• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ROSSO1970のブログ一覧

2018年08月10日 イイね!

AUTOMOBILE COUNCIL2018

AUTOMOBILE COUNCIL2018例によって1週遅れになりましたが(汗、先週末幕張メッセで開催されたAUTOMOBILE COUNCILに今年も行ってきましたので、レポートいたします。

※今回もデジイチ中心に撮った、大き目写真が大量なのでPCでの閲覧をおススメします(^_^;)










                                     ・
                                     ・
                                     ・




エスカレーターを下りたら、まずはやっぱり初公開となった新型アルピーヌですね。多くの熱い視線を集めていました。


















パッと見は、思ったよりズングリしている印象でしたが、4Cほどではありません(笑) 走りの評判は高いですよね。案外ハードではなく、「ロータスよりケイマン寄り」との説も。ハンドリングがどんな感じか、乗ってみたいですね~。



















こちらはオリジナル。比べてしまうとワタシはやっぱりコッチに惹かれちゃいますね(^_^;)




















さて、見学は配置順でしたが、今回は大まかに国別にまとめてみましょう。このままおフランスから。アウトニーズさんは相変わらずの雰囲気ですが・・・























今年は特にこのブルーのDSが素敵でした。なんと3列シートの特別仕様。2日目の投票による「カー・オブ・ザ・イヤー」を獲ったそうです。





















お次はイギリス。入口付近にはこちらも毎回貴重なベントレーやロールスを展示されているワクイミュージアムさん。























新型コンチネンタルGT、(ヘッドライトが隠れちゃってますがw)カッコ良かったです。ボディの色目だけでなく、なんとなく血筋を感じますよね。






















でも英国なら、個人的にやっぱりこの辺りが魅力的です。「地を這うように低い」という表現がピッタリですね。セブンもケイターハムとは佇まいが違いますね。





















AMCでは、毎回アストンも幅を利かせています。特にDB4、5、6辺りはいつ見ても素敵ですし、「不遇な時代」のモデルにあえて乗るのもカッコイイと思います。DB9は価格もこなれてきていますね。


















今回特に注目したのはDB7ザガート、しかもヴォランテ。希少ですね。























クーペだともちろんダブルバブルルーフですが、オープンになると背中のコブになるんですね。なんとなく、ボクスパにも似た感じでカッコイイです(^_^)





















隣に展示してあった「イグアナ ヨット」という船、キャタピラーが付いていて陸を自走できるそうですが、どう使うんでしょうか(^_^;) 湖畔の別荘で、岸から格納するガレージまで・・・とかでしょうか。





















こちらは発表されたばかりのDBSスーパーレッジェーラ。イカツイですねー(^^;) 






















フェンダーの盛り上がりも凄いです。



















ジャガーではやっぱりEタイプ、それもSr1が最高ですね~。


















各部完璧にレストアされていましたが、E/gルームのある部分を見た感じ、実走はできない状態に見受けられました。いくら綺麗でも、クルマは走ってナンボ。飾りじゃあ仕方ないですよねー。



















このディフェンダー、内装も含めてカッコ良かったです。オリジナル派のワタシですが、特に思い入れがないから、イジクリモンでも受け入れられるのかな?(^_^;)






















国産車メーカーでは、特に今回トヨタが積極的でした。日産のMID4も注目の的でしたね。


















ここ数年発表されるマツダデザインのコンセプトカーはどれもイイ感じですね。毎回、照明の当て方にも拘りが感じられます。暗い中、この描写はデジイチならではですね。





















ドイツ勢で目を引いたのはこちらの300SL。鋼管フレームが凝っています。





















ポルシェは新しめが多かったです。黒のサンゴロ、イイですね~。





















904はレプリカです。「セミの抜け殻」のような(笑) ボディは売約済みでした。





















帰宅してから写真を見返してみると、やっぱり一番多いのがイタリア車です(笑) まずはフェラーリ、テスタが3台いましたが、中でもこちらは貴重な初期型ワンミラー。でもフロントにぶつけた跡があったのを見逃しませんでしたよ(笑)




















BBi。なかなか綺麗でした。





















BBより高額な348(^_^;) コルサで貴重なんでしょうけど・・・ねえ(汗




















いつみても美しいディノ。この246も高価ですが綺麗でした。






















こちらの個体は比較的お値打ちだったかもしれません。「ジュリエッタ」に拘らなければ、賢い選択ですね。




















綺麗なSr2は貴重ですね。1300でした。




















可愛いピッコロイタリアン4人組も魅力を振りまいていました。
















中でもグッと来たのは、グリーンのフィアット850スポルト。ベルリネッタは初めて見ましたが、素敵ですね~♪ RRの乗り味も気になります。個人的に今回のNo1でした(・∀・) 




















