• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

クルップのブログ一覧

2024年04月24日 イイね!

2024冬アニメ第1話プチ・レビュー

何シテル?で呟やいた第1話(+α)の所感をまとめて再掲します(編集・加筆あり)
尚、掲載はタイトルの五十音順。



『ヴァンパイア男子寮』
てっきり腐向け物件だという頭で観てたけど、あれ何か雰囲気おかしいなと思ったらそっかぁそっちだったかぁ。原作「なかよし」連載っていう時点で気付くべきだった。ともあれ最後まで興味持って観れたしちょっと面白かったので次も観てみるかな。


『狼と香辛料』
この、地にしっかり足が着いた感じとワクワクする高揚感いいねえ。これなら安心して観られそう。1話目から動画は海外発注なのが気に掛かったが実を取るなら今は下手に国内の会社に頼むより実力ある中華スタジオに請けさせた方が品質的には確かかも。


『怪異と乙女と神隠し』
でけえええええ!(何が?うん円周率が)『怪物事変』や『虚構推理』的なテイスト感のあるホラーというかオカルトミステリーなんだけど初回からすげえ面白くて歓喜した。初回だけなら紛う事なき覇権。きょぬーで残念美人なヒロインも佳き。
(て、折角誉めたのに2話ではえらいノリが軽くなって、んんんんんんん⁇⁇? ちょっと先行きが心配になってきた)


『怪獣8号』
うん普通に面白かった。水準はクリアだが予想を超えては来なかったという意味でもある。ただ初回は続きが見たいと思わせたら100%目的を達成してると言えるのでその点では自信を持って100点満点つけられる。コンプレックスを抱きながら前に進もうとする主人公も好感度高し。引きも良かったしこの先の展開が楽しみ。


『この素晴らしい世界に祝福を!3』
万全の滑り出しの三期。やっぱりこのすばはこのすばで安心した(まあ微塵も心配してなかったけど)故意な作画崩しが無くなったのも佳き。多分、いや絶対外さないと思うので今から太鼓判押しときます。


『ささやくように恋を唄う』
よりより先輩チョロ過ぎる。でもって可愛いなオイ!まあアンジャッシュから始まる恋もあるよね。百合だけど基本構造恋愛系少女漫画なので意外性は無いが安心感はある。OP映像には対バンしてるような画もあるからバンド物要素もそれなりにあるのかな。百合姫原作勢は結構アベレージ高いのでこれも期待できるか。


『じいさんばあさん若返る』
若返るにも程がある(笑)今期のほのぼの枠。ボイコミからスライドのキャストも含めて原作の雰囲気を損なわなかったのは好印象。能登さん演じるばあさまが意外に血の気多くて笑った。予算の関係かあまり絵が動いてなかったがさほど動きが要求される内容でもないし止め絵はそこそこ整っていたので最低この状態をキープしてほしい。


『終末トレインどこへ行く?』
おいおいなんかヘンなの始まったぞ。クレイジーボーイこと水島努監督お得意の奇天烈な設定ととりあえずブン殴ってから好き嫌い決めさせるスタイルたまらんな。セリフのテンポと情報量の多さも“らしさ”全開。見る人選びそうだけどゾンサガや冥途戦争が好きな人なら多分ハマると思う。いやぁ先が楽しみだ。


『響け!ユーフォニアム3』
さっちゃんの「こにちはー」の破壊力よ(久野プロ強い、強すぎる…)ちょこっとでも夏紀先輩見れて嬉しかった。何も起きてなくても視聴てると胃の辺りがムズムズしてくる感じがいかにもユーフォ。最後に出てきた大人しそうな顔して一癖二癖ありそうなタマ。アレが来週から掻き回すんだろうなぁ。ああ、今から胃が痛い。


『花野井くんと恋の病』
太眉ヒロイン来たー!ありがとうございますありがとうございます‼︎恋愛感情クソ重系男子の花野井君、サイコパスげな雰囲気も醸していて何か心の闇抱えてそう。対してヒロインの蛍ちゃんは端から自分に恋は向かないと感情に蓋をしてしまっていて…。『ホリミヤ』っぽい空気も感じたがあれほどスカしてないので好感が持てる。普通に続きが気になるいい感じの初回だった。


