• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

GSX400FWRのブログ一覧

2018年02月21日 イイね!

Change

ひと頃に比べれば幾分寒さも緩んできた感がありますが、皆様如何お過ごしでしょうか。

満開だった庭の梅も散り始め、


桜はあと1週間から10日といったところ。


今年の干支は『戊戌(つちのえいぬ)』で、新しい動きが生まれる年だと言われています。
諸説ありますが『戊』という字は『茂』に関係して植物が絶頂期にあるという意味があり、『戌』という字は『減』に関係して植物が枯れる状態を表したものだそうです。
植物が一方では枯れ、一方では生い茂る、まさに変化そのものということなのでしょうか

・・・と、家に回ってきた回覧板に挿まれた地域の学校だよりに書いてありました。
回覧板には一応は一通り目を通してます(笑)。

おそらくは皆さんもそうだろうと思いますが、自分自身を振り返ってみると大きく変化する年が幾つかあります。
新しい年は早くも2ヶ月が過ぎようとしていますが、今年は変化の年になるでしょうか。

前回のブログではバイクライフの終活というキーワードでしたが、今回は真逆に振ってバイクライフのスタートという恐ろしくも恥ずかしい禁断の話題でいきましょう(笑)

大学1年の昭和59(1984)年から私のバイクライフがスタートした事は以前にも触れましたが、若い頃の写真って本当に少ないです。
あんなに楽しくて濃い時間だったのに。
そもそも自分のカメラという物を持っていませんでしたので当たり前なんですが、周囲もまた同様でしたから当然といえば当然です。

ガサゴソ探してようやく見付けた数少ない当時の写真。まぁ笑ってやって下さい。
画像が悪いのはご容赦(元の写真自体がピンボケなんです)。
さあ・・・『ジョニィのアルバム』のスタート!

大学2年の1985年、通学路にて。
校舎が山の上にあったので通学路=峠という素晴らしい環境の中、毎日学業に励ん・・・ではおりませんでした。
当たり前ですね、そんな場所では励めるワケがありません(笑)。


おとうさん、おかあさん、高い授業料を払ってくれていたのにこんなボクでごめんなさい・・・でも最高に楽しい学生生活でした。


家にはお金が無いから留年したら即退学だからな、と父からは言われておりましたので、毎年どうにか進級出来るだけの勉強はしていました。
テスト期間中は半月位ほとんど寝ずの生活だったなぁ。




こんなに人見知りの激しいボクにも友達たくさん出来ました(笑)。
おとうさん、おかあさん、ありがとう!


4年間は片岡義男の小説に出てくる大学生の様なバイクと音楽漬けの生活でした。


同じ研究室で福岡出身のバイク仲間が写真付きの年賀状を作ろうと言い出し、景色の良い日本平へ。
写真自体が色褪せてしまって解り辛いのですが、よ~く見ると背景に富士山が写っています。
これでも一応バイクのブログですので、少しだけ写真のFWの解説をしておきましょう。
基本的には純正です。
マフラーはヨシムラサイクロンの新品を装着、スクリーンとカウリングの縁に付いているゴムラバーを取り外し、あっさりとした外観を狙いました。
ミラーは当時流行った“走り屋ミラー”を右側のみ、左側は未装着。
プラグギャップを純正とは抵抗値の違うNGK製の赤いタイプに変更、見掛け倒しのブリザーパイプを装着。
フロントブレーキのマスターシリンダー&タンクはGSX―R750の物に変更。シリンダー経が大きいのでブレーキホースをステンレスメッシュに換えなくても効果は絶大。
表皮は純正のままにシートの中のスポンジを減らす、いわゆる“アンコ抜き”シート。走行中の重心が低くなった様な気がしました。
タイヤはヨコハマゴムのPRO FIRE。最高のグリップ。
当時の自分の中ではこれが一つの完成形でしたが、今見てもなかなかいいな・・・と思います。


何枚か撮って、年賀状に使ったのがコレ。
裾の短いジーンズに、コンバース・・・80年代。


毎日が漫画みたいに楽しかった学生生活も2月の卒論発表でおしまい。
私を筆頭にお金の無いバイク仲間からは海外への卒業旅行なんて話しは一度も出た事は無く、皆で卒業記念に伊豆へ日帰りツーリング。
この写真はその時の1コマ。この後ろの建物は今でもあり、伊豆へ釣りに行く時にこの場所を通ると、皆で走った当時のツーリングの事を思い出します。