ランチアのフラミニア、4灯のモデルだとマセラティのセブリングと似ていますよね(笑) オトナなイタリアンGT、憧れますがやっぱり好きなのは・・・





















ギブリ!改めて、カッコイイなあと見惚れてしまいました。





















クルマ以外の会場の様子もご紹介します。こちら吉田秀樹さんの作品展。



















そのうちワタシもオリジナルで愛車のポスターを作ってもらいたいです(^O^)


















今回も、映画やアルバムジャケットに登場する車の展示もありました。ゴダールのポスター、デザインどうなんでしょ(^_^;)





















昨年に続き、「青山ハイブリッド」さんの家具の展示もありました。B&Bのステキなチェアに惹かれましたが・・・時間も限られ、そもそもそんなの買う余裕も全く無いのでスルーwww



















AMCといえば、車両展示以上に盛り上がるのがマルシェ。あちこちで購買欲を刺激されます(笑)





















溝呂木・馬場両氏の作品はいつ見ても素晴らしいですね。




















こちらの木製のモデルカーも素敵でした。

















これは40です。拘りの造り込みですね!





















熱心に掘り出し物を探す皆さんの「圧」にタジタジになります(^_^;)






















今年一番ドキドキしたのが、こちらのフランスから来たヴィンテージポスター屋さん。商品はすべてコピーではなくオリジナルとのこと。以前から、モナコGPなどのカッコイイポスターが欲しいとは思っていました。・・・その中で、こんな作品が!























365BBの、しかもキャノンがフランスで打った宣伝でしょうか?お店の女性が、書いてある言葉の意味も教えてくれました。「(同じクルマのオーナーなんです)」「(ワオ!素敵ですね)」「(なので、このポスターが欲しいけど、高くて買えません)」「(苦笑)」と片言の英語同士でやりとりw 数千円値下げされたところで買えませんし、価格交渉はしませんでした(-_-;)




















その代わり、ロンバルディさんで見つけたこちらの旧い洋書を買いました。1000円でした(^_^;) 昔のファクトリー風景を収めた本で、砂型鋳造の様子やほぼ手作業で造られていく当時のフェラーリのモデルが紹介されています。























「75年まで」ということで、最後の方にラインオフされる365BBと、そのエンジンユニットの貴重な姿が。これだけでも価値あります♪





という辺りで、まだ名残惜しいものの、「家族とのランチに間に合うように帰らないと(汗」と思いつつ、こちらのお店(カミカゼコレクション)に引っ掛かり・・・


















ワックスと、フワフワのマイクロファイバークロスのセットを買っちゃいました(^_^;) コーティングのスパシャンは聞いたことありましたが、こちらは「ブラジル産の上質な天然カルナバを贅沢にも53.7%、ガラスコーティングをバインダーとして特殊な技術により配合させたワックスの持つ深い艶グロス感を与えガラスコーティングとしての耐久性も合わせ持つハイブリッドワックス」とのこと。





















一応コーティングしてあるらしいBBですが、スクラッチも結構目立ちます。とはいえヴィンテージは施工店に嫌がられますし、いずれは再塗装も考えているので、とりあえず「コーティング車にも使えるワックス」を探していました。なんだか施工が難しそうですが(汗 時間がある時に試してみようと思います。





















と、これでも一部端折りながらですが一気にレポートしました。回を重ねるごとに盛り上がりを見せるAMC、来年は春の開催のようです、今から楽しみです♪ 


そして今回、三郷から湾岸まで繋がった外環道を利用しましたが、一気にワープする感じで快適でした(^O^) 




















できれば息子を連れて「トミカ博」「プラレール博」に毎回通っていたと時にできていて欲しかったですが(^_^;) ともあれ先だっての圏央道にしても、各方面へのアクセスが楽になったりルートの選択肢が増えるのは嬉しいですね!







Posted at 2018/08/10 23:27:15 | コメント(13) | トラックバック(0) | イベント | 日記
2018年08月05日 イイね!

修理完了!

修理完了!週明けには立秋、のはずなんですが・・・とにかく暑い日が続いていますね(汗 今日は3回目となる Automobile Councilに行ってきました。すでにみん友さん達がアップしていますが(汗、例によってワタシは1週遅れくらいでレポートします。おそらく他の方がスルーしてしまっている、ワタシならではの視点でチェックしたところもありますので、よろしければアップ時にご覧になってくださいませ(^_^;)







                            ・
                            ・
                            ・





さて、報告が遅くなりましたが・・・以前不調と言っていましたBBですが、すでに先月上旬には修理に出し、無事数日で戻ってきました(^^)



ブログを書いた時点では、(元々セッティングに不安もあった先入観から)キャブも疑っていたんですが、よく考えたら「全域で不調な訳ではない」「速度(=ギア)に関わらず、同じ回転域で発症する(4000~5000)」などから、どうやら点火系、それも可能性としてはデスビ等よりもCDIの不具合だと見えてきました。



