• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kotaroのブログ一覧

2018年07月06日 イイね!

イタリー製の“ゴム靴”について考える

イタリー製の“ゴム靴”について考える「あの…とても言いにくいんですがソレ輸入してないんですけど…」


https://twitter.com/Revo_BL5C/status/1014709767263023104

twitterでこんな面白いリトゥイートを見つけて、最初は笑ってしまった。

私は日本に入っていない「非アバルト」モデルのことでも言っているのか
一瞬カンチガイしかけて、マツダ製「フィアット124スパイダー」は
国内製造で組み立てられたから、厳密な意味での輸入車ではないことを
ようやく理解した。


ところで、こんなことが起こることの背景について、朝からゆっくり考えてみる
ことにした。

一つは「ヨーロッパの終焉」がある。

もうヨーロッパ車と言っても、フランスやイタリア本国で作っても
収益モデルになりにくく、今回のクルマのように、マツダロードスターがベースで
エンジンや艤装がイタリアンなら、組み立ては世界中のどこででも良い。

2000年代に「ブランド」がビジネスのキーワードとして、取り沙汰され始め
フェラーリやポルシェの「価値」が高騰し始めた。

その頃がクルマ好きのクルマ離れのきっかけであったと思う。

サングラスのレイバンとか、ギターのフェンダーと同じで、最初の原産国から
ブランドだけが漂流し始めると、受け取るカスタマーは、有難いのは「ブランド」
だけであり、少しでも安く買えるなら、それに越したことは無いになってきた。



ところで、日本のことについて、たまには書いて見る。

これは私見なので、あまり「間違っている!」、「おれの考えはこうだ」みたいな
意見は、最初に勘弁願うことを書いておく。

ヨーロッパの終焉というのは、ヨーロッパが価値だけの存在になり(さがり)、
今実際に、消費の活発な「現場」は、東アジアが中心だ。


東アジアに風俗や民族の生活文化はあるが、歴史的な値打ちのある商品は
やっぱり先進国に長く伝わった「洗練」といった、ものの見方にあると思う。

ところが、日本と言う国は、先にアジアから飛び出せた。これは戦後の米国との
政治と経済の繋がり方が、いろいろあって、うまくやったことが多いからだと
考える。
(憲法論とか好きな人は、スルーしてください)

日本は空前の市場に一度なり、緩やかから急速な衰退期に、今向かいつつある。

人口の問題と少子化は、複合原因だが、端的な事例として判りやすい。

その日本の価値は、いま、どのあたりなのだろう。








日本はアジアの一部であるが、独特の存在である。

国際的マーケティングの中では、日本という存在は確実に存在するが、
それは1億の市場でしかないのではないか。

その市場だけの奇妙な国には、レベルが高いだけの技術があり、
今回は“イタリー製ゴム靴”の製造を請け負った。それだけのような気がする。

マツダ製フィアット124スパイダーが、世界と日本に、何を訴えているのか。

それがあまり感性(パッション)に訴えるものではないが、マーケティングの理論
では、それほど失敗ではない。

しかし、イタリアンのオーラや、乗った時に来る、エモーションは薄いだろう。

まして、日本人が、日本国内で乗るには「ちょっと」と思う人が居てもおかしくない。


でも、今やクルマはこのジャンルナイズされた商品でしかない。

また、日本について考えると、いま世界中で、ネーションや、民族に基づく動きが
すごく活発になってきている。


これは21世紀に入り、イデオロギーの冷戦が終わってから、新しく21世紀は
レリジョン(宗教)と、その国の立ち位置が、とにかく微妙に変化し続けている。




日本国内で起こっている、やや右寄り旋回な動きに就いても、この世界の文脈に
当て嵌めて書いてみたいが、悩ましくも日本は、先に先進国化しているので、
どうもエスニックな解釈では、落とし所が乏しい。