『変人のサラダボウル』
『ジャヒー様』と『ヒナまつり』を混ぜて機微を無くしたらこうなりました的な。余りにご都合主義が過ぎて白けてしまい途中から早送りして観た。『はがない』の件もあって偏見だけどこの原作者さんに信用が置けないのも印象悪くしてる一因。キャラデザがカントクさんなんで女子キャラ目当てで観るのはありかも。


『忘却バッテリー』
ただの宮野じゃねーか(笑)まあ製作MAPPAならゾンサガみたいなノリになるのも仕方がない。想像とは違ってユルいヤンキー漫画みたいなノリで意外に楽しめた(ヤンキー漫画知らんけど)あとなんかキャラデザが地獄のミサワ。これから野球ガチモードになるのかな。お馬鹿なノリ続けて欲しいけど。


『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?』
略称“まどめ”(苦笑)魔王に囚われたエルフとか工口同人ではお馴染みの題材ではある(勿論ほのぼのではなく鬼畜な方向で)ただ魔王をイケメン青年にしたのは愚策。原作準拠なんだろうが姫様拷問の魔王様みたいな容貌だったらギャップ萌えでよりキュンキュンできたのに勿体無い。もう一捻り欲しかった。


『夜のクラゲは泳げない』
みえ。出胸チラとかつかみがあざと過ぎる。なんか今期の新作勢は工口で釣る密約でもしてるんか。挫折経験や過去に傷ある女の子たちの青春リスタートって感じの話になるのかな。何かの始まりを期待させるいい導入だったと思う。只、動画工房は2話以降明確に作画クオリティ下がるパターンがあるのでそこが気がかり。


『ワンルーム、日当たり普通、天使つき。』
出会ったばかりの女の子に何いきなり白い液体ぶっかけてんだ(牛乳です)主人公の髪型と髪色と中の人の演技がムリでAパート保たすのがやっとだった。うーん、最近ギャラデザがイラつくというか造形に気を遣われてない男主人公多すぎないか。


『Unnamed Memory』
エスカレーターに乗りたいけどうまくタイミングつかめなくて乗れない感じが延々三十分続くと言ったらわかってもらえるだろうか。多分脚本と演出と絵柄が噛み合ってない所為。キャスティングはいいのになぁ。切っても良さげだがもう一話だけ観てから決めよう。
(2話。アカン、何回観ても寝落ちする。あの種崎さんの演技が下手くそに感じられるって一体…。演出と音監何やってんだ)


1話と2話の落差が目立った作品も幾つかありますが、今のとこ残存率11/15だから存外観られる作品多いなという印象。三期組の『このすば』と『ユーフォ』はやっぱりさすがですが、新作勢の中では『じいさんばあさん』の安定感が飛び抜けてて、まさに長年連れ添った夫婦のような盤石さ(笑)飽きを感じさせず保たせることができたら今期のダークホースになるやも⁉︎

Posted at 2024/04/25 08:03:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | アニメレビュー | 日記
2024年03月28日 イイね!

2024春アニメが始まります


週が明ければもう四月。
2024春アニメ、初回チェック予定作品はこちら。

※作品のタイトルに公式サイトへのリンクを貼っていますので作品の詳細はそちらからご確認ください。


狼と香辛料
alt

前のアニメ版は観てないけれど推しのスタジオと監督だから期待してる。


怪異と乙女と神隠し
alt

二、三年前にあった似たテイストの作品(タイトル思い出せん)が結構面白かった記憶があるので。


怪獣8号
alt

ジャンプ人気作はチェーンソーマンみたいな当たり引く可能性もあるからとりあえずチェック。


この素晴らしい世界に祝福を!3
alt

クズマ is back!


