• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ZEES officialのブログ一覧

2018年08月11日 イイね!

レクサスLC URZ100 開発!!

レクサスLC URZ100 開発!!


alt
alt


レクサスLCの開発が全部終わりましたので新たに付け加えてもう一度アップしたいと思います。最後まで読んでくだされば幸いです。


レクサスLCが入って来ました。
お客様のご依頼はフロントパイプからリアエンドまで全て交換でEXバルブ付き希望。リアにトムスのアンダースポイラーが装着されていますのでその開口部に合わせて90φチタンテールの4本出しにして欲しいと言われました。いきなり凄い仕様です。フルエキゾーストのご依頼ですので私自身気合を入れて渾身のマフラーを作りたいと思います。

それではいつもの様にノーマルマフラーから調べていきます。
この車、最初からスーパーカーの様にEXバルブが付いていて音は小さいですがスーパーカーの様な音が鳴ります。なるほどよく研究されています。
調べてみると直管通路と消音通路の2系統を持っておらずリアタイコは乾いた大きめの音が最初から鳴るように製作され、その前に排圧を殺すためにEXバルブが付いておりこれを閉じると少しの排気だけが流れる様になっていて消音性能を満たしています。良く出来ているマフラーですがバルブを開いた時にスーパーカーの様な直管にはならず大きな消音気を通りますから音量が物足りません。これを2系統にして音量のメリハリを作っていきたいと思います。

alt



EXバルブ部は開くと閉じるだけの動作ではなくて角度を走行状態に合わせてフレキシブルに可変出来る様になっています。その角度をコンピュータが読み取り把握するようにしていります。

altalt


リアパイプ部分は絞られて54φです。せっかくフランジが60φで出来ているのに勿体ない、ここを絞りなしの60φで製作しようと思います。

altalt


フロント、中間ピースはいつものトヨタ車通り一体式で他の車種とよく似た構造です。
LSの様に完全別設計で進化したバージョンではなく従来のバージョンです。悔しいですね!!しかしこの車はNAエンジンですからこれで十分なのかもしれません

alt



相変わらずバイパス部分はバーを避けるために潰されており、また中間タイコ以降も60φから54φまで径が細くなっています。これも絞りなしの60φで製作していきます。
alt

alt





それではまずはリアピースから製作していきます。
後でノーマルのディフューザーを装着するためにテールの手前まで製作します。
まずは直管通路と消音通路を別々に分けるよう配管していきスーパーカーのレイアウトを実現します。リアタイコはノーマルの様に横置きにして装着できる最大のサイズのタイコをセットします。

altaltaltaltalt


消音通路はバルブが閉じた時だけに排気がタイコに入るようにします。穴あけが大変な作業です。
そして何とか借り合わせが出来ました。美しいレイアウトですね!!

altalt


ここでトムス製のリアアンダースポイラーを外してノーマルディフューザーを装着します。市販マフラーはノーマル車対応ですからね!
そしてノーマル出口に合うようにテールパイプをレイアウトしていきます。

altaltaltalt


これでリアピースは完成。後は製作治具を作って本溶接します。
なおこの商品はEXバルブ付きの競技用のマフラーを製作しております。EXバルブなしの車検対応マフラーもラインナップに加えますのでご期待ください。その場合このマフラーのEXバルブ通路が無くなり専用設計のタイコになります。街中の走行に適した中速トルクが大きく乗り易いマフラーを目指して作りました。下からモリモリとトルクの出てくるマフラーは乗っていて楽しいですからね!!そしてこのLC500の車検対応マフラーは各メーカーさんが大変苦労しており今現在発売されておりません。加速時の消音性能が非常に高くないと試験に落ちてしまうみたいです。当社はこれを完全にクリアーして車検対応マフラーを販売しますのでどうかご期待ください。
写真はトムス製のリアアンダースポイラーが装着されていてテールがおかしく思いますが純正のディフューザーにマッチしますのでご安心ください。

alt
alt


それでは次にフロントパイプを製作します。
見た目、レイアウト自体RCFとそっくりなためにRCFのフロントパイプを当てがってみましたがやっぱり違いました。合いません。新たに製作します。
何の問題も無く完成しました。

altalt


続いて中間タイコ。
これもいつものトヨタ車レクサス車と同じレイアウトですのでスムーズに製作していきます。
パイプの絞りを一切なくして純正のアンダーバーを避けて製作します。
そして完成!!スムーズな仕上がりです。
altaltalt


