• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アクティブアスパラのブログ一覧

2021年03月07日 イイね!

用も無いのに富士山へ

用も無いのに富士山へ先週木曜日(3/4)は、駿東郡小山町まで恒例の墓参りに行ってきました。
お寺さんの山にはきれいに梅が咲いていました。
独居老人である上に、外出自粛を心掛けていたら、すっかり季節感に乏しかったですが、やっと春を感じました。
小山という自然が溢れる土地に定期的に通うようになって、ここで季節を感じるのはひとつの楽しみになりました。

さてお墓からの帰り道ですが、12月は箱根を越えて小田原に天丼を食べに行ったり(「墓参りと箱根ドライブと美食 」)、先月は強風で雲が飛んだことを良いことに箱根外輪山から富士山を撮りまくったり(「箱根から見る富士山 」)と羽を伸ばす良い機会にしています。

ところが今回は、暖かいもののすっかり雲が出てしまい眺望が利きません。こんな日は、ただ走ることに集中しよかうと一眼レフは持ちませんでした。「用も無いのに伊豆スカイラインへ 」をアップしたばかりで、また今度は「用も無いのに富士山へ」です。

3月4日(木)の行程図
alt
小山から長泉なら、東名か国道246号で帰ればなんということもない行程ですが、富士山スカイライン、広域林道富士山麓線、富士南麓道路とヨダレがこぼれそうな道を遠回りしてきました。もちろん、何も用事はありません。いつもの阿房自動車です。

富士スピードウェイ西門
alt
御殿場市内を避けて、富士スピードウェイを回ります。

富士霊園前
alt
全国レベルの桜の名所で、あと1ヶ月少しで見事に咲きそろうでしょう。
今年はどれくらい楽しむことができるでしょうか。

開通間近の須走道路
alt
須走から国道138号を下ると、須走道路が並行します。4月10日(土)の開通予定が公表されており、すでに案内看板も整備されています。

須走道路を覆うトンネル
alt
なんだか不思議なトンネルがあります。ネットで覆われています。
どうやら左側にある富士平原ゴルフクラブから飛び出してくるボールが当たるのを防ぐためで、あとから高速道路を作るとなるとリスク対策も大変です。

キャンプ富士
alt
いよいよ富士山スカイラン
御殿場側は東富士演習場の中を、見事なストレートで走り抜けます。いくらでもスピードが出せます。
左側はキャンプ富士という米軍施設で、日米の防衛協力なんてことが感じられる場所です。

富士山御殿場口新五合目への分岐点
alt
現在は冬期閉鎖中です。無理に入ろうとする人がいたのでしょうか、入口はこれでもかとばかり厳重に封鎖されています。

alt
富士山スカイライン料金所跡
ここがかの有名な「サーキット狼」において、公道グランプリの折返点とされたところです。
マネをしないように、Uターンを妨げるポールが並んでいます。

alt
「路面凍結チェーン必要」の警告が出ました。

alt
ノーマルタイヤのActiveHybrid3ですから、無理はできません。
この日は暖かくて幸いでしたが、それでも気温は1℃とギリギリです。
富士山スカイラインは比較的高速型の線形で作られており、気をつけないと速度が上がりますが、カーブの先に路面凍結が待っているなんてリスクがある、実は恐い道です。

水ヶ塚公園
alt
水ヶ塚は「森の駅 富士山」がある富士登山の基地ですが、山頂への登山を禁止していた昨夏はこの広い駐車場も厳重に封鎖されました。
「森の駅」はまだ冬期閉鎖中でしたが、駐車場には入れます。

alt
もちろん駐車場はガラ~ンとしています。
正面看板のように富士山が見える場所ですが、今回はしっかり雲の中でした。

富士宮口五合目への分岐点
alt
五合目に向かう登山区間は、冬期閉鎖中。こちらも厳重に封鎖されています。

広域基幹林道富士山麓線
alt
富士山スカイラインをそのまま富士宮側に下りようか迷いましたが、路面温度が3℃まで上がったので、富士山麓線に入りました。この道は隠れた名道と紹介されたりしますが、直線主体で道幅も確保された立派な道です。防災道路であって、消防、林業関係者以外は立入禁止という建前ですが、普通に通り抜けできます。ただご覧のように、一度火がついたらたちまち燃え広がりそうな場所であり、防災面での必要性はすごく納得できます。

