• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

利根川の天然水のブログ一覧

2017年10月13日 イイね!

中国人客の減少に怯える韓国と台湾、「なぜ日本だけは怯えないのか」=中国報道

中国人客の減少に怯える韓国と台湾、「なぜ日本だけは怯えないのか」=中国報道 中国人旅行客による旺盛な消費は日本や韓国をはじめ、世界中に大きな恩恵をもたらしている。中国政府にとって今や中国人旅行客の存在は政治や外交のカードの1つだ。事実、高高度迎撃ミサイルシステム「THAAD(サード)」配備を決めた韓国や、中国と距離を置く姿勢を貫く台湾に対し、中国政府は旅行客の数を絞る措置を打ち出しており、韓国や台湾では旅行客によって潤っていた旅行産業や小売業が大打撃を受けている。

 また、中国は日本との関係が悪化した際も同様に、中国国内の旅行代理店に対して日本への旅行商品を取り扱わないよう通達を出し、日本でも小売業や宿泊業が打撃を受けたことは記憶に新しい。

 中国メディアの観察者は5日、中国人旅行客が減少している韓国や台湾は中国との関係悪化に怯えていると伝える一方、「なぜ日本だけは中国人旅行客の減少を恐れないのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、中国との関係が微妙になった韓国や台湾では中国人旅行客が激減しており、それによって営業停止に追い込まれる商業施設が相次いでいることを紹介。台湾には中国人だけをターゲットにした小売店が140−160社ほどあるものの、すでに40−50社は営業停止となっていることを指摘し、「2017年末までには100社が営業停止となる」見込みだと伝えた。

 さらに、台湾の旅行業界の関係者の話として、「中国人旅行客に依存してきたホテルやバス会社、小売店の多くが倒産に追い込まれている」と伝え、倒産まで追い込まれていなくとも、売り上げが激減しているのは共通であり、台湾の旅行業界は総悲観の状況であると紹介した。

 韓国や台湾と同様に、中国人旅行客の消費は日本経済にとって非常に重要だ。だが、日本が中国人旅行客の減少を過度に恐れていない理由としては、日本と中国が尖閣問題をめぐって関係が緊張した際、中国政府が日本への報復措置として中国人旅行客の渡航を制限したという過去があり、日本国内では「中国人旅行客に依存するということは大きなリスク」という認識があるためではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)                                  サーチナ     2017-06-06 14:12
Posted at 2017/10/13 14:49:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 趣味
2017年10月13日 イイね!

日本のメーカーが業界独占状態にある「精密な変速機」はどうして我々には作れないのか=中国メディア

日本のメーカーが業界独占状態にある「精密な変速機」はどうして我々には作れないのか=中国メディア  日系メーカーの好調が続いている中国の自動車市場だが、8月もこの状況が続いたようだ。各社が発表したデータによると、トヨタ、日産、ホンダの大手3社はいずれも単月の新車販売台数が前年同月比で10%以上増えた。特にホンダは単月で同20.6%、累計でも同18.0%の大幅増と特に好調で、累計販売台数で3社中トップに躍り出た。

 中国における相変わらずの日系車人気が伺えるが、その背景にあるのはやはり技術力の高さと信頼感の高さだろう。中国メディア・今日頭条は7日「日本の変速機はどうして国産を寄せ付けないのか どうしてわれわれには作れないのか」とする記事を掲載した。

 記事は「国内には独立した変速機開発能力がなく、多くの中国自動車メーカーは日本のアイシンなどの製品に頼らざるを得ない。業界内は独占状態にあるのだ」とした。

 その理由については「とても簡単だ。設備の作業精度が低く、レベルの高い生産ラインを持っていないからだ。たとえ製造できたとしても、その耐久性は間違いなく弱い」とした。また、複雑さ、精密さが要求される変速機には質の高い材料が求められるが、中国国内の精錬能力がこれに追いついていないという点も理由として挙げている。