ネクタイを締めてYシャツを着る自分が入社日当日である4月1日の朝まで実感できませんでした。
入社した会社の最初の赴任地は浜松。
見ず知らずの土地で仕事に慣れるまでは大変でしたが、幸い良い先輩達に恵まれたお陰で、こんなお子チャマな私も一応は社会人として今日に至る事が出来ました。

静岡の実家に帰った際、弟に譲った250FW1号機があったので記念に。


後ろに小さく写っている白いバイクは、後に弟と家庭を築く事となった当時の彼女に譲った250FW3号機。
元々は高校時代に同じ部活だった友人が乗っていた白色の2型でしたが、転倒。
最初は買わないかと言われたましたが、2台は要らないと断ったところ数ヶ月後に連絡があったので『・・・ったくしょうがねえなぁ』とか言いながら引き取りに行きました。
ええ、もちろんタダで。
接収ではありません、有効活用です(笑)。弟や彼女からは1銭も受け取っていませんから。

久しぶりに跨った1号機。


確かこの時は弟に『もうちょっと綺麗にしてやれよ』って言ったんだった。
弟にしてみてば大きなお世話だったでしょうね。


まぁそんなこんなの250FWでの思い出でした。
Posted at 2018/02/21 23:04:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月01日 イイね!

バイクライフの終活スタート

・・・とは言っても別に癌を宣告された訳でもなく、他の大病を患った訳でもなく、毎年秋に会社で行う健康診断の結果も悲しくなるほど異常ナシ。
今のところ至って健康です。

相変わらず大袈裟なタイトルですみません(笑)

今年もまた1月29日がやって来ました。
呑気に生きてきた私も、お蔭様でとうとう52歳。

定年まで37年もあるんだ~と入社日当日からうんざりしていた事がついこの前の出来事の様な気がしますが、残すところあと8年(あくまでもそれまで元気でいれば・・・の仮定で)。

最近自分の定年後、とりわけバイクライフってこの先どうなんだろうと、時々考える様になりました。

つまりいつまで乗れるのかという、およそ50前後のバイク乗りの方なら誰もが考えるテーマ。

しかし自分の寿命なのにいつまで元気でいられるかなんて分かりませんから、誰も正確な答えを出せません。


静岡の街中からほど近い某所。


35年前の昭和58(1983)年、いつもこの数軒奥の家の前に1台の250FWが置いてありました。色は黒赤。

当時は高校3年.。学校帰りに毎日、FW見たさにわざわざちょっと遠回りしてこの場所を通って帰りました。
毎日FWの横を通り過ぎる時にスピードを落としてガン見していく高校生など(日によっては何度も往復 笑)、さぞかし怪しかったに違いありません。


全く悔いの無い人生を送った人などいないでしょう。
欲深い私なんぞ尚更です。
しかし出来る限りで結構なので、少しでも悔いを減らす事が出来ればそれでOKです。

バイクライフのスタートは1984年9月、大学1年の時に購入した黒赤250FWでした。
釣りは鮒に始り鮒に終わると申しますが、私の場合はどうやらそれがバイクライフにも当てはまる様です。
最後のバイクは250FW・・・FWに乗り始めた頃から漠然と思っていましたが、最近ではそれが確信になってきました。

もう400FWは飽きたのかって?まさか(笑)
400FWは少なくとも銀河系一格好イイ乗り物だと今でも思っています(*意見には個人差があります)。
それならずっと乗り続ければいいじゃないかと思われる方が大半だと思いますし、それは正論だと思います。

しかし数年前の、ある真夏の夜更け。
その日も夜走りから戻っていつもの様にFWを拭いていた時、この400FWは自分で乗るだけが唯一楽しむ方法なのか?、本当にそれだけで幸せなのか?と、ふと感じました。
いや、急にその考えが頭の中に入り込んできた、と言った方が正しいのかもしれません。
もっと単刀直入に言うなら、目の前のFWがそう語りかけてきた様な気がしました。

