• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

es355のブログ一覧

2019年01月14日 イイね!

下津~由良~有田~有田川

下津~由良~有田~有田川もりだくさんだったので一つの町で数枚限定で。
たくさん写真はありますので改めてフォトアルバムで。

下津  釈迦堂 鎌倉時代 国宝







由良  アトリウム  車仲間のお茶会








有田  矢櫃漁港  日没まで









有田川 月乃家  鶏白湯ラーメン




有田川へ行けば、先輩ギタリストのお宅へ顔出し。


「みかん、持ってく?」と和歌山では恒例の頂き物。
~3S 4L~ 端サイズと侮るなかれ。 うまい。

こんな感じで一日終了です♪
Posted at 2019/01/14 22:20:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | お出かけ | クルマ
2019年01月13日 イイね!

音づくりから当時を思うQUEENの音楽

音づくりから当時を思うQUEENの音楽遅ればせながら「ボヘミアンラプソディー」見てきました。
岸和田のIMAXです。
和歌山にはイオンにDORBY-ATMOSで上映出来るスクリーンがあるのでそちらで見るのも良いかも。

僕とQUEENの出会いは1974年 3枚目の「シアーハートアタック」が出た直後でした。
「キラークイーン」のシングル盤を買いました。今も持ってます。
当時中学の1年生でした。
その頃に日本でも火がついて。
ミュージックライフという雑誌があって来日時の写真なんかもたくさん載っていました。

当時どちらかというと女子に人気があって、
「男子はレッドツェッペリンかディ―プパープル」って感じで
「女子はQUEENかベイシティローラーズ」ってな感じだったかな?(教室の中の話です)


映画についてはすでに語りつくされてると思いますので割愛。
いつものニッチな話です。

初期のQUEENの音づくりってすごく凝ってて、サウンドエフェクトなんかも
後に出てくるものの先取りをしてるものが多々あります。

例えばフランジャー

1枚目(1973年)の1曲目はいきなり冒頭から掛かってます。ギターです。


件のキラークイーンではコーラスパートに丸ごと掛かってる部分が。


こういう音を変調させる効果っていうのはすでに60年代にはビートルズがスタジオで実験的な事をやりつくしていて
そういう技法がイギリスのスタジオには伝統として残っていたのかもしれません。

多重録音した複数のオープンリールの一台だけ端(フランジ部分)を指で触るところから
「フランジング」と呼ばれるようになったとか。

ジミヘンやビートルズの逆回転なんかもオープンリールのマルチトラックテープ時代だったからこそですね。
そういう手動的な操作でやる時代(60年代)から70年代に入ると電気的な素子でそういうことをやらせる時代に入ります。

バケツリレー式遅延素子といいます。BBDと略されてます。
これを使ったスタジオ用のエフェクターや後に小型化されたエフェクターがギタリストの足元へ来たり、ギターアンプの中に入ったりします。

僕の記憶ではローランドのジャズコーラスアンプが75年。
単体のコーラスアンサンブルやジェットフェーザーも同時期です。

BOSSのエフェクターが出てくるのはそのちょっとあとの76年頃。
ADAのフランジャーやエレハモのミストラル、MXRのデカいフランジャーもその頃です。
定番のtcのSCF(ステレオコーラスフランジャー)なんかは80年代が見えたくらいの登場だったと記憶。

つまりQUEENの1枚目~3枚目くらいの時期(1973年~1974年ごろ)には素人ギタリストはこういう
エフェクターの出音を身近に聞いたことが無かったのです。

もっともプロの現場は違っててスタジオにはいろんなメーカーの製品化する前のプロトタイプや
試作品が持ち込まれ、ミュージシャンはそれを使って実験し、意見を言う、なんてことがあったと想像できます。

ちょうどそういう製品が出てくる前夜。QUEENはそういう音をアルバムの中にちりばめていきます。
もちろん今ではデジタルでなんでも出来てしまう時代ですけど、当時はオーバーダビングもサウンドエフェクトも
全てアナログの時代です。

