• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

カクシカおじさんの"カクシカくん" [ダイハツ ムーヴコンテカスタム]

29万km達成 & オイルパン 液体ガスケット塗り替え その①

カテゴリ : エンジン廻り > エンジン > オーバーホール
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間3時間以内
作業日 : 2020年03月19日
1
2020年 3月 19日の日、29万kmジャストに。
30万kmの大台まで残り10000kmを切りました。


軽自動車は4気筒の1500ccや2000cc車と比べると幾分か車体が軽くても、またターボ搭載とはいっても、やはりエンジンの常用回転数はかなり高く、1気筒あたりの負荷もかなり大きく=余力がない、ということで、軽自動車での30万kmは、普通車に換算すれば40万kmにも相当するということらしいです。

そして今までトラブルらしいトラブルさえも無かった我がコンテ号でしたが、エンジン自体は未だ快調なるもとうとうオイル漏れをするように。
2
28万kmまでは、なんのトラブルも無く走れていました我がコンテ号でございましたが、ここの写真に掲載の、エンジンの背面に設置されていますベンチレーションバッフルのプレートに塗られている液体ガスケットが劣化してオイル漏れを誘発。

構造が変更された新品のバッフルプレートを取り寄せ、液体ガスケットを新たに塗り直してとりあえずここは修理しました。


その5連投の整備手帳はこちら →
  「ベンチレーションバッフルプレートの交換 と セルモーターの取替 ①~⑤」
https://minkara.carview.co.jp/userid/1144014/car/879006/5636543/note.aspx
  
3
ところがベンチレーションバッフルのプレートを修理すると、今までクランクケースから伝わってバッフルプレートの劣化ガスケットのすき間から抜けていたであろう内圧が抜けなくなったせいなのか、今度は主にオイルパンの角部分からエンジンオイルがしみだしてくるように。


まあベンチレーションバッフルプレートと同じように、オイルパンとエンジン下部のクランクケースとを液体ガスケットで封をしているのだから、30万km近くの走行で、すでに熱とオイルで液体ガスケットがやられているのは想像に難くありませんが。

1つを直せば他の弱まっているところからオイルが漏れ出てくるのでしょうね。
4
激しくドボドボとエンジンオイルが漏れているわけではありませんが、しみだしてきたエンジンオイルがこのようにオイルパン底部に付着するように。


車検は昨年6月に済ましたところなので当分ありませんが(オイル漏れがあると車検が通りません)、どうやら同じ液体ガスケットで封をされているタイミングチェーンカバーからもオイルが漏れだしている気配があるものの、とりあえず今回はスキルアップも兼ねて、オイルパンのガスケットを塗り直してみることに。
5
我が家は予備の車などないため、仕事休みの日に作業を完遂する必要があるので、作業に必要なものをすべて取り揃えてから取り掛かります。


こちらはまあまあ高価ですが、使いやすいと言われている、液体ガスケットを剥がすのに使うシールカッター、KTC TAG-48 です。

ちなみに取っ手の細い棒と本体は分離できるようになっています。
6
エンジンオイルを貯めておくオイルパンを固定しているボルト8本とナット4個を取り外し、KTCのシールカッターを使うも全く歯が立たずにオイルパンを剥がすことが出来ず途方にくれてしまいました。


もうオイルパン剥がし作業はあきらめようかと思案していたところ、以前ラジエターの底にあるドレンボルトの脱着をするのに、使いやすそうなコインドライバーをホームセンターで見つけて買っておいた、ここの写真掲載のトップマン製の柄の長いコインドライバーがあることを思い出し、こいつを使えばオイルパンが外せそうだとひらめいて、とりあえずやってみることに。

実はこのコインドライバーを購入する以前は、柄の部分が極短なコインドライバーしかなくて非常に使いにくかったので、この柄の長いコインドライバーを見つけてなんとなく買っておいたのですが、今回はこれが非常に役に立ちました。
7
オイルパンのフロント側のCVTとの境目には、このようにわざとだと思われますが、工具を引っ掛けるための出っ張りが設けられており、オイルパンとクランクケースとの接合面を傷つけることなくバールとかを引っ掛けられるようになっていました。

ただ普通の-ドライバーではドライバーのほうが負けて曲がってしまいそうだったので、この頑丈なコインドライバーを引っ掛けて、この写真のようにこじると バリッ! いう音と共に、やっとオイルパンの接着が剥がれて分離できました。


これで無事オイルパンが取り外せましたが後で調べてみますと、ここの出っ張りにバールを掛けて取り外しをしていた整備工場がありました。

コンテの整備書にはこのような記載は無く、今回初めてやった整備作業なのでここまでたどり着くのにかなり時間を要してしまいました。

                次へつづく

関連パーツレビュー

イイね!0件




タグ

関連整備ピックアップ

オイル・エレメント交換実施

難易度:

オイル交換

難易度:

KFエンジンのオイル漏れ修理 と タイミングチェーン交換 その⑦  作業編 1

難易度: ★★★

エンジンオイル交換、ローテンプサーモスタット交換

難易度: ★★

KFエンジンのオイル漏れ修理 と タイミングチェーン交換 その⑥  分解編 2

難易度: ★★★

オイル交換(備忘録)

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「KFエンジンの定番ともいえるタイミングチェーンカバーからと思われるオイル漏れ退治のついでに、29万kmの走行により劣化して騒々しかったタイミングチェーン部品一式を丸ごと交換。 部品交換によりがさつな駆動音は無くなったが交換は超大変。 もっと簡素な設計にできないものかと思うが。」
何シテル?   04/12 21:41
カクシカおじさんです。 ニックネームの由来は、我が愛馬コンテカスタムRSの別称、ダイハツの『カクカクシカジカ』と現在の年齢がおじさんになっているところから...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

2カメラドライブレコーダー新製品 【CS-91FH】発表 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/31 10:30:49
車の修理屋 たけしくん 
カテゴリ:車整備ほか
2017/11/01 15:41:26
 
自動車屋のかどで立ち話 Part2 
カテゴリ:車・パソコンほか
2017/11/01 15:40:00
 

愛車一覧

ダイハツ ムーヴコンテカスタム カクシカくん (ダイハツ ムーヴコンテカスタム)
  ダイハツ ムーヴコンテカスタムRS(ターボ)・2WDの寒冷地仕様車に乗っています。 ...
ホンダ CD250U U君 (ホンダ CD250U)
  2008年 5月に中古車として我が家にやって来ました。    1988(昭和63)年 ...
ホンダ Dio (ディオ) ディオ君 (ホンダ Dio (ディオ))
  今はなき、バイク全盛期の頃の2st 50cc原チャリです。 これは親戚からのもらい ...
その他 その他 その他 その他
  車・バイク以外の記事向けページです。 イベント等で撮影した鉄道車両の解説やら、自作 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.