これに上下分離の経済現象が伴うので、日本で起きていることは
トランプのいるアメリカの方が、私は考える時の参考になると思う。


日本のことを、いろんな人が考える時に、多く陥る勘違いは、唯一無二とか、
日本を「絶対化」することだと思う。

世界の中で相対的に見て、日本はどのくらい、とか、どんなふうに見られているか
そこから内国に立ち返って考えると、時々陥るミステークに気がつくであろう。

今の世界は流動的で、お金と人と、あとは土地や位置の関係で、評価対象が
どんどん目まぐるしく変わって行く。




自動車製造の産業は、初期の目的は先進国では終わっている。

僕らは中期の時代の、一番趣味性が高かった時代の、ほんのひとかけらの
エスプリや、エッセンスを堪能し、素晴らしいとか、これが良いとか言っている
だけだと思う。

「20世紀の残滓」という言葉を僕は、20年前にホームページをつくったとき
クルマ趣味の表現として使ってみた。

まさに今頃、ミニとか、フィアット500、124スパイダーなんて、似て非なる
個体が世に出ることは、残滓文化の表れではないか。


日本で124スパイダーが作られて、イタリア人が買うのと、日本人が買うのと、
中国やアメリカの中流層が買うのとで、受け取り方は全く違うと思う。


たまたまマーケティング的に、日本にFRのオープンカーのシャーシが在った。


信頼性と、組み立てる工場のレベルと、発売単価のコストを天秤にかけると
このプロジェクトで「よし」が出ただけだと思う。


マツダもひと昔前のような、フォードグループで無くなり、時間は長い。
マーケティングビジネスの最たる例だと思うけれど、日本の今後のクルマ
つくりは、これで正解かどうか、答えるのは少し時間がかかるだろう。












Posted at 2018/07/06 14:56:29 | コメント(4) | トラックバック(0) | オンザカー | クルマ
2018年07月03日 イイね!

自動車好きの居場所

自動車好きの居場所関西舞子サンデーに、月初の日曜日に行って見た。

その前に、居場所ということについて考えてみようと思う。

最近、仕事で、居場所やコミュニティーの問題によく関わる。




私が現実にいまやっている仕事を列挙すると、

マンション掃除がひとつ。

おばあちゃんの認知症が進まないように遊んであげる仕事がひとつ、

ものを書いたり雑誌の記事取材が、たまに入る。前回の投稿がそれ。

夜学の起業型の勉強会の司会とまとめ役、月に一度の大きなイベントの記録、

そんなことを複数入れながら、まだ生活費に足りないが、工面しながら生きている。



社会の問題で、人間の関係が希薄になったというより、現実が変わり
繫がりの問題が、いろんなところに出てきた。

2010年頃から、孤独死や、帰属する組織の無くなってしまった人びとへの
現実的な対処を、公務員役所では、社会テーマとして、扱うことに限界があり、
民間にも、営利目的の会社だけでなく、NPOやいろんな組織の必要性が生まれ、
実際には高齢化社会の進行で、介護や老人のケアと言った様々なニーズができ、
目の前の社会は、20世紀の憶えている時代と、大きく変わるようになった。


で、クルマ社会も、売るだけや、普通の人が維持する程度の「お世話」を
メーカー関係と民間のカーショップが、やっているだけでは、「先が見えて」
きたように思える。

クルマ好きは、コアな存在となり、一般クルマ社会の全体の中で、ミックスされた
ジュースのような状態であったところから、沈殿分離が進み、上澄みと、
下に沈殿した部分に分かれて来た。

これが自動車好き問題だと思う。

みんカラなどに漂流する、クルマ好き難民が集まってきているが、
実際、ここだけが「居場所」なのか、すごく悩んでいると思う。



そんなことを、ジャーナリスティックに、誰も考えて来なかったのではないか。
雑誌はあまり見なくなったが、体裁はずっと変わって無いように思われる。


関西舞子サンデーの噂は、前から聞いていたが、実際に足を運んだのは
初めてである。今年で3年目になるらしい。

私は、10年前までは、“盛りがついた”ように各種の自動車イベントに
休みがある度に行っていた。子供や妻と同居していたのに、それに関わらずと
言って良い。

今は子供がいなくなり、妻とは離れてしまって、老後前の哀歓を感じることもある。

自動車のミニイベントが出没し始めたのが、2000年前後だから、イベントの季節は
一巡したのではないか。

隆盛を誇ったJCCAのニューイヤーミーティングも、今は客が離れて、今後の役割が
懸念されている。来ている関係者は往年の有名雑誌の卒業者では、
新しい時代感覚に乏しいだろう。

関西在住が長い私だが、可能な範囲で、御殿場や、富士SW、鈴鹿、また九州の
故郷から行けるイベントにまで、出没していたのは、今思うと懐かしい。


その頃の私にとり、珍しいクルマに乗ってそういう所に、「突然」現れることが、
ちょっとした得意な生き甲斐だったのかもしれない。
今思えば、
であるが、過ぎた日々のことは、振り返っても戻って来ない。