この後製作治具を作り本溶接します。

さてそれではこのお客様のEXバルブ付きのトムス社製のリアアンダースポイラーに合わせたワンオフマフラーを製作していきます。
まずはEXバルブの配管及び配線です。
エンジンルームのサージタンクから負圧を取り出し、電磁ソレノイドに持って行きます。

altaltalt

電磁ソレノイドはリアアクスルの上に綺麗に装着出来ました。

alt


そこから左右のEXバルブのダイヤフラムに配管します。

alt


配線は室内に持って行き純正の色々なスイッチの使われていない目くら部分にカッコいいスイッチを装着します。が、これは私の専門分野ではないので知り合いのオーディオ屋さんに依頼しました。やはりプロには敵いません。

altalt


そして完成!!
渾身の力作が出来て私自身満足です。色々な苦労の連続が昨日の様に頭に浮かびます。

altaltaltalt
altaltalt
alt
altaltalt

はやる気持ちを抑えて早速エンジンを掛けてみます。思った通りバルブを閉じた時は大変静かでこれなら町中でも何の問題も無いでしょう。そして開いたら・・・
まさにスーパーカーサウンド!!これは今までの国産車にはない最大で最高の音を響かせます。高速を走ったら最高に気持ちが良いでしょうね!!私自身欲しくなってきました。
大満足のマフラーを製作で来て大変嬉しいです。
オーナーの皆様、是非よろしく願いします。

価格はオールステンレスのみで
リアピース・・・車検対応品268,000円
        EXバルブ付き競技用・・・398,000円(電磁ソレノイド、ワンウエイバルブ、無線コントローラー、リモコン2個付き)

中間ピース・・・139,800円
フロントパイプ・・・スポーツ触媒付き199,800円
          ストレートタイプ99,800円です。

Posted at 2018/08/11 20:10:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新開発 | イベント・キャンペーン
2018年08月10日 イイね!

W257 CLS450 開発!!

W257 CLS450 開発!!最新のCLSが入って来ました。フルモデルチェンジにより3代目となり新開発の直6エンジンが復活しました。長い全長の直6エンジンは時代にそぐわずに姿を消していったのですが最新技術により従来の直6ではなし得なかった短さを実現、V6と同じくらいの全長に抑えるとこが出来、見事に復活しました。これはベルト駆動を廃止しオルタネーターなどの補機類は全て電動化して実現しております。セルモーター何て電動アシストまでを兼ねており凄い技術と進化ですね。したがってこの車、低回転時は電気アシスト、高回転時はTBがアシストしてなんかロボットに近づいているみたいです。トルクの伴った気持ちの良い吹け上がり、ワクワクするような高回転の加速などはするのでしょうか?
私自身古い人間なのでそんな部分がとても気になります。燃費性能と低排出ガスに極限まで振っているみたいで車本来の気持ちのいい走りが無くなっていき、寂しく思います。


さてノーマルで少し走ってみます。
??何だこれは?直6の高音質なエンジンサウンドがありません。9速ミッションも常に低回転で変速してしまい全く普通のファミリーカーみたいな感じです。回してみるとそれなりに速いのですが360PS以上の馬力があまり感じられません。やっぱり寂しいフィーリングでこれを少しでも荒々しい楽しく盛り上がるパワーが体感できるようにマフラーを作っていきたいです。

それでは開発に入ります。まずはノーマルマフラーから。




最初からEXバルブが付いています。モーター式で角度をコンピューターで検知しています。走行状態に応じてリニアに開閉するタイプで音量の大小に重点を置いているタイプではなくパワーフィーリングでバルブを開閉しているようです。始動時は閉じて静かに、ファーストアイドルが終わり温まってくると開いてきます。走行時は低回転では少し開いてトルクアップを高回転では全部開いてパワーを出すと同時に音も出すようにしております。しかしそれでもノーマルですので全然静かすぎで物足りません。
各部のパイプはいたる所が潰されていて車体とのクリアランスを保っています。




この部分の潰れを全て無にしてパワーアップを図りたいと思います。
センターパイプ部分に純正マフラーの切断ポイントがポンチされていりますのでこの部分で切断してリアマフラーを製作していきます。




左側は純正の様にEXバルブが装着出来る様に製作します。このモーターのカプラーを外したままにしておくとエンジンチェックランプまでは点灯しませんがコンピューターにエラー信号が残ってしまいます。またノーマルとは違い開けばより音量が大きくなり気持ちのいい排気音が出る様にします。
そして完成!ノーマルの電磁モーターがそのままボルトオンで装着できる画期的なマフラーです。





なお先日このままの状態で加速騒音試験を受けに行き合格しました。したがって車検対応マフラーですので安心して購入できます。

それではフロント中間パイプを製作します。
この車純正は中間部分にタイコがありますが音量があまりにも静かなため当社製品はタイコを装着せずストレートパイプで製作します。




純正のカップリングはW176のAクラスと同じ形状で3Lエンジンのため口径が大きくなっております。



ここで問題が・・・
このジョイントのネジが回せません。エンジン下からでは工具が入らずエンジン上からの作業となります。カバー、遮熱版など色々なパーツを外していきやっとネジにアクセスできます。しかしそれでも角度が悪いためネジを回せません。仕方ないので工具にステンレス棒を溶接して専用の回し工具を製作しました。これでやっと緩みました。
外れてしまえば後は簡単で、レイアウト通りにフロントパイプ、センターパイプと製作していきます。




そして完成!