快適に走れても、両側の草木が飛び出していたり、突然道路上を土砂が覆っていたりする道で、さらに動物の飛び出しも多いです。関係者以外立入禁止が建前ですから、何があってもすべて自己責任です。

富士南麓線(国道469号)
alt
十里木カントリークラブで富士南麓線に合流。この国道、前は観光道路でしたがいまや立派に産業道路で、大きなトラックがビュンビュン走っています。どのトラックも走り慣れているのでやたらに速く、下手に抜いたりするとその後煽り返されます。

走行記録
alt
行きの新東名、東名を含んではいますが、山を上がったり下りたりしながら平均速度55.1km/hですから、どれくらい走りを楽しめたかお分かりいただけるでしょう。

「阿房自動車」は目を吊り上げて走ってはいけません。ノロノロする気はありませんが、道に沿ってリズムに乗って、滑らかにクルマを走らせようという高尚な楽しみです。
クルマは走らせて楽しむというなら、静岡県東部に住むのはまさにうってつけです。
もっと地の利を活かさなければと、あらためて思いました。

蛇足ですが、
新東名御殿場JCT
alt
新御殿場ICまで4月10日に延長されますが、分岐点の御殿場JCTは準備が進んでいました。
本来なら新御殿場方面が本線のはずですが、東京方面のルートになる東名への連絡道が本線扱いで、新御殿場方面は側線の扱いになっていました。

交通量は東京方面が圧倒的ですから、当然な処置でしょう。新御殿場方面が本線扱いになるのは3年後というお約束ですが、さてそれはどうなることでしょう。
Posted at 2021/03/07 15:18:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | 富士山 | クルマ
2021年02月26日 イイね!

用も無いのに伊豆スカイラインへ

用も無いのに伊豆スカイラインへ昨日(2月25日(木))は、伊豆スカイラインを走ってきました。
先日伊豆半島を一周(「コロナ対策しながら撮影に 」)してきたものの、それは写真クラブの撮影旅行であり、ましてや我がActiveHybrid3にはクラブの長老ご夫妻をお乗せしましたので、極めてジェントルな走りに終始しました。どうもフラストレーションが溜まっています。

アスパラは「用も無いのにクルマを走らせる」という「阿房自動車」を標榜しておりますが、外出自粛が言われるようになってからは、「用も無いのに出かける」というのはどうにも評判が悪そうです。「阿房自動車」は旅の作家として尊敬を集めた内田百閒先生の「阿房列車」に倣ってのことですが、本来「用も無いのに出かける」ということは、大変に高尚な趣味であり文化的なものです。外出自粛でしぼんでしまって、すっかり文化レベルが落ちているアスパラなので、ここは決意を新たに「用も無いのにクルマを走らせよう」と思います。

もちろん、コロナ対策を頑張っている世間様に刃向かうつもりは毛頭無く、「県内で」「人のいないところを」「迷惑をかけずに」を肝に銘じます。

alt
2月25日(木)の行程図
伊豆スカイラインの起点である熱海峠までは、東駿河湾環状道路(伊豆縦貫道)の三島玉沢ICを降りてから、いつもの箱根西麓を走る広域農道と旧熱海街道(県道11号)を抜けて行きます。地図でご覧いただくように、この道はとんでもなく曲がりくねっていて、ちっとも目的地を向きません。これも阿房自動車らしいです。

この曲がりくねった登り坂こそ、ActiveHybrid3が真価を発揮するところになります。急カーブからの立上りで見せる加速は、まさにこのクルマが魅力をまき散らす場面です。スポーツモードに切替えてグイグイ登れば、クルマと乗り手が一体になって恍惚感すら湧き上ります。

登り切った熱海峠がタイトル画で、ここからいよいよ伊豆スカイランです。
ここでいつものようにトイレ休憩しましたが、びっくりするくらいクルマがいません。
alt
昨年6月に伊豆スカイラインに来たときは(「田舎暮らしは良いものだ! 」を参照方)、
「県外から来ないでねと言っているものの、伊豆スカイラインで出会うクルマは、なんと8割が県外車です。」と嘆きましたが、今回は自粛がすっかり浸透しています。

さて、熱海峠まで鬼のような形相で登ってきましたが、伊豆スカイラインは走りを変えましょう。
コンフォートモードに戻して、稜線の道をスムーズに流します。目がつり上がった走りは「阿房自動車」に似合いません。先を急がないがモタモタもせず、ワインディングをリズムに乗って、気持ち良く流すというのが、アスパラが考えている「阿房自動車」です。

この日の伊豆スカイラインは、この喜びをしっかり味わわせてくれました。
前を塞ぐクルマがまったく現われず、終始自分のリズムで走れます。
alt
終点天城高原の少し手前 中伊豆グリーンクラブでUターンして戻ります。

alt
それにしても空いています。
16時という時間ではありますが、スカイポート亀石には全然クルマがいません。
1台もいないという写真を撮ろうとしたら、地元の肉屋さんのクルマが1台入って来ました。
こんなにクルマが少ない伊豆スカイラインは、きっともう味わえないでしょう。

alt
帰りは、韮山峠から旧日通富士見パークウェイに入り、nonchanさんのご別宅がある南箱根ダイヤランドを通らせていただき、熱函道路経由で大場函南ICから帰りました。
熱函道路に出たところで記録した、トラベルボードコンピュータ画面です。
一般道路で平均速度58.2km/hと表示されていますが、これは計測ミスでしょう(笑)。
熱海峠に行くまでスポーツモードを楽しんだので、燃費10.4km/ℓは仕方ないです。

それにしても伊豆スカイラインは本当に魅惑的な道でした。
またまたその思いを深めました。
頑張って出掛けてみて良かったです。
Posted at 2021/02/26 21:14:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | 伊豆 | クルマ
2021年02月22日 イイね!

新東名 4/10に延伸!(山梨へ、すいすい)

新東名 4/10に延伸!(山梨へ、すいすい)うれしいニュースが届きました。

NEXCO中日本から、新東名の新御殿場IC~御殿場JCTが4月10日に開通するというアナウンスがありました。
(「新東名 御殿場IC⇔御殿場JCT開通 」)
20年度開通予定に対して厳密に言えば10日遅れですが、まあその程度は勘弁しましょう。

さらにうれしいことに、国道138号須走道路・御殿場バイパス(西区間)と関連道路が同時に開通して、新東名と東富士五湖道路が直結されます。
我が町長泉から、新東名、須走道路、東富士五湖道路、中央道富士吉田線を経由して中央道まで高速道がつながるのです。

タイトルの「山梨へ、すいすい」だけでなく、アスパラにとっては「長野へ、すいすい」とさえ感じています。
富士川沿いに進められる中部横断道も、南部IC~下部温泉早川ICが今年中には開通して新東名新清水JCT~中央道双葉JCTがつながる予定ですから、静岡・山梨間はあっという間に高速道のダブルトラックが実現します。
地域のクルマ環境が、どんどん改善されています。

alt
新開通区間(NEXCO中日本HPより)
 ①新東名高速 新御殿場IC~御殿場JCT(7.1km/暫定4車線)
 ②国道138号須走道路・御殿場バイパス(西区間)
    駿東郡小山町須走~御殿場市萩原(5.2km/暫定2車線)
 ③国道469号バイパス 御殿場市中畑~御殿場市茱萸沢(0.6km/暫定2車線)
 ④県道仁杉柴怒田線 御殿場市仁杉~御殿場市柴怒田(1.7km/暫定2車線)

新東名としては、まだ伊勢原大山IC~新御殿場ICの区間が残りますが、秦野ICまでは21年度、新御殿場ICまでは23年度開通を予定しています。しかし前回3年も開通が延期された秦野~新御殿場は、さらに工事が難渋しているようで、まだまだ23年度開通も油断できません。

新東名開通区間の概況
alt
完成時6車線とは書かれていますが、御殿場JCT~いなさJCTと違って拡幅の準備工事なんかまったくしていませんので、これはあくまで遠い将来の夢でしょう。

便利な使える新しい道がまもなく開通するので、わくわくしています。
Posted at 2021/02/22 18:51:34 | コメント(4) | トラックバック(0) | 新しい道 | クルマ
2021年02月20日 イイね!

コロナ対策しながら撮影に

コロナ対策しながら撮影に「外出自粛をもうひと頑張り!」と言われておりますが、そろそろ春の便りが聞こえてきました。
かねて申込んでいたニコンカレッジの撮影実習で、今週は神奈川県松田に河津桜を撮りに行く予定でしたが、散々迷った挙句に直前になってキャンセルしました。「もう大丈夫じゃないか」とも迷いましたが、地元の静岡県では、緊急事態宣言発令地域へは出かけないで欲しいと未だに要請しています。ここまで頑張ってきたのだからと、ここは我慢することにしました。

写真仲間の月例撮影会も、先月は山梨県の山中湖、河口湖方面に行く計画でしたが、県境を越えるので止めました。
趣味の活動なんて、どうしても「不要不急」に分類されますが、趣味活動だってあんまり自粛していると健康面で支障が出ます。

撮影旅行を2ヶ月続けて中止するのは厳しく、今回は無理のない形を思案して2月18日(木)に出かけました。
行先は県内限定ということで南伊豆に、乗り合わせも7人の参加者に対して3台のクルマに分乗して密を避けました。
今回の狙いは「河津桜、菜の花、海」です。

alt
2月18日(木)行程図
 長泉町→伊豆中央道→修善寺道路→天城北道路→月ヶ瀬IC
 →天城トンネル→
①河津町
 →国道135号→
②白浜(尾ヶ崎ウィング、白浜神社)
 →下田→
③下賀茂(道の駅下賀茂湯の花、菜の花畑)
④弓ヶ浜
⑤大瀬港(おおせこう)
 →石廊崎→
⑥愛逢岬(あいあいみさき)
 →妻良(めら)→マーガレットライン→雲見
⑦松崎
⑧堂ヶ島
 →国道136号→土肥→船原トンネル→道の駅月ヶ瀬
 →天城北道路→修善寺道路→伊豆中央道→長泉町

alt
走行記録
朝6時に出て夕方6時まで、走行距離は223kmです。
実は熱心なメンバーはなかなか帰ろうとせず、この後に夕陽を狙いたいと言い出したのですが、さすがにそれは却下されました。

ところで、昨年もほぼ同じコースで2月23日に伊豆半島を回っています。(「早春の南伊豆」)
この時期の南伊豆は、それほどに惹きつけられる魅力があるのです。

【①河津】
さて河津桜の本家と言えば河津町ですが、この町では何日も激論した上でまつりを今年は中止しました。「全国からの桜見物の自粛をお願い致します」とHPにも掲示しています。

見物自粛を求めている町内に入ったとしても、例年と同じ写真しか撮れないだろうと、今年はリーダーの提案で近くの山(伊豆キャンパーズヴィレッジ)に登り、上から眺めました。
alt
川沿いの桜が満開です。
河津桜期間中の駐車場収入が無くなって、地方の小さな町はさぞや大きな痛手でしょう。

【②白浜】
河津から海岸線に出て、東伊豆道路下田区間を南下します。
とてもお天気が良いので、白浜の手前で海沿いの高台にある駐車場「尾ヶ崎ウィング」に立ち寄ります。
alt
このトヨタCH-Rは今回珍しく参加したもので、あとはいつものプリウスPHVと我がBMW ActiveHybrid3の3台です。

alt
光る海に伊豆諸島が浮かびます。
あの島はどこ?と思えば、
alt
親切に案内看板が用意されています。
見えているのは利島(としま)と新島(にいじま)です。

alt
白浜神社に初めて立ち寄ります。
海岸の岩に鳥居が立ち、波が砕けて絵になりました。奥は伊豆大島です。

alt
海岸ではサーファーが頑張っています。

【③下賀茂】
さて、いよいよメインイベントです。
南伊豆町の「みなみの桜と菜の花まつり」は、例年より規模を縮小したものの2/10~3/10の期間で開催しています。駐車場で体温測定して、OKを確認したらタイトル画のワッペンをいただけて、これを服につけて桜と菜の花の見物となります。
alt
青野川(あおのがわ)沿いに桜並木です。

alt
もう満開。

alt
定番の構図で、河津桜と菜の花のコラボ。

これだけでは、どうにもオリジナリティが無いので、
alt
記念撮影中の女性を撮らせてもらったり、

alt
人力車さんを入れてみたり、工夫しています。

alt
こちらは菜の花畑。
こちらも菜の花だけでは絵になりません。

alt
ちょうどやって来たバイクを入れさせてもらったり、

alt
一緒に連れてこられたフクロウさんを撮らせてもらったり、なんとか変化を狙います。

【④弓ヶ浜】
alt
CR-X乗りの旦那が、「弓ヶ浜で天丼を食っていきたい!」と強く希望したので、昼食は弓ヶ浜へ行きます。

alt
駐車場に86がずらっと並んでいましたが、オフ会でしょうか。

せっかく食べた「伊勢海老天丼」ですが、あまりに腹が空いていて写真を撮らずにかぶりついてしまいました。

【⑤大瀬港(おおせこう)】
読み方は、沼津だと「おせ」ですが南伊豆では「おおせ」です。
alt
山上の風車と港の漁船の取り合わせ。

alt
港の外にある蓑掛岩(みのかけいわ)には、波が押し寄せています。
ここからは「海と波」シリーズです。

alt
ダイナミックな海の動きです。

【⑥愛逢岬(あいあいみさき)】
alt
去年来たときも海が荒れていて、なんとか東山魁夷風な写真が撮れないかと狙いましたが、イマイチでした。
再チャレンジしてみても、まだまだ手に余ります。

【⑦松崎】
松崎まで戻ってきたら、先頭のリーダーが突然右折するので、慌てて電話を入れて「お~い、どこ行くんですか~」と尋ねたら、「土産にさくら葉餅を買っていくよ」とのことです。
道楽ばかりしている身なので、家族への土産は必需品だそうです。
alt
梅月園 桜田店(お店のHPより)

alt
さくら葉餅(お店のHPより)
この「さくら葉餅」は結構有名だそうで、アスパラもテニス仲間に持っていったら大変喜ばれました。

【⑧堂ヶ島】
もう帰りを急ぐつもりだったのに、堂ヶ島では走るクルマからも、大荒れの海が見てとれます。
alt
ずぶ濡れになりそうで、クルマから出る気にはならず車内から撮っています。

alt
風が強く大荒れの海です。

この写真を撮っていたら、クルマはすっかり潮を被りました。
とても、そのままにできない状態ですが、帰ったらどこの機械洗車ももう閉まっていて、仕方ないので久し振りに自分で水洗いしました。ところが一夜明けてみたら、まだまだそこら中に潮を被った痕跡が残っています。もう自分でやる気力は失せてプロにお任せいたします。簡単なコーティング付で9,070円と大変な散財ですが、クルマへの愛情料だろうと割り切りました。

さて、自粛期間中のお出かけ話でしたが、県内限定ですからどうかお目こぼし下さい。
地元の文化協会でアスパラは委員を引受けていますが、自粛が言われたこの1年間で年寄りの文化サークルは4割も減ってしまいました。ステイホームで閉じこもりがちになった老人が孤立することが新たな問題になっています。

今回は平均年齢で75歳のグルーブですが、1日たっぶりリフレッシュして元気になりました。
Posted at 2021/02/20 23:54:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 伊豆 | クルマ
2021年02月07日 イイね!

1972年に北海道を一周

1972年に北海道を一周先日は、「国鉄で日本一周早周り(1970年) 」をアップしましたが、その2年後にはクルマで北海道を一周しました。高校時代のサッカー仲間5人組で、現役合格組が大学3年生、一浪組が2年生だった1972年です。すみません。また半世紀前の話です。

当時の日本は為替がまだ固定相場制で1ドル360円の時代ですから海外旅行なんて考えられず、学生にとっては北海道を回るのが一番大きな夢でした。普通は国鉄の周遊券を買って大きなリュックを背負って行くのですが、我々は無謀にもクルマで回りました。

5人とも免許を取ってまだ2年程度の未熟者で、タイトル写真にあるカローラセダンとスプリンタークーペで17泊18日という途方もない大旅行です。泊るのはユースホステルと国民宿舎ですが、札幌だけはホテルを奢っています。

いや~っ、遠かったです。
当時の北海道はまだ道路が未整備で、特に道東はほとんど未舗装でした。いま写真を見ても、よくぞこのクルマでと思いますが、若かったのでしょう元気もりもりでした。

【本州内】
alt
東北道の岩槻→宇都宮間が開通したのは1972年11月ですから、我々が出かけた8月にはまだ高速道路がありません。仙台までは東北線沿いの国道4号より、トラックが少ない常磐線沿いの国道6号が良いと教えられ、そちらから行きました。
ところが東京を出た途端に、スプリンターがさっそく千葉県警に捕まりました。

