• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

半ねりのブログ一覧

2018年07月22日 イイね!

スパードライはお手軽に爽快感を実現する(佐久平行ってきた)

スパードライはお手軽に爽快感を実現する(佐久平行ってきた)久しぶりに自転車に乗った。荒川沿いに秩父まで行って一泊,翌日はR299を通って御巣鷹山の尾根を登り,ぶどう峠を超えて佐久平から帰った。

・荒川
きれいで広くて信号がなく快適だが,とにかく暑い。日陰がない。埼玉に入ってしばらくすると草むらの間を縫って走る。

・秩父
ホテルが取れない。さすが3連休の初日。駅前のスーパー銭湯に転がり込んだが,照明が明るくよく寝られなかった。

・御巣鷹山の尾根
ラスト3 kmくらいからが傾斜がきつく足をついた。沢に飛び込みたかったが,慰霊施設なのでやめておいた。1985年8月12日,520名が亡くなった。私の親はこの便に乗る可能性があったとか。

・しおじの湯
昼食。ラーメンの塩分が体にジワっと染み込んでくる。50分くらいと少し長めに休息。15:00に出発。

・ぶどう峠
ぶどうがなってるのかな?と思っていたら,武道らしい。全然そそらない。標高は1500 m弱,12 kmくらいを2時間かけて登った。長かった。トラックのおっちゃんが「がんばれ」と声をかけてくれて嬉しかった。

・帰りの新幹線
指定席は混んでいたが自由席は空いていて後ろの3列席の荷物置き場が使えた。軽井沢で大勢乗り込んできてほぼ満員になった。

・ビール
直接神楽坂の店でビール。22:00近かったと思う。秩父で飲んだスーパードライもうまかったが,この日のモルツのほうが良かった。スパードライは,お手軽に爽快感を実現する怠惰なビールである。

写真は御巣鷹山の尾根に登る途中。もうメチェクチャ暑かった。久しぶりに沢から水汲んで飲んだ。



Posted at 2018/07/22 10:17:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月11日 イイね!

超にわかファンのワールドカップ

超にわかファンのワールドカップワールドカップが終わった。終わってないが,日本にとっては(=私にとっても)終わったので,4年に1度の超にわかファンとして感想をまとめておく。

・下馬評
4年前のブラジルは酷かった。Jリーグ設立以前から積み上げてきたものが,バラバラに崩れてしまって,全くのゼロから再スタートしなければならないようなショックだった。細かいパスを繋いで相手を崩し,流れの中で点を取るという美しサッカーをザッケローニは掲げたが,彼は最後の最後で,そのスタイルを信じることができなかった。世界では通用しないと知っていて,本来勝つための手段であるスタイルを捨てて,何がしたいのか全く見えないワールドカップは2敗1分けという戦績以上に悲惨な結果に終わってしまった。

今回も監督交代バタバタ劇があって,下馬評は低かった。開始の数ヶ月前に監督すげ替えて,何か変わるものかというのも疑問だし,期待するとつらいというのもあって,1敗2分けくらいを想定していた。それでも,”次”につながるサッカーができれば十分だと思っていた。戦績よりも,自分たちのサッカーはどんなものなのか,何を目指して行けばいいのか,もっと強くなれる,世界で互角に戦える,そんな実感を将来的に得られるようなサッカーを。


・戦績
○ 日本 vs コロンビア 2-1
△ 日本 vs セネガル 2-2
● 日本 vs ポーランド 0-1
● 日本 vs デンマーク 2-3

・感想
「10人に1回勝っただけ,11人には1勝もしていない。」というセルジオ越後の言う通り,戦績は大したことはない。内容もコロンビア線を見たときはどうしようかと思った。前半3分で相手が退場したものの,10人相手に攻めあぐねチョロチョロ後ろでパスを回す。どっちが一人少ないのかわからないシーンも多かった。パスはスペースに出さず味方のいるところに出す。足止めてパスを受ける。有機的な連携プレーなどほぼ皆無で,ましてや創造性など望むべくもない。ブラジルの二の舞かと思った。

しかし,続くセネガルと決勝トーナメントのデンマーク戦は内容は悪くなかった。上記のような何がしたいのか分からない退屈なプレーは減り,カウンターのようなものまで見せていた。縦に速いサッカーは,ハリルホジッチが掲げていたものだ。もっと具体的に書きたいが思いつかない。

