• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MINI原人のブログ一覧

2018年11月13日 イイね!

MINI原人謹告: Get a HONDA N-BOX (FF, CVT)

 MINI原人謹告: Get a HONDA N-BOX (FF, CVT)懸賞生活にホンダ N-BOXが当たる懸賞が出ているゾ。







カーセブンの懸賞だ。応募してもメルマガ購読など特に義務を伴わないのでよい懸賞である。


クイズの答えは「7」でしょ。

直接応募したい方はこちら。締切は2019年3月31日です。
Posted at 2018/11/13 12:56:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月11日 イイね!

MINI原人のRINDO TREK BEYOND (6) 敗退! 小平町住吉林道

 MINI原人のRINDO TREK BEYOND (6) 敗退! 小平町住吉林道林道、それは最後のフロンティア。そこには原人の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは原人最初の試みとして、調査旅行に飛び出した中古車 ジムニさん号の驚異に満ちた物語である。 

本日は朝から雨、しかも仕事の都合で林道に居れるのは朝7時から9時までの間である。MINI原人は朝の仕事を終えてから、かねてから探査を計画していた小平町住吉林道に向かった。




6:50  朝の仕事後、林道に行こうとジムニさんに乗り込むとバックミラーに林道でおなじみの目と目が離れた顔が映っています。降りて挨拶をすると、照れくさいのか足早に立ち去られていかれました。
 狩猟地図
南留萌森林管理署の狩猟禁止区地図によると住吉林道は峠を越えたところで通行止めの×印がついています。本日はこの障害を調査し、排除BEYONDできるかの挑戦です。

7:17  住吉林道のゲートに来ました。留萌市の国有林道と異なり、こちらの林道はまだチェーン閉鎖されています。開けて入ります。

7:22  分岐部です。右が先日障害物を全て除去しBEYOND完走した本沖内林道、直進が本日目指す住吉林道です。

7:24  林道に入ってすぐ倒木です。斜めに倒れており、その下をくぐれそうですが、枝やツタが多数ぶら下がっており、それらを処理せねば通れません。

7:28  ゴム太郎ですばやく枝やツタを払い、木の幹の下を通れるようにしました。BEYONDです。

7:30  小さな倒木です。というか折れた枝が落ちているだけ。拾ってぶん投げてBEYONDです。

7:34  今度は枯れたイタドリが道路内に乱生しています。ゴム太郎ですべてはらって、通行の際に枝すれを起こさないようにしてBEYONDです。

7:38  車のバンパーと思われるプラスチックパーツとやや太い枝が落ちています。パーツはぶん投げます。

7:39  そして太枝は乗り越えます。BEYONDです。

7:41  ああ、太い木が倒れています。これはノコギリでは切断できず、チェーンソーが必要です。

7:42  幹の太さは50cmほどあります。完全に敗北です。記念撮影です。

7:50  旧住吉林道の入口にきました。この旧林道は地理院地図では記載されていますが、上の狩猟地図では抹消されています。今回はその理由を調査しましょう。

7:54  あっけなくここで林道は行き止まりです。右上にブル道がありますが、急勾配で進まないほうがいいでしょう。雨が強くなってきたので、本日はここで終了としましょう。来年はチェーンソーを買おうかな。。。

本日の遭遇危険度 クマ2つ

(1つ: ほぼ安全、2つ: やや危険、3つ: かなり危険、4つ: やばい、 5つ: そこにいます)

RINDO TREK BEYOND 2018
(1) 遂にWARN大進化遂げたり (2) 小平町奔沖内林道偵察 (3) 留萌峠沢2号・ダムの沢
(4) 留萌市中幌糠林道 番外編:ウィンチ補助ツール (5) さくら林道 BEYOND!
番外編:ウィンチ補助ツール2 (6) 敗退! 小平町住吉林道 

