• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ブルボンSCのブログ一覧

2018年08月25日 イイね!

次の車選び その7 選んだ車と理由


選んだのはE92型M3のコンペティションです。
この車で激しく走る気はないのでコンペティションである必要は全くなかったのですが、
色という制約からこれになりました。
内外装のパーツ類が社外品と交換されていたりと多少ノーマルから変更がありますが、動力系や足回りなどはノーマルで後期型で右ハンドルなのでほぼ条件を満たしています。



鮮やかでとても良い色です。気に入りました。ほとんど色で選んだようなもの。
目立ちます。エリーゼに乗っていた時よりも視線を感じますし、よくパトカーにも煽られます。

もはや時代錯誤な大排気量多シリンダーの高回転型NAエンジンを堪能したいと思います。
Posted at 2018/08/25 23:40:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車選びの妄言 | 日記
2018年08月20日 イイね!

次の車選び その6 中古車サイトをウォッチする


結局買うのは中古車なので、市場に出回っている在庫の中から選ぶ必要があります。
とりあえずしばらく中古車サイトをウォッチすることにしました。

条件を上げていくと、

1.車種はE9xのM3かW204のC63。クーペかセダンかはどちらでも良い。

2.後期型であること。壊れやすいところが対策されているらしい。

3.無改造で可能な限りノーマルに近いこと。私はメーカーが作った作品を味わいたいのであって、中古車なりに劣化している分に関しては許容できますが、後から第3者の手が加わったのは可能な限り避けたいです。特にエンジン周りや足周りなどが変更されているのは絶対にNGです。見た目だけのパーツ類は多少なら許容可能です。

4.右ハンドルであること。昔さんざん右側通行の国で左ハンドル車に乗ったし、今でも出張や旅行で運転するし、サーキット専用車ならともかく、日本で不便な左ハンドルに乗りたいとは思わない。

5.M3だとMTもあるが、MTでなくても良い。
私はMT原理主義者なのですが、エンジンとトランスミッションを可能な限り後ろにマウントしているM3は右ハンドルだとクラッチ周辺のスペースの確保が難しいはず。ペダル配置を重要視して左ハンドルのMTを選択するというのは無しです。
それにBMWのMTはあまりフィーリングが良くない。MTの方が壊れにくいのは大きな魅力ですが、もう一台がMTなのでこちらはMTでなくても良いことにします。

6.色は白と黒以外。ありふれすぎな白は最も避けたい色。
黒はそんなに好きじゃないのもあるけど、自分の住環境だと綺麗に保つのが難しい。


まあざっとこんなところですが、
しばらくウォッチして気がついたのは、まず色の選択肢が乏しいこと。

M3は白と黒ばかりで、銀が多少あり、赤とか青が稀に出てくるくらい。
C63は白黒銀しかない。例外はBlack Seriesだが、それは車幅と予算の関係から除外。

M3の右ハンドルはたくさんあるが、後期型でMTというのはまずない。これに関しては悩む必要がなくなった。

M3とC63の中古車は市場にたくさんあるのですが、色で絞るとほとんど選択肢がなくなるのでありました。
Posted at 2018/08/25 23:18:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車選びの妄言 | 日記
2018年04月04日 イイね!

次の車選び その5 パッケージングなどを比較してみる

エンジン以外を比較してみます。

まずはトランスミッションから。

C63 AMG
 7G-TRONIC(前期)
 AMGスピードシフトMCT(後期)

BMW M3
 6速MT
 7速DCT

BMW M5
 7速SMG3

3車3様です。

7G-TRONICは後進2段変速という珍しいトランスミッション。トルコン式でありながら7速全てでロックアップするのは期待できそう。
AMGスピードシフトMCTはトルコン部分を湿式多板クラッチに置き換えたもの。トルコンの滑る感じがなくダイレクト感があるのかな。

この中ではM3だけがMTを選択可能。でも高年式型でMTの中古は球数も少なく価格も高い。
DCTの評判は良いですね。でもポルシェのPDKには劣るらしい。BMWは一時DCTの多くのモデルに搭載していましたが、方針転換してMモデル以外はやめてしまったのが気になる。それほど公道向きではないというか。最近ではBMWの幹部がスポーツモデルですら将来的にはトルコンATになると言ってますしね。

SMG3はSMG2以前より改善されたとはいえ、まだ悪名高いイメージ。消耗が早いのと壊れる心配もあるが、それだけではなくぎこちなさに耐えれなくなって手放す人もいるらしい。その点に自分が耐えられるか不安。MT車のように変速時にアクセルを抜くとスムースに変速するというが、そんな機械との2人3脚を要求されるくらいなら、自分一人でMTの方が良いと思いそう。