じいさんばあさん若返る
alt

能登ばあさんだよ能登。ボイスコミックと同じキャストなので楽しみ。


終末トレインどこへいく?
alt

努監督久々のテレビアニメ。ミステリー要素の濃度で成否が決まりそう。


戦隊大失格
alt

ごとよめの春場ねぎ先生原作。ディズニー+独占配信なのがネックだけれど、ま、1話はどこかで拾えるでしょう。


花野井くんと恋の病
alt

ざーさん主役は久しぶり、でもないか。


響け!ユーフォニアム3
alt

サブタイトルは「転入生はテロリスト⁉︎」かな。


夜のクラゲは泳げない
alt

動画工房制作。かなり気合い入ってるとみた。


ワンルーム、日当たり普通、天使つき。
alt

かおす先生、かおす先生じゃないか!視聴ハードルは男主人公の造形か。


以上、ひいふうみい…全部で11作品か。意外と少なかったです。

この他だと、『Unnamed Memory』は迷い中。ちょっとラブコメっぽい風味もあって気にはなってはいますが、PV観ると微妙というか、声優さんの演技に作画の質が追いついてなくて地雷臭芬々。
あと、『ゆるキャン△』の3期もあるけれど、制作体制が変わって(スタジオがC-stationからエイトビットへ。監督も交代、キャラデザも変更)私の好きだったゆるキャン△はどっか行っちゃったので、多分観ないかなー。

初回の視聴レビューはいつものように何シテル?の方で上げていく予定です。


Posted at 2024/03/29 23:49:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | アニメレビュー | 趣味
2024年01月20日 イイね!

2024冬アニメ第1話プチ・レビュー


何シテル?で呟やいた第1話(+α)の所感をまとめて再掲します(編集・加筆あり) 尚、掲載はタイトルの五十音順。


『悪役令嬢Lv.99』
チート能力持ちが主人公のはめふらフォロワー系。特筆するような魅力も個性もない典型的な後追いテンプレ作品。何でもいいから四六時中アニメを観てないと死ぬという人以外にはお勧めできかねる。


『異修羅』
あ、もうムリっす。開始5分20秒で心折られました。一応最後まで観たけど舞台設定演出作画には相当惹かれるものがあったのでグロ・リョナ描写耐性持ちの人(嗜好がある人ではない)なら大いに楽しめそう。自分は撤退しますがオススメ。


『休日のわるものさん』
わるものさんより正義の味方のほうが悪質で草。色恋の絡まない『恋セカ』+『カワクラ』テイスト、浅沼晋太郎さんのドス声も佳き。今期のほのぼの癒し枠。継続で。


『外科医エリーゼ』
全編シリアスの『ミーア姫』だこれ。転生して天才外科医となった主人公が飛行機事故で命を落としまた元の世界に死に戻り…。夏期の『AIの遺電子』と同じで内容は面白そうなのにキャラデザと作画の拙さで損をしている感じはある。少女漫画チックな見た目で食わず嫌いせず付き合ってみることをお奨めします。


『結婚指輪物語』
異世界ファンタジーラブコメ開幕(でも基本シリアスよ)思ってたのとはちょっと違ったけどこれはこれでアリ。やっぱり千葉(繁)さんの声入ると一気に面白くなるな。ヒロイン続々出て来そうだけどその手の作品は女性キャラの可愛さが生命線でもあるので作画はどうか最後まで踏ん張って欲しい。


『最強タンクの迷宮攻略』
主人公がイキらないだけでおじさん80点付けちゃうぞ。クズ主人公のせいで大ブーイングだった同じ制作会社の前作『ポーション頼み』見ればわかるように主人公の好感度は大事ですよいやホント。初回は手堅いつくりで印象はまずまず。低予算ぽい雰囲気で万策尽きないか心配だけど、守るべきは崩れた動画より綺麗な止め絵でお願いします。


『最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。』
ちょっとフェミシアちゃんの屑親と村人どもメ木几又していいですか?『豚レバー』の如く主人公の境遇重くて鬱入りそうだけど作品的には嫌いではない。TOブックス原作勢は中身がちゃんとある感じがいい。絵が綺麗なのも良し。特に初回に関しては視聴モチベに関わってくるから作画の質は大事だと思った。継続で。


