車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月31日 イイね!
[ジェームス] フリスクマスクをゲットする旅(東京から札幌に臨時帰省するの巻)カー用品&ピット作業店の「ジェームス(jms)」から、「来場者プレゼント」 をお知らせするダイレクトメールが届きました。

何やら、フリスクがマスクになったという世界初のものらしい。ということで、引き替え期限の最終日に、いつも利用している店舗に向かいましたので、備忘録としてその状況を記します。


<ご参考(前回ブログ)>
◎コールマン・クーラートート編は → 東京から札幌に臨時帰省するの巻

■ジェームスから届いたDM
3月初旬、ジェームスから東京の自宅にDMが届きました。見ると、そこには 「世界初!」 の文字が。FRISK(R) がマスクになって超爽快体験!!とあります。ただし、「空前絶後のぉ~超絶怒濤のマスク」 とか、「マスクを愛し、マスクに愛されたフリスク」・・・とまでは謳われていません。

<↓ジェームスから東京の自宅に届いたDM>


 

引き替え期間は、3/10(金)~3/27(月)までの18日間。いずれにしても、世界初のマスクとやらをいただけるのならば、いただくに越したことはない。「どれどれ、実施店舗はどこだろう?」 とDMの裏面を確認してみると・・・。

<↓DMに記載の案内店舗は、いつも利用している札幌・百合が原店でした>
 

何と、自宅近くの唐木田店(東京都内)ではなく、いつも利用している百合が原店(札幌市)からのDMだったのでした。以前、百合が原店のDMを持参して唐木田店に粗品を引き替えに行ったところ、「当店では扱っておりません!」 と断られてしまったこともあることから、フリスクマスクを手に入れるためには、札幌に飛ぶしかありません。

いま、私が抱えているすべての業務について調整を重ね、いよいよ引き替え期間の最終〆切日(3/27(月))当日に、ようやく北海道入りできるメドが立ちました。ただし、この時点で懸念がありました。DMには、「なくなり次第、終了となります」 と明記されているからです。

引き替え最終日に、果たして 「全国17万名様限定」 の中に入れるのでしょうか。東京から札幌に飛んでみたものの、粗品は品切れ・・・という可能性もあり得ます。運を天に任せて、出発します。


<↓航空券は、フライトの日時によって実売価格が大いに変動するので要注意>


■羽田から新千歳に飛ぶの巻
3/27(月)の早朝、自宅を出て羽田空港行きの高速バスに乗車します。AM4:30発なので、乗員もまばら。事故渋滞にも遭わず、順調に空港に進みます。

<↓左:高速バスの車内。早朝の乗客は少ない  右:この日の羽田空港は、あいにくの雨>


<↓新千歳空港には、定刻通りに着陸(ただし私見として、主翼の上下振動が大きめに感じました)>
 

今回、座席指定された場所は主翼のすぐ脇でした。窓越しに主翼先端を観察すると、結構、上下方向に振動を繰り返していることが分かります。素人なりに、金属疲労しないのか、検査はどうやって実施しているのか、そのOK/NGの閾値(許容範囲)は数値化されているのか、などについて考えさせられました(それほど振れていた、の意)。

無事に新千歳空港に着陸し、預けた荷物を受け取るコンベアエリアに向かいます。
途中、見慣れない 「空港で働くクルマ」 があちこちに見受けられます。
こうしたクルマたちの見学会があれば、ぜひ参加してみたいものです。


<↓空港内の 「はたらくくるま」 の例>


■実家のある札幌へ
新千歳空港から札幌までの移動は、前回(→ こちら )と同様、快速エアポート(電車)にしようかと思ったのですが、実家への接続を考慮して今回は高速バスに乗り込むことにしました。

<↓新千歳から札幌への移動手段も、高速バスを選択>


実は出発前日の3/26(日)は休日出勤しており、当日3/25(月)もAM3時過ぎの起床(睡眠は約2時間)だったため、車内でうとうとしてしまい、あやうく降車駅をやり過ごしてしまうところでした(停車した瞬間に起きたので、無事に降りられました)。

