• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

takamaro@のブログ一覧

2017年10月28日 イイね!

M PERFORMANCE スポーツ ステアリング ホイールIIのレビュー

最近アマゾンプライムを良く利用しているtakamaro@です
家ではプライムビデオを見て(戦闘車はちょっと期待外れだったなぁw)
車ではプライムミュージックを聴いて(専ら古い洋楽と邦楽ばかり)とアマゾン様様です



それはさておきBMW M PERFORMANCE スポーツ ステアリング ホイールIIを納車時に付けたのですが、大体の使い方が解ってきたのでレビューを



まずは機能面から




ディスプレイには大きく3つのモードがあり、まず一番左のED(エフィシェント・ダイナミクス)モードで
主に燃費関連の項目があり、まぁこのハンドルを付ける人が燃費を気にするのかなぁとは思いますがw


主な表示項目は
・燃費
・平均速度
・EDI(エフィシェント・ダイナミクス・インデックス)という物で、説明書によると燃費と速度に対する運転者の運転スタイルの効率という、ちょっと何言ってるのか解んない表示ですがw、目標値を設定してそれに対してどれくらい達成しているかで、100%目指すといいらしいです


このモードの時は左右のレブインジケーターは動作せず



瞬間燃費の上のシフト ポイント インジケーターに連動して、シフトアップ時は上の方に緑のランプが点いて、ダウン時は下の方に赤のランプが点きます
シフト ポイント インジケーターが結構低い回転でシフトを上げろ上げろと煩いので、走っていたら頻繁に点灯するのでちょっと目障りかも







次のモードがスポーツモードで私はこれを一番よく表示していて
主な表示項目は



・縦・横Gメーターとストップウォッチ



・横Gメーター(メモリー付)
と縦・横の重力加速度を計測できます、まぁ見ていて面白いねぇーくらいの物ですがw



・水温・油温表示
水温はOBDからデータを取れるので、レー探などで表示できますが、油温が何気に知るのが大変で、OBDから取れなくて、国産車みたいにサンドイッチブロックも挟めないので、何処かのオイルラインに加工して、社外品のメーターのセンサーを付けなければいけないので結構ハードル高いです
(あとポン付けだとAWRONのメーターくらいですかね、あれも高いけど)

なのでこれが真ん中のディスプレイでは一番ありがたい表示ですね、ちなみにメーター真ん中のBCで出る温度は水温と油温を元にしたエンジン温度だそうなので、サーキットとかではイマイチ使えないです




最後にレースモードで



・レース・ラップ・タイマーで
ラップタイム計測がメインでトップタイム、過去のラップ履歴、ニュルみたいに長いコース走る用にセクションタイムが表示できたりと、レースの最初から最後まで記録できる用になっていて多彩です

手動で計測出来るのと自動でも出来るとのことで、自動計測の方法が納車前はイマイチ解らなく、磁気センサーでも後付けするんだろうと思っていたので、これは使えるかなぁと思っていたのですが、取説見ると

メジャーリング・トリガーを付けろってなっていて、RealOEMによると

赤外線の送・受信機でBMWのバイク用部品みたいです、受信機は



ドラレコ取り付けの時に見つけたコネクターで、ハンドル付けたら付いてくるのか、最初からあるのかは不明ですが、ここに受信機を接続して

送信機は


(ネットで拾った画像です、問題あったらゴメンナサイ)

車のバッテリーとかに繋いでピットウォールにぶら下げるなり立てかけろと、なんつうかアナログな方法ですねw

うーむ使い勝手がこれはイマイチですねぇ、おまけに結構高いしw、これだったら大人しくサーキットカウンターかGPSロガーを買った方がいいですね



・0-400計測





こんな感じにカウントダウンが始まってスタートします、さらに1/4マイルモードに設定すると、ドラッグレースのクリスマスツリー式に光らすことも出来て、リアクションタイムまで計測できます