new RINDO TREK 2018
ドック整備(1)タイヤ  ドック整備(2)兵装ホルダー  ドック整備(3)生存ツール
ドック整備(4)牽引フック  ドック整備(5)腹黒塗装  ドック整備(6)艶々清掃
ドック整備(7)後退灯交換  ドック整備(8)サス交換  (1) 早春の偵察ミッション
(2) 春の南瓜クマ探索  (3) 早春の偵察ミッション2  (4) 新緑の箸別暑寒熊探索
(5) 苫前町:奥古丹林道探索  (6) 留萌市:大和田林道探索  番外編 Geographicaの活用
(7) 小平町:寧楽・七軒屋  (8) 苫前町:力昼・九重  (9) 増毛:43林班クマ糞
番外編 原人勉強中 (10) 留萌市:トーヒ沢クマ足跡 (11) 留萌市:豊岡巨木新発見
(12) ポンルル2号熊お留守 (13) 苫前:霧立へGO! その① (13) 苫前:霧立へGO! その②
(13) 苫前:霧立へGO! その③ (14) 小平:小平蘂源流の沢たち 番外編 林道概説進化中
(15) 留萌:徘徊クマを求めて (16) 潜入:留萌演習場への道 (17) 苫前:三渓へGO! その1
(17) 苫前:三渓へGO! その2 (18) 留萌:陽光の嘉一橋林道 (19) 踏糞百六号・打岩石山
(20) 小平:湖畔に舞う尾白鷲 (21) 舎熊岳:霧中の動物達 番外編 サイドシルガード
(22) 苫前:アナトロへGO!(1) (22) 苫前:アナトロへGO!(2) (23) 留萌:さくら林道 再調査
パロディ編:焼尻オンコの森 (24) 小平:小平蘂源流再調査 番外編 進撃の原人ツール
(25) 小平町北西部その1 (25) 小平町北西部その2 (26) 苫前:小川林道北部探索
(27) 小平:上記念別川林道群 (28) 小平:滝下・達布林道群 (29) 潜入!増毛山道への道
(30) 小平中の沢+新兵器構想 番外編: WARNウィンチ取付書 (31) 北竜暑寒別・増毛中信砂
(32) 増毛阿分・アイトシナイ線 番外編:クマ道具追加です (33) 奥古丹別・小平最東北部
(34) 小平町林道崩落 その1 (34) 小平町林道崩落 その2 (35) 石山林道征服+山ぶどう
(36) 小平林道:進化の行方(1) (37) 小平林道:進化の行方(2) (38) 小平林道:進化の行方(3)
番外編 WARN大進化入院です BEYOND 進化の果てに何処へ 

南留萌林道概説
南留萌林道概説はクロカン・ドライブ・登山・自然観察・野鳥観察・化石採集・渓流釣り・昆虫採集など様々な目的のため山に入るひとたちのために作成しています。原人の実地探査などにより訂正・補遺が必要な場合、予告なくその都度改訂していき、最善のガイドとなるよう心掛けていきます。
総索引 増毛町・留萌市 総索引 小平町 総索引 苫前町 付録: クマ出没記
Posted at 2018/11/11 18:30:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月11日 イイね!

MINI原人のRINDO TREK BEYOND 番外編:ウィンチ補助ツール2

MINI原人のRINDO TREK BEYOND 番外編:ウィンチ補助ツール2林道、それは最後のフロンティア。そこには原人の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは原人最初の試みとして、調査旅行に飛び出した中古車 ジムニさん号の驚異に満ちた物語である。 

電動ウィンチとチルホールは林道でのスタック・レスキューの重要なツールだ。しかし、ウィンチングにはそれを支える多くのパーツが必要だ。今回はそれらツールのうちアンカー(支点)形成に用いるツールと原人独自の工夫について解説する。