降車駅から実家までは、荷物を持って歩きます。
距離はそこそこありますが、実働で約20分間。
南側の歩道(建物で日陰になる側)には、まだ雪が残っています。
途中、デザイン違いのマンホールを撮影しました。


<↓歩道の日陰部分には、まだこれくらいの残雪あり>


<↓デザイン違いのマンホールを思わず撮影してしまう(クリックで拡大)。いずれも北海道らしいもの>






■いよいよジェームス入り
こうして、無事に実家に到着。「移動の足として、スバル・デックス(DEX)を使っても良い」 との申し送りを姉と行っており、着いて早速、ジェームスに向かうことにしました。

<↓これがOEMのスバル・デックス。小回りが非常に利き、ATの変速ショックもなめらか>
 

ジェームスの駐車場にデックスを駐め、店内に入ります。恐る恐る女性店員さんに、「この景品はまだ残っているでしょうか?」 と尋ねます。すると 「はい!まだありますよ!」 との明るい返答をいただきました。

<↓東京から札幌のジェームスまでの片道1000km超を、飛行機も使って粗品(クーポン券も)をゲット>


結果として、東京から札幌に飛んで、無事に 「フリスクマスク」 のゲットに成功!
「本日のタスク・その1」 を果たしたのでした。


■タスク・その2
今回の本当の帰省目的は、緊急入院・緊急手術を受けた親の介護のためです。
多くは語りませんが、悔いの無いように精一杯のサポートをしているつもりです。

<↓現在の戦いの場(他の画像は生々しいので割愛します)>


私には、「相手が親だから恥ずかしい」 などといった感情は一切ありません。
事実を正しく把握し、家族として正しい選択を下し、最善を尽くすのみです。
3/27(月)から4/2(日)までの1週間、毎日21時消灯ギリギリまで、親のとなりで粘っています。
密かに心配していただいているみん友さんもいらっしゃるようですので、まずはこのブログをアップさせていただきました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。
2017年03月26日 イイね!
愛車復活モニタープレゼント【シュアラスターホイールクリーナー】愛車復活モニタープレゼント・応募ブログ
~ SurLuster ホイールクリーナー ~


Q1ディーラーや洗車場、コーティングショップなどで耐久のコーティングを施工されていますか?(Yes or Noでお答え下さい)

回答: No
補足: 新車納車時のみ、スバルディーラー扱いのボディガラスコーティング:「アクアコート」 を施工。その後は、適時(スバルディーラーにて) 「撥水洗車NEOプラス」 を施工する程度です。

Q2:シュアラスター製品を使われていますか?(Yes or Noでお答え下さい)

回答: Yes
補足: 固形ワックス(青缶)を保有、ただしボディへの使用頻度はかなり低いです。

<ご参考>
モニターに当選した場合は、スバル・エクシーガ(2012年式)、またはスバル・レガシィ(2006年式)のホイールに供試させていただく予定です。

特にエクシーガでは、「ブレンボキャリパー&プロジェクトμ HC+」 という組み合わせにおいて、STI ホイールに付着したガンコなブレーキダストの ”汚れ落ち性” などについて、ぜひレポートさせていただきたいと思っています。なおレガシィの場合は、「スバル純正キャリパ&純正ブレーキパッド+SSR インテグラルGT-1」 という組み合わせになります。

以上、よろしくお願い申し上げます。

この記事は 愛車復活モニタープレゼント【SurLuster】 について書いています。

※質問を編集や削除しないで下さい。
Posted at 2017/03/26 23:16:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | タイアップ企画用
2017年03月24日 イイね!
みんカラ:LED・HID特集【エーモン】LED・HID特集 「みんカラ」 モニタープレゼント応募ブログ
~ エーモン・フロントグリルラインイルミ ~

Q1.フロントグリルラインイルミのどんな所に魅力を感じますか?

(回答をこちらへ)
→ A1. 次の3つの特長について、特に魅力を感じています。

(1).柔軟性を持ち、R形状に沿って曲げての設置が可能である点。
(2).光源から離れた部位であっても、発光特性が均一である点。
(3).要すればハサミなどで手軽にカットできる点。高い耐候性も。

<ご参考>
かつて、DIYでアクリル棒を熱間曲げ加工した上で、両端にLEDを仕込んで発光体を自作した経験があります(こちら → 光るパイピングバイアステープ(アクリル+LED) )。その苦労を思うと、エーモンさんのラインイルミは加工性・作業性・発光性とも、優れた特長を有していると理解しております。


Q2.ご希望の発光色は青・白どちらですか?