機能面はこれくらいで実際の操作感ですが、まずこれだけの機能を左右のボタンだけで操作するのでとてもじゃないですが覚えれませんw
それに回している時にボタンに触ってしまうこともしばしば
それに実際に使える機能は水温・油温表示と、レブインジケーターがメインで、後はおまけ的な感じですかね

それにこれが一番の不満なのですが、エンジンを掛けても電源は自動で入らず、毎回左右ボタン長押しで電源を入れなければならず、さらにディスプレイ表示も10分間何も操作しなかったら消えるのもマイナスですね

それからハンドルなのでクルクル回すのですが



表示部分の所が出っ張っていて径も違うのと、ボトム部分も別部品になっているのも相まって、掴み直して回した時の違和感がハンパないですw切り返しとかしてるとわちゃわちゃしてますw

グリップ部分もアルカンターラで触り心地は良くて気持ちいいのですが、素手だと手がちょっと滑りますね、それにいずれハゲてきそうなのも心配で
ドライビンググローブ付けて操作するのがベストなんでしょうけど、運転時毎回付けるのも手間なのと、私はあれが似合うシブい感じのオヤジではないのでw

ちょいとネガな所ありますが



見た目は最高にカッコよく、ステアリングトリムもM2用だと他のカーボン部分と同じオープンボアのカーボンなので統一感が出ますし、常に目に入る所なので満足感はかなりあるかと
なんせレブカウンターを光らすとほんとにカッコイイです、それにサーキットでは一番実用性あって役に立ちますね、メーターのタコメーターはちょっと小さめなので

とまぁこんな感じで総評としては付けてよかったかなと思います、オススメだと思いますがただ値段がねぇーw




Posted at 2017/10/28 23:31:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | M2 | クルマ
2017年10月21日 イイね!

2000km慣らし運転の旅へ

この前MTのブログを書いたらこんな記事が出てきたtakamaro@です
自動翻訳なんでニュアンスが違うかもですが、要約すると
BMW M副社長曰くM2は予想より40-50%売り上げが多く、購入者の約半数がMTを指定してるけど、M2以外の車はMT率が低く、DCTは優れた性能なのでM2が最後のMTになるかもしれないと
M2CSLはMTがあるかもですが、BMW Mは最近MTに否定的な意見が多いですね
私が乗ってたE92M3が最後のNAになって、そしてM2が最後のMTになるのかなぁ





それはさておき慣らしを2000kmしなければいけないのですが、このままじゃいつまでたっても慣らし解除できないので、距離を走るのを主目的とした変な一泊二日の旅に出かけましたw




前日から有給を取って気合入れてコペン共々がっつり洗車しましたが当日は朝から雨、、、
M2買ってからやたら雨多くねぇかいw

まぁしょうがないし距離走るのが目的なのでまぁいいかと


そして第一の目的地の



滋賀県のRAIKOさんへ、MINI Roadster時代からお世話になっていて



ちょっと久しぶりでしたが、来る度にお店が立派になられて、横浜にも近々出店するそうです
とにかくアイドリングストップを毎回オフにするのが面倒なので、ついでにいくつかのコーディングと、LEDを数箇所交換しました
ただコーディングは疾風///Mさんのブログによると、慣らし解除の時にコンピューターリセットする必要があるみたいなんで、コーディングが消えてしまう可能性があるみたいです
まぁ消えてしまったら、RAIKOさん再コーディングは無料ですけど、次は自分でやってみますかね

と作業も無事に終えて次へ向かい、第二の目的地が



滋賀県のメタセコイア並木へ

ここは前から行ってみたかったのですが、中々行けなくて今回距離稼ぐ為に寄ってみました



紅葉前だったのですがそれでも十分キレイな所で、奇跡的に雨も止んでいてちょっとだけ写真撮りましたが、下手な私が撮っても凄く絵になりますね
通り抜ける時にあぁ屋根開けたい~て思いましたwオープン乗りの血が騒ぐ所でもありますね、またコペンでも来ようと