 そのうえで「変速機自体作るのは決して難しくない。しかし、求められる基準がとても高いために、中国ではなおも自前で開発する能力がないのだ。そしてこれが、国内メーカーが合弁メーカーに追いつけない理由の1つにもなっている」と論じた。

 中国のネットユーザーからは「この差は大きい。少なくとも30年は必要だろうな」、「特許を取らないことにはね」、「コンセプトばかり先行して、細かいものが作れない」、「変速機だけじゃなくて、エンジンだってそうだ」といったコメントが寄せられている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF) サーチナ    2017-09-09 11:12
Posted at 2017/10/13 14:32:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年10月13日 イイね!

古代日本が、全面的にわが国の影響を受けていたことを認識できる場所 それが奈良だ=中国メディア

古代日本が、全面的にわが国の影響を受けていたことを認識できる場所 それが奈良だ=中国メディア  近年、かつてないほど多くの中国人観光客が日本を訪れている。「爆買い」と称されたショッピングのほか、グルメや新幹線、日本ならではの景色が楽しめる観光スポットが人気を集めているが、「中国的要素」が垣間見える場所も、多くの中国人観光客を呼び寄せているようだ。

 中国メディア・捜狐は3日、「日本の古都、奈良の世界文化遺産に見える中国の遺伝子」と題し、唐招提寺と東大寺について紹介する記事を掲載した。記事は、古代の都であり歴史文化に富んだ都市であることで、多くの中国人観光客が訪れると紹介。現地の遺跡の多くには「中国古代文化の遺伝子が含まれ、伝承されている」としたうえで、中でも「中国人が最も熟知している遺跡が唐招提寺だ」と伝えた。

 唐招提寺は、中国の唐代の高僧・鑑真が6度目の日本渡航に成功した際の西暦759年に建造が始まり、770年ごろに完成したもので、最盛期には僧侶が3000人いたと説明。「唐招提寺」の文字は孝謙天皇が王羲之らの書体を真似て書いたものとされるほか、金堂に鎮座する盧舎那仏は、洛陽の龍門石窟にある盧舎那仏をモデルにして鋳造したとされるなど、「古代中国の日本への影響が全方位的だったことが伺える」と解説した。

 また、唐招提寺と並ぶ有名な寺院であり728年に建立された東大寺も、大きな盧舎那仏が大仏殿に置かれるなど、その基本的な作りには「中国の要素が充満している」と紹介。かつて鑑真がここに戒壇を設けて授戒を行ったこと、1997年には日中韓3カ国の仏教友好交流会議が開かれ、この場所で共同による法会を行ったことなどを併せて伝えた。

 度重なる戦乱や為政者の交代など、歴史的社会的な理由により、中国国内には京都や奈良のように古代の都の姿がほぼ完全に残っている場所というのは少ない。古代の中国に興味を持つ中国の人たちは京都や奈良を訪れることで、当時の雰囲気を味わうようである。そして同時に、歴史的な遺産を守ることの大切さを痛感して帰国の途に就くのだ。(編集担当:今関忠馬)(写真は東大寺、写真提供:(C)PaylessImages/123RF) サーチナ   2016-07-07 14:07
Posted at 2017/10/13 11:26:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味
2017年10月13日 イイね!

「 戦う、猫たち 」 ~

「 戦う、猫たち 」 ~
Posted at 2017/10/13 09:02:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味
2017年10月13日 イイね!