『佐々木とピーちゃん』
初回1時間SP。前半ほのぼのムードだったが後半不穏な雰囲気に。こういうのはお気楽に観たい方なのであまり深刻にしないで欲しいんだけど。とりあえず初回は合格。碧ちゃんは次回以降本領発揮かな。あとシルバーリンクは前期の『ミーア姫』で力尽きたのかもしれないが作画ガンバレ。


『戦国妖狐』世直し姉弟編
体感時間なっが。基本コメディなのかシリアスなのかどっちつかずでお気楽にも真剣にも観られない。視聴スタンスが定まらないのは疲れるんだよー。絵柄も合ってないし描き込みも足りない。“世直し姉弟編”ということは何シリーズも続ける気なのか?う〜ん、相当無理があると思うぞ。


『道産子ギャルはなまらめんこい』
ちっ、主人公めそのまま凍死しておけば良かったのに…。ヒロイン含め女子キャラは可愛いけれどキャラデザ含め主人公が不快指数ちょっと高めでイラリ。北海道要素以外はエ◯マンガのテンプレ設定かな。ということで、ぜひ原作に成年向け描写を入れて、作風が合いそうなジーオーティーかコアマガジンから発売しようそうしよう!


『姫様 “拷問”の時間です』
金カムじゃねえか(笑)この姫様そのうち「ヒンナヒンナ」言い出すだろ。わざわざビーフシチューの“皿に付いた食べ残し”を出してくるのが手練れすぎる。この拷問の一番の犠牲者って姫様じゃなく夜中に飯テロくらわされる視聴者だったりしないか。くっそ、パインジャムいい仕事しやがって…。継続。


『ぶっちぎり?!』
頭の悪い『Fate』始まった(違います)狙いまくって思い切りハズシてる感あるけどこういうの嫌いじゃない。作ってる側がノリノリでバカやってるのが伝わって来て楽しいし作りも丁寧。拒否反応示す人が多いだろうとは想像つくけど初回切りしちゃうのはちょっと勿体無い気がする。


『僕の心のヤバいやつ』2期
正確には第2クールかな。製作委員会から燃料が投下されたのか作画の質上がっててOPEDは神レベルの域。見た目だけ取り繕っても仕方がないが中身もよく出来ていてほぼ満点の滑り出し。だけど山田は肉食獣なんだよなァ。前から言ってるけどそこを曝け出して描いてほしい。


『ぽんのみち』
明夫さんの無駄遣いの麻雀アニメ。開幕広島弁とオブラートに包みもしないご都合主義展開、特に麻雀指南するわけでもなくちょこちょこ挟まれるカイジのパロディ…うーん何がやりたいんじゃ?ゲームやスポーツがテーマの作品の肝って門外漢をどう楽しませるかなんだが。切っても良さげだけど女の子の牌…じゃない乙なぱいが大きいので二、三話お付き合いしてみるか。


『魔法少女にあこがれて』
「どうしてこんなことに…」ってそれはこっちが尋きたいんだが(困惑)痴女コス触手責めアヘ顔リョナ描写にスパンキング、そら謎の光祭になるよなぁ。おまけに元プリキュアに黒いキュウベェ演らせとるし…。間違いなく言えるのはAT-X勢は勝ち組ってこと。継続?当然でしょう!


『勇気爆発バーンブレイバーン』
第1話バンバーンバーンババンババババブレイバーン!♪ これは、これはとにかく何も言わずに観てほしい!観ればわかる。いや、わからないけど、わからないのがわかるから!(錯乱)キービジュアルに騙されてはいけない。いやーこれはとんでもないのが来てしまったな。
第2話多分視聴者全員の頭に「一体俺達は何を見せられているんだ」というモノローグが浮かんでいると思う。もうね、ほんとなんて言ったらいいか、面白いんだけど只々困惑するしかないという…。全く展開が読めないが、ただ一つ、今年の夏コミは大量のブレイバーン本で溢れ返ることだけは間違いないと断言しておく。