それから10数年が経ち、今の私は孤独な方になったが、クルマイベントに
日参することは、なんとなく、足が遠ざかってしまった。

大きな高いイベントにまで、友達を誘った私が、この現実では申し訳ないと
前までは思っていたが、私自身の心境や、環境が変わり過ぎたこともある。



クルマが売れない、若者のクルマ離れ、といった問題の一方で、
実際にクルマに乗り、好きな人にとり、よそ事でないのは、クルマ社会の縮小だ。

だから、今回のタイトルは非常に意味を持つのだろうと思う。


関西舞子サンデーは、朝から夕方手前までやってくれている。

京都の高雄の旧車ミーティングは、どちらかというと敷居が高い。
その上、有料であり、有料道路での開催だから、二重に料金がかかる。
高速で往復することに、負担を感じないレベルの収入の人も減ったのではないか。

場所が風光明媚な嵐山奥地の山あいだから、その見物代と思えば納得できるが、
それは「京都商法」のありがたみで、関西で頻繁に通っている人は、イベントが
終わると、風光を眺めることもなく帰って行く。

クルマ好きの脳なんて、そんなものだろう。
一方関西舞子は、西神の球場近くのただの駐車場である。

ただ、高雄のように冬の初めでも朝集合、午前中解散のようなことはない。

私は朝起きるが、ゆっくり朝食は食べたい。洗濯と掃除もしてから出て行きたい。

クルマ好きは、ファナティック、ややクレイジーといった「80年代感覚」はやや薄れて、
今は多様性の時代だから、他の趣味や、生活時間もある。
それで、クルマ好きが一部での「顔」くらいなのが、いまの時代ではないか。

私は昼前に、「まだ行けるなら」の気分で、暑い陽射しの下を、
ノーエアコン、ノーパワーアシストのクルマで出発した。

行きだけは、それでも高速を使った。
初参加なので、会場を見つけるのに迷ったり、少しの戸惑いもあった。
だが、何となく緩い雰囲気に、ゆっくりと溶け込もうと、のんびりすることに努めた。





朝一組は帰ってしまい、私は誰とも知り合いに会わなかった。
後で判ったことだが、SNS時代のキンチョウを避けることは大きい。

ユルい空気の中で感心したのは、ケータリングが来ていて、まともな食に
ありつけることである。
これも高雄は、無理に近いし、ホスピタリティは私はけっこう気にする。

NYMのお台場はケータリングが不便なところに停められて、高い上によくない。
場外のコンビニも使いにくい。

また関西舞子は、貧給の人に向けたのか、本部でカップ麺を売っていた。
これは良いことだろうと思う。

私はコーラのボトルと、パニーニを求めて、腹もすかさず夕方まで、のんびり
過ごすことが出来た。高架下に停めれば、夏の気候でも、なんとか過ごせた。

普段ノーエアコンで生活していることも、大きいのだろう。



今回のテーマと、日曜日のことと、直接関係があるのか、断定はできない。

しかしクルマ好きの居場所とは。

それも居場所つくりから始まったような、舞子サンデーには、
従来型の発想のイベントにも、考慮の余地を与えるのではないか。

今後は、ドライブショップや、喫茶カフェ等に、サードウェーブ系が出来るのか
トヨタ辺りがやりそうだが、ぎこちない気もする。

結局、クルマ好きが、新しい提案型イベントや、スポットをどれだけつくれるかに
生き残りの道があるように思われる。


フランスのレトロモービルの展示なんかを、写真で見ていると、
1960年代の自動車のあるシーンの再現とか、実に芸が細かい。

今はカフェ流行りの一方、1950年代から70年代の「純喫茶」詣でのブームも
起きている。

私はこのあたりに、旧いクルマ好きの生息できる場所の、可能性が高いと思う。

「あのコルトを狙え」のブログを知っている人は、これも判るであろう。

ビオトープは湿原などの環境再現で貴重な生物が生き残れる環境合成の
発想なのだが、こういうのも、実はクラシックカー大国、イギリスの文化なのである。


私は、サンクチュアリまで行かなくとも、旧車やクルマ好きが自然と集まれる
場所の必要性や、空間が、街の端にひとつくらいあった方が良いと思う。

それがこれからの時代のクルマ好きが、「共生」できる環境つくりではないか、
そのぐらいの推進に、いろんな力が集まって、「優しい目」をして生きていたいと思う。



Posted at 2018/07/03 07:38:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | 思うこと | クルマ
2018年06月27日 イイね!