折しも静まり返った真夏の夜更け、裏山では時々蝉が思い出した様にジジ・・・と鳴いたりするシチュエーションだったものですからゾクっとしました。
そんな事はそれまで一度も考えた事がありませんでした。

怖さを押し殺しながら、FWを拭く手は休めずに努めて冷静に考えました。
初めてFWに跨がった19の秋から今この瞬間に至るまでの経緯、この400FWとの巡り合わせやコンディション、集りつつある部品の数々、出逢った人々や自分の今現在の環境等を寝不足で朦朧とした頭の中で一度積み上げ、それを1つ1つ整理しながら並べ直していくと、あ・・・そういう事なんだと、ちょっとだけ理解出来た様な気がしました。

こんなに沢山の楽しい思い出や(たまには痛い思い出も)、人との出逢いを経験させてくれたFWに今まで何一つ恩返ししてなかったじゃないか!
こんな単純な事、どうして今まで気が付かなかったんだろう!


もしその考えに従って行動したとして、その後は?
やはり250FWか・・・。
その250FWが体力的に乗れなくなったら、その時が自分のバイクライフの終焉なのでしょう。
小さい排気量のバイクに乗る事はせず、潔くバイクを降りよう。


いつかはそんな日が来るんじゃないかと、以前から少しずつ集めている250FWの部品。
35年も経つと、さすがに部品も集めるのが大変になってきました。

中古のサイドカバ-.。
艶も少し無くなってはいますが、幸い黒い樹脂部分の焼けも少なく年月を経た中古部品である事を考えれば上等でしょう。
艶は清掃の後で磨けば多少戻るかもしれませんが、やってみなければわかりません。




こちらは新品。


フロントフェンダ-。


もちろん多少の保管傷はあります。
以前はそんな事ですら気になっていましたが、最近ではそれもこの部品の歴史の一つだと感じる様になりました。
よくぞこの状態で現代に現れてくれたと感じます。




十分じゃないですか、35年も前に作られたんですから。


純正部品のシールもこんな所に付けてくれてありました。


懐かしい色。


スズキ社内では黒い部分の色が色番号13Z、色名はスペース ブラック。細かなラメが入っています。
赤い部分の色は色番号00J、色名はキャンデー ジプシー レッド3。色名の通り通常のメタリックではなくキャンディ-塗装。




この2色の組み合わせは86Sという色番号とされ、基本的には400FWの1型黒赤と同じ塗色です。
学生の頃は年に2度のペースで転倒していましたので、その都度アルバイトで貯めたお金を新品部品に注ぎ込んで交換してたいた経緯から、新品の色は頭に叩き込まれています.。




さて,最後のバイクとなる250FWは、どんなバイクにしよう・・・若い頃から考えてはきましたが、もう一度ゆっくり整理しながら考えてみよう。
Posted at 2018/02/01 23:35:15 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月07日 イイね!

GSX400FW ハムスターネタ 小物類など

寒いです・・・

歳を追う毎に寒さが身に染みるワケでございます。
冷え性なんです。特に冬場、バイクに乗った時の手足の指先の冷たい事と言ったら・・・もはや冷たいというより痛い。
更にそれを通り越すと指が痺れてレバーを握る感覚すら麻痺してきます。

そこで信号で止まる度にタンクとエンジンの間に手を入れる訳ですが、多少暖まっても走り出せば直ぐに冷えてしまいます。

そんなに冷え性なクセに、昔からウィンターグローブ使わない派なんです。

試着した時のフィット感が良くて4~5年前に購入、ずっと使っていたHYOD製のグローブ。


色やデザインも気に入ってましたが、裏返すとこの有り様。

ボロボロです・・・掌の真ん中には大きな穴。
親指の付根と指先、人差し指の指先にも穴。ウィンカーを出す度にスイッチがグローブの指に空いた穴の中に入ってしまいます。

ここ最近までずっと我慢して使ってきましたが、そろそろ限界です。
という事で久しぶりに新しいグローブ。


KUSHITANI社製のGPS3というモデル。やはりフィット感が良くて決めました。

最初はHYOD製を試着してみましたが、モデルが新しくなって色やデザイン変更に伴ってフィット感も変わり、何となくしっくりきません。
グローブはバイクの操作に最も影響しますので、陳列してあるグローブを値段も見ずに片っ端から試着してみましたが、どうしても『これだ!』と思える物か見付かりません。

・・・で後日、ツナギでお世話になったKUSHITANIさんへ。
沢山並んでいる中から色とデザインが気に入った物を一つ選んで試着したところ・・・ジャストフィット!

