• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

tokirioma5のブログ一覧

2018年10月21日 イイね!

秋深く・体調は・

先週は体調が、どん底でした。
どうも、魔界まで無理して行って、また2週間後に迎えに行ったあとから
ずっと体調がすぐれません。その間に粉瘤の手術もしたりしていますから
老体には、耐えられなかったんでしょうね。私も456も。

こうなることが分かっていたら・コーンズに頼んでいれば・・
悔やんでもあとの祭り。

先週の木曜には、耐えかねていつもの山の温泉まで。



ここは、管理業者が替わってから雰囲気が変わり・以前ほどは来なくなりましたが
懐かしい場所で、温泉は、相変わらずソフトで癒されます。

すぐ近くには、天河弁才天。



神秘的な雰囲気が漂います。


五十鈴が、この弁才天のシンボル。



内田康夫の小説、天河伝説殺人事件のキーワードとなり、映画化もされました。
東京などからは、果てしなく遠い場所ですが、静かな静かな場所です。

山から下りる途中では、スパイダーの中で睡魔に襲われ、路肩でうつらうつら、しながら
夢を見ていました。内容は内緒です。

昨日は、実家の庭掃除を軽くして、スパイダーの補修。



コレを使って



窓とウェザーストリップの隙間を埋めます。
もうちょと、窓の調整を攻めれば、完璧になるんでしょうけれど・
何度もこの窓には悩まされていて、いつものお店のメカさんではスキルの限界のようです。



なかなかブラックシーラーは乾かない。
これも試行錯誤しながらですね。



Posted at 2018/10/21 09:22:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2018年10月18日 イイね!

ハイドロニューマチック

先日、以前にC5を見せていただいた方から、メールがありました。

「東京のオークションで格安の1600ターボのC5が出ました。いかがですか?」

実は・1600で、格安のクルマが出たら教えて欲しいと伝えてあったのです。



色はシルバーやグレイじゃなくていいなあ。
12万5千km。日本では過走行だけれど、ヨーロッパでは当たり前の距離かな。

・・・揺れるなあ。次に何か買うとしたらシトロエン。やっぱりC5かなと。
DSから続いたハイドロニューマチックの最終形、ハイドラクティブⅡ。

うーん、どうする?これ買ったら、スパイダーかPTには去ってもらわないといけない。
あこがれ続けたシトロエンだから、やっぱり自分で乗りたいな。
どうしよう。

とりあえず・・

「車検取って、〇〇万円くらいで渡せます。」

とのことだけれど、いったい、いくらくらいでオークションで落ちる予想なのかわからない。

いつものお店が、業者オークションは得意分野のようだから、聞いてみました。

「このクルマって、いくらくらいで落とせそうですか?」

「そうですね。だいたい相場〇〇くらいで、あとは手数料と陸送が2万くらいですね。」

「陸送2万で来るんですか?東京から?」

「オークション会場からなので安いんです。」

「あと、うちで5万いただいて、車検を取って・距離が距離だから多く見積もっても・・」

「〇〇万は行かないですね。」

紆余曲折の長い付き合いなので、ほぼ本音の話をしてくれます。
得意分野なので、対応が早い。
とりあえずの費用や、駐車場は問題ないんだけど・・

「ちょっと待ってくださいよ。C5といったら・・」

いつものお店の社長が続ける。

「〇〇さん(私のこと)と同じくらい、マニアックなお客さんがC5手放すと言ってたような?」

「クラシックレンジ2台と、C5持たれていて、レンジの1台を徹底的に仕上げている最中で・・」

「そのレストアが終わったら、レンジ1台とC5をまとめて売りたいっていう話でした。」

「そのC5って、何Lのモデルでしょう?」

「えーっとちょっと待ってくださいよ。・・・あ、3Lです。」

「3Lですか・・」

「でも、5万kmほどの絶好調のクルマらしいですよ。」

「一応、いくらで売りたいか聞いてみましょうか?」

「・・はい。」

思わぬ方に転がっていく。どうなるんだろう?
自分でも分かりません。




Posted at 2018/10/18 11:51:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ全般 | 日記
2018年10月14日 イイね!