フィジカルが強い,足が速い,豊富な運動量,縦パス連携,個人のテクニカルなどは,どのチームも目指しているところだろう。その上で,日本人の特性を活かしたサッカーとはどんな物なのか。自分たちの”スタイル”は何か。それは,サッカーに限らず,日本人とは何かという問いに直結してくる。

デンマーク戦を見て思ったが,日本人は高さは劣る。運動量はちょっと有利かもしれない。スピードはないが,アジリティはある。勤勉で言われたことを守る。しかし,それはディシップリンとは違う。言われたからヤルでは,ディシップリンとは言えない。無責任の体系に陥る。このあたりの精神的なところは,外国人監督では理解しにくいところだろう(オシムを除く。)。

長くなったが,今回は「日本は世界で戦える」ということを,少なくとも見せてくれた。セネガル線は,世界的にも評価が高かったとい。まだ強くなれる。今までの積み上げは無駄ではなかった,そう思わせてくれる内容だった。本当に4年に1回しか見ないが,これからは代表戦は見るようにしようかと思う。

写真は近所のにゃんこ先生。たまに声をかけてくださる。
Posted at 2018/07/11 23:22:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月24日 イイね!

砂田弓弦の講演会に行ってきた(本にサインをもらって嬉しい)

砂田弓弦の講演会に行ってきた(本にサインをもらって嬉しい)砂田弓弦の講演会に行ってきた。

ロードに乗っていたら知らない人はいないだろう。ツール・ド・フランスなどにオートバイに乗っての撮影を許される数少ないフォトグラファーである。ツールは取材のバイクは12台という制限があり,その中に入り込むのは至難の業で,砂田さん自身も16年待ったという。

私は一度八重洲ブックセンターで彼の公演を聞いているので二度目である。外苑前から少し歩いたOVEというシマノが運営するイベントスペースで,新刊の発売イベントも兼ねていたのかもしれない。今回の新刊は写真集ではなく砂田さん自身の仕事にフォーカスしたもので,今日の講演も単体のレースの話ではなく,単身イタリアに渡った経緯から,取材中の苦労,チーム運営,補給食,天候,アクシデントなど欧州の自転車文化にフォーカスされていて,最前線の生身の経験談は刺激的だった。メモまで取ってしまった。

・アマレースが頻繁に開催される。しかも,スポンサーがつく。
・トップアマは無職。毎週土日と火曜にレースが開催される。
・学校の授業ではなく地域のスポーツクラブが主体。
・練習は2列の隊列で走る。隣の人と世間話をしながら。欧州はどこもそう。
・補給食は昔はサンドイッチだったが最近は栄養重視のスポーツバーなど。
・コンタドールはツールの最終日に「今日はサンドイッチを食う」と宣言した。
・ロケハンはやらない。
・自分より上手なアマチュアはたくさんいる。プロは収入につなげるところが違う。
・後ろ指を指されるような仕事の仕方は控えてきた。日本人の特性が信頼につながる。

チクリッシモも結構買っているが,彼の写真は玄人好みなところがある。上記のコンタドールのエピソードも,写真は単にコンタドールが笑いながらサンドイッチを頬張っているだけなのだが,20日間の味気ないスポーツバーを食べ続けた開放感があるとわかると,また違って見える。自転車の歴史,文化に精通しているので,連綿と続く歴史の流れの中に位置づけることができるので,「知っている人はわかる・知ればもっと楽しい」という印象だ(なんでもそうかも知れないが)。

チクリッシモの中で砂田さんは「アマとプロとの境は厳然としてある。それは,観客に感動を与えられるかどうかだ」と書いていた気がする。その意味で,収入に繋げられるか,というプロの条件は意外と言えば意外だった。それまでの私は,それで収入を得ていれば(ケイスケホンダでなくても)プロだろうと考えていたからだ。

本にサインをもらった。うれしい。少し読んだが,おもしろい。こう言ってはなんだが,写真より体験記の文章が面白い。ツールがんばれ,Diary読んでます。
Posted at 2018/06/24 01:02:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月04日 イイね!