その場で感じた事を大切にしたかったので、あえて下調べは何もしませんでした。
グローブを試着する時に最も注意しているのは、グローブを装着した状態でグーを握る事です。
今時のグローブは手の甲の一部をプロテクトする為にカーボン素材を用いている物をよく見掛けますが、グーを握ると突っ張って甲や指が圧迫されてしまう物が珍しくありません。

帰ってからGPS3を調べたところ、KUSHITANI社の中の分類はツーリンググローブではなく、レーシンググローブでした。安全は全てにおいて優先すべき事なので、良い選択だったと思います。

このグローブはカーボンプロテクターが一切使われていませんので、転倒による破損や今回の様に通常使用による穴開きでも修理が可能です。
また、ケブラーの2倍の強度を持つZYLON®という新素材を手の甲を中心に使われていて安全性も高い様です。
革自体もとても柔らかいのでクラッチやブレーキのレバー操作もきっとやり易いでしょう。
これでツナギ、ブーツ、グローブの全てがKUSHITANI社製となりました。

多分勿体なくて直ぐには使わないんでしょうね(笑)


さて、この3月で発売35周年を迎えるFW。

昨年一つは思った事は、ネットオークションに出品される部品の減少。
400FWは以前から流通量が少なかったと思いますが、250FWはその傾向が顕著でした。
中古車の流通も同様です。
まぁ35年ですから無理もありませんよねぇ(笑)

新品部品は尚更です。
昨年後半に手に入れたのはこの2点。

一つはスピードメーターカバー。


この部分だけ持っていなかったので助かりました。


樹脂製の部品は金属製に比べて経年変化が大きいので扱いは慎重にしないといけませんね。


これでトリップメーターのノブ以外は、スピードメーターに関する部品は全て新品が揃いました。


もう一つはこちら。




ヘッドライトASSY。


遮光の為のライト周りのゴムも多少汚れてはいますが、おそらくは綺麗に出来るレベル。
しかし敢えてこのまま保存します。
経年変化も少ない方だと思います。


当たり前ですがガラス製のレンズは綺麗。
これって結構重要じゃないかな、って思います。
バイクを見る時は、大概一番最初はライト周りに目がいきます。ライトが黄ばんでいれば年季が入っていると感じますし、白ければ新しそうに感じます。


上部。STANLEY製。調べてみたら北野商会として1920年創業なんですね。


下部。調光用のネジとポジションランプの穴があります。


左側からと、


右側。


別添で前照灯の部品と遮光カバー。




昨年の走り納めの時に箱根同志の会の方から、『集めた部品はいつ使うの?早く使って見せびらかさないと良い時は終わっちゃうよ~。』と言われましたが、残念!
確かに最近では赤い部分の褪色がだいぶ進んできましたが、これらの新品部品を装着して周囲に見せびらかしながら走る予定は全くございません(笑)
Posted at 2018/01/07 20:08:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月04日 イイね!

GSX400FW 2018年もよろしくお願い致します

元旦早朝は初日の出と初詣に行きます。
場所は静岡の“おせんげんさん”、浅間神社です。
階段を上って山の上に行かないと初日の出が見られません。
早朝階段、キツい・・・(笑)


これがおせんげんさんから見た2018年の初日の出。
もう少し移動すれば木と木の間から初日の出が見られる場所もあるのですが、どのみちこの場所からでは水平線から昇ってくる太陽が見られる訳ではないので、まぁいっか・・・って感じです。




巫女さん、きっと足寒いだろうな。


浅間神社を後にして、学生時代に走っていた日本平パークウェイへ。
景色が良く、初日の出ポイントでもある日本平は元旦朝から賑わっています。
少し下った所で撮影。清水港と富士山。綺麗でしょ?