虫干し

昨日は、粉瘤の手術後の抜糸。まあ、チクチクぐらいでした。
その後、気になっている456のガレージへ。
とにかく、フロアのジットリが気になります。
ガレージで確認すると、かなり、乾いています。
窓を少し開けた状態でガレージ内でカバーをかけていました。
まだ、シート下の防音財?あたりは、乾いていない感じです。

そうだ、実家の駐車場に持っていって、乾かそう。
次男が免許を取るまでは、PTやスパイダーを交互に実家に置いていたのですが
次男が、初めてのアルバイトでテニススクールの仕事が決まり
先日の特訓の成果か?クルマで行くと言い出しているので
456以外の3台は、自宅に集結させています。

実家まで、30分ほど。魔界からの帰り道では、最後に4速へのシフトが
おかしくなっていましたが、割と普通に入ります。なんと気まぐれな・・
ただ、低速トルクが薄く、アイドリング近辺で、スロットルの操作に回転がついてこない。
まず、発進がしづらい。すごく気を遣います。・・悩み深い・・



実家の駐車場は元々は、60年近く前に父が初めて買ったマツダのR360クーペ用に
用意されたもの。無事に収まるか心配しましたが、難なく入りました。
早速、外せるものは外して、湿っているところには、タオルをかまして乾かします。



シート下が、まだ湿っている。

鍵穴には、購入したばかりのコレ。



鍵穴のクスリ。スムーズに抜き差しできるようになりました。
CRCは、先のことを考えると、ご法度です。

丁寧にボディも拭って、すっきり。
エンジンルームも各部点検。

・・・あれ?スカットルには、何かの植物片がたくさん。
掃除機を持ち出して、掃除しますが、ドレーンの穴には詰まってしまっている。
あ、これは、魔界の金木犀?



ドレーンチューブを外して、小さなドライバーで突いて掃除します。



綺麗になりました。これが、フロアの水の原因だったらいいのですが・・



フェラーリ最後のコノリーレザー。豪華な内装です。
当時は、ヨーロッパの特権階級向けのクルマですものね。
雨のせいか、内装も汚れてしまったので、丁寧に拭いていきます。
やっぱり、レザーケアキット買わないといけないな。

ある程度、乾きましたので、456のガレージに戻ります。

・・渋滞。調子悪い・・スロットルに回転がついてこない。
発進して、そのまま加速できれば、問題ないんだけど・
前がつかえていると、運転がヘタクソになったような、挙動で、汗が出てきます。

ガレージでは、ワンワン吹かさないと、車庫入れ出来ません。
なんてことだ。偶然だろうけれど、車検に持っていく前よりも調子悪いです。
ただ、ただ、悲しい。

とりあえず、アレか?
いつものお店に在庫を確認して、スパイダーで走ります。



フューエル1。これで改善すればいいんだけれど・


Posted at 2018/10/14 21:07:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | 456GT | 日記
2018年10月11日 イイね!

456拗ねる③

さて、呆然とニンニクどっさりのラーメンを食べ終わった私は、456のもとへ。
これだけ、トラブル出てなければ、ゆっくり葉巻を吹かすところですが・・
なんとも気分が落ち込んでしまって、そんな気持ちにもなりません。

お、悪魔さんからLINEの返事が届いている。

「鍵穴はCRCでOKです。水は雨漏りとエアコンの漏水のどちらの可能性もあります。」

そうですよね。どちらもありえる。・・・どちらも。ね。
鍵穴は「本当にCRCで大丈夫なのか?」心配だったので、質問したのですが
前回の記事に、famicabさんがコメントいただいたように、厳禁のようです。
最初はスムーズに動くようになるけれど、やがて固まってしまうとの事。

以下、ある鍵屋さんからの引用。↓

「もし、CURE-556、CRCなどのオイル系のものを鍵穴に注したら、おそらくその時点ではたいへんスムーズな動きをすることでしょう。しかし、それは一時的なものにすぎません。
内部に溜まったホコリやゴミが油と混ざり、やがてヘドロ状のペーストになります。さらには、それが固まり、内部に蓄積してしまいます。
こうなると、もはや、すべてをばらしてレストアするか、新しいものに買いなおすしかありません。これは、その他の専用以外の潤滑剤(シリコンオイル、機械油、グリス、ミシン油、食用油、蝋、他)でも同様です。これらのものは、絶対使用しないようにしましょう。」

456は、知り尽くしている悪魔さんといえども、100%ではない。

フロアぐっしょり、鍵が抜けない。警告灯は点滅しっぱなし。
こんなはずじゃなかったんだけどなあ。
まだ静岡。先は長い。なるべく渋滞が多発する夕方までに近くまで帰り着きたい。

重い腰を上げて、456を西に向ける。速度を上げていく。
そろそろ、警告灯が点くかな?うん?点かない???・・・
ああ、点いた。・・・えっ消えた??
確かに点滅したけれど、しばらくすると、消灯した!!
とりあえず消えたのは、良かった!!

やがて、車列がつまり気味になり、減速。。
すると、また、警告灯が点滅!!けれどすぐに消える!

これって・・ウィングの作動時に点灯してるんじゃないかな?

