• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

BlaZeのブログ一覧

2018年07月14日 イイね!

フェラーリレーシングデイズ FXX-K & FXX-K evo

FXXプログラム最後は、もちろんこのクルマ。最新にして最速にして最良のFXX、FXX-K。昨年公表された空力アップデートバージョンのevoも、走行。もしかしたら、日本では初めての走行だったのかもしれない。

 可動式リアスポイラーの動き方が、やはり大きく目につく。FXX-Kをしてよく思うのだが、どことなく中国的なデザインを感じるのはなぜだろうか?
Posted at 2018/07/14 07:47:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 展-Showcase- | クルマ
2018年07月11日 イイね!

フェラーリレーシングデイズ599XX

FXXの次に登場した、XXプログラムのクルマは599をベースとした599XX。XXシリーズ唯一のFR車で、F12や812の礎を作ったのは間違いない

一度だけ走行シーンを見たことはったが、複数台が一気に走るというのは初めて。他のFXXマシンを引き連れての走行も、圧巻である。
Posted at 2018/07/11 21:07:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 展-Showcase- | クルマ
2018年07月05日 イイね!

フェラーリレーシングデイズ FXX

フェラーリレーシングデイズ FXX 今にして思えば、P1 GTRやヴァルキリーといったハイエンドハイパーカーというものの元祖は、このFXXなのではないだろうか。フェラーリ自身が、今後の市販フェラーリのたたき台として一般顧客(といっても、法人の顧客もいるようだが)のドライバーをデータとして収集するために作られたFXX。エンツォフェラーリをベースにしているが、その中身は、全くの別物と言ってもいいようだ。

 初めてFXXが走行するシーンを目撃したが、なるほど標準エンツォよりもかなりレーシングカー、というかレーシングカーそのもの、と言っていいだろう。
 今回のイベントでは、残念ながら第1セッションでクラッシュを喫してしまい、このクルマの走行を見れたのはわずかに30分足らずだった。
Posted at 2018/07/05 22:01:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 展-Showcase- | クルマ
2018年07月01日 イイね!

File.250 NSX

File.250 NSX 手元に届いた、とあるレンタカー屋の一通のメルマガ。そこに記されていた3文字は、思わず声を上げずにはいられなかった。
NSX
 既にそのレンタカー屋は旧型となったNSXをラインナップし、新車の入庫情報でNSXとあれば、もう新型の事しかないのである。運転する機会なんて巡ってくるわけがないと思っていたのだが、誰かが潰す前に、これは乗らなきゃダメだ。

 乗った瞬間、意外とこのクルマ、普通のクルマ…というか、ACURAにLEXUS。それぞれのトップクーペといえる、NSXとLC500。どちらかといえばLC500の方が内装の質感は高いし、乗り心地もいい。が、NSXも充分質感は高いし、乗り心地もこのクルマにしては肩透かしと思えるぐらいにいい。
 いいんだが、反面なんか、ソフトすぎる気がしてならない。ボディもお世辞にもしっかりしているとは思えないレベル。GT-Rの方がよっぽど硬派な気もするのだが、思想の違いと言ってしまえばそれまでだろうか。
 あくまでQuietモードだから、とも思ってSports+モードにして試してみても、印象を覆すまでには至らず。荷重をしっかり入れてしまえば、確かにしなやかに走る、というような印象になるのだが、だからと言ってボディがしっかりしているとは、残念ながら思えないのである。
 それ以上に酷いのが、ブレーキ。フロント6ポッド、リア4ポッドのカーボンブレーキらしいのだが、全く持って止まらない。カーボンブレーキだから熱が入っていない、のかもしれないが、であれば複数回踏めば効きが良くなっていいものだろうが、そんな傾向もなし。回生ブレーキとの調律でこういう設定になっているのかもしれないが、それにしたってブレーキは鈍感すぎる。もっとこう、ガツンと効いてもいいんじゃなかろうか、これじゃとてもじゃないが踏めたもんじゃない。
 唯一褒められるのがSH-AWD。これは、大柄のクルマにして小回りが利くようになるという素晴らしいデバイス。想っている以上にイン側に入っていくし、コーナリング中も、ステアリングの切り角以上にインに入っていくような印象を持ったのが、このシステムのすばらしさを物語っている。
 これだけで2300万円以上の価値があるかといえば、正直に言ってそこまで払うもんではないだろう。せめて、LC500と同額であれば、まだ納得がいく。GT-R Nismoより少し安い、それだったら、充分納得価格なのだが。まあ、日本で売れたとして、本当に好きな人だけのクルマ、というのが残念な日本市場の現状。安売りしたところで売れるクルマでもないし、欲しい人だけが買えばいい。
 残念ながら、この価格なんだったらGT-R nismoといわず、GT-Rトラックパックでも買って維持費にでも当てたいもんだ。2300万円オーバーなら、中古でフェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンのどれかの方が、欲しい。
Posted at 2018/07/01 19:58:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 評 -Car Review- | クルマ
2018年06月30日 イイね!

フェラーリレーシングデイズ

フェラーリレーシングデイズ フェラーリオーナーとフェラーリファンが集う、フェラーリレーシングデイズ。FXXシリーズや過去のF1等々、フェラーリファンだけでは無しに、クルマ好き、レース好きには必見のこのイベント。特に昔のF1マシン、今見たいなショボい音じゃなしに、あの甲高いエギゾーストをもう一度聞けると思うと…胸が熱いな!






F1マシンは、90年代のものから2015年位のものまで。FXXシリーズは、初代FXXにFXX-Kのエヴォリューションモデル迄が一気に勢ぞろい。ただ、FXXだけが午前中のセッションでクラッシュという憂き目にあってしまっているのが残念…明日もそれぞれ2セッションずつ、走行を行うらしい。
Posted at 2018/06/30 20:50:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 展-Showcase- | クルマ

プロフィール

「フェラーリレーシングデイズ FXX-K & FXX-K evo http://cvw.jp/b/309984/41718093/
何シテル?   07/14 07:47
某メーカー勤務にして、こそっと某社クルマライターをやってるクルマ好き。 12年来の片思いの末、Z33型フェアレディZを買い、一時はまさかのZ33 2台持ち...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 麗しのZ (日産 フェアレディZ)
苦節12年、2014年12月26日より乗っている愛車。復活した日産を象徴し不死鳥のごとく ...
日産 ブルーバードシルフィ 日産 ブルーバードシルフィ
2008年3月~2017年2月まで家族にて利用していた一台。 成田空港への出迎え、新宿へ ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
2010年11月3日より2015年8月15日まで乗っていた一台。 千葉、東京、茨城を中心 ...
日産 グロリア 日産 グロリア
30万円以下の中古車を乗り継いでいけば、面白いクルマにたくさん乗れるのではないか?という ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.