• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

tokirioma5のブログ一覧

2021年07月26日 イイね!

ビートとの旅②

昨日は、2回目のコロナワクチン接種。
副反応を恐れていましたが、いまのところ1回目と同じ腕の痛みのみ。
偶然にも、本日の仕事の訪問先の相手からメール
ワクチンの副反応がひどく、今日は欠勤するとのこと。
時間に少し、余裕が生まれたので、昨日の続きを。

久留米市内を走りだすと・・記憶の中の過去2回のビートと比べると・
間違いなく乗りやすい。トルクが厚い感じで、力強さがある。
ECU(設置場所を見ると、ずいぶん手が入っていて対策済)や社外マフラー
その他の相乗効果なのかなあ。

驚いたのは、エアコンがちゃんと効きます。真夏でも涼しい。
これも期待以上。前に2台(1台は新古車だったんだけど)は全くダメでした。

久留米の町は整然として交通量も少なく走りやすいのだけれど
標識は、不親切。分からなくなって停車。スマホのナビを立ち上げます。
随分遠回りをしながら、久留米ICから北九州自動車道。

5千回転より回転を上げるとエアコンに負担がかかるはずなので
回すときはエアコンオフ。
やはり、パワーとトルクは申し分ない。気になるのは高いギアで引っ張る?
時に出るなんらかの共振音。前オーナーはマフラー近辺と言っていたけど
もっと上のような気もする。エンジンのサービスリッドの固定が緩んで
いるような?開けるのが結構面倒なので、おいおい確認ですね。

快調。ただし、オーディオは壊れているので、やや単調。
結構、九州が長い。ガソリン残量が少なくなったら、一旦、下道に降りる
予定ですが、満タン近くあったので、まだまだ大丈夫。

下関には近いSAだったと思いますが、一旦休憩。



九州の風景には、やはり広がりと伸びやかさを感じる。
本当は、ちゃんとしたお店で食べたかったけれど、SAの博多ラーメン。
これはこれで、美味しかった。

またまた、走る、走る。ビートは元気。
そろそろ、燃料が少なくなってきた。岩国の手前の山中のICで降りて
GSを探す。なかなか、見つからないなあ。
ありました。満タンで2,500円くらい。

岩国、広島と街中では渋滞もあり、宮島周辺では混雑が激しく
やはり、ビート君も辛そうですが、エンジンはぐずることもなく
健気にがんばってくれます。

今回、どうしても立ち寄りたかったのは尾道。
暮れかける薄暮の時間に着きたかったのだけれど・
結局は、夜の8時半を回っていました。
幾多の思い出の地。夏の思い出が多い。

展望台で尾道水道の夜景を見るべく、駐車場から歩きます。

・・・えっ

展望台につづく道が閉鎖されている。近くの看板で確認すると
展望台の立替工事が行われていて来年の春まで、千光寺公園の頂上一帯は
立ち入り禁止とのこと。

ならば、何も分からずあの日、W124で登っていったあの場所。



ここは、変わりはありませんが、建物が増えたのか、見晴らしはもう一つ。
しばらく、思い出に浸る。

さて、もう下道を走る元気が残っていません。
尾道ICから、ひたすら東上。眠気と戦いながら、危なくなった?
時に、ちょっどSA、PAが出てくるのは助かりました。

走る。走る。とにかく走る。深夜の中国道は空いています。
新名神にかなり流れているんですね。
混雑で大変だった西宮名塩のあたりも単独走行。

そして、午前2時すぎ、無事に帰宅。
30歳以上のビート君が、想像以上にがんばってくれました。
一切、当初の調子は崩していません。お疲れ様でした。
これから、よろしく。ビート君
Posted at 2021/07/26 11:36:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | ビート | 日記
2021年07月25日 イイね!

ビートとの旅①

さて、昨日はやはり、疲れてしまって動けませんでした。
あのような無理?が出来るのは最後だったように思います。

・・写真が、あまりないのです。
帰ってから気づきました。走ることに夢中になっていたか?
これから書く、事情によるものか?
全然、撮っていない。自分でも不思議なくらい。

自宅最寄駅の始発に乗って、新大阪から新幹線。少しウトウトしていると
久留米駅には到着。時間は10時すぎ。
周辺で久留米ラーメンを探すも、そもそもお店がない。
スマホで検索すると、駅舎に1軒ありましたが、11時から。



日田行きのローカル線。1時間に1本しかありません。
日田っていうと、確か、畑正憲さんの故郷?
のんびりした田園風景が車窓には続いていました。

3駅先の駅で降りて待っていると、ブルーのBMW。1のクーペモデル。
よく分からないけれど、高性能版のモデルが、威勢の良い音でやってきた。
おおむね想像通り。30台前後の若い人。

5分ほどの車中で、過去所有しておられた、初代MR2(160万で売れたそう)
や1台目のビートを回し過ぎて壊したこと。
ロータス・エリーゼは、やはり実用に全くならなかったこと。
などなど。相当な車好き。スポーツカー好きであることが分かる。