QUEENのアルバムで聞けるギターオーケストレーションやぶ厚いコーラスパート。
そのパートごと左右に飛ばしたり、動かしたり。
すごく手間暇を掛けて作ってます。
じっくり聞いてみて下さい。

ブライアンメイのギターの音も、これが1本のギターの音か、と思うような音の変化で。
トーンを絞ったウーマントーンはもちろん、エッジの立った鋭い音、位相を反転させたフェイズサウンド(鼻つまみサウンドともいわれます)あり。
アンプはVOXのAC-30です。
最後のライブエイドのシーンでは計12台AC-30をスタックしてるのが再現されてます。


これはブライアン自身が語るボヘミアンラプソディー録音時の解説。
映画見た人向けですけど。

Posted at 2019/01/13 23:28:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | フェバリットミュージシャン | 音楽/映画/テレビ
2019年01月09日 イイね!

エキシージ+VTEC+Mr.OI in SUZUKA

僕が良く知ってるのはなん@さんのエリーゼ+VTECなんですが、
もちろん違うお方のロータスです。

今年に入って動画が出てきましたのでどうぞ。
Posted at 2019/01/09 20:37:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | 鈴鹿サーキット | クルマ
2019年01月09日 イイね!

FUNK THISの日本盤の状況

FUNK THISの日本盤の状況この作品はチャカカーンにとって10度目のグラミー賞受賞作で、
僕にとってもチャカの復活を実感するに十分な充実の一枚です。

確か発売は2007年の事で、当時は輸入盤しかなかった。
バーガンディレコード、というUSソニー系のレーベルからのリリースでした。
プロデュ―スはジャム&ルイス

2007年末にグラミー受賞、翌2008年来日してプロモーションするというタイミングの前に
日本盤の発売になりました。 (遅いってww)
日本ではBMGジャパンが発売元。 でボーナストラックが2曲入った。

大阪にチャカが来たのは2008年の6月11日で、この時にはトニーメイデンも来た。
バンマスはベースのアンドリューガウシェでロスアンジェルスのバンドでした。

丸ビルのタワーレコードで日本盤を買いなおしてトニーメイデンにサインをもらいました。
70年代Rufusの頃からのファンです。
TONNY MADEN RUFUS 08 と書いてくれてます。
「トニー。70年代から貴方のファンだ」と言ったら「70年代?ほんまか!サンクス!」と言って RUFUSって書き加えてくれました。
「バックステージのチャカにもサインもらってくれへん?」とトニーに頼んだのですが、「彼女はもう出ちゃったよ。 セカンド終わったら彼女は即、宿に帰るのさ」と。
結局チャカは楽屋から出てこずサインもらえず。
セットリストはベースのアンドリューにもらいました。 
アンドリューとはFBフレンドになってもらったりして今でも情報もらってます。
チャカのバンドはもうやってませんけど、彼の仲間のギタリストyohhei氏はスティ―ビーワンダーの
ツアーギタリストに抜擢されたりしてよくライブ映像に映ってますね。





ちょうどこの2008年がBMGジャパンの消滅→ソニーミュージックエンターテイメントSMEへの移管
などいろいろあったころのようで。
2009年SMEになってから再販したものの、その後はどうもフェードアウトしたようで・・・・

今2019年現在、なんと日本盤は廃盤になってます。  え? グラミー作なんですけど・・・・

廃盤セールでもやっぱり売切れ
https://www.sonymusicshop.jp/file/1/S/OriginalPage/haibanSale_2019/

という事で、ボーナストラック2曲は現在入手可能な輸入盤、ストリーミング、ダウンロードでは聞くことが出来ません。

日本盤の中古は時々出てきますから、網張っとくと入手可能でしょうね。

ボーナストラックは僕がこんな感じでアップしたら主に海外の方に喜んで頂いてるようです。
(with Vo. G. Tony Maiden)


2011年の2月にも大阪に来ましたがこの時のドラムはこのトラック↑で叩いているクリスコールマンで、トニーメイデンは来ず。
この時は2月1日のセカンドに行きましたけどチャカ絶好調でした。


最近はチャカの新譜の話を聞きません。
昨年2018年はアレサフランクリンのお葬式で歌う姿を見ることが出来ました。
Posted at 2019/01/09 06:40:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | フェバリットミュージシャン | 音楽/映画/テレビ
2019年01月08日 イイね!