(回答をこちらへ)
→ A2. 青色を希望します。

<ご参考>
モニターに当選した場合は、スバル・エクシーガ(2012年式)、またはスバル・レガシィ(2006年式)に取り付けさせていただく予定です。

以上、よろしくお願い申し上げます。
Posted at 2017/03/24 22:03:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | タイアップ企画用
2017年03月20日 イイね!
【Mission-Praiseシリーズ最新作!J-コクピット モニターレポート】その4・ まとめと批評、改善提案(最終話)「J-コクピット(有限会社スギウラクラフト さんの Mission-Praise ブランド最新作)」 のモニターレポートブログ(最終話)です。

製品の装着過程や実際の使用感、優れている点や当方の視点での要改善点などについて、計4回に分けて報告させていただきます。
最終話となる今回のレポートは 「J-コクピットを総括する(改善提案を含む)」 です。


<ご参考>
◎レポート・その1 は こちら → 開梱から細部の現品確認まで
◎レポート・その2 は こちら → エクシーガへの設置と調整例
◎レポート・その3 は こちら → 座り心地が良く、包まれ感がある
◎J-コクピットの製品概要 → こちら

■最大の特長は「包まれ感」の良さ
モニター製品の 「J-コクピット」 をスバル・エクシーガtS(2012年式)の運転席に装着してから、1週間強が過ぎました。その間、私だけでなく家族もクルマを運転して、J-コクピットを実際に体験しています。以下、優れた点や要改善点などについて、順番にまとめます。

<↓左:J-コクピット装着前  右:J-コクピット装着後の状態(腰パッドの位置は、結果的に家族で同じ)>
 

<優れている点>

~装着段階~
 ・本体は軽く、手軽に持ち運びできる。
 ・固定用パッドのほか、ゴムストラップが4本付属しており、シートによらず設置自由度が高い。
 ・ゴムストラップの両端がマジックテープで、容易に付け直しが可能。
 ・マジックテープの相手先は、J-コクピットの裏側全体のどこにでも貼り付けできる。

~使用段階~
 ・クッションがソフトなため、座り心地が良い。
 ・座面、背もたれとも、本体の厚みが適切(身体が沈み込むような不安定さはない)。
 ・背中(腰から肩にかけて)のホールド感、「包まれ感」 が秀逸。
 ・運転者の体調や疲労感に合わせて、都度、腰パッドの位置の微調整が可能。
 ・シートへの乗降を繰り返した場合であっても、装着位置が(ほぼ)ズレない。

~メンテ段階~
 ・汚れた場合であっても、本体は洗濯が可能(直射日光を避けて陰干し)。


<↓(画像再掲):優れた 「包まれ感」 を得ることができる点が、最大の特長であると考えます>


■要改善点は、あまりない
日常でのタウンユースを1週間強、経験してみて、特に不満はありません。製品として、全体的に優れていると感じます。ただし、少々気になったことは次の点です。

<改善すべき点>

~本体形状~
 ・ヒザの裏側のフィット感、サポート感が希薄に感じる(体圧分布の不連続感がある)。


<↓(画像再掲):多くの車種で乗降性に対応させるためか、切り欠き部のフィット感にやや違和感あり>


上記画像でコーナー部がカットされた形状となっています。座面の座り心地の良さがある分だけ、逆に運転手の左右のヒザ下のサポート性が希薄に感じられてしまいます。

乗降性との両立が難しい部位であることは理解しますが、両端部のカットライン(見切り形状)は、もう少しデザインを詰めることのできる余地があるはず。他に欠点らしいものが見あたらないだけに、余計に惜しまれます。


■更なる品質向上への改善提案
いちユーザーとして、「こうなったら良いな」 「ココがこうなれば、もっと向上するなぁ」 と思う点について、以下にコメントさせていただきます。品質向上や市場での拡販にむけた 「改善提案」 と捉えていただければ、と思います(>スギウラクラフト さんの方々へ)。