なお純正でセンターにバーがあり、この少し後ろに切断ポイントがありリアピースを切断するので、バンド止めでは振動で垂れ下がってきてバーに干渉してしまいます。そこでこの部分に追加ステーを装着し垂れ下がりを防止しております。




これでフルマフラーが完成しました。




それでは試乗に行きたいと思います。
エンジンを掛けるとバルブが閉じておりこのマフラーでも静かで、近所迷惑にならないです。ファーストアイドルが終わるとバルブが開きだしてそれなりの音が出ます。やっとスポーツマフラーらしくなってきました。
走り出しても全域でトルクが一回り太くなった感じで楽しいです。高回転の音も気持ちよく響き走りを堪能できます。しかし環境エンジンのためシフトアップが速く常に低回転を保ってしまうので少しつまらないです。トランスミッションのプログラムなので仕方ありません。
それでもこのマフラーの性能を感じる事が出来大変満足です。
なおフロント、中間パイプは音量を大きくするので競技用となります。

価格は切断後部分が288,000円(EXバルブ標準装備)
フロント、中間パイプがセットで168,000円です。

オーナーの皆様、是非よろしくお願いいたします。
Posted at 2018/08/10 00:11:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント・キャンペーン
2018年08月08日 イイね!

R231 中間+リアピース製作!!

R231 中間+リアピース製作!!今回はジースプロジェクトの定番メニューのR231中間+リアピース製作を書きたいと思います。
この車はSL350、SL550共にフロントからリアエンドまでマフラーが一体式になっており全部交換するには触媒や各種センサーなど大変な部品構成になり価格も60万円オーバーとなってしまいます。これでは一般的ではないので当社はリアピースで純正を切断してバンド止め装着のリーズナブルなマフラーを発売しております。純正を切断してしまうので完全車検対応として加速騒音試験をクリアーしています。
多くのお客様に好評を頂いておりますがやはりリアピースでは物足りないとよくご指摘を受けます。加速騒音適合のマフラーではかなり静か目ですのでもう少し音を何とかならないか?とお問い合わせを頂きます。そこで中間部分をストレートにして更にノーマルの中間は左右一体ですがこれを左右別々に切断して簡単にノーマルに戻り、更にSLのトランクにノーマルマフラーが積める様に考えました。これならばリフトさえあればどこでも簡単にノーマルに戻せますので車検時にも非常に便利です。音もリアピース交換の物足りなさとは無縁の気持ちのいいスポーツマフラーサウンドを堪能できます。
このメニューをワンオフにて製作したら色々なお客様から「私の車もやってください」と多くのご依頼を受ける様になり私自身一度ブログに書こうと思いました。
改めておことわりしておきますがこの中間ピース交換はワンオフ製作しか出来ません。しかもノーマルに簡単に戻せますが音量を大きくしますので、中間ピースは競技用となりイベントやショー、サーキットでのスポーツ走行で使用してくださるようお願いします。

それでは製作に入ります。
リアピースは市販品がありますので治具にて製作しておきます。
ノーマルマフラーはリアパイプの部分を切断します。



更に中間タイコ前部分で左右とも切断します。そこにフランジを溶接。




切断したノーマル中間ピースを戻してこちらもフランジを溶接します。




そして取外しノーマルのマフラーはトランクに積み込みます。
コンパクトになったのがお分かりかと思います。





そしていよいよ中間ストレートパイプを製作します。
何度もリアピースを差し込みながら位置を出して作っていきます。





そして完成!
見た目は簡単に見えますがバーを外したり、何度も位置決めをしたり意外に手間がかかります。
そしてリアピースを装着すれば完成です。なおこのお客様はSL63のリアアンダースポイラー、テールカバーを装着されており、当社では63ディフューザー用にて販売しております。





見た目のカッコ良く音も最高のSLの完成です!!
オーナーの皆様、是非よろしくお願いします。

価格はリアピースが車検対応で228,000円、63ディフューザータイプは238,000円
中間ピースはワンオフ製作で120,000円、ノーマルマフラーのフランジ加工込みです。
Posted at 2018/08/08 00:11:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新開発 | イベント・キャンペーン
2018年08月07日 イイね!