何度か、同じ現象を確認する。速度を120くらいまで上げた時に点滅。
逆に90くらいに落とした時にも点滅。いずれもすぐに消える。
何度もこの現象を確認して確信。

でも、これは、やはり正常ではないようです。
7年前に、この456が同じ状況に陥っている様子を前オーナーの
紺の豚氏がブログに書いておられました。

こちらです。

まあ、点きっぱなしよりずっといい。
ニンニクパワーが、456まで行き渡ったか?ありがたい。
その後、そのまま6速巡航で流していると、やがて速度を上下しても
警告灯は点灯しなくなりました。

「こんな事になっちゃったんだよ!!」

という456の訴えも、一通り出尽くしたか?
東名阪道で、少しだけ渋滞したものの、我が町のICに無事にたどり着く。
疲れているけれど、ごめんねの?洗車です。



普段、床の間状態の456には、魔界での修行は、よっぽど不満だったようです。
ガレージまでの数キロ。

シフトが、???1→2→3まで、まあ、普通。
3→4・・・ひっかかる!! 

「バシャン」というショックを伴って入る感触。

「えーーーーーっ」

5→4、2→3、3→4 繰り返すけれど、やっぱり、おかしい。

・・・・大きな失望とともに、456は、安住の地にとりあえず戻る事が出来ました。



さて、これからどうしょう。
デントリペアどころではなくなりました。





Posted at 2018/10/11 14:07:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 456GT | 日記
2018年10月10日 イイね!

456拗ねる②

さて、続きです。
3連休最終日の渋滞はなるべく避けたい。
だから、走りやすいけれど、無味乾燥の新東名を走っています。
エンジンは、基本快調ですが、これは行きと変わりない。
ごく低速でトルクの不足を感じる所がある。発進などは意外と気を遣います。
これは、本調子でない部分があるのかもしれません。

2時間か3時間か、スポイラーの警告灯がついたままのドライブにも
嫌気がさしてきたので、昼食がてら休憩場所を探します。
どこも、SAは混雑表示。混んでるのはいやだなあ。
お、藤枝PAが空いているみたい。入ってみると小型車用は、満杯。
大型車の駐車場にまわります。



ここで、ゆっくり写真を撮ったり、届いたばかりの葉巻でも・
そう考えながら、ゆっくり456を観察します。行きはピカピカに磨いて行ったのですが
残念ながら、汚れています。特にホイール。
室内は、フロアマットがずいぶん汚れている。これも魔界は草地ですから仕方ありません。

フロアマットを外して、はたいて汚れを落とします。



えっ??

フロアマットの裏が濡れている!
慌てて下のカーペット。(実はこれもフロアマット)を触ると・



じっとり濡れている!!



さらにめくって、本当にフロアカーペット・・ビッショリ。

何故?先日書いたように、悪魔さんからは、ドアからの雨漏りの報告は受けています。
その対策はドア内張りを外してしていただいたそうで、その痕跡は内張りにも確認出来ます。
(追加費用の請求はありませんでした。ありがとうございます。)
その雨漏りが回ったか?456でよくあるエアコンの漏水か?

これも、これまで経験ないなあ。
さらに落ち込みつつ、タオルで出来る限り拭き取ります。

ドアをロックしようとすると、鍵穴が固い。ようやく入って回すことは
出来ましたが、今度は、キーシリンダーが鍵を捕まえていて、なかなか離してくれません。
なんなんだよ。もう泣きたい気分です。
本当に機嫌を損ねてしまったようです。よっぽど怒ってる?



半ば放心状態ですが、昼食でも食べたら少しは元気出るかな。
唯一、あるお店が何故か、京都北白川が発祥のラーメンチェーン。
ヤケクソで、ニンニクをどっさり入れてラーメンを食べながら・
さて、どうしたものかと悪魔さんにLINEします。

続く

Posted at 2018/10/10 10:23:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | 456GT | 日記

プロフィール

「今日の、456はエンジンをかけるとハンチング。スロットルを煽っているような感じで回転が上下している。排気管を見ると黒煙。しばらくその状態で置いておくと安定して来たので、近所を何周か。走れるけれど不調。」
何シテル?   10/21 18:37
12気筒フェラーリで、「これしかない」と思えた456GTが手元に来てから、5年が過ぎました。456で、鈴鹿サーキットや富士スピードウェイを走る機会も得て、考えて...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ 456M フェラーリ 456M
ご縁があり、前オーナーからお譲りいただきました。フェラーリの中でも、これしかないと思える ...
クライスラー PTクルーザー クライスラー PTクルーザー
ある日?突然に飛び込んで?来ました。内外装は、驚くほど綺麗。HDDナビと地デジを装備。エ ...
アルファロメオ スパイダー アルファロメオ スパイダー
フェラーリが、なかなか来てくれないので、もらったニッサン(プリメーラ)では我慢出来なくな ...
スバル R1 スバル R1
BMWのE46が去った途端に、突然?飛び込んで来ました。とりあえず車検を取って、このまま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.