『ゆびさきと恋々』
雪ちゃん、チョロい、チョロ過ぎる。チョロ過ぎてお父さんは心配だよ(誰がお父さんだ)男のヤツ天然たらしじゃねえかと思ったら、男の方も無事雪ちゃんにたらし込まれててワロタ。ベタな恋物語だけどおじさん少女漫画脳なので無問題、どころか大好物。唯一男キャラ達の唇がキモいのが生理的にイヤだけど我慢しよう(>_<)


『メタリックルージュ』
異星人と共存(隷属化?)している世界が舞台のちょっと込み入った特撮ヒーロー系女性バディもの。『異修羅』視聴した直後だったので分が悪かったかもしれないが、若干テンポが冗長に感じたのとウィットを利かせようとして上滑っているセリフが気になった。一番のネガは主役の片方(ともよじゃない方)の演技がおヘタでイラッとさせられること。そこが気にならなければどうぞ。


『ループ7回目の悪役令嬢は、敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する』
作画はパッと見綺麗だが作画タッチと書き込みレベルがぶれぶれでシーン毎に別の作品を観てる感。初回は説明臭くなりがちな点を差し引いても、演出もストーリー展開もあまりに平板過ぎて、まるであらすじ羅列の小学生の読書感想文を映像化した様。どんなに暇があっても視聴はお薦めしません。



惹きが強かったのは『ブレイバーン』『まほあこ』『僕ヤバ』『拷問姫様』『ぶっちぎり』『最弱テイマー』『結婚指輪物語』『ゆび恋』。マイリストからは外しましたが『異修羅』も。『わるものさん』『最強タンク』『エリーゼ』『ささピー』もまずまずで、予想よりずっとポジティブな手応え。
そのうち息切れしたりメッキが剥がれてくる作品も出るでしょうが、これだけ数あれば最悪半減したとしても嘆かないで済みそうです(寧ろ視聴スケジュール的にはその方がありがたかったりして)




Posted at 2024/01/21 00:58:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | アニメレビュー | 趣味
2024年01月12日 イイね!

2023秋アニメ総括


2023秋アニメ(10-12月期) 私的ランキング


第1位 君のことが大大大大大好きな100人の彼女
第2位 ティアムーン帝国物語
第3位 聖女の魔力は万能です Season2
第4位 ひきこまり吸血姫の悶々

以上。

『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』
まさか初回の狂気が13回も(しかも回を追うごとにエスカレートして)続くとはゆめゆめ思いもしませんでした。'23秋のダークホースにして去年の『アキバ冥途戦争』と肩を並べるあたおか作品。ラブコメでは多かれ少なかれ主人公にフラストレーション感じるものですが、主人公の熱くて清々しく真摯な、ハーレムラブコメ版上条当麻とでも呼びたくなるキャラ造形も見事でした。

『ティアムーン帝国物語』
はめふら+オバロ的結果オーライアンジャッシュなストーリー展開で、コメディとシリアスの按配も良ろしく、作画も高値安定で毎回視聴が楽しかったです。主人公(ミーア姫)役へのすみぺの起用も大正解。というか成功の八割方はこのキャスティングにあったかも。コミカルなOPとしっとりしたEDも秀逸の出来。はめふらと違い主人公が恋愛難聴でなくちゃんと恋心の自覚があるところも◎でした。

『聖女の魔力は万能です Season2』
1期から「もうおまいら早く結婚しろ」状態でやきもきしながら成り行きを見守っていたセイとホーク様のカプも、視聴者全員がハンバーグ師匠ばりに 「あまーーーーーーーーい!」と叫んだに違いない、これ以上ない大団円でめでたしめでたし。原作はその後もあるのかな。気になる。

『ひきこまり吸血姫の悶々』
途中からシナリオと作画の安普請が目に付くようになったのが残念でしたが、こまり閣下の可愛さがそれを補って余りあるので許します!

