制度でも良いと思う。 自動運転の持つ機能で安全運転をしているかの情報を集めるのならなおさらだ。 まあどのへん議論の余地はあると思うが、大胆な発想の転換は必要かと思う。

また免許を持っていてもほとんど運転しないドライバーは積極的に免許を返納するべきだと思う。主に都会に住み インフラを利用出来る環境なら免許など持つ必要もないだろう。 これから技術が発達するとAT限定免許だけでなく、自動運転機能車のみを運転(これは運転ではなく操作か)できる限定免許 いや自動運転車なら運転免許もいらない時代になるかも。

ただその運転技量(?)の優劣を判断するためには上記のようなカードシステムというのはどうしても必要になるかもいれない。

そして今確実に言えるのは現行のゴールド免許制は廃止したほうが良いように思いました。
Posted at 2016/11/23 23:39:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | おかしなニッポン | クルマ
2016年11月21日 イイね!
前回の記事とも重なります。

http://japan.techinsight.jp/2016/11/kay11111352.html

どうやらスティングが重度の難聴らしいです。
おじーさんやフィルコリンズも。。。
日本のミュージシャンにも突発性難聴で音楽活動を休止という方もいらっしゃいました。
一種の職業病なのかな。

近年スマホや携帯オーディオでの普及で全世界的に難聴の病になるひとが増えるのではないかという記事もありました。

まあ当然というべきか。。。自分的にはアップルやソニーなど オーディオメーカと耳鼻科の陰謀じゃないかと思うときもある。

もちろんiPodもウォークマンも持ってるけど外出時に”ながら聴き”をすることはほとんどありません。よく運動中に音楽を聴くことに効能があるという話がある あれ本当だろうかw

自分も今のスキーシーズン前になるとトレーニングを強化するけど、正直音楽のながら聴きは必要ないなと思う。 トレーニング時に気をつけるのは筋肉の収縮に気を配り 意識を集中させることだが、そのような時に音楽ってじゃまになるよ。

よくCMでジョギング中に音楽をながら聴きをするシーンがでてくるけど あれあの行為をファッション的なものにイメージ付けようというメーカーの販売戦略なんだよね 爆
たいいち狭い都会でながら聴きで音楽に没頭するのは危険でしょ 自転車 徒歩問わず。車中で音楽に没頭するのも同じです。

ということでスティング聴力低下でふと感じたこととを書いてみました。
ミュージシャンの方には聴力は大切な商売道具 大切にしてほしいですね。 


Posted at 2016/11/21 22:36:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | そのほか | 音楽/映画/テレビ
2016年11月21日 イイね!
http://blogos.com/article/198785/

グローバル化の矛盾についての記事
よくあるニッポンガラパゴス化 グローバル化に取り残されるという内容。

定額制音楽配信の立ち後れで日本の音楽文化が衰退するというらしいです。

音楽を空気のように 水のように浴びるように聴くという文化や生活習慣のある海外で
定額制が定着するというのはわかります。

でも日本にそんな習慣はありません。
定額制が流行らないのは当然でしょう。
狭い日本でコマーシャルにあるような音楽を日常的に鳴らし続けたって 人によっては騒音ですよ。 よく定額制にある楽曲って基本的に英語圏の音楽が多いわけでそんな曲が狭い住宅事情で常に流れていたらうるさくてしょうがない。
かといって携帯オーディオのイヤフォンで始終聴き続ければ難聴になること必至です。

音楽文化の普及がそこまで必要かね 世の中にはもっと楽しいことがいっぱいあるのにねw 



Posted at 2016/11/21 21:36:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | おかしなニッポン | 音楽/映画/テレビ
2016年11月20日 イイね!
PBレガシィ 10万キロ突破記念ということではないのですが、何かやってみようということで。

PBの最上段小物入れの部分に今使っている2DINサイズのサイバーナビを設置しようという荒技です。

いや~ 苦労しました。

必要ない部分をカットまでは良いのですが、設置時にナビをどの程度手前に出すのか そしてそのとき必要になる金具のサイズを決めるのに恐ろしく時間がかかりました。

曲げて取り付け 仮止め状態で位置決めし 当たる箇所があったらはずしてやり直し それを繰り返すわけです。なにしろ何のデータもない時点から手探りで一から金具を作れというのは本当に大変でした。
仕事の合間にやっていたので軽く1週間はかかりましたね。

でもやってよかった。
・操作性視認性が劇的に向上
・誤操作が減った
・オプションのステアリングリモコンの感度がよくなった
なぜもっと早くやらなかったのだろう。

詳しい行程はいずれ作業日誌にアップしていきます。
興味のあるかたは見てくださいまし。
Posted at 2016/11/20 06:48:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | スバル | クルマ
プロフィール
「歌うことへの回帰 http://cvw.jp/b/336408/38913261/
何シテル?   11/26 12:32
クルマの事はほとんど書きません
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
22 人のファンがいます
愛車一覧
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
ツーリングワゴン 2.0i Bspo(BP-E型)です すぃ~っと気持ちいい走りなので  ...
スバル サンバー スバル サンバー
グレードはトランスポーターの最終型サンバーバン 4WD 5MT SC ABS付きです ...
スバル サンバー バン スバル サンバー バン
仕事用に使っています。パワーウインドウもない格安車 パワーも41PSしかないのに結構機敏 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
7年間で11万キロ走りました。 いろいろな所へ行きましたね~ いい思い出です
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.