月販目標の13倍強 新型ハリアーの人気がすごい! 

2020年9月7日

ハリアー なぜ人気

およそ6年半の月日を経て新型にバトンタッチしたハリアーの売れ行きが話題。月販目標販売台数3100台に対して、発表後1カ月間の受注台数は約4万5000台と13倍超となっています。これほどまでの大人気のハリアーの魅力はどこにあるのでしょうか?

都市型SUVという世界をつくったハリアー

ハリアーは1997年にクロスオーバーSUVとして登場しました。それまでどちらかというと野暮ったく、クロスカントリー色の強かったSUVのカテゴリーに、プレミアムな都市型SUVというコンセプトで登場したハリアーは大きな注目を浴びました。

そのポジショニングを決定的なものにしたのが2代目です。2003年発表の2代目のハリアーは北米などではレクサスRXとして販売されます。レクサス=高級車のイメージはすでに定着していたので、ハリアーの高級イメージはさらにアップしました。

2013年発表の3代目になると、ハリアーとRXは別のクルマになります。私はこれも功を奏したと思っています。日本のレクサスブランドは2005年から展開されていて、ハリアーとRXの分離は必須でした。レクサスは特別なクルマであってほしいという願望がある一方で、目立つのはイヤだという一部の人には、あこがれではあるものの乗りづらいクルマになったからです。

今はSUVがクルマのベーシックになっている

ハリアー

かつてベーシックなクルマの代表はセダンと言われました。しかし、今や世界的に見ても売れているクルマはSUVが断トツで、クルマの基本もSUVになりつつあります。セダンより使い勝手がいい、遊び心が感じられる、視点が高くて運転しやすい…などなど理由はさまざまです。今後、この流れが変わることはあるかもしれませんが、現状はSUVが基本で主流です。そうしたなかで、ハリアーはSUVの基本を押さえながらも、SUVらしくない部分も主張しています。

スポーティでありながら高級感や実用性もある

SUVはスポーツ・ユーティリティ・ビークルの略で、スポーティでありながらもユーティリティが優れているクルマのことです。クルマとしてスポーティさを追求したらフェラーリのようなスポーツカーになるでしょう。ユーティリティを追求したらハイエースのような1ボックス車になります。この2つをうまく融合させたところがSUVの魅力です。

ハリアーは前から後ろまできれいに流れるようなラインで構成されたスポーティなシルエットをもっています。とくにリヤハッチはクーペのように寝かされていて、非常にスポーティなイメージをもっています。また室内のフィニッシュも高級感が押し出されています。

リヤハッチが寝ているにもかかわらず、ラゲッジルームの容量も確保され、上手く仕舞えばゴルフバッグ4個の搭載も可能です。スタイリッシュなスポーツカーは実用性に劣るものの、SUVならスタイリッシュさと実用性を兼ねられる。そのなかでもスタイリッシュさが際立つのがハリアーで、そこが人気の源となっている…というのが私の分析です。

諸星陽一
  • 諸星陽一
  • 日本自動車ジャーナリスト協会(外部リンク)
  • 自動車ジャーナリストとして専門誌やライフ誌での執筆活動をはじめ、安全運転のインストラクターも務める。1992年~99年まで富士スピードウェイにてRX-7のレースに参戦。セルフメンテナンス記事も得意分野。福祉車両の数少ない専門家の一人でもある。

乗るに戻る

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

カーライフ 記事カテゴリ

注目タグ

最近見た車

最近見たクルマはありません。

みんカラ+新登場

Drive Concierge
Drive Concierge

中古車販売・買取

ニュース