その後は羽衣の松で有名な三保の松原へ。


ここは高校のマラソン大会のコースで苦しい思い出しかありません。
こんな所を走らせるなんてイジメだ!(笑)


実家に戻ってお節料理。
蒲鉾や伊達巻き等の煉製品とゆば以外は母の手作り。
子供の頃は母の隣りで手伝いながら、お節料理が出来ていく様子を見ているのが大好きでした。
売っている物に比べれば質素ですけど、母の作ったお節料理がやっぱり身体に馴染んでいます。










手前の鮎以外は昨年釣った鱒、アマゴ、岩魚の甘露煮。
沢山釣ってきましたから甘露煮も沢山出来ました!


ついつい食べ過ぎちゃいます。正月は太りますね~。

2日の夜に小田原に戻り、3日は箱根駅伝を見に鈴廣前の復路6区小田原中継所へ。
最近、年末になると来年の駅伝はどうするんだ?と聞かれます。
いやいや、別に映りに行ってる訳じゃないから(笑)
そりゃ面白いとは思いますよ。箱根駅伝を家でTV観戦しているバイク乗りの人が、『あ、FWじゃねーか!』って笑っているところを想像すると。
でも以前はあくまでも偶然ですからね、偶然!
ランナーと反対の下り車線を規制するかどうかは、その年によって違います。
今年は規制しませんのでFWを交差点よりだいぶ手前に停めて、中継所となる鈴廣の近くまで歩いて行きます。


昨年のTVドラマの影響もあってか、沿道で観戦する人の数も多い様な気がします。
箱根の山から駆け下りてきたランナーが顔を歪めながら最後の力を振り絞って次のランナーに襷を渡す、この6区中継所が好きなんです。
襷を渡されたランナーに、後ろの車に乗った監督から檄が飛びます。
『落ち着いていけよ~。前を走る白バイに引っ張って貰う気持ちでいけ!』
こりゃ白バイのお巡りさんも大変だ(笑)


最後のランナーが襷を渡すのを見終えて撤収。
近くのコンビニで暖かい缶コーヒーを飲んで一服。


FWで走り出したら、ふと海に寄ってみたくなりました。
早川漁港が近いので寄ってみましたが、船着き場は一般車両立入禁止。
周辺をぶらついていたら、早川河口に辿り着きました。
こんな所は今まで一度も来た事ありませんでした。ちょうど西湘バイパスの分岐の下です。


今までFWと海の写真って、ほとんど撮った事なかったよなぁ・・・


海とバイクって結構難しい。










ついでだからヘルメットも撮っておこう。


影・・・空気は冷えていますが気候は穏やか。風がビタリと止むと、背中がポカポカしてきます。


さ~て、ぼちぼち帰るとしましょう。
家に戻ったら年末に残した清掃の続き。
続きとは言っても、箱根まで走ってしまっているので最初からですけどね(笑)
せっかくなのでシートを外した中もやっておきましょう。


エンジンやマフラーはワックス掛け、樹脂製の部分も液体ワックスで油分を補給。
日暮れギリギリ。それでも全部はやりきれませんでしたが、かなりの部分に手を入れる事が出来ました。


走り初めも無事終了で、2018年スタート!


今年も1年よろしくお願いします!
Posted at 2018/01/05 01:04:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月04日 イイね!

GSX400FW 2017年もありがとうございました

仕事納めが毎年30日なので、走り納めは自ずと大晦日31日になります。

もし当日が雨だったら、その年の走り納めはナシ。
ワンチャンスですが、雨で中止した記憶は少なくともここ10年位はありません。
そうして考えると、大晦日お晴れ率って結構高いんですね。

その走り納めに、なんと今年は71会会長風神さんが参加されるとの連絡がありました。
当日の天気予報は1週間目から☁☂の降水確率50%、風神さんと言えば71会の中でなめろうさんと並んで雨男の双璧。

速攻でLINEしました。
『バイクは洗車しないで下さいね』
風神さんが洗車した時の降水確率はハンパではありません(笑)

・・・迎えた走り納め当日。
前日からの予報は曇りになりましたが、湿度は70%台と予断を許さぬ状況。
小田原では路面が湿るほどではありませんが、朝から霧雨が時折パラついて不安定な空模様。

しかし集合場所である江ノ島方面の空は明るいので出発!