以前から、「BBの弱点のひとつにCDIがある」というのは把握していましたが、その場合「始動時にかかりが悪くなり、いずれご臨終」・・・というパターンが多いイメージでしたので、すぐには思いつきませんでした。












※ちなみにBBのCDIはエンジンルームのこの辺りにあります。熱害を受けるのは確実ですよね(汗











主治医やアルファ時代のメカの方に相談したりして、色々検討しましたが、今回は地元近くのディノさんでお世話になることにしました。











※クラシケ取得済みという、ピカピカの512がありました。コンディション良さそうです☆











切替社長が、以前BBにお乗りだったオーナーさんから販売委託を受けストックしている中古のオリジナルCDIをお持ちということで、とりあえず現状のままリプレイスしていただくことにしました。













※やっぱりデザインは488より458の方が好きですねー・・・












もちろん、中古部品に替えるだけ、というのはいつまたそれが「発症」するかわからないリスクはありますが・・・手持ちをリビルドすると80諭吉(!)位かかるとか、すでに仕上がったモノだとお値段なんと120諭吉(!!)とか恐ろしい話で(滝汗 それは断念。











※ポルトフィーノもあんなですから、カリフォリニアが魅力的に見えてきます。ピニンから離れたフェラーリのこれからのデザインがどんどん不安になります(汗










「デスビの不具合(動きが悪くてうまく進角しない等)」など、実は別の部分に原因があって軽症で済む・・・という淡い期待も虚しくw、やはりCDI本体だったようです。













※ずっとネロにも乗ってみたいなあと思っています(^_^;)










事前に検討中、主治医も切替社長も、口をそろえて「性能だけなら、MSDに替えちゃう方が安くて確実に着火も良くなる」というお話でしたが・・・(コレですね↓)





















うーん・・・輸入車・国産問わず旧車でよく行われる、いわゆる点火系チューニング用のモノですね・・・同シリーズのコイルに替えたり、シリコンコードに替えたり??お好きな方もいらっしゃるでしょうが。設置場所は目立たないとはいえ、「いかにも」な見てくれがBBにそぐわないですし、配線も加工が必要です。なによりオリジナルでなくなることにとても抵抗を感じました。(理屈ではわかっていても、切替社長もCDIはオリジナルのままとのことでした・笑)









※外したCDI。ちょっと磨いたらピッカピカになりそうなくらい綺麗です。このユニットは、部品がエポキシか何かの樹脂でガチガチに固められていて、リビルドは一筋縄ではいかないそうです(汗







なにしろ無事クラシケを取得した我が愛車です。できるだけその状態を維持しなければ、という強い思いもあります(おそらく替えてしまった状態で申請してもクラシケは取れません)。「性能はアップする」ということで迷いつつも、今回の決断となりました。










※取りつけていただいたユニット。事前にお借りして、自分で磨いて綺麗にしたかったかも(^_^;) 覗いてわずかに見える程度で、手が届かないんですよね・・・









数日で無事作業は終わり、引き取りに。確認試乗・帰宅時の高速での試走では、気持ち良く上まで吹け上がるのを確認。スッキリしました(^O^) 若干低かったアイドリングも安定し、全体的にしっかり着火しているのを体感できました。
























この夏で、ワタシのところにやってきてから丸6年になります。思えば、納車数カ月後に冷却水漏れを起こしてローダーのお世話になった以来、不動になるような不具合は起こしていません。「どれだけかかるか」と恐れていた整備代・修理代も、今のところ355(コチラも優等生でしたが)と大差ないくらいしかかららず、改めて良い個体に巡り合い、手に入れることができて良かったなと思います。












※写真集作製時の未使用カットより。(悠佑氏撮影)








次の車検時には、タイベル交換含め、エンジンを降ろしてある程度手を入れてあげる予定でいます。今後もクラシケの価値を損ねることなく、また見ても乗っても満足できるグッドコンディションを維持していきたいと思います(^O^)










                                      ・
                                      ・
                                      ・







一方、フロントガラスの修理完了後、気づけば2カ月以上乗っていなかったボクスパですが(汗


















猛暑が一段落した某日、涼しい朝を見計らってちょっとだけ近所を一回りしました♪




















峠をそれなりのペースで飛ばさなくても、田舎道を流すのもイイもんです・・・この日は平日で、それほど早朝ではなかったので出勤の方々のお車も多くて肩身が狭かったですが(^_^;)





















「とにかくもっと乗ってあげて。定期的に走らせた方が調子が良いから」というのも、主治医・切替社長とも異口同音におっしゃるんですが・・・忙しさとぶり返した猛暑とで、なかなか乗りだせずにいます(汗 いつも手元にある環境になり、以前よりは思い立ったらすぐに出撃しやすい状況ではあるので、そう心がけようとは思います(^^ゞ











Posted at 2018/08/05 20:44:06 | コメント(19) | トラックバック(0) | フェラーリ | 日記
2018年07月29日 イイね!