そして第三の目的地の



石川県の山中温泉へ
着いたのが夜なので店がほとんど閉まっていたのと、雨が結構降っていたので何も出来ず写真もろくに撮ってないです
この日は旅館で温泉に浸かって就寝

そして翌日やっぱり朝から雨、、、気を取り直して第四の目的地の



石川県の日本自動車博物館へ、ここも前から行ってみたかった所で



とにかくクラッシックカーやビンテージカーや旧車が沢山展示してて、見て回るのが大変なくらいで



300SL始めて見たけどため息がでるほど美しい車ですね



親父が昔乗っていたクラウン見てその当時を思い出したり



旧車とまではいかないけど、FC3Sや180SX免許取った頃は良く見たし、同級生とか乗っていたけど、けどもう最近は見ないよなぁ

とかまだまだ沢山ありましたが昔の車を見て勉強になったり、昔を懐かしんだりと車好きなら1度は行ってみた方がいいですね、ここはほんと楽しかった♪


ここから折り返しで最後の目的地の




福井県立恐竜博物館へ
ここは妻のリクエストで





凄く近代的な建物で



かなりの数の恐竜や骨格標本が展示されていて、ほんまにこんなんがおったんかいなと不思議な感覚になりながら歴史を感じました

とりあえず目的は達したので、あとは真っ直ぐ帰路につきましたが、しかしM2高速での長距離が凄く楽で、やっぱ排気量多め&ハイパワーはいいですね
走りにゆとりができて、追い越しや再加速がスムーズで4000rpm縛りでしたが全然問題無しで、チョットスポーツモードで踏み込みましたがまぁすこぶるイイ加速でしたw、早く慣らしを終わらせて全開踏んでみたいですね
脚も旅行中ほとんど雨で路面状態が悪かったのですが、接地感が判りやすく脚も街乗りではちっと固めも、高速ではちょうどイイ感じで追従性がよく雨でも不安なく走れました
距離の割には疲れもマシな感じで無事帰宅

今回の走行距離は


約770kmで累計もようやく1000km超えましたがまだ半分なんだよなぁ(汗)


Posted at 2017/10/21 23:15:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | M2 | クルマ
2017年10月19日 イイね!

M2 MT見聞録

最近M2のリアシートを使うことを覚えたtakamaro@です
2シーター2台でここんとこ過ごしてきたので、ちょっとした買い物をした時もリアシートに置こうとせず、トランクに入れようとして、ハッとなって笑ってしまいますw
人を乗せる機会も増えたし、やっぱ最低4人乗れる車は一家に1台ないとダメですねw




それはさておきM2を買ってMTにだいぶん慣れてきたので、レビューがてらに色々検分をしてみたいと思います




シフトレバーのストロークはやや長めで手首だけでって感じじゃなくしっかり動かす必要がありますw
それから各ギヤに入れる時のフィールは前に乗ってたE92M3はグニャグニャしていたのが、カチッとまではいきませんがコクッて感じで入っていくのでしっかり感はアップしてますね、なのでバックギヤ入れる時も前は入れにくかったのですが、比較的マシになってます





次にペダル配置ですがペダルオフセットは右ハンドルなので左に寄っていますが、まぁ許容範囲内ですかね


(サーキットとかで使っているPumaのドリフトキャットていうドライビングシューズで、汚くてスンマセンw)

ペダル間隔も幅はやや狭いですがまぁ幅広の靴じゃなければなんとかですが





アクセルとブレーキの段差がかなりあります、なんか年々段差が大きくなっていってるような気がしますが、なんでM2はブレーキが踏み始めから制動の立ち上がりが早く、街中ではちょんとしか踏まないので、アクセルが踏みにくくH&Tがかなりやりにくい

