車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月13日 イイね!
今までは比較的小さな部品ばかりでしたが、今回入手したのは大物です。

外装品以外ではその大きさも値段も最高でした(笑)。
FWのネットオークションをご覧になられていた方は御存知だったと思います。

梱包も大変だろうと思い、仕事が休みだった水曜日に取りに伺いました。
場所は両国。


ラッキーウィングさん。FWを購入した店でもあります。
当時の中古車種を中心に扱っていて、カスタムも手掛けています。ちょうど250FWも売り出していました。


















入手したのはこちら。


純正マフラーAssy。当時物新品。


大きい!重たい!素晴らしい(笑)!


梱包を外すのが面倒なので1番と4番はそのまま。真ん中の2番と3番だけ梱包を外してみました。


付根に小さく2と3と刻印されています。ほとんど形が同じですから間違えない様に・・・という事なのでしょう。




30数年前の物ですがエキパイの中は錆も無く綺麗。


やっと手に入れる事が出来ました!良かった~、これで一安心。
しかしこうして当時の純正部品を集めていて思うのは、その仕上げや精度。
30数年前、まだコンピューターは企業でもそれほど導入されていなかった筈なのにこのクオリティー。人の手による部分が今よりずっと多かったことでしょうが、仕上げや精度ばかりでなく溶接跡や表面仕上げのバフ等には職人の手の温もりさえも感じられる部品の数々、どれも素晴らしい!
Posted at 2017/02/13 02:33:51 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月12日 イイね!
1983年製GSX400FW1型(GK71A)に付いているキャブレター。


三國工業製の負圧式、2バレル。


1984年に発売された400FWの2型やGSXーR400の1~2型(GK71B)とGSXーR400の3~4型(GK71F)のキャブレターは、1988年製にGSX-R(GK73A)が発売されるまでの4年間が愛三工業製の2バレルキャブレター。

いわゆる2コ1キャブという物です。機械の事は全く解らないのでちょっと調べてみると、一つのキャブレターのボディーの中にある吸入空気が通過するベンチュリーという狭くなった部分の数が2つある、という事だそうです。

このキャブレター、意外と調整が難しい事でも有名。
ヨシムラでも当時かなり苦労された様で、Bright Logicさんの竹中社長に最初にお会いした時に400FWを見た開口一番が、『これはキャブがねぇ・・・当時は随分苦労した。』でした。

今までどれほどのバイク屋さんにお世話になったかわかりませんが、その中で2バレルキャブレターの調整がどれほど難しいのかを私も経験上知っていましたので、竹中社長のその言葉を聞いて“あぁ、この人解ってるんだな・・・”と、逆に安心しました。
竹中社長御自身は当時のF1(750cc)のチームでしたので直接F3を担当されていた訳ではありませんが、同じ社内でレース毎に苦労していたF3チームを隣りで見て印象に残っていたのでしょう。

その竹中社長、時々珍しい当時の部品を見せてくれます。
以前にもブログの中で1枚だけ写真を載せた事はありましたが、ガラ携で撮影したので画質も悪く、何かのついでに画像添付しただけでしたので、今回はカメラで撮らせて頂きました。












レース専用部品のキャブレターで、三國工業製のMg(マグネシウム)ボディー。
ワークス支給の非売品。

御覧の通り負圧式ではなく、強制開閉式のVMキャブレター。
アクセルの開度に応じて直接スロットルバルブを開閉するので息継ぎ等の特徴はあるものの、負圧式に比べてレスポンスが良いので当時のレースシーンではお馴染みですが、これはGK71シリーズ専用に開発された珍しい2バレルタイプの強制開閉キャブレター。

しかし竹中社長もこのキャブレターが何年に使われていたのか、はっきりとわからず謎のまま。
GK71A、B、F・・・さて、何れの車種に使われていたのでしょうか???

どなたかお詳しい方、教えて下さ~い(笑)。
Posted at 2017/02/12 18:35:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月09日 イイね!
先月の29日、無事51歳になることが出来ました。


お祝いして頂けるのは本当にありがたいことです。


プレゼントはもっとありがたいことです(笑)。


お財布。もったいなくて使えません・・・せっかくなのでお出掛け用にしましょう!