7月を前に

7月を前に関西限定発売のあまから手帖という雑誌に
私が愛車を使ってルポした記事が載りました。

ちょっと趣向の変わった「里のあじ」といった切り口で
スローな味を求めてスローなクルマで行って来ましたという
タッチにしています。
先週末から書店に並んでいます。
ご拝読いただけましたら、幸甚に存じます。
よろしくお願いいたします。

kotaro

https://www.amakaratecho.jp/saishin/
Posted at 2018/06/27 16:57:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | 思うこと | 日記
2018年06月20日 イイね!

変わらなかった日本人の価値観

変わらなかった日本人の価値観今回の写真はこの記事から借りました。

イタリアのクラシックカー雑誌「ROUTE CLASSICHE」記事から引用です。

私が若い頃、老後近くにやりたいと思っていたことは、
ポンコツカーをこつこつと整備して、路上に復帰させることであった。
今を去ること40年前、当時サイクルスポーツ誌を読んで、自転車の再生を
始めたことが、その道程のスタートだったと思う。

私は器用だったから、寄せ集めで、捨ててある自転車から、
カッコよく再生車をつくり、自分の愛用にして乗っていた。
そういう経験もあり、バイクのスプロケットやチェーン交換、自動車も
最初に乗ったランサーのぶつけた板金、さらに抜けた床をFRPで再生したり、
2代目に乗った、ただでもらったセリカも、錆びたりしたパーツは全部
八幡の解体屋で部品を求めて、自分で取り替えたりして、その道を
邁進していた。



私に転機が訪れたのは、女性と結婚したことで、家庭が出来たが
共働きで大変忙しかったことに、さらに子育てが20年続いたこともある。

そんなうちに、年収が上がり、クルマの整備は、馴染みの工場に任せることが
すっかり長年の習慣になってしまった。
それが幸か不幸か、今に至って私は自分の手でクルマをいじる部分は
限定的な日常点検レベルだ。

ところで1989年頃から私はクルマと人生と、自分の将来や社会の予測図を
考え始めていた。
その頃、洋雑誌を見る機会が多く、日本も豊かになり、ホビーに費やす
時間が増えると、自動車趣味の進展で、やがては欧米のようなレストアライフが
充実した時間の使い方の一つとして、定着するであろうと思っていた。



ところが日本では90年代は、バブル経済からの潮が引いて、いろいろな考え方が
反動のように後ろ向きになった。
中でも1995年の神戸の震災、97年の金融機関が次々潰れた金融恐慌は
浮かれていた日本人の、昂揚感を醒めさせるには、必要十分過ぎて、
しっぺ返しのように、日本人はダメだしばかりする、国民性に急転した。

そんな中で私の乗っているような、1970年頃までの旧車に対する理解は進み
1992年に「old timer」が創刊して、やっと私の思っているような、身近な
クラシックカー文化が、日本に訪れたと、私は一瞬そう考えたのだが、それは
実は違っていたことを、今日は書き説いていこうと思う。


何が違ったのだろう。
ヨーロッパやアメリカでは、旧車レストアの腕自慢たちが、1980年代までに
雑誌などを舞台に、ライフスタイルを展開していたと言って良い。

私は、新車礼賛の日本の自動車社会が変容して、旧いクルマへのレスペクトが
起こっていき、海外に近くならないか、かなり熱望していた方だと思う。

1984年頃に、「カー&ドライバー」で当時底値だったアルファロメオのジュリア系を
素人レストアで、どこまで整備再生できるかと言う記事があった。
私が熱視線を送ったのは、そういう珍しい記事や、創刊間もない
「スクランブルカーマガジン」の旧車復活記事であった。



その後の30年近い時間、私はせっせと旧車の面白さを、内外に説いて来た。
身近な友人から、このようなネット媒体にまで。
実践的なイベントも開催したこともあったが、しかし今の気分は、ものすごく
醒めてしまった。

だってお金持ちが、自分の手も汚さずに「雲上人」のように優雅に走らせる
イベントなんて、あっても良いけれど、それが全てではないじゃない。

自分たちは手を汚して、自分の好きなクルマを再生し、いつか路上に復帰、
そんな夢を見ていたけれど、
あまりにも現実は、甘くなかったし、それ以上に、そういう草の根系レストアラーは
盛り上がらなかった。