ギヤ比も相変わらず1速だけが妙に低くて出だしが忙しいです、ただMT乗って気が付いたのですが、回転落ちはめっちゃ早いです、レスポンスいいのと相まってMTで乗っていてシフトアップもダウンも凄く気持ちがいいです、
M2はエンジンがS型じゃないとか言われてますけど、このエンジンだって十分スポーツエンジンだと思いますね、まぁ回転落ち早いので街乗りでずぼらシフトしているとすぐ回転落ちてギクシャクするので気を使うのですがw


それからH&Tと言えばM2に実装されてるオートブリッピングですが、最初は余計な機能じゃねぇかいと思っていたので、先行で自分でアクセル踏むとそっちが優先されるのでそうしていたのですが、1度オートブリッピングに身を委ねようと機械まかせにやっていたら、、、

まぁ快適なことw

スタート時もアクセル踏まなくても半クラッチにしたら回転上がって繋げやすくしてくれますし、ヒルホールドも付いているので、坂道発進もクラッチ繋ぐだけで簡単に発進できるし、シフトダウンも私より上手いんじゃないかとw

いかんいかんこのままじゃ飼い馴らされてしまいそうなのでw、H&Tやり易くするために改善をと



ヤフオクで○パフォ風のペダルセット買いましたw
アクセルとブレーキの段差減らすのと、純正ペダルの見た目が寂しいので
あっ本物は高かったので、、、w

ちなみにこの手のペダルはネットで良くでてますが、出元が大陸なので左ハンドル用で、アクセルペダルとATのペダルは問題ないのですが、MTやDCTだとブレーキとクラッチのペダルが、裏の切り欠きなどが逆になっていてそのままでは付かないので注意です

でこれは出品者が工場で加工して付けれるようにしたとのことで、購入してみたのですが、裏を見たら




あのさぁ、、、裏をくり貫いて両面テープ貼っただけやんwで両面だけでペダルに取り付けろとな、
流石にそれは途中で外れる可能性あるからダメだろ

なので



こんな感じ皿ネジを貫通させて、裏に家に余っていた適当なステーを付けて、汎用ペダルみたいに挟み込むようにしました



アクセルペダルは本家と同じ被せるタイプで、結構厚みがありそのままブレーキペダルとアクセルペダル付けたらブレーキペダルとの段差が5ミリ縮まる計算
なのでもうちょい縮めたいので



5mmのゴム板を切り抜いてスペーサーにして



間に挟んで被せます、これで計算上10mmかさ上げして段差が縮まります
これは被せてるので外れないとは思いますが、念の為タッピングネジで固定しておきました



ブレーキペダルはこんな感じで



クラッチペダルはステーが干渉したので切り抜いて取付




で完成図ですが多分ブレーキとクラッチのペダル逆だと思いますが、ステーの関係上こうするしかなかったwおまけにちょっと曲がってるし、後で直そう、、、
こんなに苦労するなら本物買っておけばよかったwただこのパチモン本物と違って車体のペダルに穴あけ加工しなくて済むのが唯一のメリットw





おかげで見た目はともかく段差が減ってH&Tがしやすくなりました


最後にまじめな話

オートブリッピングで思うのですが、最近の車は電子制御があらゆる所に入ってきて、アクセルだって踏まなくてもやってくれるようになったりと人が関与する所が減ってきていて、MTのM2乗っててもなんだか無理矢理MTにして乗ってるようにも思えてくる所があります、ターボエンジンなので高回転NAみたくブン回す感じじゃないのも相まって
DCTで機械任せにした方が車の性能を存分に発揮できるしM2のキャラクターに合っていると思うところがありますねぇ(0-100も燃費もM2はDCTの方が上ですし)

MTで車を自在に操る喜び!!は確かにあると思いますが、何と言いうのか自在にできる部分が減ってるように思います
この先電気自動車や自動運転や自動ブレーキなどが進んでいくかと思うと、仮にMTが少数残ったとしても、もうこの今がまだ楽しめているMTの最後かもしれないなぁと思います

まぁあくまで新車の話なので、いざとなったら旧車にでも乗ればいいのかもですが、旧車も維持など中々大変ですし、社会情勢や車環境も変わっていくので旧車もいつまで乗れるのやら、、、

ちょっと暗くなっちゃいましたがMTのM2十分楽しいですよ~w
ただこの先考えると車の性能は上がるのでしょうけど、MT乗りにはちょっと寂しい時代になるかもなぁと思います、とりあえずM2長く乗ろっとw






Posted at 2017/10/19 21:53:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | M2 | クルマ
2017年10月15日 イイね!

ドラレコとレー探とコストコ

この前M2の自動車保険の値段を聞いて白目剥いたtakamaro@です
前が足車のアルトからだったので、解っていたけど思ってた以上の値上がりで(汗)とくに車両保険の料率がM2かなり高いですね、、、等級ほぼマックスとこの年齢で払う金額じゃねぇなぁw




それはさておき週末の度、車いじりが続きまして今週はタイトルの通り、ドライブレコーダーとレーダー探知機の取り付けを行いました

まずドラレコですが、MINIに使ってたCOWON AW1は基本性能や機能自体は悪くはなかったのですが、スマホと接続して映像見たり設定したりするのですが、Wi-Fiの速度が遅すぎて、映像を見たくてもダウンロードの時間が掛かり過ぎたりでイマイチでした

なので新しく買い替えようと思い調べたのですが、種類も機能も増えてなにがいいのやらさっぱりで

とりあえず必要な機能が
・車のバッテリーを使った駐車監視機能(内臓バッテリーは録画時間が短いので)
・HDR/WDR機能
・西日本LED信号対応
これくらいで、納車待ちの間に必死に検索してw後述するレーダー探知機と同時に買おうと思っていたので



コムテックHDR-352GHPを購入
レーダー探知機相互通信機能と駐車監視ユニットが付いていたのが決めてで

レーダー探知機はそれこそ免許取りたての頃に買ったきりで、その頃のは誤報だらけのウルサイだけで全然使えないイメージがあったのでその後は買わず、その代わりナビにオービスの位置を入れて対応していたのですが、最近のはずいぶん進化してるらしくOBDと繋げて色々できたりするので買ってみようと




コムテックZERO 703Vを購入
新製品の704Vも出ていたのですが、違いが全国2箇所だけ配備された移動式オービスに対応してるくらいだったので、それなら値段も安くなってる703Vにしました

で取り付けですが詳細は後で整備手帳に記載しますが、注意点として
駐車録画する場合常時電源に接続する必要がありますが、最近のBMWの車はバッテリーの電源管理が細かくて、エンジン切った後も流れてる暗電流を計測してるらしく、ヒューズから常時電源を取って駐車録画などしていると消費電力が増えてエラーが出るそうです
なので常時電源はバッテリーから直接取るのと、駐車録画するならまめに乗ってバッテリーを充電するようにしないとダメだそうです

それとアクセサリー電源もシガーソケットの所などは、エンジンを切ってもしばらくは通電してるみたいで、エンジンを切ったらちゃんと切れる所を探さないとダメみたいです

常時電源はバッ直の電源ケーブルを買って、アクセサリー電源はディーラーに調べてもらいました


延べ2日掛け必死で取り付けて





なんとか取り付け完了
両方取り付け場所は悩みましたが、レー探との相互通信なのでドラレコの画面は使わず


こんな感じにレー探の画面で見るので

ドラレコは画像にミラーの上の所がちょっと見切れるけど、運転していて邪魔にならないミラー裏に設置

レー探は無難にエアコン吹き出し口の上に設置しました

イマイチ判り難い説明書を読んで大体の設定が終わった所で、買い物に連れて行けとの指令が出たので、使い勝手の調査を兼ねて雨の中ちょっと距離あるコストコまで行ってきました



OBDに繋いだので色々情報が見れるようになって、特にブースト圧が見れるようになったのは嬉しいのですが、OBDからのはレスポンスが悪く表示が遅れるのでイマイチですが、色々見れてとりあえず楽しめそうです
肝心のレー探機能ですが誤報は設定であまり反応しなくしていたのでそんなにはありませんでしたが、それでも変なとこで反応したり、取り締まり地点ですやらNシステムですやら良く鳴りますw
基本オービスの位置が解ればいいので、もうちょい設定詰めて鳴りにくくしてみます

ドラレコは



PCのビューワーの映像ですがGPSやOBDのデーター入るので面白いですね



ビューワーのスクショなのと雨だったので画質悪く見えますが、実際はそこそこキレイで前車のナンバーとかはよく見えます


話は反れますがコストコ行くのに試しにルート設定して行ってみましたが




地図もわかり易くなって



メーターのとこにルート出たり



交差点案内もアニメーションで動いたりで、M3の時はボタン1個のiDriveの頃だったのでその時から比べたら随分進化してますね
音楽のマルチメディア関係やLCI後標準になったコネクティッドドライブを含めたら、もう市販のナビよりいいんじゃないかと


そんなこんなでコストコで買い物を済ませて無事帰ってきました
それにしても走りの部分は慣らしを終わらせてからまたあらためて書きたいと思いますが、高速はコンフォートじゃなんだかアクセルが重たくて、慣らし中だけどスポーツに入れて走ってる方が楽しかったですw








Posted at 2017/10/15 21:17:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | M2 | クルマ
2017年10月09日 イイね!

始めての洗車から見えるディテール

この前甥っ子が車を買うらしく、どの車がいいかって聞かれて困ったtakamaro@です
このスポーツ寄りの偏った思考の持ち主に、普通の車でオススメなのと聞かれても走りのことを考えてしまうので困りましたw






それはさておき、納車までにコーティングができなくて、なおかつお店の予約もいっぱいでしばらくできなさそうなので、だったら自分でやりますかと

まずは普通に洗車から



水弾き見る限り、ディーラーも特に簡易コーテングとか何もしてなさそう
まぁその方が好都合ですけど、しかし最近はちっちゃい車ばかり洗車してたから、M2は時間が掛かるw



ガラスはウォータースポットが結構ついていたので、ウォータースポットクリーナーで落とします



これぞ親水!! リセットできました

後は拭き上げるのですが、自分で洗車すると普段気が付かない所や細かい傷なんか発見できたりするので、しんどいけど自分で洗車した方がいいですね
いかに前に試乗した時は興奮してろくに見ていなかったのがよく解ったw



このバンパーの縦のスリット穴が開いていて空気が抜けるようになってたり



純正のディフューザーも思ってたより造形が凝っていたり



ボンネットから空気が抜けるようになってたりで、当たり前ですがちゃんとしてるなぁと関心しましたw
納車まで長かったのでその間ネットで散々調べて把握してたつもりですが、実車見ないと解らないこと沢山ありますね




そういや2灯あるライトの内側、何かの機能があるのかな?
昔はロー・ハイと2灯に解れてたり、内側はコーナリングランプだったりしましたが、アダプティブLEDになって外側の1灯で賄ってると思うので、ダミーなのかな?
その割にはレンズっぽいのはいってるし、衝突安全のカメラはルームミラーの上だしねぇ
ググッてもイマイチ答えが無かった




フロントウィンカーもLEDになりましたが、1個だけのLEDが光ってるだけっぽいので、いくつかのLEDを並べて面発光させてるのとは違って、ハロゲン電球を社外品のLEDに交換したみたいな光り方で、はぎれはいいのですがイマイチLEDっぽくないです



その代わりリアのウィンカーはキレイに面発光していてめちゃカッコイイです




ホイールも中々いい造形で、切削面もハイパーブラック塗装してるみたいでカッコイイです
ただ相変わらず掃除しにくいw
あっタイヤはやっぱりコンチネンタル スポーツ コンタクト3でした
最近はほぼコンチらしいですね、ミシュランPSSはもうディスコンになるのかなぁ



室内を掃除していて気になったり発見したことがいくつかあって



LCI発表時の写真にはシートベルトにトリコロールのステッチが入ってましたが、実際には入ってないです、おっイイね~と思ってたのに残念



ステッチといえばこのニーパッド、LCI前にはブルーのステッチが入っていたのが無くなってます、これもよく解らんw



シフトノブもシフトパターンの所が光らないんですね、M3の時ちょっと気に入ってたのですが、まぁこれで心置きなくシフトノブ替えれますw



Mボタンも無いんですよねぇ、ダンパーの減衰力が変わらないのであんまり必要ないんだけど、気分的には欲しい所ですね




ダッシュボードやこのカーボントリムは思ってたより質感が良かったです、ツヤツヤのカーボンの方がいいなぁと思ってましたが、これはこれでアリですね



ルームランプなどの室内のランプはLEDだけど電球色でしかも暗い、、、さらに純正でLEDになってるので交換しようと思っても基盤ごと交換になるので、ちょっと大変なのと交換用のLEDの種類が少ないし値段も高い、、
激安LEDハンターとしては寂しい所ですw



メーターは液晶っぽく見えるけどアナログ指針と普通のパネルで、液晶は右下部分だけです
今回のLCIの内装のハイライトで、こういう所は新しい方が洗練されてますね、まぁいずれフル液晶に変わっていくので、アナログ指針のMはこれで最後なのかな!?



唯一つけたオプションのハーマンカードンですが、これ付けたらイコライザーとかiDriveで細かく調整できるようになるのかなと思いましたが、低音・高音のみの普通のと同じだったのでちょっと残念
ただろくな音楽聴いてない私には充分すぎるほどイイ音出てます


ディテールはとりあえずこれくらいにしてメインのコーティングですが、前にコペンに施工したハイテクX1 ダイヤモンドコートがまだ6~7割残っていて、ダイヤモンドやうんちく云々はさておき、中々のツヤと強撥水性がよかったので、M2にも施工してみます
ただ会社の駐車場が青空なので撥水なのはあまりよくないのですが、なんせこのコーティングの水弾き具合が凄く気持ちいいのでw

施工方法はハイテクX1 ダイヤモンドコート施工、施工編と同じなので割愛
事前の磨きはディーラーで納車前にやっているらしく、素人の私ですがボディを見る限り必要なさそうなのでそのまま施工しました







なかなかのツヤが出てますし、コペンと違ってロングビーチブルーは塗った感が解っていいですw






無塗装樹脂部にはWAKO'S スーパーハード 塗って

フロントガラスにガラコを塗って完了!!

やっぱ車が大きくなった分時間が掛かるし疲れますw
結局3連休たいして出掛けてないし、来週末もやることあるので一向に距離が伸びないw慣らしいつ終わるのやら、、、






Posted at 2017/10/09 20:01:37 | コメント(2) | トラックバック(0) | M2 | クルマ

プロフィール

「12ヵ月点検(1年点検)とおまけ http://cvw.jp/b/1713914/41952807/
何シテル?   09/16 21:24
MINI Roadster購入をきっかけに、みんカラデビューしました。 今はBMW M2とコペンでスポーツカーライフを送っています どうぞよろしくお願い...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

頭文字D 聖地巡礼 完全版 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/17 22:35:21

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

BMW M2 クーペ BMW M2 クーペ
2017年3月上旬注文、LCI後の2018年モデルで2017年10月7日に納車されました ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
コペン ローブS 2015年2月8日納車完了! 妻メインの車でこちらはほどほどにいじって ...
ミニ MINI Roadster ミニ MINI Roadster
M2の前に乗ってた車 人生初のオープンカー Bセグボディにクラストップの走りやカスタマイ ...
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
MINI Roadsterの前に乗ってた車 ただのサラリーマンが無茶して買った初輸入車 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.