<ユーザーの生の声(改善提案として)>

~仕様について~
 ◎ベースクッションが、より固めの 「ハードタイプ」 をラインナップしてほしい。
  (理由)
  現仕様のクッション性は、体重の軽めの女性に適しているが、
  当方の好みからすれば、「まだ柔らかい」。
  短時間の 「街乗り」 メインではなく、「長時間・長距離ツーリング」 での使い方
  をターゲットとした場合、もう少し固めの方が疲れにくくなるのでは、と考えます。

 ◎普通車(Mサイズ)のほか、軽自動車(Sサイズ)のラインナップもあればよい。
  (理由)
  当方がレポートさせていただいたモニター品は、あくまでワンサイズ。
     もしかすると、今回のモニター当選者の車種に応じて、
     異なるサイズを送付いただいたのかもしれませんが。
  市場への展開を考えたときには、より多くの車種にもカバーさせるため、
  サイズ違いもあれば良いと思います(すでに計画済みかもしれません)。

 ◎リヤシート用も、ぜひ欲しい。
  (理由)
  この秀逸な 「包まれ感」 は、フロントシート(運転席&助手席)だけでなく、
  リヤシートの乗員にも、ぜひ適用させていただきたいです。
     家族曰く、「また乗りたい」 と思わせる魅力があるため。

  その他、具体的なシーンとして、例えば おじいちゃんやおばあちゃんを
  後席に乗せて移動する場合も、想定できると思います。
  高齢の方々は、フロントではなくリヤシートに乗ることが多いと察しますので、
  そうした方々にも 「包まれ感」 から来る 「安心感」 を付与できるような、
  リヤシート対応の J-コクピット のラインナップを望みます。

 ◎シートヒータ内蔵タイプも、ご検討いただきたいです。
  (理由)
  アドオンタイプのシートクッション類は、既存シートの上に被せて使用する
  ため、元々シートヒータが内蔵されている場合はその機能が使えない。
  そこで、J-コクピット(または Mission-Praise ブランド)本体に、シートヒータ
  機能を有した派生モデルがラインナップされていても良いと思います。
  (健康的に座る+冬場でも温かい=既存モデルにない特徴になるかと。)

以上が、「J-コクピット」 を家族ともどもモニターさせていただいた際の、素直なレポートです。この素晴らしい製品に直接触れるだけでなく、使用感についてレポート発信させていただく機会を与えていただいた 「みんカラ」 や 「(有)スギウラクラフト」 のスタッフさん、その他の関係者の方々に、厚くお礼申し上げます。





ここから先は、モニター当選者として 「情報の展開のされ方に戸惑った点」 や、「製品を装着する際に迷った点」 などについて、素直にコメントさせていただきます。
(※一部、「毒吐き」 が入りますが、あくまで本音で書かせていただきます。決して他意はございません。)


■戸惑いその1・「詐欺か?」 と思ってしまった件
今回の 「J-コクピット」 のモニター募集は 「みんカラPR企画」 と連動しており、希望者は 「みんカラ」 内の 「カーグッズ・パーツ・モニター第11弾・応募ページ」 に記載の情報をよく読んでから、応募する手順となっています(こちら → 製品詳細 )。応募ページ(製品詳細のページを兼ねる)は消えてしまうかもしれないため、ページの一部をキャプチャした画像を載せます。

<↓製品詳細ページのキャプチャ画像・その1>


<↓製品詳細ページのキャプチャ画像・その2>


応募希望者は、その製品の詳細を見て応募するかどうかを決めます。私が応募することに決めた最大の理由は、「フルアジャストシステム」 にあります。適用する部位に最適化された形状のサポートクッションを、表面カバーとシートとのスキマ(裏面)に自由に配置できる機能が魅力的だったからです。

当然、上記画像を応募の判断材料としていました。サイドサポートは、腰や首下だけでなく、左右太ももの両脇や腰部の両脇にも装着可能であると示されています。「これはぜひ、試したい」、と。ところが、縁あってモニター当選いただいたあとの連絡メールには、次の文言が書かれていました。