その他の作品については『ウマ娘3期』は今ひとつ物語の起伏に欠けたのと、競馬マニア向けの小ネタをやたらと挟む制作側の悪ノリが過ぎた感あり。
『豚レバー』は回を経るごとに鬱モードが強まって心が折れてしまい途中下車。
『ミギとダリ』はクオリティは申し分なかったのですが、途中何話か見逃して虫喰い視聴になってしまいました。この先一挙放送の視聴機会があれば是非再視聴して評価したいと思います。

あと『フリーレン』と『シャンフロ』はまだ後半クールがあるので、今回は俎上に乗せませんでした。


あ、最後になりましたが、今年も宜しくお願いします。


Posted at 2024/01/12 22:30:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | アニメレビュー | 趣味
2023年12月27日 イイね!

2024冬アニメが始まります


ABEMAの新年恒例企画として人気だった『あけおめはっぴぃにゅうにゃあ108回リピート耐久』が復活ならずで甚だ落胆している今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

さて2023年も残すところあとわずか。年が明ければまた新クールのアニメが始まります。
2024年冬アニメ、初回視聴予定作はこちら。

※各作品のタイトルに公式サイトへのリンクを貼っていますので内容はそちらからご確認ください。


異修羅
 alt


休日のわるものさん
 alt


外科医エリーゼ
 alt


結婚指輪物語
 alt


最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました
 alt


佐々木とピーちゃん
 alt


弱キャラ友崎君 2nd STAGE
 alt


スナック バス江
 alt


戦国妖狐
 alt


道産子ギャルはなまらめんこい
 alt


姫様“拷問”の時間です
 alt


ぶっちぎり⁈
 alt


僕の心のヤバいやつ 2期
 alt


メタリックルージュ
 alt


勇気爆発バーンブレイバーン
 alt


ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する
 alt


以上計16作品。

PV観て印象良かったのは、『異修羅』『休日のわるものさん』『戦国妖狐』『姫様“拷問”の時間です』『ぶっちぎり⁈』あたり。
中でも『ぶっちぎり⁈』は制作会社は違いますが内海監督が手掛けた『SK∞(エスケーエイト)』 が望外に面白かった記憶があるのでちょっと期待してます。それから『姫様-』は『魔王城でおやすみ』っぽいテイストで“拷問”のネタが尽きなければ楽しめそう。あとキャスティングが白石晴香さん(アシリパ)に小林親弘さん(杉元佐一)ってこれ絶対狙ってますよね⁉︎

ただ、個人的には前期今期同様に目玉になりそうな作品が無いというのが正直なところ。それと、PVレベルで既に作画が心配な作品がいくつかある(『エリーゼ』『結婚指輪』)のが不安材料ではある…

のですが、いずれにせよ蓋を開けてみないことには何とも言えないので、過剰な期待も悲観もせず、フラット且つオープンな気持ちで視聴に向き合いたいと思います(できれば、できればね)






Posted at 2023/12/27 22:54:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | アニメレビュー | 趣味

プロフィール

「なんでメンバーズIDでのログインではアカンのか。買収された時からいやな予感はしてたけど。だから◯◯◯は嫌いなんだよ。」
何シテル?   04/22 21:50
【閲覧に関してひと言】 社交辞令や足あと代わりのイイね!は不要です。基本来るもの拒まずのスタンスですが、フォローいただいてもコメントのやりとりがない方へのフォ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2024/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
212223 24252627
282930    

リンク・クリップ

今日のアニメ(その3) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/08/09 03:00:02
今乗るべきポルシェとは・・・? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/26 17:10:26

愛車一覧

スバル XV スバル XV
(編集中 画像は借り物です)’22年11月に6年落ち走行距離5.4万㌔強の個体を購入。数 ...
BMW 3シリーズ クーペ BMW 3シリーズ クーペ
'02年製('03年初度登録)BMW 318ci M-sport 5MT チタンシルバー ...
スバル プレオ スバル プレオ
'12年9月〜'22年11月所有。ダイハツ・ミラのOEM車。ハンドリングマシンではないが ...
日産 ノート 日産 ノート
'05年式日産ノート 15E アシ車として5年落ち中古を'10年11月に購入。そこそ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation