• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kotaroのブログ一覧

2022年04月10日 イイね!

自動車と時代の関係

自動車と時代の関係モータージャーナリストを自称する人も随分減って来た。
自動車雑誌だけで食って行ける書き手も殆ど見ないし、
下野さんやそれに匹敵する書き手の名前も見る機会が本当に減った。

その中で国沢光宏さんという人が最近面白い。
はっきりと書くからである。

国沢さんと同感なのは、電気自動車の寿命の短さと、リセールバリューが殆どない。
「冷蔵庫やテレビと同じレベルの製品に450万は出せない」よと
国民の声みたいなスタンスが実に分かりやすい。

私もテスラを買う金はないが、初代リーフの中古の安さと、殆ど航続性能が
落ちたそれらを20万でも買わないだろうと思う。

哀しいのは、それらを仕事で今も扱う自動車評論家とモータージャーナリストで
ある。



一方で、どうでも良い旧車の値段が高騰していることを、書こうかと思ったが
あれは無視しようと思う。

ユーチューバーとかの人気に近くて、フロックだと思うからである。
今は、頑張っても報われない社会だから、思い付きでビジネスにならないか、
ビジネスまがいの売り出し方が実に多い。

そういうので稼いだ人が転売目的で値段を釣り上げているのが、今の旧車相場だ。

自動車の遊びと趣味の空間はこの2000年以降にすごく衰退してきている。
無理に遊びでない部分を「遊び」みたいにメーカーが言っているので
実に気持ち悪い。

中古車の世界も、曖昧さを排除した結果、空気が堅苦しくなり、
馬鹿みたいな面白さが薄れて行った。

一例を挙げるとリクルートの「カーセンサー」が全国に浸透して、地方相場が
無くなった。田舎で掘り出し物を探す面白さもなくなった。

それと「こんなもん」だったいい加減な中古車商売に、コンプライアンスみたいな
社会をどんどん取り入れてしまい、今や「水清くて魚住まず」みたいな
商品の陳列になってしまっていると思う。





今後の社会を私が判る範囲で予想すると、
フィルムカメラがデジタルカメラに移行した時に、スタイルをそのままで
デジタル式のイメージ取り入れ機を作ってしまったが、あれが失敗で
日本人がカメラ付き携帯をだすと追い掛けてスマホが登場して、今やカメラを
買う人はいなくなり、そこらじゅうにあったカメラ店は全部消えてしまった。

たぶんクルマのEV化を間違えると、同じことになる。


そこら中にある自動車販売店は全く不要になる。
私が使っている自動車修理工場は、キャブ車や板金などの名人芸を持った
70代の大将が父子でやっているので「技術伝統で残れれば」と最後の一縷に
望みをかけてはいるが、私もお世話になるのでこういう所には残って欲しい。

トヨタだってモリゾーの時代で終わるかもしれない。後の社長が居ないので
章男はレースなどやって気を紛らわせているが、すごく焦っているのが判る。
10万人社員の会社を潰す訳にはいかないだろう。
私なんて無責任な立場だからこんな記事が書けるだけである。





さあて、結局の所、クルマは時代と社会の中において、かつてのような
輝きは戻らないと言うことと、旧いクルマを持っていて面白かったのは
最後の時代が1990年代と2000年代の前半で、その頃は1960年代や70年代の
少し古いクルマたちは輝いて見えたと思う。

それから後は持つ喜びよりも苦労が増えた。
一方で情報と流通は進歩したから、メンテナンスは維持し続けることが可能期間が
伸びて来た。ここが意外と見落とされていると思う。

で今の2020年代は、道交法とかが改正されて旧車の走行禁止措置は絶対量が
少ないので出てはいないが、将来のことは判らない。

それと最後に言いたかったことをひと言書く。

今言った時代までは周囲のクルマが巨大化してなかったから、楽しかった。
衝突安全性が問題になり、今の時代のクルマに交じって旧車で走ることは忍びない
気がする。クルマにも悪いと思いつつ走らせている。

環境問題的に言えば、クルマは排ガス物質と騒音の問題も抱えているが
今後はゼロエミッションになる可能性が高い。

今から旧いクルマを探して乗ろうと思うのは、若い人なら「やってみたら」と思う。
反対に定年を迎えた年寄りが、今度から若い頃の憧れやったアレに乗ろうと思う。
というのならば、この齢で旧車は勧めない。



クルマには適齢期と旬がある。中古車でも賞味期限があるようにそれを超えると
いろんな意味での自己責任を抱えた乗り物になり、楽しさも半減して行くような
気がするのである。

Posted at 2022/04/10 10:09:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | つれづれ日記 | クルマ
2022年03月30日 イイね!

自動車の趣味や遊びに終わりは来るか

自動車の趣味や遊びに終わりは来るかいきなりこんな
タイトルになったが、
このところのガソリン高騰だけでない、
社会情勢の変化には、
着いて行けない
高齢者の手前の自分が居る。








もう何回も言って来て、狼少年なのだが、個人がクルマを所有して
プライベートに用いて、遊びと買い物などに使用するのは、もう限界かなーーっと
最近は特に強く感じるようになってきた。

それを感じたのは2年前のコロナの最初流行時に、地方移住と、自動車生活の
新展開を夢想して、構築しようと挑戦したが、地方の寂れようの、
レベルのきつさに、結局一年で撤退したことがある。

地方では自動車社会なのだが、もう遊びや趣味車を乗る人は、田舎ほど、
ほぼ絶滅状態になってきている。
私の850クーペを見て無かった頃と違い、15年前の頃を思い出して、
ああいいですねえ、という人はたくさんいた。



地方が一気に寂れたのは、2005年前後の、「平成の大合併」の頃から
急速に衰退が進んだ。
町や村をみんな一つにして市に統合して、地方は一気に小さな「市(いち)」が
無くなっていったのである。

そして村役場のあったあたりから商店とガソリンスタンドが消えて、
人はまだ高齢化して住んでいるが、小中学校がなくなり、
今度のガソリン高騰は、年金生活者のムラの存続が危うくなったと思う。





私は都会に最近戻って来た。

しかしクルマに趣味性や、男の浪漫を感じたり、求めていられる時間は
あと僅かだと思う。

プラグインハイブリッド車とか、電気自動車になったら、もう趣味や遊びでは
ない。
それは必要なときに借りればいいだけの”移動手段”に過ぎない。

今でも軽は一台古いのを親子で共有しているが、そんなもんに趣味性は持たない。



私たちは日本にいて、ウクライナのような紛争地帯や戦場になってはいないが、
自動車に趣味やエンスーを語れた時代はまあ、90年代と2000年代の前半くらい、

それはまだ地方に移住して、活路が残っていた時代だと思う。

電気自動車を進めれば、否が応でも原子力発電再稼働の問題は避けられない
テーマになってくる。
そこでお花畑みたいな、環境に優しいエネルギー転換に進められるなら、
もうとっくに変わっているだろう。2010年代までに。




私は焦って、ものを書いているつもりはない。
現実的なものの見方と、少しだけ、シビアな言い方をしているくらいである。

生活と営みは続けられる場所では続いて行く。
それだけのことなのである。
Posted at 2022/03/30 13:13:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 思うこと | クルマ
2022年03月06日 イイね!

ベルランゴを下りました。

ベルランゴを下りました。今回の引っ越しで大活躍してくれたベルランゴですが
大阪に持ち帰って持て余していた感も強く
思い切って手放して、先週に新しいオーナーに譲りました。
大分と岩国時代には本当に世話になったクルマです。
ありがとうと言いたいです。
Posted at 2022/03/06 08:28:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | つれづれ日記 | クルマ
2021年12月29日 イイね!

1980年のポパイの「カーボーイ」特集号

1980年のポパイの「カーボーイ」特集号













寒い年末も一日、一日と暮れて行く。

私は今は何も出来ない諦めの境遇であるが、SNSの本好きの友人が
グランドオープンになった梅田の阪神デパートで、古書&カフェ展をやっていると
投稿していたので、暮れ迫る平日に一人夕方から、都心に久々に向かってみた。



阪神デパートの建物は、半分ずつ更新して拡張して作られたが、この度
ようやく全フロアくらいが今月に出来上がったようである。

歩道橋から入れば、何となく慣れ親しんだ昔の店舗を思い出せるような
気持ちがした。

8階までエスカレーターで上がり、少しずつフロアを見る。
催事フロアは半完成状態で、ついたての奥の方で古書市は行われていた。

予算も乏しいのと、欲しい本も少なかったが、適当に鉄道関係の本と、
昔の明星の付録のソングブックを買おうかと思ったが、
この懐かしいといっても、買っていなかった80年代のポパイを見ていると
自動車特集号が目に付いた。


しかも他の風俗流行の号が1985年前後なのに、これは1980年。
私が大学2年で、やっと免許を取り、助手席専門から巣立とうとした頃の本だ。


その頃、自動車雑誌は少し買っていた。
お金がないので週刊誌サイズの「中古車情報」それと「カーボーイ」誌が
出だした頃ではなかったか。

私は自動車に対する情熱は小学校高学年のプラモデルからスタートして、
知識は日産R381と382の違いから入門していたと記憶する。

スカイランGTRが未踏の50連勝。それに牙を向くロータリー軍団の史実は
もうオートスポーツ誌を買って、見たこともないのに、”リアル”で知っていた。

それから10年後に成人して、ようやく実物に手を出そうとしていた頃の話だが
「ポパイ」のようなヤング風俗誌は買っていなかった。
その代り週刊プレイボーイと平凡パンチ+GOROの自動車記事に、胸を熱く
した頃なので、これはまだ見ていなかったアイドルのヌードみたいで興味が湧く。

新刊300円の雑誌が500円だったので、ちょっと高いかと思ったが、40年前だ。
明星の歌本と較べて、「えい」とこちらを未開封なのに買ってしまった。
ビニール本を買いにレジに向かう後ろめたさも久々である。(笑)

それをデパートのトイレで読み始め(殆どエロ本)
”用を”足した後で、年末迫るスタンドバーで広げて読んでみた。



やっぱり面白い。
久々に自動車の情報に”のめり込む”自分が居る。
反対にどうして今のクルマには醒めているのだろう。
それは単に40年間に、20代と60歳代の、感性が違うからだろうか。

いろんな背景と原因はあるだろう。しかし当時もナケナシのお金で自動車の
情報を入手して、実物との邂逅も、ビビッドに喜んでいたと思う。

あーこの頃は、一番エッジの先端でカッコ良かったのが、輸入車のフィアット
X1/9と初代ゴルフを軽く外観をいじって乗るのが、目立っていたなあ。

その辺の流れの関西の残党の人たちも知っていたので、とても懐かしい。

850なんて全く目立ってなくて、X1/9が、”ミニスーパーカー”だった頃だ。



この写真にも、驚いてしまった。いのこーさんがまだ本名で出ていて、
最近休刊した、カーマガジンの前身「スクランブルカーマガジン」が、ぼちぼち
発進をし始めた頃だ。企画出版としてN社が準学生企業からスタートして、
本格的な自動車の趣味の雑誌の一本の木が、芽を出して育ち、伸びて行った時代。

私がスクランを買い始めるのは、83年くらいだから、3年前はこんな感じ。
それを内部的な自動車情報誌でなく、ヤングアダルトの文化誌で41年後に読む
面白さって、

あー、長いこと、こんな気持ちを忘れてしまっていたなあ。
私は「死のお迎え」が近くなったことばかり、近年は考え始めていたからである。




景気が良かったのはこの後の10年だけ。
その後の30年間に、日本はバブル以降の社会がずーっと下り坂になり、
信じ難い期間続いて、今や全国民が日本を諦めていて、何も文化も
新しい社会の流れも生まれて来ずに、自問自答を繰り返している。

そんな毎日を生きて、暮らして、ため息をつく。日々の思いは切なくつらい。

しかしこういった今でみると、ツッコミたくようになる雑誌の勢いがあった
内容の時代の方が、ラフだけれど、どうして面白かったのだろうか。

自分がこのあと学生から社会人になり、いろいろな体験もしてみたが、
なんか”取り戻す”のなら、この時代の空気感ではないかと、考えさせられて
しまった。

寒い夜にである。



Posted at 2021/12/31 04:59:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 振り返る80年代 | クルマ

プロフィール

「@まんぞく ペンタックス用のオートタクマー35mm f2.3ですね。持ってますよ。結構好きなレンズです。」
何シテル?   04/11 10:44
車は殆ど処分して、1971年登録のフィアット850クーペに 1987年以来、乗り続けています。 住居は昭和4年築の、古い日本家屋に、現状で住んでいます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

趣味とかその対象はどうなっていくのか 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/04/01 18:15:22
タイ製L70ミラ・ピックアップのすべて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/22 10:52:34
春の1200kmツーリング・中国山地の尾根を抜けて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/05/11 05:49:46

愛車一覧

フィアット 850 車の色は空のいろ。 (フィアット 850)
2016年10月、三年半かかった車体レストアが完了し戦列復帰、その後半年、また以前のよう ...
プジョー その他 26インチのスポルティーフ (プジョー その他)
高校の時から乗っているプジョーです。1975年購入。改造歴多数。数年前に自力でレストアし ...
アルファロメオ 75 54才の“ホットショット” (アルファロメオ 75)
2017年3月で降りました。 トランスアクスルと、アルファツインカムの最後のFRアルファ ...
ダイハツ ミラ これは和製旧ミニかも(笑) (ダイハツ ミラ)
夜店で買った自転車より安いクルマ
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.