 BEYOND, OR BEYOND NOT
スターウォーズ・エピソードⅤ 帝国の逆襲において、ジェダイ・マスターのヨーダが「やるか、やらないかだけだ。やってみる、ってのは無しだ」とルーク・スカイウォーカーを諭す場面がある。林道においてもBEYONDするか、BEYONDしないかであり、ためしにやってみるというのはない。相当な覚悟が必要なのだ。そうしたときウィンチやチルホールの存在は頼りになる。
 索具
しかしそれらは単独では役にたたない。牽引ロープ・ワイヤーの先端を適切に延長し、頑丈なアンカーに固定せねばならない。図は原人のジムニさんに常備している補助ローブ群である。①バンジーロープ、②キネティックロープ(テトロン)、③ラッペリング・カラビナつきキネティックロープ、④ツリートランクプロテクタ、⑤ナイロンスリング(2m)、⑥ナイロンスリング(4m)である。
 連結具
ウィンチロープ、チルホールワイヤーとアンカーを連結するツールである。①スミティビルトのスナッチブロック(滑車)、②S字フック、③D字シャックル、④U字シャックル
 アンカー
山口県都市型救助マニュアル 第4章 設定からおかりした図だが、上段では一般的に使われることが多いガースヒッチでの強度低下について判りやすい。ガースヒッチは避けるべきだが、使う場合は①のようにするのがいい。細い立ち木に固定する場合は下段の単純な折り返しがよい。ただし、使う連結具はカラビナではなく、S字フックやシャックルがのぞましい。
 Wrap3 Pull2
図はRigging Lab AcademyのeBookの理想的な支点形成「ラップ3プル2」である。三回巻きつけてそのうちの2回巻き分を牽引に用いる。図では結び目が示されているが、アイループつきのナイロンスリングを用いる場合、シャックルで連結すればよい。
 Tie-Off
スリングがなく、パワーカーロープなどのロープを支点形成に用いる場合にはこのタイオフ(tie-of)と呼ばれる方法が理想的である。
 Load Sharing
強い力でひっぱってもびくともしないアンカーをBombproof Anchor(「防爆アンカー」)と呼ぶが、細い木しかない場合などbombproofでない場合には複数の支点を使うロード・シェアリングを行うとよい。
 Ground Anchor
では、砂漠などアンカーになる木や岩がない場合はどうするか。図はジープ用に米国で売られているグラウンドアンカーだ。船の錨に似た構造である。US Amazonでも売っているのでどうしても欲しい人は買うことができるが、重たいのでジムニー向きではない。
 Deadman Anchor
そんないいものがない場合はどうするかというと、このようにする。丸太の代わりにスペアタイヤをつかってもいい。原人はバールもしくはあぜこしラダーを使うつもりだ。ただし、深い穴を掘らねばならないので大変な苦労であり、林道なので後で埋めなおしておかねばならない。
 Deadman Earth Anchor
日本でも是非売って欲しいとおもうものが、このデッドマン・アース・アンカーだ。軽く折りたたんでおけるのでジムニー向きだし、大きな岩や地面に埋めてつかえる。デッドマンとは死体を埋めてアンカーにするという発想だが、マークも死人の顔だし、埋めて使うときもまるで死体なのは面白い。


RINDO TREK BEYOND 2018
(1) 遂にWARN大進化遂げたり (2) 小平町奔沖内林道偵察 (3) 留萌峠沢2号・ダムの沢
(4) 留萌市中幌糠林道 番外編:ウィンチ補助ツール (5) さくら林道 BEYOND!
番外編:ウィンチ補助ツール2  

new RINDO TREK 2018
ドック整備(1)タイヤ  ドック整備(2)兵装ホルダー  ドック整備(3)生存ツール
ドック整備(4)牽引フック  ドック整備(5)腹黒塗装  ドック整備(6)艶々清掃
ドック整備(7)後退灯交換  ドック整備(8)サス交換  (1) 早春の偵察ミッション
(2) 春の南瓜クマ探索  (3) 早春の偵察ミッション2  (4) 新緑の箸別暑寒熊探索
(5) 苫前町:奥古丹林道探索  (6) 留萌市:大和田林道探索  番外編 Geographicaの活用
(7) 小平町:寧楽・七軒屋  (8) 苫前町:力昼・九重  (9) 増毛:43林班クマ糞
番外編 原人勉強中 (10) 留萌市:トーヒ沢クマ足跡 (11) 留萌市:豊岡巨木新発見
(12) ポンルル2号熊お留守 (13) 苫前:霧立へGO! その① (13) 苫前:霧立へGO! その②
(13) 苫前:霧立へGO! その③ (14) 小平:小平蘂源流の沢たち 番外編 林道概説進化中
(15) 留萌:徘徊クマを求めて (16) 潜入:留萌演習場への道 (17) 苫前:三渓へGO! その1
(17) 苫前:三渓へGO! その2 (18) 留萌:陽光の嘉一橋林道 (19) 踏糞百六号・打岩石山
(20) 小平:湖畔に舞う尾白鷲 (21) 舎熊岳:霧中の動物達 番外編 サイドシルガード
(22) 苫前:アナトロへGO!(1) (22) 苫前:アナトロへGO!(2) (23) 留萌:さくら林道 再調査
パロディ編:焼尻オンコの森 (24) 小平:小平蘂源流再調査 番外編 進撃の原人ツール
(25) 小平町北西部その1 (25) 小平町北西部その2 (26) 苫前:小川林道北部探索
(27) 小平:上記念別川林道群 (28) 小平:滝下・達布林道群 (29) 潜入!増毛山道への道
(30) 小平中の沢+新兵器構想 番外編: WARNウィンチ取付書 (31) 北竜暑寒別・増毛中信砂
(32) 増毛阿分・アイトシナイ線 番外編:クマ道具追加です (33) 奥古丹別・小平最東北部
(34) 小平町林道崩落 その1 (34) 小平町林道崩落 その2 (35) 石山林道征服+山ぶどう
(36) 小平林道:進化の行方(1) (37) 小平林道:進化の行方(2) (38) 小平林道:進化の行方(3)
番外編 WARN大進化入院です BEYOND 進化の果てに何処へ 