1月の熱海に続き、春を探しに西伊豆へ。


井田という所で、菜の花畑があります。




が・・・規模は年々縮小の一途。


少子高齢化社会の波はここ井田にも押し寄せ、以前は自治会で管理していた菜の花畑も今では有志のみで何とか続けているのが現状だそうです。


桜も咲いていました。


土肥(とい)桜という品種。
花の形や色は、まさに桜のイメージにぴったり。


写真を撮り終えたら戸田(へだ)に移動。港のコンビニで朝食と小休憩です。
戸田港は深海魚の水揚げで有名ですが、その中でも時々テレビ番組でも取り上げられ、名物となっているのがタカアシガニ。ちょっと見た感じや大きさはタラバガニに似ています・・・が、残念ながら食べたことは一度もありません。

この先の土肥で、土肥桜まつりをやっている様なので行ってみましょう。
途中では綺麗な梅も咲いていました。


土肥に到着。ちょうど清水行きのカーフェリーが出航したところ。


さて、ここからは熱海の続き。カメラの練習でメジロちゃん撮影タイム。
良い写真を撮るだけの目的なら連写機能を使い、撮れた写真の中から良いショットを選べば事は済みますが、それでは何の練習にもなりません。


メジロの俊敏な動きを先読みしながら、カメラがピントを合わせるまでの僅かな時間を考慮して一発撮り。


なかなか上手くは撮れません。


モニターを見ながら頭上のメジロを追うので、カメラは常に顔より上。
カメラはLUMIX GF1という機種。世界初のミラーレス一眼レフとして売り出されましたが、今となってはかなり古いモデル。
本体の重量も最新機種と比べれば重たく、更に14―140mmというレンズを装着していますので重いのなんの!


カメラの重さで手がプルプルしてきます。それでもシャッターチャンスを逃すまいと頑張ったんですが、撮り終えた頃には腕が筋肉痛に(笑)。


そんな機種ですが、使い続けている理由は赤の発色の良さにあります。
もちろんPCに取り込んだ画像を編集する事も可能ですが、赤を中心に編集していくと結局それ以外の色が妙に不自然な色になってしまいます。
カメラ本体にもワンタッチで撮影シーンを選べる機能が付いていますが、やはりどこか不自然な色になってしまいます。
例えば先月にスズキ歴史館に行った時の冒頭の#34 ケビンのRGVを撮影した時の写真。うっかり夕焼けモードのまま撮影してしまった結果、カウリングの白い部分が黄色くなっています。
辻本さんの#1 GSX―R750を写す時に気が付き、ノーマル設定に戻しました。実物に沿った色合いになっています。


つまりこの機種を使い続ける理由は、ノーマル設定で400FWのキャンディージプシーレッドを綺麗に撮りたいからなんです。


この機種は赤が綺麗に撮れる反面、緑系が苦手な様です。
メジロの背中の黄緑色が、少しだけ実物よりくすんだ色に写ります。


昨年7月のヨシムラツーリングブレイクタイムで#12 GSX―R1000を撮影していた時にカメラ好きの方に話しかけられました。
私はまったくの素人で詳しい事はわかりませんが、このカメラは赤が綺麗に写りますとだけ言ったところ、このGF1はライカ系のカメラと言われました。
そもそもライカという言葉は聞いた事はあるものの、それ自体をよく知りませんので、『そうなんですか~』としか答えられませんでしたが(笑)。


このメジロの撮影の様な場合はカメラの重さが堪えますが、普通に撮影する分には逆にこの重さが幸いしてあまり手ブレしません。


もっともレンズ本体にO.I.S.という手ブレ防止機能も付いているので助かります。


朝方は雲に覆われていた富士山もようやく顔を出してくれました。
この場所はツーリング雑誌ではお決まりの撮影ポイント。
カメラの望遠がこの画像でマックスですが、プロは本物の望遠レンズで景色全体を圧縮させて撮ります。
木の無い見通しの良い山、尾根から下ってくるS字カーブ、バッグに駿河湾と富士山に加え、吸い込まれそうな青い空・・・全てが詰まった場所。


先週末は昨年の愛知県民の森で行われた80’s meetingに来て下さった斉藤仁さんの新年会に参加する予定でしたが、仁さんのご都合により延期。
それなら例年通り71会新年会をやりましょうとの事で風神さん家に集結。
ELVISさんからはお酒を預かりました。御当地の地酒、“白隠正宗”。
私はいつもの“箱根山”を用意。


京都からGK71B CLUBのHIRO.F会長や福岡からはRossoさんと、その甥っ子さんも参加。akiさんも参加され、一昨年の忘年会以来のご対面。
あとはまぁいつものメンバー(笑)、なめろうさんとveryさん。賑やかな新年会となりました。
veryさんが持っているのは以前Rossoさんから頂いたスズメバチ入りの焼酎!熟成が進んで琥珀色になりつつあります。
HIRO.F会長は体調があまりよろしくなかった様ですが、それにしてもGSX―Rへの想いは本当に熱いものがあります。その想いが様々な出合いを生み出し、71会の発足にも繋がりました。