セブ島に行ってきました♩

セブ島に行ってきました♩
昨年の宮崎、一昨年の沖縄、4年前の北海道など、7月の連休に絡めた「夏休みフライングスタート」が定番になりつつある我が家ですが・・・今年は4人で初の海外、セブへ行ってきました(^O^)













                            ・
                            ・
                            ・






子供たちは初成田。ワタシとヨメも、なんとハワイでの挙式以来??こんなに海外に行かない期間が長いのは人生初でした(^_^;) 小さめの飛行機(シートピッチも狭いです・汗)ですが、なんとか機内での退屈もクリアして無事到着。












※機外の写真は息子撮影(笑)











移動からの道中は、東南アジアリゾートでおなじみの風景が続きます。この、ギュウギュウの乗り合いバス??たくさん見かけますが、乗降システムが謎です(^_^;)

























今回の宿泊先「クリムゾン リゾート&スパ」に到着。車寄せで降りてエントランスから、そっけない渡り廊下を進んで行き・・・





























突き当たると眼下にメインプール、そしてその先に海が(^O^) 一番手前のタイルは建物の屋根にあたります。高低差を巧みに利用した素敵な設計ですね♪





























向かって右手がレセプション(画像は夜です・汗)ですが、ヴィラに宿泊するゲストは階下にある専用デスクでチェックインの手続きをします。

























泊るお部屋が遠い場合、カートに乗せていってもらいますが、泊まる棟はプールのすぐ近くということなので、ヴィラスタッフに施設内の説明をしていただきながら徒歩で移動。


























こちらが今回宿泊したヴィラ。門扉があり、玄関が通りに面していないのが嬉しいですね。

























リビングはそれほど広くありませんが・・・


























何と言ってもポイントは専用のプライベートプール付き(^O^) 


























しかも、特に指定していなかったんですが、オーシャンフロントにアップグレードしていただけました♪ 同じプール付きでも、解放感が全然違うのでこれは嬉しい!


























ベッドルーム。天蓋付きのキングサイズはお約束です。プラス、夜はリビングにエキストラベッドを用意してもらいました。


























バスルームは余裕の広さです。



























シャワーブースもあるのは助かりますね。調度品もアジアンンリゾートテイストでまとまっています。また、写真のワインと冷蔵庫内のドリンク(最初に備えてある分)はフリーです♪





























コーヒーマシンはネスプレッソ。イマドキ、BGMはブルートゥース経由でスマホからお好きな音楽を、ですね~。
























目の前にあってはいてもたってもいられず(笑)、着替えるのももどかしく飛び込みます(笑)

























しばらくすると雨が降り出したので、プールは切り上げてシャワーを浴び、タクシーで街中へお土産を買いに行きました。

























旅行先で市場やスーパーに行くのはワクワクしますね♪























日本と違う品揃えに子供達も楽しそうでした。

























東南アジアでは、いつもそれっぽいお味と見られる即席麺に惹かれるんですが・・・結局日本の製品の方が美味しいんですよね(^_^;)




























肉や魚はオープンな感じで?蠅が気になります(汗
























ケーキはドぎつい着色料のモノが目立ちますが、このチョコにしては真っ黒なヤツは一体何味なんでしょうか(^_^;)

























初日の夜はビュッフェにしました(子供たちは無料!)。さすがにアジアン料理は概ね美味しかったですが、パスタや和食的なモノは・・・(汗 経験上、料理まで抜かりなく美味しい、というレベルは、やはりバリに行かないと難しいかもしれません。


























                                 ・
                                 ・
                                 ・






明けて2日目。やや曇りがちながら、お天気もまずまず。起きてすぐ「早くプールに入りたい!」と騒ぎますが(笑)、まずは腹ごしらえ。プール横の建物が、昨夜の夕食でも利用したメインのレストラン棟です。






















ヴィラ宿泊者は、朝食も一般のゲスト(1階)と違って、2階にある別のレストランでゆっくりいただけます(^^)





















バリで泊ったいくつかのリゾートホテルと違って、「あらゆるジャンルが揃い、朝から美味しいカレーや点心もいただける」、ということはなかったですが・・・まずまず満足いくレベルでした。
























「映え」する(笑)こちらはフレッシュジュースやスムージー。
























「早く早く」と急かされながら食べ終え(笑)、メインプールへ。思ったよりお子さん連れの家族も多く、気兼ねなく遊べました。






























待ちに待って、でご満悦(笑)























意外と深さは無く、息子は足がつくエリアも。ようやくスイミングでもバタ足ができるくらいになってきて、時には浮輪等も使わず楽しんでいました(^^)




























ヨメと交代で休憩しながら子供たちと遊びます。リゾートのプールサイドでは、ビールではなくフローズンダイキリ、がマイ定番です♪



























巨大なチェスもありました。イベント(大人向け・子供向けとも、朝から夜まで色々あるようです)なんかで使うんでしょうか(^_^;)

