南留萌林道概説
南留萌林道概説はクロカン・ドライブ・登山・自然観察・野鳥観察・化石採集・渓流釣り・昆虫採集など様々な目的のため山に入るひとたちのために作成しています。原人の実地探査などにより訂正・補遺が必要な場合、予告なくその都度改訂していき、最善のガイドとなるよう心掛けていきます。
総索引 増毛町・留萌市 総索引 小平町 総索引 苫前町 付録: クマ出没記
Posted at 2018/11/11 05:10:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月10日 イイね!

MINI原人のRINDO TREK BEYOND (5) さくら林道 BEYOND!

MINI原人のRINDO TREK BEYOND (5) さくら林道 BEYOND!林道、それは最後のフロンティア。そこには原人の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは原人最初の試みとして、調査旅行に飛び出した中古車 ジムニさん号の驚異に満ちた物語である。 

昨日から今朝まで雨が続き、天気待ちをしていた原人は昼になってからRINDO TREKを敢行した。本日は、留萌市ポンルルモッペ林道から分岐するさくら林道の障害を乗り越えてBEYONDする予定である。




12:32  おーっと、いきなり出た。クマさんのフンである。直径10cmに及ぶのがごろごろとなされている。市道美沢線の路上である。「相当ケツの穴の大きいやつだ」と原人は思った。どうやらドングリを丸かじりして多量に食べているらしい。冬眠前の食欲の旺盛さが伺える。

12:38  むむ、100mほど前方に黒い影が。すわ、さきほどのフンの落とし主かと思ったら、雄鹿さんである。立派な角が生えている。静かに近づいたが逃げてしまった。

12:40  さくら林道の入口である。ゲートは冬に向けて開放されている。泥の中で停まってしまい、靴が汚れて後悔である。

12:46  今年の7月29日に通行をあきらめた土砂崩れの現場である。ゴム太郎で枯れたイタドリと木の枝を払い、なんとか通れる広さにする。

12:49  ぎりぎりの迂回路を作り、BEYONDである。

12:50  傾いた木の枝が道路に張り出している。ゴム太郎で枝を払いBEYONDである。

12:53  倒木である。枝が道路をふさいでいる。今度はカーブソー・スゴワザの出番だ。

12:58  数本の枝を払い、一番太い枝は乗り越えて通ります。BEYONDである。

13:01  直進する道は127・131林班林道で、道道613号豊平峠下停車場線につながる道です。草ボウボウの状態のため入れません。

13:02  4時の方向にさくら林道の延長部があります。草に埋もれた看板を見ると平成23年度に延長された道とのことです。さらに進みましょう。

13:10  特に障害なく、林道終端まできました。さくら林道完走です。

13:23  今度はポンルルモッペ林道に来ました。このゲートも開放されています。

左  ゲートの扉をみるとこの先道路決壊のため通行止めとあります。 右  実は2018年7月29日に訪れたときには、この活断層のような段差のため通行をあきらめました。しかし、今回はウィンチ、チルホールがあります。BEYOND挑戦です。

13:26  道路決壊現場にきました。写真ではうまく伝わりませんが、けっこうな段差があります。
 13:29
段差を緩和するため道路工事をします。スコップで段差の角を削り、ならします。
 13:31
段差を乗り越えBEYONDです。行きはヨイヨイ帰りは怖い。帰りは30度の急勾配を登らねばなりません。
 13:34
反転して帰りの段差へ挑戦です。勢いをつけ、はまりそうになりががらなんとかステアリングをうまく切って登りきりました。BEYONDです。
 14:05
帰りの国道ではBEYONDを祝福するように虹が出ました。