その訳は複数ある。
まず草ヒロ的な、捨ててあるポンコツを貰って来ても、日本の法律は、規制を緩和
せず、書類無しに対する登録への壁がめちゃくちゃ高い。

車台刻印からなんとか登録が出来ないものか。理由は盗難防止とかいろいろ
あるだろうけれど、状況判断で捨ててあるクルマは、金銭対価のある動産とは
現実的に、思われ難い。そんなものは、司法判断以前の民間レベルのことだと
思うが土地登記並みに、自動車の所有権移動の壁が困難である。
再生自動車の取扱いは、特殊趣味のジャンルとして、管轄の中でも特例でも
良さそうだと私は思う。

あとは、再生自動車でも、保険も税金も、新車と変わらないどころか、
新車より高い課税がかけられる異常な税制体系って、おかしくないか。

また任意保険は、私の主張は、クルマに掛けるのでなく運転ドライバー1人に
掛かって欲しいと、長年主張している。
旧車5台持っていても、運転するのは私一人である。
そんなことも長く言い続けて来たが、もうやる気も無くなってしまった。



社会は緩やかから急速に少子高齢化、人口減に転じ、経済の振幅は、お金持ちと
貧乏人の差を広げて行き、私たちの老後は、父親の時とはすっかり違った
風景になるであろう。

趣味やもの事には、出来る(can , possible)の旬というものがある。

私はクルマと平行して、機械カメラの趣味も、80年代後半から90年代、2000年過ぎまで
楽しませてもらったが、もうフィルムが生産終了するので、これは良い時代に
1960ー70年代製造の機械カメラを楽しませてもらったと、思い出にひたろう。

クルマも1990年代から2000年代前半までが楽しかった。
今は整備の技術や、海外からの情報、パーツ提供がすごくよくなった。

しかし、若い人がクルマ趣味に来なくなった理由、いろんなことがあるが、
さすがにトヨタの会長までが、今の自動車所有、保有に関する諸制度が
制度疲労して、現実に全然合っていないことを含めて、こんな社会を続けていては、
自動車メーカーの存続にさえ、黄信号どころか赤信号になりかねないと、
つい先日、大きな発言をしたことが話題になっている。

http://blogos.com/article/298814/

私は豊田章男氏が、よくぞ言ってくれたと褒めたいが、その前にこれだけ
高負担が続いて来た日本の自動車社会は、民衆である自動車ユーザーが
何も言わない、言えない体質であることに諦めてしまっており、
今日の本題に戻れば、そういったカーレストアレベルのライフスタイルを紹介
するのは、特殊雑誌になってしまった「old timer」でなく、「カーグラフィック」あたりが、
何年も前から提案すべきだったであろうと思っている。

小林彰太郎が生きていた時代は、長老が実践してきたが、今は文芸春秋みたいな
部長さんがよむ「エスタブリッシュ雑誌」になり果てた。初期は自動車版
「暮らしの手帖」みたいな性格であったらしいが。

また「スクランブルカーマガジン」については語る気がしない。
日本の旧車、クラシックカー趣味の性質を、金銭対価や外面評価に変えて
しまったのは、その後の後続雑誌だし、本質的に、クルマを広告や売るものに
しか思っていないのではないか。

それは間違っているとは、言えないが、クルマの楽しさは、30年ほどの間に
ホビーとして成長できず、ビジネスの周縁ゾーンに虚ろにいるカオナシみたいに
なってしまった。



本当は違うんじゃないかと、私は思ってきたのであるが、もう時間は残っていない。

私自身が、これほど興味が醒めてきていることは、自身の加齢と、旬な興味対象の
減退などがあり、社会制度が、今回の豊田発言で、いくらか緩和や良い方向に
向かえば良いのだが。
そんな時にまた投機を煽るような媒体だけは、読みたくないと思う。







Posted at 2018/06/20 07:52:04 | コメント(4) | トラックバック(0) | オンザカー | クルマ
2018年06月11日 イイね!