W213 E400 クーペ&カブリオレ開発!!

W213 E400 クーペ&カブリオレ開発!!W213のE400カブリオレが入って来ました。
これまたレアな車でどこも販売していないとの事。C300に続き製作します。
Eクラスは先代モデルもそうでしたがクーペ&カブリオレはボディがCクラスを使っており、したがってマフラーはW205のCクラスとレイアウトが同じになります。この車はV6ツインターボのエンジンですのでマフラーはC43と同じになります。車が大きい分前後のオーバーハングが伸びておりテールの長さなどで違いはあると思いますが・・・



それでは製作していきます。
まずはカブリオレなので補強バーのボルトを外すためにオルソーで穴あけします。




これでノーマルマフラーが取外し出来ます。
まずはC43の三つ又部分。やはりアンダーバーに干渉します。パイプレイアウトを上に上げる必要があります。




治具のフランジ位置を上げて製作しました。今度は大丈夫です。



後はサクサクと作っていきます。やはり全長が長い分テールが長くなり、若干幅も広いのでテールも外側に行きます。
何も問題なく完成!!このオーナー様はEXバルブ付きを希望されましたので左側にEXバルブを装着しました。当然ながら左側のタイコの中身は直管、ただの筒です。
通常モデルは両側共に消音器になります。
そして完成しました。




この車もカブリオレのためにタイヤハウスカバーの逃げ加工が必要になります。
線の部分をカットしてください。





さてこのお客様はフロント、中間ピースのご依頼もされましたので製作していきます。
この部分はC43と共通でしたのですぐに完成しました。ただしEXバルブの効果を上げるために中間はタイコレス、ストレートパイプをご希望されました。バルブを開くと気持ちいい排気音が鳴りそうです。




価格はリアピースが
ハーフステンレス・・・208,000円 オールステンレス258,000円
EXバルブ付きは70,000円UPです。

フロント、中間タイコはセット販売で198,000円です。

オーナーの皆様、よろしくお願いします。
Posted at 2018/08/07 00:40:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント・キャンペーン
2018年08月06日 イイね!

W205 C300 クーペ、カブリオレ発売!!

W205 C300 クーペ、カブリオレ発売!!非常に珍しいW205のC300カブリオレが入って来ました。
この車はクーペとカブリオレしかなく4ドアがありません。したがってどこのメーカーも発売しておらず、是非ジースプロジェクトさんで発売して欲しいとの事。現状のC200,C250クーペモデルと殆ど変らないため開発に入ることにしました。多分当社のみのラインナップになるはずです。オーナーの皆様よろしくお願いいたします。


さて早速開発に入ります。
普通にC250クーペのマフラーを当ててみましたが全長が若干違うために長さが違います。しかもおかしい事にこちらの方が短いんです??これは一体何故でしょう?
C250よりも居住空間を広くしているようです。それ以外は他のカブリオレと同じです。
補強バーが通っているためにオルソーでネジ穴を見える様にして





ボルトを外してノーマルマフラーを取り外します。
後は同じように製作していき、完成しました。





非常に美しいレイアウト、4本出しでディフューザーに向かうテールパイプが恰好良いですね!
なおカブリオレは装着にあたって他のモデルにはないタイヤハウスカバーが付いているために当社マフラーフランジが若干干渉します。少し削って逃げを作って下さい。
バーを取り外すためにオルソーで穴を開ける加工が要りますので、こちらの方が断然簡単ですので問題ないかと思います。
線の部分をカットすれば干渉せず、問題なく装着できます。




先日加速騒音試験をクリアーし、車検対応マフラーにて販売しております。
是非よろしくお願いします。

価格はハーフステンレス・・148,000円 オールステンレス188,000円
C63ディフュザー装着車は各10,000円UPです。
Posted at 2018/08/06 17:00:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新開発 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「レクサス RX200t AGL25W ワンオフマフラー!! http://cvw.jp/b/1996436/38924651/
何シテル?   11/28 07:38
ZEESです。よろしくお願いします。

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

ファン

167 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
メルセデスベンツ W212 (Eクラス) 先代の丸みを帯びた形からガラッと変わって角を ...
メルセデス・ベンツ SL メルセデス・ベンツ SL
6.3LNAエンジンからツインTBエンジンへ時代が変化してきており、M157エンジン車を ...
メルセデス・ベンツ その他 メルセデス・ベンツ その他
ジースプロジェクトにはメルセデス専用マフラー”シュレンザー”がありましたが、そろそろリニ ...
AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
まずボディ剛性が非常に高いです。これには驚きました。 基本であるCクラスのボディがこん ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.