さよなら,とらあさん

さよなら,とらあさん先程サマナーズウォーをアンインストールした。2016年11月にインストールして,2018年4月に実質活動を停止したので,一年半くらいのサマナライフだった。

入れた直後にげっそりするくらいの力技ゲームだと気づいた。それまでパズドラはパズル,黒猫ウィズはクイズとという要素があったが,サマナーズウォーはただひたすらダンジョンを周回してキャラを強化するためのアイテムを集め続ける。すぐ辞めるかも,そう思っていた。

それが変わったのは2017年2月頃だった。とらあさんというイケボのYoutuberがいて,彼の動画を見てから一気にドはまりした。それは,ソシャゲーということだった。パズドラも黒猫ウィズもスマホゲームではあるが,ソシャゲーとは言えない。サマナーズウォーは,ギルドと言われるチームがあり,ギルチャが活発でオフ会も各所で催されている。そこには,解体された世間に代わる新しいコミュニティがある。会社やリア友以外にも繋がりがある。

私はグローバルサーバーということもあり,ほとんど喋らなかったので,ソシャゲを楽しんだとは言えないが,とらあさんの動画は毎日楽しみにしていて,過去動画をBGMに毎日巨人を回し続けた。深夜の生放送に数百人が集まってチャットするような世界も初めて知った。専用のtwitterアカウントをもって連動させるというのも初めて。とらあさんが,ふとももを引退したときはショックだった。毎週末に少しずつガチャを回すのも楽しみだった。7000円くらいの課金と現在の時間では,行けるところまで行ってしまった感があり,それ以上の投資はできなかった。

youtubeのチャンネル登録でアップデートの情報がチラホラ目についたが,見ないようにしていた。見たら始めてしまいそうだから。先日,チャンネル登録も外した。とらあさんは,何というかアバターのような気がしていた。段々と強くなっていくのが,見ている私も楽しかった。いつかワールドアリーナで赤3に入ってほしい。というか,日本代表でアメリカに行って優勝してほしいよ。がんばれ!

Posted at 2018/06/04 23:55:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月20日 イイね!

私にとってのエンゾ早川

私にとってのエンゾ早川エンゾ早川を最初に知ったのは、本屋で「間違いだらけの自転車選び」を見つけた時だった。当時私はビートを購入した時の反省から、事前に何を購入のポイントにするかを調べており、序文などを読んで購入したのである。

彼の本ではロードバイクがブームになり広く一般に広がることを歓迎しつつも、真偽の怪しい情報が溢れ初心者を惑わし、本当に価値のある商品が減ってしまう現状を嘆いていた。そして、初心者がロードバイクを購入する時のポイントをサイズに絞っていた。それはロードバイクで最も重要な「体幹の筋肉」を活用したペダリングを実現するための手段だった。

しかし実際に体感の筋肉を活用したペダリングは容易ではない。できているのか・できていないのかの判断がまず付きにくいのだ。ロードバイクは色々なところが痛くなるが、私は手の平と肩、尻が痛かった(首や股間はなかった)。体幹を使えていれば、それはなくなるのだろうか?と意識し続けながら約8年、サイズをmm単位で少しずつ調整しながら、最近ようやく「腸腰筋とはここか?」と言う感じでぼんやり見えてきた所である。

正直、彼の主張には納得しにくいものも多い。ネットでは叩かれ続けているようだ(最近は忘れ去られ気味?)。業界のメインストリームとはとても言えない異端児だが、ロードバイクの分野で体幹の筋肉の重要性をいち早く訴えていたのは彼だった。ブームのかげで日本のロードバイク文化の醸成に小さな一石を投じたと思う。

写真はGW。Basso Viperはクロモリで、彼のオススメ。この時は1,700 mまで登ったが、大腿四頭筋はほとんど疲れない代わりに下腹部の奥に鈍い疲労が溜まっていくのがわかる。手も痛くならない。
Posted at 2018/05/20 12:13:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「スパードライはお手軽に爽快感を実現する(佐久平行ってきた) http://cvw.jp/b/410066/41749654/
何シテル?   07/22 10:17
「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

1 人のお友達がいます
らぶりぃぱんだらぶりぃぱんだ *

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
2008年8月13日に納車しました。私にとってはこれが始めての車の購入でした。当時の私は ...
その他 その他 その他 その他
2月7日に納車のBasso Viper。本体120,000。ペダルと空気入れで総額130 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.