Nikon1+アダプターFT1+Distagon28

Nikon1+アダプターFT1+Distagon28kaffyさんからお題を頂いたので
Nikon1の旧一眼レンズ用アダプターマウントの件を。
(これは持てる資産の有効活用なので僕はがんばります)

FT-1といいます。
Ai対応レンズと組み合わせることで、絞り優先になります。
もちろん露出計は効きます。 あとはシャッタースピードを選ぶだけ。 
AF無し(当たり前)  MFのみです。

あ、僕はNikon1のボディはJ1(初期モデル)とJ3(中期モデル)を持ってるのですが、
MF利用に限ってはJ1のほうが使いやすいです。
J3は絞りもシャッタースピードも同じダイヤルリングを使って調整するのですが、
これがいつまで経っても慣れない。 
「え?今どっち?」と画面を見る事になるのがめんどくさい。
その点、J1は絞りはダイヤルリング、シャッタースピードは親指のレバーと分かれてて、FT-1利用の時は絞り設定はレンズで行うので、シャッタースピードを親指でピピピッと触るだけ。
その間右手のホールド状態は変わらずシャッターに人差し指が乗ってます。(これすごく大事)
J3はダイヤルに親指が行くと右手のホールド状態が変わるのです。決まらない。

今となってはDfというボディが発売されてるので、
資金のあるNikonユーザーは旧レンズはDfで活用されてると思います。
もしくはフィルムで。

でもDf発売まではFT-1を使ってNikon1に載せるというのは選択肢の一つとしてあったのです。
 
Nikon1はセンサーの大きさの関係で35mm換算で2.7倍するという事になってて、
200mmのレンズが540mmに化ける、お~~~~とかやってたのです。

でもよくよく考えるとそれは特殊用途であって、日常じゃないわけです。

手持ちのレンズの中でAi対応レンズで・・・・・・・
これだ。

カールツァイスのDistagon28mm f2

これは35mm換算で75.6mmとなる。

これは単焦点レンズとしては使えるかもしれない。

ブツ撮りもやってみます。
こんな感じです。







Posted at 2019/01/08 05:25:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラ | クルマ

プロフィール

「ContiPremiumContact 2 215/55R16 93Y 4本で35000円という軽のタイヤ並の値で叩き売り中。年度は古いが新品。良いタイヤなんですが。スピードレンジはYですよ。」
何シテル?   01/14 23:23
2012年8月14日からアルファロメオ147 2.0TS 5MTに乗り始めました。 15年以上前から好きだった車、今だからこそ147。  出来るだけメンテナ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

【気になる記事】高級外車の売却益隠し続出 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/22 17:29:20
Alfa 147 リヤ スプリング ダンパー サス交換 DIY No.5 取付 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/03 18:35:34
オイル漏れ修理 (カムカバーパッキン交換) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/19 14:28:24

愛車一覧

アルファロメオ 147 銀ちゃん (アルファロメオ 147)
(銀) 2012年8月から乗っています。 2018年3月31日、初年度登録から15周年 ...
ホンダ XR250R ホンダ XR250R
USレーサーの逆車。91年式。 アチャルビスビッグタンク、マルカワレーシング強化ジェネレ ...
ヤマハ BW'S100 ヤマハ BW'S100
台湾ヤマハ 2サイクル時代のものです。 オイル吐出量多め。ミラーに映る白煙に時代を感じる ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
UA-DY5W スーパーコージーキャンバストップ 1.5L(黄) 久しぶりのマツダ車。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.