続いてサイズ。C63とM3はセダンとクーペの両方がありますが、データはクーペのもの。

C63 AMG
 4710×1795×1390mm 1800kg

BMW M3
 4620×1805×1425mm 1630kg

BMW M5
 4870×1845×1470mm 1880kg

Cクラスと3シリーズは同じクラスなので、サイズ的には似ています。でも重量がだいぶ違います。M5は一つ上のクラスなので大きいですね。自分の車庫事情と付近の道幅を考慮すると、M5はものすごく気を使うサイズです。

SMGとサイズの面でM5を選択するというがすごく難しくなります。
Posted at 2018/04/14 23:24:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車選びの妄言 | 日記
2018年03月28日 イイね!

近代的アメリカンなオープンカー

近代的アメリカンなオープンカー南フロリダを車で旅行するためにレンタカーしました。いつもはコンパクトクラスを借りてましたが、今回気候にも恵まれてこれを選んで正解です。

スポーツカーとしてステアリングを握ると、エンジンのターボラグとATのシフトの遅さが気になりますが、スポーツカーではなく燃費が良く洒落たオープンカーだと思って乗れば大満足です。価格を考えれば悪くないですが、評価が別れる車でしょう。
Posted at 2018/04/14 15:08:10 | コメント(0) | クルマレビュー
2018年03月28日 イイね!

次の車選び その4 エンジンを比較してみる


古き良き大排気量NAエンジンが魅力の3台のトルクを比較してみます。
オフィシャルっぽい拾いもののデータから大雑把にグラフにしてみました。





C63はパフォーマンスパッケージのデータです。
素のC63とは5000rpmまでのトルクは全く同じで、そこからの落ち込みが緩やかになっているようです。
さすがは6.2Lという最大の排気量なのでトルクも圧倒的です。
公道で最も実用的なのは確実にC63ですね。
C63に関しては2000rpm以下のデータがなかったのですが、2000rpm以上の曲線から想像するに相当出てそうに思えます。
ターボエンジンほどトルクの立ち上がりが急ではありませんが、ちょっと似てる感じがします。
排気量の割に馬力が少ないのは高回転でのトルクの落ち込みが大きいからでしょう。


最も面白そう、その代わりに公道での実用性に最も欠けるのがM5ですね。
回せば回すほどトルクが増していき、最大トルク発生が6100rpmと高いところにあります。
とてもじゃないけどセダンに載せるようなエンジンじゃないです。そのギャップが魅力でもあるのですが。
車重を考えると回さないと遅そうなので、必然的に悪い燃費がさらに悪化しそうです。
ただこの3段ロケットのような曲線を見ると、、、たまりませんね。


特徴としてはその2つの中間がM3ですが、最も排気量が少ないのでトルクも細いです。
極めて珍しく高回転域までフラットなトルクの出方をしています。
最大馬力の発生がレブリミットである8250rpmなのもそれが理由でしょうね。
ただトルクの変化が少なく穏やかな曲線なので、個性が薄く面白味に欠けるかも?
確かにそう評価する人もいますね。


今回は公道での実用性重視、と考えると(トルクだけ見れば)C63が妥当に思えます。
トルクだけ見るとむちゃくちゃに太いですが、排気量を考えれば無理して出しているような値ではないので、耐久性も最も高そうです。高回転域ではかなり抑えてますし。
それに公道ではなかなか高回転まで回す機会も限られてしまいますからね。
その辺は8500rpmまで回るエリーゼで学習しました。
Posted at 2018/04/03 23:13:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車選びの妄言 | 日記

プロフィール

「次の車選び その7 選んだ車と理由 http://cvw.jp/b/1478360/41877073/
何シテル?   08/25 23:40
運転が楽しいクルマが好きです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ ボクスタースパイダー ポルシェ ボクスタースパイダー
外装色 レーシングイエロー 内装色 レザーインテリア、ブラック(レーシングイエロースティ ...
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
初FR。初AT。過去最大排気量。最大シリンダー数。最大馬力。最重量。 コンペティション ...
ロータス エリーゼ ロータス エリーゼ
2011年モデル エリーゼSC エンジン:2ZZエンジン+スーパーチャージャー 色:レー ...
日産 マキシマ 日産 マキシマ
初めて所有した車。中古で購入した時点で10万キロ近く走行していて、約一年ほど保有していた ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.