こちらは目の前のプライベートビーチ。あまり広くはありませんが、海は綺麗ですしキチンと整備されていました。

























ただ、波が高いのと波打ち際から急激に深くなるので、子供達にはちょっと危険であまり楽しめませんでした(汗 結構魚もいたんですが・・・

























ちなみにヴィラ宿泊のゲストは、午後4時から6時までの間、こちらのラウンジ(夜はスポーツバー)での軽食とドリンクが無料です♪ なにかと嬉しい特典がいっぱいです(^O^)

























ここぞとばかり、安価なサンミゲルではなくハイネケンを(笑)

























敷地の反対側には、キッズエリア「クリムゾーン」が。最近できたそうです。


























こちらには子供向けのプールが2つ。

























意外と皆さんメインプールで遊ぶのか、いずれもガラガラでした(^_^;)

























さらに屋根のある施設にこんな遊具も。雨が降っていても楽しめます。トランポリンもあって、子供たちは夢中です(笑)




























汗だくになったら、エアコンの効いたお部屋でプラレール(的な・w)などでも遊べます。今回、セブで「一番良い」という評判のシャングリラではなくクリムゾンにしたのは、落ち着いたヴィラタイプに泊りたかったこともありますが、これらの子供向け施設が充実しているのが決め手でした。

























そして夕方前、3人が遊び疲れてお昼寝している間、ワタシはやっとひとりでのんびりタイム♪

























いそいそとサービスのワインとビールを持ち出して・・・


























海風に吹かれながら乾杯!このころから日本は猛暑だったみたいですが、あちらは昼間でも日陰は汗をかかないくらいで快適でした(*^_^*)
























夕食は、朝食をいただいた「Enye」にて。昨年他のレストランからリニューアルオープンしたというスペイン料理のレストランです。























ワインも結構充実しているようでした。





























夕方、ひとりでつまみつつ楽しんでしまったので(笑)、軽くアヒージョとスパニッシュオムレツ、パエリアのみ・・・何とも陳腐なチョイスですが、暗い店内で小さな文字の英語メニューだと老眼のため判読困難で(滝汗 しかもパエリアはチキンにしたら茶色くて地味w 普通にシーフードにすれば良かったです(^_^;)

























夜はメインプールがブルーにライトアップされて綺麗です。案外ナイトプールを楽しんでいる方は少なかったです。宮崎では息子も少し楽しみましたが、今回は朝から1日中満喫したので、パスしました(^_^;)
























せっかくの海外でしたが、今回は残念ながらアコモデーションはここだけ、たったの2泊(汗、翌日には帰路につきました。午前中、チェックアウトまでまたもプールなどで遊びましたが(笑)



チェックアウトも、ヴィラの場合はスタッフがお部屋まで来てくれて手続きできるので、レセプションまで行かずに済んじゃいます。あとはスーツケースごとカートで直接車寄せまで乗せていってもらえますし、とても楽チンでした。


というわけで、クリムゾンに泊るなら絶対ヴィラ、できればプール付きにすることをおススメします。オーシャンフロントなら最高ですね。あらゆる場面で優遇されるので、価格差以上に満足感があると思います。またお子様向けのアクティビティも充実していて、「アジアンリゾートをゆっくり楽しみたいけど。小さい子供がいて・・・」という方にはうってつけだと思います♪



















子供たちにとっては、プールと海さえあればぶっちゃけどこでも良かったんですが(笑)、調べたら昔と違ってグアム辺りは旅費が凄い高いんですよね。バリやランカウイなどはフライト時間が長い、などから、セブにしてみました。(厳密には、空港のあるマクタン島から出ていないんですが・笑)






















成田に着いてから、息子がポツリと「せぶ、たのしかった。」と・・・旅行の後はいつも同じようにつぶやいてくれます。家族旅行は、もちろん道中も毎回とても楽しいんですが、このセリフを聞くときが、実は一番感動して嬉しい瞬間です。もう小学校に上がりましたし、今後あと何回4人で旅行に行けるか、考えると焦りますが・・・これからも、出来る限りあちこち連れて行ってあげたいと思います(*^_^*)



前後編に分けず一気にアップしました(汗 今回も長々とお付き合いいただきありがとうございました(^^ゞ





Posted at 2018/07/29 20:45:52 | コメント(15) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2018年07月13日 イイね!