批判的思考を抑圧する中国の教育は、まるで「低品質でチープな製品の生産ライン」だ=中国メディア

批判的思考を抑圧する中国の教育は、まるで「低品質でチープな製品の生産ライン」だ=中国メディア  政府や共産党に対する批判はタブー、というイメージが強い中国だが、かつて批判が許されたことがあった。それは1956年から57年にかけて毛沢東が提唱した「百花斉放百家争鳴」運動だ。

 この時、数多くの学者や有識者らが共産党に対する批判的な言論を発表した。しかし、批判の噴出に危機を感じた毛は程なくこれを撤回、一転して党への批判者を厳しく弾圧する反右派闘争を展開したのである。このあまりにも強烈な「しっぺ返し」が、今に至るまで体制批判をタブー化させる一因となっているのだ。

 中国メディア・捜狐が26日に掲載した、中国の教育の問題点を指摘する記事のなかで、「批判的な思考を持つ教育」の欠如について言及されている。見方によっては体制批判とも取られかねない内容で、その舌鋒は鋭い。

 まず、「国家というものは、国民全体によって建設されるものである。国民が聡明になり、知恵を持ち、創造力が高くなるほど、国は強くなる」とし、政府が持つ最大の役割は「公正かつ透明な競争のルールを作り、民衆の中から優れた人材を輩出すること」であると論じた。そして、批判的な思考を持つ教育は高等教育の基本であり、「日本ならずとも、正常な国ならどこでもこの点に力を注ぐ」とした。

 一方で、「専制国家はどうして嫌われるのか。それは、民衆に知力の低下を強要し、統治者の知恵を際立たせようとするからだ」と指摘。競争のない統治者はどんどん愚かになっていき、やがて国自体も愚かになり、最終的には民族全体が生存能力を失うことになるのだと論じている。

 そして、今の中国の教育は「依然として押し付け的な教育により、残酷にも子どもの自由な天性を抑圧し、多くの子どもを学習嫌いにさせている」と断じ、「この現状を変えたいのならば、教育を学校に戻し、智慧を子どもに返さなければならない」とした。記事はさらに、中国の教育について「子どもたちは教育という製造ラインの上で厳しく矯正され、低品質で廉価な標準化された製品となる」とも評している。

 記事は「今の中国は専制国家で、愚民政策を続けている」とは明言していない。しかし、専制国家による愚民政策を持ちだしたうえで、現在の中国の教育を「低品質で廉価な標準化された製品の製造ライン」と批判していることから、両者を関連付けようとする意図が伺えるのは明らかだ。このまま批判的思考を抑圧した教育を続けていくのか、自由な思考と言論を生む教育へとシフトしていくのか。昨今議論が活発化している中国の教育問題は、これからの国の行く末を占う岐路であると言えそうだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)dewater/123RF)                       サーチナ    2016-10-28 09:51
Posted at 2017/10/13 07:38:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味

プロフィール

「 尾 瀬 国 立 公 園 http://cvw.jp/b/1528111/41513289/
何シテル?   05/22 17:52
「利根川の天然水」です。よろしくお願いします。                                          座右の銘、 『鈍刀を磨く』 ・...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スープラ&セリカ及び車種年式混合のオフ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/22 08:23:56
千葉県君津市 迷い犬 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/18 12:36:02
 軽井沢、 Cafe GT ~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/15 04:20:54

お友達

『セリカ』・『ハチロク』・『アクア』・『デリボーイ』の、大好きな車好きの仲間、情報交換しましょう!
1418 人のお友達がいます
中日本鐵道中日本鐵道 * 穴掘り士穴掘り士 *
岡山しげさん岡山しげさん * amggtsamggts *
コウ・うらきコウ・うらき * tetsuji0912tetsuji0912 *

ファン

196 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
3代目、 セリカ 1600  GT - R  クーペAA63 ・4A-GE (ブラック ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
レトロな、テール ! 「鬼目」と、呼ばれていました~♪
トヨタ セリカ ブラックマスク (トヨタ セリカ)
(S59) 4AーG・AA63 「セリカ1600GT-R」ツインカム・16バルブ・EFI ...
トヨタ セリカ 赤ちゃんこ (トヨタ セリカ)
ずっと  ノーマル  ~  セリカ  GT-FOUR (ホモロゲ=WRC)    ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.