> Mission-Praise製品モニターに関するご注意点

> 本日、皆様に発送させていただきました商品には事前に告知していた内容および
> 同梱の説明書に記載されているものと一部(センターライン)の仕様が異なります。

> また、サイドパッドに関しましてはオプション設定となっており今回、モニター
> していただきます商品には設定されておりませんのでご注意ください。
(※原文のまま)

「なに~! サイドサポートは今回のモニターには設定されていないだと?」 「詐欺やんけ。あたかも、サイドサポートによる ”フルアジャストシステム” を売りにしている説明画像を載せておきながら、モニターには同梱されないなんて・・・。」 「メーカーさんは、アジャストシステム込みのレポートを期待しているのではなかったのか?

少なくとも、モニター応募ページ内の製品説明欄には
  「サイドパッドはオプション設定であり、今回のモニターには含まれません」
との 添え書きをしておくべきではないか、と強く思いました。

<↓サイドパッドだけでなく肩パッドも同梱されていませんでしたねぇ・・・>


■戸惑いその2・「形状が違う!」 と思ってしまった件
モニター製品が無事に届けられ、箱に運送キズの無いことを確認したあと、内容物を確認しながら開梱したことは、すでにお伝えした通りです。ところが開梱して戸惑ったことは、「腰パッドの形状が、製品説明画像はもちろん、同梱されていた説明書のイラストとも形が違う!」 ことでした。

<↓左:製品詳細ページの腰パッドの画像  右:モニター製品に同梱の説明書に描かれたイラスト>
 

<↓実際に届けられたモニター製品に付属の腰パッド>


少なくとも、モニター応募ページである製品説明欄には
  「画像のパッドは開発中のものであり、モニター品とは形状等が異なる場合があります」
との 添え書きをしておくべきではないか、と強く思いました。

■戸惑いその3・「取り付け向きが分からない!」 と思ってしまった件
前述のごとく、単なる長方形と思っていた腰パッドは、実際にはV字型の帯でした。とすると、果たして頂部を上にするのか下にするのか、その取付姿勢が分からない。そもそも、同梱の取付説明書の形状とも異なるわけだし・・・。

<↓「Λ字型の姿勢」 が正解か? 「V字型の姿勢」 が正解なのか? あるいはどちらでも良いのか?>
 

工業製品である以上、開発中の形状と市販予定の形状が異なることは、まぁ、あることでしょう。
しかし少なくとも、同梱されている取付説明書には
  「描かれているイラストのパッドの形を、実際の製品形状と一致させる
か、もしも校正が間に合わなかった場合は
  「腰パッドの取り付け姿勢は、凸形状が○○方向になるように貼り付けします」
    とか
  「取り付け姿勢には推奨方向がないため、お好きな方向に貼り付けて下さい」
との 添え書きをしておくべきではないか、と強く思いました。

■戸惑いその4・「説明書が分からない」 と思ってしまった件
レポートその1(こちら → 開梱から細部の現品確認まで )の中段付近に、「設置方法の解説が理解しやすいか?については、最終話で述べます」 と書いておきました。結論から書きますと、「説明画像が小さすぎて、非常に分かりにくい」 と感じました。

<↓同梱の説明書は、A4サイズのリーフレットが1枚。イラストはカラーだが、記載画像が小さすぎる!>


<↓上記の画像を拡大。説明画像の印刷サイズが分かりよう、比較用に1円玉を添えてみた。小さっつ!>


1円玉といっしょに写した説明画像の左側(①)では、「背もたれ」 と称する部分は、白色に飛び気味の灰色部分に見えるのですが、右側(②)になると、同じ白色のものが見あたらない。辛うじて、黒色に近い灰色の部分があるだけ。「背もたれ」 は、一体どこへ行ったんや。「本体裏面」 と称する部分も、①と②では印刷色やコントラストが ちゃうやんけ。

少なくとも、取付説明欄に載せる画像は
  「最低限、老若男女が視認可能な程度の大きさは確保するべき」
  「部品同士の相対位置関係が分からなくなるようなトリミングは避けるべき」
  「同じ部品をリピートで載せる場合は、作業工程の前後で彩色やコントラストを変えない」
ように 配慮するべきではないか、と強く思いました。

社内((有)スギウラクラフトさん)の設計者や評価者は、何度も手に取って見慣れた部品でしょうから、1円玉よりも小さな画像を見るだけでも 「これは何の部品のどこの部分」 だと瞬時に把握できるかもしれません。しかし我々 一般のユーザーは、その製品を初めて買って、初めて開梱して、初めて組付説明書に目を通すのです。「ユーザーにとって、もっと分かりやすい」 説明書のレイアウトを望みます。

<↓ひと目、見ただけではこちらの画像も分かりにくい。NGとGood!の画像は、まるで間違い探しか?>
 

その他、細かなことですが、取付説明書には 「腰用パッ」 「サイドパッ」 という具合に、「パッ」 ではなく 「パッ」 と記されていました。
  ・パッド[pad] : 当て物、クッション、詰め物
  ・パット[pat] : 軽くたたくこと、なでること

ファッションにおいて、スーツや衣類の形を整えるために使う詰め物では、例えば 「肩パッド」 と濁ります。医療・介護用品における、(吸水性のある)当て布も 「パッド」 と濁ります。J-コクピットのアジャストパーツも、パッドという表現に揃えた方が良いのでは? と思いました(※当方の一連のレポートでは、「その1~その4」 までパッドという表現で統一しています)。




■あとがき(for ALL)
以上、最終話のレポート後半については、「情報の展開のされ方」 に対して思うところを素直に述べさせていただきました。しかしレポート前半では、「J-コクピット」 という製品に対する第一印象・実際に使用してみての感想、優れた点や要改善点、そしてユーザーとして今後の改良や製品展開に望むことを述べさせていただきました。

要改善点についても、単なる批判ではなく批評、可能な限り前向きな提案となるよう私なりに配慮して、私自身の言葉で統括させていただいたつもりです(※製品自体の出来映えについては、当方の家族の間でも好評です)。

毎回の長文にも関わらず、最後までお読みいただき、ありがとうございます。当方の文章は、読み進めるためには多少のパワーが必要だったかもしれません。・・・それでも、一連のレポートブログが 「J-コクピット」 を始めとする 「Mission-Praiseシリーズ」 を検討されている方々だけでなく、(有)スギウラクラフト さんにとっても、何らかの参考になれば幸いです。

重ねて、今回のモニター企画に関係されたすべての方々に、厚くお礼申し上げます。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。
Posted at 2017/03/20 00:11:41 | コメント(3) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | クルマ
2017年03月19日 イイね!
【Mission-Praiseシリーズ最新作!J-コクピット モニターレポート】その3・座り心地が良く、包まれ感がある「J-コクピット(有限会社スギウラクラフト さんの Mission-Praise ブランド最新作)」 のモニターレポートブログ(その3)です。

製品の装着過程や実際の使用感、優れている点や当方の視点での要改善点などについて、計4回に分けて報告させていただきます。

今回は 「実際に使用しての感想」 です。


<ご参考>
◎レポート・その1 は こちら → 開梱から細部の現品確認まで
◎レポート・その2 は こちら → エクシーガへの設置と調整例
◎J-コクピットの製品概要 → こちら

■第一印象から変わらない使用感
前回のレポート・その2(→ エクシーガへの設置と調整例 )では、腰用のパッドを理想的な位置に微調整する作業をお知らせしました。実はその際に、必然的に 「J-コクピット」 に試しに座ってみる過程を経ています。

<↓腰パッドの装着位置を ”チューニング” するため、「J-コクピット」 の着座を何度か試行しています>


初めて着座したときの印象は、次の通りです。
 (1).座面の当たりが柔らかく、座り心地が良い。
 (2).背面に包まれ感がある。

そして腰パッドの装着位置の微調整を終えて、改めて座り直してみたときの感想は、次の通りです。
 (1).座面の当たりが柔らかく、座り心地が良い。 ← 第一印象から不変
 (2).背面に包まれ感がある。← 第一印象から不変
 (3).腰当てが利いていながら、「背面の包まれ感」 が阻害されていない。 ← 新たな感想