Ferrari Racing Days 2018〜後編〜

Ferrari Racing Days 2018〜後編〜えー、例のBB不調は入庫時の予想通り、点火系(具体的にはCDI)に原因があり、修理終了後先日無事にガレージに戻りました。 その件は追ってご報告するとして・・・今回は前回に引き続き、Ferrari Racing Daysの模様をお伝えします、後編です(汗


今回も大きな画像が盛りだくさんですので、PCでの閲覧をおススメします(^^ゞ






                   ・
                   ・
                   ・




1日目の夕方、全てのプログラムが終わる前に宿へ出発することに。移動はKさんの16Mスパイダー(^O^) 助手席にお邪魔しました♪

























夕方になり、ちょっと涼しくなってオープンドライブが気持ち良かったです。サイドウインドウを下げていても、風の巻き込みがボクスターより少なかったのが意外でした。























到着前、山中湖を見降ろすポイントにて。逆光だと、スマホのHDRアプリが有効です。























今回はエクシブ山中湖に泊ります。残念ながらサンクチュアリは満室で、本館の方でしたが・・

























それでも予約していただいたお部屋は十分な広さ。






















残念ながら雲に隠れていましたが、富士山も正面に見えます!



















2ベッドルームで、こちらのツインともう一部屋は和室でした。























お風呂も眺めが最高♪ 景色を絵画の額縁として切り取る演出ですね。





















お楽しみの夕食はイタリアン「ルッチコーレ」にて。
























コースとワインをいただきながら、車談義に花が咲きます。その後お部屋で飲み直し。はしゃいで飲みすぎ、途中で撃沈しました(汗





















                                      ・
                                      ・
                                      ・








明けて2日目。この日も朝から各プログラムで元気にコース上を走っていました。駐車場を埋め尽くすフェラーリ達・・・500台くらい集まったみたいですね(^_^;)





















では、気になったお車をいくつかご紹介します。まずは新型12気筒、812スーパーファスト。ショウルームの個体は照明が暗くて良く分かりませんでしたが、こちらは屋外でバッチリ。























思いのほかカッコ良く、気に入りました。特にリアスタイル・・・F12よりラインがシンプルで、遠くから眺めるとクラシカルな雰囲気もあって?最後のNA12気筒みたいですし、ちょっと欲しいかも~(^_^;)
























ショウルームの展示車、シートに座ってみました。むせ返るような革の匂いにラグジーな空間・・・コレはコレでヴィンテージと違う魅力ですね。

























そのF12も、tdfだと別物のオーラです。さすがFRD、何台もいましたが(笑)
























意外とスリットも「取って付けた」感がなくてまとまっています。フェラーリに限らずここ数年の流れですが、やはり白が流行みたいですね。




















歴代スペチアーレも勢ぞろい。まずは最新のラフェラ。アペルタとの違いは良く見ないと分かりません(^_^;)




















エンツォ。なんだかもう中途半端に古臭く見えてしまいます(汗





















50も評価が上がっていますが・・・




















個人的にはやっぱり40!





























そしてGTO!ですね~(*^_^*)





















でも数年前から、コースインするには事前に正規ディーラーに点検入庫する条件になったんですが、そのせいもあってか(暑さもあるでしょうが)ヴィンテージモデルの参加はめっきり少なかったですね。目についたのはデイトナと・・・


























308に・・・・




















328(他にロッソもいました)くらい。BBは1台も見ませんでした(-_-;) もはや355ですら少数派で、ご一緒した新入りさんのお車含めて数台・・・なんとも寂しい気がします。





















458始め、「普通」のフェラーリはゴロゴロいる訳ですが(笑)、フェラーリ専用のパーキングのはずのスペースで異彩を放っていたお車も数台・・・こちらマットブラック、しかもなにやら立体的な模様がサイドにあしらわれた(撮り損ねましたが)ラッピング?のi8。それ用のエアロパーツもあるんですね~。



















そしてアヴェンタ、しかもSV!フェラーリにない色も相まって、目立っていました(^_^;) 驚いたことに、ナンバーがなんとワタシの地元!? おはポンに来て欲しいですね(笑)





















ご一緒したお友達(Visitor.Zさん、ジュランさん、新入りさん・・・といっても全員みんカラはご卒業・汗)以外にも、当日は現地でご挨拶させていただいたみん友さんも数名いらっしゃいました。中でもBB仲間でもあるIVNOさんとは、不調の原因と思われるCDIについて詳しくお話をお聞きし、アドバイスも頂きました。今回はやはり暑さを考慮して?575Mマラネロで駆けつけ、パレードランに参加されていらっしゃいました。(※マイBBについては、追ってブログで結果をアップしようと思います。IVNOさん、ありがとうございました!)
























                                  ・
                                  ・
                                  ・






さて、今回のFRDでは、488のハードコアモデル・ピスタがジャパンプレミアされました。
























フロント・リアともノーマルとは造りがかなり違っていて、458×スペチアーレの時以上に差別化されている感じです。
























V8ツインターボで721PSですか・・・動力性能は想像を絶するレベルですね(汗 ニュルのタイムが楽しみです。

















造形もさることながら、ふんだんにカーボンがあしらわれ・・・実際に乗るには気を遣いそうですね(^_^;) 









                                    ・
                                    ・
                                    ・



今回のFRD、クラシケが少ないなど不満もありましたが・・・一番「それはないわ!」と驚いたのが、ランチのメニューが2日とも全く一緒!通しで参加する方もかなりいると思いますし、クレームついたと思います (-_-;) ワタシもたまらずいつもはスルーするWebでの事後アンケートに回答しました。チケットに込みなので、もったいないのでいただきましたが・・・ここは是非改善して欲しいところです!






