【北海道内】
alt
このあと函館に上陸した途端に、今度はカローラセダンが北海道警に捕まります。いずれもスピード違反です。当時は北海道に行ったら、スピード違反で内地の者はほぼ全員が捕まると言われたくらいでした。お灸を据えられた効果はてきめんで、その後はどんなにクルマがいなくても道内は法定速度60km/hをきっちり守りました。1kmを1分のペースになるので、走行距離計が時計代わりになるなんて言っていました。

【行程表】
alt
北海道の地名に馴染みがない方も多いでしょうから、地名にはルビを振りました。
懐かしい地名ばかりです。

タイトル写真は【1日目 盛岡】です。

【2日目 八幡平】
alt

【2日目 十和田湖 発荷峠(はっかとうげ)】
alt

【3日目 函館五稜郭】
alt

【3日目 函館トラピスト修道院】
alt

【3日目 函館山夜景】
alt
青函連絡船華やかなりし頃です。正面手前が連絡船桟橋でしょう。

【5日目 昭和新山】
alt

【5日目 室蘭本線白老付近】
alt
イベントではありません。
現役で蒸気機関車が活躍し、貨物列車を牽いています。

【10日目 宗谷岬】
alt
さいはてまで来たと感慨に浸っています。

【13日目 糠平湖】
alt
左に写り込んでいるのは、マツダのルーチェでしょうか。

【15日目 積丹半島泊村 茂岩】
alt

【16日目 国道5号線】
alt

【18日目 寒風山】
alt

alt
最終日に秋田から鎌倉まで、徹夜覚悟で一気に走ろうとしたのはいささか無茶でした。もう疲れていたのでしょう、新潟で強引に目の前を右折してきたクルマを避けきれず、後部にぶつけてしまいました。事故処理に時間をとられ、帰り着いたのは午前4時でした。

いろいろ想い出が盛りだくさんの旅です。
えりものユースで一人旅の女の子と知り合って、「良かったら乗ってきな」と誘ったので、そこからは楽しい旅行になりました。ところが根室のユースホステルに着いたら、その女の子は事務室に呼ばれ、「知らない男5人のクルマに乗るなんて、危なすぎる」と説教されてしまい、そこで別れました。
なのに礼文島から帰ってきたら桟橋で待っていて、また稚内から旭川まで一緒に行きました。5人の中の一人がすっかり熱を上げて、別れた後の札幌では悶々としていました。帰ってきてから彼女の家を訪ねた奴がいて、出てきた母親に「娘はつい先日結婚しました」と教えられたそうです。
どうやら結婚を前に最後のアバンチュールをしていたようです。
いかにも人畜無害な5人組で、お嬢さんには幸いでした。

Posted at 2021/02/07 20:52:32 | コメント(6) | トラックバック(0) | 昔の話 | クルマ

プロフィール

「@福六 さん、やっぱり先を越されてしまいました~!宿とお風呂とお料理の詳細な報告を、よろしくお願いしま~す。」
何シテル?   11/05 19:18
アクティブアスパラです。 42年間の会社勤めを終えて、いまや隠居生活です。体が動くうちにしっかり遊んでおかなければと、テニス、スポーツジム、写真にと毎日大忙し...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/3 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

ライダーの苦悩 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/19 09:37:57
いやだわ、何でこんなに混んでるのかしら?お前らのせいだよ(怒) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/12 13:21:15
慣らし運転を兼ねて箱根で温泉~!(^.^) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/06 13:29:07

愛車一覧

BMW アクティブハイブリッド 3 AH3 (BMW アクティブハイブリッド 3)
2014年9月26日大安吉日に納車されて以来、5年が経過しました。 6気筒とハイブリッ ...
トヨタ ヴィッツ ピースケ (トヨタ ヴィッツ)
通勤用に購入して、退職後はもっぱら町内を走るだけ。稼働日数は多いが、距離はちっとも伸びま ...
トヨタ アリスト (チカラ)アリスケ (トヨタ アリスト)
トヨタ アリストには14年18万5千キロ乗りました。49歳~63歳でしたが、思い出深く充 ...
ローバー 200シリーズ ハッチバック ローバー200 (ローバー 200シリーズ ハッチバック)
長く続いた名古屋、東京勤務から解放され97年に沼津に戻りましたが、既にアスパラ奥様はクル ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.