本日の遭遇危険度 クマ3つ

(1つ: ほぼ安全、2つ: やや危険、3つ: かなり危険、4つ: やばい、 5つ: そこにいます)

本記事を基に南留萌林道概説 (8) 留萌市国有林道 その3 と 付録: クマ出没記を改訂いたしました。

RINDO TREK BEYOND 2018
(1) 遂にWARN大進化遂げたり (2) 小平町奔沖内林道偵察 (3) 留萌峠沢2号・ダムの沢
(4) 留萌市中幌糠林道 番外編:ウィンチ補助ツール (5) さくら林道 BEYOND!

new RINDO TREK 2018
ドック整備(1)タイヤ  ドック整備(2)兵装ホルダー  ドック整備(3)生存ツール
ドック整備(4)牽引フック  ドック整備(5)腹黒塗装  ドック整備(6)艶々清掃
ドック整備(7)後退灯交換  ドック整備(8)サス交換  (1) 早春の偵察ミッション
(2) 春の南瓜クマ探索  (3) 早春の偵察ミッション2  (4) 新緑の箸別暑寒熊探索
(5) 苫前町:奥古丹林道探索  (6) 留萌市:大和田林道探索  番外編 Geographicaの活用
(7) 小平町:寧楽・七軒屋  (8) 苫前町:力昼・九重  (9) 増毛:43林班クマ糞
番外編 原人勉強中 (10) 留萌市:トーヒ沢クマ足跡 (11) 留萌市:豊岡巨木新発見
(12) ポンルル2号熊お留守 (13) 苫前:霧立へGO! その① (13) 苫前:霧立へGO! その②
(13) 苫前:霧立へGO! その③ (14) 小平:小平蘂源流の沢たち 番外編 林道概説進化中
(15) 留萌:徘徊クマを求めて (16) 潜入:留萌演習場への道 (17) 苫前:三渓へGO! その1
(17) 苫前:三渓へGO! その2 (18) 留萌:陽光の嘉一橋林道 (19) 踏糞百六号・打岩石山
(20) 小平:湖畔に舞う尾白鷲 (21) 舎熊岳:霧中の動物達 番外編 サイドシルガード
(22) 苫前:アナトロへGO!(1) (22) 苫前:アナトロへGO!(2) (23) 留萌:さくら林道 再調査
パロディ編:焼尻オンコの森 (24) 小平:小平蘂源流再調査 番外編 進撃の原人ツール
(25) 小平町北西部その1 (25) 小平町北西部その2 (26) 苫前:小川林道北部探索
(27) 小平:上記念別川林道群 (28) 小平:滝下・達布林道群 (29) 潜入!増毛山道への道
(30) 小平中の沢+新兵器構想 番外編: WARNウィンチ取付書 (31) 北竜暑寒別・増毛中信砂
(32) 増毛阿分・アイトシナイ線 番外編:クマ道具追加です (33) 奥古丹別・小平最東北部
(34) 小平町林道崩落 その1 (34) 小平町林道崩落 その2 (35) 石山林道征服+山ぶどう
(36) 小平林道:進化の行方(1) (37) 小平林道:進化の行方(2) (38) 小平林道:進化の行方(3)
番外編 WARN大進化入院です BEYOND 進化の果てに何処へ 

南留萌林道概説
南留萌林道概説はクロカン・ドライブ・登山・自然観察・野鳥観察・化石採集・渓流釣り・昆虫採集など様々な目的のため山に入るひとたちのために作成しています。原人の実地探査などにより訂正・補遺が必要な場合、予告なくその都度改訂していき、最善のガイドとなるよう心掛けていきます。
総索引 増毛町・留萌市 総索引 小平町 総索引 苫前町 付録: クマ出没記
Posted at 2018/11/10 20:29:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月08日 イイね!