そして2日目午後のメインプログラムは、チャレンジの決勝レースです。






















恒例のオフィシャルフォト撮影のあと・・・




















グリッドウォークになだれこみます(笑)






















今回尾根遺産は少なめでしたが、ブログ読者のみなさんの為に無理矢理便乗して(笑)撮影(^_^;)






















この2台のドライバーさんだけが引き連れていらっしゃいましたが、個人で「発注」するんですかね(笑)





















そしてこの後いよいよスタート!・・・ですが、渋滞を考慮して早めに帰路についたため、レース途中や結果の画像はありません(汗









                                    ・
                                    ・
                                    ・




その代わり、前回編集が間に合わずアップできなかったF1の動画で締めたいと思います。もはやビデオカメラも持ち出さず、スマホで撮影~i Movieで繋いだ簡単編集ですが(^_^;)




















いやー、やっぱりこれでこそF1!痺れるサウンドと速さとカッコ良さ、揃っていないとですよね~・・・全く魅力を感じなくなり、見なくなって久しいですが・・・今後どうなっていくんでしょうかね(-_-;)







    

                                ・
                                ・
                                ・





というわけで、オリジナルな視点も交えつつ前後編にわたってご紹介いたしました。ちょっとでも現地に行った気分になっていただけたら嬉しいです♪


















長々とお付き合いいただきありがとうございました~(^^ゞ
Posted at 2018/07/13 22:14:21 | コメント(14) | トラックバック(0) | フェラーリ | 日記
2018年07月08日 イイね!

Ferrari Racing Days 2018〜前篇〜

Ferrari Racing Days 2018〜前篇〜先週末、富士でFerrari Racing Daysが開催され、お友達と久しぶりに泊りで両日参加してきました♪ すでに皆さんアップされていますが(汗、後発ですし、せっかくなので他の方があまり紹介されていない部分も含めてレポートしたいと思います!

何かとネタが多くてボリュームたっぷりですが、ネタを整理してなんとか2回にまとめまして・・・まずは今回前編をアップします(^^ゞ (※重いデジイチを頑張って持って行きました。大きめの画像が大量なので、PCでの閲覧をおススメします・汗)







                          ・
                          ・
                          ・






梅雨明けして猛暑の予報、しかもBBがイマイチ不調(あの後改めて色々考え、どうやら症状と理屈からしてキャブでなくてデスビかCDI?辺りの点火系かなと予測してます。本日入庫させました。)なので、今回はお友達のちぺおさんの599に乗せていってもらいました(^_^;)






















偶然、お近くに今回もご一緒させていただくK氏の16Mスパイダーが(^O^) 


























すでにプログラムは始まっていますが、まずは休憩がてらオーナーズラウンジへ。



























お~、噂の限定モデル「J50」ですね。デザインの妙なのか、意外とコンパクトに見えました。




























シルバーはこの個体1台という噂も。フロントのナンバーからして、恐らく以前コラボ撮影させていただいたLP400のオーナー氏所有かと(汗





























ここ数年、ウブロは各スポーツ積極的に協賛していますね。参考までにチラ見しておきました(^_^;)


























トッズは長らくフェラーリモデルを作っていますね。ワタシが持っているのは普通のヤツですが・・・ドラシューで長距離を歩くと足の裏が痛くなるので、こういうイベントでは履けないんですよね(汗
























ボッテガの出店は初めてかな?イントレチャートでセンターストライプを配したスポーティーなバッグがカッコ良かったです☆



























ビアンキの自転車、お値段をお聞きしたら・・・高い軽自動車くらいでした(^_^;)























改めて1階へ降りましょう。ショウルームには、もう1台ロッソのJ50が。赤の方がカッコイイかな?


