翌朝は色々大変でした。風神さんは御覧のとおりぐったり・・・更にはトイレの扉が開かなくなるというハプニング(笑)。


午後はRossoさんとPILOTA MOTOへ。
Rossoさんは当時、F3西日本チャンピオンになった経歴をお持ちです。


前日にveryさんと一緒に来店したHIRO.F会長が作成して置いていった昨年の80’s meeting写真集が。


先月に来た時よりもクリームたっぷりになったタラコスパゲティ!
『ELVISさんにレシピを元に戻したって言っておいて!』と辻本さん。


結構バタバタしながらも皆さんのおかげで楽しく過ごさせて頂いております。
Posted at 2017/02/09 02:31:48 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月25日 イイね!
今年は開花が半月ほど早いそうです。

実際に家の庭木もそうで、玄関横にある梅も大晦日には咲いていました。
会社に行き帰り、傍を通った時にふっと香りがします。


1月生まれなんですが、冬は大の苦手です。寒いのは嫌い!
・・・なので毎年1月になると、少しでも早く春を感じたくて熱海に行っています。

熱海桜は1月には満開です。染井吉野とは違い、ピンク色の可愛い桜です。


毎年桜の花ばかり撮っているので、今年は花の蜜を吸いにきたメジロを追ってみました。
これがまた難しいのなんの!メジロは一瞬たりともじっとしていません。常にチョコチョコと木の枝の上になり下になり動いているので、予めメジロの動きを予測しながら次に移動するであろう所にピントを合わせておいて、そこへ来た一瞬を逃さずに捉えなければなりません。
たったこの数枚の為に何十回シャッターを切ったことか(笑)。

それでは御覧下さい。
















熱海桜の鮮やかなピンクと、黄緑色のメジロの組み合わせはいつ見ても春の訪れを感じさせてくれます。とは言うものの、実際に写真を撮っている時にはかなり寒かったんですが(笑)!

さて、今回のハムスターネタは・・・。


前回は千疋屋の箱でしたが、今回はSANGARIAのお茶の箱。開封。


左側ハンドルスイッチ。


実はこの部品、ネットオークションに出品されているのを知ったのは71会のLINEでした。
毎日何度かはチェックしているのですが、前日の夜にチェックした後のタイミングで出品された様で、既に入札1件。
入札されていたのは71会のメンバーでした。まぁ仕方ないです(笑)。
・・・と思っていたら、何と譲ってくださるとのLINEが・・・。

今回は、そんな経緯で届いたハンドルスイッチです。















液垂れを見付けました。レアですね~。
こういうの、嫌いじゃありません。個性があっていいじゃないですか。


以前ハンドルスイッチについてこのblogに書いた事がありましたが、その時に登場したのはこちら。
GSX1100S刀用の左側ハンドルスイッチ。


FWと刀は販売時期が近いので良く似たデザイン、というより基本的には共通。
違うのはハンドルスイッチの下の部分にチョークレバーが付いているかいないか。
刀はチョークが左サイドカバーにありますので、ハンドルスイッチにはチョークレバーがありません。
並べてみると直ぐに解ります。


ちょっとコードが邪魔で見ずらくてすみませんが、刀用と


FW用。


どちらもASAHI DENSOと書いてあります。
調べてみました。

朝日電装株式会社。
静岡県浜松市浜北区にある、バイクやその他様々な乗り物のスイッチやセンサーの専門メーカーで創業は1947年、設立は1961年とあります。
主要取引先には国内4メーカーの他、海外ではTRIUMPH、KTM、DUCATI、PIAGGIO、MV AGUSTA、APRILIA等。
ちなみにスズキ株式会社とは1968年8月から取引きが開始された様です。

一つ一つの部品にも歴史とストーリーが色々あるんですね。

Posted at 2017/01/30 00:52:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月22日 イイね!
行って参りました。浜松市高塚にあるスズキ歴史館。

前回行ったのは2014年秋だったので、もうかれこれ2年と数ヶ月経ちます。
まぁ展示内容自体が大きく変わる訳ではないので、何となく・・・目的があった様な無かった様な。

一応予約制なので前日夜にインターネットで予約。

天気は問題ありませんが・・・


箱根の頂上。
写真は先週ですが右側に気温を表示する電光掲示板があるのがわかりますでしょうか・・・-2℃。早朝ではありません。日中でこの気温です。


しかも道路の中央と路肩付近が白くなっているのもわかりますでしょうか?
凍結防止剤です。CaCl₂、塩化カルシウム。
ムリムリ・・・FWではぜったいムリ(笑)!