■良好な座り心地と安定感
以下、前述の感想について、順番に説明します。

<↓エクシーガtSにJ-コクピットを設置した様子。純正シートとJ-コクピットで、座面の前後長はほぼ同じ>


まず、J-コクピットは座面と背面(シートバック部分)とも、柔らかい素材のスポンジが内蔵されているため、座り心地は良好です。もしもクッションの厚みが過度な場合は、自分の体重でズブズブと沈み込むだけとなりますが、J-コクピットの場合はクッション厚が適度(薄過ぎず厚過ぎず)と思われるため、「座り心地」 と 「安定感」 が両立していると感じます。

ここで新たに 「安定感」 という表現を用いましたが、体重がかかるお尻(ヒップ)部分だけでなく、お尻の両サイドにも荷重を分担させるクッション厚となっていることが功を奏し、”全体として” 安定感につながっているのだと考えています(※1)。


(※1)座面の安定感
ただし 「座面の安定感」 は、J-コクピットを 適用する車種(純正シート)のデザインの影響を多分に受ける ことに注意が必要です。ファミリーカーの純正シートのように、座面全体が平らに近い形状のシートと、レカロのようにもともと座面の両サイドに起伏のあるスポーツシートでは、得られる効果も印象も異なります。

そこで参考までに、エクシーガtSの純正シートの 「座面サイドの張り出し」 具合を載せておきます。

<↓エクシーガtS のスバル純正シート(グレード名の tS は 「tuned by STI」 の意。2リッターターボ)>


<↓tS純正シート(運転席)の座面を横方向から撮影した画像>


<↓さらに近接してtS純正シートのサイドサポート部分を撮影(レカロなどと較べると張り出しは弱い方)>


上に示す画像の座面に J-コクピット を装着した場合に、オプションの サイドパッドB(別売)無し の状態で、「安定感も得られている」 と私が感じた・・・ということになります。個人の感想はあくまで感想ですから、感想自体にツッコまれどころは無いと思いますが、その感想に至るための 「前提条件」 は、明らかにしておきたい ものですよね。モニターレポートですからね。

ところで、良い点ばかりかと言うと、少々気になった部分 もあります。それはズバリ、「ヒザ裏のフィット感が希薄」 となってしまった点です。純正シートの場合は、「ヒザの裏側から太ももにかけてのフィット感」 がありましたが、J-コクピットの装着により、「ヒザの裏側部分」 のフィット感が多少、スポイルされてしまった(言うなれば、体圧分布の不連続感がある)ように感じました。


<↓「ヒザ裏のフィット感が希薄」 の理由については、言葉で書くよりも、画像で示す方が分かりやすい>


恐らく、乗降性を加味(車両に乗り降りする際に、J-コクピットの端部が引っかからないように配慮)してのデザイン結果だとは思いますが、個人的には要改善点のひとつだと思いました。

■包まれ感は安心感につながる
今回のレポート前半では、主に座り心地(座面)についての感想を述べさせていただきました。後半は、背もたれ(シートバック)部分の感想について述べさせていただきます。

まず、J-コクピットとエクシーガtS純正シートとのフィッティングは良好です。J-コクピットの形状は、ヘッドレスト部分も含め、純正シートのシートバック形状にうまく追従できています。


<↓J-コクピットは大きさ・形状とも、エクシーガ純正の 「シートバック+ヘッドレスト」 にフィットしました>
 

使用感としては、「背中の包まれ感」 が素晴らしい と感じました。サイドサポート性に優れます。装着してからこれまでの約1週間、クルマを街乗りで使用してきましたが、その感想は変わりません。これは美点で、安心感にもつながる と考えます。

<↓「包まれ感」 を説明するための模式図。この機能や感触が持続するならば、大きな美点と思います>


<↓※前述した通り、上記の感想は純正シートの形状にも依存するため、装着前の画像を参考掲載>


街乗りでは良い使用感ですので、今後は長距離ツーリングでの使用感を試してみたいと思いました。ただ、「私個人の好み」 としては、クッションがもっと固い方が良いのでは? と思っています。ベースクッションの反発力が、「標準タイプ(今回モニターした仕様)」 のほか、「ハードタイプ(より固め)」 のラインナップも期待したいところです。