初めて見ました、新型「ポルトフィーノ」。うーん・・・どうでしょう?個人的にはカリフォルニアの方が好きですが(汗


























リアもなんだか締まりがないような・・・でも、やはりカジュアルな雰囲気が女性にも人気らしく、次々とドライバーズシートを試されていました。





























クラシケの展示は年々少なくなり、ついに今回はたったの2台(-_-;) こちらは250tdf。渋いカラーですね。

























そしてネロの275(ショートノーズ)。もちろんどちらも素晴らしいんですが、ヴィンテージ好きとしては初回の鈴鹿の時のように、クラシケも気合入れて欲しいですね。なんならワタシも喜んで車両協力しますよ(爆





























おなじみ目の毒「アマルガム」のモデルカー。


























愛車のモデルをオーダーメイドすると、1/8サイズ(のみ)で160諭吉位からだそうです(滝汗
























ポルトローナ・フラウとのコラボチェア。これが出た時に「おお!ぜひ書斎に♪」と思いましたが、一瞬で諦めざるを得ないお値段ですwww むしろ買おうかどうか悩むような微妙な金額じゃなくて、清々しいです(笑) カンチレバー付きで、掛け心地は良かったです♪





























こちらもおなじみ田宮のコーナー。何か買ってもらったようです(*^_^*) ワタシも息子に「欲しい」と言って欲しいなあ~(><)

























さて、XX programが始まるようなので、パドックの方へ足を踏み入れてみましょう。おぉぉぉ~、FXX-K、初めて見ましたがカッコイイですね☆

























ブルーもイイ感じです。

























もちろんロッソもサーキットに映えます!
























EVOも2台来ていました。カナードも付いて、さらに迫力がありますね!
























マットブラックのEVO。タイヤを外されると、宇宙へ飛び立ちそうですね(^_^;)
























内装は当然レースカーのそれ。ステアリングが(汗























ちなみに素のFXX-Kはこんな感じです。




























そういえば、599以降は市販車ベースのXXモデルが出ませんね。まだまだ元気に走っています。(実は撮り損ねてしまい、画像はちぺおさんからお借りしました(^_^;))


























コースイン!全開でぶっ飛んでいきます。



























今回望遠は持ち込まなかったので、流し撮りも無し、適当に撮った写真のトリミングです(^_^;)

























そしていよいよ一番のお楽しみ、F1 clienty!!(^O^)



























今年は今までで最多の9台が参加していました。























いやー、何度体験しても、ピットで間近に見るとテンション上がります!























例の「バーコード」はいただけませんが・・・この辺の年式のマシンは、サイドの造形がカッコイイですね♪

























やはり自分としては、12気筒モデルにより注目してしまいます。こちらはアレジのマシン。412T2?かな?(^_^;)




























そしてマンセルの乗った640。今回は残念ながら不調であまり走りませんでしたが・・・カッコイイですね~♪そして「27」はやっぱりフェラーリにとっては特別なナンバーですよね(^O^)


























いよいよ出走です!ギャラリーの熱い視線が集まります。























毎回土曜日は比較的セキュリティが甘く、走行中もサインエリアで見られます。(※SSも落とさず、スピード感のない写真で恐縮です・汗 撮影に集中せず、じっくりライブの迫力を満喫してました・笑)
























どのマシンも快音で走り去りますが、やっぱり12気筒モデルの音は緻密でトーンが違います。まさにフェラーリサウンドですね!(( ≧▽≦))ノ゙ (※写真はF2007か2008?です。F92Aはイイ写真がありませんでした・汗)

























この方は、毎回通過時にわざとピット側に寄ってきて下さって(多分ですが)、サービス精神旺盛です(笑)鼓膜がビリビリきます!!痺れますね~(><)
























上から見ると、いかにF1のディメンジョンが異常かわかりますね。空力ありきですね。
























不調だった640は両日とも点検されていました。F1マシンも、ストラダーレ同様旧いモデルの方が「中身」の造形も惹かれます♪
























ちょっと新しい412でも、これだけ味気なくなります。





















日曜にはずらっと並ぶファンネルもお目見えしていました(^O^) V12を主張するかのような「御神体」に思わずひれ伏したくなります(笑)
























エキマニの取り回しにも萌えますね~♪























・・・と、今回はこの辺まで。続きは後編にて(^_^;) 長々とお付き合いいただきありがとうございました。

動画も撮りましたが、編集が間に合わず(汗  F1サウンドは次回のお楽しみで~す(^O^)

Posted at 2018/07/08 21:05:14 | コメント(15) | トラックバック(0) | フェラーリ | 日記

プロフィール

「AUTOMOBILE COUNCIL2018 http://cvw.jp/b/446816/41817345/
何シテル?   08/10 23:27
I love cars, the earth, the R&R.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

納車! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/03 21:20:27

ファン

127 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ 365GT/4BB フェラーリ 365GT/4BB
長年の夢であった365BB。納得いく個体を、ついに手に入れました。 フィオラバンティの ...
アウディ A1 スポーツバック アウディ A1 スポーツバック
2014年4月~所有。通勤用コンパクト。質感高い内装が特に気に入ってます。
BMW 3シリーズ ツーリング BMW 3シリーズ ツーリング
’14年10月~所有。家族用足車。子供の送迎で距離を乗るため、音・振には目をつぶってディ ...
ポルシェ ボクスタースパイダー ポルシェ ボクスタースパイダー
987Sからの乗り換え。幸運にも割り当てを頂きました。最後の6発NA/MTボクスター?大 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.