MINI原人のRINDO TREK BEYOND 番外編:ウィンチ補助ツール

MINI原人のRINDO TREK BEYOND 番外編:ウィンチ補助ツール林道、それは最後のフロンティア。そこには原人の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは原人最初の試みとして、調査旅行に飛び出した中古車 ジムニさん号の驚異に満ちた物語である。 

電動ウィンチは究極のオフロードツールと呼ばれ、スタックの際や通過困難なステージの通過(BEYOND)に威力を発揮する。しかし、ウィンチングにはそれを支える多くのパーツが必要だ。今回はそれらツールのうちウィンチロープ先端部に用いるツールと原人独自の工夫について解説する。


 WARN ProVantage 4500S
ジムニさんに装着されている電動ウィンチはWARN社のPV45Sで7/32インチ径(約5.5mm)、50フィート(約15m)のSynthetic rope(合成繊維ロープ)が付属している。軽量・細身でありながら、このロープは定格牽引能力が4500ポンド(2041kg, 20.0kN)と優れている。
 合成繊維ロープ
図は林野庁資料「ワイヤーロープ等の概要・取扱方法・加工方法」からおかりした合成繊維ロープの利点と欠点である。金属ワイヤーに比べ、合成繊維ロープは軽くて扱いやすく、危険も少ないが、物理的ストレスに対する脆弱性が欠点である。従って、この点に関して補助ツールにも工夫が必要である。
 ロープ末端
PV45Sの合成ロープ末端はAに示すようなアイ・スプライス(Eye splice)処理しかしていない。このままフックに固定すると、末端中央部にのみ力が集中することになる。そこでBCDに示すようなシンブル(Thimble)という金具で力を分散させることが推奨される。BCのようなトンネルがついたシンブルではスプライスをしなおさねばならない。そこで原人はDのような深溝タイプのシンブルを使用することにしている。
 シンブル装着
浅野金属工業株式会社の深溝タイプ ステンレスシンブル 8mmがぴったりと適合する。保護スリーブごと耐候性結束帯(ガルバロック)にて縛りシンブルからはずれないようにする。
 装着状態
シンブルを装着した状態でアイプレートに結束帯で固定するとこのようになる。使用時はアイに固定の結束帯を切って引き出す。
 交換用
将来ロープを交換するときは図のようなシンブルつきのロープを買う予定である。
 クローブ・ヒッチ
シンブルを用いないでロープの劣化を防ぐ方法は、力を分散するようにフックに固定することである。これはその例でロープを固定部分に2回巻くやり方だ。
 カラビナ
ちなみに右のカラビナは登山に用いられる高強度のカラビナで30kN(キロニュートン)=約3000kgの力に耐えられるものだ。ウィンチの定格牽引力が20kNなので十分な強度であろう。
 ガース・ヒッチ
この2回巻く方法の1つがガース・ヒッチ(Girth Hitch)で、ザイルをカラビナに固定するのに用いられる。この方法は木にアンカーをとるときには使わないほうがいい(左下図)。角度によりループ先端部に力が集中し、素直に巻いたときよりも強度が弱くなるからだ。
 クローブ・ヒッチ
もう一つの方法はクローブ・ヒッチ(Clove Hitch)と呼ばれる方法だ。これは対称になっているのでどちらの方向へもザイルを送れるのでクライミングにて好まれる。一見不恰好だがロープに対するストレスも小さいと考えられる。
 プルージック・コード
問題は冬季間だ。冬季には融けた水がしみこみ再凍結してローブを痛める。そこでこのプルージック・コード(Prusik Cord)を使う。ウィンチロープのアイにこのコードを通す。このコードは水を吸いにくいポリエステルロープをケブラーで包んだもので25kNに耐える。これをフェアリードの外に出し、牽引が必要な場合、これに金具を連結する。
 プルージック・ノット
プルージック・ノット(Prusik Knot)はガース・ヒッチの巻き巻きを増やしたもので、上の例は3巻き、左の例は2巻きである。このノットで主ザイルに結びつけておけば、緩めると上下に動き、引っ張ると固定されるので登高器(アッセンダー)の代わりになり登山で重宝される。プルージック・コードの両端にはアイがあり、両端で固定すれば50kNの力に耐える。
 ナイロン・ランナー
もう1つ有用と思われるのは、この18mm幅のナイロンランナーだ。細いテープのように見えるが22kNの力に耐える。プルージックノットを作らなくても、幅広なのでロープアイに対する力を分散できる。
 参考文献
本日の参考文献です。