という訳で迷うこと無くチビちゃん号出動。


ここ最近は新東名ばかり使っていたので、普通の東名高速の景色が珍しくも、妙に懐かしくもあり。
蒲原~由比の海岸線。幾つかある道の中で一番景色が良いのは、間違いなくこの東名高速道路でしょう。


静岡~焼津間の日本坂トンネルを抜け、大井川を渡ると東名高速道路は緩やかに上り坂になり、周りには牧之原台地の茶畑が広がります。
菊川IC手前、右手にあるミクニの工場。この看板を越えると道は下りながら大きなS字カーブに差し掛かります。
社会人になって数年間、赴任地の浜松と静岡をRGVΓで週に何度か往復していましたが、このS字カーブがいつも楽しみでした。


浜松ICで東名高速道路を降ります。そのまま1国で豊橋方面へ。スズキ歴史館には浜松市街地を抜けて行くルートもありますが、信号が多くて面倒。
しばらく走り、『一条工務店』の看板が左側にある交差点を右折します。この看板が目印なので、見落とさない限りは迷う事はありません。


そこから5分も走れば見えてきます。SUZUKI本社正門。


今は浜松市ですが、FWの発売当時は可美村高塚という住所でした(古いパンフレットをお持ちの方は裏面の住所を御覧下さい)。


本社の道を挟んで正面にあるのがスズキ歴史館。


外からも歴代のレーサーが見えます。


予約時刻より20分遅れてしまいましたが、敷地内の駐車場にチビちゃん号を停めて施設内へ。


受付で予約No.を伝えれば、後は自由見学。
受付横にはグッズ自販機。もちろんお約束のこちらもあります。


1F展示。前回来た時には#34はありませんでした。


せっかくなので撮っておきましょう!


















2Fに上がってみるとそこには・・・。


なんと#01!
この前お会いした辻本さんが全日本でタイトルを取った時のマシンです。
この車両も前回来た時にはありませんでした。個人的にはこのカラーにステッカー、タンクの組み合わせが一番。


’86鈴鹿8耐久仕様#12は見慣れていますが、こちらの本物を見るのはこれが初めて。


あれ?こんなステップだったっけ・・・茶色く見えますが素材はなんでしょう?色んな発見があります。


スイングアームの補強もハンパない!


脚周りはブレンボとマービックの組み合わせ。


ステアリングヘッド周り。


そして誇らしげな01ゼッケン。


赤とガンメタのシートカウリング。


この車両を直接見ることが出来ただけでも来た甲斐がありました。
3Fへ。
初期型GSX-Rがあります(当時は排気量の400が名称には付いていませんでした)。
この車両も前回はありませんでした。ここ歴史館の車両はイベント等に貸し出されることが多いので、いつも全て揃っているとは限りません。
前回訪問した2014年には8耐の時、GSX―Rは鈴鹿サーキットに展示されていました。


配置が前回とは随分変わっていました。
今回訪問した2年前と比べて展示車両の状態がどれほど変化しているか確認する事も目的の一つでした。


もちろんたったの2年で状態がそんなに変わる訳ではないのですが、二度目という事もあって細かな点を確認してみました。








展示車両であっても経年劣化はありますが、やはり新車は新車、このホーンなんか綺麗そのもの。
いいな~。


かれこれ2時間ほど見学しましたが、今回はこれで撤収しました。
もう一つの目的は次回持ち越しです。

見学後は浜松市内に戻ってラーメンを食べに正龍さんへ。


やっぱりここのラーメンを越える味はまだ無いんだよなぁ。


餃子も注文しました。ニンニクバリバリ。


さて、今年は浜松に何回来るんだろう・・・もう1回で終わっちゃったりして(笑)。
Posted at 2017/01/23 00:10:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「6月も今日で終わり http://cvw.jp/b/690925/38139658/
何シテル?   06/30 01:28
FWに乗りたくて取得した二輪免許。以来、FWばかり乗り継ぎ、 気が付けば既に30年…。 現在、30年来の夢である期日未定のFWR化計画を潜かに遂行中。現...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
80's meeting 2016 2日目 ~昼 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/29 15:55:20
ブログはこちらへ・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/10 16:54:00
ファン
23 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ GSX400FW スズキ GSX400FW
1984年9月、初めて250FWに乗って以来、今日に至りました。 FWで何をする訳でもな ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.