それは、ビートの写真に現れていたんですよねえ。
だから、はるばる買いに来た。

ビートの車庫に到着。対面する。
うーん。オークションの説明や質問への回答を見ていくと、情報は確かに
出ていたんだけれど・・30年の疲れはあちこちに。

何より、実は、最も深刻?なのは、サイドシル。
左右リアのエアインテーク下。
錆が盛り上がり、適当な簡易補修で目立たなくされている。
よって、写真では、確認しづらかったんですよね。
ここは、ビート定番の腐食ポイントで、露天駐車の車は間違いなく
錆が出てくる場所です。ここまで来ていると、中はスゴイことになっているはず。

「うーん、このサイドシルは、買った時(1年前)なんて言われました?」

「全塗装するか迷っていたんで、その時に板金すればって思ってたんですけど」

ここは歯切れが悪い。
これは多分、お店で見ていれば、半額くらいでないと食指が動かない状態。

でも、今回の衝動買いの流れを止めるまでには至りませんでした。
今がビートと再会する時。人生はそんなに長くない。

「ナンバーは、白か黄色か迷っているんですよねえ」

「名変は急がないですよ。年末までにして貰えれば」

「えっ」

これも、またビックリ。確かに税金は軽の場合、還付されませんが
手続きがのんびりできるのは、ありがたい。

さて、走り出すことにします。
そろそろとビートを路上に出すと、オーナーの彼はじっと後ろ姿を見送って
います。手を挙げて加速。威勢よくビートは東に向かって走り始めました。


Posted at 2021/07/25 10:01:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビート | 日記
2021年07月24日 イイね!

不朽の名作にサビニャックを

昨日、福岡の久留米まで、ビートを引き取りに行ってきました。



なかなかに凝った作りの久留米駅から、ローカル線で3駅。



3たびの黄色ビートに対面。
・・・30年の歳月は・・ビート君にもしっかりと刻まれていました。
人間も30歳が60歳になるのですから、その時間の流れは大きい。

700kmのビート君とのロングツーリングは、思い出に残る出来事でしたが
今日は、疲れが残ってしまってうまくまとめられそうにありません。

本日、日が傾いてから、オープンで出かけて、再会を祝いたいと思います。
とりあえず、キーホルダーにはサビニャックを。
ピッタリだと思うのです。

Posted at 2021/07/24 13:23:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビート | 日記
2021年07月21日 イイね!

夏真っ盛り

先週末から真夏の雰囲気となりました。

諸々迷うことが多いですが、ビートをヤフオクで落札したのは、前回のとおりです。

もう年齢的に、このチャンスが最後かと。

そして、最後の最後には、ひょっとしてビートが残るのでは?

とそんな気持ちもありました。

ちなみに、実車は九州にあります。次の4連休で新幹線で向かって

帰りは、出来るだけ下道でトコトコ帰ってきたいと思っていますが・・

どこまで、耐えられるかは、その時次第。ギブアップでホテルを探す

ことになるのかもしれません。

馬鹿なことかもしれませんが、それもやってみたかったのです。



昔のNAVIに「ビートでフーテン」という記事がありました。

ミニマムであるが故に、風景に溶け込み、その場を実感できる。

そんな旅ができたら良いのですが。楽しみにしています。
Posted at 2021/07/21 10:23:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビート | 日記
2021年07月18日 イイね!

結局・

ふと、思いついた黄色いビート。
結局、夕べ、ヤフオクで落札してしまいました。
もう、この機会を逃すと、次はないような?気がしました。



この写真で惹かれました。



諸々、あの日、あの時のまま。



二人乗ると、一気に重くなる感じ



欠点をあげれば、きりはないけれど、その底抜けの明るさと自由さ。
1台目30年弱前、2台目15年前。そして還暦直前に3台目。

私にとっては、2CVと同じくらい魅力的なんです。
Posted at 2021/07/18 09:27:08 | コメント(3) | トラックバック(0) | ビート | 日記

プロフィール

「怖れていた2回目のワクチン接種の副反応は、全くありませんでした。それだけ歳を取っているということなんですね。」
何シテル?   07/27 11:15
12気筒フェラーリで、「これしかない」と思えた456GTが手元に来てから、8年近くが過ぎました。年齢も重ね、何度か456GTは手放そうとした時期もありましたが、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/7 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

3D Printed Life Saving Respirator 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/03/28 19:26:25
2019年11月のモニクルで見た車 その9 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/12/15 12:06:13

愛車一覧

フェラーリ 456/456M フェラーリ 456/456M
ご縁があり、前オーナーからお譲りいただきました。フェラーリの中でも、これしかないと思える ...
スバル R1 スバル R1
BMWのE46が去った直後に、ご縁があり、やってきました。予想以上に、家族で絶賛愛用中で ...
アルファロメオ スパイダー アルファロメオ スパイダー
フェラーリが、なかなか来てくれないので、もらったニッサン(プリメーラ)では我慢出来なくな ...
トヨタ C-HRハイブリッド C-HR 1号 (トヨタ C-HRハイブリッド)
仕事用のリース車両で、費用は全て会社持ちですので、これまで愛車紹介に登場させませんでした ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.