ちょっと遅れちゃいました。
veryさんと風神さんは既に到着されていました。


veryさんはいつもの#55、風神さんはGSX400FS。
風神さんのFSといえば


黒赤でしたが、外装を青白に換装されました。

風神さんは10代の頃に一度この青白FSを所有された事があったそうです。
しかし御自身以外の環境がそれを許さぬ状況に。実際に乗って走ることなく、泣く泣く手放されたとの事です。
FSへの思いはその後も風神さんの胸の奥にあり、一昨年の購入~今回の青白外装へと繋がりました。
CBX400FやZ400FXほど中古車相場は上がっていませんが、それら車種と同世代であるGSX400FSも今や当時の新車を上回る高値で流通しています。
機械弄りが好きな風神さんは、相場のほぼ半値でチョイ悪仕様車を購入。
こつこつと部品を集めて直し、ここまでオリジナルに戻したのがこの青白GSX400FS。




そうしたバイクへの思いは皆さんそれぞれにお持ちなんでしょう。

veryさんもここまで仕上げるのは本当に大変だったに違いありません。
ネットオークションに出て来る部品も僅か、資料となる当時の写真も僅かな上に細かな部分までは解らない。
現存する競技用車両(キット組込み車両では無く、ヨシムラが実際に使用した車両)も全国に数台。
レースで勝つ為に存在する競技用車両の開発には莫大な費用がかかります。その車両を保存しようとした場合は資産と見なされ、これまた莫大な税金を納めなければなりませんので、ほとんどの場合はシーズンが終われば廃棄されてしまいます。
そうした状況の中で作り上げられたこの1台。


私が一番楽してマス(笑)!


箱根同志の会の3台も少し後からやって来ました。




雨は降りませんが一度も太陽が出ず、気温は全く上がりません。寒い寒い!
お昼を食べましょう。
場所はバイクを止めてあるロータリーの真正面にある『カフェ トビッチョ江の島ヨットハーバー店』。
去年もここでした。
veryさんはピザ。


風神さんもピザ。


私だけカレー。


昨年は暖かかったので外の席で食べましたが、さすがに寒いので今年は店内でした。


食べ終わって一服したら解散。

じゃあ帰りましょうか・・・と、江ノ島とわかる写真が1枚も無い事に気付きました。
まぁ一応湘南FWですからね、一応それらしい写真も無いと・・・にしてもサザンのイメージとは程遠い寒々しい江ノ島。


帰りに二宮のSEIYUに寄って実家に持って行くパンを買って帰宅。
冬至を過ぎたとは言え日暮れは早く、清掃をしていたら、あっと言う間に暗くなってしまいました。


清掃を全て終わらせる事が出来ませんでした・・・最近何だか物事がテキパキと出来なくなりました。
まぁ雑に済ませるよりは、年明けでもいいからきちんとやろう。
お飾りを付けて(毎年使い回し)湘南FW号の2017年が終了。


そうそう、ブルーライトを付けてもう1枚。


FWにカバーを掛け、一路静岡の実家へ。
親に渡すと『・・・。』
?見るとパンの端が潰れてしまってました。
どうやら店で手渡された時にはまだ焼き上がったばかりで柔らかく、それをリュックの中に背負ってFWで帰る時に潰れた形のまま冷めて固まってしまった様です。
まぁ味に変わらないから(笑)。

急いで年越し蕎麦を食べて、


実家から少し離れた所にあるお寺へ。


除夜の鐘。


1年間ありがとうございました!
Posted at 2018/01/04 13:58:47 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

FWに乗りたくて取得した二輪免許。以来、FWばかり乗り継ぎ、 気が付けば既に30年…。 現在、30年来の夢である期日未定のFWR化計画を潜かに遂行中。現...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

マリンドリーム能生までプチride 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/07 23:44:24
梅雨 2017 & ハムスターネタ(番外編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/20 19:12:08
80's meeting 2016 2日目 ~昼 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/29 15:55:20

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ GSX400FW スズキ GSX400FW
1984年9月、初めて250FWに乗って以来、今日に至りました。 FWで何をする訳でもな ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.