ウオーミングアップに、何か書いてみる。

ウオーミングアップに、何か書いてみる。最近、若い人が書いた、最近の社会とクルマにまつわる(若い人の)分析が面白かった。
こういう社会構造になって、何が進んで、何が無くなって行ったのであろう。
「進化」と「退化」という構造ワードが、額面的に受け入れられていた時代は、とっくに終わっている。





こういった社会が始まったのは、21世紀に入ってからであるし、1990、80年代は
それぞれ違った時代の空気が、人間たちを動かして行く契機や、原動力になり、
自動車は一緒に走っていたと記憶する。


でも、この流れで書くことは、今日は止めておく。

21世紀に入って間もない頃、2001年9月11日に、衝撃的な映像が流れて
世界の70億の人間は言葉を失ったことがあった。



20世紀に人類は、様々なことがあったが、その長い時間が終わる頃に
冷戦が終わって、ものすごく楽観的な未来を、大半の人類は描きかけていた。

その眠りを吹き飛ばし、21世紀が多難で、憎しみと恨みの時代の幕開けの
時代にしたことが、この出来事であった。

この時から17年が経つ。
多くの命が瞬時のテロで失われたが、記憶は風化する。
私は当時もジャーナリズムの仕事であったので、いろいろなことを考えたが、
その後の人生も振り返りつつ今日は書いて行く。

一番失われたことは、世界に君臨していたアメリカのの「自信」というものでは
ないだろうか。国際社会に対する睨みといってもよい。

当時は、大統領がクリントンからブッシュジュニアに変わった頃である。
クリントン時代から、イスラム圏とのテロ爆破は、外地では被害があったが、
まさかニューヨークのど真ん中で、富の象徴が破壊されることは、誰もが想像
出来なかったし、これにより傷ついた「威信」は大きかった。


それまでの例えば日本人の若者が抱いていたアメリカのイメージは、
コカコーラと、ジャズやアメリカのロックといった音楽などの文化で、世界をリード
する憧れの国でもあった。



そんなアメリカの“正体”を、戦争が産業の国家と、暴いてしまった9.11テロは、
若いエイジ中心に、アメリカに対する心象をすっかり変えることになってしまった。

そこからの歴史は省くが、イラクとアフガンにした報復措置は、アメリカが持っていた
評判価値を、かなり落としてしまい、世界の見え方を変えてしまったかもしれない。



一方で、日本があり、中国があり、ヨーロッパやロシアがありの、世界地図も
随分形や描かれ方が変わって来た。

私はそんな21世紀の前半、四分の一弱を生きて来て、もっと愛おしい社会を
作っていかなければ、どうしようもないと、日頃常に思っている。

コンピュータ社会が、ここまで進展したことは、時代の要請、趨勢としても、
どこかで基本単位として、人間を忘れないで欲しい。

機械が弾き出す数字や、伴う経済に、眩むといったことがとうに当たり前の
麻痺感覚の時代を歩んでいる。

そういう時代に、個人単位でものを考えることは、もの凄い無力感に囚われる
のであるが、過去に世界を動かしたものは宗教であり発明であったりする。

それらは個人の過去のパワーが存在し、今も存在し続ける典型なのではないか。

今は人工知能が人智を超える瞬間が、やがて訪れ、神が人間を作ったと言う
宗教の寓話に例えることが、流行っている。




この“神々の黄昏れ”の時代に、旧車に乗って、遍路のような旅を続けながら
私はこの国の片隅で今日も生きている。

今、必要なものは、安らぎと祈りと。
明日はいよいよシンガポールで歴史の転換が始まることになるであろう。

アメリカがすっかり変わったことが表面化して、21世紀のこれからは、
世界の人類は、どこにリスペクトを探していくことになるのだろうか。

私にとり、愛おしいものは、クルマに乗れる残り時間だけなのかもしれない。



Posted at 2018/06/11 15:16:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | つれづれ日記 | クルマ

プロフィール

「イタリー製の“ゴム靴”について考える http://cvw.jp/b/176891/41690295/
何シテル?   07/06 14:56
やれた車が好きです。 ウエットなイタリア人かも
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

タイ製L70ミラ・ピックアップのすべて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/22 10:52:34
春の1200kmツーリング・中国山地の尾根を抜けて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/05/11 05:49:46
妻が撮っていた1990年イタリア 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/13 23:55:18

ファン

162 人のファンがいます

愛車一覧

フィアット 850 車の色は空のいろ。 (フィアット 850)
2016年10月、三年半かかった車体レストアが完了し戦列復帰、その後半年、また以前のよう ...
プジョー その他 26インチのスポルティーフ (プジョー その他)
高校の時から乗っているプジョーです。1975年購入。改造歴多数。数年前に自力でレストアし ...
アルファロメオ 75 54才の“ホットショット” (アルファロメオ 75)
2017年3月で降りました。 トランスアクスルと、アルファツインカムの最後のFRアルファ ...
タルボ サンバ おフランスの恋人、 (タルボ サンバ)
ふらんす製小型オープン4座。ふかふかのシート。 1300cc、左ハン、MT。 もう一 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.