RINDO TREK BEYOND 2018
(1) 遂にWARN大進化遂げたり (2) 小平町奔沖内林道偵察 (3) 留萌峠沢2号・ダムの沢
(4) 留萌市中幌糠林道 番外編:ウィンチ補助ツール 

new RINDO TREK 2018
ドック整備(1)タイヤ  ドック整備(2)兵装ホルダー  ドック整備(3)生存ツール
ドック整備(4)牽引フック  ドック整備(5)腹黒塗装  ドック整備(6)艶々清掃
ドック整備(7)後退灯交換  ドック整備(8)サス交換  (1) 早春の偵察ミッション
(2) 春の南瓜クマ探索  (3) 早春の偵察ミッション2  (4) 新緑の箸別暑寒熊探索
(5) 苫前町:奥古丹林道探索  (6) 留萌市:大和田林道探索  番外編 Geographicaの活用
(7) 小平町:寧楽・七軒屋  (8) 苫前町:力昼・九重  (9) 増毛:43林班クマ糞
番外編 原人勉強中 (10) 留萌市:トーヒ沢クマ足跡 (11) 留萌市:豊岡巨木新発見
(12) ポンルル2号熊お留守 (13) 苫前:霧立へGO! その① (13) 苫前:霧立へGO! その②
(13) 苫前:霧立へGO! その③ (14) 小平:小平蘂源流の沢たち 番外編 林道概説進化中
(15) 留萌:徘徊クマを求めて (16) 潜入:留萌演習場への道 (17) 苫前:三渓へGO! その1
(17) 苫前:三渓へGO! その2 (18) 留萌:陽光の嘉一橋林道 (19) 踏糞百六号・打岩石山
(20) 小平:湖畔に舞う尾白鷲 (21) 舎熊岳:霧中の動物達 番外編 サイドシルガード
(22) 苫前:アナトロへGO!(1) (22) 苫前:アナトロへGO!(2) (23) 留萌:さくら林道 再調査
パロディ編:焼尻オンコの森 (24) 小平:小平蘂源流再調査 番外編 進撃の原人ツール
(25) 小平町北西部その1 (25) 小平町北西部その2 (26) 苫前:小川林道北部探索
(27) 小平:上記念別川林道群 (28) 小平:滝下・達布林道群 (29) 潜入!増毛山道への道
(30) 小平中の沢+新兵器構想 番外編: WARNウィンチ取付書 (31) 北竜暑寒別・増毛中信砂
(32) 増毛阿分・アイトシナイ線 番外編:クマ道具追加です (33) 奥古丹別・小平最東北部
(34) 小平町林道崩落 その1 (34) 小平町林道崩落 その2 (35) 石山林道征服+山ぶどう
(36) 小平林道:進化の行方(1) (37) 小平林道:進化の行方(2) (38) 小平林道:進化の行方(3)
番外編 WARN大進化入院です BEYOND 進化の果てに何処へ 

南留萌林道概説
南留萌林道概説はクロカン・ドライブ・登山・自然観察・野鳥観察・化石採集・渓流釣り・昆虫採集など様々な目的のため山に入るひとたちのために作成しています。原人の実地探査などにより訂正・補遺が必要な場合、予告なくその都度改訂していき、最善のガイドとなるよう心掛けていきます。
総索引 増毛町・留萌市 総索引 小平町 総索引 苫前町 付録: クマ出没記
Posted at 2018/11/08 21:10:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「 MINI原人謹告: Get a HONDA N-BOX (FF, CVT) http://cvw.jp/b/2607956/42170179/
何シテル?   11/13 12:56
・ 北海道留萌市在住の「MINI原人」です。 ・ 学名 MINIpithecus roadsterus ssp. cooperS。絶滅危惧種です。 ・ いろ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

     原人でもお友達にしてくれますか?
1499 人のお友達がいます
はやぽっぽはやぽっぽ * アンバー331アンバー331 *
vrsvrs * z50zz50z *
ns-autons-auto * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認

ファン

125 人のファンがいます

愛車一覧

ミニ MINI MINIさん (ミニ MINI)
MINI原人が青天井ドライブを楽しむ車です。いろんなしがらみを風であたまからふっとばすこ ...
スズキ ジムニー ジムニさん (スズキ ジムニー)
2013年(平成25年)6月27日登録のJB23W 9型です。2017年8月9日納車され ...
ボルボ V40 ボルボさん (ボルボ V40)
フォーマルな用途や遠出の旅行などに使っています。原人が現代人のフリをするためのクルマです ...
ヤマハ PAS ナチュラL ママチャリ原人号/マダム号 (ヤマハ PAS ナチュラL)
焦げ茶色がMINI原人用、エメラルドグリーンがマダム用です。アシスト性能が進化し、坂道も ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.