■その他、気付いた点
レポート・その1(→ 開梱から細部の現品確認まで )で感じた疑問を確認してみました。「シートをフルフラットにした場合、J-コクピットの座面と背もたれの縫製部分はどうなるか? 引っ張られるのか?」 の件です。

<↓まずは J-コクピット を装着しないノーマル状態で、リクライニング→フルフラット化させた場合>
 

<↓次に J-コクピット を装着してフルフラット化させた場合。両端の縫製部分は引っ張られて浮き上がる>
 

もともと J-コクピット には、ズレ止めや抜け防止のため、純正シートの座面とシートバックとのスキマに 「固定用パッド」 を挿入させています(既報)。そのため、フルリクライニング(フラット化)させた場合、J-コクピットの腰部分はシートから離れようとはせずに、両端の縫製部分(座面と背もたれとの境目で一体に縫い込まれている部分)は、リクライニング角度に応じて、だんだんと引っ張られて上方に浮き上がってくる挙動を見せます。

この状態でシートに寝転がっても、実際に縫製が破れることはないと思いますが(∵J-コクピット自体が全体として変形するから)、不用意に扱うと破損のリスクはあるかと思います。車中泊をされる方々は、注意しておいた方が無難でしょう。

その一方で、ハーフリクライニングさせた場合の寝心地はどうなるか? についても、確認してみました。具体的な想定シーンとしては、長距離を移動する際に、高速道路のサービスエリアで仮眠する場合などです。


<↓シートバックを画像に示す程度に倒した(not フルリクライニング)場合の寝心地は、意外にも快適>


結果として、そのソフトな包まれ感により、寝心地は快適である ことを発見しました。日常ユースだけでなく、道の駅やサービスエリアでシートを倒して軽く仮眠する・・・といった用途においても、意外な効果を発揮 できそうです。

■家族の感想 ~また座りたくなる~
エクシーガを運転するのは、私だけではありません。家族も運転するため、J-コクピット を装着した状態で実際に家族にも乗ってもらい、感想を聞いてみました。以下は、家族からのコメントです。

<家族からのコメント>
 (1).「背中~腰~臀部」等、全体がやさしく、しっかりと包まれている感じ
 (2).「助手席にも欲しい」
 (3).「また座りたくなる

家族本人からの感想として、上記が寄せられました。補足説明として 「最初の第一印象では、見た目が薄くて大丈夫かな? と思ったが、実際に座ってみると、しっかりと包まれている感じが得られて、当初の予想は良い意味で裏切られました。」 とのことです。

私とは性別も体格も異なりますが、「包まれ感」 については、家族も私と同じ印象を持っていたことになります。このへんは、J-コクピットの優れた特長と言えるでしょう。



「その4 : まとめと批評」 に続く。
次回のブログは、これまでのレポートを総括する最終話となる見込みです。
(※一部、”毒吐き” を含む予定)
 ↓
 ↓
 ↓
2017-03-20(Mon.) : 更新
その4・ まとめと批評、改善提案(最終話) をアップロードしました。
Posted at 2017/03/19 13:12:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | クルマ
プロフィール
「不在中にお声掛けいただいた、やまモン.さん、よっし☆さん、夢の助さん、とも0111さん、そして他の方々もお気遣いありがとうございました。次は別件で家族の養護が発生しますが、少しずつみんカラを再開させていきますね。
画像は原宿の専門店で器械体操の鉄棒用プロテクタを選んでいる場面。」
何シテル?   05/28 19:50
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 
「教えて君 と 知ったか君」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:25:14
 
お友達
ネット歴は長めですが(NIFTY FCAR パソコン通信 → WEB サイト開設 → みんカラ併設)、よろしくお願いいたします。
143 人のお友達がいます
よっし☆よっし☆ * fパパfパパ *
ぼんシーガぼんシーガ * 火ーやんにーサン火ーやんにーサン *
艶 拳艶 拳 * すがピーすがピー *
ファン
184 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.